またパリに来ました
 1997年10月 フリーステイ・パリ8日間


 一都市滞在型でパリへ。 正味6日間あちこち行ける。 念願のじっくり落ち着いて。


 10月10日(金) 全日空でパリのシャルル・ド・ゴール空港第一ターミナルへ。 今回はフリーステイ型なので、 入国審査、荷物受け取りも全て自分で行う。 税関を出ると、現地案内人が待っていてくれて、 バスでホテルまで案内してくれる。 ホテルは昨年宿泊したコンコルド・ラ・ファイエットのすぐ傍のメリディアン・パリ・エトワール。 地下鉄ポルト・マイヨー駅のすぐそばで、街中に出るにはとても便利なところ。 ホテルのそばに小さな雑貨店があり、 ミネラル・ウォータ、 ウイスキーのつまみなど置いている。 さらにこのホテルの7階には全日空のハローステーションがあり、 ここで切符の手配、レストランの予約、観光案内などをしてくれる。

エッフェル塔

 [蚤の市でスリに]
 10月11日(土) 週末しか開かれていない蚤の市へぜひ行きたいと妻が言うので、地下鉄でポルト・ドゥ・クリニヤンクールの蚤の市へ。

アレクサンドルⅢ世橋

 掘り出し物もあるかもしれないが、私の見た目にはがらくたばかり。 ほぼ全体を回ったあたりでスリらしきものに遭遇。 左腕あたりにタバコをこすりつけ、 先端の火はほとんでなかったが、たばこの灰を払うようにして盛んに何か言っている。 こちらの気をひいているらしい。 旅行案内書にこのようなことが書いてあったことを思い出し、 右手でショルダーバッグにさわると、誰かの手に触れる。 外側のファスナーが開いていた。 「スリだ!」の大声に妻も振り返り、 ショルダーの中を調べている間に先ほどのタバコ男と手が触れた人は姿を眩ましてしまった。 初日からスリ。 何も盗られなかったが気をつけなくては。

 結局何も買わずに、この場所を早々に立ち去り、地下鉄でトロカデロ駅に行きショイヨー宮へ。
 ここはエッフェル塔が一番良く見える場所。 さらにセーヌ川のイエナ橋を渡ってエッフェル塔の下を抜け、陸軍士官学校方面へ。 ここのシャン・ドゥ・マルス公園からのエッフェル塔も良い眺め。

 アンヴァリッドの横を通ってアレクサンドルⅢ世橋へ。 この橋はセーヌ川にかかる最も美しい橋だそうだ。 橋を渡ると右手にプティ・パレ(小さな宮殿)、左手にグラン・パレ(大きな宮殿)がある。 プティ・パレは美術館になっていて、グラン・パレは催しもの会場。 美術館めぐりは後日の楽しみにとっておいて、シャンゼリゼ通りに出て、凱旋門を通り越し、ポルト・マイヨーまで歩く。 凱旋門を越えると街の様子が一変する。 華やかなシャンゼリゼ通りの商店街から下町へ。 このように歩くと街の様子、街の匂いなどが良く分る。


シャンティイの古城

 [シャンティイの一日]
 10月12日(日) パリの郊外、シャンティイの古城を訪ねる。 地下鉄でパリ・北駅に向かい、 シャンティイまでの往復切符を求める。 切符売り場で「シャンティイ」が通じない。 紙に "Chantilly" と書いて渡したら切符をくれた。 電車のトラック番号を聞いたら、表示板に出るとのこと。 ここの駅は空港と同じか。 電車が入ってくる少し前に表示板に行き先、トラック番号、出発時刻が出た。 改札は無く、 ホームに入るところに打刻機があり、 切符に打刻して列車に乗り込む。

シャンティイで

 全車両2階建で、比較的きれいな電車。 2駅目、およそ30分ほどでシャンティイ駅に到着。 ここまでは地図、案内書で来れたが、 城はどこだ。 駅を出てすぐに案内板があり、 森の中を通って行くと、急に明るく開けた場所に出た。 草競馬場の向こうに城が見える。 でもこの競馬場を抜けていかないとたどり着かない。 今日は日曜日。 村人がクラッシックな馬車を仕立てて、草競馬を行っている中を注意しながら通りぬける。 幸いテントの露店が出ていて、昼食はここで済ませる。
 このシャンティイはサラブレッドの産出でフランス一の町だそうだ。 大きな厩舎も城に付随して配置されている。

 このお城は形も良いが、庭園も素晴らしい。 大運河、イギリス庭園などが配置されて城は池の中に建っている感じ。 お城の中にコンデ美術館がある。 14時に開くということで、それまで庭園を散歩することにした。 この美術館、小さいがコロー、プーサン、ラファエロなどの珠玉の作品を所蔵している。
 日帰りの小旅行であったが、パリを離れて、良い空気、良い城、良い庭園に合えた一日であった。



ルーヴル美術館 逆ピラミッド

 [美術館三昧]
 10月13日(月) 朝からオランジェリー美術館に出かけ、カルト・ミュゼ3日間(美術館フリー・パス・チケット)を購入。 日付と名前を書いて、早速入場。 昨年は地下の「睡蓮」をじっくり見たので、今回は地上階に集中する。
 ルーヴル美術館は、この時間は上のピラミッドの入場口には長蛇の列ができており、 カルト・ミュゼを持っているのでガルーゼル凱旋門の横から地下に入り、 逆ピラミッドのそばの入口からはいる。 ここはほとんど人が並んでいない。 3回目になると、少しは裏技も使えるようになる。

パレ・ロワイヤル

 ルーヴル美術館は3回来ても新鮮に感じる。 好きな絵は大体決まっているので新たな発見はあまりない。 だが「モナ・リザ」「オダリスク」「ナポレオンの戴冠式」「いかさま師」などの前に立つと「またお会いしましたね」と興奮する。  結局6時間ほどルーヴル美術館で過ごす。
 ルーヴル美術館を出て、オペラ座の方に歩くと、元王宮のパレ・ロワイヤルがあり、今は文化省の建物で、 中庭に白と黒のストライプの円柱が立っている。 ここでしばらく休憩。
 ホテルにいったん戻り、少しおしゃれをして、予約していたレストラン「Le Ballon des Ternes」にタクシーで行く。 白ワインに前菜、 ヒラメのムニエル、 子牛のステーキ、 甘いデザート。 美術館の余韻を楽しみながらの食事。

新凱旋門

 10月14日(火) 朝早くから新凱旋門へ。 この地区一帯はビジネス街。 レジャー、ショッピング、スポーツ施設もあり、 パリの街中とは建物が異なり、モダンである。 シャンゼリゼ通りの延長線上にあり、 遠くに凱旋門が見える。 朝早かったので、展望台は一時間ほど待たないと入れない。
 あきらめてオルセー美術館へ。 ここも3回目の訪問。 勝手知ったる美術館。 印象派の好きな絵にだけ時間をかける。

ノートルダム寺院

 ここから歩いてシテ島へ。この島にはコンシェルジュリーとノートルダム寺院がある。コンシェルジュリーは大革命の時に牢獄となったところで、マリー・アントワネット、ロベス・ピエールなどが処刑される前にここですごした。 中の牢は薄暗くて気持ちの良いものではない。
 ノートルダム寺院は以前に来た時には外装工事をしていたが、すっかりきれいになったいた。

 ここから地下鉄でアンヴァリッドそばのヴァレンヌ(Varenne)駅で降りロダン美術館へ。 ここには「考える人」「カレーの市民」「地獄の門」などの彫刻のほかに、ゴッホの「Pere Tanguy」、ルノアールの「裸婦」、ロダンのスケッチなどの絵画も展示されている。
 ホテルの帰る途中、凱旋門によってみた。 ここもカルト・ミュゼで入場できる。

 

パリ・ピカソ美術館

 10月15日(水) 小雨の中バスチーユ広場へ。 フランス革命のころ、ここに牢屋があったはずだが、今は面影も無い。 変わりにモダンなオペラ・バスチーユが建っている。
 パリ・ピカソ美術館はここから歩いて15分くらいの所。 一方通行の路地が入り組んだところで、 外に美術館を示すのぼりがたっている。 こののぼりが無いと、美術館だとは分らずに行き過ごしそう。 ピカソ中期(2010~2040年)の作品が多い。

 パリ・ピカソ美術館から歩いて20分くらいでポンピドー・センターに着く。 ここの4、5階は国立近代美術館で1900年代の作品が多い。 マチス、シャガール、ピカソくらいは絵を見ていても少し理解できるが、ミロ、カンデンスキーくらいになると訳がわからない。 絵をさかさまにされても気がつかないだろう。 展示は間違っていないだろうね。

 カルト・ミュゼで最後の美術館はプティ・パレ。 国立近代美術館の口直しもあり、落ち着いた絵を見たくてプティ・パレへ。 ドラクロワ、セザンヌ、ピサロ、ロートレックなど。

テルトル広場でポーランド人の画家と

 10月16日(木) パリ最終日。 地下鉄ピガール(Pigalle)駅で降りてモンマルトルの丘へ。 ここは高台にあり、サクレ・クール寺院からパリの街の眺めが見晴らしが・・・  小雨でけぶっている。
  サクレ・クール寺院を出てテルトル広場へ。 ここでポーランド人の画家から1枚油絵を購入。 テルトル広場の街角を描いたもの。 絵の裏に住所と氏名のシールを張ってもらったので、帰国してから手紙を書いた。
 昼食はオペラ座の裏手にある大きなデパート、ギャルリー・ラファイエットの食堂で。 ここのカフェテリアではお皿の大きさで値段が決まっていて、この皿にいくら盛り上げても良いらしい。 適度に盛ってきたが、フランス人は私の2倍くらい盛り上げていた。

 ホテルへ帰り、16:15ロビーへ。 バスでシャルル・ド・ゴール空港第一ターミナルへ向かう。 途中高速道路からサッカーのワールドカップ決勝戦が行われる会場が見えた。


 この位パリに居たら、当分の間は満足。 3年間毎年パリに来てしまった。