2度目のヨーロッパ
 1996年10月 ロンドン、パリ8日間


 3連休に5日間の年休をつけると10日間の休みができる。 今まで5日間の年休なんて一度も取ったことがなかったのに、ヨーロッパの魅力にはまってしまったか。 10月にロンドン、パリに出かける。


貴族の館

 10月5日(土) 日本航空でパリのシャルル・ド・ゴール空港へ。 ここでBritish Airlineに乗り継ぎロンドン・ヒースロー空港へ。 パスポート・コントロールで「何日間滞在しますか」と初めて質問されたので、おもわず「Three Days」と答えたら、にっこり笑ってスタンプを押してくれた。 我ながら真面目だと思う。
 ここからバスでおよそ1時間、 ウインザー郊外のホテルへ。 到着は23時過ぎ。 貴族の館をホテルにしたらしいが、暗くて良くわからない。

ウインザー城

 [ウインザー城・ロンドン市内観光]
 10月6日(日) 朝、庭の散歩に出る。 確かに重厚な造りの建物。 庭に川が静かに流れており、レガッタで汗を流している人もいる。 朝食はメニュー付で、ビュッフェスタイルに慣れている者には戸惑いがある。
 バスでウインザー城へ。 少し早く着いたので先にイートン校あたりを散策。 このイートン校は名門校で、日本の皇太子もここで学んだそうだ。 今日は日曜日で学校は休み。 寄宿舎から生徒が出てきてキャッシュディスペンサーでお金を引き出している。 その姿、すこしよれよれだがモーニングを着ている。 これがイートン校の規則だそうだ。
 ウインザー城内は古い武具、装飾品などが展示されていて、あまりお城というイメージはない。

タワーブリッジ

 バスでロンドンに出て、市内観光。 テームズ川に沿って国会議事堂、ロンドン橋を抜けてタワーブリッジのそばのロンドン塔へ。 この後トイレ休憩でロンドン・三越。 また1時間も休憩か! さらにバスでソーホー、ピカデリーサーカス、バッキンガム宮殿などぐるぐる回ると、今自分がどこにいるか分らなくなり、また印象としてほとんど残らない。
 宿泊するサウス・ケンジントンのホテルで夕食。 メニューはロースト・ビーフの予定で期待していたが、一ヶ月前ほどから狂牛病がイギリスに端を発してヨーロッパ中に広まり、 結局ロースト・ポークに変更とか。 これが食べられたものではない。 まず豚の蒸した匂い。 十字軍に感謝しながら胡椒をいっぱいかけたが効き目なし。 味はほとんどない。 イギリス人の味覚を疑った。 一緒に食事をした人全てが半分以上残し、中には一口でやめた人も。 

バッキンガム宮殿 衛兵交替式

 [ロンドンの休日]
 10月7日(月) 今日は終日自由行動。 地図を片手にあちこちに行ける。 これが一番の楽しみ。 地下鉄の一日券を購入して、まずはヴィクトリア駅へ。 ここから国会議事堂、ビッグ・ベン、ウエストミンスター寺院の前を通り、テームズ川に出て、テート美術館へ。 ここではミレイの「オフェーリア」を見たかった。 この美術館は無料。 入口に寄付の箱が置いてある。 オフェーリアが気に入ったのでわずかだが寄付。
 この後、妻の希望もあり、バッキンガム宮殿での衛兵交替式に行く。衛兵交替式は11時からということで、バッキンガム宮殿に急ぐ。 すでに観光客でごったがえしている。
 遠くから鼓笛隊の音楽に合わせて、衛兵が行進をしてきて、バッキンガム宮殿の中に入って行く。 この後は宮殿の広場で何やら行っているが、塀の鉄柵から覗いても良く分らない。 赤い上着に黒い熊の毛皮の帽子、 この時期少し寒いのか黒いマントを羽織っている。 およそ40分くらい経ったら宮殿の門があけられ、衛兵は行進をしながらどこかへと帰っていく。 

マダム・タッソー 英国皇室ご一家

 ロンドン・地下鉄サークル線でヴィクトリア駅と反対側のベーカー通り駅に行く。 このあたりはシャーロックホームズの小説の舞台。
 駅から歩いてすぐにマダム・タッソー蝋人形館がある。 入場するのにおよそ30分ほど並んだ。 ここでは世界の有名人の人形に会える。 英国皇室ご一家 エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子。 ダイアナ元王妃は黒いドレスでこのご一家からすこし離れたところに一人で立っていた。 さびしそう。
 アメリカの有名な大統領、アイゼンハワー、ニクソン、レーガン、クリントン。 それからゴルバチョフ元ソ連大統領、 アラファト議長、 毛沢東、 劉少奇。 映画スターではシルベスタ・スタローン、シュワルツネッガー、マリリンモンロー、 サニー・デェイビス・ジュニアー、 ヒチコック、 ビートルズ。 この他ナポレオン、マリー・アントワネットなどなど。 日本人は吉田茂と千代の富士の二人のみ。 少しさびしい気持ち。

 地下鉄でチャーリング・クロス駅まで行き、トラファルガー広場に出る。 噴水を囲むように4頭のライオン(三越のライオンはこれを真似たそうだ)が配置されている。 この広場に面したロンドン・ナショナル・ギャラリーが目的地。 ここも入場無料。 見たかった絵がいっぱい。 フェルメールの絵も2点あった。
 はじめてのロンドンで、大英博物館にも行きたかったが、優先順位は、略奪してきたがらくたを見るよりは芸術品ということで、 美術館にしてしまった。 心残りは地下鉄が便利で、ホテルも地下鉄の駅の傍だったため、ロンドン・タクシーに乗らなかったこと。 次回来た時はもっと時間を作って、ほかの美術館を回るのとタクシーに乗りたいと思う。
 

ユーロ・スター

 [ユーロ・スターでパリへ]
 10月8日(火) 9時半までホテルでのんびり。 ウオーター・ルー駅から11時、パリに向けユーロ・スターにのる。 車両は一等車で昼食付。 ワインを飲みながら食事をしている間に気がついたらフランスに入っていた。 入国係官がパスポートを見にまわってくる。 パスポートを見ては次に進むようなので「Stamp Please」とお願いしたら押してくれた。 すでに終わっている人も、私もと言うことでスタンプを押してもらいに集まり、係官に迷惑をかけてしまったか。

サクレ・クール寺院

エッフェル塔

 食事も終わり、コーヒーを飲み終わって、食器を下げに来たウエイトレスに、「ユーロ・スターのロゴ・マークが入ったこのコーヒーカップがほしいのだが」と言うと、「このカップは汚れているので新しいものを」と紙袋に2カップ入れて持ってきてくれた。 前に座っていたカップルの方がうらやましそうだったので、1カップ差し上げる。 旅は道ずれ。
 14時すぎにユーロ・スターはパリ・ノード(北)駅に到着。 ここからバスでヴェルサイユ宮殿に行くことになっているが、予め添乗員さんに「昨年ヴェルサイユ宮殿に行ったので」と断り、  夕方6時までに必ずポルト・マイヨーのコンコルド・ラファイエットホテルに行くからということで、自由行動にしてもらう。 トコロテンを押し出すようなヴェルサイユ宮殿の見学は一度で十分。
 バスにスーツケースを乗せたまま、駅で別れて、サクレ・クール寺院から、すぐ傍のモンマルトル広場へ。 ここにはまだ売れない画家が自分の作品を展示して観光客に売っている。 また似顔絵をその場で描いてくれる画家もいる。 小さい油絵だが、サクレ・クール寺院を描いたもので気に入ったものがあったので一つ購入。 ここから近くのサルバドール・ダリ美術館へ。 時計がゆがんでいたり、 キリンのように足の長い象がいたり、 マネキンの胸に引出しがあったり、 あまり理解できない。 
 モンマルトルの丘を下って、地下鉄にのり、 シャイヨー宮へ。 ここからのエッフェル塔の眺めが最高。 

モネ 睡蓮

 [ふたたび花のパリ]
 10月9日(水) 今日のスケジュールはパリ朝市、ルーヴル美術館、ノートルダム寺院、凱旋門。 朝市のみ付合い、ルーヴル美術館で分れて、 オランジェリー美術館に行く。 ルーヴルには行きたいのだが、ガイド付ではハイライトしか回らないので、自由行動の明日ゆくことにする。 オランジェリー美術館はこじんまりした美術館だが、ルノアール、 セザンヌ、 ドラン、 マチス、 ピカソ、 ルソー、 スーチンなどの作品が多く、 地下にはモネの睡蓮の大作が2部屋ある。 

ルーヴル美術館

 ここを出て、セーヌ川の反対側のオルセー美術館へ。 昨年訪れたが、ミレー、ゴーギャンなどに会いたくて再度訪問。 

チュイルリー公園で

 10月10日(木) 終日自由行動。 昨日も一日自由行動だったが、 今日は胸を張って自由行動。 地下鉄一本でルーヴル駅へ。 開館と同時に入る。 入場券45Fr。 昨年より5Fr高くなっている。 フランスはインフレか?
 昨年回った時の作品の配置を思い出しながら、絵画を中心に鑑賞。 好きな絵の前にはやはり何度でも足を運ぶもので、 結局昨年と同じようなところに時間をかけて見てしまった。 途中館内のカフェで昼食をとり、 美術館を出てきたのは3時過ぎ。 6時間ほど中にいたことになる。
 ルーヴルを出て、チュイルリー公園で一休み。 鳩にパンくずを与えていたら、すずめまで来てパンをついばむ。 すずめのすばしこいこと。 鳩より首の長さが短いので、鳩より先にえさをついばむ。 その間にすずめが手に乗って手のひらの中のパンをついばむ。 パリのすずめは度胸がある。

 10月11日(金) 10:30ホテルを出てシャルル・ド・ゴール空港第二ターミナルへ。  14:30日本航空で出発。 翌朝9:30 成田着


 正味5日間のロンドン・パリ。 少し駆け足で回った感じ。 じっくり一都市に腰を据えての観光が大切か。