南アフリカ ワイルドに ジェントルに

 2004年10月 ボツワナ ジンバブエ 南アフリカを訪ねて12日間

 北半球に暮らし、シンガポールまでは行ったことがあるが、まだ一度もEquator(赤道)を越えたことがなかった。 ケープタウンまで行ったら南十字星を見ることができるだろう。 でも10月の夜は地平線に隠れる時期なので20~22時ころなら見えるはず。 今回の旅は還暦の記念もあり、 前半はチョベ国立公園でのサファリ、 ジンバブエ、ザンビアの両側からヴィクトリア・フォールズを観光し、水しぶきをかぶるワイルドな旅。 後半はケープタウンでケープワインを楽しみ、ボルダーズ・ビーチでペンギンと戯れ、さらに世界一豪華な列車ロヴォス・レールで2泊3日かけてケープタウンから南アフリカの首都プレトリアに向い、この季節だけの花「ジャカランダ」を観賞するというジェントルな旅。 どのような旅になるか期待がふくらむ。


プロローグ  ヨハネスブルグへ  ボツワナ・チョベ国立公園  ジンバブエ・ヴィクトリアの滝  プレトリア
ケープタウンへ  ケープ半島周遊  南十字星  ロヴォス・レール  再びジャカランダ・シティ  エピローグ


 [プロローグ]
 旅行出発の4日前、添乗員さんからの電話。 現地の気候、持ち物、通貨など一通り説明をしてもらった後、 「今回ご参加いただく人数は14名様となります。 単独でのご参加は4名さまで、お客様以外は全て女性です。」 「えっ・・・・・・・・・・・・。」  ここから数秒の間沈黙の時間が流れた。 「せめて添乗員が男性だったら良かったかも知れなかったのですが。」 「・・・・・・・・。」  この時点からあとは添乗員さんの言葉は耳に入ってこない。
 妻や旅行仲間には「ハーレムを楽しんだら」などと冗談を言われたが、 今までに3回ユーラシア旅行社のツアーに参加しているが、若い女性(少なくともトプカプ宮殿やアル・ハンブラ宮殿のハーレムに居たであろうくらいの若い女性)と一緒になったことは一度もない。 どのような旅になるか不安と期待がふくらむ。

 [夜間飛行/ヨハネスブルグへ]
 10月04日 (月) あいにく今日から中央高速道路と首都高速4号線の集中工事が始まっている。 いつもより3時間早く、5時間前に自宅を出て、一路成田のいつも宿泊するホテルに向う。 今回は出発が夕方で、帰りの到着が10月15日20時の予定で、しかも15日まで中央高速道路の集中工事を行っているため、いつものようにホテル前泊ではなく、後泊の計画。 今日はホテルに車を置いて、ホテルのシャトルバスで空港に行く予定。
 八王子インターチェンジから中央高速道路に入り、最初は順調に流れていたが、予想通り高井戸ICあたりから渋滞が始まりだした。 永福あたりからは歩いたほうがはやそうな状況。 新宿に差し掛かる頃は止まったまま30分も動かない。 「まだ1時間半残っている」と自分に言い聞かせるが、のどは渇く、トイレには行きたくなる。 三宅坂を通過し渋滞から脱出できたのはホテル到着予定の50分前。 10分ほど足りない。
 東関東自動車道にのってからは順調で、5分ほど取り戻し、ホテルの駐車場へ到着。 旅行社に電話で集合時間に5分ほど遅れる旨を伝えて、シャトルバスに乗り込む。 滑り込みセーフ。

 出国手続き前にツアー参加の一同が集まる。 予想通り昔若かった人ばかり。 添乗員さんが「男性一人の参加でさびしいかもしれませんので毎日声をかけてください」と気をつかってくれる。
 JAL735便は定刻に成田を出発して香港空港へ。 香港空港は町の真ん中にあり、飛行機はビルを掠めて離着陸すると思っていたが、窓から見ているときれいな夜景を通り越して、かなり郊外に着陸した。 ここではおよそ2時間の待ち合わせ。
 南アフリカ航空SA287便で香港時間23:50(日本時間0:50)に出発。  これから13時間ほどの夜間飛行。 飲み物は添乗員さんから教えていただいたリカーで「アマルーラ(Amalura)」 お茶は「ルイボス(Rooibos)」をいただく。 「アマルーラ」は象が好んで食べるマルーラという樹の実で作ったお酒にクリームを入れたものでアルコール17%、ココアミルクのような味で甘いカクテルのようなもの。 「ルイボス」は普通の紅茶と変わらなかった。

 [リヴァークルーズ、ドライブ・サファリー/ボツワナ・チョベ国立公園]

ジンバブエ ヴィクトリア・フォールズ空港

 10月05日 (火) 6:20 予定より40分早くヨハネスブルグに到着。 乗り継ぎの手続きを添乗員さんが行っている間ロビーで待つ。 その後およそ2時間、出発まで免税店を見て回る。 南アフリカの免税店の価格は高い。 アマルーラは1リットルものしかなかった。 帰りに買うかどうか考えることにする。
 8:45ヴィクトリア・フォールズ行き搭乗開始。  観光客で込み合っている。 機内でサンドウィッチ、ビールをいただく。 到着は11時。 日本時間で午後6時。 成田からヴィクトリア・フォールズまで24時間かかって来たことになる。
 ヴィクトリア・フォールズは快晴。 気温も高く、真夏の陽気。 空港内でジンバブエ入国のビザを取得、 入国手続きで40分ほどかかる。  ここでトラブル発生。 ツアー客Yさんのスーツケースが出てこない。 添乗員さんとYさんは手続き。 添乗員さんはヨハネスブルグで皆の荷物を確認しているので、飛行機に乗せ忘れではないかとの事。
 出迎えのマイクロバスに乗り空港を出発。 およそ一時間でジンバブエを出国し、ボツワナへ入国。 入国の時全員靴の下を消毒させられる。 何の意味があるのか不明。 ここから20分ほどでチョベ国立公園内のホテル チョベ・マリーナ・ロッジに到着。 14時過ぎの遅い昼食。 ビュッフェ方式だが料理の種類が少ない。 ビールを頼んだら缶ビールが出てきてUS$3だそうだ。 高い。

ボツワナ チョベ国立公園リヴァークルーズ

 15時~18時までチョベ川のリヴァークルーズ・サファリーへ。 およそ30人を乗せた川舟がここのホテルの前の船着場から上流に向って静かに進む。 カバが目と鼻をだして水の中に群れを成している。 めったに口をあけない。 象は大きな中州(島のようなもの)の中で家族で群れを作ってしきりに草を食べている。 1頭だけの孤独な象に出遭った。 鼻のところが切れており、喧嘩に負けた象らしい。
 ワニは水辺の所に居るが、まったく動かない。 「置物ではないの」という厳しい言葉まで飛びだす。 よーく見ていると手足をたまに動かしている。 バッファローやインパラも中州の遠くのほうで群れを成している。 岸辺のそばには土の中に巣を作った鳥のアパートがあったり、 大きな樹に猿がむらがっていたり、 自然保護区なので動物たちものんびりしている。 夕方になると象が家族で中州から対岸に川を渡ってくる。 ねぐらに帰るのであろうか。 真っ赤な夕日が地平線に沈むころホテルに戻る。

 夕食は19:15からホテルのレストラン。 皿は暖かいが、中身のさめたポタージュのスープ以外はビュッフェ方式だそうだ。 料理は昼食の半分くらいしか種類がなく、あまりおいしくない。 ビールはUS$3。 少し空腹なので食事を流し込むためにビールを追加。  明日は6時からドライブ・サファリ、朝食に移動と込み合ったスケジュールなので早めに寝る。 部屋はロッジの2階で2間続き。 日中の熱気がこもっていてエアコンなしでは眠れない。  虫除けのためかベッドの上からすっぽりと覆う蚊帳がつってある。

ボツワナ チョベ国立公園 インパラ

 10月06日 (水) 6時集合。すぐにサファリーカー2台に分乗してチョベ国立公園内に入る。 「朝は寒い、ほこりがひどい」と添乗員さんに脅かされ、たくさん着込み、マスクをし、頭にほこり除けのフードを付け、まるでイラクの武装勢力のような格好をしていたのは我々だけ。
 この公園内にはいろいろな動物がおり、朝の食事のために動き出す。  象、バッファロー、遠くの水辺にはカバが陸に上がっいる。 この他ほろほろ鳥、インパラ、イボイノシシなど。 運転手兼ガイドさんは盛んに無線で他のサファリーカーと連絡を取って、動物の状況の情報を交換している。 まさに沖釣りの船の情報交換にそっくり。
 やおら前に走っている車を迂回して追い越したかと思ったら、猛スピードで砂埃をあげて目的地に向いだした。 盛んに「ゼブラ、ゼブラ」と叫んでいる。 シマウマの一群がはるかかなたのブッシュの先に見え隠れする。 これを先回りして車の前を横切るところを捉えたいらしい。 皆ひっしに座席前のバーに掴って数分間耐える。 その場所に着いたときにはわずかに間に合わずゼブラ数十頭のお尻だけは見ることができた。(拍手、拍手)
 このガイドさんはほとんどを英語で説明するが、説明の中に「カバ」「ゾウ」などの日本語がまざる。 最近来た日本人観光客に「ぞうさん」の歌を英語(ローマ字のことらしい)で書いてもらって今歌を練習しているとのこと。


ジンバブエ ヴィクトリアの滝

 [世界三大瀑布/ジンバブエ・ヴィクトリアの滝]
 8:40にホテルに戻り、スーツケースを出してから朝食。 同じビュッフェスタイルの朝食だが、昨夜の夕食よりも種類、質、量ともに多い。 昨夜はあまり食べるものがなかったのと、朝からのサファリで空腹になっていたので結構いただく。

 10時にホテルを出て、まもなく出入国手続き。 ボツワナを出てジンバブエに再入国。 昨日通り過ぎたヴィクトリア・フォールズの町にもどり、 そのままヴィクトリアの滝(世界遺産)へ向う。 この時期は乾季だそうで、昨日同様快晴。 気温も30℃を超えている。
 滝の観光はザンビア川の対岸から。 滝の幅は1.7Km、 最大落差は108mもある。 滝に向って左側から観光を始める。 まずは発見者リビングストンの銅像のそばから滝を見て、遊歩道をザンビア方面へ向かいながら、ビューポイントごとに滝を見る。 滝を見るポイントは全部で14箇所。 それぞれに「Devils Cataract Falls」「Main Falls」「Horseshoe Falls」「Rainbow Falls」など名前がついている。 この時期は水量が少ないそうだが、それでもどこからこんなに水が出てくるのかと思われるほど、大きな音をたてて滝つぼに落ち込んでゆく。 雨季の時は滝全体が見えなくなってしまうのではないだろうか。 比較的平らな遊歩道に沿っての観光だが、歩いているうちに汗が噴出す。 時折風向きによって、滝のしぶきが振りかかり、心地よいのだが濡れるカメラを気遣う。 
 最後にザンビア側の展望台とヴィクトリア大橋の見えるところまで来て観光は終了。 滝から少し離れた遊歩道を入り口まで戻って、バスで今日の宿のヴィクトリアフォールズ・サファリロッジ(ホテル)へ。 今日も少し遅い昼食。

 16時半からザンベジ川(昨日のチョベ川の下流)のサンセットリヴァークルーズへ。 ホテルのすぐそばの船着場までバスで移動。 昨日より少し小型の船でヴィクトリアの滝のわずか上流をクルーズ。 平らなデッキでいすに座って、飲みもの、オードブルなどのサービスを受け、のんびり夕日を迎えるまで川風を楽しむ。 昨日と同じ川なのに、途中象の姿を見かけたくらいで、他の動物はほとんどいない。 
 18時過ぎに夕日も沈み、ホテルへ戻る。 部屋はロッジの2階、ベランダから荒野と人工的に作られた動物の水飲み場が見える。 ここもベッドの上から蚊帳をつってある。 ベランダにカナヘビの訪問を受ける。 19:30ホテルのレストランで夕食。 ここもビールは一杯US$3。

 10月07日 (木)  6:30 ホテルの食堂の下のベランダから、水のみ場に来ている動物たちを写真に収める。 始めはイボイノシシ、ほろほろ鳥、さらにインパラの群れが来て水を飲み、最後に水牛が来て水浴びをしていった。 
 9:30にバスでホテルを出て、ザンビアの国境に向かう。 最近ザンビアの情勢が安定してきて、外務省の危険ランクも一段下がり、 旅行社が当初の予定になかったザンビア側からのヴィクトリアの滝の観光を入れてくれた。 しかもジンバブエの追加査証代金US$10は旅行社が負担。 さすがユーラシア旅行社。  ジンバブエの出国、ザンビアの入国。 管理事務所は小さくて貧相だが、きちんと手続きだけはやっている。

ザンビア-ジンバブエ国境 バンジージャンプ

 入国事務所とほぼ同じところでバスを降りて、ジンバブエに戻る感じで滝の方へ。 ザンビア側からのビューポイントはたくさんないが、まとまった感じ。 昨日反対側から見た展望台まで進んでからもどり、左に曲がって滝に落ちる前の川のあたりを散策。
 ここで観光を終了し、滝の入り口付近で自由時間。 ジンバブエ側にはなかったお土産屋さんが軒を連ねている。 商品はすべて値段がついておらず、添乗員さんは最初の言い値の半分くらいが相場とのこと。 女性陣はいろいろ交渉をして負けさせたことに満足している人もいたが、  興味なし。

 ザンビア滞在1時間40分で出国。 この後、ヴィクトリア大橋のたもとでバスを降り、徒歩で橋を渡る。 折りしも、この橋の真ん中でバンジージャンプに挑戦する人(アメリカ人らしき女性 エンゲージリングを付けているから既婚)がいて、しばらく飛ぶまで待つ。 ご主人のビデオ撮影の準備ができたようで、彼女はこちらを向いてにこっと笑った後、 飛んだ。 カメラの連写が間に合わない。 でも何とか写せた。 みんな拍手。 でも彼女には聞こえていない  と思う。  料金はUS$95だそうだが、95$貰っても遠慮したい。

 ジンバブエに再々入国し、 ザンベジ川のそばに立つビッグツリーと呼ばれているバオバブの大きな木を見に行く。 途中猿の群れがバスの前を横切り、しばしバスストップ。 バオバブは樹齢1000年以上だそうで、高さ33m、周囲22mととても大きなもの。

ジンバブエ、ザンビア ヴィクトリアの滝  左側がジンバブエ ヴィクトリア大橋を渡り右側はザンビア

 ホテルに帰り昼食。 今日の午後は自由時間。 15時からオプションのヘリコプター遊覧飛行(料金US$85)。 希望者9名がバスでホテルのそばのヘリポートへ。 あまり待たずに搭乗できる。 定員は前部の副操縦士席1、後部座席3の合計4名。 添乗員さんが女性4名2組と私1人に分け、「私のみ他の客(外人さん)と同乗してもらってもよいか」たずねられたので了解した。 外人さんは1カップル。 結局3名で先に搭乗することになった。 カップルが前席と後席に分かれて載ってもらうのも気の毒なので、私が見晴らしの良い副操縦士席に座ることになった。 ラッキー。
 飛行時間は15分間。 飛び立つとまっすぐヴィクトリアの滝に向かい、上空を反時計回りに2回、時計回りに2回旋回し、滝の上流に少しのぼり、泊まっているホテルの方面に出て、ヘリポートへ。
 滝、ヴィクトリア大橋、渓谷、ザンベジ川を上空から見るのは、地上から見るのとまた違った景色で、とてもよかった。 さらに泊まっているホテル方面に向ったとき、パイロットが指を指しながら「エレファント」と言うので、そちらを見ると象の群れがホテルのそばの水のみ場に向かっており、水飲み場にも象の群れが来ていた。
 ヘリコプターを降りると、待っていたように「ビデオ」の上映をしてくれる。 私たちが搭乗した場面と、降りる場面をビデオに撮り、中にヴィクトリアフォールズの上空からの映像をはさんだもので$35。 記念に買ってしまった。(ビデオをJapanese Formatに変換してもらってから)

 19:15から同じホテルの経営のレストラン(野外で屋根つき)で夕食と民族ダンスショー。 食事は勝手にビュッフェ方式。 イボイノシシのグリルとか、クドゥーの肉のステーキとかいろいろあり、ソース、野菜など種類、量もたくさんだが、味がわからず。 わずかづつ持ってきて食べてみたが、肉は硬く結局口に合うのはわずか。 アフリカの太鼓のビートをきかせた歌と踊りがあった後、客一人一人に太鼓を配り一緒に演奏させるなどなかなか凝った演出。 21:30ホテルにもどる。


南アフリカ プレトリア ジャカランダ

 [ジャカランダ(Jacaranda)シティ/プレトリア]
 10月08日 (金)  8:30ホテルを出て、ヴィクトリア・フォールズの中心街のクラフトマーケット(お土産露店)へ。 添乗員さんによれば素朴な民芸品は今後はなかなか手に入らないとの事。 ツアー仲間は「三分の一までまけさせた」など値切りを楽しんでいる。 見ていてつまらなくなり、写真を数枚よいものが撮れないか対象を探すが、あまり良いものがない。

 ヴィクトリアフォールズの空港で、出国手続きをして、簡単な機内食で昼食を済ませ、ヨハネスブルグ空港で南アフリカに入国。
 ヨハネスブルグの空港内で両替。 両替所は沢山あり、それぞれレート、手数料が違うようだ。 ちなみに円からランドへの両替はレートが1ランド=¥17.24で、手数料(Commission)=40ランドを引かれ、¥5000で244.45ランド。 1ランド=¥20.5くらい。
 今まではマイクロバスばかりで窮屈な状態であったが、ここからは大型バスで。 ヨハネスブルグから高速道路を使って、南アフリカの首都プレトリアに向かう。 南アフリカもジンバブエと同じに車は左側通行である。 イギリスの影響か。
   現地ガイドは田部井さん。 10年余りもこちらに住んでいて、奥さんも現地の人だそうだ。 本日は予定を変更して市内観光を取りやめ、ジャカランダを見てから、ホテルに直行の予定。

南アフリカ プレトリア 行政庁ユニオン・ビル

 プレトリアの市内には駅の辺りから入り、ポール・クルーガー通りを北に進み、トランスバール博物館あたりで下車。 まだ季節的に早いのか、ジャカランダの花がきれいに咲いている樹とほとんど咲いていない樹が混在している。 パンフレットの写真のように街全体がジャカランダの花の紫色に染まっている状態ではない。 5日後にまたプレトリアに来るので、そのときに期待しよう。

 ホテルは行政庁ユニオン・ビルの南側にあるプレトリア一豪華なホテル・シェラトン。 
 チェックイン後、部屋を開けてびっくり。 中で太った女性が机に向かって何かしている。 女性もびっくりし何か言っている。 フロントに行き、「My Room,Someone In」と言ったら待たされて、 先ほどの女性も来て何やら交渉をしている。 チェックアウトの時間を過ぎているのにこの女性はまだ居たらしい。 フロントからはすぐにチェックアウトさせるから「No Problem」との回答。 世界のシェラントンだぞ---。 部屋の前まで戻ったら、先ほどの女性が部屋に入れず待っている。 すでに彼女のカードキーが合わなくて部屋に入れないらしい。 こちらが開けてやって、廊下でしばらく待たされて、やっと入れる。 およそ30分間のトラブル。  この女性からも、またホテルからも「すみません」の一言を聞けなかった。
 部屋は北側なので窓から正面にユニオン・ビルが見える。 このユニオン・ビルは夜中じゅうライトアップされており、美しい建物の姿を部屋から見ることができた。
 夕食はホテル1階のレストランでビュッフェ方式。 内容も量もさすがにシェラトン。 ビールは一杯15ランド(¥300)。 


南アフリカ ヨハネスブルグ郊外 円形の畑

 [南アフリカ発祥の地/ケープタウンへ]
 10月09日 (土)    朝早くホテルの周りを散歩をしようと出かけてみたが、交差点あたりに黒人が2、3人何もしないでたむろしていて気味が悪い。 そこを避けながらこのあたりを散歩をするのは無理と思い、あきらめてホテルに戻る。
 9:15にホテルを出発。 これからケープタウンに向かう。 ヨハネスブルグ11時発の飛行機でケープタウンへ。 ヨハネスブルグの空港を離陸するとまもなく円形の畑をいくつも見ることができる。 このあたりは降水量が少なく、機械を使って畑に水をやっているのでこのような円形の畑ができたそうだ。 よく見ると円形の中は一色であったり、円グラフのように色が分かれていたりととてもカラフルである。 また快晴の地域が続く限り、南アフリカの大地は赤い土地で平らに見える。
 ケープタウンに近づいたころ、上空に前線がかかっているように横一線となった雲があり、そこから先に進むと通常の曇りも世界となった。 ここが快晴と普通の天気の境目のようで、この先の大地は緑が豊かになり、土地も起伏が見え出した。 上空から見ていると空も土地も不思議な分かれ目のようであった。

 ケープタウンには定刻より少し遅れて13:20に到着。 現地ガイドは安部さん。 バスで空港から東の方のステレンボッシュに向かう。 空港を出て高速道路に出ると、道路に沿って黒人のスラム街「タウンシップ」が延々と10Kmほど続く。 全てバラックで作られた住居で、昔アパルトヘイトの時に黒人はケープタウンの街中に住むことを許されず、このように郊外に追いやられた名残だそうだ。 南アフリカの失業率は35%だそうで、黒人だけで見ると50%を超えているとのこと。 繁栄と貧困が同居する国である。 2010年に開かれるサッカーワールドカップまでにこの「タウンシップ」は撤去され、政府が作った4mX4m(フォーバイフォー)の住宅に移されるとのこと。

 40分ほど走り、ステレンボッシュのワイナリー「Neethlingshof」で昼食、もちろんワイン付き。 この後ワイナリーで赤ワイン、白ワインの作り方の説明を受ける。 赤ワインはぶどうの皮を一緒に絞って、発酵させ、ワイン樽におよそ18ヶ月寝かせてからビン詰めにするそうだ。 白ワインはぶどうの皮を分離したぶどう液を発酵させ、そのままビン詰めをするとのこと。 製造方法の説明を受け、ワイン工場、ワインセラーを見学した後、白ワインを2種類、赤ワインを3種類試飲した。
 ワインの確かめ方:(1)ワイングラスは下の棒または台座を持つこと。 (2)軽くワイングラスを回し、ワインの香りを楽しむこと。 (3)ワイングラスを傾け、ワインの色を見ること。 (4)グラスを元に戻し、ガラスの淵を流れ落ちるワインの速さでアルコール度を推定すること。アルコール度が高いと早く流れ落ちるそうだ。 (5)最後に口に含みワインを舌の上で転がし、その味を確かめること。
 白ワインは森の樹の香り、バラの香りなど、味もさわやかさがあり好感が持てたが、赤ワインはワイン独特の古臭い匂いと渋い味があり、好きになれない。 試飲の時いらないものはそばの坪に捨てるように言われており、赤ワインはほとんどひとくち口に含んだだけで捨ててしまった。 ワインの好きな人にはたまらないのかもしれない。 人それぞれに好き好き。

南アフリカ ケープタウン テーブルマウンテンより

 ここからケープタウンの町にバスで戻る。 ケープタウンの町に入るあたりに、1967年12月3日クリス・バーナード博士が世界で初めて心臓移植をした大きな病院がある。 このすぐ後の1968年8月8日に札幌医大の和田寿朗教授が日本で初めて心臓移植をして話題になった。 この頃まだ大学院生で札幌に居たのではっきり記憶に残っている。
 バスはテーブルマウンテンのケーブル駅の駐車場へ。 大きなスイス製のゴンドラで山頂へ。 このゴンドラは円形で、登り、降りの間に中の床がおよそ一回転して、乗客がゴンドラの中からパノラマを楽しめるようになっている。 およそ5分で山頂駅に到着。
 山頂は岩がごつごつしていて、名前の通り山頂はほとんど平。 高山植物が咲いており、風が冷たい。 南はるかに喜望峰、北にケープタウンの町が見渡せる。 ケープタウンの町は、左の尖がった山がライオンズ・ヘッド。その先の右側のなだらかな丘がシグナルヒル。 シグナルヒルの海側がシー・ポイントで、さらに海にはマンデラ氏の投獄されていたロベン島が見える。 中央がケープタウンの街並みと港。 
 ホテルはケープタウンの中心地に対してシグナルヒルの反対側のシー・ポイントにある高級ホテル ル・ヴァンドーム。 夕食はホテルのレストランでフランス料理のフルコース。 おいしい白ワイン(15ランド)を2杯も一緒にいただく。

 [ケープ半島周遊/ドイカー島、ボルダーズ・ビーチ、喜望峰]
 10月10日 (日) 昨夜部屋に入って気が付いた。 部屋の窓は東向き。 南向きの部屋なら南十字星が見えるのに。
   朝4時半。 廊下の突き当たりの窓が南向き。 ここからシグナルヒルの上に南十字星が見える。 廊下の窓は開かない。 ガラス越しでは中の光が反射して南十字星の写真を撮れない。 夜明け前なのにフロントへ行き、 「Southern Cross」の写真を撮りたいので、良い場所はないか尋ねてみる。 2階東側のベランダに連れて行かれたが、他の建物が邪魔で見えない。 この建物には屋上はないと言う。 あきらめて部屋に帰る。 部屋の窓から星空を見ると、東の空にオリオンが架かっている。 いつも見ているオリオンではない。 さかさまのオリオンで、シリウスはオリオンの右にある。 ここは南半球なのだ。

南アフリカ ケープ半島 ドイカー島

 添乗員さんのモーニング・コールの時、今夜の部屋を南側に変えてもらえないか交渉する。 添乗員さんから「何とかしましょう。 私の部屋も南向きですし。」との回答。 わがまま言ってすみません。

 8:30南アフリカオットセイの島、ドイカー島のあるハウト湾に向けて出発。 ここの港から乗り合いの観光船に乗り、およそ10分でドイカー島に着き、島のそばで停船。 上陸できるような島ではない。 島と言うより岩場といった感じ。 南アフリカオットセイの大群に占領されている。 ここはプランクトンが多く、小魚が沢山いるのと、保護されているので南アフリカオットセイにとっては天国なのだそうだ。船はあまり揺れずもとの港に帰ってきた。
 この海は大西洋。 ここからケープ半島の反対側のフォルス湾(False Bay)にあるボルダーズ・ビーチに向かう。 フォルス湾とは、昔インド洋を航海して来てケープタウンに向うのに、ハングクリップ岬を喜望峰と間違えてこの湾に迷い込んだ船が多かったことから、付いた名前だそうだ。
   ボルダーズ・ビーチではアフリカ・ペンギンが保護されていて、観光はビーチに作られた観光用の木の通路に沿って進み、すぐそばに居るペンギンを見ることができる。 アフリカ・ペンギンは体長およそ70Cm くらいで、目のまわりが黄色くなっているのが大人のペンギンだそうだ。 歩く姿、波を待って海の入る姿はとてもかわいらしい。

 ペンギンを見た後で、海のそばのレストランで昼食。 メインディッシュはロブスター。 ・・・・・ 以前、アテネの港のレストランでのロブスター、ロンドンでは中華のエビチリ、バルセロナではえびのパエリアでそれぞれお腹をこわして、ひどい目にあっているのでロブスターは遠慮する。 日本では何でもないのに。

南アフリカ ケープ半島 ケープポイント

 昼食後ケープ半島の南端、喜望峰とケープポイントに向かう。 喜望峰は「Cape of Good Hope」と言う看板と駐車場があるだけで後は何もない。 この場所で記念の集合写真を撮り、ケープポイントに向かう。 ケープポイントには昔使われていた灯台があり、ここから360度周りを見渡せる。 この場所は霧が発生しやすく、高い場所の灯台では光が届かず、遭難が相次いだため、灯台を新たに低い場所に作ったため現在この灯台は使われていないそうだ。 灯台までは登山電車で登る。 先ほど行った喜望峰も上からよく見える。 海には鯨が数頭泳いでいるのが見えた。

 この後1時間15分でケープタウンのウォータフロントへ戻り、ここで1時間40分の自由時間。 この場所にはさまざまな店、スーパーなどが一箇所に集まっているが、買い物をするつもりのない者にとっては、はなはだ迷惑な自由時間である。 東欧・クラコフでもこのような自由時間があったが、ユーラシアの企画としては理解できないスケジュールだと思う。
 苦痛で無駄な時間をすごした後、ケープタウンのシーポイントのレストラン「フジヤマ」で夕食。 刺身(かつお、まぐろ)、てんぷら、寿司など。 これもスケジュールに入っているが、ユーラシアを利用する客は海外旅行に慣れた人ばかりで日本食がなかった困る客などいない。 むしろまがい物のような日本食にがっかりさせられることが多いのでやめたほうがよいと思う。 ここは南マグロの基地だから、マグロの食べ放題などの企画なら面白いのに。
 夕食後、バスでシグナルヒルに上がり、ケープタウンの夜景をみる。 バスから出ただけで吹き飛ばされそうな風。 少し寒さに震えながら、また風にゆれながら夜景の写真を撮る。 風にゆれて2枚しか良い写真にならなかった。

 ホテルの部屋の件は、南側に窓のある部屋にいた同じツアーのSさんが部屋を替わってくれるということで、感謝しつつ部屋を取り替えてもらった。 これで明日の朝晴れていたら南十字星を見て、写真に撮る事が出来る。  南十字星、部屋交換の話をしていたら、明朝未明一緒に南十字星を観たいと言うひと3人が居て、「4時半に起きられたら電話をしてもらい、観望出来るかどうか私が判断し、可能なら部屋に来てもらう」ということにした。

 [未明の観望/南十字星]
 10月11日 (月) 4時前に起きて、窓を開けて天気を確かめる。 風が少し強く吹いているが、快晴。 すでに南十字星がシグナルヒルの上に出ている。 部屋の暖房を入れ、熱いシャワーを浴びて、いつもより2枚ほど多く服を重ね着する。 南側の窓を開け、椅子を持って行き、その上に枕を置いて、カメラを枕の上にセットし、部屋の明かりを暗くして準備完了。

南アフリカ ケープタウン 南十字星(左上)

 写真は道具(カメラ、周辺の機材)と腕で決まると言うが、星座の写真は腕だけではどうにもならない。 普通のコンパクト・デジタルカメラでは星座を写すことは困難。 星座を写すには最低カメラに二つの機能がないと写らない。 1)星座は暗いので、露出時間を長く設定できること。 30秒くらいまで露出できることが望ましい。 2)マニュアルで焦点を決められること。 AF(オートフォーカス)だけのカメラでは星が暗いので焦点を決められない。
 デジカメで二台目として使っていたカシオのQV-3000EXは焦点を無限大(∞)、露出時間は最高2秒(説明書)となっていたが、裏技で露出時間を30秒まで、さらにバルブも設定出来る機能があったので、星座写真の撮影に使っていたが、一般のデジカメではほとんど星座写真はあきらめたほうが良い。
 さらに、撮像素子にも良し悪しがある。 普通デジカメではCCD(チャージ・カップルド・デバイス)という素子を使っている。 このほかにCMOS(コンプリメンタリ・メタル・オキサイド・セミコンダクタ)素子のものがある。 CCDは作りやすく、製造の歩留まりが良い点安価であるが、熱に弱く、長時間使うとノイズが出てくる。 星座を写す時は、長時間露光を繰り返すので、次第にノイズが増えてきて、写した写真はノイズだか星だか判らなくなってしまうことがある。 カシオのQV-3000EXはこのCCD素子であった。
 一方CMOS素子は製造工程が複雑で高価だが、消費電力が少ない分だけ熱の発生は少なく、ノイズの発生も少ない。
 結論として、星座写真を写すには、CMOS素子を撮像素子にしていて、マニュアルで焦点を合わせられて、露出時間を長くとれるカメラ(一般には一眼レフカメラ)と言うことになる。 今回旅行に持ってきたのは、南十字星のこともあり、諸条件にぴったりあったキャノンのEOS Kiss Digitalである。 内心このカメラで失敗したらと不安はあったが。

 4時半、電話のベルがなる。 「南十字星はどう?」「条件は最高。すぐ来てください。」 2人来室。 「Sさんはまだ?」  Sさんを電話で呼び出している。 未明に暗い部屋で4人が・・・・・・ 観望でなければ異常。
 まず、暗さに目を慣れさせて、シグナルヒルの上に架かっている南十字星を教える。 十字星だが、明るい星はもうひとつ。 全部で5つの星がはっきりと見える。 「これが南十字星なんだー。 早起きしてよかった。」「『ケープタウンで南十字星を見た』と言えるね。」などさまざまな感想が。 「あとで写真をちょうだい」 この間およそ20分。 やっと一人になってから写真を撮る。 数枚撮ってはノート・パソコンに転送し、露出時間、構図を確かめ、さらに撮影を繰り返す。 5時半になったら明るくなり、星の替わりにシグナルヒル、テーブルマウンテン、ライオンズヘッドがくっきりと見え出した。


 [停まるホテル/ロヴォス・レール]

南アフリカ ロヴォス・レール 挨拶をするRohan社長とスタッフ

 9時半にホテルを出て、ケープタウン中央駅へ。 この旅行のハイライトの一つ、世界で最も豪華な列車(The Most Luxurious Train in the World) ロヴォス・レールでプレトリアまで2泊3日の旅が始まる。 ケープタウンからプレトリアまで同じ路線を走っている豪華列車「ブルー・トレイン」が1泊2日なのに、この列車は1日余計に時間をかけて走る。
 23番線のロヴォスの専用ホームで歓迎の飲み物をもらい、軽音楽の生演奏を聴きながら列車の入線を待つ。 最後尾の展望車から入線。 Rohan Vos社長が乗客各人に歓迎の握手をして回り、歓迎の挨拶のセレモニーの後、乗客が一人ずつ呼ばれ、客室に案内される。
 部屋に入ると、担当のホステスさんが窓の開け方、電話、トイレ、シャワー、ミニバーさらにロッカーまで使い方を説明してくれる。 ロッカーの中にはバスローブの他にゴーグルも備えてある。 「窓から顔を出して外の景色を見るためか」と聞いたら、機関車が蒸気機関車に変るのでその後に使ったらよいとのこと。 子供の頃を思い出させてくれた。

 部屋にはプレトリアまでのスケジュール、食事のメニュー、乗客のリスト、スタッフのリストなどが備えてある。 ちなみに今回ご一緒する乗客はユーラシアのツアー15名を含めて合計で39名。 列車のマネジャーとホステス、スタッフが18名(名簿上)。 客室の世話をしてくれるホステスは8人も配置されている。 列車は前からVan(水、給湯などの車両)、スタッフカー、キッチンカー、ダイニングカー、客車3両、ラウンジカー、客車6両、展望車の合わせて15両編成。

南アフリカ ロヴォス・レール

 客車には1車両に2部屋のロイヤル・スイートと1車両に3部屋のデラックス・スイートがあり、全て2人部屋。 小生の部屋はツイン・デラックス・スイートの部屋。 客室には鍵がない。 全て信用ということらしい。 ケープタウンのこのホームから到着するプレトリアのホームまでの食事、飲み物、観光など全てがサービスに含まれているそうだ。 パンフレットによると、ケープタウン~プレトリア間1600Kmの料金はデラックス・スイート1人で10,980ランド(約22万円)だそうだ。 列車もサービスも料金も豪華。

 列車は11時にケープタウンの駅を静かに離れ、一路プレトリアへ。 と言ってもそんなにスピードを出している様子もない。 しばらく最後尾の展望車で甘いリカー「氷を入れたアマルーラ」を飲みながら、ケープタウンの街とテーブルマウンテンに別れを告げる。

南アフリカ マジスフォンテーン

 昼食は13時からダイニングカーで。 おいしい白ワインをいただきながらロヴォスの列車のことで話が盛り上がる。 料理は干し肉のテリーヌ、南アフリカ・ボボティ(ミートローフ)、シナモン・ミルク・タルトなどフランス料理のフルコースをいただく。 列車の適度なゆれとワインのおかげで部屋で横になっていたら昼寝をしてしまった。

 17:40 担当のホステスさんに起されてマジスフォンテインで観光下車。 ここは昔ケープ・ガバメント鉄道(CGR)の客のためにホテルがあった所で、現在19世紀の古い町並みを再現した観光地。 ホテル、郵便局、バー、ガソリンスタンド、小さな博物館などが沢山ある。 今はめったに列車が停まらないのに綺麗に整備されている。 日暮れの一時間ほど散策した後列車に戻る。 運動不足解消のためには良い観光地。

 夕食は20時から。 赤めのネクタイにジャケットで出かける。 この列車には我々ツアー客以外にもう一人日本の若いご婦人が乗っており、白のイブニングドレスでダイニングカーに来ていた。 夕食はかきのグラタン、マンゴのスープ、マッシュルームの盛り合わせ、甘いカプチーノ・クリーム、コーヒー。 飲み物は白ワイン。 1時間あまりをかけての夕食。

 食後ツアー仲間3人(今朝未明小生の部屋で観望した3人)が小生の客室に来る。 ノート・パソコンに入っている今回の旅行の写真でほしい写真を分類。 これを後でCDに焼いて送る約束。 かなりがんばったがヴィクトリアの滝のヘリコプターあたりまでしか進まず。 後は明日にすることにして、23時過ぎに終わらせ就寝。

 夜中に目覚めて、気が付くと列車は停車したままである。 乗客が熟睡できるように停車しているのか。 走るホテルは当たり前だが、停まるホテルとは恐れ入る。 時間までも豪華に使う。 ブルートレインより1日多く時間がかかるはずである。

 10月12日 (火) 6時に起きてシャワーを浴びる。 夜にかなり冷えたらしく、ホステスさんが用意してくれた電気毛布が役に立った。

 8時から朝食。 ダイニングカーでビュッフェ方式。 昨夜からあまり食欲がなく、わずかハムとメロン、ヨーグルトを取り、卵料理はオムレツを頼む。 このオムレツがしっかりできていて2人前くらいの大きさ。
 10時過ぎから昨日の3人が部屋にやってきて、写真の分類を再開。 南十字星あたりまで進んだところで終了。 「後はまかせる」とのこと。

南アフリカ キンバリー ビッグホール

 12:30にモッダリバー駅でロヴォスを下車して、マイクロバス二台に分乗して、38Km先のキンバリーに向かう。 ロヴォスの乗客全員でキンバリークラブで昼食。 ここは昔は女性を入れない由緒あるクラブハウスだったそうだ。 食事はバイキング方式。 ローストビーフ、サラダ、チーズ、ワインがとてもおいしい。

 このあとバスで観光に向かう。 1866年このそばのオレンジ川で少年が「輝く小石」を見つけ、これが21.25カラットのダイアモンドの原石だったそうだ。 その後、世界中から一獲千金をねらう人々が集まり、あたりかまわず掘り返し、ダイヤモンド・ラッシュが始まったそうだ。 セシル・ローズはここで「デ・ビアス(De Beers)」社を起こし、採掘会社の統合を図った。 De Beers社は現在も世界のダイアモンド市場を支配している。
 観光はキンバリー鉱山博物館。 この敷地内には大きな穴の開いたビッグホールがある。 この穴は人間が人手で開けた世界最大の穴だそうで、深さ400m、周囲1600mあるそうだ。 閉山までに2250万トンの土が掘り出され、2,722Kgのダイヤモンドが採掘されたと言う。 ダイアモンド1ct(カラット)が0.2gだから、えーと千三百六十一万カラット分のダイヤモンド、 計算してもあまり意味がないか。  博物館ではダイアモンドの体験選別を行ったが、まったく出てこなかった。 当たり前か。
 この博物館にはダイアモンド・ホール、教会、パブ、ダイアモンド買い取り所や当時の街並みなどが再現されている。

南アフリカ フラミンゴの群れ

 バスでロヴォスの待っているキンバリー駅に向かう。 到着と同時にプラット・ホームでウェルカムドリンクをもらい、のどを潤す。 ひょっとしたら乗客の数よりもスタッフの数のほうが多いのではないかと思われるほどのサービス。

 16:10 キンバリー駅を出てから10分ほど走ったら、 左手に大きな湖があり、ここにフラミンゴの大群がいた。 ロヴォスのガイドには約23,000羽のフラミンゴと紹介されており、 あまりの多さに遠目にはピンクの塊にしか見えない。 群れのはずれくらいになると、やっと足の長いフラミンゴだと識別できた。 列車は幾分速度を落として走ってくれているように思えた。 これもロヴォス・レールのサービスだろう。 フォト・ストップまではしてくれなかったが。
 この後しばらく最後尾の展望車でビールを飲み、オーストリアのご夫妻と旅行の話をして時間を過ごす。 このご夫妻はこの後ケニア、エチオピア、エジプトと回るらしく、帰国するのは二ヶ月後くらいだそうだ。 以前イギリスの人から「10日くらいの旅行はトリップ(Trip)と言い、トラベル(Travel)とは言わない」と言われたことを思い出した。 いつもショート・トリップばかりで、トラベルを出来ないで居る。

 夕食は20時から。 その前にシャワーをあびて、今日は青系のネクタイで正装をしてダイニングカーに出かける。 スタッフの方から胸にバラをつけてもらい、ロヴォス最後の晩餐。 今夜のメニューは鱒の燻製とマスカルポーネ、マッシュルーム・スープ、仔羊のロースト、ブランデー・プリン。 他にチーズの盛り合わせに白ワインをリクエスト。

南アフリカ ロヴォス・レール 機関車交換

 10月13日 (水) 昨夜も真夜中から起きる5時過ぎまで列車は停車したまま。 まさに停車しているホテル。 目覚めてからしばらくは曇り空の中を走っていたが、8時にダイニングカーで朝食をとる頃になると土砂降りの雨。 今日のプレトリアの天候が心配。

   10時頃にヨハネスグルグを通過。 ビルの上の階あたりは霧でかすんでいるが、空は少し明るくなって雨も小降りになってきた。 天気の回復が期待できそう。
 11:15センチュリアン駅に停車。 ここで今まで連結していた電気機関車を蒸気機関車に交換。 列車沿線の石炭、水の供給事情、蒸気機関車の手配などが次第に困難になっているらしく、ロヴォス・レールの本拠地プレトリアのキャピタル・パーク駅に入る寸前に本来の蒸気機関車に取り替えるらしい。 乗客はホームから外に出て、さらに線路伝いを前方へ。 今までの電気機関車が離されて、ロヴォス専用の蒸気機関車を連結。
 乗客わずか39名のための写真タイム。 さらに運転席に上がっての記念撮影。 ロヴォスのサービスが感じられる。


 [再びジャカランダ・シティ/プレトリア]
 12:50 予定よりかなり遅れてロヴォス・レール専用のプレトリア・キャピタル・パーク駅に到着。 ホームに降り立つと、ケープタウンで見送りに来ていたRohan Vos社長さんが出迎えてくれた。 駅舎内ではウェルカム・ドリンクのサービス。 我々の荷物がバスに積み込まれるまでゆっくりくつろぐ。 優雅で、のんびりした二泊三日の列車の旅はここで終了。

 バスでプレトリア郊外のレストランへ。 ここは農場を改装したレストランだそうで、庭にジャカランダの樹が一本だけあった。 確かにジャカ・ランチになっている。 看板ネコらしき黒猫数匹に歓迎されての昼食。

南アフリカ プレトリア プレトリア美術館

 この後プレトリア市内観光へ。 プレトリア市内に入った頃から雨が降り出し、先日のジャカランダを見た場所では下車できず。 ガイドの田部井さんの説明では「昨日の3時から雨季に入りました。今まで乾燥していましたが、これから花も樹もいっそう美しい季節になります。」とのこと。 確かに先日来た時は快晴で、乾燥していた。 今日はしっとりして、小雨にぬれたジャカランダの花が生き生きしているように感じる。 雨さえあがってくれれば・・・・。
 バスはホテル近くの小高い丘、ユニオン・ビルの前へ。 ここで下車。 遠くにビルディングが林立しているが、街中がけぶっている。 さらに少し進んでジャカランダの並木となっている坂道(ユーラシア旅行社のパンフレットに載っていた場所)でも下車。 ここは駐停車禁止の標識が立っていたが、無理をしてバスとめてもらったそうだ。 あいにくの雨でジャカランダの鑑賞は再度明日の朝にということで、ホテルへチェックイン。
 ホテルは前回と同じシェラトン。 部屋のドアを開ける前に、また誰か部屋の中になど考えがよぎったが、誰も居なかった。

 ガイドブックの情報では、このホテルの2ブロック南あたりに、プレトリア美術館があり、 今日は水曜日なので、閉館時間はいつもより遅く20:00となっているはず。 夕食までにまだ2時間ほどあるので、プレトリア美術館へ出かける。 雨はあがっていて、人通りもあり、散歩にもちょうど良い。 美術館はホテルから歩いて5分ほど。 入館料5ランド(¥100、安い)だそうで、展示されている作品はフランドル絵画(油絵)30点ほどと彫刻、前衛絵画など。 写真を撮っても良いかと聞いたら、「フラッシュ無しで3枚だけならOK」と言う。 なぜ3枚までかと色々聞いたが、良くわからない。 結局好きなフランドル絵画(Steen、De Vos、W.Velde、Goyen, Ostade, Lelyなど)はすべて写真に収めた。 管理の人は見ていたが何も言わない。

 最後の夕食はホテルのレストランで。 インド系のカレー、スパイスの効いた料理でバイキング。

 この後、新たに、ツアー仲間4名が写真の分別に来室され、22時過ぎに終了。 帰国後CDに入れて送ることにした。 日課となっているパソコンへの写真データ転送、写真ファイルのリネームおよび日記の記帳は翌朝にすることにして就寝。

南アフリカ プレトリア ジャカランダ並木

ジャカランダの花

 10月14日 (木) 雨は昨日の夕方からあがり、今朝は曇り。 最後のプレトリア、ヨハネスブルグ観光で雨の降らないことを祈る。
 8時半にホテルを出て、プレトリア市内のトランスバール博物館の前で下車。 この博物館および向い側に建つ市庁舎の南側の通りに見事なジャカランダの並木がある。 前回もこの場所はジャカランダを見に来た所。 六日間で見違えるように見事に花が咲いている。 ガイドの田部井さんが言っていたように、雨季になってからの方がジャカランダの花は綺麗になるのかもしれない。 花の咲いている期間は、桜の花(ソメイヨシノ)よりも長持ちするそうだ。 ジャカランダ鑑賞の狙い目は10月15日~30日、プレトリア滞在が一番良さそうである。

 青紫の花は四分咲きくらいであろうか、まだつぼみもたくさん付いている。 一部散った花が道路を紫色に染めている。 また種の入った茶色の硬い殻も樹についていて、青紫とのコントラストをつけている。 この間およそ20分、写真を数十枚撮り、十分に満足。

 この後ヨハネスブルグの町を通り過ぎて、最後の観光地ゴールド・リーフ・シティへ。 ここは昔金鉱であったところを観光地として遊園地を併設したところ。 金鉱の坑道の深さはおよそ3000mに達するそうだ。 観光用には220mまでエレベータで降りて、中の様子を見学できる。 全員ヘルメットをかぶり、カンテラ(重たい電池を肩から下げ、ライトを手に持って)の明かりで坑道を進む。 中ではトロッコがあり、 削岩機で掘っている実演もある。

南アフリカ ゴールド・リーフ・シティ マイン・ダンス

 普通金鉱は鉱石1トンから4グラム以上の金が採れないと採算がとれないと言われている。 この鉱山では1トンあたり8グラムくらいの金が採れていたそうで、閉鎖までに140万トンの金が採掘されたそうだ。

 地上では、金を溶かして、鋳型に鋳込む所を見学。 また、鋳込んだ金塊に実際に触らせてもらい、片手2本の指で持ち上げられたら持って帰っても良いそうだ。 重たくて、金塊に傾斜がありすべるので、誰も成功した人はいないそうだ。
 遊園地の乗り物は入場料金の中に入っているらしく、観覧車にはすぐに乗れたが、他は込んでいて乗る時間がなかった。 園内を散策していると、銀行と書かれた建物の中ではかっての大統領ポール・クルーガーの名を冠したクルーガーランド金貨が売られていた。

 広場ではマイン・ダンスを見学。 黒人労働者が休憩時間に踊っていたというもの。 苦しい重労働に耐えながら決してダンスを忘れない根っからの陽気さと魂のこもった踊り。 男性の踊りはブーツにヘルメット、飛び跳ねたり回転したりする。 女性はリズムに合わせて陽気に踊る。 動きが結構激しくて、胸の辺りのあまり見てはいけないものまで見せてくれる。(^_^;) 

 昼食をこの敷地内のレストランでとり、この後ヨハネスブルグの空港へ。 免税店で「アマルーラ」1リットル(85ランド)を買ってから南アフリカ航空SA286便に搭乗。 17:10ヨハネスブルグを後にして、香港まで12時間15分だそうだ。

 10月15日 (金) 11:55に香港着。 およそ3時間の待ち合わせ。 14:45日本航空732便で出発。 19:30成田着。

 13名のツアー仲間、いつもニコニコ、添乗員の福井さん(^o^)  「大変お世話になりました。」


 [エピローグ]
 ▼ツアーで黒一点はめったに出来ない経験。 食事の時にどこの席に座るか、自分の写真を誰に撮ってもらうかなど結構気を使い、緊張感のある旅であった。 ▼ボツワナ、ジンバブエ、ザンビアでは虫除けを顔や手足に塗り、蚊帳の中で睡眠。 すぐそばに野生動物が居る貴重な体験。 ▼南アフリカでは繁栄と貧困が同居しており、延々と続く「タウン・シップ」と2010年の「サッカーワールドカップ」を併せて考え、南アフリカの今後を気遣ってしまった。 ▼プレトリアでは乾季と雨季の両方を体験し、ジャカランダの美しい並木を目の当たりに鑑賞できた。 ▼ロヴォス・レールではRohan Vos社長にケープタウン駅での見送りとキャピタル・パーク駅での出迎えを受け、のんびり、優雅な2泊3日を過ごすことが出来た。 ▼ケープタウンでは快晴の夜明け前、シグナルヒルに掛かる南十字星を見ることができた。 ▼トルコ旅行の旅友Sさんから薦められた「ジャカランダの咲く南アフリカ旅行」を存分に楽しむことが出来た。 旅友に感謝!感謝!