ロマンチック街道と音楽の都
 2002年4月 ハイデルベルク、ローテンブルク、フッセン、ザルツブルグ、ウイーン


 このところ不景気で、 小泉内閣になってから株価はさらに下がる。 世の中リストラという名のもとに人員削減が行われ、 小生も時流に乗って早期定年退職。 これで2年ほど早くやりたいことができる。 とは言うものの厚生年金の一部が支給されるまでの2年間無収入。 所得税、住民税がまったく無いのも気楽で良いか。 気晴らしに旅に出よう。 


 3月30日(土) 成田第二ターミナルでユーロに両替(1E=¥120.22)。 今年から通用しているユーロ。 お札も真新しい。 全日空NH209便でフランクフルト・アム・マイン空港へ。 到着は予定より30分ほど早く、16:10。 まだ明るい。 パスポートコントロールで、頼んでスタンプを押してもらい、 バスで今日の宿のあるハイデルベルクへ。

明日からサマータイム

 [古都/ハイデルベルク、ローテンブルク]
 ヨーロッパの冬時間は今日まで。 ホテルに注意書きが張り出してある。 ここで時計を1時間進めておく。
 ホテルにチェックイン後、街中を少し歩いたが、 街中はイースターで月曜まで休みとか。 ほとんど店は開いていないし、人通りも閑散としている。

ハイデルベルクの町並

 3月31日(日) 朝7時。 朝食の時間になってもまだ暗い。 サマータイムになったばかりなので余計に暗さを感じる。

 9時バスでハイデルベルク城へ。 城は丘の上にあり、 建物はバロック、ルネッサンスが入り混じったもの。 城の展望台から見たネッカー川、 カール・テオドール橋、 旧市街の眺めは最高。 フィレンツエのミケランジェロ広場を思い出す。 城の地下にワインの大樽があり、221,726リットルと表示されている。 何人分か想像もつかない。 そばでワインの試飲ができ、(E3.2) 試飲したグラスは貰える。
 丘を下りて旧市街を散策。 ドイツで一番古い名門ハイデルベルク大学、 カール・テオドール橋など。 マルチン・ルターの記念盤が道路に埋め込んであった。

古城街道

 昼食後、バスで古城街道を東に走りローテンブルクへ。 古い城が10ほどあった。 今はレストラン、ホテル、養老院などに使われているそうだ。
 3時間ほどでローテンブルクのホテルに到着。 このホテルはローテンブルクの城壁内にあり、由緒あるホテルだそうだ。 でも古くて狭くて汚い。 ドアーはがたがあり、床はきしむ。 添乗員さんは「昨日より値段の高いホテル」と言っていたが。 昨日のアメリカンスタイルのホテルのほうが良い。 風呂にカーテンが無く、シャワーが固定式なので、お湯が飛び散らないように、恐る恐る石鹸をながす始末。 風呂に入ってこんなに疲れたのは始めて。

ローテンブルクの仕掛時計

 ローテンブルク街中は中世の建物がそのまま残っていて、 迷路のようになっているが、中心は市庁舎のあるマルクト広場。 このほか聖ヤコブ教会、ブルク庭園などを散策。 マルクト広場には大きな仕掛け時計がある。 21:00に大時計の横の二つの窓が開いてMeistertrunkの故事にならって仕掛け人形が出るというので出かける。 
 21時丁度に時計の両側の窓が開き、 右側の人形が大きなジョッキのビールを飲み干している。

   4月1日(月) 朝の散歩。 町の南のコボルツェラー門から城壁を出て、ドッペル橋まで降りて行く。 タウバー川のほとりからローテンブルクを見ると高い城壁に囲まれた中世都市のイメージがはっきりしてくる。
 ここから城壁の外を反時計方向に回り、 アンスバッハー通りまで行くと、レーダー門がある。  入り口近くには「ロマンティッシェ・シュトラッセ」という表示とともに、日本語で「ロマンチック街道」と表示されている標識がある。 日本人の人気が高く観光客が多い証拠か。

ロマンチック街道 標識

 レーダー門から再び城壁内に入り、城壁の回廊に上がると、ここには修復に寄付した人の名前と幅(m)が示されていた。 寄付の金額によって幅が違うようである。 この回廊をめぐりながら中世の町ローテンブルクを観る。

 13時にバスでロマンチック街道を南下。 途中ディンクルスビュールに立ち寄り市内散策。 ここはローテンブルクを小さくした町。 この後バスはアウトバーンにのってフュッセンへ。 

 これでロマンチック街道は終わり。 どこがロマンチックだったか、未だに不明。 名前のつけ方が上手なのか、 ロマンチック街道の名前に踊らされている気がする。 ドイツには古城街道、ロマンチック街道のほか、数え切れないほど ~街道と名前のついた道があるそうな。


 [ノイシュバンシュタイン城]
 17:20フュッセンのホテルに到着。 貴族の館を改造したホテルだそうで、 廊下に無造作に骨董品が置いてある。 食事までのあいだフュッセンの町を散策。 途中ホーエス城と教会に寄る。 レッヒ川辺を散策。 川の水が緑色なのが印象的。

 夕食はホテルのダイニングで。 ビール付き。 野菜スープ、サラダ、豚肉のソテー、キャベツの酢づけ、ムースにコーヒー。 ドイツの食事はまずいと聞いていたが結構美味しい。

 4月2日(火) この旅のハイライト、 ノイシュバンシュタイン城に朝から出かける。

ノイシュバンシュタイン城


ノイシュバンシュタイン城

 ここはデズニーランドのお城のモデルになったところ。 お城のビューポイントは観光のパンフレットで見る城の正面ではなく、 右後方の谷にかかる橋の上から。 あの写真の場所には行けないそうだ。
 あいにくまだ時間が早いので、 城には朝日が十分にあたっていなかった。
 ここから城の左手に出て、正面の門から入場。 ルードヴィヒⅡ世が作らせた城とあって、外観もすばらしいが、中も凝っている。 ドアーの取っ手まで白鳥の首を形どっている。 また比較的新しく、中世の城とは異なり雰囲気も明るく、セントラルヒーティング、厨房の合理的な作りなど。 ただ公開している部屋は少ない。 しかも工事中かと思ったら、まだ作り続けているとのこと。 この城はまだ未完成だそうだ。  中を見学していると、 どこからかワーグナーの「ニーベルングの指輪」の「ワルキューレの騎行」あたりが聞こえてきそうな感じ。 城全体が歌劇の舞台のように感じられる。

 城からだらだら坂を降りてきた所は、ノイシュバンシュタイン城へ行く馬車乗り場。 目の前にホーエンシュヴァンガウ城がそびえたつ。 またここからはノイシュバンシュタイン城の後方が遠景として望める。 

 毎回の昼食、夕食にドイツビールを堪能した。 ここでドイツに別れを告げ、オーストリアの音楽の都・ザルツブルクに向かう
 14時にザルツブルクへ出発。 途中からアウトバーンには入り、オーストリアへ入る。 アウトバーンは無料だが、オーストリアの高速は有料とのこと。 


ミラベル庭園

 [音楽の都/ザルツブルク ウイーン]
 4月3日(水) ミラベル庭園までバスで行きここから午前中は徒歩観光。 ミラベル庭園はジュリー・アンドリュースの「サウンド・オブ・ミュージック」でドレミの歌が歌われた所。 綺麗な庭園で噴水、菩提樹、バラのアーチ、階段。 映画を録画してあるので見て確かめてみよう。
 ここからモーツアルトの家の前を通り、ザルツアッハ川の方へ。 ヘルベルト・ホン・カラヤンの家の前を通り、 ザルツアッハ川のマカルト小橋を渡ってモーツアルトが生まれ、暮らしていたアパートへ。 中は撮影禁止。 バイオリン、 黒鍵の小さなピアノ、 低い天井が印象的。
 ゲトライデ小路を抜けると、東側にホーエンザルツブルク城が丘の上にそびえ立つ。 この城に行きたかったのだが、コースに入ったいないので、この次の楽しみに残しておく。
 この後ザルツブルク音楽祭のメイン会場となる祝祭劇場を外から見て、 ドーム広場を通り、 大聖堂へ。 大聖堂の中は明るく、 パイプオルガンや、 ドームの天井がすばらしい。
 11時にレジデンツ広場でモーツアルトの鐘(今日の曲はハレルヤ)を聞いて、昼食までしばし自由時間。 街中をぶらつき、ダリ、シャガール、ピカソの画廊に寄り、小さな土産物屋で「No Cangaruu In Oustria」のTシャツを購入。 「オーストリア」と「オーストラリア」を間違えるなと言うことか。
 モーツアルト広場のレストランで昼食。 豚肉のソテーとパスタ、野菜スープ(塩っぱい)、アップルパイ。とてもおいしかった。 それにビール(エーデルヴァイスという銘柄)51C(¥70位)。 おいしい! 安い!

 夕方ウイーンに入って、レストラン Himmelpforte で夕食。 野菜スープ(塩っぱい)、ウインナーシュニッツエル(豚のカツレツ、衣はテンプラのよう。ミラノ風カツレツに似ている)、アップルケーキ、コーヒー。 とても美味しかった。

 ウイーンの街の北側フランツ・ヨーゼフ駅の前のホテルに20時到着。 明日夕方のオランジェリー・コンサートの予約(E43)をしてから、 5人ほどで夜のウイーンの町に出かける。 オペラ座あたりまで電車で行き、帰りはライトアップされた美術史美術館、王宮、モーツアルトの像、国会議事堂、市庁舎、ブルク劇場など、リンクをぶらぶら。 春の夜風が気持ち良い

 4月4日(木) 朝からシェルンブルン宮殿へ。 宮殿の外観は良いが中身今ひとつ。 裏手の庭園が素晴らしい。 

シェルンブルン宮殿


ベルヴェデーレ宮殿

 この後バスで市立公園のヨハンシュトラウスの像へ。 めいめい写真を撮って、免税店「ワルツ」へ。 誰もなにも買わない。 ここで解散、自由行動。
 今夜のオランジェリーコンサートにいっしょに行く人と19時にホテルロビーでの待ち合わせを約束をして、 一人でベルヴェデーレ宮殿へ。
 ベルヴェデーレ宮殿はオーストリア美術館となっており、上宮(南側の小高い丘の建物)はクリムトの作品が多い。 クリムトの「Judith」「The Kiss」「Adam and Eve」などをゆっくりと見て回る。
 この後、庭を通ってベルヴェデーレ宮殿下宮へ。 ここはバロック美術館があり、ナポレオンが馬に乗ってアルプスを超える有名な絵があった。

 次にウイーン美術史美術館に向かう。 美術館に入って2階が絵画。 入口すぐにティッツィアーノの「Danae」、ティントレットの「Susanna]が。 ほかにルーベンス、ベラスケス、ブリューゲル、ライスダル、レンブラント、ルノアールなど等。 フェルメールは「アトリエの画家」の1枚のみ。 しかもメインの大きな部屋ではなく、外側の小部屋。
 このような重厚な作品を見ると、 先ほどのクリムトの作品は薄い感じがする。

オランジェリー コンサート

 ホテルに戻り、 約束の時間にロビーで2人と合流し、 フランツ・ヨーゼフ駅の東の地下鉄Friedensbucke駅からU4号線でSchonburunn駅へ。 およそ30分でシェルンブルン宮殿のオランジェリーに到着。 コンサートの開演は20:30から。 横16席で400人ほど入れる会場。 17人の楽員で構成された小さなコンサート。 演目はモーツアルトの「ドン・ジョバンニ」「フィガロの結婚」など5曲、ヨハン・シュトラウスの「青く美しきドナウ」「ウイーンの森の物語」など5曲。 とてもポピュラーな演奏会なので肩がこらない。アンコールにはお客の拍手を巻き込んでのラデッキー行進曲、 さらに騎馬のポルカ。
 22時過ぎに演奏会がはねて、 地下鉄でもどり、ホテルの前で皆お腹が空いたことに気がつき、マクドナルドへ。 ハンバーグとコーラ。 バーでカクテルなどを飲みながら、 今日のコンサートに酔いしれたいところだが・・・ 何しろ知らない町なので。

ベートーベンの墓

シューベルトの墓

 4月5日 (金) 11:30までフリータイム。 7:30に早々とチェックアウト。 電車D線に乗り、 途中オペラ座の所で71号線に乗り換え、 町南方外れの中央墓地へ行く。 ここにはウイーンゆかりの作曲家達がまとまって眠っている。 朝のきりっとした空気の中をベートーベン、シューベルト、モーツアルト、ヨハン・シュトラウス(父)、ヨハン・シュトラウス(子)、ヨーゼフ・シュトラウス、ブラームスなどのお墓をまわる。 朝早く行ったのにどのお墓にもすでにきれいな花が供えられていた。
 電車でリンクに戻り、王宮の庭園、高い塔のあるシュテファン寺院などを回って、ホテルへ。

 バスでウイーン・国際空港に向かう。 ウイーンからルフトハンザ航空でフランクフルトへ。 フランクフルト・アム・マイン空港では4時間ほど待合せ、全日空で成田へ。


 今回の旅行は晴天に恵まれ、どこの観光地でものびのびと、ゆっくり観ることができた。 この時期のヨーロッパは気温の変化が大きいそうだが、 旅行中最低気温3℃、最高気温19℃とまずまずであった。 しかし乾燥が激しく旅行最終日には唇が荒れてしまった。
 ドイツ・オーストリアはビールが安くておいしい。 中ジョッキで0.5ユーロ位。 ちなみにミネラル・ウォータは350mlで1.2ユーロ。 どちらを飲みます?