イタリアの旅

 2000年10月 名門ホテルに泊まる素晴らしきイタリア


 仕事、家庭の事情でしばらく旅に出られず。 やっと休暇が取れたが、妻は行かないという。 もたもたして居るうちに期日が迫り、 残っていたのは「名門ホテルに泊まる・・・」。 日本旅行のマッハ。 グレードの高い(値段も高い)企画。 でもフィレンツエのウフイッツイ美術館に行きたくて申し込み。


 10月29日(日) 9:30にチェックイン。成田発12:00 JL419 (日本航空)の予定。 機材到着遅れ(飛行機が成田に来ていない)のため12:00出発が15:00に変更だそうだ。 日本航空からお食事券(汚職事件ではない)がでた。
 ミラノ・マルペンサ空港到着20:05。 出発が遅れたのでミラノでの給油では機内の待機のまま。 ミラノ出発21:25。 煙草も吸えず、長い一日。

ローマ ベルニーニ・ブリストル

 ローマ・フィウミチーノ空港着 22:15。 入国手続きでスタンプを期待していたが、入国審査官が外でチェックしており頼むわけにもいかず、スタンプなし。 バスの中で両替。 両替レートはLit 1=\0.0518 (\1=Lit19.300)で成田に比べてとても良い。 バスにてホテルへ。  23時 ホテル着。 ホテルはバルベリーニ広場に面したベルニーニ・ブリストル ★★★★★ 。 確かに5年前宿泊したホテルより高級。 疲れました。

 [永遠の都/ローマ]
 10月30日(月) ローマの町は観光で大型バスは使えないとのこと。 マイクロバス2台に分乗して、 ヴァチカン美術館へ。 朝早いのにすでに並んていて約30分待つ。  燭台の間、タペストリーの間、地図の間、ラファエロの間からシスティーナ礼拝堂へ。 システィーナ礼拝堂は撮影禁止。 正面の最後の審判は日本テレビが25億円ほど寄付して修復したそうだ。天井の壁画もすばらしい。 ここはミケランジェロの世界。
 サンピエトロ寺院は世界最大の寺院で、床にほかの寺院の大きさ(奥行きの長さ)が刻んである。(いやみ) ここは前に来たことがあるので、今回はクーポラに上がりたかったが、行列ができていて、1時間かかるといわれ、あきらめる。

真実の口

 昼食はサピエトロ寺院から北に行ったところで。 前菜、パスタ、子牛のムニエルのようなもの、あまーいケーキ、それにエスプレッソ。 このエスプレッソがお笑い。 デミタスカップに入れたコーヒーは多いものと、少ないものでは倍違う。 これがイタリア人のおおらかさか。
 一旦ホテルに戻る。 ここからは単独行動。 タクシーで「ピッツア・ボッカ・デラ・ヴェリータ」と告げ、「真実の口へ」。 通じた。 道路に面した教会の柵の隅っこにトリトーネの顔がある。観光客のドイツ人らしき人に写真を撮ってもらう。

 ここからナヴォーナ広場へ。 大きな噴水があり、絵描きがおよそ30人ほどいて自分の絵を観光客に売っている。また似顔絵をその場で描いている絵描きもいる。 パリのテルトル広場に似ているが、絵は劣る。

 川沿いにサンタンジェロ城方面へ。 ここは映画「ローマの休日」でパーティーが行われたところ。 新聞記者とカメラマン、アン王女が自国のスパイと大暴れした場所。

 20時 カンツオーネの夕べに出発。 場所はデヴェレ川の向こうの下町で「ファンタジーエ・ディ・トラステベレ」という店。 路地を入ると洗濯物が通りをまたがって干してある。 おお! ソフィア・ローレンの世界だ。
 食事をしながら6人ほどの歌手が歌うカンツオーネを聞く。 マリアカ・カラス、マリオ・デル・モナコなみにすごい声量。 フリクリ・フニクラ、帰れソレントへ、カタリ、タラのテーマ、ケセラ・セラ、アルデベルチ・ローマなど。

トレビの泉

 舞台が22時半で終わると客席に歌手がきて、リクエストに答えてくれる。 ローマで知床旅情を聞けるとは。 我が席ではサンタ・ルチアをリクエスト。 舞台ではすごい声量だったが、降りてきたらたいしたことではない。 マイクの効果か。

 10月31日(火)  バスでトレビの泉へ。 前回コインを投げ入れたので、またローマに来ることが出来ました。 お礼にコイン3個を投入。 5年前にジェラードを買った角の店は健在。
 この後 ファロ・ロマーノを散策。 こんな狭い所に次々に皇帝が色々なものを建てたものだ。 最も古いものでD.C.80年、日本では弥生時代のものだそうだ。

コロッセオ

 ここから凱旋門を抜けて、コロッセオへ。 コロッセオの内部観光は有料になったそうである。 前に中に入ったことがあるので周りを一人で散策。
 このあと、共和国広場のローマ・三越へ。 例の免税店。 約40分間共和国広場あたりを一人で散策。

 ホテルに戻り、 バスでテルミニ駅へ。 ここからミラノ行き特急(1等車)でフィレンツエへ。 一時間半ほどでフィレンツエに到着。 ホテルはフィレンツエ中央駅(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)のすぐそばのグランド ホテル ヴィラ メディチ ★★★★★ 。 ここも5つ星。
 ホテルでシャワーを浴び、 ネクタイをして、 ホテルのダイニングへ。 本日のメニューは、前菜:生ハム、ボロニアソーセージ、かに味噌のペースト。 パスタ。 子牛のロースト、マッシュポテト、トマトに何か詰めたもの。 フローレンスケーキ(アイスクリーム)。 エスプレッソ。 およそ2時間かけての食事。 話題は今まで皆さんが旅行した話が中心。


ウフィツイ美術館

 [芸術の都/フィレンツエ ピサの斜塔]
 11月1日(水) 8:30にバスでドウオモの近くまで。 ここから歩いてウフィツイ美術館へ。 フィレンツエの町は狭いのでほとんど徒歩で行ける。
 ウフィツイ美術館は9時入館の予約だそうですぐに入場できる。 ここは館内の人数を一定に保つように、入場制限をしているとのこと。 予約無しで来たらこんなにすんなり入場できない。 事実入るときに並んでいた人たちが、 出てきたときにもまだ並んでいた。

ピサの斜塔

 展示室は3階にあり、 ピエロ・デラ・フランチェスカの「ウィルヴィーノ公夫妻の肖像」、ボッティチェリの「ビーナスの誕生」、「春」、ティッツィアーノの「フローラ」、「ウィルビーノのビーナス」、ラファエロの「自画像」など教科書にあった有名な作品ばかり。 ルネッサンスの珠玉の作品にしばし酔う。

 昼食後は自由時間で、一人でピサの斜塔を見に出かける。 フィレンツエからおよそ2時間高速道路を西へ。 ピサの斜塔をそばで見ると傾きに迫力あり。 現在まだ傾いているらしく、反対側からロープで引っ張りながら、 傾きを止めるための工事をしており、斜塔には立ち入り禁止。 ドウオモ、洗礼堂を見学。 

 [水の都/ベネチェア]
 11月2日(木) バスで、ミケランジェロ広場へ。 この広場からドウオモ、ヴェッキオ橋などフィレンツエの旧市街が一望できる。 ここでフィレンツエに別れを告げ、 ベネチェアに向かう。

サン・マルコ広場

 12時 バスはベネチェアのサンタルチア駅のそばのローマ広場駐車場に到着。ここから水上タクシー(モーターボート)に乗りバウワーホテル★★★★★へ。 ホテル到着後、レストランに出かけ昼食。
 前菜は蟹のサラダ。 この後イカ墨のスパゲッティがでてきた。 真っ黒なスパゲッティ。 唇から歯まで黒くなる。 味は特にこくがある訳ではない。 デザートは甘いケーキにエスプレッソ。

ゴンドラセレナーデ 歌手

 14時からサン・マルコ広場、 嘆きの橋、 ドウカーレ宮殿、 ムラーノ工房散策。 このサン・マルコ広場は映画「旅情」の舞台となったところ。 キャサリーン・ヘップバーンはカフェのこのあたりに座っていたのかなど想像しながらカフェに腰掛けてみる。 また、サン・マルコは画家のカナロッテがたくさん描いているので、始めて来たのになんとなく懐かしい感じ。
 17時からゴンドラセレナーデ。 セレナーデにしては少し暗すぎる。 ノクターンの時間に入りそう。 ゴンドラ3艘に分乗。 一艘に歌い手、 アコーディオン各1名が乗り、 カンツオーネを歌いながら、 ホテル前の狭い運河から広い運河まで往復。 イタリア人独特の陽気な顔。 声量もたっぷりで、橋の下を通るとき、 橋の上の通行人(観光客だと思う)から声援が飛ぶ。
 夕食は一人でバカリ(アテュゲータ)に行く。 ここには日本語のメニューがあり、 ウエイターで日本語を上手に話す人が居る。 お勧めはアドリア海にシーフード。 たこ、いか、いかの卵巣、しゃこのいためもの、黒鯛のムニエル。 白ワインもおいしい。 一人で食べるにはスープもムニエルも多すぎる。


 [ファッションの町/ミラノ]

ミラノのドゥオモ

 11月3日(金) 8時半 水上タクシーでローマ広場へ。 ここの駐車場でバスに乗り換え、ベネチェアをあとにし、ヴェローナを経由して一路ミラノへ。 ミラノ到着12:35。 昼食はサフランのリゾット、ミラノ風カツレツ、デザートにフルーツポンチ、エスプレッソ。 カツレツは肉をたたいて伸ばし衣を付けて揚げたもので、ミラノの名物だそうだが、硬くて期待したほどでもなかった。
 このあと、スフォルツスコ城を見学。 スカラ座、エマニエール2世のガッレリア、ドゥオモへ。
 エマニエール2世のガッレリアはガラス張りのアーケードの商店街だが、 さすがにミラノ。 店の造り、装飾が洗練されている。 中にマクドナルドがあったが、あのマクドナルドの感じは無く、始めはマクドナルドだとは気がつかなかった。 ミラノのドゥオモはイタリア最大のゴシック建築。 一番高い尖塔の先端に金色のマリア様が立っている。 これがミラノの人の自慢だそうだ。
 ホテル(エクセルシオール ホテル ガリア ★★★★ )に一旦帰り、 夕食はタクシーでレストラン「ジャンニーノ(Giannino)」へ。 ここはミラノでも有数の高級なレストランだそうで、スーツ、ネクタイ、ドレスで行く。 ワインは赤、白付。 料理はチーズ入りパスタ、子牛のバローロワイン煮、りんごのタルト、コーヒー。

 11月4日(土) 11時バスでマルペンサ空港へ。 14:05クロスエアライン(スイス航空系列)でチューリッヒへ。 小型の飛行機なので軽々とアルプスを越える。 雲の合間からアルプスとスイスの町並みが見える。
 チューリッヒ乗り継ぎ、15:05 JL452 (日本航空) で帰国

 イタリアを満喫できた。 ホテルも食事も高級。 食事は全て前菜、メインディッシュ、デザート、コーヒーの4段。 ホテルは格式のあるところばかり。 でもアメリカンスタイルのホテルに慣れているので、 固定式のシャワーは使いづらい。