麗しの東欧6ヵ国をめぐる
 2004年3月 ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーを訪ねて


 ヨーロッパの諸国がどんどんEUに加盟して行く。 通貨が統一され、パスポートコントロールも簡略化されるが、EU統合により、画一化されるのはあまり好まない。 今年の5月1日にポーランド、チェコ、ハンガリー、スロヴァキアの他バルト三国など10ヶ国がEUに加盟予定である。 その前に訪れたいと昨年11月に東欧旅行の計画をした。 このあたりはローマ帝国、オスマン・トルコ、ハプスブルク家、ナチス・ドイツ、ソヴィエト連邦の影響を受けながら、破壊と再建を繰り返してきた国々。 今回もユーラシア旅行社のツアーに参加。


リラの僧院

 3月15日(月) オーストリア航空、エアバスA340-313で成田からウイーン・シュヴェッヒャート空港へ。 乗り継ぎ時間およそ4時間半、さらにオーストリア航空でブルガリア・ソフィア空港へ。ソフィア空港に着いたのは23時30分。

 [二つの世界遺産/ブルガリア]
 3月16日(火) ホテルで両替をする。フロントはだめで、ホテルに併設されているCASINO(24時間営業)にて。 カジノにはパスポートを見せないと入れてもらえない。 中に入ると持っていたカメラを預けさせられる。 米ドル、ユーロしか受け付けず、15$で23.25レバ。 1レバ=70円見当。

 8時半バスでソフィアの南、リラ山中にあるリラの僧院(世界遺産)に向かう。 ここにはまだ雪が残っている。 標高1100m以上あるそうだ。 途中あまり良くない道を3時間半ほど走る。 山の中の曲がりくねった道の奥にリラの僧院が忽然と現れる。
 ブルガリアの僧イワン・リルースキーがここで隠遁生活を始め、彼を慕って僧侶、信徒が集まり、集落ができて、僧院を建てたもの。 火災で焼失して再建されているが、フレリョの塔は14世紀のまま。 周りが宿坊となっており、中に聖処女聖堂が建っている。 博物館にはイコン、各国からの贈り物、ラファエルの十字架などがある。

 昼食後、バスでソフィア方面にもどり、 南側の小高い丘ボヤナ地区のボヤナ教会(世界遺産)を訪ねる。住宅街の中に塀で囲まれた敷地の中に、何の変哲もない古い建物がある。 この建物は11世紀、13世紀、19世紀と継ぎ足して建てられた教会で、内部のフレスコ画がすばらしい。 中は狭いので1回の入場は10人ほどで、2回に分けて入る。

 一旦ホテルに戻り、夕食はボヤナ教会の近くのレストラン「Boyansko Hanche」で。 民族舞踊を見ながら。 舞踊は民族の個性が強すぎて内容はわからず。 引っ張り出されていっしょに踊ってしまった。 最後は庭でイコンを抱えた青年が裸足で火渡り。 日本でも山伏がやるのに似ている。

アレキサンドル・ネフスキー寺院

 3月17日(水) 9時からソフィア市内観光。 バスは市内に向かい、ヒルトン・ホテルの前へ。 ここのペトカ地下教会を横目に、ホテル裏側で中庭の聖ゲオルゲ教会へ。 白馬に乗った聖ゲオルゲがドラゴンを槍で1突き。 中のイコノスタシスも左から聖ゲオルゲ、聖母子像、キリスト、聖ヨハネとなっている。

 中庭を半分回って大統領府正面へ。ここで毎時衛兵の交代式があるそうで、10時まで待つ。 なかなか始まらない。 そのうちに人相の良くない人たちが6名ほど出てきてなにやら入り口あたりをうろついている。 警備の人達らしく、ガイドさんから大統領がまもなく到着するので交代式はその後との説明。 パトカーに先導されて一台の車が建物の中に消えた。 一瞬であった。 大統領が乗っていたらしい。 この後3人の衛兵が出てきて大統領府の中で交代。

 ここから聖ニコライ・ロシア教会の前を通り、聖ソフィア教会へ。 ビザンチン帝国時代の建物で、オスマン・トルコ時代にはモスクに改装されたそうだ。 イコン博物館はアレキサンドル・ネフスキー寺院の地下。 古くは11世紀から19世紀までのイコンが収集されている。 イコンの顔の表情は独特で、用いられた絵の具などで色彩は時代とともに変わってくるが、絵画のように大きな変化はあまりない。 

 この後アレキサンドル・ネフスキー寺院へ。 主祭壇は工事中のため、奥まで行けない。 ここはブルガリア正教の総本山。 イコノスタシスの祭壇で、寺院内部は明るい。 ロシア正教の寺院は暗いイメージがあるので、その違いが印象的。 左側にスラブの祭壇があり、イコンはルネッサンス時代の絵画のように美しかった。 右側の祭壇はバルカン諸国のために作られたそうだ。

 午後はバスでヴェリコ・タルノボへ。 高速道路、一般道路を走り、17:25ホテルに到着。 各部屋には川に向かってバルコニーが2mほど突き出しており、対岸に密集した住宅街が広がっている。
 19:00からホテルのレストランで夕食。 ロビーから階段を降りて行くと小学生3年くらいの子供たち12名(男女各6名)に歓迎され、入り口でお菓子、ローズオイル、シャンパンの贈り物を受けとり、席につく。 今期初めてのお客で、ホテル側からの歓迎だそうで、子供たちのかわいい民族舞踊を見ながらの夕食。 部屋ではお風呂も黄色いお湯で歓迎してくれた。 あまり使っていなかったので配管の錆が出たのか。 温泉だと思って入った。 シャワーの頃にはお湯も正常になったが。

ツァレヴェッツの丘

 3月18日(木) 朝食後、出発まで1時間ほどあるので、ホテルのそばを散歩。 川を渡り、対岸のモニュメント、美術館の周りをめぐる。 この街は深いヤンタル川が蛇行して谷となり、その丘陵にへばりつくように家が建っている。
 9時にバスでツァレヴェッツの丘へ。 ここは麓から王宮跡、教会に向かって石畳の道が続く。 いくつかの門をくぐり、王宮跡へ。 この街は12~14世紀に栄えたブルガリア王国の首都。 その後オスマン・トルコ帝国に侵略され、王宮は破壊され、今は城壁の跡だけが残る。 頂上にある大主教教会は復元されたもので、中のフレスコ画は現代風のもの。
 ヴェリコ・タルノボの旧市街、職人街を散策。 ここにはお土産になるようなものを扱っている伝統工芸品の店が並んでいる。
 ここから20分ほどバスで移動。 アルバナシ村のキリスト生誕教会を見学。 外からは教会と思えない一見倉庫のような建物で、オスマン・トルコ征服時代の隠れキリシタンの教会だったそうだ。 礼拝堂はイスラムの影響を受け、男女別の部屋となっている。 中のフレスコ画で当時の物を残してある所があり、ローソクのすすに黒ずんだものとなっている。
 この村の人口は300人ぐらいだそで、裕福。 民家を博物館のように開放しているところを見学。 部屋はトルコの家を思わせる作り。

 昼食をそばのレストランで取り、ここから国境の町へ。 国境を抜ける前にガソリンスタンドでトイレ休憩。 この後ブルガリア・レヴァは使えなくなるので併設の店で皆さん必要のないものまで買っていた。
 国境はシーズンオフなのか、 閑散としており、 出国に15分ほど、 ルーマニア入国に25分ほどかかる。 添乗員さんは「スムーズな国境越えだ」といっていた。 国境はドナウ川の鉄橋の真中あたりだとか。

 ルーマニアに入り、しばらく走って、ほとんど使われていないようなホテルの前で、ブカレストから迎えにきたアトランティック・ツアーのバスに乗り換え、今までお世話になったバルカン・ツアーのバスとお別れ。
 ここから1時間半ほど走り、ブカレスト市内のメイン通りのホテル・リドに18:30チェックイン。 ルーマニアに入ってから気がついたのだが、民家がブルガリアに比べて貧相である。 家の大きさ、壁のひび割れ、屋根のトタンの錆びなど。 バスの中からではあるが、全体に貧しさを感じる。

 この国には1日の滞在だが、必要な小銭のためにホテルのとなりの両替店で10$両替。 レシートに320,000レイとある。 はじめにお札で300,000レイをだして、こちらの様子を見ている。 足りないと言うと、コイン1000レイを20枚も出してきた。 はじめの300,000レイの時にそのまま財布に仕舞っていたら、後はもらえず、ごまかされるところ。 日本人はとかく人前でおつりを数えないので、ごまかされやすい。 こちらも集団で両替に行ったので、間違えなく、全員正しく両替できた。 1000レイ=¥3.4見当。

 夕食は19:15ホテルからバスでレストランへ移動。 街中の「CMN」という店で、中は高い天井、シャンデリアにバルコニー、宮殿のような店。

ブカレスト 国民の館 遠望

 [チャウシェスク死して観光資源を残す/ルーマニア]
 3月19日(金) 朝食後、ホテルから200mほどのところにある革命広場まで散歩。 ここはほんの15年ほど前の1989年12月 ルーマニア革命の起きた現場である。 元共産党広場と言われ、旧共産党本部、大統領宮殿、革命に関するモニュメントなどが広場を取り囲んでいる。 
 9:00バスで同じ革命広場に到着。一通りの説明を聞くが、疑問も残る。 革命でチャウシェスク夫妻のみ悪者となって処刑されたが、他の共産党幹部はどうしたのか。 チャウシェスク夫妻は不正蓄財をしていたといわれているが証拠は明らかにされていない。

 ここから国民の館へ。 中にカメラを持ち込むだけでカメラ券10$(高い)。 だだっ広い玄関ロビー、緩やかで幅の広い階段、大きな円卓会議室、1000人入る会議場、チャウシェスクが演説をしたバルコニーなど。 一番大きな部屋は700平方メートルとか。 大きな広間のじゅうたんは一枚ものだそうだ。 我が家の敷地の何倍か。 建物の大きさはアメリカ国防総省のペンタゴンの次に大きいそうだ。
 館の中では専属のガイドさんの他にあまり人相の良くない人2人が我々のグループについてきた。 我々の警備か、建物の警備か、暇でついて来たのか。 共産主義時代の名残か。 記念に写真を撮らせてもらったらかまえていた。
 国民を犠牲にして馬鹿なものを作ったものである。 この能力を別な道に使えなかったのか。 独裁者は死して観光資源を残す。 これから何十年の間この建物の一部は観光で外貨を稼げるか。
   バルコニーから見える正面は憲法広場、通りは革命通りでパリのシャンゼリゼ通りより1.5m幅が広くて、長さは5m長いそうだ。

 ここから革命通りのデパートの前で自由時間(50分)。 ユーラシアはお土産ツアーをしないはずなのに。 少しは我慢するか。 ここが一番安いと皺伸ばしクリームをいっぱい買い込む人がいた。

 昼食は街の中のレストランで。 ここからルーマニア各地から農家を集めた農村博物館へ。 全く興味なし。 カメラも持たずに中を散歩する。 見るところがなく飛行機の時間までの暇つぶしか。
 20分ほどでブカレストのオトペニ空港へ。 セキュリティ・チェックが厳しく手荷物は2回検査。 待合室でSさんにカメラのことを聞かれたので、説明していたら、警備の人から、「ここでは写してはいけない」と注意を受ける。 壁に写真禁止のマークがあったのを知っていたので、「カメラの説明をしているのだ」と答えたら、納得してくれた。 空港内で撮影禁止なんて共産主義時代の名残か。 送迎者との記念撮影など他の空港ではこのような規制はないはずなのに。 面白くないので、天井に飾ってあったクラフト機を写真に収める。

 ウイーン行きはほぼ定刻どおりの出発。 ウイーンでの乗り継ぎは到着したターミナルと同じで、隣の搭乗口。 出発が少し遅れて、ワルシャワのフレデリック・ショパン空港には22時。ホテルに22:40到着。 旅行社の方から軽食をホテルのカフェに用意してくれていたが、ウイーン行き、ワルシャワ行きとそれぞれの飛行機内で軽食が出たので遠慮する。

ワルシャワ・王宮広場

 [コペルニクス、キューリー夫人、ショパン/ワルシャワ]
 3月20日(土) 久しぶりの雨。 傘をさしていない人もいる。 ホテルのフロントで両替。 ¥5,000で164.15Pzl(ズウオティ)。 1Pzl=¥30.5見当。
 このメルキュールホテルのそばに文化科学宮殿という馬鹿でかい建物がある。 共産主義時代のスターリンからの贈り物だそうだ。 この建物に似たものはモスクワでも数個見た。 ポーランド人には評判の悪いたてものらしい。 フルシチョフの建てたものはすぐ壊れるが、スターリンの作った建物は壊そうとしても壊れないそうだ。

 9時にバスでショパンの生家のあるジェラゾラ・ボーラへ。 およそ一時間で到着。 門から入ると奥まったところに白い建物が見える。 建物は博物館となっており、小部屋には河合のピアノが置いてあり、ここで演奏し、観客は外のベンチに座って聞くそうだ。 このほか縦型のピアノ、ショパンの出生証明、洗礼証明書、など数多くのものが展示されている。 この後庭を回る。 色々な国から贈られた木々が植えられており、日本からは2本八重桜が贈られたそうだ。 静かな池のたたずまい、太鼓橋など散策していても楽しい。

 11時にバスでワルシャワ市内に戻り、王宮前、旧市街(世界遺産)、市民広場、キューリー夫人の生家、などを散策。 昼食後ショパンの心臓が安置されている聖十字架教会へ。 ここはカソリックの教会で、今までの正教の教会と違いとても明るい。 主祭壇の左側の礼拝室には黒いマリア(イコンに見えた)があり、ショパンの心臓は中ほどの柱の中に安置されているそうだ。
 ここからバスでワジェンキ公園へ。 途中バスの車窓からコペルニクスの銅像を見た。 ポーランド人の誇りはコペルニクス、キューリー夫人、ショパンの順だったそうだ。 現在は第二位にローマ法王のヨハネ・パブロⅡ世が入っているとか。
 大使館の多い通りを抜けるとき、デモに会いバスは迂回する。 このデモはグローバル化反対のデモらしく、アメリカ大使館前のみ警戒がきびしかった。 アメリカはどこに行っても嫌われている。
 ワジェンキ公園には大きな柳の木の下でショパンが楽想を練っている像がある。 柳と説明を受けないとわからない。 手のようにも見える。
 一旦ホテルに帰って、再びワジェンキ公園へ。 今日は17時からこの公園の水上宮殿でショパンのピアノコンサートが開かれる。ピアニストはJERZY ROMANIUKさん。 聴衆は我々20名のみ。 1時間ほどのコンサート。 ワルツ、ポロネーズ、マズルカ、エチュード、ノクターンなど。 購入したCD(80Pzl)にサインをもらう。
 夕食は19時から近くのレストランで。 明日出発が早いので、早めにホテルに戻る。

クラコフ 旧市街 聖マリア教会

 [世界遺産/クラコフ旧市街、ヴェリチカ岩塩坑、アウシュビッツユダヤ人強制収容所]
 3月21日(日) 7時半にホテルを出て、ワルシャワから南下し、クラコフへ向かう。 途中時々陽もさすが、雨交じり曇り。 12:30クラコフに到着。 すぐ昼食へ。
 その後、レストランのそばのユダヤ人街を観光。 シナゴーク(ユダヤ教の教会)があったが見学かなわず。  映画「シンドラーのリスト」は、スピルバーグ監督が、このカジミエシュ地区のユダヤ人の運命と、1200人のユダヤ人を救った工場経営者シンドラーの実話を映画化したもの。 この地区のユダヤ人たちが、いかに過酷な運命を辿ったかがリアルに描かれている。映画の製作で一部のシーンは、この場所で撮られたものだという。 ここで初めてユダヤ文字を見た。

 バスで少し走ってバベル城の下の駐車場へ。 ここから徒歩で城を見学。 バベルとは「川の近くの高台の要塞」の意味とか。 緩やかな坂をのぼり、市内が見渡せる場所を通り、中の博物館へ。 建物の中庭など。 ここの建物は3階の部分が高い。日光を取り入れるためと、客人に建物を大きく見せるためだとか。 雨樋がコーナーの所から中庭に突き出ている。 これは建物を痛めないための工夫とか。

 ここから緩やかな坂を下って旧市街(世界遺産)へ。 雨の中寒い。 説明も途切れ途切れ、通訳でわかりづらい。 とにかく教会がいっぱいある。1つの通り約200mくらいに6つも教会がある。
   中央市場広場は200mX200mの広さでヨーロッパで一番大きい広場だそうだ。 中央に織物会館があり、中は小さなみやげ物店が両側に並んでいる。 広場の隅にゴシック建築の聖マリア教会があり、17時にらっぱの音が。しかも途中でらっぱの音が途絶える。音色もなぜか悲しい。
 昔、モンゴル人がクラコフに侵入したとき、塔の上からラッパを吹いて敵の襲来を告げたラッパ吹きが、モンゴル人の放った矢で喉を射抜かれて殺された。 それ以来、ラッパ吹きを悼んで、昼も夜も、1時間毎に塔の上でラッパを吹いているという。

 この間、自由時間と称して買い物時間を40分も取るのはけしからん。 寒い雨の中、身体は冷え切り、こわばっている。 雨風を避けられるのは織物会館の中だけ。 ユーラシアの方針に反すると思う。
 クラコヴィアホテルに18時チェックイン。 大急ぎで冷えた身体に熱いシャワーを。 19時からホテルのレストランで夕食。 ポーランドはウォッカの産地と聞いていたのでビールのほかに頼んでみた。(ビール:10、ウォッカ:7Pzl) たいした事はない。

 3月22日(月) 6時頃から30分ほどホテルの周りを散策。 古いレンガ作りの家、目印だろうか家の壁にドラゴンや牛、犬などを飾ったものなど面白い。
 7:30ホテルを出発して、ヴェリチカの岩塩抗(世界遺産)へ。 8時に到着。 早い時間帯で一番に入場。ガイドさん付きの観光。 エレベータで65mほど地下へ。 ここから徒歩で中を見て回る。岩塩が岩肌に白く挟まっている。中にはコペルニクスの彫像がある。聖アントニー礼拝堂、キリスト礼拝堂、キンガ礼拝堂などがある。 彫像は大理石のように見えるが、岩塩の特徴を生かして、光を透過させ、 彫像が浮き上がっているように見せている。 坑道内はいつも13℃くらいになっているそうだ。 このほか地底湖、音楽ホール、バンジーをやった部屋など。 中に巻き上げの機械があり、人力、馬力を使ったとか。 馬はエレベータで中に入れられ、出し入れが大変なので、一生この中で過ごさせてとか。 可愛そう。 最後は地下135mのところまで行き、エレベータで地上へ。

アウシュビッツ 強制収容所 (働けば自由になれる)

 ここから1時間半ほどバスで走り、オシフィエンチム(ドイツ名:アウシュヴィッツ)へ。 駅のそばのレストランで昼食。 この後アウシュヴィッツのユダヤ人強制収容所(世界遺産)へ。 ここは現在博物館となっている。 ガイドは博物館の中谷さん。 38歳くらいの人。
 第二次世界大戦中、ここはドイツの強制収容所となり、ユダヤ人、ジプシー、政治犯、反ナチス活動家、同性愛者、身体障害者などが収容され、殺された。 そのうちにユダヤ人を絶滅させるというナチスの方針の下、ヨーロッパにいた1000万人のうち600万人が殺され、ここではおよそ150万人殺されたそうだ。 収容所での悲惨さ、組織としてのやり方、実際に管理していたドイツ人の人間性などを展示物の検証を交えて淡々と説明する。
 人間がなぜここまで残酷になれたのか、疑問を持ってはいけなかったのか、きっと組織から外れることは「死」を意味することになり、自己中心から自己防衛、さらに無思考となって、このような残酷なことができたのだと思う。 でも誰がさせたのか。 初めはほんの一握りのベルリンの人間たちだと思う。 この段階でとめられなかったのか。 ヒットラーは確かに独裁者になった。 だが初めは選挙で選ばれたはず。・・・・・・
 色々な場面を写真に収めるが、誰もそばに立って記念撮影をする人はいない。
 イスラエルの修学旅行のような一団が来ていた。 彼らがイスラエル人と分かったのはダビデの星の国旗をT-シャツにつけて団体で行動していたからである。 ユダヤ人は「あくどいやり方で金儲けがうまい」と決め付けたのはナチスらしいが、この一団が大きなイスラエルの国旗を振りかざして行動しているのを見ていると、シャロン首相を思い出し眉をひそめたくもなるものがあった。

 ビルケナウはアウシュヴィッツから3Kmほど離れたところにある。ここはアウシュビッツの数倍の広大な敷地の収容所で、死の門に引込み線があり、ゲートをくぐって収容されたユダヤ人はドイツ人の医者により選別され、すぐにガス室に送られる人と、強制労働に回される人とに分けられたそうだ。 選別されたホームを歩きながら、遠くから送られてきて、何も知らずここに荷物を置いてガス室に誘導された人たちのことを・・・・・ 絶句。
 広大な敷地に建っていた木造のバラック小屋はほとんどなく、 整然と並んだたくさんのレンガ作りの煙突が元のバラックの跡を示している。 春浅く、冷たい風が吹き抜けてゆく。

 最後に中谷さんは「アウシュビッツより恐ろしいことは、この事実が忘れ去られてしまうこと」と締めくくった。帰りのバスの中では皆ほとんど無言。

オロモウツ 聖三位一体像

 [チェコ/ピルスナー・ビール]
 3月23日(火) 8:10オロモウツに向けて出発。 10:55国境に到着。 入出国審査官がバスに乗ってきてパスポートを回収。 さらに5m進んで今度はチェコの入出国審査官がパスポートを回収。 前に同じホテルに居た高校生くらいの大勢の団体がおり、国境通過に時間がかかる。 出国も入国もスタンプは押してもらえない。 さらに暫く走ってトイレに寄ったが先ほどの団体が使っており、ここのガソリンスタンドをパスして、バスはさまよう。
 国境を12時に抜け、オロモウツのホテルのレストランには14時到着。ホテルでチェコ初の両替(20$=497コルナ 1コルナ=4.4円)をしたが、昼食は旅行会社が気を使ってくれたか1ドリンク付き。 ビールは当然チェコのピルスナー。 瓶ビールであったがすっきりしていてとてもおいしい。 今夕のビアホールが期待できる。

 食後徒歩で、小雨の中をヴァーツラフ教会(ネオゴシック様式、2本の100mの高さの尖塔)、聖母マリア教会、旧市街のホルニー広場の聖三位一体像(世界遺産)、市庁舎(ゴシック+ルネッサンス様式)の仕掛け時計などを観光。 やはり雨が降っていると動きが鈍くなり、視界が狭くなる。

 17時、ここから高速に乗り、ブルノ経由でプラハに20:40到着。 チェフ橋のたもとでバスを降り、ここから橋を渡り、インター・コンチネンタル・ホテルの前から旧市街広場を抜け、今夜の夕食のビアホール「U Vejvodu]へ。 途中プラハ城、ティーン教会がライトアップされていた。

 ビアホールでも1ドリンク付き。 西洋わさびのハムロール、鱒のグリルにジャガイモ添え。 ビールはピルスナーのダーク(500ml)を飲む。 期待通りおいしい。 同じ物をおかわりで25コルナ(¥110)とは安い。 この店ではジュース類が39コルナになっていたので、ビールの方が良い。

 バスでプラハ市街の南のコリンシア・パノラマ ホテルへ。 チェックインは23時過ぎ。

プラハ プラハ城と聖ヴィート大聖堂

 3月24日(水) 朝から冷たい雨。 朝食後、ホテルの周りを地下鉄の駅まで散策。 小雨だが少し風があり、ビルのそばでは傘を持ち上げられる。 
 今日はプラハ(世界遺産)の市内観光。 9時にホテルを出てプラハ城に向かう。 プラハ城の北側でバスを降り、王宮美術館の横から入り、第二の中庭を抜けると2本の尖塔を持つ聖ヴィート大聖堂が姿を現す。 高い尖塔で、広角のレンズでも写真に収まらない。 この大聖堂はおよそ600年かけて完成した聖堂だそうで、中のステンドグラスにはゴシック様式のバラ窓のほかにアールヌーボーまで入っている。 ここを出て第三の中庭の隅からやっと写真を撮れた。

 大聖堂の東の旧王宮は歴代ボヘミア王の居所として使われたところで、 中の大きな講堂はゴシックの天井。 さらに玉座もあった。続いて聖ビート教会の前を通り、黄金の小径へ。 この雨の中観光客が多く、狭い小径はごった返し。 カフカの家の所で写真を撮り、早々に退散。

 東門から丘を下り、ヴルタヴァ川沿いにカレル橋のふもとへ。 ここでも雨風に悩ませられ、気持ちの良い観光はできず。 橋の両側に並ぶ聖人の像を横目で見つつ、橋を渡りきる。 印象はずいぶん黒ずんだ彫像だったこと。 ここから旧市街広場に出て、旧市庁舎の前に行き、12時に天文時計の仕掛けを見る。 上の小窓2つが開き、中で人形が回っている。
 このあとユダヤ人街方面に歩き、インター・コンチネンタル・ホテルのそばの中華レストランで昼食。 午後は寒い中の自由行動なので、ビールはあきらめ。

 午後はまず旧市街広場に戻り、インフォメーションで帰りの地下鉄の切符(乗り換え自由、12コルナ)を買い、エレベータ(40コルナ)で旧市庁舎の塔に上り、プラハ市内を360度見渡す。 百塔の街プラハ、さすがに塔が多い。
 ここから徒歩でプラハ城に戻り、シュテルンベルク宮殿の国立美術館に行く。3フロアに中世~18世紀のイタリア、オランダ、スペインなどの絵画が展示されている。(150コルナ) ゴヤ、エル・グレコ、ディューラー、ティントレット、ハルス、レンブラント、ルーベンスなど等。
 ここを出て同じ国立美術館の近代絵画部門のヴェレトルジニー宮殿に行きたくて、タクシーの運転手と交渉をしたが、最初のタクシーは500コルナだと言う。 高すぎる。 その後ろに居たタクシーの運転手が寄ってきて400コルナと言う。 馬鹿にするな。 200で十分なはず。 乗車を拒否して、プラハ城ギャラリー(王宮美術館)に入る。(100コルナ) ここも16~18世紀の絵画を集めた美術館。 クラナハ、ブロンゾーニなど良い作品に出会えた。

 絵画に見て満足し、プラハ城を後にして、マーネス橋を渡って旧市街広場方面へ。 マリオネットを買いたかったのでこのあたりを散策。 小さく、単純でかわいいもので400コルナ。 ペアで700コルナでどうだと交渉したが、「Sorry、I am not a boss」と言って負けない。 買わないで店を離れる。
 18時半に旧市庁舎の時計塔の前に集まったら、一緒に食事しましょうと聞いていたので行く。 添乗員の岡崎さんが待っていた。 イタリアンレストランでパスタ・セットメニュー。 ピルスナー・ビール(0.3L)80コルナX2 でしめて$26。 小雨の中、地下鉄でホテルへ帰る。 到着20:40 。 寒い一日であった。 

ブルノ 旧市庁舎正面入口

 [雪交じりの冷たい雨/チェコからスロバキアへ]
 3月25日(木) 朝ホテルの窓から地上の芝生を見ると、少し白くなっていた。 みぞれか。 出発7時半、バスで一昨日来た高速道路を通って、ブルノに向かう。 途中一面雪で真っ白。 この先どうなるやら。

 ブルノは雨、しかも冷たい雨。 自由の広場から観光を始める。 聖ヤコブ教会、貴族の館、ブルノの旧市庁舎、聖ペテロ・パウロ教会など。 旧市庁舎正面入口上部の装飾は先端が曲がっている。 施工をしたのに十分な報酬をもらえなかった建築家がへそを曲げて、このように作ったという。これをそのままにしておくところが面白い。 しかし雨の中とても寒い。 寒くて身体がこわばり、説明を聞いてもほとんど入ってこない。 聖ペテロ・パウロ教会も印象が薄い。 観光に天気はトテモ大切。

 昼食後国境へ。 チェコ、スロバキアともに係官がパスポートと顔を見て回るだけの簡単な手続き。 今回もスタンプはなかった。 1時間半ほど走って、ブラチスラバの町。 ここはスロバキアの首都で、50万人の都市。 ブラチスラバ城に早速案内されたが展望台で市街を眺めるのと城の中庭のみ。 外の土産物屋の方が長かった。 チェコのお金が残っていたので手作りのボヘミアングラスをチェコの金とドルで会わせて購入。

 この後旧市街の観光。 ミハエル門から市庁舎広場へ。 各国の大使館が続く通り。 最後の自由時間は寒くて、広場に面した聖マルティン教会に入る。 ちょうどミサの最中。 風も出てきて、気温は-3℃とか。 
 18時ホテル・ホリディ・インにチェックイン。 部屋に入り、すぐに湯船につかる。

エステルゴム 大聖堂

 [ドナウは南へ/ハンガリーへ]
 3月26日(金) 昨夜より小降りになったが、まだ雪混じりの雨が降っている。 8時に最後の訪問国ハンガリーに向けて出発。 小一時間走ると国境。 ここは車の列はほとんどなく閑散としている。 スロバキアの出国では係官がバスに乗ってきて、パスポートを見ただけ。
 ルーマニアではパスポートを添乗員さんが集めて管理事務所に持っていく。 この間3ヶ所ある両替所でそれぞれ両替を済ませる。 3ヶ所ともにレートがわずかに違う。 $50で9,716Ft(フォリント)。 1Ft=0.566円。

 2時間半ほど走って、ドナウベントのエステルゴムに到着。 早めに食事を済ませ、ハンガリーのカソリックの総本山・大聖堂の見学。 この大聖堂の中には赤大理石の礼拝堂があり、この大理石の中にアンモナイトが入っている。 正面の祭壇画はとても大きな「聖母被昇天」。 さらに6600本のパイプを有するパイプオルガンがある。

 外の見晴台からドナウ川が大きく曲がっている光景が望める。 この辺りからオーストリア、スロバキアを東に流れてきたドナウ川は大きく曲がり、南に方向を変え、ハンガリーを南下する。 対岸はスロバキア。 現地ガイドは日本人と結婚しているらしく、日本語が上手。

 40分ほど走って、ヴィシェグラードの要塞跡に到着。 ここもドナウベント。 眺めが良い。 さらに30分走ってセンテンドレへ。 ここの旧市街に入って、コヴァーチ・マルギット美術館を見学。 始めて見る作品。 幼い頃の粘土細工のようで、一つ一つに表情があり、普通の彫刻より温もりを感じる。 素朴に生きる人々がテーマだそうで、とても表情が豊か。 聖書や神話を題材にした作品などもある。 自由時間のほとんどを美術館の中で過ごした。

 ここから30分ほどでブダペスト(世界遺産)のホテルに到着の予定だったが渋滞で少し遅れる。 夕食後の予定もあり、添乗員さんが少しカリカリしている。 もともとこの添乗員さんはつっけんどうであったが、このところ表情に感情が表れる。

 18:30メルキュール・ブダ・ホテルのレストランで夕食。 その後19:30にスプリング・フェスティバルのために王宮そばのマーチャーシュ教会にバスで向かう。 漁夫の砦の下でバスを降り、雨の中、階段を上がり、教会の中へ。 教会の真中通路にスクリーンが置かれ、演奏の様子を映してくれる。 パイプオルガンのコンサート。 オルガニストはJOS VAN DER KOOYさん。 教会の中の響き。 全く初めての体験。 特に「ウエストミンスターの鐘」は良かった。 21:40ホテルに戻る。

ブダペスト くさり橋夜景

 [名画鑑賞とディナー・クルーズ/ブダペスト]
 3月27日(土) ツアー最後の観光日。 朝、今日だけはせめて雨が降っていないことを期待しつつ、風呂、日記の整理で夜明けを待ったが、道路はぬれている。
 このホテルは王宮の西側、南駅のそばで、地下鉄M2線の終点のそば。 朝食前に地下鉄の駅まで行き、地下鉄一日乗車券(1,100Ft)を買っておく。 今日の午後の自由時間の移動のため。

 観光はホテルのそばの王宮から。 近くにバスを止め、エレベータで王宮の本館へ。 ここの建物はほとんど第二次世界大戦で崩壊され、共産主義時代に建てなおされたそうで、外見は復元されているが中は安普請とか。 大阪城のようなもの。 大統領官邸の前をとおり、マーチャーシュ教会、漁夫の砦へ。 教会ではオーケストラのリハーサルが行われていた。 今夜のスプリング・フェスティバルのリハーサルらしい。 ここからバスで丘を下り英雄広場へ。 ここにはモニュメント、国立西洋美術館、現代美術館などがある。 後ほどここにくる予定。

 くさり橋のそばのヴァーツィ通りのタベルナ・ホテル(どこかで聞いたことのある名前のホテル)のレストランで昼食。 その後地下鉄で国立西洋美術館に行き、名画鑑賞。
 ブダペストの地下鉄は階段を下りてゆくと、そこが地下鉄乗り場。 しかも地下鉄の行き先が決まっている。 いわゆる路面電車が地下にもぐったみたいなもの。 反対方向に行きたいときは道の反対側の階段から地下に降りなければならない。 

 国立西洋美術館は古代ギリシャの建物を思わせる。 年代別に部屋を分けて展示されている。 イタリア絵画(ベリーニ、コスタ、コレッジオ、ラファエロ、ティッツィアーノ等)、スペイン絵画(エル・グレコ、ヴェラスケス、スルバラン、ゴヤ、ムリーリョ等)、フランス絵画、オランダ絵画(ブリューゲル、バン・ダイク等)さらにレンブラント、クラナハ、レイノルズ、ドラクラワ、マネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴーギャン、ロートレック、ボナール、ユトリロ等。  たっぷり4時間ほどかけて名画を堪能。 今まで東欧の中の美術館ゆえにあまり知られていなかったが、すばらしい作品が展示されている。 残念だったのはヴェラスケスの「マルガリータ王女」が展示されていなかった。 

 地下鉄でヴェレシュマルティ広場まで戻り、ドナウ川をくさり橋へ。 ここから橋を渡り、王宮の下のトンネルを抜け、ホテルまで歩く。
 この後19:30からディナークルーズ。 まずゲッレールトの丘に上がり、ブダペストの夜景を鑑賞。 国会議事堂そばの船着場から乗船。 このクルーズは貸切。 始め上流に航行している間、食事を楽しみその後夜景を鑑賞。 いろいろな建物がライトアップされていて、観光に力を入れていることを感じる。 雨も上がり、夜風も心地よい。 今日で全ての観光は終わり。 明日からはサマータイム。 1時間時計を進める。 1時間損した感じ。 おかげでホテルへは23時半に到着。  

 3月28日(日) 最後の日になって雨が上がる。 ホテル出発は9:20。 それまでゆっくりと朝食、荷物の片付けをする。 空港はブダペストの南東、バスで約30分ほどで到着。 ブダペストからウイーンまではプロペラ機。 10数年前にYS-11に載った時のことを思い出す。 搭乗のときそばを通るのでまだプロペラは回っていない。 とても静かである。 離陸も車輪が滑走路から静かに離れる。 時速300Kmも出ているのだろうか。 およそ50分後にはウイーンに到着。 
 オーストリア航空51便で成田へ。ほぼ満席。 少し疲れが出たのか、離陸前にうとうとしてしまった。


 15日間で6ヶ国を駆け足で回った感じ。 それぞれオスマン・トルコ、ハプスブルグ家、ナチス・ドイツ、ソ連の影響を色濃く残している国、影響を払拭してしまった国など多彩であった。 9つの世界遺産(これからも残して欲しいもの、残さなくてはならないもの)の中でも負の遺産と言われているアウシュビッツ収容所は今までにない衝撃であった。ガイドさんが絶叫するのではなく、淡々と説明し、「自分で考えて欲しい」という言葉で、かえって印象を強くした。 今回はほとんど首都を中心に回ったが、また行く機会があれば、地方に踏み込んで東欧を理解したいと思う。 そのときには、EUに加盟しているだろうが、東欧の良さが残っていて欲しい。