名画・運河・チューリップ
 2003年4月 名画と運河と花の国 ベルギー・オランダの旅9日間


 今年はゴッホ生誕150年。 ゴッホの絵も見たい。 レンブラントもフェルメールの絵も見たい。 暖かくなったらベルギー・オランダに出かけようと一月に計画。
 出かける3週間前に、問題発生。 この旅でフェルメールの絵はマウリッツハイスで3点、アムステルダム国立美術館で4点見れるはずだった。 ところが、アムステルダム国立美術館の1点「恋文」がプラド美術館で開かれている特別展に貸し出されていることが判った。 かのフェルメール絵画盗難事件の「恋文」。 旅行を中止しようかと思ったが、 この絵はまたの機会にということで・・・・。


 4月8日(火) 成田第二ターミナル。 受付を済ませ、 今回のツアー参加者は7名と聞いてびっくり。 これはみなさんとお友達になれそう。
 ユーロに両替(1E=¥134.69)。 またまたユーロが高くなっていた。 全日空で定刻どおり離陸。 イラク戦争の最中だがほぼ満席。 定刻より少し早くフランクフルトに到着。 パスポート・コントロールで係官がしっかりとパスポート、顔などを時間をかけて確認している。 イラク戦争のためか、さすがにドイツ。

17:40ヴィスバーデンのホテル到着。 まだ早くて明るいから、街中へ出かけることになり、3人でタクシー相乗り、 マルクト広場へ。
 マルクト教会、カイザー・フリードリッヒ像、クアハウスなどを散策。 19時半頃にやっと太陽が沈み、少し寒くなったので、タクシーでホテルへもどる。

プリンス・エベク宮殿

  4月9日(水) ホテルを7:30に出て、アウトバーンにのり、一路ベルギーのリエージュへ。 昼食後リエージュの町を散策。
 まずはプリンス・エベク宮殿。 現在裁判所として使われているらしい。 ゴシック、イタリアルネッサンスの調和した綺麗な建物。
 マルシェ広場のペロンの噴水の前の市庁舎を現地ガイドさんの計らいで見学。

洗礼盤

 ここから徒歩で聖バルテルミー教会へ。 ここにはベルギー7大秘宝の真鍮製の洗礼盤がある。 きっとキリスト教徒にはとても重要なものなのであろう。
 バスで聖パウロ大聖堂に行き、中を見学。 明るくて、ステンドグラスの美しい聖堂。
 ここから約1時間でブリュッセルのホテルへ。


ベルギー王立美術館

 [名画と小便小僧]
 4月10日(木) 宿泊しているホテルはブリュッセルの北の外れ、ブリュッセル北駅のそばにある。
   9時バスで出発。 美術館が10時から開館なので時間つぶしに軍事歴史博物館による。 航空機の部門を垣間見たが、広い場所にさまざまな国の戦闘機、爆撃機が展示されていた。
 ここからバスで王宮の前を通ってベルギー王立美術館へ。 入館料5ユーロ。 この券で1日古典、近代の両方に入れるとのこと。 午後の自由行動で来ることにして、ガイドさんの後について駆け足でブリューゲルからルーベンスを見て回る。 最後に、後で来たときに買う美術館の案内書をミュージアムショップでチェックして、美術館を出る。

小便小僧(ジュリアン君)

   あられがぱらつく寒い中をグランプラスへ。 一通りグランプラス周辺の説明を受けた後、小便小僧(ジュリアン君)の見学へ。
 小便小僧はこのグランプラスから100mくらいの1本道で街角にある。 ここで写真をたくさん撮り、グランプラスに戻り、反対側のレストランで昼食。
 野菜スープに今日のメインは名物のムール貝のワイン蒸し。 大きな皿にたっぷりとムール貝が盛られ、横のプラスチックのボールに殻を捨てて行く。 この間みんな無言。 さながら蟹を食べている時のよう。

デルボー 「民衆の声」

 絵の好きな本多さんと再び王立美術館に戻り、 今度はじっくり絵画を鑑賞。
 古代美術部門でも先ほど行かなかったクラナハ、レンブラントもしっかり見て、 さらに地下の近代美術部門へ。 こちらは地下の開始が-3Fとなっており、中地下方式で互い違いに-8まであるので、3階分の床面積。 ベーコン、デルボー、マグリット、マチス、ボナールなど好きな作品を十分鑑賞した。 デルボーの「民衆の声」の前で記念写真。 この後ショップに行き、目星をつけておいた当美術館の案内書を購入。

 美術館を出て、グランプラスに戻り、 本多さんとわかれて、 この周りを散策。 ギャラリー・サンデュベールをとおってジャネケン・ピス(小便少女)へ。 ここは袋小路の中にあり、観光客も数人しかいない。、小便もしていなかった。


聖バーフ大聖堂

 [神秘の子羊に運河めぐり]
 4月11日(金) 9:30ゲントに到着。 ゲントは小さい町で、運河、教会を徒歩で散策。 まず金曜日広場から出発して、 フランドル伯の城の横を通り、 旧魚市場、精肉市場跡などを運河の対岸に見て、 コーレンレイと呼ばれるゴシック、バロック、ルネッサンス様式のギルド・ハウスの前を抜け、 聖ミヒール橋で運河を渡って鐘楼方面へ。
 聖バーフ大聖堂でファン・アイクの神秘の子羊を見学。 ここから観光案内所、市庁舎の前を通って金曜広場へもどる。

ブルージュ 運河に架かるはね橋

 およそ一時間でブルージュに到着。 ホテルに荷物を置いて、 街中を散策。 徒歩でマルクト広場に向かう。
 ここで一番目に付くのは高いベルフォオルト(鐘楼) 366段のらせん階段と聞いてあきらめる。
 広場を出て南に運河沿いに聖母マリア教会へ。 聖母マリア教会でミケランジェロの大理石の聖母子像を見学。
 道の反対側にあるメムリンク美術館に入る。 この後小船で運河めぐり(約30分)をしてから、マルクト広場で解散。 めいめい散策の後、ホテルに戻る。

   ホテルのそばに、運河に架かるはね橋があった。


ルーベンス 「キリストの降架」

 [フランダースの犬・デルフト焼]
 4月12日(土) アントワープに着いたのは10時。 街中にあるルーベンスハウスへ。 ここはルーベンスが自分で設計し、実際に住んでいた所だそうで、家具のほか絵画が無造作に飾ってある。

 ここから歩いてフルーン広場へ。 ここにはルーベンスの銅像がある。
 この広場に面して、あの「フランダースの犬」に出てくるノートルダム大聖堂があり、 ネロ少年がどうしても見たかったという、ルーベンスの「キリストの降架」が飾られている。 この他にも、やはりルーベンスの作品「聖母被昇天」「キリスト被昇架」「キリスト復活」などが架かっている。

デルフト焼き 絵付け

 大聖堂の見学が終わって昼食まで約1時間あるそうだ。 大聖堂の前で3人が演奏をしていた。 大聖堂の正面の壁を利用して音響効果を狙ったもので、クラシックではあるが、比較的ポピュラーな演目。 心地よい音楽に誘われて、すぐ前のイタリアン・カフェでエスプレッソを飲み、日差しの中に身をおき、至福の時間を過ごす。

 16時デルフト工房着。 ここはロイヤル工房。 デルフト焼きの手順をビデオで見て、 型つくり, 絵付けを見学。 石膏型に粘土を流し込み、 5分くらいしたら、 中の液体を捨て、 石膏型から固まった粘土を取り出し、表面を修正し、1140℃で焼くそうだ。 この後に絵付けをし、顔料は黒いが、 上薬(白)を前面にかけると、顔料が上薬と反応してデルフト・ブルーになるようだ。 絵付けも通常は小さな穴の開いた型紙を通して顔料をまぶし、その上をなぞって絵を描いているとのこと。 

 この日の宿泊は、デン・ハーグの郊外、ズータミア駅のそばのホテル。


マウリッツハイス美術館

 [名画とチューリップ]
 4月13日(日) 9時にバスでハーグの街に向けて出発。 街の中心、ブイデンホフ広場でバスを降りて、 ビネンホフへ。 ここには2本の塔のある騎士の館、 オランダの国会議事堂など重要な施設がある。

フェルメール 青いターバンの女

 ここからすぐそばのマウリッツハイス美術館へ。 こじんまりした美術館で、 1Fは入り口とミュージアムショップ、 建物中央に階段があり、 これを取り囲むように2,3Fが展示室となっている。 2Fでルーベンス他の絵を見てから、 お目当てのフェルメールへ。
 フェルメールの3点は3階の同じ部屋にあり、 「青いターバンの女」「デルフトの眺望」「ディアナとニンフたち 」の3点。 同じ画家の絵かと疑問に思う。 レンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」、ポッターの「牛」、クラナハ、ヴェルデなど数は少ないが珠玉の作品が展示されている。

チューリップ畑

 マウリッツハイツ美術館でたっぷり時間を使っていただき、 海岸に出て少し遅い昼食。 14時にアムステルダムから来たガイドさんにせかされてキューケンホフ公園へ。
 チューリップ、水仙、アジサイ、ヒヤシンス他。この公園全体が植物園のようなもので、ほぼ中央に温室がある。
 公園の一番奥に風車があり、その先の園外にチューリップ畑が広がっている。 どの花を写してもすべて絵になる。 3時から4時15分までの短い時間であったが、花を久しぶりに楽しんだ。

アムステルダム中央駅

 17:30最後の滞在地アムステルダムに到着。 ホテルは中央駅のすぐ前。 このアムステルダム中央駅は東京駅のモデルになったらしい。 赤レンガ、とんがり屋根は似ているが、全体の構図は似ていないと思う。


アムステルダム国立美術館

 [名画三昧]
 4月14日(月) 朝食を早めに済ませ、ダム広場まで朝の散歩。 ホテルから片道7分ほど。 ここは南から海にそそぐアムステル川をダムでせき止めたアムステルダム発祥の地。 王宮、新教会、デパート、ホテル、カフェなどが周りを取り囲んでいる。
 9時にバスでホテルを出て、朝市へ。 美術館が10時に開館なので時間つぶし。 朝市も開店したばかり。
 10時の開館に合わせて、アムステルダム国立美術館の西門に到着。 入口は東側。 館内に入って2階の絵画部門へ。 2階一番奥にレンブラントの「夜警」がドーンと構えている。  やはりフェルメールは「牛乳を注ぐ女」「手紙を読む青衣の女」「小路」の3点しかなく「恋文」は貸し出し中になっていた。
 ガイドさんの説明が長くて、見れた絵はほんのわずか。 この美術館は自由時間の時にまた来ることに。

ゴッホ美術館

 ここから歩いてゴッホ美術館へ。 こちらは館内撮影およびガイド禁止。 新しい建物で、3階部分に常設展示がある。 新館地下では特別展示を行っており、ゴッホ生誕150年で集めたゴッホの絵、関連画家の絵などが展示されている。 ガイドがつかないので、自由に見て回れたが、やはり時間が足りない。
 午前中に、しかも10時からこんなに素晴らしい美術館を2つもはしごをするなんて!

 すこし遅い昼食はアンネ・フランクの家のそばのパンケーキ店。 アムステルダム国立美術館もゴッホ美術館も再入場できるとのこと。 チケットを持っているので、並ばないですぐに入れる。

 食後の自由時間、 絵の好きな本多さん、村松さんとアムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館さらにアムステルダム市立美術館へ。
 今日一日こんなに沢山、好きな絵ばかり・・・  幸せ。


オランダ 風車と鯉のぼり

 [オランダはやはり風車]
 4月15日(火) 8:30 バスはフォーレンダムにむけて出発。 途中風車のある風景。
 フォーレンダムは大きな湖の堤防となっている町で、 駐車場とお土産物屋ぐらいしかない。
 町の写真館に吉永さゆり、芦川いずみの二人がオランダのコスチュームを着て撮った写真があった。 ここで記念撮影したらしい。

 ここから風車の町ザーンセス・カンスへ。 現役で沢山風車が働いている。 川の一番奥の風車のそばに「鯉のぼり」が立っていた。 ここには日本からお嫁さんが来て、今年赤ちゃんが生まれたそうだ。
 このあとチーズ工場、木靴工場をまわる。

 アムステルダム・スキポール空港へはここからおよそ40分。
 空港で、今日が誕生日ということで、村瀬さん(ご主人)をお祝い。 松村さんがゲントで用意した色紙に皆で寄せ書きをしたもの。 小人数でファミリアな旅であった。

 ロンドン・ヒースロー空港でおよそ4時間の待ち合わせ。 ここのバーで本場のギネスビールを飲む。 バーテンが泡が消えるまで触らせてくれない。 泡が消えたら、さらにビールを足して、またしばらくまたされてから、やっとOKが出た。(2.8ポンド)


 何度か旅に出ていると、今回のようにテーマを持った旅に良さを覚える。 これからも絵画、音楽、遺跡などコントラストをつけた旅にしたいと思う。
 ヒースロー空港では、村瀬さんからお返しに、Harrods のボールペンをいただいた。 このボールペンを見るたびに、和気あいあいだったこの旅行を思い出すだろう。