エルミタージュ美術館・琥珀の間・赤の広場
 2003年6月 芸術の都モスクワとサンクト・ペテルブルク8日間         


 今年はサンクト・ペテルブルク建都300年。 ロシアのプーチン大統領が張り切っている。 小泉首相も5月末にサンクト・ペテルブルクに行くらしい。 琥珀の間の修復も合わせて完了しているらしい。 そうだロシアへ行こう。 行くなら白夜の季節。 ということで、5月になって計画。 即実行。


 6月15日(日) 今回は成田第一ターミナル。 ここには昔出張で来たことがある。 まだ第二ターミナルが出来る前。
 フィンランド航空でヘルシンキへ。 飛行機はほぼ満席。 しかもほとんどが日本人ツアー。 こんなに利用しているのだ。 隣に座った新婚らしき人はツアーでイタリアとか。
 9時間余りでヘルシンキに到着。 ここで乗り継ぎ待ち時間1時間余り。 モスクワへは2時間ほど。 時差が1時間戻って19:30モスクワ・シェレメチェヴォⅡ国際空港に到着。 パスポートコントロールで他の乗客の後に並んでいたが、 我々の番になったら入国審査係官がやおらマスクを取り出してかけた。 東洋人はSARS(新型肺炎)で危ないと見たらしい。 入国審査に時間がかかる。 ビザがパスポートに張ってあるのに。 添乗員さんから「ロシアでは時間でいらいらしてはいけない。 ゆっくりと時間が過ぎていると思いなさい。」と言われていた。

 これだけのんびりと入国審査を終わらせたのに、まだスーツケースは出てきていない。
 外はあいにくどしゃ降り。 今度は迎えのバスがまだ来ていない。 バスに乗ったらモスクワ市内まで高速が渋滞。 結局ホテルに着いたのは22時すぎ。

 アメリカ・ドルを少し持ってきているが、ルーヴルも必要なので、ホテル内で両替。 1ルーヴル=¥4.03  すでに23時。 まだ明るい。 白夜と付き合うと寝不足になるか。

モスクワ大学

 [赤の広場/クレムリン/家庭訪問/サーカス]
 6月16日(月) ホテルを8時に出て、モスクワの南西ヴァラビヨーヴィ丘(すずめの丘)へ。 ここからはモスクワ市内を一望できる。 反対側にはスターリン時代に建てられたモスクワ大学がある。

  丘を降りると、 白鳥の湖を持つノヴォデヴィッチ修道院がある。 チャイコフスキーがここの風景を見て「白鳥の湖」を書き上げたといわれている。
 ここから赤の広場へ。 広場に面して大きなグム百貨店があり、ここの地下の有料トイレ(8ルーヴル)を使い、 広場の見学。 ここは革命記念のパレードが行われるところ。 レーニン廟が広場の西に。 広場の南にはカラフルなねぎ坊主頭の聖ワリシー寺院がある。

クレムリン

 ここから反対側に周り、しばらく行列の後についてクレムリンに入場。 まず迎えてくれたのは使われなかった大きな大砲。 葱坊主のロシア正教の教会、大きな鐘。
 教会はヨーロッパの教会、聖堂と異なり、 暗く、壁にはイコンがかかっており椅子はほとんどない。 また狭い。 ギリシャ正教の流れを汲むらしく、外観はジュネーヴあたりで見たことがある。
  武器庫に入る。 名前は武器庫だが、宝物館。 イコン、宝石、衣装、馬車。・・・

 食事後モスクワの中流家庭を訪問。 14階建てアパートの9階。 ティータイムはキッチンで。 紅茶と手作りのクッキーをいただいた。 IHヒーターを使っているらしく綺麗。 天然ガスの関係で電気代が安いとのこと。 廊下の幅は広く、棚を作って収容に使っている。 ベッドルームにもほとんど衣装棚がなかった。
 食べ物、収入、もろもろを話して、記念写真を撮りお別れ。

 この後常設のボリショイサーカスへ。 ブランコ,トランポリン、わに・へび、猿、熊、ライオンの芸。 昔と余り変わっていない。 合間に入る素顔の女性のピエロが気に入った。 21:50ホテルに帰ってから夕食。 お疲れ様。


セルギーエフ ウスペンスキー寺院

 [セルギーエフ・ポサート/トレチャコフ美術館/フォークローレショウ]
 6月17日(火) 9時セルギーエフ・ポサートに向けて出発。 モスクワの北東70Km。
 ウスペンスキー寺院内部を見学。 葱坊主の搭がとても美しい。 教会内は暗く、イコンがあり、椅子がなく。
 外には門前市か、屋台にみやげ物を並べた列がつづく。 ここでロシア人形5段組のマトリューシカを買う。40ルーブル(¥160?)安い。 ロシア人が一般に購入するところで買うと何でも安い。
 昼食で始めてウォッカを飲む。 50mlで20ルーヴル。 少しアルコールくさい。

トレチャコフ美術館

 モスクワに戻ってトレチャコフ美術館へ。 この美術館はロシアの画家の作品と、イコンを展示している。 ここで見たかった絵は、クラムスコイの「見知らぬ女」。 ガイドさんは一部はしょったが見たい絵は見れた。

   みやげ物店でキャビア、琥珀のペンダント、絵等を買う。 カードとアメリカドルが使える。 不思議なのは、普通外貨を出したら、おつりは自国の通貨のはずなのに、ロシアではアメリカドルを出したらアメリカドル、セントで戻ってくる。 自前でルーヴルを発行せず、 アメリカの銀行に頼ったらと言いたくなる。

 道を歩いていると、 ふわふわと綿毛のようなものが飛んでいる。 まるでポプラの胞子のよう。 道の水たまりに捕まって動かなくなっているものもある。 ガイドさんから「トーポリ」という柳の一種の種で、この時期だけ見られるものとのこと。

 夕食は聖ダニロフ修道院のレストランでフォークローレショウを見ながら。 我がグループだけのために呼んだ男4人、女3人の楽団。 コスチュームは中央アジアに近い。 ロシア民謡を歌い、トロイカでは引っ張り出されて一緒に踊る。 最後は半数くらいの人が参加してフォークダンス。 楽しいひとときであった。


琥珀の間

エカテリーナ宮殿

 [エカテリーナ宮殿/琥珀の間]
 6月18日(水) ホテルからシェレメチェヴォ空港第一ターミナル(国内線)へ。 モスクワからサンクト・ペテルブルクまでおよそ1.5時間。 プルコヴォ空港に到着後昼食。
 ここから南へ20分ほどでエカテリーナ宮殿。 一昨日、昨日と宮殿は閉館だったらしく、長い入場の列。
 ガイドさんが機転を利かし、裏手を使って、出口の方から入場。 簡単に大広間へ入れる。 ところがここでも長い列。 さらに裏手で、見学コースにない裏側の通路を、宮殿の係の人に案内されて琥珀の間へ。
 琥珀の間は一般の見学者が入ってはいけない策の中。 琥珀をそばでしっかり見学、写真。 見学者に見られながら写真を撮っていると変な気持。
 また大広間に戻り、列の一番前から割り込み。 ガイドさんが、琥珀の間は見学が終わっているので、通してほしいといったそうで、スムーズに館内の見学を終える。 ここから外の庭園を通って車へ。 庭園も素晴らしいが、 レストランの予約の関係で、サンクト・ペテルブルクに行かなければならず、あまり時間をとれない。
 ホテルにチェックイン。 このプリバルチスカヤ・ホテルはバルト海、フィンランド湾に突き出したワシリー島にあり、スターリン時代に出来たらしく要塞のように大きな建物。

宮殿広場

 バスでネフスキー大通りのレストランへ。 夕食後一旦ホテルに戻り、この後、添乗員さんと希望者だけ白夜の街を散策の予定。 希望者は私だけ。 でも添乗員さんは実行。 元のレストランにバスで戻り、ここから歩いてエルミタージュ方面へ。
 22時を過ぎているので、宮殿広場の人もまばら。 白夜の綺麗な写真が取れた。 ネヴァ川の対岸からも写真を撮り、 小さなバスでホテルに戻る。 23:20


エルミタージュ美術館

 [エルミタージュ美術館/運河/白鳥の湖]
 6月19日(木) このホテルの水は生くさい。 配管が古いのか、メンテナンスが悪いのか。 歯磨きにミネラルウォータを使う。
 朝食後ホテルの周りを散歩。 バルト海で泳いでいる人がいる。 「冷たくないか」尋ねたら「一緒に泳がないか」と返事が帰ってきた。 観光客らしい。
 本日は本命のエルミタージュ美術館。 10:30の開館から少し待たされて入場。 中はまさに宮殿。 今までに行った美術館の中でもっとも美しい。
 レンブラント、レオナルド、カナロッテ、カラヴァッジオ、ムリーリョ、ヴェラスケス。 見たかった絵がいっぱい。
 30年ほど前に上野で見たレンブラントの「サスキア」はここにあったのだ。 エカテリーナⅡ世の偉大さを感じる。
 宮殿3階に上がると比較的新しい、あとから集められた絵画が展示されている。 ルノアール、マチス、ルドン、アンリ・ルソーなど。 もう少しここに居たかったが、13時で時間切れ。

   クリントンも食事をしたという店ですこし遅い昼食。 昼食後運河クルーズ。 晴れていたのでデッキで気持ちのよいひととき。 ネヴァ川に日本海海戦に参加した巡洋艦オーロラ号の復元されたものが繋留されていた。

 ホテルで夕食後、アレキサンドリンスキー劇場でバレー鑑賞。 この劇場はバレー学校に併設されている。 演目は「白鳥の湖」 本場の、しかも全てを通して鑑賞したのは始めて。 カーテンコールで拍手なりやまず。 
バレーがはねて、23時過ぎているのに、日の入前。

白鳥の湖 カーテンコール



ピョートル大帝夏の宮殿

 [ピョートル大帝夏の宮殿]
 6月20日(金) バスでバルト海沿いのピョートル大帝夏の宮殿へ。
 宮殿前で軍人学校の卒業式と合致し、雨の中、混雑の中入場をまたされる。
 宮殿内は木の彫刻に金箔を貼ったきらびやかなもので、先日のエカテリーナ宮殿と同じよう。 建物は海に面して横長。 庭の噴水は山から水を引いてきてモーターを使わず、落差だけで噴出させているそうだ。 あいにくの雨で観光も半減。 

イサアク聖堂

 サンクト・ペテルブルクに戻り、イサアク聖堂へ。 ここはロシア正教の総本山。 今までの寺院、教会より明るく、イコンもない。 共通点は椅子がないこと。

 ここから、エルミタージュのそばの血の上の教会へ。 ここはアレキサンドルI世が爆弾で殺されたところに立てられた教会だそうで、外見はとてもはで。 中はほとんどがモザイク絵画。

 ホテルに一旦戻って、ドレスアップしてニコライ宮殿に出かける。 ロシアの民族舞踊のショウがおよそ1時間。
 ここから個室に移って食事。 我グループだけの個室に室内楽(バイオリン、ビオラ、チェロ)4名の演奏。 音楽を聞きながら、シャンペンで乾杯し、フルコースをいただく。 ホテル帰着は20:40。 今日は早いほう。

 6月21日(土) 10時にホテルを出て、空港に30分ほどで到着。 出国手続きを済ませ、 12:35出発。 ヘルシンキには12:30到着。(時差-1時間) ヘルシンキ空港内で一旦パスポート・コントロールを通り、入国。 こちらの方に大きな免税店、レストラン、カフェなどがある。
 免税店を覗くと、「フィンランディア」という音楽の名前のようなウォッカがあった。 またアルコール65%のウォッカもあった。
 4時間ほどで、出国。 成田に6月22日(日)少し早めの8:25到着
 

 いよいよロシアを離れる。 ロシアの印象。 モスクワでは、95%は日本では乗らないぼろ車。 観光地では並んで待つのが当たり前。 サービスという考えがほとんどない。 だからチップを出す必要もない。
 ロシア全体が資本主義に動き、 かの革命政権は何だったのだろうか、 一通過点だったと気づき、 観光にも力を入れたとき、 もう一度来てみたい。
 初めてフレンドツアーを使ったが、ベテランの添乗員、 観光の企画などとても良かった。 毎夜こんなに遅くまで動いたのは初めて。