五千年の時空を越えて

 2005年01月 エジプト大紀行 19日間

 エジプトといえばピラミッド。 紀元前2500年頃にすでにクフ王のピラミッドが造営されたと言う。 旅友からは「遺跡はとにかくすばらしい」「どうせ行くなら砂漠の方まで」「シナイ山は満天の星が降るよう、夜明けは感動的」「ナイル川クルーズでのんびりと」などご推薦の言葉ばかり。 一度は行きたいと思っていたが、ベストシーズンをいつも逃がしていたので、今回こそと計画。 ご推薦のほとんどをまとめるとユーラシア旅行社の「エジプト大紀行 19日間」になってしまった。 ベストシーズンの1月初めを予定。
 「シナイ山は満天の星が降るよう」の助言に合わせて、旅行日程表を検討したら、10日目のシナイ山を新月に近い日に合わせるには1月4日出発がベスト。 これだと1月13日シナイ山に登るときは月齢2で真っ暗闇。  まだ一つ前の南アフリカ旅行の催行が決定していないのに、9月3日に申し込み。 ピラミッド、神殿、遺跡、砂漠それに紅海まで入った盛りだくさんなツアー。 楽しみがいっぱい。



プロローグ  カイロへ  三大ピラミッド   アブ・シンベル  アスワン  エドフ  ルクソール  シャルム・エル・シェイク
セント・カテリーナ  バハレイヤ・オアシス  サッカラ、ダハシュール、メンフィス  アレキサンドリア  カイロ  エピローグ


 [プロローグ]
 第一希望の1月4日出発は最小催行人員に達せずお流れ。 これで真っ暗闇の満天星降るシナイ山はあきらめ。 第二希望は一週間後の1月11日出発。 シナイ山に登るときの月齢は9。 半月を過ぎているので少し明るいはず。 月の沈む時間を調べたら2時29分。 山頂付近で満天の星が期待できそう。
 第二希望の催行決定は早く、12月6日にユーラシア旅行社のホームページに発表された。 前回の南アフリカ旅行のこともあり、参加者の構成を確かめる。 男性7名、女性6名だそうだ。

 1月8日 添乗員さんから電話。 出発前に持ち物、食事、気候などのアドバイス。 シナイ山は寒い時期で-5℃くらいになりそうなので防寒の準備を。 アブ・シンベル、ルクソールは暖かいので半袖のシャツがあったら良いかも。 サングラスに帽子も必要とのこと。 どうやら夏と冬の用意が必要らしい。  参加者は3名増えて、女性9名、男性7名になったそうだ。



シンガポール航空

 [カイロへ]
 1月11日(火) 2003年6月以来、久しぶりに成田空港第一ターミナルからの出発。 シンガポール航空SQ997便、11時に搭乗開始。 定刻の11:30に離陸。 お世話をいただいたチャーミングなスチュワーデスさんにカメラを向けたら、快くポーズをとってくれた。 7時間半ほどで、シンガポール・チャンギ空港に着陸。 待ち合わせ時間は5時間半ほど。

 到着した第二ターミナル内での待ち合わせ。 空港はとにかく広い。 成田の第二ターミナルに入っている免税店の数の10倍以上店舗があり、このほかにサンフラワー、オーキッドなどの植物園、エステ・マッサージなどのリラクゼーション施設もある。 時間つぶしもあり、シンガポールに来たときにはと決めている「足裏マッサージ」を試みる。 第二ターミナル3Fの「Tran Spa」という店で19:45の予約を取る。 時間になって店に入ると、明かりのないカーテンで仕切られた薄暗い部屋に通される。 ここで30分間の足裏マッサージ。 2ヶ所ほど痛みが走る。 これを見て、自分の胃の辺りを指しながらここが悪いのだと言っている。 料金はシンガポールドルで39だが、20%オフのサービスで、約¥2000。
 軽い足取りで空港内を散策。 ロビーのいたるところに無料のインターネットコーナーがあり、ここでメールのチェックをする。 この空港の端末は日本語表示ができる。 旅友からのメールも3件入っていたが、キーボードが日本語対応になっていないため返事を返せない。

  シンガポール航空SQ428便で23:25出発、ドォバイに向かう。 食事の後すぐに寝てしまう。 ドォバイに深夜の2:55に着陸し、一旦全ての手荷物を持って、機外へ。 乗り継ぎと同じように再度荷物検査を受け、同じ飛行機に搭乗。 4:15にドォバイを出発し、カイロに6:00に到着。 26時間の長旅でした。


 [始めまして/三大ピラミッド]

ムハンマド・アリ・モスク

 1月12日(水) まだ明けやらぬカイロに到着。 入国手続き、両替などを済ませる。 両替は¥15,000でEP(エジプト・ポンド)848.58。 1EP=¥17.7。  古くて汚れた紙幣ばかり。

 空港を出て、バスで15分ほどカイロ市内の方向に進み、今日の宿のホテルへ。 ここで朝食をとり、荷物を置き、 8:10から観光に出発。 現地のスルーガイドはカイロ大学日本語学科卒のアイマンさん。

 まずはカイロの南東にあるムカッタムの丘のシタデル(城塞)へ。 ここにはムハンマド・アリ・モスクがある。 このモスクは外観の色は違うが、 巨大なドーム、鉛筆型のミナレットなどトルコのブルー・モスクにそっくり。 内装も豪華で、大きなシャンデリア、ステンドグラスなど。 中庭北端にルクソール神殿のオベリスクのお返しにフランス政府からもらったと言う動かなくなった時計が飾ってある。

リファーイー・モスク

 ムカッタムの丘を降りたら、北西にスルタン・ハサン・モスク、リファーイー・モスクがある。 スルタン・ハサン・モスクはマムルーク朝建築を代表する建物。 ミナレットは90mの高さだそうで、8角形でしっかりしている。 リファーイー・モスクと並んで建つ双子のような建物。 建物が大きすぎ全ては写真に収まらず。 リファーイー・モスクの外観だけ写真に収めてギザへ。

 サラーフ・サーリム通りを通ってナイル川を渡り、ピラミッド通りをギザのピラミッド方面へ。 沿道には作りかけの家が沢山並んでいる。 下の階には人が住んでいるが、屋根はない。 屋上もない。 作りかけ。 子供たちが増えたら、さらに増築していくそうだ。

 ギザではピラミッドの見えるレストランで早めの昼食。 エジプト料理。 パンにタヒーナやナスの入ったババガヌークをつけたり、豆の煮込み、サラダなどを包んで食べる。 さらにケバブ料理。 たまねぎ、トマトなどの野菜もおいしい。 ドレッシングもよい。 食事に関する旅行前の評判は良くなかったが、案外いけそうだ。

 食事後、クフ王のピラミッドへ。 内部見学のために13時から売り出される午後150名分のチケットを買うためにチケット売り場前に並ぶ。 時間になってチケットが発売されても、並んでいたのは30名ほど。 観光シーズンにしては少し気が抜けてしまった。

 ピラミッドはとにかく大きい。 チケット売り場の端の辺りまでさがって、広角のレンズを付けたカメラでもピラミッド全体が入らない。
   クフ王のピラミッド内部はカメラ持ち込み禁止。 バスにカメラを置いて、内部へ。 中は狭く天井の低いトンネルの階段があり、少し歩くと天井の高い大回廊に出る。ここをさらに上って行くと王の玄室に出る。 壁画などないが、石を積み上げたピラミッドの中にこんなに大きな空間があり、さらに換気孔が作ってあるなど不思議な気持ちにさせる。 ここの玄室にはポツンとひとつの石棺が置いてあるだけ。

三大ピラミッド 左からクフ王、カフラー王、メンカウラー王のピラミッド

 クフ王のピラミッドの東側に太陽の船博物館がある。 この船はクフ王が死後に天空を旅する時のために使う「太陽の船」だそうだ。 ピラミッドのそばで偶然に見つかったそうで、復元に14年間かかったいう。

 ここからバスで三大ピラミッドを遠望するビューポイントへ。 ここがよく出てくるピラミッドの写真の場所。 この写真の風景ばかり見ているので、ピラミッドは砂漠の中とイメージされているが、実はすぐそばに民家がある。 ここで写真タイム。 物売り、らくだ引き、写真を撮っていると勝手に入ってくる観光客目当てのモデル屋がうるさい。

 バスで街のほうに降りて行き、スフインクスの前へ。 ここから見ると三大ピラミッドはスフインクスの背景になっている。 スフインクスの左側の河岸神殿に入る。 スフインクスのかなりそばまで来れたが、足元まで入れないそうだ。

 この後バスで空港近くのソネスタ・ホテルへ。 18:30からレストランでビュッフェ方式の夕食。 ビールはステラ。 チップ込みで23EP。 少し高い観光客値段。 20時には部屋へ。  疲れと、明朝3時起き、4時出発とのことで、22時には就寝。


アスワンハイダムとナセル湖

 [ラムセス2世に会いにきました/アブ・シンベル]
 1月13日(木) 朝3時にモーニングコールがある。 すでに1時に起きて、シャワーを浴びて、ノート・パソコンに向かって昨日の日記をつけていた。 4時にバスでカイロ空港へ。
 エジプト航空MS133便でアスワンに向けて5:30出発。 6時50分アスワン到着。 本来ならばここですぐ乗り継ぎだが、今回のスケジュールでは乗り継ぎに5時間あまりをとってあり、この時間を利用してアスワンハイダム、切り掛けのオベリスクを観光するようになっている。
 バスはアスワンハイダムの堤防の上で停車。 ナセル湖を南側に、ナイル川を北側に。 どこまでがダムかわからないほど長い堤防。 ナセル湖にはカラプシャ神殿がはるか彼方に見える。
 アスワンハイダムは1964年に、当時のナセル大統領がソ連の協力を得て建設を始めた大プロジェクトで長さ3830m、高さ110m。 1972年に貯水完了したナセル湖は琵琶湖の7.5倍の面積とか。 ここは エジプトの電力の80%を供給する重要拠点。

切り掛けのオベリスク

 この後、上エジプトの象徴の蓮(ロータス)を形どったアスワンハイダム完成記念塔を通り、ナイル川下流のアスワンダムを通って、ナイルの東側へ。

 アスワンは古代から花崗岩の切り出されたところ。 ここには古代エジプト時代に、オベリスクを切り出している途中に割れ目が入り、使い物にならなくなって、そのまま放置されている「切り掛けのオベリスク」がある。 上面、左右面はかなり平らになっているが、縦、横に大きなクラックが入っている。 もし完成していたら、高さ42m 重さ1168tで、世界最大級のオベリスクとなっていたそうだ。 この割れ目が入ったしまったとき、作っていた人たちはどんな気持ちになったのだろうか。 はるか古代に思いを馳せる。

 この後エジプト航空MS249便でアスワンからアブ・シンベルへ。 搭乗前に待合室で左窓側の座席の抽選が行われた。 この左窓側の座席はアブ・シンベル着陸寸前にアブ・シンベル神殿が上空から良く見える場所。 添乗員さんが左窓側の座席確保に頑張ったとのことだが、なにしろ飛行機は満席なもので、我がツアー客16席中3席しか左窓側の座席を確保できなかったとのこと。 この席を阿弥陀くじの抽選で決めるという。
 残り物に福を信じて。 最後にくじを引いた小生に最後部左窓側の座席(最も良い座席)が当たった。 良い写真を撮るという負荷を負いながらの搭乗。 アブ・シンベルの上空にさしかかり、飛行機が大きく右に旋回して機首を北に向け着陸体制に入ったとき、アブ・シンベルの大神殿、小神殿が一分間ほど見え、7枚ほど写真を撮ることができた。

 昼食を神殿そばのネフェルタリ・ホテルでとり、早速神殿の観光へ。 気温は高く、日差しも強く、帽子、サングラスが必要。
 

アブ・シンベル大神殿

 アブ・シンベルの神殿は、アスワン・ハイダムの建設によって水没の危機にさらされた建造物の一つ。 1960年から5年の歳月をかけてユネスコが世界に呼びかけた遺跡救済の一大キャンペーンによって、世界50カ国からの援助や協力を得て移築されたことで有名になった。 岩山を千個以上のブロックに分割し、64mも高い現在の位置に移され、空洞の人口ドームの上に復元されている。  この移築によって、大神殿の至聖所のラムセス王像の顔に朝日が当たる日が一日ずれたといわれている。

 大神殿は古代エジプト新王国時代第19王朝のラムセス2世により、紀元前1300年ころ建造されたもの。 今から3300年前にヌビアの奥地にこのような巨大建造物を造った権力の偉大さに驚く。

 神殿の正面は高さ33m、幅38m、奥行き63m あるそうで、高さ22mある4体のラムセス2世像が並んでいる。左から2番目の像は頭と胴体が崩れ、足もとに横たわっている。 また足の間には王妃、王子、王女の小さな立像が置かれている。 列柱室は幅16m、奥行きが18m。 8本のオシリス神の姿をしたラムセス2世像で飾られている。 壁面にはラムセス2世の壮大な戦闘場面や宗教行事を行う様子などが描かれている。 神殿一番奥は至聖所。 ここには4体の像があり、右からラー・ホルアクティ神、神格化されたラムセス2世、アムン・ラー神、プタハ神の坐像が並んでいる。

アブ・シンベル小神殿

 アブ・シンベル小神殿はラムセス2世が王妃ネフェルタリのために建造した岩窟神殿。 正面にはラムセス2世の像が4体、ネフェルタリの像が2体並び、それぞれの像の両脇に王子や王女のレリーフが刻まれている。 この神殿はハトホル女神に捧げられたものなのでハトホル神殿とも呼ばれているらしい。 内部はハトホル女神のレリーフの柱や壁画。 力を誇示しているように見える大神殿と比べると規模は小さいが繊細な造りに目を奪われる。
 大神殿、小神殿ともに内部は写真撮影禁止。

 神殿の観光後、本日の宿メルキュール・セティへ。 ここで夕食をとった後、再びアブ・シンベル神殿の音と光のショーに出かける。 本日の2回目のショーは日本人観光客が多いので、日本語の解説で行ってくれるらしい。
 初めに神殿がライトアップされ、音と光のショーが始まる。(Windows Media Player 必要) このショーではアブ・シンベル神殿に関係するファラオ・ラムセス2世と王妃ネフェルタリの物語、 アブ・シンベル神殿の移築などを大神殿と小神殿をスクリーンにして、様々な映像で見せてくれる。 ライトアップやCG、さらに音響効果が駆使されて大迫力。 大神殿の左から2番目のラムセス2世像は崩れているに、CGで本来の姿のようにも見せてくれた。


ファルーカで舟遊び

 [ナイル川クルーズ/アスワン]
 1月14日(金) 今日はエジプト航空MS246便 7:50発でアスワンへ移動。 朝食を済ませ、ホテルのロビーで6:50出発のバスを待つ。 でもバスは来ない。 ガイドさんは「エジプト航空手配のバスが来るから大丈夫」と言う。
 7:15になってやっとバスが来る。 飛行機の出発時刻に間に合うのか心配していたが、空港近くでアスワンからの飛行機が着陸態勢になっているのを見て、一安心。 

   アスワンまではほんの40分ほどの飛行。 ところがアスワンに着陸してから飛行機は駐機場に行かない。 ここでおよそ30分ほど飛行機の中で待たされる。 ガイドさんの話では「この空港は軍も使っているので、戦闘機の都合で待たされていると思う」とのこと。
 待合室に着いてから、今度はスーツケースが出てくるまで50分ほど待たされる。 「インシャーアッラー( 神が望みたもうならば)」。 イスラムの国をあらためて実感。

 空港からバスで昨日渡ったオールドアスワンダムを通り、クルーズ船「ジャスミン号」にチェックイン。 13時から昼食。 結局13時までにクルーズ船に入ればよかったらしい。 これならせっかくアブ・シンベルに宿泊したのだから、飛行機の便を遅らせて、朝日のあたるアブ・シンベル神殿を見させてほしかった。 

ファルーカの船長

 15時から帆掛け舟(ファルーカ)によるナイル川セーリング。 ジャスミン号のそばからファルーカに乗船し、ナイル川を上流へ。 進み方は風任せ。
 うろこ雲の中の日差し、さらにそよ風の中で心地よい。 操舵している2人のエジプト人はヌビア地方の歌を歌ってくれたり、お土産物を広げて売ったり、色々サービスをしてくれる。 途中手作りのような小船に乗った子供たちが寄ってきて「♪ヤ・ムスターファ ムスターファ」を歌いながら、バクシーシをもらいにくる。 手に持った小さな櫂で必死に漕ぎながらうまく操船している。
 

クルーズ船 民族舞踊


 ファルーカはアガサ・クリスティの「ナイル殺人事件」の舞台となったホテル「オールド・タカラクト」を左に見ながら、アムン島をまわって折り返し、下流へ。 次の予定の時刻がだんだん迫ってきたが、風がほとんどないので、船着場は見えているのに船は進まない。 操船の2人が大きな櫂を取り出し、手漕ぎを始める。 操舵は添乗員さん。 多少ファルーカはさまよったが、17時には何とか下船でき、17:30から皆でタクシーに分乗してアスワンの「スーク」へ。

 スークはまっすぐの通りで1.5Kmほど土産物店、香辛料店それにガラベーヤを売る店などが続く。 歩いていると日本人と見たのか「バザール・デ・ゴザール」 「ミルダケヨー」 「ヤマモトヤマ」などの声があちらこちらからかかる。 時には「ニーハオ」など失礼なのもあった。
 小さなオベリスクを記念にと思っていたので、 危なっかしい露店ではなく、しっかりした店構えのところで探す。 黒い石で、長さ20Cmくらいの手彫りのオベリスクがあり、120EP(¥2,160)と言う。 ここから値段の交渉。 高いからまけるように言うとすぐ90EP(¥1,620)にすると言う。 まだ高いと言うと今度は「いくらなら良いか」と聞いてくる。 50EP位かなと言うと、頑張って半分の60EP(¥1,080)にしかできないと言う。 それなら「バイバイ」と店を出ると、すぐに追っかけてきて「待て待て、50EP(¥880)でよい」。 これで交渉成立。 50EP位と言ったのが高かったのか、安すぎたのかは判らない。 自分で納得できる価格が商品の価値か。

 夕食はジャスミン号のレストランで20時から。

   21:30から4階のラウンジでベリーダンスショー。 かなり太目のダンサーが踊る。(Windows Media Player 必要)  エジプトのベリーダンサーの条件は豊満な体型だそうだが・・・・・。 トルコのベリーダンスに比べると緩やかな踊り。 これではウェストが細くならない。 かなりの観客はこのベリーダンスの間に自分の船室に戻ってしまう。 この後に男性の民族舞踊が入る。 こちらはなかなか迫力があり、残って我慢していた客には好評であった。

 このクルーズ船には我々の他に台湾からとオランダからのツアー客が乗っているらしい。 乗客定員120名のところ、60名乗船とのこと。 今夜はアスワンに停船したまま。

イシス神殿

 1月15日(土) 船を9時に出て、バスでアスワンの南およそ10Kmの船着場へ。 ここから船外機つきのボートに乗り、アギルキア島へ。 ここにはフィラエ島にあったイシス神殿とハトホル神殿が移築されている。 これらの神殿は約2300年前古代ローマの時代に建設されたもので、アスワンダムの建設で水没するので、約4万個に分解され、フィラエ島のすぐ隣のアギルキア島に1980年に移設された。
 両側に列柱のある外庭を通り、第一塔門を通って誕生殿へ。 さらに列柱室から至聖所、ハドリアヌス帝の門を見学。 この神殿の壁には見事なレリーフがたくさん残っている。
 イシス神はオシリス神の妻で、ホルス神の母。 このフィラエ島でホルス神を生んだとされている。 イシス神殿の至聖所にそのシーンを描いたレリーフがある。

 イシス神殿への出発前に、添乗員さんに「時間がとれたらヌビア博物館に行きたい」とお願いしてあった。 添乗員さんはガイドさんと相談してくれて、イシス神殿の帰りに、希望者のみをヌビア博物館の前でバスから降ろしてもらえることになった。 ヌビア博物館の入場料35EPとクルーズ船までのタクシー代は自己負担。 さらにガイドさんのご好意で、ヌビア博物館の展示の説明、帰りのタクシーの手配までしていただいた。

 13時から昼食。 15:30から4階のデッキでティーパーティ。 時間はゆったりと流れる。 13時から船は始めて動き出し、アスワンを後にして北のコム・オンボへ。

コム・オンボ神殿

 14:30コム・オンボに接岸。ここから徒歩でコム・オンボ神殿の見学。この神殿は 紀元前1400年頃 新王国時代のトトメス3世が造り、その後プトレマイオス6世の時代に拡張されたものと言われ、鰐のミイラや 当時のカレンダーのレリーフ、出産・医療用具のレリーフなど珍しいものが沢山ある。
 この神殿の特徴は、左右対称になっていて、塔門の出入り口や部屋の出入り口、至聖所なども全部2つある。 この神殿はホルス神とソベク神(ワニの神)のために建てられたものと言われている。  コム・オンボ神殿に向かって右側のハトホル女神の小礼拝堂には、ワニのミイラが3体展示されていた。

 コム・オンボ神殿を見学中お腹の調子が少しおかしい。 エジプトで生野菜は危険と知っていたのに不覚を取ったか。 ジャスミン号に戻り、部屋に駆け込んで・・・・・。 激しい腹痛と下痢。 まずは正露丸を飲んでおく。

 19:30から4階のバーでカクテルパーティ。 ツアー客にジャスミン号の船長以下スタッフの紹介。 甘いジュースのカクテルを飲んでお開き。  イスラムの国だものノン・アルコールは当たり前か。 昼食、夕食ごとにステラ(ビール)、サッカラ(ビール)、オベリスク(ワイン)などを飲んでいる我々のほうが異端者。

 お腹の調子が悪いので、 夜開かれた「ヌビアンショー」をパス。


 [エドフ]

ホルス神殿 ホルス神像

 1月16日(日) 今日の観光は朝一件だけの予定。 6:45に船を降りて馬車でホルス神殿へ。 船を降りた街道沿いには乗客4人乗りの馬車が争って客を乗せようと大変な混雑。 客を乗せた馬車は一斉に神殿の方へ向かう。 ここで乗客を拾えなかった馬車は今日の仕事はお終いか。

 ホルス神殿はエドフの町の中心にあり、ハヤブサの神ホルス神を祭った神殿。 グレコ・ローマン時代、プトレマイオス朝の紀元前237年に着工し、200年近くかかって完成したもので比較的新しい。 塔門はカルナック・アメン大神殿の第一塔門に次ぐ大きさだそうだ。 第一列柱室前にあるホルス神像は高さは2mほどある。 壁面には隙間なくレリーフが描かれていて、荒削りで、余分な装飾はない。 ローマがキリスト教を国教として以降、一時キリスト教徒が住み着き、炊事の煙などで神殿の高い天井が煤けているのも面白い。

 この建物の裏手には、回廊があり、そこには有名なオシリス神話が一面に彫られている。 ホルス神とセト神の闘いのレリーフで、ここではセト神はカバで表現されていて、場面ごとに優勢になったり、カバが反撃したりと、物語を知らなくても結構楽しめる。

クヌム神殿

 船に帰ってきて8:30から朝食。 この後は昼食、午後のティーパーティ、夕食と何も行事が入っていない。

 朝食後、連日の強行で疲れが出たのか、少し眠ってしまった。
 12:10添乗員さんからの電話。 船はこの先の水門が開くまでエスナに停泊しているらしく、この間にクヌム神殿を見に行かないかとのこと。 およそ1時間船から下りて徒歩で神殿まで行く。 ここはスケジュールに入っていない追加の観光。

 クヌム神殿はプトレマイオス朝からローマ時代にかけて建てられたもの。 神殿は幅33m、奥行き16.5mの列柱室だけが残っている。 壁のレリーフもすばらしいが、色鮮やかな柱もすばらしい。

ナイル川クルーズ船 ガラベーヤ・パーティで

 クヌム神殿から帰ってきてから昼食。 昨夜に続けてビールをパス。 まだ本調子にはなれない。 時々小腸あたりが締め付けられるように痛む。 午後に開催された現地ガイドのアイマンさんの「アラビア語講座」をパスして船室で休む。

 15時にエスナの水門が開いて、ルクソールへ向かうはずなのに、船は水門の前で行ったり来たり。 ほかの船は水門の中に消えてゆくのになかなか水門に入れない。 結局17時過ぎに再び元の場所に接岸。 添乗員さんの説明では、この船より先に来た船を先に通していたので、時間切れになったとのこと。 20時には再び水門が開くので、朝までにはルクソールに着くらしい。

 20:10にエスナの水門を通過。 水門はクルーズ船の幅よりわずかに広い運河のようなもので、ナイル川を横切っている橋の一部を90度回転させ、船を通すだけのもの。 車の交通量が少なくなればすぐにでも水門を開けられることが分った。

 21:30からは乗客が民族衣装を借りてのガラベーヤ・パーティ。 小生も昨夜のうちに気に入った衣装を借りて(15EP)あったので、カメラを他の人に頼んで参加。 男性はアラブの富豪、パレスチナのアラファトの様、女性は元オダリスク(失礼)といった感じ。 オランダ、台湾の人たちと人数合わせゲーム、腰を使ったポテト転がしゲームなどでにぎわう。


 [遺跡の宝庫/ルクソール]

メムノンの巨像

 1月17日(月) 今日は一日かけてルクソール西岸の観光。 王家の谷、ハトシェプスト女王葬祭殿、貴族の墓、労働者の町などをまわる。 ガイドさんの説明では、全世界の遺跡の三分の一がこのルクソールにあるそうだ。

 ルクソールはかってテーベと言われ、エジプト中王国、新王国の頃首都として栄えた町。 太陽の昇るナイル東岸は現世の町、太陽の沈む西岸の砂漠は来世の場所、すなわち墓地であった。

 7:30に船を降りて、バスで東岸を南に下り、ルクソール橋を渡って西岸へ。 まず最初に我々を迎えてくれたのがメムノンの巨像。
 この像はアメンホテプ3世葬祭殿入口にあったもので、この像の背後にあった葬祭殿は石材として持ち去られ、座像のみが残ったもの。 この像は紀元後27年の地震で亀裂が生じ、 朝日を浴びるて気温が上昇すると「キーン」という音を出したらしい。 「メムノン」と言う名はギリシャ人が付けた名前で、トロイ戦争で滅ぼされたエチオピアの王メムノンのこと。 その「キーン」という音はメムノンが母に歌いかけているものと思われていた。 ローマ時代に修復されその後は音が止まったそうだ。

王家の谷

 さとうきび運搬用鉄道の線路沿いを少し北に向かって進み、王家の谷に到着。 山の割れ目の西の谷に歴代の王墓が点在する。 入場券で見学可能なものは3箇所まで。 王家の谷の王墓の中は全て写真撮影禁止。 

 入場料とは別料金のツタンカーメン王の墓をまず見学。 この王墓は英国人ハワード・カーターがカーナボン卿の資金援助を得て1922年、奇跡的に発見したそうだ。  ツタンカーメン王自体は18歳で死んだ若いファラオであり、見るべき業績も無い様だが、 盗掘を免れた副葬品はエジプトの至宝であり、それで有名になった王。 盗掘されていなかった多くの純金製副葬品はカイロのエジプト考古学博物館に保存されている。 墓は入ってすぐに前室があり、玄室の他に副室、宝物室位しかない小さなもの。ミイラ本体はここに安置してあるとのこと。

 次にセティ2世の墓、ラムセス3世、ラムセス6世の墓を見学。 セティ2世の墓は未完成で、奥にある玄室に近いところから壁画は着色されている。 この墓を見ると墓の作り方が良く分かる。
 ラムセス3世の墓には、冥界の神オリシス神からラムセス3世が最後の審判を受けるレリーフがある。
 ラムセス6世の墓は大きく、色彩もはっきり残っていて、へびのレリーフが多い。

ハトシェプスト女王の葬祭殿

 ここからバスでハトシェプスト女王葬祭殿へ。 紀元前1500年頃エジプト最初の女王となったハトシェプストは夫のトトメス2世の死後、甥のトトメス3世が幼かったため摂政となったが、その後実権を握り自らファラオとなり、1482年に亡くなるまで王位に就いていた。 通商貿易に力を注いだことがこの葬祭殿の壁画に示されている。 その後を継いだトトメス3世に恨まれ、女王のカルトーシュ(碑銘)は徹底的に削り取られている。 親族間の恨みは恐ろしい。

 入場ゲートから見る三層の葬祭殿は広く、大きく、美しい。 3500年も前によくこんなに整然としたものを造ったものだと感心する。 2階のテラスから周りを見るとたくさんの穴が見える。 各国に割り当てられた発掘調査がまだ続いているそうだ。
 ここは1997年日本人10名を含む62名の人が過激派に襲われ犠牲になったところ。 入場ゲート、葬祭殿のスロープなどあちこちに銃をもった警察官が警護している。 おかげさまで今回は何事も起こらなかった。

 ガイドさんが気を利かしてくれて、昼食はボートでナイル川を渡り、対岸に停泊しているジャスミン号で。 西岸に来たときのルクソール橋まで回るととても時間がかかるそうだ。 食後、再びナイル川をボートで渡り、西岸へ戻る。
 ここから貴族の墓2箇所を見学。 ラモーゼの墓は王墓と違って、馬車作り、製粉、香水作り、パーティなど日常生活が壁画として描かれていて、とても興味深い。 またセンネフェルの墓はとても保存状態が良く、色彩鮮やか。 特に天井のぶどうの絵は美しく印象的。

 さらに墓を作っていた労働者の村に行き、遺跡とセンネジェムの墓を見学。 貴族の墓、労働者の墓ともにファラオの墓に見られるような神と王の関係を強調したものではなく、生活を表しているのが楽しい。

 観光後、ナイル川東岸にある、今夜の宿ルクソール・シェラトンへ。


ルクソール博物館

 1月18日(火) 今日は一日かけてルクソール東岸の観光。 10時にホテルを出て、最初にルクソール博物館へ。 ここは今回の旅行の予定に入っていなかったがユーラシア旅行社からのプレゼント。
 ルクソール博物館は15年ほど前に出来たそうで、 ルクソールで発掘された遺物が整然と展示されている。 アムン・ラー神の像、アメンホテプ3世(ツタンカーメン王の父)の座像、トトメス3世の像、アムン・ミン神のレリーフ、ラムセス1世のミイラ、ツタンカーメン墓からの戦車など。

ルクソール神殿

 次にルクソール神殿へ。 ここの参道にはスフインクスが並んでおり、かってはこの参道はカルナック神殿につながっていたそうだ。 塔門の前には一本のラムセス2世のオベリスクがあり、これはパリのコンコルド広場のオベリスクと対を成していたもの。 パリのオベリスクも少し傾いていたと思うが、ここのオベリスクも左に傾いている。
 ここにもラムセス2世の1対の座像と立像がある。 立像は左足が前に出ている。 遺体に魂が戻ってきたときに、心臓に近い足から踏み出して動くことを表したそうで、エジプトの立像で足を踏み出しているものは全て左足だそうだ。

 ルクソール神殿はカルナック神殿とともにアムン・ラー神とその妻のヌート女神の結婚式場として位置づけられていた。 塔門を入るとラムセス2世の中庭に出る。 左手にはモスク建っていて、右手のレリーフには神の結婚式の様子を描いたものがある。 さらに進み、列柱室を通ってアメンホテプ3世の中庭、一番奥まったところにはコプト教会、アレキサンダー大王の礼拝堂などもある。 この神殿が時代とともに色々利用されていたことを物語っていて面白い。

カルナック神殿

 13:50、遅めの昼食をとった後、カルナック神殿へ。
 カルナック神殿は世界最大の神殿だそうで、現在の大きさにまでなるのに古王国時代からローマ時代までの2000年もかかったと言われている。

 ここの参道のスフインクスは羊の頭。 第一塔門を入るとすぐ左にセティ2世の神殿、右前方にラムセス3世の神殿がある。 正面に第二塔門。 その前にラムセス2世、ビヌジェムの巨像がたっている。
 第二塔門を抜けると巨柱が並ぶ大列柱室。 ここはカルナック神殿の中でも一番有名な場所。 高さ13mと21mの柱が134本並んでいる。 上部には明り取り用の格子もある。
 第三塔門を出るとトトメス1世のオベリスク。 さらに第四塔門を経て、ハトシェプスト女王のオベリスクと続く。 ハトシェプスト女王のオベリスクは上方部が下の方より白っぽくなっている。 後のファラオ(トトメス3世)がこのオベリスクの下の方を土に埋めて隠していたので変色しなかったそうだ。 ここにもトトメス3世がハトシェプスト女王を恨んでいた形跡が見られる。

 第三塔門と第四塔門の間から右にトトメス3世の神殿が南に伸びている。 この神殿の東側には聖なる池があり、池のそばにハトシェプスト女王の折れてしまったオベリスクが展示されている。 またここには巨大なスカラベ(糞ころがし)の像が台座の上に鎮座しており、この周りを7回まわると願いが叶うそうだ。

 夕方ルクソール空港からシナイ半島の突端、シャルム・エル・シェイクへ。 ルクソール空港のセキュリティ・チェックは今までに無く厳しい。 ベルトもはずさないとゲートを通れない。

 今夜の宿コンラッドホテルはリゾートホテル。 部屋は丘を利用した階段状に配置され、 全てプライベートビーチに面している。 でもあまり使っていないのか、赤く濁ったお湯が30分ほど続けて出た。 風呂は明朝とあきらめ、本日の写真をパソコンに転送し、日記をつけて寝る。


 [高級リゾート地/シャルム・エル・シェイク]

コンラッド・ホテル

 1月19日(水) 今日は半日、紅海に面したこのコンラッド・ホテルでのんびり。 朝からホテルのプライベートビーチを散歩。 ビーチにはシュノーケリング、ダイビングなどのマリンスポーツの道具やボートを入れてある小屋がある。 海岸は砂浜で浅瀬なのか20mほど沖に伸びた浮き桟橋もある。

 9:45に希望者のみグラス・ボートを予約してある。 ビーチの浮き桟橋の先端からモーター・ボートに分乗して、 沖に停泊しているグラス・ボートへ。 少し波があり大きく揺れるため、 浮き桟橋の上を歩いている時、 またモーターボートやグラス・ボートに乗り移る時に海に落ちないようにかなり注意が必要。

グラス・ボート

 グラス・ボートは15人ほど乗れる大きさで、 船底に大きなガラス窓が6つあり、 その周りに乗客が腰をかけて海底を覗き込むというスタイル。

 海底はおよそ7m。 光が差し込んでいて、 全体に緑がかっているが海底まではっきり見える。 黄色や白それに少し赤い珊瑚の間を小さい魚が泳ぎまわっている。 色彩としてはあまり鮮やかではない。

珊瑚と小魚

 風が強くなり波がさらに大きくなってきて白波も出てきた。 船の揺れも大きくなり、 気分が悪くなって下船する人も出てきた。 添乗員さんは頑張っているようだが顔色はさえない。 およそ1時間、美しい珊瑚と小魚を楽しんだ後に下船。

 11時すぎにバスでシャルム・エル・シェイクの町に出て、ここで昼食。 この町にはお土産屋さんが多く、 ホテルでは感じなかったが観光地であったことをあらためて感じさせる。

 この後、セント・カテリーナ修道院の町に向けて出発。 バスは山の中へ。 途中ユダヤの民が神の罰を受け40年間さまよったといわれているワディ・ハザールを通る。 だんだんシナイ山、モーゼの舞台に近づいてきた。

 19時に標高およそ1500mのセント・カテリーナにあるカテリーナ ツーリスト ヴィレッジに到着。 ここはロッジスタイルのホテル。 二部屋続きの大きい部屋。 山の中で冷えるのか、 それぞれの部屋にはエアコンの暖房がはいっていた。 給湯はシャワー室にあるタンク式の電気温水器。 量的にお湯が少ないのと水の水圧が高いので、 お湯の温度の調節が難しい。 シャワーをあきらめる。
 夕食後、 明日の出発が早いので21時に就寝。


 [シナイ山/セント・カテリーナ]
 1月20日(木) 0:35に起床。 今日はシナイ山から帰ったらすぐに出発の予定なので荷物をまとめておく。 今日のシナイ山登頂のために持ってきたコート、リュックサック、懐中電灯、ホッカイロ、手袋、セーターなどを取り出すとスーツケースはかなり軽くなった。

 1:30添乗員さんからのモーニング・コール。 2:20にホテルをバスで出発して、セント・カテリーナ修道院の手前の駐車場へ。 ここから修道院の前を通って、らくだ道へ。 予約していた人はここでらくだに乗る。
 現地のアシスタントさんが交渉してくれて、らくだの料金は一人あたりUS$12で良いそうだ。 初めてらくだにのる。 前後に突起のあるらくだの鞍にまたがったかと思ったら、後足、前足の順にらくだが立ち上がる。 らくだが立ち上がる時はかなりの傾斜になり、前の突起につかまり、落とされないようにと必死にこらえる。

シナイ山 ご来光

 徒歩で登る人の横をらくだが進む。 時々らくだの顔が徒歩で登る人に触れて、登山者を脅かしてしまう。 登山者が懐中電灯をらくだの方に向けると、らくだ使いが「ノー・ライト」と怒鳴っている。 暗くて、段差があるのにらくだはつまずかない。 上半身は振り落とされないように必死なので温かいが、膝から下は動かず、冷たい夜気のため足先から冷えてくる。 月はすでに西の山にかくれて、星空は美しい。 星が多すぎて、おおぐま座、しし座、ふたご座くらいしか分からない。 時おり流れ星も見えた。
 およそ1時間あまりで、8合目の休憩所に到着。 先に着いていた仲間と合流する。 程なく徒歩で登ってきた人たちと合流して9合目の休憩所まで行き、 ここから750段と言われる山頂への階段に挑戦。 階段といっても岩だらけの階段で、どのように数えて750段になったのかは分からない。 自分の懐中電灯と前の人の足を頼りに黙々と登る。 およそ40分後に標高2280mのシナイ山(ガルバ・ムーサ モーゼの山)の山頂に到着。 山頂のモスクの横の鉄柵のところに陣取り、ご来光を待つ。

 6:34雲海の上に赤く小さな光が見え、またたく間に燃える太陽が勢い良く登ってくる。 この瞬間、生きる力を太陽から貰っているような気持ちになる。 反対側の岩山に光が当たり、山が赤く照らされ、山が燃えているように思える。 モーゼもこの神々しい光景を見たのであろうか。 横に居た西欧人らしき人はひたすら太陽に向かってお祈りをし、手十字を切っていた。 古今東西ご来光とはありがたいものなのだと実感。

 太陽が出てから15分後に下山を始める。我々の集合場所は先ほどの階段の手前、9合目休憩所のカフェ。 ここで添乗員さんが持ってきて下さったインスタントの暖かいワカメの味噌汁をいただく。 心身ともに温まる。 それにしても添乗員さんは大変な仕事だ。 現地ガイドさんは登山には付き合わなかったが、添乗員さんは責任があるのでそんな訳にはゆかない。 このシナイ山には何度も登っていても。
 セント・カテリーナ修道院までらくだ道を降りてゆく。 登りでかなり疲れた人も出て、 予定より30分遅れでホテルに戻り、 10時から朝食。

セント・カテリーナ修道院

 10:30からセント・カテリーナ修道院の観光。 修道院内にモーセが後の妻となったツィポラと出会った「モーゼの井戸」、モーゼが初めて神の声を聞いた「燃える柴」がある。 モーゼが聖なる山に入ろうとしていた時、 燃えているのに燃え尽きない柴があった場所。 燃える柴は野いちごの木だそうで、今までに何度も他の場所に株分けされたが全て枯れてしまい、この修道院の中でだけでしか生息できないそうだ。

この修道院は337年に東ローマ帝国のコンスタンティヌス帝の母、ヘレナ母后により創建されたもの。 ヘレナ母后がこの燃える柴のまわりに、聖母マリアの礼拝堂と緊急時に修道僧が避難出来るようにタワーを作ったのがこの修道院の始まり。 その後542年にはユスティニアヌス帝が周辺民族の侵略から修道院を守るために高さ11mの城壁を築いたそうだ。 その後ムハンマド以降のアラブ支配化においても保護が約束され、貴重な写本やイコンなどが伝えられている。 この他10世紀ファティーヌ朝時代に建てられたモスクや、19世紀に建てられた鐘楼などが印象に残った。

 ここから450Kmほどバスで走り、カイロへ。 しばらくは山の中を走り、途中スエズ湾に出たところで15時ころに遅い昼食。 湾に沿ってしばらく北に走る。 モーゼがユダヤの民をつれて渡った海はこの辺りであろうか。 我々はスエズ湾の下を通るトンネル(アハメッド・ハムディ海底トンネル)をくぐってカイロへ。

 カイロのソネスタ・ホテルには18:40に到着。 20時ころから三々五々、レストランで夕食。 長い一日でした。


 [砂漠へ/バハレイヤ・オアシス]

バハレイヤ・オアシス(ホテルの庭から)

 1月21日(金) 7:30にカイロを出て南西へ約370km、砂漠の中の一本道をバスでひた走り。 西方砂漠のバハレイア・オアシスへ2泊の旅に出かける。

 エジプトは国土の96%が砂漠で、 通常のエジプト観光は残り4%の南北に伸びるナイル川沿岸と地中海側の僅かな地域を見て廻るだけなのに、 このツアーではナイル沿岸以外に砂漠にも足を伸ばす。 明日予定している白砂漠、黒砂漠は近年観光として開発されたそうで、ガイドさんもまだ数回しか行ったことが無いそうだ。

 バスの中からは360度、見渡す限り砂だけの世界。 単線の鉄鉱石を運ぶための鉄道が横にあるだけ。 道は殆ど直線。 対向車とすれ違うのは10~20分に1台程度。 バスの中ではガイドさんがエジプトの生活習慣、状況などを話してくれた。

 昼頃にバハレイヤ・オアシスのバウィーティに到着。 らくだの隊商が水を求めて寄るくらいの小さなオアシスを想像していたが、 なんと大きな町が砂漠の中にある。 この村は人口1万5000人くらいだそうで、 街中にはツーリスト・ポリスの事務所もある。 
 水は地下水をくみ上げているようだが、このほかに温泉、鉱泉が湧いているらしく、水のおかげで緑が育ち、人が住み、町ができている。 植えられている木はほとんどがナツメヤシ、ユーカリなど。 このほかに野菜なども栽培されている。

バハレイヤ考古学博物館

 昼食を今日から2泊するホテル・オアシス・パノラマでとり、 午後はバハレイヤ・オアシスの観光。
 バハレイヤ考古学博物館と言っても考古局事務所の一室で、ここに2000年前のミイラが10体安置されていた。 これらはギリシャ人やローマ人のミイラで、グレコ・ローマン時代に彼らがオアシスの中に入ったいた証拠。

 次に紀元前600年頃の竪穴式墳墓のジュエッドアムン・エフェアンフの墓、ベネンチューの墓を見学。 この二つはこの地方の隊商の頭(豪族)の墓だそうだ。 色彩鮮やかだが、後にローマ人が修復したそうで、壁画は古代エジプトの墓のような精巧さがない。

 アレキサンダー大王の神殿跡はほとんど跡形がなかった。 しかし、アレキサンダー大王のための世界で唯一の神殿だそうで、とても貴重とのこと。 遺跡の中にガラスのような綺麗な石、通貨、おもりなどが転がって(展示されて)いた。 最後にアメンホテプ・ホイの墓を見学後、ホテルにもどる。

 夕方、ホテルの裏山のイングリッシュ・マウンテンに登る。 登るといっても小高い丘に上がるだけ。 ここには第二次世界大戦の折り、ドイツのロンメル将軍の機甲師団の動きを監視するためにイギリス軍の砦があった所だそうで、眺望がよく、砂漠のかなた地平線に沈む夕日を楽しんだ。

 このホテルは、給湯は室内にあるタンク式の電気給湯器で、バスタブが無く、シャワーのみ。 庭には幼稚園に似た稚拙ならくだの装飾がある。 レストランも部屋も、さらに食事も質素。 今までとは一味違った楽しい思い出になった。

黒砂漠 ピラミッド・マウンテン

 1月22日(土) 今日はバハレイア・オアシスからさらに南西160Km程の黒砂漠、白砂漠まで出かける。 ツアー一行16名+添乗員さん、ガイドさん、アシスタントさん、ベドウィンの運転手さん4名、ベドウィンの頭1名の総勢24名が4台の4WDに分乗して。 朝からホテルの駐車場に来ていた4WD。 全てトヨタのランド・クルーザー。 型式は古すぎてよく分からない。

 9時にホテルを出て、すぐに寄り道。 昼食用に焼けたばかりのナン(パン)を積み込む。 ここから一路舗装道路を黒砂漠へ。 運転席を後ろから覗き込むと、スピード・メーターが動いていない。 燃料計の表示も落ちたまま。 温度計はいつまでたっても上がらない。 「計器盤がこわれていない?」と聞くと、 ベドウィンの運転手さんは運転しているのに両手をあげて、「ノー・プロブレム」だとさ。 「エジプトでは運転免許と自動車は一体だから心配ない」とはガイドさんの説明。 4台で行動するので何とかなるかとあきらめの気持ち。

   1時間半ほど荒涼とした砂漠の中を走り、辺りが急に黒ずんだ砂漠に出る。 このあたりは太古の昔、火山活動のあったところで、黒い玄武岩が露出している黒砂漠といわれる地帯。 道路のそばの小高い山に登る。 一面見渡す限りの黒砂漠、とても見晴らしが良い。

 次に向かったのはクリスタル・マウンテン。 いたる所に美しい石英が露出している。 到着したところに注意書きあり。
Do not break, collect Fossils, Calcit Crystals and Stones from the site.
Enjoy your visit, but please take only photos and only footprints.
 なかなか良いことが書いてある。

新白砂漠

 この後、旧白砂漠で昼食。 昼食はベドウィンの運転手さんたちが車に積んできたトマト、きゅうり、玉ねぎ、フェタチーズ、ツナを調理して2種類のサラダにしてくれた。 まな板無しで、手のひらの上で野菜をきざむ。 玉ねぎもみじん切りに近い。 ツナ缶はナイフを使って開ける。 フェタチーズなどは包装の上からナイフで二つに切り、中身をかきだしている。 豪快! さすがに遊牧の民の血が流れていると感心する。
 手作りのサラダ、もう冷えてしまったナンにビール。 太陽の下、砂漠でのランチを満喫。 さらに食後に運転手さんの飲んでいた「チャイ」をいただく。 ミントが効いたあまーい紅茶。

 昼食後に新白砂漠へ。 マッシュルーム、らくだ、スフィンクスなどさまざまな形をした真っ白な石灰岩の自然の造形。 ここは雨がほとんど降らないので、石灰岩は溶けない。 長い長い年月をかけて風化してできた芸術品。 地球を離れて他の惑星に降り立ったような感じ。

 砂漠の中を何処をどう走ったか良く分からない。 でも無事に舗装道路に出られ、 砂漠に沈む夕日を見ながらホテルへ。

 夕食には添乗員さんとアシスタントさんが一緒に作って下さった「ソーメン」をいただいた。 まだ旅行に出て10日位しか経っていないのに、何故か懐かしい味。 またオアシスの質素な食事に花を添えたと言うところか。


オアシスの温泉

 1月23日(日)  今日は砂漠を後にしてカイロへ戻る。 その前にオアシスの名残として温泉へ立ち寄る。

 8:30オアシスのホテルを後にして、20分ほどでエルガーバの温泉に到着。 お湯は太いパイプからどんどん湧き出ている。 この先は用水路のようになっていて、お湯は畑のほうに流れてゆく。 このお湯を使って、地元のベドウィンの母娘が食器を洗っていた。 ここでは温泉の足湯を楽しむことくらいしかできない。 周りの用水路のコンクリートの端に腰掛けて足湯を楽しむ、 つもりが、 熱ーい。 足を10秒間入れておけないほど。 50℃近い温度とみた。

 このあたりはナツメヤシ、ユーカリなどの木が茂り、野菜、牧草などが植えられている。 すべて湧き水、温泉、鉱泉、さらに井戸などの水のおかげ。 砂漠の中で、ほとんど雨が降らないのに、これらの水はどこから来るのだろう。 太古の時代にナイル川の支流がこの辺りにあったと言う話を聞いたことがある。 地下でははるばる東にあるナイル川に繋がっているのであろうか。

 砂漠の中の大きな村バウィーティには遊牧民のベトウィンも結構定着しているそうだ。 彼らは最近観光収入も多いと聞く。 オアシスと砂漠の短い2日間であったが、質素なホテル、ベトウィンの運転手さんの笑顔、すばらしい風景に感謝しつつ。

ナイル川夜景 ホテルの部屋のバルコニーから

 ここからバスで来た道をひたすら走り、カイロへ。 14:30ギザのピラミッドが見えるレストランで遅い昼食。

 この後スーパーマーケット「メトロ」に皆で行き、エジプトの生活用品、食料、物価などを視察し、かつ買い物。 今までの買い物はほとんどが観光客価格。 エジプト人の一人当たりの平均年間所得は日本円で15.2万円だそうで、 日本人の25分の一。 当然物価も日本に比べれば安いはず。 観光価格なので仕方がないがビール20EP(¥330)は高すぎる。 価格のはっきり分かるビールはいくらするかマーケットの中で探したが、さすがにイスラムの国、ビール、酒類は置いていなかった。

 ホテルは「タフリール橋」のそば、ナイル川に面したセミラミス・インターコンチネンタル・ホテル。 ツアーでとれている部屋は全てナイル・ビュー(ナイル川に面した部屋)だそうだが、 4階から22階まで色々とのこと。 添乗員さんの計らいで、 抽選で部屋を決めることになった。
 残り物に福。 最後から2番目に引いた部屋は17階。 ナイル川対岸を丁度よい角度で眺められる、素敵なバルコニーの付いた良い部屋。

 夕食の前に少しの間街に出たが、 カイロの街は歩けない。 まず道路にほとんど信号機がない。 たまーに信号機があっても消えている。 片側4車線ほどの車の洪水の中を現地の人は器用に横断している。 信号機のある国で生活している人間には道路でさえ渡れない。 早々に退散してホテルの部屋に戻る。


サッカラ 階段ピラミッド

 [サッカラ、ダハシュール、メンフィスとオールドカイロ]
 1月24日(月) 本日はカイロの南、ナイル川の西岸サッカラ、ダハシュール、メンフィスの遺跡を巡り、カイロの戻ってオールドカイロ地区の観光の予定。

 8時にホテルを出て、サッカラへ。 ナイル川の西岸を南に10Kmほど走る。 ナイル川とその水を引き込んだ小さな運河のおかげでナツメヤシが生い茂り、この辺りは緑豊かな土地。 ここには世界で初めて作られたピラミッド、 ジョゼル王の階段ピラミッドがある。

 ここで「階段ピラミッド」と「マスタバ墳墓」を見学。 エジプトではピラミッドが出来る前から古代権力者は大きな墓を作っていた。 当時はまだ技術未発達のため、マスタバ(居間)と呼ばれる平らな大きな墓を作っていたようで、 紀元前2650年ごろ古王国時代第三王朝ジョゼル王の時代になると、国力と王の権威を示すために更に大きな墓を作ろうと、宰相イムホテブがマスタバを重ねた6段の階段状のピラミッドを考案したと言われている。

 階段ピラミッドの他にセド祭殿、中庭、葬祭殿、竪穴墳墓、マスタバ墳墓さらに参道などが500mX300mほどの敷地の中に配置されていて、 ピラミッド・コンプレックス(複合建築)を形成している。

ダハシュール 屈折ピラミッド遠望

 ダハシュールでは「屈折ピラミッド」と「赤のピラミッド」を見学。 バスを降りて、赤のピラミッドのそばまで来ると、南の方に屈折ピラミッドが見える。 屈折ピラミッドの側には軍事施設があるので近くまで行けないそうで、ここから遠望するしかない。

 このピラミッドは傾斜角が途中で変っているもので、紀元前2610年頃古王国時代第4王朝のセネフェル王(クフ王の父)が造ったもの。 下部の傾斜角は52度あり、全体の高さ102mの半分ほどから上は48度の傾斜となっている。  理由には諸説あるようで、 52度では勾配が急すぎてピラミッドを保たれないことがわかったので、途中で急遽設計変更をしたという説が有力。 その後のピラミッドの傾斜角はほぼ43度となっている。

ダハシュール 赤のピラミッド

 次に「赤のピラミッド」を見学。 このピラミッドもセネフェル王が建てたもの。 砂岩と石灰岩が混ざっており、赤い色をしている。 高さ91m、傾斜角43度で、安定性を重視した設計となっている。 断面が二等辺三角形の真正ピラミッドとしてはこれが現存する世界最古のピラミッドと言われている。 この赤のピラミッドは今まで見学してきたピラミッドの中で最も安定した、安心感を得られる形をしている。

 今日の見学箇所は、古代エジプトでのピラミッド発達の過程を順に観光したことになり、古代人のピラミドに対する考え方、作るときの思考の過程を垣間見たようで、大変参考になった。

 ピラミッドの写真を何枚か撮っていると、らくだに乗ったツーリスト・ポリスが被写体の中に入ってくる。 丁度良い構図になることもあるが、大抵は邪魔でしょうがない。 でも彼らは「らくだと一緒に写真を撮っただろう」と「チップ、ワンダラー」を要求してくる。

 ダハシュールからカイロ方面へバスで20分ほど戻り、メンフィスへ。 メンフィスは紀元前3000年頃に上・下エジプトを統一した古王国時代の首都だったところ。

メンフィス アラバスター製のスフィンクス

 ギザのものと比べると小ぶりのスフィンクスがある。このスフィンクスは体長10m程のアラバスター(雪花石膏)製であどけない表情をしている。 庭にはこの他にラムセス2世の立像があり、 建物の中には体長14mにも及ぶと言われるラムセス2世の横たわった巨像がある。

 エジプトをあちこち回ったが、何体のラムセス2世像を見てきたか思い出せないほど多かった。

 昼食はサッカラ・カントリークラブという乗馬ができる会員制のスポーツクラブのようなところでエジプト名物の鳩料理。  これは食用に飼育した鳩を焙り焼したもので、とても高価な高級料理だそうだ。 皆さんは美味しいと鳩を楽しんでいたが、 形がそのまま出ている鳥は苦手。 この場所にちなんでビール「サッカラ」と鳩以外の野菜で昼食を楽しむ。

 昼食後はカイロに戻り、 地下鉄マル・ギルギス駅のそばのオールドカイロと言われる地区を観光。 駅前からバビロンの塔の横を通り、ムアッラカ教会へ。 この教会はローマ時代のバビロン要塞の2列の柱列のうえに、木造部分がつぎたされた構造で、ハンギングチャーチとも言われている。 形はバシリカ様式。 聖母マリアに捧げるために建設されたコプトのキリスト教会。 内部の壁は幾何学模様があり、西欧で見られるカソリックや正教の教会とは異なり、むしろイスラムの雰囲気さえ感じる。

 この後、狭い路地を抜けて、ベン・エズラ・シナゴークへ。 ここは元キリスト教の聖ミカエル教会だったが、土地と建物がユダヤ人に売り渡され、1890年にベン・エズラによってシナゴークに改築されたもの。 今までシナゴークに入ったことがなかったのでどのような所か期待したが、コプトの教会とあまり変わりはなかった。 ここは改築の工事中に地下から何万点にも及ぶ文書が発見されたので有名な場所。

 夕食はナイル川に浮かぶレストラン「エル・サラヤ」で。 ナイル川を行き交う、華やかな電飾の付いたクルーズ船を見ながらのディナー。 このツアーの期間に誕生日を迎えられたKさん、Yさん、Mさんのバースデー・パーティもあり、デザートの他にケーキもいただく。
 「Happy Birthday !!」 何時までも元気で旅行を続けましょう。


グレコ・ローマン博物館 セラピス神の雄牛

 [アレキサンドリア]
 1月25日(火) 今日はカイロからバスで3時間余、約220km離れたアレキサンドリアの観光。 途中高速道路に入り、田園の中を北へ。 この辺りはナイル川の分岐した三角州(デルタ)地帯で水が豊富なため、小麦、ぶどう、バナナ、オリーブ、各種野菜などが栽培されていて、エジプトのイメージが今までとは全く変わる所。 所々にとんがり帽子に丸い穴の開いた形の鳩の小屋もある。

 アレキサンドリアは、 地中海に面した長い海岸線をもった街でなかなか風光明媚なところ。 地中海を経てギリシャ・ローマに繋がり、古代欧州文化がアフリカ大陸に伝わった入口となったところで、所謂グレコ・ローマン(ギリシャ・ローマ)風の遺物の多い街。

 この街自体、 アレキサンダー大王が紀元前4世紀に建設したもので、 クレオパトラ7世の宮殿もここに在ったそうだ。 気候も雨の少ないエジプトの中では、地中海性気候の影響で冬には雨が降るようだが、この時のために持ってきた折り畳み傘は必要なかった。

 到着するとすぐにグレコ・ローマン博物館を見学。 ヒエログリフの解明の基になったロゼッタ・ストーンのレプリカがまず目に入った。 すぐ側にはセラピス神の雄牛が見下ろしている。 この雄牛はエジプトのアピス神がローマの神と同一視され、セラピス神となったそうだ。 確かに角の間に太陽がある。 このほかカエサルの頭像、クレオパトラ7世の頭像などもある。 さらに博物館の庭には13世紀に地中海全域を襲った地震によって海底に沈んだ遺物も展示されていた。 残念なのは展示物にほとんどまともな説明が掲示されていないので、ガイドさんがいないと何も分からない。

ポンペイの柱

 次に訪れたのはポンペイの柱。 小高い丘の上に高い一本の柱と二体のスフィンクスがある。 3世紀ころローマ皇帝のディオクレティアヌス帝が建てた図書館のー部とも, ここにあったセラピス神殿の400本のコリント式の円柱の一本とも言われ、諸説あるようだ。 391年キリスト教徒によって破壊され現在の一本が残っている。 アスワンでとれた花崗岩の柱で、高さは26mあるそうだ。 後にカエサルにより暗殺されたポンペイウスの頭が柱の上に葬られていると考えられたことから「ポンペイの柱」という名前が付いたそうだ。

   コム・エル・シュワハのカタコンベはポンペイの柱から250mほど西にある。 1900年、歩いていたロバの脚がめり込んだことで発見されたエジプト最大級と言われるカタコンベ(キリスト教徒の共同墓地)。 イスラム教の迫害から逃れる為に地下に造られたと言われている。 古代エジプトと古代ローマの建築様式を取り入れた地下の居住跡で、 螺旋の階段を下りて行くと地下1階は客間,地下2階は墓や礼拝堂,ミイラを造ったところなどがある。 ここは全て撮影禁止で、カメラをバスに置いてからの見学。

ローマ劇場

 グレコ・ローマン博物館、ポンペイの柱、コム・エル・シュワハのカタコンベは、アレキサンドリアの町の西側にかたまって在った。 昼食は海岸線を東に向かい、地中海に面したホテルのレストランで。 食後に再び西に向かい、マルス駅のそばのローマ円形劇場へ。

 ローマ円形劇場といわれているが、トルコなどに在ったローマ劇場から見るととても小さい。 ここはオデオン(音楽堂)だそうで、コンテストなどが行われていたそうだ。 2世紀頃に作られたらしく、 この敷地内にはローマ式大浴場の跡もあった。

 最後にカイトベイ要塞へ。 ここは13世紀末のマムルーク朝の時代にカイトベイというスルタンによって建てられた要塞があった所。 現在の建物は19世紀にエジプト総督ムハンマド・アリによって建て直されたものだそうだ。 この要塞の建っていた場所には、 世界の七不思議の一つとして知られていたアレキサンドリアのファロスの灯台があった場所。 そう言えば映画「クレオパトラ」の中でカエサルが港で船を向かえるシーンで、入り江の向こう側に灯台があったような記憶がある。

 今夜の宿はアレキサンドリアの町の東の端、モンタザ宮殿の敷地内にあるホテル・ヘルナン・パレスタイン。 海岸線を東に走ると、 右手に大きな近代的なアレキサンドリア図書館が見える。 この図書館はユネスコの協力で建てられたもので、 外壁に「平和」を意味する世界各国の文字が書かれている。 もともとのアレキサンドリア図書館はアレクサンドロス大王の意向を汲んで建てられたものらしく、 当時では世界最大の図書館であったそうだ。 プトレマイオス朝の女王クレオパトラ7世は、この図書館で世界各国の言語と知識を学んだのであろうか。

アレキサンドリアのホテル ヘルナン・パレスタイン

 1月26日(水) 今日の予定はアレキサンドリアからギザに戻る途中に一箇所遺跡を見学するだけ。 9時の出発まで時間はたっぷり。 朝食後モンタザ宮殿の庭園を散歩する。
 宿泊したホテルはこの宮殿のプライベート・ベイのそばに建っており、 入り江の中にはこの宮殿専用の船着場がある。 広い庭園は緑が豊かで、さすがに地中海に面した場所を実感させる。

アブ・メナの遺跡

 アレキサンドリアを出てバスは南西へおよそ1時間半。 砂漠の中にとても立派な修道院が出現する。
 ここはアブ・メナ(聖メナ)が殉教して埋められた場所で、ヨーロッパ、中近東などから巡礼者の来るコプト教の聖地だそうだ。

 アブ・メナは4世紀にディオクレティアヌスがキリスト教を迫害していた頃殉教した。 彼の遺体は2頭のらくだに乗せられ、西方砂漠にむけて運ばれていたが、この場所でらくだがどうしても動かなくなり、 そこでこの場所に遺体を埋葬したそうだ。
 後にこの場所で奇跡が起きるということが世界中に広まり、アブ・メナの遺体も発見された。 その後この場所にいくつかの教会が建てられ、 巡礼地としてにぎわった。 この地には大規模なローマ浴場や、 巡礼者用の宿泊所、 ワインの醸造所などが発見されており、 現在世界遺産に指定されている。
 ただし保存状態が最悪で、 何処に何があるのか、 なぜ世界遺産の価値があるのかは理解できなかった。 今日は快晴で乾燥していたので遺跡を見学できたが、雨が降ると遺跡の中はぬかるみになり見学できないそうだ。

アブ・メナの修道院

 アブ・メナの修道院はこの遺跡のすぐ隣にある。 かなり遠くからも分かる近代的なコプト教の修道院。 この修道院はアブ・メナを熱烈に信奉したコプト大司教のキューリオス6世がギリシャ正教会の援助を受けて1959年に完成させた近代的な建物。 立派な門を入ると宿坊も兼ね備えた大きな建物があり、奥に進むとアブ・メナの遺骨を納めた礼拝堂、聖マリア教会などがある。

 コプトとはギリシャ語の「アイギュプトス(エジプト人)」が由来。 エジプトのキリスト教徒をコブトと呼ぶようになったくらいの知識しか持ち合わせていなかったが、 エジプトには500万人ほどのコプト教信者がおり、進学率・教育水準はイスラム教徒を凌いでいて、エジプト社会では重要な役割を持っているそうだ。

 昼食後、高速道路をカイロ方面へ。 夕方ギザのホテル・メリディアンに到着。 全員このホテルのピラミッド・ビューの部屋に宿泊。

 ホテルに到着後、希望者のみ信用の置けるパピルス屋さんに案内してもらう。 露店で売られている安く手に入るパピルス紙はほとんどがバナナの皮で出来ていて、時間が経つと変質してしまうそうだ。
 パピルス屋さんではカイロ大学日本語学科卒業の流暢な日本語を喋る(ガイドさんよりも聞きとりやすい)女性店員からパピルス紙の作り方の説明を聞く。 パピルス紙はパピルスの皮をむいて、 中身の髄のところを薄くそぎきり、 棒でたたいて繊維をつぶすようにのばす。 これを水に1週間くらいつけてから、たてよこに並べてプレスする。 このときパピルスの中に残っている糖分がのりの役目をしてお互いが接着するそうだ。

 A4版くらいの大きさで、綺麗な女神の絵の横のカルトゥーシュに小生の名前をヒエログリフで入れてもらったもので、100EP(¥1800)だった。 アスワンの露店では似たようなものが30EPくらいだった。 きっとバナナの皮で作ったパピルス紙だったのだろう。 ここで購入したパピルス紙、我が家で今から5000年間もつだろうか。


エジプト考古学博物館 池にはロータスとパピルス

 [カイロ]
 1月27日(木) 今までのスルーのガイドさんは別な仕事があるらしく、今日だけ別なガイドさんが案内してくれた。 このガイドさんの日本語は良く分かり、 今までの観光の復習も兼ねたエジプト考古学博物館での説明もよく理解できた。 「初めからこのガイドさんだったら良かったのに」と思ったのは小生だけではないはず。 日本語の発音は難しいので、説明のときにすぐに理解しないと聞いているほうの思考が止まってしまう。 「ほねにのってナイル川を」??? 「船だよ」。

 9時にギザのホテルを出てエジプト考古学博物館へ。 もうすでに大勢の人が並んでいる。 前庭の小さな池には上エジプトの象徴ロータス(蓮)と下エジプトの象徴パピルスが植えてある。 入館する前に全ての荷物検査があり、カメラ類は一切持ち込み禁止とのこと。 カメラを預けてから入館。

 入り口を入るとすぐにラムセス2世の4体の像。 これだけたくさん見てきたので、ラムセス2世の像は説明されなくてもわかる。 この玄関ホール辺りには階段ピラミッドのジョゼル王座像、ギザのピラミッドのカフラー王座像、メンカウラー王像などがある。 書記座像は色鮮やかで、あぐらをかいて、パピルス紙をひざの上に置き、顔は前を向いていて、しっかりと相手を見つめている。とても印象的。 玄関から右に入ったところにはミイラを作る台が展示されている。 ガイドさんによればミイラの作り方にも「松、竹、梅」とあったそうで、丁寧に作った松のコースは完成までに70日間くらいかかったそうだ。

 2階の右と奥はツタンカーメン墓からの出土品の展示。 あの小さなお墓(他のファラオの墓に比べて)にこんなに沢山のものが入っていたのかと思うくらいいっぱい。 厨子は4重になっており、その中に石棺があり、葬儀用寝台の上に人型棺、さらに2つの内側棺があり、黄金のマスクを付けたミイラが入っていたらしい。 まるでロシアの入れ子人形マトリョ-シカのようだ。 この他に死者の内臓を入れたアラバスター製のカノプス壷、ラピスラズリ、めのう、象牙、トルコ石などをちりばめた黄金の玉座、レバノン杉の椅子、黄金のサンダル、アラバスター製の香油壷さらにチェス盤など。 撮影禁止になっているのがとても残念。 あとで思い出すためにガイドブック(100EP)を購入。

 ミイラ室は別料金。 エジプト考古学博物館の入場料は40EPなのに、ミイラ室は70EP。 ここは入場制限などもあるので、個別に見学することになり、館内でフリータイムの時に行く。 この中にラムセス2世のミイラがある。 長身、鷲鼻、足も大きく、指も長い。 頭に毛髪はない。 90歳くらいまで生きたということ。 3000年を越えてなおこの完全さには驚く。 この中に一体だけ白っぽいミイラがある。 モーゼがエジプトを出る時に追いかけて行き、 海の中まで追いかけ、水死したファラオのミイラという説もあるが、 説明ではセティ1世のミイラとなっている。 帰国後、再度「十戒」を見たが、ユル・ブリンナーの演じたファラオはラムセスだが何世かは不明。 映画の中では水死したファラオはいなかった。

 フリータイムでさらにあちこち回ったが、 この博物館は展示物も多いが、収蔵物も多い。 まだ整理されていないのか、遺物が無造作に棚の中に置かれたままになっている。 これでは博物館というより遺物の物置といった感じのところもある。

ギザ 光と音のショー

 昼食後は カイロ最大のスーク、ハーン・アル・ハリーリに出かける。 このスークはカイロ市内のイスラム地区にあり、 西暦969年このあたりに城砦都市エル・カヒ-ラができ、 現在のカイロの名の元になったといわれている。  以来アラブ世界の商業の中心として各地からラクダに荷物を載せた商人が来集し、中世にはこのあたりに12000軒ほどの商店があったという。 現在では観光客の土産物店街として賑わっていて、 香水・カーペット・民族衣装・貴金属・香辛料・革製品・骨董・喫茶店・食堂等々小さな雑多な店が集まっている。 売られている商品に定価はない。 売り手と買い手の交渉で価格が決まるので、場合によっては最初の言い値の半値以下になるという。 エジプト綿で着心地の良いガラベーヤを探したが、残念ながら見つけられなかった。

 いったんホテルに帰ってから、夜はピラミッド・音と光のショーへ。 左からメンカウラー、カフラー、クフ王のピラミッド、それにスフィンクスと河岸神殿にレーザー光線と映像をあて、音楽と解説でエジプト古代の歴史を説明してくれる。 アブ・シンベルではラムセス2世の物語が中心であったが、こちらはエジプト全般とツタンカーメン王の説明であった。 毎週木曜日の第一回目は日本語の説明らしい。 このショーに合わせて来ているのかホテルでも日本人が多い。

 ホテルに戻り、窓から見えるライトアップされたクフ王とカフラー王のピラミッドをつまみに、ウィスキーを飲みながらエジプト最後の夜、至福の時を過ごす。


 1月28日(金) ホテル出発の10時過ぎまでのんびり。 昼過ぎにカイロ発シンガポール航空SQ997便でエジプトを離れる。 飛行機は紅海のスエズ湾に沿って、シナイ半島突端を回り、サウジアラビア上空からドォバイへ。 ドォバイには18:40着陸。 また一旦機外に出されて、再度搭乗。 ドォバイ出発20:00。 7時間15分でシンガポール・チャンギ空港に到着(7:15)。

 1月29日(土) シンガポール・チャンギ空港を9:40に出発。 成田には17:05着陸。 帰ってきてみれば、楽しい、短い19日間であった。

 15名の旅友の皆さん、添乗員の岡田さん、スルーガイドのアイマンさん、アシスタントのマハムッドさん、最後の日のガイドのイスマイルさん大変お世話になりました。


 [エピローグ]
 ▼砂漠地帯でも水があれば緑になる。 ナイル川の両岸、デルタ地帯、砂漠のオアシスは緑が豊。 水がなければ生き物は住めない。 ▼エジプトではツーリズム・アンティーク・ポリスが目立つ。 長距離のバスでの移動では必ず小銃を携帯したポリスがバスに乗り込んで共に移動する。 観光地ではらくだに乗って警備していたり、2、3人でパトロールをしていたりする。 写真を撮っていると、被写体の中に入ってきてチップを要求する。 ▼19日間エジプトの要所を駆け足で回った。 それぞれの遺跡、シナイ山、オアシス、砂漠など感動を与えてくれたが、終わってみるとエジプト入門を終えた感じ。 再度訪れる機会があれば、ポイントを押さえて観てまわりたい。