太陽と光の国・スペイン
 2002年11月 名画とフラメンコを見る旅


 季節が良くなると、旅に出たくなる。 以前から行きたいと思っていたプラド美術館。 そうだスペインに行って、ついでにフラメンコ、アル・ハンブラ宮殿、エル・グレコ等を・・・ と選んでいたら、11日間の旅があった。 


 11月6日(水) 成田第二ターミナルでユーロに両替(1E=¥125.78)。 ずいぶんユーロが高くなった。 春には\120くらいだったのに。 全日空NH201便、定刻どおり離陸。 ほぼ満席。  ロンドン・ヒースロー空港到着15:10。 乗り継ぎのためバスでターミナルを移動。 待ち合わせ時間およそ3時間。 ここからイベリア航空3171便でマドリッドへ。 マドリッド・バラハス空港21:20到着。 バスでホテルへ。

裸のマハ

 [名画とローマ水道橋]
 11月7日(木) バスでホテルを出て、プラド美術館へ。 9時の開館と同時にゴヤ門の2階入り口から入場。 館内は明るく写真撮影OK。 今年4月の国立西洋美術館で開催されたプラド美術館展で見たいくつかの絵に再会。 現地ガイドさんに案内されたのはヴェラスケスの「ラス・メーニアス(宮廷の侍女たち)」他、ゴヤの「着衣のマハ」「裸のマハ」などにムリーリョの「無原罪のお宿り」。 確かにスペインを代表する偉大な画家たちの作品だが、一つ一つをこんなに詳しく説明していたら時間が無くなる。 ここにはエル・グレコ(ギリシャ人)、ルーベンス(オランダ人)などの見たい絵も沢山あるのに。 説明が終わって開放されたが、残り時間20分だとさ。 15分でエル・グレコを見に行き、ルーベンスはあきらめる。 

 10時40分に美術館を出て、 行ったところが気に食わない。 マドリッド・三越。 ここで一時間。 こんなのなら美術館であと30分はもらいたかった。 つれて歩いた現地ガイドさんをうらむ。 この後、セルバンテスとドン・キホーテ、サンチョ・パンサの像があるスペイン広場に行ったが、 昼食はシエスタの関係で少し遅めに、ということで、ここで約50分過ごす。 不満がたっぷり残る半日。

セゴビア ローマ水道橋

 午後から自由時間なので、もう一度プラド美術館に行きたかったが、 添乗員さんから「治安が悪いので、単独行動は止めたほうが良い」と脅かされ、 他の人と一緒にセゴビアのローマ水道橋とアルカサル(宮殿)を見に行くことにした。

 自由時間だが、 添乗員さんがそのままバスをチャーターしてくれて、しかも添乗員さんの案内付でセゴビアへ。 マドリッドから一時間半ほどで到着。
 まず到着したところが、ローマの水道橋。 紀元1世紀頃に建造され、フエンフリア山脈からこの町の西の端のアルカサルに今も水を運んでいるそうだ。 しっかりした造り。 この地方には地震がないのか。

セゴビアのアルカサル

 このあと町の中心のマヨール広場でバスを降りて、 しばらく散策の後、アルカサル(宮殿・城)へ。 中は中世の城そのもの。 城を出て、下に降りてから見上げる城のながめがすばらしい。 白雪姫の城のモデルになったそうだ。

 帰りはマドリッドまで2時間。 何処も同じ渋滞。 夕食は添乗員さんにお願いして、みんなで揃って近くのBARへ。 つまみ、小料理をたくさんたのみ、ビールをのんで、割勘。 チップ込みで、E19。

 本日の気温は5℃~15℃。 すこし厚手のチェックのシャツに、アスコットタイ、ブレザー。 日陰で風があたると冷たかったが、この装いで丁度良かった。
 治安が悪いと驚かされ、 朝の散歩もままならぬ。 マドリッドをほとんど知らずに明日離れるのは残念。 また改めて来るか。


トレドのカテドラル

 [中世のたたずまい/トレド]
 11月8日(金) 9時にバスでマドリッドの南トレドへ出発。 1時間半ほどでトレドに到着。 バスを降り、 石畳の狭い路地をあちこち廻り、 大きなカテドラルの前に出る。
 このカテドラルはスペインにおけるキリスト教の総本山。 中には美術館に匹敵するエル・グレコ、ヴェラスケス、ファン・アイク等の絵や 金、ダイヤをちりばめ、真珠を縫い付けたゴブラン織りの法衣、王冠などが展示されている。 さぞかし聖職者は金持ちだったのであろう。 さらに建物の中で、周囲にはいくつかの小さな礼拝室があり、 さながら分譲礼拝室と言った所か。

 次にサント・トメ教会のエル・グレコの「オルガス伯の埋葬」の絵を見に行く。 かかれている人物の視線はばらばらだが、こちらを見ているのがエル・グレコだそうだ。 残念ながら写真撮影禁止。
 さらにエル・グレコの家という美術館へ。 エル・グレコの絵がいっぱい。 他にスルバラン、ティッツィアーノの絵もあった。

 ここから歩いてタホ川に出て、 アルカサル(宮殿)のそばのレストランへ。 このレストランはアルフォンソ6世ホテルのレストラン。 シエスタの関係で13:30から昼食。 次第におそい昼食(シエスタ)に慣れてきた。

トレド風景

 食後は バスで象嵌細工の土産物店へ。 興味無し。 バスは新アルカンタラ橋を渡りタホ川対岸、トレドの町の南の展望台へ。 カテドラル・アルカサルなどトレドの町が一望できる。

 バスはさらに登って、 丘の上のホテルへ。 すぐそばにパラドール(国営宿泊施設)がある。 チェックイン後みんなでパラドールに行き、 町を眺めながらカフェでコーヒーでもと向かったが、 本日パラドールには国王がお泊まりとかで、 警備の警官に入場を阻止され、 やむなくホテルに戻る。
 18時になるがまだ外は明るい。 ホテルの外のカフェでビールを飲みながらくつろぐ。 時間もゆったり。

 夕食はホテルのレストランで。 前菜に白アスパラ大7本、トマト、生ハム。 メインは白身魚のムニエル。 デザートにチョコレートアイスクリーム。 コーヒー。 夕食終了は22:30。 だんだんスペイン時間に馴らされてきたようだ。


ラマンチャの風車

 [ラマンチャの風車]
 11月9日(土) 今日はトレドからグラナダへ移動。 途中コンスエクラの丘にあるラマンチャの風車に寄る。 10基ほどの風車があったが、いずれも今は動かない。 観光用に残してあるだけ。 とんがり屋根に丸太が縛り付けてあり、 人力でこの屋根ごと回し、 風の向きに風車をあわせていたそうだ。
 片言の日本語をいっぱい訳も無くしゃべる案内人が印象的。 セルバンテスはこの風車を見て小説を書いたのだろうか。 ちなみに「ドン・キホーテ」は世界各国でそれぞれの言葉に翻訳され、 「聖書」に継ぐ発行部数だそうだ。

牛の看板

 丘をおりてしばらく走っていると、大きな牛の看板。 元は広告の看板だったそうで、黒に強烈な赤い文字が入っていたが、この看板のため交通事故が多くなり、今は黒い牛だけになったそうだ。 この後も何箇所かで見た。
 11:40 ドン・キホーテの作者セルバンテスが旅篭として利用したと言はれるレストランで昼食。 野菜の煮込みはおいしかったが、いわしの煮込みはくさくてほとんど食べられず。
 13:30出発。ここから3時間余り走ってグラナダへ。 走れど走れど車窓の両側はオリーブ畑。 スペインのオリーブは質、量ともに世界で一番だそうで、特にエクストラ・バージンオイルはスペインで買うべきだそうだ。 イタリアもスペインからオリーブを輸入して、 エクストラ・バージンオイルとして売っているそうだ。 結局グラナダの街に入るまでおよそ300Km オリーブ畑が続いていた。

 17時。 まだ明るいのでグラナダのホテルから徒歩で大聖堂を見学に。
 夕食は20時から。 スペイン時間だ。 ホテルのレストランで、 名物と言われているパエリアを食べたが、べたついていて口に合わず。


天人花のパティオ

 [美麗を極めたアルハンブラ宮殿]
 11月10日(日) 9時アルハンブラ宮殿に向けて出発。 バスは高速を使い、 グラナダ市内を迂回して反時計回りで宮殿へ。 9:15に到着。
  まずはカルロス5世宮殿へ。 中庭は円形で広い。 ここから回廊を通ってメスアルの間へ。 ここは集会や裁判に使われたそうだ。 壁の幾何学模様の漆喰がとてもきれい。 コマレスの塔に入ると大理石の柱、透かし彫りのアーチ。 この奥の大使の間では賓客の接待や謁見が行われたそうである。 この塔の前が天人花のパティオ(中庭)。
 長方形の池の両側に天人花(アラヤネス)の生垣があることからこの名がついたとか。 池に映ったコマレスの塔がとても美しい。 快晴で比較的早朝のため、コントラストが付きすぎた写真になってしまった。 まさに太陽と光の国スペインである。

 獅子のパティオは王のハーレムで、他の男性は入ることができなかったそうだ。 中央に12頭の獅子に支えられた噴水、124本の細い大理石の柱がある。 仕えていた女性は200人も居たそうで、 下働きの男は目をくりぬかれ、去勢されていたとか。
 姉妹の間は蜂の巣状の天井、 明り取りなど天空を写し取ったと言われる美しい部屋。
 ここから浴室に横を通っていくと、 グラナダの町が良く見える。 さらにパルタル庭園を抜けて、国王の夏の離宮ヘネラリフェへ。 庭園をしばし散策。

憂いを秘めたフラメンコ

 昼食後、セビージャ(セビリア:当地ではセビージャと発音するらしい)にむけ出発。 セビージャのホテルはサンタ・フスタ駅の前。

 [華麗で憂いを秘めたフラメンコ]
 夕食を外のレストランで済ませ、 フラメンコショーを見に、グアダルキビル川の闘牛場のそばのタブラオ「エル・パティオ・セヴィリャーノ」に行く。 開演は22時から。1ドリンク付。
   始めは暗い舞台で6人ほど群舞。 ギター2人、ボーっと立って歌う男性歌手2人。 ここから男女ペアの激しい踊り。 女性のソロ。 カルメンの曲に乗ったフラメンコ。 3人の女性の踊り、とつづき、そしてフィナーレ。 憂いを秘めた顔の表情、はげしい手の動き、拍手にカスタネット、そしてかき鳴らすギター。 「オレ!」 思わず立ち上がって拍手をしてしまった。

 スペインの夜は遅い。 0時過ぎにホテルに戻る。


ヒラルダの塔

 [大きなカテドラルと美しいヒラルダの塔]
 11月11日(月)  朝霧の中を市内観光に出発。 グアダルキビル川を渡り、元セビージャ万国博会場へ。 ここからスペイン広場へ。 大きな広がりの建物があり、 セビージャ万国博の時に作られたそうで、 建物の前面にスペインの各町を紹介した絵のタイルがたくさんはめ込まれている。
 このあとサンタクルス(元ユダヤ人街)を散策しながら土産物店に案内されたが、 寒かったので現地のガイドさんと店の向かいのBARでウイスキーのお湯わりを飲む。
 歩いてカテドラルへ。 ここの大聖堂は世界で3番目(1番:サン・ピエトロ、2番:セント・ポール)に大きいそうだ。 豪華な格子に囲まれた主礼拝堂の巨大な祭壇はゴシック様式の木彫で、 キリストとマリアの生涯を描いたものだそうだ。
 ヒラルダの塔に登るとセビージャ全体が見渡せる。 11時を過ぎているのにまだ霧がはれていない。
 塔から降りて、オレンジのパティオ(中庭)を抜け、レストランへ。
 昼食はスペイン名物タパス。 BARなどで食べられる小皿料理。 小イカ(ホタルイカより少し大きい)の天ぷら、いものオムレツ、生ハム、チーズなど全7品。 白ワインハーフ(E2.5)。 量的に丁度良いし、味もまずまず。

ピラトの家(パティオ)

 ホテルに戻り、 この後は自由行動。 すこし出歩かなくては。 まずはすぐそばのサンタ・フスタ駅に新幹線(AVA)を見に行く。 写真を写したいのでホームに出て良いか駅の人に聞いたら「だめ」と言う。 駅中央のブリッジ(中央通路)から写せば良いと言われ、中央通路から新幹線の車両を写す。

 ここからおよそ1.5Km離れたピラトの家へ。 エルサレムにあるローマ提督ピラトの館を模したと言われる邸宅。
 ピラトの館の前の小公園で一休み。 ここにはスペインの画家スルバランの像が立っていた。
 ベンチで休憩しているご婦人に声をかけたらオランダ・アムステルダムから観光できているとのこと。 「東京は大きい街だ」といわれ、 私からは「来年アムステルダムに行き、美術館に行きたい」など話し、お互いに写真を撮り合って分かれる。
 ピラトの家は入場料E5。 モザイクタイル、ムデハル様式、模様の美しい壁がパティオを囲んでいる。 建物の中はひんやりして涼しい。 庭に出ると色々な花が咲き誇っていた。

 20時からホテルのレストランで夕食。 魚介類のパエリア、ムース、コーヒー。 飲み物は赤ワインハーフボトル。 ここのパエリアはおいしかった。


ロンダ ヌエボ橋

 [渓谷のロンダと白い村ミハス]
 11月12日(火) 今日はセビージャを出て、コスタ・デル・ソルを回ってくる。
 10:50ロンダの町に到着。 駅の側のバスターミナルから徒歩でヌエボ橋へ。 対岸の土産物店に入り、E1払ってテラスへ。 ここからヌエボ橋が良く見える。 また谷の下流の眺めもすばらしい。
 再びヌエボ橋を渡って、闘牛場へ。 ここはスペイン最古の闘牛場だそうで見学にE4を払う。 結構広い闘牛場には観覧席の下に展示場があり、闘牛に使われる衣装、剣、槍などが陳列されていた。
 闘牛場の正面には有名な(名前は知らない)闘牛士2体の銅像がある。

ミハス 白い街並

 ロンダからは山の中を通り、 海岸へ。 途中見晴らしの良いところで、バスは停車。 なんとここからかすかではあるが、ジブラルタルの山と地中海のかなたにアフリカの山が見える。
 海岸の近くのレストランで昼食。 魚介類のスープ、海老とアンコウの串焼き、りんご・オレンジ、ビール(E1.5)、コーヒー。

 レストランからおよそ10分で白い街並のミハス。 ここは小さな場所で土産物店の多い観光地。 高台にあるため南のほうに地中海が良く見える。 洞窟のマリア様を見たり、 土産物店をのぞいたり、 しばらく散策。

 バスでセビージャに戻り、20時からレストラン”オステリア・デル・ラウレル”で夕食。 場所はサンタクルス地区。 カテドラルのそば。
 この後、バスでサンタ・フスタ駅に移動。 ここから寝台特急でバルセロナに向かう。
 22:15列車が入線。 コンパートメントは18号車、21番。 一車両5部屋で10人の定員。 このタイプの車両は2車両しか付いていない。 コンパートメントは2人用で寝台、シャワー、トイレ付き。 アメニティグッズにバスタオルもついて、さながら走るホテル。 これを1人で使うので、スーツケースも広げられ、贅沢な気分。
 隣17号車は食堂車で、コンパートメント車両の客専用とか。 飲み物、食べ物全て無料。 みんなで出かけてゆき、 簡単なオードブルでウイスキー、シャンパン、ワイン、ビールをそれぞれ楽しむ。


サグラダ・ファミリア

 [ガウディのサグラダ・ファミリアとバルセロナ・ピカソ美術館]
 11月13日(水) 朝起きて、シャワーを浴び、 食堂車で朝食。 気がついたら列車はセビージャで動き出した方向と逆の方で、地中海を右手にバルセロナに向かって走っている。
 朝食はクロワッサンにオレンジ・ジュースとコーヒー。 これがコンチネンタルか。 物足りない。 昨夜のチーズくらいだしても良いのに。
 バルセロナでは、安全のためになるべく手荷物を持たないように言われる。

   8:50バルセロナに到着。 9:15に駅を出発して市内観光。 ガウディのグエル邸、カサ・ミラ、グエル公園。 ガウディの作品 あの曲がりくねった線は余り好きになれない。
 サグラダ・ファミリアでガウディの作った”誕生の正面”には4本の鐘楼があり、この中にラセン階段があって上の塔をつないでいるブリッジまで登って行ける。 反対側の”受難の正面”は比較的新しく作られたもので直線が出ていて、時代の違いを感じさせられる。
 数百年前に建てられた大聖堂も、当時の人は同じような気持ちで見守っていたのだろうか。

 13時カルターニャ美術館のそばのスペイン村へ。 ここはモンジュイックの丘という所で、バルセロナオリンピックのスタジアムがあり、展望台からはバルセロナの町、地中海を見下ろすことができる。 ここのレストランで昼食。 トースト・パンに塩をかけ、ニンニクを摺り付け、トマトをのせて、オリーブオイル(エクストラ・バージン)をかけて食べる。 ガーリック・トーストと一味違って美味しい。 メインは麺のパエリヤ。 これにニンニク、マヨネーズをかけて食べる。 魚くささが無く美味しい。

 15時ピカソ美術館へ。 入り口は貧相で旗が立っていないと気がつかない。 ピカソの若い頃の作品が多く、この中でプラドにあったヴェラスケスの”宮廷の女侍たち”をピカソが描いたものがある。 どのような見方、表現で顔が三角や丸になったのだろう。 一緒に行ったおばさんの「幼稚園の子が描いた犬のようね」の一言に笑えた。
 この後、添乗員さん、現地ガイドさん、バスの運転手にガードされて徒歩でDuty Free Shopへ。 バルセロナでもゴシック地区は特に注意が必要だそうだ。


モンセラート 修道院

 [岩山に修道院/モンセラート]
 11月14日(木) 8:30モンセラートに向けて出発。 ほとんど平らな所ににょきっと岩山。 相当昔に隆起したそうだ。 バスは高速をおりて、 西側から山に入り北側を通って東側の駐車場へ。 ここまでおよそ1時間余り。 岩山のかなり高い所に修道院がある。 修道院には黒い聖母像(マリア様)があり、10時の開館にあわせて入場。
 11時にロープウェイで上に登るとのこと。 それまで40分ほど時間があったので、すぐ側のモンセラート美術館に入る。 中は上下2階になっており、カラバッジオ、モネ、ルノアール、ダリ、カサス、ピカソなど、なかなか良い絵が展示されていた。 特にピカソの「年老いた猟師」は13歳の時の作品。

 ロープウェイで上に上がると、景色が広がり、はるかにピレネー山脈の一部が見えた。 大きな岩は風化したためか丸みをもっており、さながらゴリラ、鉄人28号・・のようだ。 また個々の岩が自身を主張しているようにも見える。


 11月15日(金) 早くも帰国。 朝のひんやりした空気の中をカサ・ミラまで散歩。 8:30 朝のラッシュの時間。 行き交う人、西欧人の独特の匂いがする。 もう一度スペインに来ようか、 でもバルセロナは来なくても良いなど考えながらホテルへ。

 10:30ホテル発。 30分程でバルセロナ・プラット空港に到着。 例によって免税手続きの間一人で待たされる。この間空港の外を散歩。
 バルセロナの空港では出国審査に審査官がいない。 皆さん素通りで出入りをしている。 イタリアよりいいかげんな国。
 バルセロナから ロンドン・ヒースロー空港経由で帰国。


 せっかくプラドに来たのに残念。 必ずもう一度来よう。 バルセロナはもう良い。
 今回は時間をかけたゆったりとした旅だった。 寝台列車も良かった。 添乗員さんは「オリエント急行より良い個室」と言っていた。 どうせ乗るならもうすこし早めに乗って、色々楽しみたいもの。