東西文明の十字路 トルコ
 2003年10月 トルコを極める15日間 


 今年は日本では「トルコ年」ということで、 色々な行事が行われている。 8月2日~9月28日 東京都美術館で「トルコ 三大文明展」でヒッタイト、ビザンチン、オスマンの文明を紹介していた。
 今回は、以前から魅力ある旅行社と注目していたユーラシア旅行社のツアーに参加して、トルコを満喫する。


 10月7日(火) 成田第二ターミナル13:10発トルコ航空でイスタンブールに直行。 イスタンブール・アタチュルク国際空港に19:40到着。 ここで待ち合わせ時間2時間。 アンカラ・エンセボーア空港到着23:20。 パスポート・コントロールはこちらで行う。 ホテル到着0:10。
 イスタンブール空港でトルコリラに両替。 レートは1万円で、115,100,000トルコリラ(手数料4%込み) 1億のお金を持つ。 変な気持ち。

アタチュルク廟

 [アタチュルク廟 アナトリア文明博物館 ゴルディオン]
 10月8日(水) ホテルは地下鉄タンドアン駅のそば。 通りに出ると南方にアタチュルク廟が見える。
 バスで小高い丘のアタチュルク廟へ。 ここはトルコ共和国建国の父、初代トルコ共和国大統領ケマル(アタチュルク:国民の父)を祭った霊廟。 24頭のライオン像の配された長いエントランスを抜けて、大きな霊廟広場へ。 トルコの観光はまずアタチュルクに敬意を表してから。 霊廟のまわりの建物は資料館になっている。

ゴルディオン ミダス王の墓

 アナトリア文明博物館はウルス地区にあり、旧石器時代からヒッタイト王国(BC1600年~BC350年)、ビザンツ帝国(BC350~AD1070年)までの出土品を展示してあり、 考古学に関心のある人にはこたえられないもの(たぶん)。

 午後に1時間半ほど西にバスで移動し、ゴルディオンの遺跡とその前の博物館見学。 小高いたくさんの墳墓があり、 ほとんど盗掘に遭っているそうだ。 一段と小高い丘はミダス王の墓といわれ、大きすぎたので墓と思われず、盗掘に遭っていなかったそうだ。 ここからの出土品が、先ほどのアナトリア文明博物館に収められていた。

ヤズルカヤ 神々が行進

 [ヒッタイト王国の遺跡ボアズカレ、ヤズルカヤとハトォシャス]
 10月9日(木) まだ薄暗い7時バスでヒッタイト王国の遺跡があるボアズカレへ。 ヤズルカヤ(碑文のある岩場)はヒッタイト王国の神々を祭る聖所。 大小2ヶ所の壁に挟まれた回廊と祭殿がある。 この回廊には神々が行進するレリーフがある。 左側にはとんがり帽子に半ズボンの男神の行列、右側には筒型の帽子にスカートをはいた女神の行列があり、 それぞれ奥に向かっている。 

ライオン門

 山を降りてきてハトォシャスの遺跡へ。
 ここには紀元前13世紀に建造された大神殿跡、住居跡などの基礎部分が残っている。 山の峰と渓谷に囲まれた都市は異民族の侵攻に備えて城壁で守られており、 この城壁には大きな門がいくつか作られていた。 西側にライオン門、南側にスフインクス門、東側に王の門がある。 スフインクス門の真下に長さ70mの地下道があり、 戦いのとき兵士はここに逃げ込んだり、または地下道を通って敵の背後に出て、不意打ちを食らわせたりと威力を発揮したそうだ。

 ボアズカレの入口のホテル・アシコールのレストランで昼食。 この後およそ3時間半バスにゆられてカッパドキアへ。

カッパドキア きのこ岩

 [地下都市、暗闇の教会、きのこ岩]
 10月10日(金) ホテルを8時に出て、 カッパドキアの名所を廻る。 まず三人美女。 にょきにょきと3本のきのこ岩。 はるかかなたにエルジェス火山(3916m)も見える。 このあたりは火山灰が降り積もり、堆積岩が風雨に浸食されて奇岩が出来たそうだ。 さらに堆積岩は柔らかいので、洞窟住居、地下都市など人間も利用した。

ギョレメ 暗闇教会

 次にカイマクル地下都市。 地下8階の巨大な都市。 アラブ人に迫害されたキリスト教徒たちが隠れ住んでいた。 中には居室、キッチン、貯蔵庫、集会所、さらに通気口があり、狭いトンネルで結ばれている。

 ギョレメには4世紀頃からキリスト教徒が入り、堆積岩をくりぬいて教会、修道院などを数多く作り、 中にフレスコ画を残している。 室内に光が届きにくいため、フレスコ画の保存状態が良い。

 昼食後に岩山の方に出かけ、洞窟住宅の民家を訪問。 靴を脱ぎ、中に入ると絨毯が敷かれており、壁際はソファーとなっている。 チャイを頂き、一緒に写真を撮る。

 さらにらくだ岩、ゼルヴェ野外博物館、きのこ岩群などを回り、陶器屋さんを見学。 夕方近くなって、ローズバレーへ。 ここは岩肌がピンク色で、夕日が当たるととても美しい。 ここでの日没は18:05。 ホテルに帰る。

メブラーナ霊廟

 [ひたすら走ってアンタルヤへ]
 10月11日(土) 今日は650Kmバスで移動。 途中スルタンハンのキャラバンサライ(隊商宿)に立ち寄る。 門はセルジュークトルコ様式で出入り口は一ヶ所。 中庭があり、ハマム(浴室)、寝室、トイレ、台所がまわりを取り囲み、奥にはらくだの休憩所も備えていた。

 昼頃コンヤに入り、トルコブルーのタイルがきれいなカラタイ神学校、旋舞教団のメブラーナ霊廟(博物館)を見学。 メブラーナ霊廟では、靴を脱いで中に入ると、 教祖の柩や教祖直筆のコーランのほか、旋舞に使われた衣装、楽器などが展示されていた。

 ここからバスはトロス山脈を越えて地中海側へ。 今まで岩だらけの風景が山脈を越えると一変する。 急に緑が多く、農作物も多くなる。 畑では綿花を摘んでいる姿をあちこちで見かけた。 
 アンタルヤ・デデマン・ホテル18:45到着。

アスペンドス遺跡 劇場

 [アスペンドス、ペルゲ]
 10月12日(日) 朝からアンタルヤ考古学博物館へ。 ここは旧石器時代からオスマントルコ時代までの歴史的、芸術的遺産を収蔵している。 ペルゲ遺跡から出土した神々の像のレリーフのついた石棺、オスマン時代の武具、楽器、絨毯、テントなど。

 この後、アンタルヤのヤットリマヌ港から南東方向のデュデン滝を見に1時間半ほどクルージング。 真っ青な空、温かい日差しに包まれ、のーんびり。
 港に戻って、周辺を散策。 パフォーマンス豊かなアイスクリーム売りから、粘りのあるトルコアイスクリーム(200万TL)を買って食べる。 味はいまいち。 あまり甘くない。

ペルゲ遺跡 ヘレニズム時代の門

 バスでアスペンドス遺跡そばへ行き、ここで昼食。 午後からアスペンドス遺跡の劇場を見学。 ローマ帝国時代に作られた大きな劇場で観客席は大理石で出来ており、1万5千人ほど入れるとのこと。現在も利用されているらしい。 この他に城内には教会、議事堂跡、水道橋などがあるはずだが、見学はここだけ。

 アンタルヤの方に少し戻り、ペルゲの遺跡へ。 ここはローマ時代に整備された古代都市。 劇場、競技場、浴場などがある。 ヘレニズム時代の門は円筒形の一対の門で、ここから北へまっすぐ延びた列柱通りは250mほどあり、通りに沿って店が並んでいたそうだ。

アフロディシャス遺跡 テトラファイロン

 [アフロディシャス ヒエラポリス 石灰棚]
 10月13日(月) 午前中はバスでひたすら走る。 昼食をアフロディシャス遺跡のそばのレストランで済ませ、遺跡の見学。 まず迎えてくれたのはテトラファイロン。 16本の柱を持つ門。 門のそばには発掘者のトルコ人ケナン・エリンの墓がある。 その奥にアフロディテ神殿がある。 この神殿の柱は羊の角の丸まった形のイオニア式。
 北の奥には馬蹄形をしたローマ式競技場。 入り口近くに博物館もあり、この遺跡で出土した彫像を展示している。

パムッカレ 石灰棚

 15時過ぎにパムッカレへ出発。 2時間ほど走り、ヒエラポリスの入口のネクロ(墓)ポリス(都市)を見学。 ここは名前の通りお墓の団地。 石棺のほかに家型の墓もある。
 ここから石灰棚へ。 まず靴を脱ぎ、温泉に足を入れる。 適度に暖かいお湯がながれている。 手前の棚は歩いて下の方まで行ける。
 見所は、奥の展望台から。 夕日に映えたパムッカレの石灰棚が美しい。

ボドルム城から見た港

 [マウソレイオン ボドルム城]
 10月14日(火) またまたバスでひた走り、ボドルムへ。 大型バスが市内には入れないとのことで、マイクロバスに乗り換えてホテルへ。 チェックイン後レストランで遅い昼食。 この後、古代七不思議と言われているマウソレイオンの遺跡を見学。 展示室にマウソロス王の墓廟の模型が合ったが、 遺跡は柱の一部があちこちに転がっているだけ。 「どこが古代七不思議か不思議」と言ったら、当時このような建物を建てられた事が不思議だそうだ。 ????

 15世紀にロードス島を拠点にしていた十字軍のヨハネ騎士団により立てられたお城:ボドルム城。 建築には地震で壊れかけたマウソレイオンの石材が使われた。 中は沈没船博物館になっており、積荷の壷、彫刻などを展示してある。

 今日は添乗員さんの XX回目の誕生日。 みんなでシャンパンとケーキでお祝い。 おめでとう 谷さん。


ディディム遺跡 イオニア式の柱

 [ディディム ミレトス プリエネ]
 10月15日(水) 朝からこの地方の民家を訪問。 裕福な農家だそうで、おばあさんとお嫁さんが対応してくれた。 ご主人は喫茶店に行ってゲームをしているらしい。 こぎれいな台所、寝室、居間などを見せてもらい、庭でチャイ(紅茶)をいただく。 庭には絨毯織機があり、トルコ絨毯を織っている最中であった。

 しばらく走ってディディムの遺跡へ。 入口を入るとすぐに怖い顔のメドゥーサの顔が迎えてくれる。 ここにはアポロン神殿があったところで、 イオニア式の太い柱が特徴。

プリエネ遺跡 貴賓席

 ミレトスの遺跡は2~4世紀ローマ時代の遺跡。 2万5千人収容できる大劇場。 皇帝の席は4本の柱で囲まれている。 体育館、議事堂、 黒いドームのモスクなど広い範囲に広がっている。

 プリエネの遺跡は山の中腹。 すぐそばまでエーゲ海が迫っていたそうだ。 劇場は紀元前4世紀に建造されたヘレニズム様式で、 5000人収容でき、 最前列に5つの貴賓席がある。 アテナ神殿には5本の柱が復元されており、 イオニア方式の建築が特徴。

エフェソス遺跡 ハドリアヌス神殿

 [聖母マリアの家 エフェソス都市遺跡 アルテミス神殿 エフェソス博物館]
 10月16日(木) まず聖母マリアの家へ。 キリスト処刑の4年後、聖母マリアが聖ヨハネを伴って移り住み余生を送ったといわれる家。

アルテミス女神像

 つぎは古代ローマ遺跡のエフェソス都市遺跡へ。 入口から入ると、まず右手に音楽堂。 この先にヘラクレス門があり、勝利の女神ニケのレリーフが無造作に立てかけられている。 門をくぐると、緩やかな下り坂のクレテス通りに入る。 突き当たり正面にはセルシウスの図書館があり、その手前にハドリアヌスの神殿がある。 神殿のそばには、大理石で出来た公衆トイレ、 娼婦の館がある。
 道を斜め右に曲がると、大理石通りに出る。 ここをしばらく進むと、丘の斜面を利用して作られた野外劇場の前に出る。 ここは観客席2万4000、音響も良く、現在もコンサートに利用されているらしい。
 ここを左手に曲がると、エーゲ海の港に続く列柱道路アルカディアン通りに入る。

 多産の女神アルテミスを祭るアルテミス神殿はイオニア式二重列柱、127本の柱に囲まれた総大理石造りで、ここも古代七不思議の一つだそうだ。

 セルチュクの町に出て、エフェス博物館を見学。 エフェス周辺からの出土品を収蔵。 アルテミス女神像はエフェソス遺跡の聖火台から発見されたそうで、上野の「トルコ 三大文明展」にも一体展示されていた。 このほかソクラテスの頭部、イルカに乗ったエロスの青銅像など。


アクロポリス

 [アスクレピオン アクロポリス トロイ]
 10月17日(金) 7時まだ暗い中をペルガモンのアスクレピオン遺跡に向けて出発。 ここは紀元前4世紀にアスクレピオス神殿が建設され、この聖域で治療が施されるようになった。 治療室、図書館、劇場などもある。 治療は聖なる泉で身を清め、地下道を通ってテレスポロス神殿(治療室)に入り、暗示による心理治療が行われた。 劇場では音楽、演劇鑑賞、さらにスポーツ観戦なども治療の一環として採り入れられた。

トロイの木馬

 一旦山を降りて、反対側の山の上のペルガモン王国のアクロポリスへ。 大きな劇場を囲むようにディオニソス神殿、アテナ神殿、トラヤヌス神殿、図書館などが配置されている。 ゼウス神とアテナ女神を祭った祭壇は紀元前2世紀頃に立てられた。 現在大きな木が育っているが、本体はベルリンのペルガモン博物館に移転されているとのこと。

 シュリーマンの発掘で有名なトロイの遺跡は、紀元前3000年から西暦500年までに9つの時代の遺構が絡み合った遺跡。 入口でトロイの木馬が迎えてくれる。 遺跡が重なり合っているため、一通りの説明で中を通過してもほとんど理解できない。 地図と資料を参考に、行きつ戻りつ見学する必要あり。

メフメット1世の柩

 [イェシル・ジャーミィ  ♪バスでイスタンブール]
 10月18日(土) 今日もまだ暗い7時に出発してブルサへ。 昼食前にイェシル・ジャーミィを見学。 昼頃にはイスラムのお祈りの時間になるので。 初期オスマン様式のモスク。 内部の青みを帯びた緑色(イェシル)のタイルが美しい。
 昼食後、 すぐそばのイェシル・テュルベを見学。 八角形の建物で、外装にブルーのタイルが施されている。 ここはオスマンのメフメット1世と家族の霊廟で、スルタンの柩は青いトルコ石をベースにカラフルである。

グランド・バザール

 バスとともにトプチュラル港からフェリーに載り、 30分程で対岸のエスキヒサール港に到着。 ここからボスポラス海峡第一大橋を渡ってイスタンブールへ。
 ホテルに入る前に、グランド・バザールへ。 小さな店がおよそ5000位集まっているところで、 店には番号がついていたが、メインの通りから枝道に入ると、元の道に戻れないような不安が付きまとう。 同じような店が多いため。 警官が巡回していて、治安は比較的よさそう。 ここでは何も買わずに出てきてしまった。

ブルーモスク

 [ブルーモスク 地下宮殿 アヤソフィア トプカプ宮殿 軍事博物館 ベリーダンス ]
 10月19日(日) 朝早めにブルーモスクへ。 日曜日で早朝とあって、まだ観光客が少ない。 世界唯一6本のミナレット(尖塔)を持つモスク。 モスクのドームは幾重にも重なっており、アフメット1世の権威を示しているようだ。 内部は美しい青色のイズニックタイルで飾られている。

トプカプ宮殿 幸福の門

 地下宮殿と言われている貯水池は道路を渡ったところ。 小さな入口で目立たない。 中に入ると立派なコリント式の柱が並んでいる。 奥の2本の柱の下にメドォーサの首が一つは横向き、もう一つは逆さまで柱の土台となっている。
 ここを出てアヤソフィアへ。 ここはモスクでありながら、ビザンチン時代のキリスト教の影響を残しており、現在博物館となっている。。 オスマントルコ時代に漆喰に塗りこめられた美しいモザイクが2階に多く残っている。

オスマントルコ軍楽隊

 トプカプ宮殿は表敬の門から入り、ヨーロッパ、中国、日本の陶磁器を見て、 幸福の門の前を通り、ハーレムを見学。 ハーレム内部は種々の部屋に分かれていて、どこをどう回ったのか思い出せない。 (アルハンブラ宮殿の時は分ったのだが) きれいなタイル、ステンドグラス、壁際の長い椅子、トイレなどが印象に。 この後宝物館へ。 短剣は日本に貸し出し中だが、宝石をちりばめたターバンの飾り、グラス、86カラットのダイヤなど、スルタンの権力を誇示しているものばかり。

 昼食後、新市街の軍事博物館へ。 ここでのお目当ては伝統的な衣装で華やなオスマントルコ軍楽隊メフテルの演奏。 なつかしい「♪ウスクダラ ギデーリーケン アルディダ ビリヤンムール」の曲を演奏(歌入りで)してくれた。(Windows Media Player 必要)
 20時過ぎからベリーダンスショーを見ながら夕食。 細かい腰の動き、 激しい音楽。 このほか8人の男女で踊る民族舞踊はどう見てもフォークダンス。 フォークダンスは踊る人が楽しむもので、見せるものではない。 途中でホテルに帰る。


第一ボスポラス大橋

 [エジプシャン・バザール ボスポラス海峡クルーズ ]
 10月20日(月) いよいよトルコ最後の日。 朝ガラタ橋のそばのエジプシャン・バザールへ。 ここは別名スパイス・バザールと言い、香辛料、食料品が多い。 このバザールの前の金角湾からボスポラス海峡クルーズへ。 左手にドルマバフチェ宮殿を見ながら、第一ボスポラス大橋、第二ボスポラス大橋の下を抜けて、黒海方面へ。 1時間半ほどでサリエールに着き、下船。 バスでエジプシャン・バザールに戻り、ここの入口すぐそば、2階のレストラン「パンデリ」で昼食。 とびっきりおいしい料理をいただく。
 15時アタチュルク国際空港に向かう。 17:30発トルコ航空50便、 成田10:50着

 トルコ料理は世界三大料理に数えられ、旅行中にもおいしい料理に出会えた。
 


 アンカラからカッパドキア、地中海、エーゲ海、イスタンブールとトルコの西側を時計回り。 ヒッタイトからローマ・ビザンチンの遺跡をまわり、最後にオスマントルコへ。 今までトルコとは遠い国で、ほとんど理解していなかった。これほどたくさんの遺跡があるとは思ってもいなかった。 今回訪ねた遺跡でもその一部しか見ていない所もたくさんあり、訪ねていない遺跡もまだたくさんあるようだ。
 15日間の旅行でゆったりと観光が出来ると思ったが、結構ハードな旅行であった。 スルーガイドをしてくださった日本語で冗談が上手な現地のガイドさんも思い出に残る。