初めてのヨーロッパ
 1995年10月 ローマ、アテネ、インターラーケン、パリを訪ねて


 仕事では一度もヨーロッパを訪れたことがなく、2週間の休暇がとれたのを機会に妻とヨーロッパに出かけることにした。 計画は6月ころに始めたが、あちらも、こちらもと考えているうちに夏も過ぎ、手っ取り早く日本旅行のツアー「美しきヨーロッパ」に参加することにした。


ポポロ広場 双子教会

 10月23日(月) 日本航空ローマ直行便で成田からフィウミチーノ空港へ(途中給油のため1時間ほどミラノで休憩)。 空港で両替。レートはLit 1(1リラ)=\0.0688。 ホテルに着いたのは21時すぎ。 8時間の時差なので日本時間では朝の5時。 この日は何もせずに就寝。

 [ローマの休日]
 10月24日(火) 朝食前、簡単な地図を頼りにホテルの周辺を散歩。 なんとポポロ広場がすぐそばにあるではないか。 広場に出て、双子教会の前で写真を撮り、テヴェレ川のあたりを散策しながらホテルにもどる。
 観光はまずサン・ピエトロ寺院から始まり、トレヴィの泉、コロッセオをまわる。 サン・ピエトロ寺院はその大きさに圧倒される。 入口すぐ右のミケランジェロの「ピエタ」が印象的。
 トレヴィの泉ではまたローマに来れるようにと100円玉と500リラのコイン(35円位)数枚を泉に投げ込む。 ここの角の店のジェラードがおいしいとのことで、あまり暑くもないのにアイスクリームを付合う。

コロッセオ

コロッセオでは内部も見学でき、西暦80年ころの建物がこのように残っていることに感動する。
 昼食はテルミーニ駅(「終着駅」で有名な)のそばのレストランでパスタ。 すこし固めだがこれぞイアタリアンと我慢。

スペイン階段

 午後は共和国広場の「三越」に行き、ここで解散。 せっかく「ローマの休日」のビデオを見てきたのに、たったこれだけか。 共和国広場から歩いてスペイン階段へ。 残念ながら階段は工事中。 ヘップバーンのアン王女がジェラードを食べながら階段を降りてくるシーンを想像しながら、工事のわき道を通って階段下の商店街へ。
 コンドッティ通りはブランド店が並んでいるが、興味なし。 妻がウインドウショッピング?をしている間にオープンカフェでエスプレッソ。 これを飲みたくてイタリアに来たのだ。
 トレヴィの泉にコインを投げ込んできたのだからきっとまたローマに来て、今回見れなかったところを回れるだろうと想いを残してホテルへ。


アクロポリス パルテノン神殿

 [アテネ・エーゲ海の休日]
 10月25日(水) 朝からフィウミチーノ空港へむかい、オリンピア航空11時の飛行機でアテネへ。 イタリア・リラがわずかに残っていたので、フィウミチーノ空港でサングラスを購入。 これはエーゲ海、ユングフラウ・ヨッホのための準備。 
 アテネ・エリニコン空港で両替。 レートはDrs 100(100ドラクマ)=\46.083。 ここから直接市内観光へ。
 パンアテナ競技場は第一回近代オリンピックが開催されたところ。 大理石の座席、馬蹄形の競技トラックが特徴。 入口すぐの右側に歴代オリンピック開催地が刻まれた銘盤がたっており、確かに東京オリンピックも刻まれていた。 この競技場からパルテノン神殿の裏側が見える。
 バスで反対がわにまわり、アクロポリスに到着。 ここにはパルテノン神殿、エレクティオン神殿、ゼウス神殿など6つの神殿が配置されている。 柱は大理石の円柱の中をくりぬき、ここに木の柱を入れて、この上に同じような大理石を置き、間をすり合わせて上下に重ねて作っていったそうだ。 
 パルテノン神殿の横で、落ちている小石も大理石かと拾い上げたら、監視していたらしい叔父さんに戻すように注意された。 小石でさえ持ち出してもらいたくないようである。

エーゲ海ミニクルーズ

 10月26日(木) 朝まだ暗いうちにホテルを出て、アテネの港へ。 今日はエーゲ海ミニクルーズ。 エギナ島、ポロス島、イドラ島と順次訪れる。 最後のイドラ島はアテネからおよそ200Km離れている。 船に乗り込むと、ウェルカム・フォト。 さらにあちこちで写真を撮られ、 航海の最後まで写真を船内に張り出している。 いつまでも張り出されているとみっともないからと結構写真を買ってしまった。
 真っ青な海と空、 白い壁の教会、 乾燥した空気などが印象的。 ここでサングラスが役に立つ。 各々の島で散策したり、みやげ物店をひやかして歩いたり、のんびりできる。 「オキャクサーン、ミルダケデイイヨー」とあちこちの店から声がかかる。 また日本人と中国人(台湾)を区別して呼び込んでいることに感心する。 島から島へは2時間あまり。 こんなにのーんびりしたことは今まであったか。 日没後にアテネ港に戻る。


ライオン記念碑

 [スイスへ]
 10月27日(金) 朝アテネ・エリニコン空港からオリンピア航空でアルプスを越えて、スイスのチューリッヒ・クローテン空港へ。 ここで3度目の両替。レートは1SFr(1スイスフラン)=\95.24。
 空港からバスでルッツェルンへ。 ルッツェルンは小さな町で全て徒歩でまわる。 まずライオン記念碑へ。 スイスの傭兵がルイ16世一家を守らんとして全滅。その鎮魂碑だそうで、悲しそうなライオンの顔。
 カペル橋は瓦ぶき屋根のついた木造の橋で、中には柱ごとに絵が飾られている。 町の歴史を描いたものだそうだ。 ここで夕方まで自由行動になり、町の西にケーブルカーが見えたので、上に登ってみる。 ホテル・シャトー・ギュッチェの庭に出る。 ここの展望台から町全体を展望できる。 夕食はオイル・フォンデュー。 

ユングフラウ・ヨッホ

 10月28日(土) 朝早くからバスでインターラーケンへ。 バスでラウターブルンネンまでのぼり、ここから登山電車でクライネ・シャイデックへ。 車窓から谷底まで見え、小さな家々が点在し、まるでハイジの世界に来たような気分。 クライネ・シャイデックの大きな山小屋風のレストランで昼食。 さらに登山電車でアイガーの山の中(トンネル)を通り、ユングフラウ・ヨッホ駅(海抜3454m)に着く。 ここは空気が薄い。 自然に呼吸数が多くなる。 駅からレストラン、氷の彫刻のトンネルを通って、展望台に出る。 ここは雪の世界。 眼下に氷河が広がっている。 真っ青な空に真っ白な雪、ここでもサングラスが役に立った。 手袋もこのユングフラウのために持ってきた。

ベルン

 帰りはクライネ・シャイデックまで戻り、乗り換えてグリンデルヴァルトへ。 メンヒ、アイガーを右に見ながら谷底に下っていく感じ。 グリンデルヴァルトは乗換駅でしばらく街中を散策してから、インターラーケン・オスト(東)駅へ。 ここで下車し、街中を1.5Kmほど歩き、インタラーケン・ヴェスト(西)駅のそばのホテルへ。

シオン城

 10月29日(日) バスでベルンへ。 ベルンの街中を散策。 あいにく日曜日のしかも9時すぎ、人にはほとんど合わず。 街中に色々な紋章の旗を着けた彫像の噴水がいっぱいある。 皆さんが教会に集まってくるころ、バスでモントルーへ。 レマン湖に浮かぶシオン城と道を隔てたレストランで昼食。 午後はシオン城を見学して、レマン湖の北側を通り、ローザンヌからジュネーヴへ。 
 ここからTGVに乗ってパリへ。 夕食はサンドウィッチ。 飲み物がないので地ビールを買ってくる。 パリに21時に到着。 ホテルはエッフェル塔のそばで、セーヌ川沿いのニッコウ・ド・パリ。


シャンゼリゼ大通り

 [花のパリ]
 10月30日(月) 朝ホテルの周りを散歩。 セーヌ川の中州に自由の女神像(本物)がある。 小型だがニューヨークに贈られた原型。 ホテルに戻り4回目の両替。 1Fr(1フラン)=19円。 ツアーでは半日パリ市内観光となっていたのを断り、早々と地下鉄でルーヴル美術館へ。 9時開場にあわせてガラスのピラミッドから地下へ。 入場料40Fr。 安い。 館内のあまりの大きさに、絵画とミロのビーナスに絞ることにする。 リシュリュー翼、シュリー翼、ドノン翼。 どこをどう回ったのか、少し満足でき、疲れたのが14時過ぎ。 ここは何度かこないとじっくりっ見れないと半分あきらめて外に出る。
 コンコルド広場からシャンゼリゼ大通りを凱旋門方面へ。 途中フーケ(風月堂の名前の元とか)のカフェで休憩。 歩いている人はこちらを見るし、こちらは歩いている人の品定めをする。
 凱旋門で上に。 エレベーターでも階段でも32Fr。 若いからと階段で。 凱旋門の上からパリの街を眺めると特別な高い建物意外は高さがほぼそろっている。 下はロータリーになっていて車がいつまでも回っているような錯覚に陥る。
 ホテルに戻り、タクシーでレストランへ。 ワインを飲みながらフランス料理。 

ヴェルサイユ宮殿

 10月31日(火) 朝早くからヴェルサイユ宮殿へ。 30分ほどで到着。 朝霧の中まだ門はしまっている。 9時から現地ガイドさんの案内で宮殿内の一部の部屋を見学。 混んでいて、通路を前後の団体に挟まれた状態で少しづつ進む。 鏡の間は広くて明るい。 窮屈な宮殿から庭に出る。 時間があまりないので宮殿のそばの庭あたりを散策。 本当はこの奥にすばらしい庭があるのに。
 11時にパリに戻り、オペラ座のそばのパリ・三越へ。 こんなところに来るならヴェルサイユでもっと時間をくれ!
 午後は自由行動。 オペラ座(見学入場料18Fr)は最近バレーの公演がほとんどだそうで、オペラはバスチーユ広場のオペラ・バスチーユの方で公演されるとのこと。 内部にオペラ、バレーの衣装が展示され、2階の桟敷席の扉から舞台を見ることができた。
 地下鉄でシテ島のノートルダム寺院へ。 正面右側の塔を改修中。 中に入ると南西側のステンドグラスに陽がさしてとても美しい。 正面の金色の十字架の前のピエタもヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂を思い出すほど。

アンヴァリッド前の公園で

 11月1日(水) 16時まで自由行動。 ホテルから歩いてエッフェル塔へ。 おのぼりさんエッフェル塔に上る。 ここからアンヴァリッドの前を通ってオルセー美術館へ。 ルーヴル美術館よりも比較的新しい時代の作品がいっぱい。 セザンヌ、クールベ、ドガ、ゴーギャン、マネ、ミレー、モネ、ピサロ、ルドン、ルノアール、シスレー、ロートレック、ゴッホ など。 3階のカフェでサンドイッチをつまみ、2時過ぎまで絵画を鑑賞。 大満足。
 ホテルに帰る途中のアンヴァリッド前の公園で鳩と戯れる。 こちらの鳩は手に乗ってえさをついばむ。
 16時過ぎにバスでシャルル・ド・ゴール空港第二ターミナルへ。 この第二ターミナルはできたばかりで、11月から使われ始めたそうだ。 今日はまだ2日目。 まだエール・フランスと、仲の良い日本航空しか入っていないとのこと。 少し閑散としていた。 19:25出発。 


 始めてのヨーロッパ11日間。 正味9日間。 ローマ、パリでは国、街の歴史を感じ、エーゲ海では太陽を、ユングフラウでは大自然を感じた素晴らしい旅であった。 不満を一つあげれば、トイレ休憩と称して土産物店に連れていって1時間くらい時間を無駄にすること。 パリ、ローマはまた機会があったら行きたい街。