白夜に誘われて
 2004年06月 サンクト・ペテルブルク タリン リガ ヴィリニュスを訪ねて11日間


 昨年もこの時期にロシアを訪れた。 23時になっても暗くならない白夜、爽やかな夜風(夕風)。 白夜に誘われて、また北国ロシアに来てしまった。 昨年エルミタージュ美術館で十分に絵画を鑑賞できなかったリベンジも兼ねて。 バルト三国は始めて。 今年5月に拡大ヨーロッパ連合(EU)に加盟したばかり。 もともとロシアを早くから離れて自由主義経済を進めてきた国々。 通貨はまだユーロになっていないが、ヨーロッパの仲間入りをした様子が感じられた。


 [一宿一飯/コペンハーゲン]

コペンハーゲン 船着場

 6月10日(木) コペンハーゲンで一泊するので、成田空港でデンマーク・クローネに両替。 200クローネで¥4,088、1クローネ≒¥20。
 スカンジナビア航空(SK984便)でデンマークのコペンハーゲン空港へ。 定刻より20分遅れて16:35に到着。 入国手続きを済ませ、歩いて今夜宿泊する空港そばのヒルトン・エアポート・ホテルへ。

 白夜の季節。 まだ太陽が高い位置。 ツアー仲間10人ほどでタクシーに分乗して町に出かける。 タクシー代は片道200クローネ。 4人で乗って一人50クローネ、1000円換算。

 散策は船着場から始めて、歩行者天国のニューハウン、旧市街を通ってアンデルセン像のある市庁舎、さらにチヴォリ公園の前から中央駅まで。 夕日が長々と影を落とすが、いっこうに夕日は沈まない。 21時50分夕日が沈む。 でも1時間以上余韻を楽しむように明るい。


サンクト・ペテルブルク 聖イサアク聖堂と青銅の騎士像

 [ロマノフ朝ロシア帝国の古都/サンクト・ペテルブルク]
 6月11日(金) 8時、歩いて空港へ。 10時15分スカンジナビア航空(SK736便)でサンクト・ペテルブルク(世界遺産)へ。 機内で簡単な昼食。 1時間半ほどでサンクト・ペテルブルクのプルコヴァ空港に到着。 時間は2時間の時差で14時。 入国手続きと荷物受け取りに50分ほどかかり、空港を出たのは15時。 40分ほどバスで走って、サンクト・ペテルブルクの中心街、聖イサアク聖堂の前へ。 金色の鉄製のドーム、カラフルな大理石の壁、花崗岩の列柱が特徴。
 ここからネヴァ川の方に歩き元老院広場へ。 ここにはエカテリーナⅡ世がピョートル大帝の支配100周年を記念して作らせた青銅の騎士像が建っている。 大きな公園で、結婚したばかりのカップルが何組も友人たちと記念写真を撮りに訪れている。
 バスでマリンスキー劇場のある劇場広場を通って、ニコライ聖堂へ。 ここには昨年来ていないので新鮮な感じ。 航海の神様ニコライを祀っている聖堂で水色と白の壁が印象的。

 ここからネヴァ川に沿って、エルミタージュ美術館の前を通り、血の上の教会に向かったが、大渋滞。 金曜日の17時半。 街を離れて郊外に行く人たちだそうだ。 およそ1時間かけて(歩いても30分くらいの所)血の上の教会へ到着。 外からは派手派手な教会で、モスクワの聖ワシリー寺院を思わせる。 中はすばらしいモザイク画が見る人を圧倒する。
 バスでネフスキー大通りのカザン寺院の前のレストラン「ボルホス」へ。 ここで夕食。 ここは昨年も夕食に使ったところで、階段を下りて、入り口に向かう時からトイレの位置まで思い出してしまった。 夕食はイクラとクレープ、ビーフ・ストロガノフ。

 夕食後、モスクワ大通りを南におよそ10Kmほど下り、勝利広場前のホテル・プルコフスカヤに21時半到着。 部屋に入り、昨年のプリバルチスカヤ・ホテルのことを思い出し、恐る恐る水道の蛇口をひねる。 残念! ここの水も生くさく、色が付いている。 サンクト・ペテルブルク全体の水がくさいらしい。 すぐにホテルの前の大通りの反対側にある24時間コンビニに行き、2リットルのミネラル・ウォータを買ってくる。 歯を磨くため。 3日間このにおいを我慢するか。

 [丸一日名画鑑賞/エルミタージュ ロシア美術館]
 6月12日(土) ホテルの前の勝利記念碑。 大通りを渡る地下道で繋がっているので、朝の散歩の途中に見学。 中に火がともしてあって、レーニンのレリーフもある。 レニングラード攻防戦の記念碑らしいが、添乗員さんもガイドさんもこの記念碑の説明をしてくれない。

   朝食は大きなレストランにわずかな種類の料理が並んでいるだけ。 味も口に合わない。 ミルクは加工乳。まずい。 昨年のプリヴァルチスカヤ・ホテルを思い出させる。

サンクト・ペテルブルク 宮殿広場と旧参謀本部

 10時、バスでエルミタージュ美術館に向かい、ネヴァ川の入り口前に並ぶ。 10:40ころ入場。 とても混んでいる。 昨年のほうが空いていた。 Jordan Galleryから大使の階段を上がって2階へ。 この階段の装飾がすばらしい。
 1812 War GalleryからSt.George Hallをとおり、中空庭園の前を左に曲がり、Pavillion Hallを抜けて、イタリア絵画へ。 ここではレオナルドの2枚の絵を鑑賞。この絵の前が狭いので、縦に並んで鑑賞するため、ルーヴルのモナリザの前よりも混雑している。 ここからスペイン絵画のゴヤ、ヴェラスケェス、ムッリーリョなどをみて、レンブラントの間へ。 ここの混み方は異常。 さらに肖像の間、フランス絵画の間を通過して、3階の近代フランス絵画へ。 ここは印象派からマチス、ピカソくらいまでが一同に展示されているところ。 ところが昨年記念写真を撮ってもらったマチスの「ダンス」が見当たらない。 特別展で2階の別の場所に移されていた。

 13時になり、1階のJordan Galleryそばにあるカフェでオープンサンドとジュースで昼食。 昼食後は一人でエルミタージュ美術館に残って、まだ回っていないところ、案内なしで簡単に通過した所を主体に絵画を鑑賞。 フランドル、イタリア、ドイツ、フランス、イギリス、ロシア絵画など。
 15時を過ぎ、中庭の出口から出て、宮殿広場へ。 昨年もここでたくさん写真を撮ったが、今年も旧参謀本部のドームの中から構えた写真を数枚。

サンクト・ペテルブルク ロシア美術館

 ネフスキー大通りに出て、カザン寺院の前を通り、運河沿いに血の上の教会方面へ行くとロシア美術館(ミハイロフ宮殿)がある。 入り口は正面の庭の右手奥。 セキュリティ・チェックを受け、入場料270ルーヴルを支払って、階上の展示室へ。
 イコンもかなり展示されている。 お目当てはレーピンの「ヴォルガの船曳き人夫」・・・ 一通り絵画を見て回ったが、展示されていない。 館内の係員に聞いたが言葉が通じない。 小さなショップで日本語のガイドブック(300ルーヴル)を買い、そこで、「ヴォルガの船曳き人夫」の絵を指して、この絵はどの部屋にあるかと尋ねたら、どうも貸し出し中らしい。 残念。  館内の1,2階の絵画を鑑賞していたら、クラムスコイの「シーシキン」、レヴィスキーの「エカテリーナⅡ世」などおなじみの絵が多くあった。 歩き疲れと、のどの渇きで、地下のカフェに寄りしばし休息。
 ロシア美術館から出て、前の芸術広場の中にあるプーシキン像を見ながら、ホテル・ヨーロッパの前を通り、再びネフスキー大通りへ。 ここを左に曲がり、アレクサンドリンスカヤ広場へ。 エカテリーナⅡ世の銅像の奥に、昨年バレエ「白鳥の湖」を鑑賞したアレクサンドリンスキー劇場がある。 今年は、今夕マリンスキー劇場でバレエのガラ・コンサートが予定されていたが、演目が判らないので予約をしなかった。

 ネフスキー大通りで、とまっているタクシーをつかまえ、プルコフスカヤ・ホテルまでの料金を聞いたら650ルーヴルと言う。 添乗員さんは800~900ルーヴルくらいはかかると言っていたので安い。  乗車してから、運転手が片言の英語で、どこから来たかと言うので日本と答えると、ハンドルのところのエンブレムを指し、この車はトヨタで「Good Car」と褒めていた。 およそ20分かかってホテルに到着。 チップを入れて700ルーヴル支払うと喜んでくれて「Good Luck」と言われ、こちらからは「スパシーバ」と答える。 ・・・変な会話。

 [郊外の宮殿/エカテリーナ宮殿 ピョートル大帝夏の宮殿]

プーシキン エカテリーナ宮殿

 6月13日(日) 8時半にバスで南の方にあるプーシキン市に向けて出発。 ホテルはサンクト・ペテルブルクの南側にあるので、およそ30分でエカテリーナ宮殿に到着。 斜め左の門から入場。 庭を通って建物の正面から入って、足袋を靴の上からつけて、階段を上がり、大広間へ。 昨年来た時より混んでいない。
 ここからカヴァリーの食堂、白の食堂、Crimson Pilaster、 Green Pilaster を抜けてポートレイトの部屋へ。 次の琥珀の間の前で、「琥珀の間は今年の3月から保存のため、カメラ撮影禁止となった」旨伝えられる。 昨年はフラッシュでさえOKであったのに。 さらに絵画の部屋、小さな食堂、アレキサンダーの間、Buffet、アレキサンダーの書斎、緑の食堂、青の食堂と進んできたが、ここで終わり。 この先に中国の青の食堂や寝室などがあったのに、閉鎖されていた。 特に中国の青の食堂の壁紙はきれいで、もう一度見たかったのに。

 この後売店近くで長すぎるトイレ休憩(50分)を取り、その後庭へ。 時間配分がガイドのペースとなるので、いちいち気に障る。 庭にもう少し時間をかけてもよいものを。
   建物中央の裏手から庭に出て、カメロン・ギャラリーの横を通り、池のそばのグロット・パビリオンの前から庭園の並木道に出て、中央通りを宮殿のほうに引き返し、浴場の横から出口へ。 もう少し時間があれば、すばらしい庭をもっと散策できたのに残念。 ガイドの良し悪しで観光の充実さが変わる。

 昼食はサンクト・ペテルブルクの町の近くまで戻って、レストラン「アルゴ」で。 ロシアン・サラダ、ピロシキ、ボルシチ、チキンの揚げ物(中にバターが詰まっていた)などとてもおいしいもの。

 ここから西に30分ほどバスで走り、ピョートル大帝夏の宮殿へ。 カメラ代100ルーブルと言われたが、内部はあまり写すものがないのを知っているのでカメラを使わず。 14:30の予約とのことだったが、さらに20分ほど待たされて入場。  外の噴水は右側の階段を下り、わずか5分ほどでの鑑賞。 すぐにいたずらの噴水まで向かい、この後、中央水路の橋の所で集合写真を撮影して、船着場へ。 16:30予約の水中翼船に乗り、サンクト・ペテルブルクへ。 ワシリー島の北側から、エルミタージュの前を通り、青銅の騎士像のあたりの船着場で下船。 およそ30分くらいの快適な船であった。
 旅行社の好意で、この後バスでワシリー島の北灯台でカメラストップ。 ネヴァ川対岸からエルミタージュ美術館を撮影。 ここは昨年、白夜に添乗員さんが特別に案内してくれた所。

 夕食は19時からホテルの別館のレストランで。 ビュッフェ方式。 添乗員さんの持ってきた食べ物の量に、同じテーブルの人たちは・・・・ 無言。


ナルヴァ城(手前)とイワンゴロド城

 [国境を越えエストニアへ]
 6月14日(月) 9時にホテルを出て、バスはひたすらロシア・エストニアの国境に向う。 ロシアの出国では40分ほどバスの中で待たされて、荷物(手荷物、スーツケース)を全部個人で持って管理事務所の中へ。 全員入ると入り口のドアーは施錠される。 ここでスーツケースのみ機械の中を通して、あとは金属探知らしきゲートを手荷物を持って一人ずつ通過する。 金属探知らしきものは全く反応していない。 また、スーツケースを通した機械はX線検査の格好をしているが、ベルトに載ってスーツケースが機械の中を通過しているだけで、検査をしている様子もない。 形式だけの検査か。 窓口で全員出国のスタンプを押してもらったら、出口のドアーの鍵が開けられ、出国。

   国境のナルヴァ川の橋を渡ったところにエストニアの入国管理事務所があり、こちらは係官がバスに乗り込んできて、一人一人の顔を確かめながらパスポートを受け取り、まとめてスタンプを押してもらい、入国完了。 入国管理事務所のそばで両替。 1クローン(EEK)≒4.5円。
 入国管理事務所のそばのレストラン「キング」で昼食。 この後、少し雨が降ってきたが、ナルヴァ川を挟んでお互いににらみ合っているエストニアのナルヴァ城とロシアのイワンゴロド城を見に、ナルヴァ城の庭園の端の方まで行く。

 バスでエストニアまでおよそ3時間、走っているうちに天気は急速によくなり、今夜の宿グランド・ホテル・タリンに着いたときは快晴。 19:30からホテルのレストランで夕食。 5日目にして、遅い自己紹介。
 夕食後、希望者のみ添乗員さんとタリンの町(世界遺産)を散策。 まだ夕日が出ているので、写真を撮れる。 のっぽのヘルマンの横を通って、アレクサンドル・ネフスキー聖堂へ。 ここから大聖堂の横を抜けてコフトゥ通りから展望台へ。 タリンの下町が一望できる。 アレクサンドル・ネフスキー聖堂まで戻って、リュヒケ・ヤルク通りから旧市庁舎のあるラエコヤ広場へ。 さらにヴィル通りからヴィル門を南下し、パルヌ通りにでて、カールリ通りあたりで少し迷子になったが、大回りしてホテルへ。 帰ってきたのは23:30。 白夜で快晴、星も見えない。

 [徒歩で散策/タリン旧市街]

タリン のっぽのヘルマン

 6月15日(火) 朝食後、朝の散歩。 ホテルから北の方角のタリン駅方面へ。 この駅前にはトラムの停留所があり、午後美術館に行くのに使う予定。 そばの売店でトラムのチケットを2回分(20クローン)を購入。 ここからトーム公園を抜けて、トームペアの北側の城壁の階段を上り、北側展望台へ。 ここからはタリンの港がよく見える。  さらに東側の展望台へ。 ここは昨夜来た展望台。早朝なので、誰もいない。展望台からエストニア美術館の前をぬけて、アレクサンドル・ネフスキー聖堂の前を通り、のっぽのヘルマンの横からホテルへ。
 今日はタリン市内観光で、のんびり出発。 10時にバスでカドリオルク公園に向う。 池があり、噴水があり、海外美術館として使われているカドリオルク宮殿、庭園がある。 この宮殿はバルト地域を手に入れたピョートル大帝が妃のエカテリーナのために離宮を作らせたもの。 エカテリーナに対応するエストニア語カドリを使って「カドリの谷(カドリオルク)」と呼ばれた場所。 まだ朝の空気の中しばし散策。

タリン 風見鶏

 ここから少し郊外の「歌の原」へ。 ここには5年に一度開催される、エストニア最大の歌と踊りの祭典の最後に行われる「歌のコンサート」が開かれる場所。民族衣装を着けた3万人もの歌い手がステージに上がり、観客は10万人以上に。 今年の7月にも開催されるそうだ。

 バスで昨日走ったナルヴァ街道をタリンの旧市街に向けて走り、のっぽのヘルマンの前で下車。 ここからは旧市街を徒歩で観光。 高台のトームペア城から始める。 ここは騎士団の城であったが、エカテリーナⅡ世が知事官邸として使うため改築させたので、正面からはロシアの宮廷を思わせる建物。 現在国会などとして使っている。
 この建物の前にそびえるロシア正教の聖堂はアレクサンドル・ネフスキー聖堂。 カソリックの国エストニアの首都タリンの町並みには似合わない。 エストニアの国会の前にそびえ、ロシアが睨みを効かしている感じ。 中は比較的明るいイコノスタシスの聖堂で、柱がカラフルで、床屋の看板(三色斜め縞)を思わせる。

 ここからピック・ヤルク通りを下って、旧市庁舎広場(ラエコヤ広場)に出て、もう一度別の通りを通って高台へ。 小道を抜けて展望台に出る。 ここは昨日から三度目。 今回が一番混んでいてのんびりできない。 大聖堂の横からオレマトォ・リューテル(ホテル)へ行き、ここのレストランで昼食。 この後自由行動。

タリン 太っちょのマルガリータ

 風が少し冷たく、また余分な荷物を置いてくるために一旦ホテルに戻り、ここから行動開始。 タリンの駅に向かい、トラム1番に乗って街のはずれのカドリオルク公園にある海外美術館へ。 ミッケル美術館への入場も共通券となっているとガイドブックに書いてあったので、共通券を買おうとしたら、ミッケル美術館はここの海外美術館に併合されたそうだ。 入場料は45クローン(約200円)。 この美術館は西洋絵画、ロシア絵画、それにミッケルの集めたバロック陶器からなっている。 絵画にはP.ブリューゲルJrやクラナハ、クラムスコイの絵などがあり、よい絵を鑑賞することができた。

 トラムに乗って引き返し、旧市街の北側で降りて、太っちょのマルガリータのある門から旧市街に入り、ピック通り沿いに三人姉妹の建物、ブラックヘッド・ギルド、精霊教会、グレート・ギルドの会館の前を通って旧市庁舎広場へ。 ここから聖ニコラス教会の横に出て、リュヒケ・ヤルク通りを通ってアレクサンドル・ネフスキー聖堂、さらにのっぽのヘルマンの横を通ってホテルへ。 結構同じ道を何度か通ったのですっかりタリンの町の地図が頭の中に入ってしまった。


 [中世の面影/リガ旧市街]

リガ ブラックヘッドのギルド

 6月16日(水) 8時にバスでリガに向けて出発。 2時間半ほどで国境。 エストニアの出国審査はなく、ラトヴィアの入国審査のみ。 国境で両替。エストニアの90クローンと$5を合わせて、6.19ラッツ。 1ラッツ=¥240見当。
 さらに2時間ほどでリガ市内に到着。 遅い昼食をリーヴ広場のそばのレストランでとり、徒歩でリガ旧市街(世界遺産)観光へ。 レストランに入るとき小雨だったが、昼食後は雨も上がる。
 まずはリーヴ広場のはしにある猫の家。 昔ギルドに入れてもらえなかったお金持ちのラトヴィアの商人がグレートギルドにお尻を向けた猫を屋根の上につけたそうだ。 ギルドの人たちは怒ったが、「あなたがたは、私がラトヴィア人だと言う事だけで規則を守らずギルド入れない。猫は規則など持っていないから勝手だ」。 その後ギルドはコンサートホールに変わったので、音楽が聞こえてくるようになってから、猫は向きを変えたそうだ。
 次に火薬塔。 18世紀にロシアの攻撃を受け、今でも壁に砲弾が埋まっている。 ここから旧兵舎、城壁、スウェーデン門、国会へと進む。 この国会のそばにすごくリアルな顔の考える人の像がある。 添乗員さんによれば、 服は本物で、誰かが時々着替えさせているらしいとのこと。 また時々姿を消すとの事。
 さらに聖ヤコブ教会、三人兄弟の家、リガ城、リガ大聖堂、旧市庁舎、ブラックヘッドのギルドとまわり、聖ペテロ教会ではエレベータで塔の上に登り、旧市街を展望。 ここにもワルシャワと同じように、スターリン時代の建物「科学アカデミー」が建っていた。 残念ながらパイプオルガンで有名なリガ大聖堂は、内部が崩れたとかで入場できず。
 この後新市街のユーゲントシュティール(アール・ヌーボー)の建築群(ミハイル・アイゼンシュタインの作品)を見学して、ラディソンSAS・ホテルへ。
 18時半にバスでアングリカ教会でのパイプオルガン・コンサートへ。 予定はリガ大聖堂でのパイプオルガン・コンサートであったが、大聖堂内部崩落のため会場を変更。 でも入場チケットには会場はリガ大聖堂となっていた。 会場もパイプオルガンもハンディがあるので比較してはかわいそうだが、音の響き、演奏ともに6月のブダペストのマーチャーシュ教会でのコンサートのほうが断然良かった。
 ホテルに戻って21時から夕食。


 [日本の誇り/杉原千畝記念館]
 6月17日(木) 8時にバスでリトアニアに向けて出発。 1時間半ほどで国境。 簡単な入国手続き。 両替はラトヴィアの残りのラッツ(コインばかり)+$10で33リタス。 1リタス=¥40見当。

 ここから1時間ほど走って十字架の丘へ。 ここは畑の中に少し小高い丘があり、無数の十字架がおかれている。 お墓ではない。いろいろな思いがあって十字架を置いていったのだろう。

 ここからさらに2時間走ってリトアニアの旧首都カウナスへ。 また遅い昼食をして、丘の上の高級住宅街の中にある旧日本領事館(杉原千畝記念館)へ。 ここは日本のシンドラーといわれた、当時リトアニアの日本領事代理をしていた杉原千畝の勤めていたところ。 ナチスの迫害にポーランド、リトアニアに居たユダヤ人が、ソ連-日本経由でオランダ領キュラソー島に渡るため、当時首都だったカウナスの日本領事館にビザを求めて押し寄せたそうだ。 日本外務省は許可しなかったが、杉原千畝は1939年から1年間に2193件の手書きのビザを発給し、家族を含めておよそ6000人のユダヤ人を救ったという話。 戦後イスラエルからこの話が出て有名になったとか。 瀋陽の領事館の事件とだぶる。 今も昔も事なかれ主義の外務省はだめな役所と痛感。

 ここからバスで旧市街のヴィタウタス大公教会へ。 川のそばの教会。 ここでにわか雨。 雨宿りにベルクーナスの家へ。 階段を降り、地下へ。 雷神ベルクーナスを祀っていた神殿のあったところ。名前だけで現在は図書館とか。

カウナス 聖ペテロ・パウロ大聖堂

 旧市庁舎広場へ。 広場に面して旧市庁舎、イエズス教会などがあり、北東の角には聖ペテロ・パウロ教会がある。 旧市庁舎は白いバロック様式の建物。現在結婚登記所として木曜から土曜日まで活躍している。 赤レンガの聖ペテロ・パウロ教会、中は壁一面に描かれたフレスコ画に2台のパイプオルガンがある。 外壁には詩人で神父でもあったマイロニスの墓が添えつけられている。

 歩いて程なく旧市庁舎の北側のカウナス城へ。ここは13世紀ドイツ騎士団の侵略を防ぐために作られた城。城には4つの塔があったらしいが、川の氾濫で流され、現在修復された塔と城壁の一部が残っている。
 バスで新市街のヴィエニーベス広場へ。 正面に戦争博物館、広場にはリトアニア独立の記念碑、リトアニアの重要人物の胸像が並んでいる。広場の東側には旗を掲げた女神像が建っている。

 ここから2時間ほどでリトアニアの首都ヴィリニュスのホテル・ホリディ・イン・ヴィリニュスへ。 このホテルはヴィリニュス旧市街(世界遺産)からネリス川を挟んで北側にある。 夕食はホテルのレストラン。 今日はSさんのXX回目の誕生日だそうで、ケーキのおすそ分けをいただく。 ユーラシア旅行社での旅行は三回目。 三回とも誕生日のお祝いに遭遇している。 ラッキーなのか。

 [カソリックの街/ヴィリニュス]
 6月18日(金) 朝食後にホテルの周辺を散歩。 近くのスーパー「ヨーロッパ」から、ネリス川の辺りを一回り。 川の向こうの丘の上にケディミナス城がそびえている。 まだ曇り空だが、だんだん雲行きが怪しくなってきた。
 バスで9時に出発。 最初に街のはずれの聖ペテロ・パウロ教会から。 ここの内部の彫刻はすばらしい。 彫刻は全て白の漆喰細工で出来ている。 息を呑むといわれていたが本当だ。 正面の祭壇は「聖ペテロと聖パウロの告別」の絵。

ヴィリニュス 大聖堂

 ここからケディミナス城のそばの大聖堂に向う。 この頃から雨が降り出し、 せっかくの観光は見所半減。 大聖堂の外観はギリシャの建築に似ているが、内部は四角い柱に絵画が飾ってある。 中の聖カジミエルの聖画には三つの手がある。 三つ目の手は画家が何度消しても再び現れてきたのでそのまま残されたそうだ。
 雨の中を大統領官邸、ヴィリニュス大学から聖ヨハネ教会の横を抜け、琥珀美術館へ。 琥珀のでき方、琥珀の種類などの説明を聞く。主に琥珀は北欧からバルト海を渡って流れ着いたものを拾っているとのこと。 ここを後に聖アンナ教会へ。 赤レンガの美しい教会。 ロシア攻めでナポレオンがヴィリニュスに入った時「この教会をフランスに持ち帰りたい」と言ったとか。
 バスで南に下り、町を一望できる丘へ。 ここで写真を撮り、夜明けの門へ。 この門をくぐって聖霊教会、旧市庁舎広場へ。 ここからバスでホテルのそばのレストランへ行き昼食。

 昼食後は自由時間。 一人でKGB博物館、ユダヤ博物館に行く予定だったが、ツアー仲間5人もご一緒にとのことで、一緒にケディミノ大通りを西に歩きKGB博物館へ。 入場料2リタス、カメラ代4リタス。 1944年から1991年までソ連のKGBが置かれた建物。 拷問に使われた部屋、道具、銃殺が行われた地下室などがそのまま保存されている。

 小雨の中を15分ほど歩いて、ユダヤ博物館に到着。 無料。 係りの人から「どこから来たのか」聞かれたので「日本」と答えたら歓迎された。 内部の説明は写真主体。 リトアニアでナチスに迫害された7万人のユダヤ人の資料が展示されている。 展示には杉原千畝も登場する。 このユダヤ博物館の前庭には杉原氏に捧ぐ「月光」のモニュメントがある。

 ヴィリニュスの観光の締めくくりとしては少し重たい内容となってしまった。 少し暗い気持ちでホテルにもどる。

トラカイ トラカイ城

 [赤レンガの古城/トラカイ城]
 6月19日(土) バスで8時半にホテルを出て、1時間ほどで最後の観光地トラカイへ。 早く着きすぎたのか城の前の露店(土産物店)でフリータイム。
 トラカイ城は湖に赤レンガが映える美しいお城。 10時から開城だそうで、これにあわせて城内を見学。
 入城すると兵舎、馬小屋が大きな中庭を取り囲んでいる。 ここから、今は水のないお堀の跳ね橋を渡ってお城へ。 ここは小さな中庭を取り囲む五階建てのお城。 中に13~17世紀に使われた道具、衣装などが展示されている。 観光客が多いのと、現地ガイドさんの説明が詳しすぎるのとで、全てを見ずにでてくる。

 ヴィリニュス空港には12時に到着。 国際空港としてはとても小さい空港。 お店もほとんどない。 コペンハーゲンに向けて予定通り出発。 機内で簡単な軽食があり、到着も予定通り。 コペンハーゲンではパスポートコントロールを通って一時入国し、免税店で買い物。 

 スカンジナビア航空SK983便で成田へ。 客室乗務員は日本人の女性乗務員以外は男性も女性も映画「バイキング」に出てくる人を思わせる体格。 太い腕、大きいお尻。 通路を少し横になって通っている。   予定より30分ほど早く成田に到着。


 ▼サンクト・ペテルブルクではゆっくりとエルミタージュ美術館、ロシア美術館を回ることができ、とても満足。 ▼バルト三国のそれぞれの首都には歴史の遺産が残っており、今年三月に回った東欧よりも明るい印象を得た。 しかし、タリンの「アレクサンドル・ネフスキー聖堂」、リガの「科学アカデミー」、ヴィリニュスの「KGB博物館」などソ連時代の爪あとが残っているのは東欧と同じか。 ▼エストニア、ラトヴィアのパスポートのスタンプは既にEU形式になっているのに、リトアニアはまだEU形式ではなかった。 これは何を物語っているのか。