イスラム世界に魅せられて
 2005年04月 シリア・ヨルダン・レバノン物語 15日間

 中東、小生にとっては全く未知の遠い国々。 イスラム、砂漠、ベドウィン そして文明の交錯地。 エジプトを訪れた後は、モロッコと決めていた。 その前に何故か心を動かされ、衝動的に中東行きを決めてしまった。
 エジプト旅行で旅友となったSさんは、3月中旬に中東3カ国から帰ってきて、「日本の片寄った報道よりも安全な国々で、観光客ずれをしていない人々に出会えた。 遺跡も死海もすばらしかった」とその魅力を熱っぽく語ってくれた。
 このツアーのコースは、ヨルダンのアンマンに入り、すぐに南の紅海のリゾート地アカバに行く。 ここからペトラ、死海、アンマンと北にのぼり、シリアの首都ダマスカスへ。 さらに北東のパルミラ遺跡を訪ね、ハマからアレッポへ。 ここから南下し、レバノンのトリポリに出て、ベイルートへ。
 中東3カ国の世界遺産の全てと主な遺跡をまわる。 勉強不足。 どんな旅になるやら。
プロローグ  アンマンへ  アカバ   ぺトラ  アンマン  ダマスカス
  パルミラ  アレッポ  トリポリ  ベイルート  エピローグ



 [プロローグ]
 中東に行くなら、ユーラシア旅行社の「シリア・ヨルダン・レバノン物語 15日間」と以前から決めていた。 6月出発予定の「モロッコ大周遊と幻想のサハラ砂漠」は先日予約したばかり。 まだ一週間も経っていないのに中東に心を惹かれる。
 4月19日出発の「シリア・ヨルダン・レバノン物語」はすでに催行が決まっている。 ユーラシアのHPの出発予定表には「残席僅か」と表示されている。 電話で状況を聞くと、キャンセルが出たので残席ありとのこと。 即予約。   出発までに4週間足らず。 エジプトの紀行文も丁度完了したので、中東の予習をすぐに始める。 すでに畑には春菊、ほうれん草、ジャガイモの種を入れたので、これから中東に専念できるか。

ユーラシア 岡田さん
 4月1日「アラビアのロレンス」が放映される。 ピーター・オトゥール、アレック・ギネス、オマー・シャリフ、アンソニー・クイン。 1962年イギリスの映画。 ワディ・ラム、アカバなどヨルダン南部が舞台になっている。 最後のトルコ軍との戦い、ダマスカス攻撃はシリアだ。 DVDに録画したので、帰ってからもう一度見るつもり。

 4月9日最終日程表が届く。 終日観光の世界遺産ペトラ、パルミラ共に遺跡のすぐそばのホテルに宿泊予定となっている。 羽田出発、関西空港、ドォバイ経由アンマンへ。 関西空港を利用するのは始めて。 次第に期待に胸ふくらむ。

 出発4日前、添乗員さんからの電話。 「ユーラシア旅行社の岡田です」「えっ、エジプトで・・ あの岡田さん?」   前回のエジプト・ツアーでお世話になったあの親切な添乗員さんだ。 これで中東旅行が楽しくなりそうだ。
 一人参加はカップル(夫婦、友人、姉妹)での参加に比べ、初めは話し相手もいない。 食事の時も席を探す。 一人でも話し相手がいたら、旅行が楽しくなる。 今回は最初から添乗員さんが知り合いだ。
 中東の勉強不足を、「I have a good tour conductor.」で行こうなどと勝手に決め込む。



エミレーツ航空客室乗務員
 [アンマンへ]
 4月19日(火) 今回の中東行きは関西空港発 エミレーツ航空ドォバイ経由でアンマンへ。 関西空港までは羽田空港からエミレーツ航空EK6251便(日本航空コードシェア便)で行く。 夕刻19:40の集合に合わせて、羽田空港そばの駐車場に車を入れて、送迎バスで第一ターミナルへ。 集合時間になったが、添乗員の岡田さんがなかなか現れない。 希望の座席を確保するためにぎりぎりまでカウンターで交渉していたそうだ。
 今回のツアー参加者は男性5名、女性8名の13名。 羽田からはこの内12名が一緒に飛行機に乗り込む。
 関西空港には定刻に到着したが、乗り継ぎ時間は1時間40分しかなく、すぐに出国審査に向かう。 いつも免税店で購入している旅行中の飲み物を僅かな時間を利用して求め、急いで搭乗ゲートへ。

 関西空港からドォバイへはエミレーツ航空EK317便で。 22:40搭乗開始。 エミレーツ航空を利用するのは始めて。 エミレーツ(首長国)の名前が付いている、お金持ちの国の航空会社なので機内サービスに期待が持てる。 座席の前のディスプレーではインフォメーション、ビデオ・ミュージック、ゲームなどのサービスがあり、ビデオでは日本の映画7本を含めておよそ100本も見ることが出来る。 しかも個人に合わせて何時でも最初から再生できるようになっている。

 問題は食事。 離陸したのが24時過ぎで1時頃から軽食のサービスが開始された。 アラブ系の料理であまり口に合わない。 しかも飲み物は省略されて、個別に注文をしないと持ってきてくれない。 夜も遅いので寝ることに専念する。 機内はほぼ定員の半分くらいで、後方座席はかなり空いている。 4座席全て空いているところで、肘掛を上げて、横になって寝る。

 およそ11時間の飛行後、ドォバイに朝5時半に到着。 乗り換え時間はおよそ2時間。 ここからエミレーツ航空EK901便でアンマンへ。 およそ3時間の飛行。 機内で質素な朝食を済ませる。 アンマンのクィーン・アリア国際空港に9:50到着。 空港内で両替。 通貨はヨルダン・ディナール(JD)。 1JD=¥171。



ヨルダン ネボ山 モーゼのモニュメント
 [アカバ (Aqaba)]
 4月20日(水) 空港を出て45分ほどでネボ山に着く。 すぐに出迎えてくれたのは4月2日に亡くなった元ローマ法王ヨハネ・パウロ2世がこのネボ山を2000年に訪問された時の記念碑。 昨日バチカンのコンクラーベでベネディクト16世がローマ法王に決まったばかり。 意義深い日にここに来たことになる。

 この山は預言者モーゼがヘブライ人を引き連れてエジプトを出て、カナンの地へ向かう途中120歳で亡くなった地だそうだ。 丘の上にはモーゼのモニュメント(蛇のからまった十字架の杖)がある。 ここは見晴らしがよく死海やモーゼが夢見たパレスチナの地、さらにヨルダン川などが一望できる。

 ネボ山にはフランシスコ会の教会が建てられていて、中にはモザイクカーペットと言われる6世紀の生活様式を表しているモザイク、また壁にはこの教会の地下から見つかって移設された8世紀のモザイクも展示してある。 正面の祭壇の左右に2つの祭壇があり、右側の祭壇はモーゼの墓である。
ヨルダン マダバ 聖ジョージ教会 モザイク地図

 山を降りて、マダバの街のレストランで昼食をとり、 歩いて聖ジョージ教会へ。
 この教会はギリシャ正教の教会で、 床に6世紀のエジプト、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ近辺の地図を描いたモザイクがある。 この地図は世界最古の地図として、また旧約聖書の舞台を表した地図としてとても重要なものだそうだ。

 このモザイクはかっては長さ22m、幅6mもあり、200万ピースのモザイクだったという。 現在は全体の三分の一位しか残っていない。 死海やヨルダン川、パレスチナなどが描かれていて、エルサレムの街はより詳しく描かれており、キリストの墓がある教会も示されている。 またヨルダン川に魚が描かれており、死海の入り口で魚がUターンしているは面白い。

 13:50マダバを出て、ひたすらデザート・ハイウェイを南下。 今まで緑に覆われていた景色が急に砂漠(土漠)へ変わる。 18時、ヨルダン唯一の海に面したリゾート地アカバのアカバ・ガルフ・ホテルに到着。

ヨルダン アカバ 眠そうなラクダ
ヨルダン アカバ アカバ湾に沈められた戦車
 4月21日(木)
 本日は11時半まで自由時間。 朝食後ホテルのすぐ前のイーラ遺跡を散策。 この遺跡はイスラム初期(7世紀頃)の都市の跡だそうで、壁、柱、アーチ、水道跡やモスクの跡などが残っている。 遺跡の近くに繋がれていたラクダをからかってからホテルに戻る。

 9時から希望者のみグラスボートでアカバ湾を散策。 海中に目を向けると珊瑚やウニなどを見ることが出来る他に、中東戦争に使われた戦車も見ることが出来る。 この戦車は意図的に沈められたもので、漁礁の目的だそうだ。
 一方海上に目を移すとエジプトのシナイ半島にターバ、すぐ右隣にイスラエルのエイラート、ヨルダンのアカバと続き、さらにサウジアラビアがアカバ湾を取り囲んでいる。 海上から一番目立つのはアカバ城塞の前に翻っている「大アラブ革命軍の旗」。 この旗はヨルダンの国旗のデザインにとてもよく似ているが、7つの角の星が無く、横3色の白と緑の色が入れ替わっている。 この大アラブ革命軍の旗はヨルダンの国旗のデザインの基になったそうだ。

 アカバ城塞の前でグラスボートを降りて、考古学博物館になっている城塞を見学。 この城塞は16世紀初めのマムルーク朝時代に建てられたもので、第一次世界大戦の時ロレンスがこの辺りで活躍したらしい。
 今日はイスラム教の預言者ムハンマドの誕生日で祝日とのこと。 城塞から込み合ったスークの中を散策しながらホテルへ。

ヨルダン ワディ・ラム 7つの知恵の柱
 11時半、バスでワディ・ラムに向かう。 ワディ・ラムの北側のベドウィンのテントのレストランで昼食をとった後、砂漠の中へ。
 まず、ビジターセンターの駐車場でバスを降りて、7つの知恵の柱(Seven Pillars of Wisdom)と言われる山をみる。 この山は「アラビアのロレンス」の本の中に出てきたことで、この名前が付いたそうだ。
 ここでオンボロの4WDに乗り換えて砂漠へ。 全てトヨタのランド・クルーザーであったが、計器類のメーターは動いていない。 また我々の乗車した車は動き出してから少し変な臭いがする。 運転手が途中でタバコを買いに寄った店で、店の人から注意を受け、車を調べたらラジエターに水が無いことが分かり、この店で急遽バケツで水を補給する始末。 冷たいことに他の仲間の車ははるか先に行ってしまっている。 知らないで(運転手がタバコを買わないで)このまま出発していたら、砂漠の中で動けなくなっているところ。 ベドウィンの運転手は陽気でこのくらいの事は気にしていない。 遅れを取り戻すためにスピードを上げる。

 「ロレンスの泉」の所で他の車に追いつき、共に観光を再開。 この泉は映画の撮影に使われたため「ロレンスの泉」と言う名前が付いたとのこと。 ロレンスがアンソニー・クイン扮する盗賊の頭と会った場所のように思える。
 さらに奥のハザリ渓谷に行くとナバティア人やサムディア人の描いた線刻画が岩に残っている。 ここにも泉があり、岩場のそばに毒イチジクの木がしっかりと緑の葉を付けていた。

 ワディ・ラムを出て昨日走ったデザート・ハイウェイを北上し、途中から「王の道」と言われる古い街道を通ってペトラへ。 山の中のペトラのクラウン・プラザ・ホテルに18時到着。 周りの景色はトルコのカッパドキアにとても良く似ている。



 [ペトラ (Petra)]
 4月22日(金) 今日は待望のペトラ遺跡(世界遺産)の観光。 ここには紀元前8~9世紀にセーラ族が住んでいたが、紀元前5世紀にサウジアラビアから移動してきたナバティア人が支配し都として栄えた所。 その後紀元前106年にローマ帝国のトライアヌスの支配下に入り、4世紀のビザンチン時代にはキリスト教化された。 その後イスラムの支配下になったが、769年の大地震で廃墟になり、12世紀には十字軍が要塞を築いた外は目立った動きはなく、その跡にベドウィンが住み着いていた。 ベドウィンは外部の人との接触を拒んでいたので遺跡の存在はヨーロッパに知られていなかったが、1812年スイスの探検家ジョンブルグ・ハットがこの地に入り、遠くの山からこの遺跡の存在を発見したそうだ。

 8時半にホテルを出て、徒歩で5分ほどでペトラ遺跡の入り口へ。 ここからおよそ1Kmほど平坦な道を歩く。 途中左手の崖に4つの尖塔をつけた2階建ての遺跡が見える。岩を削って作ったオベリスク墳墓。 まさにペトラだ。
ヨルダン ペトラ エル・ハズネ
 山峡の道(シク:Siq)の入り口のところにダムがある。 周りの山から集めた雨水を町に運び、かつ洪水を防ぐためのダムだそうだ。 このシク辺りから町中への道はすべて下り坂となっている。

 シクと呼ばれる絶壁の岩の間を進んでゆく。 絶壁の高さは60mから90mもありほぼ垂直に切り立っている。 この岩は砂岩で、いろいろな色をしておりとてもカラフルである。 岩に含まれているミネラル分が異なるので色が変わっているのだ。
 道の左側の崖の下部に洞穴と階段があった。 生贄の神殿の跡でナバティア人の祭司がここで生贄の動物を殺して血をドゥーシャラ神に捧げ、長旅の安全を願ったそうだ。 当時ここは聖なる道であったという。 さらに進むと左側に2頭のラクダを連れたナバティア人の像がある。 像の上部は失われているが、腰に布を巻き、足にサンダル風の靴を履いているのがわかる。

 細く曲がりくねったシクを歩いてゆくと突然前方が開けて、神殿が現れた。 エル・ハズネだ。 高さ41m、幅21mもあり、アレタス3世と妻のシャキラットの墓として造られ、 後に神殿になった。 エル・ハズネとはアラビア語で宝物殿という意味で、ベドウィンは神殿の中央最上部にある大きな壷に宝が入っていると思いこのように名付けられたそうだ。 宝をとろうと思ってライフルで銃撃したことから壷には銃撃の跡が残っている。 このエル・ハズネも山峡の中にあり、太陽の光の当たり具合で色々な顔を見せてくれる。 ここに到着したのは9:50。 神殿の正面から45度の角度で太陽光が当たっており、神殿はオレンジ色に輝いていた。
ヨルダン ペトラ 王家の墳墓(アンの墓)
 この神殿はエジプト、シリア、ローマなどのさまざまな様式が採り入れられており、 壷の脇の屋根の上端には鷲の像がある。 当時鷲は魂を天に運ぶと考えられていた。 中央のコリント式の柱の間にはエジプトのイシス神が彫られており、 左右にはアマゾネスが彫られている。

 シクを抜けると広場に出る。 この広場にガラス瓶に砂絵をつくる店があり、 往きに注文すると帰りまでにローマ字かアラビア文字の名前の入った砂絵を作ってくれる。 値段はガラス瓶の大きさと模様により異なり1個5ドルからだそうで、記念に10ドルの砂絵を注文し名前を入れてもらうことにする。

 この広場から少し進むと、たくさんの墳墓がある。 岩窟墳墓群で金のない人を集団で埋葬していたという。 さらにこの先の左手に楕円形劇場がある。 これはナバティア人の葬祭殿であったものを後にローマ人が劇場に改築したものだそうだ。 ローマ劇場の観客席は北に向かって設計されているが、この劇場は東に向けられている。
ヨルダン ペトラ エド・ディル
 右手の一段高いところには王家の墳墓が並んでいる。 ここから左に曲がってローマ時代のカルド通りに入る。 この先長い列柱通りの向こうの凱旋門までまっすぐな道が続く。

 凱旋門のそばのレストランのテラスを抜けて山道をエド・ディルに向かう。 途中道をそれ、ライオンの墓に寄り、ここから40分ほど照りつける太陽の下、山道をひたすら登る。 登りつめた所に広場があり、ここにも岩を削った神殿エド・ディルがある。 これはナバティア人が1世紀に作ったドゥーシャラ神殿で、 4世紀に修道院(エド・ディル)として使われたそうだ。 高さ45m、幅50mもあり、エル・ハズネよりも大きい。

 登ってきた道をおよそ30分でくだり、先程のレストランへ。 ここで飲んだビールの美味しかったこと。 昼食後は自由時間。 夕方までにホテルに戻ればよい。

 途中立ち寄れなかった大寺院跡、王家の墳墓などに寄り、 注文していた名前の入った砂絵を取りに行く。 砂絵を手にとって見るとガラス瓶に小さなひびが入っている。 取り替えてくれるように交渉したら「OK」とのこと。 今すぐ目の前で名前を入れてくれるようだ。
 ところが、名前は砂で描いているのではない。 なんとマジックペンでガラス瓶の内側に名前を書き込み、その後に砂を詰めただけである。 その間作業時間3分ほど。 確かに「名前を入れる」とは言っていたが、「砂で名前を入れる」とは言っていなかった。 悪いものを見てしまった。 見なければ夢は壊れなかったのに。 この店で名前を入れた砂絵を購入された方、夢を壊してごめんなさい。

 この後ひどく疲れたので、寄り道をせずホテルに戻る。



ヨルダン 死海
 [アンマン (Amman)]
 4月23日(土) ペトラのホテルを出て、北上。 まもなくワディ・ムーサ村のアイン・ムーサ(モーゼの泉)に到着。 モーゼがヘブライ人を連れてこの地を通った時、水を求める人々のために、モーゼが杖で岩をたたいたらそこから水が湧き出したと言われている泉。 現在泉と岩は建物の中にあり保護されている。

 この後、東の山脈を越えて、再びデザート・ハイウェイに戻り、北上してアンマンの南西から死海へ。 この辺りからどんどん谷に下って行く。 途中標高0m地点の表示があり、 ここから先は海抜マイナスの場所。 現在の死海の高さは海抜-412mだそうだ。 死海はヨルダン川が流れ込んでいて、出口の無い湖。 水は乾燥するだけなので、 ヨルダン川により運ばれてきた塩分、ミネラル分が長年にわたって濃縮したのだ。

 11時に死海のデッド・シー・スパ・ホテルに到着。 ここのプライベート・ビーチで死海の浮遊体験。 水着に着替えて、途中のトイレ休憩の時に添乗員さんが大量に調達してくれた新聞を持って海の中へ。 海水は意外と暖かい。 数mほど死海に入って行くと、海底はぬるぬるした泥。 この泥にはミネラルが大量に含まれているので美容に良いとのこと。 体中に塗りたくっている人も居る。 死海は長く入ってはいけない、15分で浅漬け、20分で丁度いい塩漬けだそうだ。 新聞を持ったまま腰を落ろし、足を上げると簡単に浮かんでしまった。 頭をもたげ、足を出し、浮かんだまま新聞を悠々と読める。 新聞の文字はアラビア語だが、写真では分からないはず。
 死海の塩分濃度は35%ほどあり、通常の海水の7倍。 魚などの生物は棲めないそうだ。 深漬けで、体の水分が抜けて、ミイラになる前に海から上がってシャワーを浴びる。

ヨルダン アムラ城
 昼食をこのホテルのレストランでとり、バスでアンマンを通り越しひたすら東へ。 死海遊泳の疲れか、昼食の時のビールの為か、アムラ城に着くまでの記憶が消えている。

 アムラ城(世界遺産)は8世紀のウマイヤ朝時代に建てられた隊商宿。 後にカリフの宮殿として使われたそうで、レセプションホール、浴室、井戸の3つからなっている。 また内部には多数のフレスコの壁画が残っており、世界遺産に登録されている。
ヨルダン アズラック城
 この壁画には女性の裸体画が目立つ。 イスラムの世界では肖像画は禁止されており、女性の裸体画などはもってのほかであるはずなのに、人目につかない場所では密かに描かれていたそうだ。
 浴室は冷水、ぬるま湯、熱い湯の3つの部屋からなり、冷水の部屋には当時の人々の生活ぶりや動物など描かかれている。また、熱い湯の部屋の天井には天体図が描かれていた。

 ここからさらに東のアズラック城へ。 ヨルダンもこの辺りまで来ると道路標識に「Iraq」とか「Bagdad」の文字が目立ってくる。 あと200Kmも東に行けばイラクとの国境があるのだ。
 アズラック城は紀元前1世紀ナバティア人によって作られた隊商宿の跡に、2世紀ごろローマ人が要塞を建て、さらに13世紀のマムルーク朝時代には中庭にモスクも作られた。 建物はこの近くで採れる黒玄武岩を使っているので、城全体が黒ずんでいる。 第一次世界大戦の折にはロレンスがダマスカス攻略の拠点としてここを使ったそうだ。 城の入り口は2枚の大きな石の扉で、屋根は細長く切り出した石で葺いて(もちおくり式と言うそうだ)あった。

 ここからアンマンに戻る途中にハラナ城に立ち寄る。 ハラナ城という名前が付いていて、外観も要塞に見えるが、実際は隊商宿だったらしい。 ヨルダン東部の古城ツアーを終えて、17:30アンマンのメリディアン・ホテルに到着。

ヨルダン アンマン ローマ劇場
 4月24日(日) アンマンはとても丘の多い町である。 8時過ぎにバスでジャバル・アル・カラーという丘に到着。 ここにはアンマン城(シタデル)と国立考古学博物館がある。 アンマン城にはビザンチン寺院と2世紀に造られたヘラクレス神殿跡など僅かなものしか残っていない。 この丘からは南西にアンマンの旧市街を、東にはローマ劇場などを見渡すことが出来る。

 考古学博物館の玄関前にはヘラクレス像の指が飾ってあり、館内には昨年秋に世田谷美術館で開催された「沙漠の王国 ヨルダン展」に出展された「アイン・ガザルの双頭の胸像」、アラム語で書かれた世界最古の旧約聖書の写本の死海文書(しかいもんじょ)、ナバティア人の女神像などが展示されていた。

 丘を降りて、ローマ劇場へ。 この劇場は2世紀頃に建設されたもので、およそ6000人収容のグレコローマンスタイル。 劇場舞台の左右の階段下にはヨルダン伝統文化博物館とヨルダンフォルクローレ博物館がある。

ヨルダン ジェラシュ遺跡 南劇場から
 アンマンを後にして北に走り、45分ほどでジェラシュへ。 ここにはローマ人が作った植民都市のジェラシュ遺跡がある。
 南のハドリアヌスの凱旋門の横から北に進み、戦車競技場(ヒッポドローム)の脇を通って南門へ。 門を抜けて西に進むとジュピター神殿、南劇場がある。 収容人員3000人のローマ劇場。 この劇場の観客席の最上段から北に広がるジェラシュ遺跡を一望することが出来る。

ヨルダン ジェラシュ遺跡 アルテミス神殿
 南劇場を出て、右にフォーラム(広場)を見ながら北へ進むとアルテミス神殿に出る。 アルテミス神殿は一段高くなったところにあり、大きな柱が林立していて、この柱はゆっくりと揺れていた。

 ここから階段を下りてカルド通りに出る。 ここは列柱通りともいわれ、道の両側にはたくさんの柱が立ち並んでいる。 入ってきた南門へ戻るように歩き始めると、右側にニンファウムがある。 これは半神半人の妖精ニンフにささげられた泉の神殿で、ライオンの口から水が出て、水を受けるのは魚の彫刻となっていた。

 1時間半ほどで遺跡の主要部分だけ見て回ったが、劇場、神殿、列柱、教会など盛りだくさん。 アムラ城が世界遺産で、どうしてこのジェラシュ遺跡が世界遺産に登録されていないか理解できない。

シリア ボスラ ローマ劇場
 昼食をジェラシュ遺跡のそばのレストランでとり、ヨルダンの国境の町ラムサへ。 ここでヨルダン・ガイドのバシャールさんと別れてシリアの国境の町ダラーへ。 冗談の好きなシリア・ガイドのアサディさんがここで乗車。 バスはこのままダマスカスまで行くそうだ。

 ダラーから東へ40Kmのボスラへ。 この町は紀元前1世紀にナバティア人の北の都として栄え、2世紀以降はローマ帝国の州都として栄えていたそうで、 ここボスラ(世界遺産)にはローマ時代の遺跡が残っている。 中でも収容人員15,000人を誇る黒い玄武岩で出来たローマ劇場は、その大きさと保存の良さで圧倒する。 収容人員の多さではトルコのアスペンドスのローマ劇場に匹敵するが、舞台の大きさ、付帯設備を含めると他を凌いでいる。

 音響効果も良く、ステージの中央で誰かが拍手をしたらとても良く響いた。 すると添乗員さんが「皆さん、歌をうたいましょう。」と皆を誘い、拍手の後だから「幸せなら手をたたこう」を歌い、その後添乗員さんがどうしても歌いたかった「ふるさと」まで2曲も付き合ってしまった。

 シリア南部のこの辺りは平地が多く、緑豊かな穀倉地帯である。 この後南北に走る高速道路にのってダマスカスへ。 ダマスカスのホテル・シャーム・パレスには18時半到着。 ホテルで両替。 通貨はシリア・ポンド(SP)。 1SP=¥2.1。



シリア ダマスカス
ドアノッカー ファティマの手
シリア ダマスカス 聖アナニア教会 パウロの脱出、改心、落馬
 [ダマスカス (Damascus)]
 4月25日(月) ダマスカス(世界遺産)の南東に城壁に囲まれた旧市街がある。 この旧市街には大型バスは入れないそうで、徒歩での観光。 バスを聖パウロ門のそばで降りる。 ここはパウロがキリスト教に改宗して、布教活動を始めたゆかりの地だそうだ。 ここから東門に回り、旧市街へ。 すぐに北の路地を入って行くと聖アナニア教会がある。 聖アナニアとはパウロを改心させた人で、この教会の祭壇にパウロの落馬、改心、脱出の絵が飾ってある。

 教会を出て、東門の方に路地を歩いていると、古い民家のドアーに手の形をしたドアノッカーが付いている。 「ファティマの手」と言われるお守りだそうだ。 ファティマとはイスラムの預言者ムハンマドの4女で、いつも貧しい人を思いやり、病気の人の手当てを進んで行っていた。 慈悲深かったファティマはムスリムの理想の女性で、彼女の手をかたどったものを持つことで救いの手が差し伸べられると信じられたと言う。

 東門から西に伸びる「真っ直ぐな道」を進んで、アゼム宮殿へ。 オスマントルコ時代にダマスカスの知事だったアサッド・パシャール・アゼムの建てた宮殿。 ここは今からおよそ100年前の生活様式を展示している博物館。

シリア ダマスカス ウマイヤド・モスク
 この後12世紀にエレサレムを十字軍から奪還したアラブの英雄サラディーンが埋葬されている「サラディーン廟」の方からウマイヤド・モスクへ。 このモスクは715年に建てられた世界最古のモスク。 女性は入場前に頭から体全体をすっぽり覆うマントを着させられる。

 中庭は大理石が敷きつめられた長さ122m、幅50mの広場で、ハウズと言われる身を清めるための水盤、柱の上にのった宝物庫などがある。 回廊の壁には8世紀当時のダマスカスの町を表したモザイク画があり、 建物の周りには花嫁のミナレット、キリストのミナレットと西のミナレットがある。
 絨毯が敷き詰められた会堂の中には壁にメッカの方向を示す窪みのミヒラブが数箇所あり、 説教壇(ミンバル)の他に、洗礼者ヨハネの首が安置されている廟、キリスト教時代の洗礼盤までもある。 このモスクが出来た頃はまだイスラム教とキリスト教が混在していたことを物語っている。

 モスクを出てすぐ西側のスークを散策。 シリアの街を歩いていて気が付いたのはイスラム教の女性以外にキリスト教の女性も比較的多いことである。 ヨルダンでは髪の毛を出した女性にはめったに会わなかったが、シリアでは2割くらいの女性は髪の毛を出している。 それに集団ではあるが女性が写真の中に入ってくる。 これはエジプト、ヨルダンなどでは考えられないこと。

シリア マルーラ村 聖サルキス教会
 この後旧市街を離れて、国立博物館へ。 正面にはウマイヤ朝の遺跡カスル・アル・ハイルの宮殿の前門がはめ込まれている。 内部は写真撮影禁止。 古代王国ウガリットの発掘品(粘土板、ラピスラズリ)、イスラム時代のラッカからの発掘品、マリ遺跡で発掘されたイシュタル神の像、「イクシャマガン」という政治家の像はコマックスという羽でできたスカートをはき上半身裸の男の像。
 この辺りになると展示物を見ていても時代、地域の関係を簡単に組み立てることが出来ず、挙句の果てには「とにかく沢山並んでいた」という印象しか残っていない。 アンマンの考古学博物館のように写真撮影可ならば、記憶にも残り、かつシリアの博物館の宣伝にもなるのにと思う次第である。

 昼食後、ダマスカスからおよそ45Km北のマルーラ村を訪問。 ここはイエス・キリストが話していたと言われるアラム語が話されている場所で、住民はほとんどギリシャ正教徒。 この街の聖サルキス教会を見学。 教会の中には生贄を捧げるような縁の付いた祭壇があり、ここが元ゼウス神殿であった事を偲ばせる。 中央の祭壇の周りの壁には最後の晩餐を描いた500年前のイコン画などがある。 見学の最後に、教会の方から「アラム語でのお祈り」を聞かせてもらった。 内容は全く分からなかったが、詩の朗読を聴いているようで、心地よい響きであった。

 マルーラ村を後にして、東北東へおよそ200Km、シリア砂漠の中をひたすらパルミラへ。 途中ホムス、パルミラ、バグダッドへの三叉路ではイラク国境まで170Kmの表示があった。 戦火の国の隣に居るのに実感はない。 リン鉱石の工場と鉄道を右手に見ながら走り、砂漠に沈む夕日を見て、19:50パルミラのホテル・シャーム・パレスに到着。



シリア パルミラ エラベル家の墓とアラブ城
 [パルミラ (Palmyra)]
 4月26日(火) 今日はパルミラ(世界遺産)に滞在して、終日遺跡観光。 パルミラとは「ナツメヤシ」を意味する「パルマ」(ギリシャ語)からきている。 シリア砂漠の真ん中に位置するオアシスで、シルクロードの中継地として栄えたところ。

   まずはバスで墓の谷にあるエラベル家の墓へ。 エラベル家はシルクロードの東西貿易を手がけて巨大な富を築きあげた豪商で、この地の貴族であったと見られている。 この墓は紀元103年建立、塔型墳墓と言われる構造で、地下1階、地上4階建て。 地下には召使、1階に主人と家族、2階から4階までを親戚が使用している。 各階とも左右の壁に窪みがあり、石棺は引き出し式で収納され、天井まで重ねて入れられるような構造となっている。

 次にバスで宿泊したホテルの方向に戻り、 三兄弟の墓へ。 この墓は地下墳墓で、およそ400人収容可能な大きな墓である。 建造当時の紀元150年ころは経済状況が良くなかったため、個別に墓を作ることもままならず。 大型の墓を造り、分譲したと考えられている。 墓の内部はアーチ状の天井になっており、壁面は赤色や青色で彩色した幾何学模様や人物像が描かれていた。 正面には葬られた人とその家族らしき人物の彫刻が石棺の上に飾られていた。

シリア パルミラ ベル神殿
 パルミラの観光は遺跡の東端にあるベル神殿から。 この神殿は西暦1~2世紀頃に建てられたもので、東西210m、南北205mの石造の外壁で囲まれている。 その正面には人が通る門、100mくらい左には生贄の動物を通す小さな門がある。
 建物としては当時のセムの最高神ベル(バール)神に捧げられた至聖所が残っている。 至聖所の中の南北の壁には祭壇がある。 南側の祭壇にはバール、土着の太陽の神アルヒボール、月の神アグリボールの小さな像が祀られていたという。 天井には太陽あるいは生命をデザインした円が彫られている。
 北側の祭壇にはベル神の像が祀られていたという。 天井には7つの惑星の神と12星座の神が描かれている。 梁には悪魔と戦う神や豊穣を意味するブドウと卵が描かれている。

シリア パルミラ 四面門
 広場の中央には、年に一度(4月7日)行われる祭りで生贄を捧げるための祭壇も残っている。

 ベル神殿を出て、西側の道路を渡り紀元1世紀のローマの市街跡へ。 ベル神殿のすぐそばに記念門があり、ここから1,200mの列柱道路(カルド通り)が北西に延びている。 かってここには高さは9.5mで直径95cmの柱が750本並んでいたという。 柱の上部につけられた台には英雄の像が置かれ、列柱の外側には商店が立ち並んでいたそうだ。

 カルド通りを進むと右手に浴場跡があり、当時の床のモザイクが残っている。 またこの浴場にはギムナジウム(体育館)も併設されていたそうだ。 左手には収容人員3000人の円形劇場、4つの地域から選出された長老がパルミラを統治するための会議を行った元老院議事堂、 さらにアゴラと言われる隊商たちの商品取引所もある。 ここでカルド通りはディクマノス通りと交差しており、交差点に四面門が建っている。 

 ここから東に折れて、天空の神バール・シャミンに捧げられた神殿の前を通り、パルミラのヘリオポリス・ホテルで昼食。

 昼食後にパルミラ博物館へ。 ここにはパルミラの遺跡から発掘されたレリーフや土器、コインなど様々なものが収められている。 とくにゼノビア女王のコインは有名。
 このパルミラでは267年に有名なゼノビアが即位し女王となり、ローマ帝国に反旗を翻して小アジアからエジプト一帯の交易路独占を図った。 美貌と才知を兼ね備えていたというゼノビアはエジプトのクレオパトラの末裔だと自称していたそうだ。 しかし、西暦272年にパルミラはローマ軍との戦いに敗れて町は破壊され、捕らえられたゼノビアは金の鎖につながれてローマへ移送された。 そしてパルミラの繁栄は終わったと言われている。

シリア パルミラ遺跡 ほぼ全景 アラブ城より遠望

 この後ホテルに帰り、しばしの休憩。18時にホテルから派手な送迎バスに乗って、アラブ城へ。 このアラブ城はローマ時代に物見やぐらが作られ、 12世紀には十字軍に備えるために城塞が建築されたたそうだ。 城塞の上からはパルミラの遺跡が一望できる。 また砂漠の彼方に沈む夕日はとても美しかった。
 夕食にはユーラシア恒例のソーメン。 連日アラビック料理で疲れた胃が歓迎していた。



シリア ハマ 水車
 [アレッポ (Aleppo)]
 4月27日(水) 7:30 ホテルを出てバスで西へ。 パルミラからホムスまでおよそ2時間、道路は舗装されているが大きなうねりがあるようで、バスの中で気分が悪くなった方もでる。 ホムスからハマまでは高速道路で30分。

 ハマにはシリアで二番目に長いオロンテス川が流れており、この川に水をくみ上げる大きな水車が残っている。 14世紀頃から作られたそうだ。 現在のものは比較的最近作られたそうで、最大の水車は直径21m、121の箱が付いていて、一つの箱は21リットルの水が入り、1分間におよそ3回転で7,200リットルの水をくみ上げるそうだ。 重低音の音を響かせ水車はゆっくり回っている。

 ハマでしばし休憩の後、北のエブラへ。 大きな丸い丘に囲まれた中に古代エラブ王国(紀元前17~25世紀)の都市遺跡がある。 1964年から発掘が始まったそうで、現在も発掘中。 城塞や愛の女神を祀ったイシュタール神殿、王宮などが発掘され、およそ17,000に及ぶ楔形文字の刻まれた粘土板の古文書、エブラ王の富と権力を象徴する金の装飾品などが発見されたそうだ。

 ここからさらに北のアレッポへ。 アレッポ(世界遺産)はシリアで二番目に大きな都市。 到着してからすぐに昼食。 この後考古学博物館に行く。 入り口にはテル・ハラフ遺跡で発掘された紀元前9世紀の黒い玄武岩のハダト神とイシュタール神のコピー像がある。 この博物館にはシリア各地で発見された土器・矢尻・ギリシャ時代のモザイクやレリーフ・皿・ガラス壺等が展示されている。 先程のエブラ遺跡から出土した楔形文字の粘土板もここに展示されていた。

シリア アレッポ 城塞
 次にアレッポ城に行く。 この城は海抜440mの丘の上にあり、紀元前10世紀に造られたハダト神の神殿があった所に、ローマ時代になって要塞が築かれ、 12世紀にサラディーンの子ガーズィーによって周囲に堀が巡らされて現在の形になった。
 正面の建物は高さが34mある。 城門には隠し出口や侵入者を防ぐ熱油落しがあり、 入り口の上にはハダト神のシンボルである蛇が彫られている。 上の階には参謀本部・玉座のある公式謁見室がある。 この他に武器庫、ビザンチンホールと呼ばれる広間があり、王宮への通路などには隠し扉が設けてあり、複雑で迷路のようになっている。
 城塞の中心の道路に沿って、12世紀に造られたの小さなアブラハム・モスク、13世紀の大モスクがあり、さらに進むと城壁の上に出る。 ここからはアレッポの町並みを一望できる。

   アレッポ城を出て、すぐ近くのアル・ハラウィア・メドレセへ行く。 この建物は6世紀に造られたビザンチンの大聖堂が12世紀にモスクに改造されたもの。 高さ45mのミナレットがある。 靴を脱いで中に入ると、中には絨毯が敷き詰められており、南側にはメッカの方向を示すミヒラブがある。 木製の精巧なミヒラブで、 サラディーンが作らせたミヒラブだそうだ。 西側に窪みがあるが、ここは教会だったとき聖人へレナを祀る礼拝堂だったそうだ。

 メドレセを出て、すぐ隣にあるスークに行く。 狭い路地で、貴金属、アクセサリー、食料品、家具と何でもある。 アレッポに来たらオリーブ石鹸を買うべきだそうで、洗顔、洗髪用の200gの石鹸がUS$2。 日本では¥500~800だそうだ。 宣伝文句に乗って2個購入。
 アレッポのホテル、シャーム・パレスには18:15到着。

シリア カラート・アル・ホスン クラック・デ・シュバリエ
 4月28日(木) 8:15ホテルを出て、アレッポからホムスまで高速道路を南下。 ホムスから西に向い、 11時にカラート・アル・ホスンに到着。 ここにはクラック・デ・シュバリエがある。

 クラックとはクルド語で「城」、シュバリエはフランス語で「騎士」を示す言葉だそうで、さしずめ「騎士の城」と言ったところか。
 この城はローマ人が要塞を建てた後に、クルド人が手を加え、さらに12世紀十字軍の手に渡り、1144年イタリア人を中心とした騎士団によりほぼ現在の形になり、 さらにその後の1271年マムルーク朝の手に落ちてからイスラム風の内装に変わったと言う。
 切り立った丘の上に建つこの城には二重の防壁がある。 中には十字軍時代の教会を転用したモスク、400頭もの馬を収容できる厩、オリーブ・オイルやワインを貯蔵していた食料貯蔵庫、会議室兼裁判所、パン焼き釜のあるキッチン、牢屋などがある。 見張り塔に登ると西側の50Km先にある砦まで見渡すことができ、眼下に広がる穀倉地帯を一望できる。

 昼食はクラック・デ・シュバリエの全景が良く見える丘のレストランで。 昼食後シリアの国境の街ダブジーに向う。 出国の手続き後、シリアのガイドさんとバスとお別れをし、レバノンのバスに乗り換える。 レバノンでは女性のガイドのマルセルさん。 この国に来ていよいよイスラム色が薄くなる。

 ヨルダンではイスラム教徒は国民の93%、シリアでは85%だが、レバノンは宗教の坩堝のようで、イスラム教(シーア派、スンニー派、ドゥルーズ派) キリスト教(マロン派、ギリシャ正教、ギリシャカトリック、アルメニア正教)が混在している。 宗教上の問題で1975年から14年間レバノン内戦もあった。 これに関連してレバノンに駐留していたシリア軍が昨日(4月27日)完全に撤退したというニュースも流れていた。 今年の2月14日に発生したハリーリ前首相暗殺事件も記憶に新しい。 国境の町アブディーエから今までとは違った気持ちでレバノンに入国。



レバノン トリポリ サン・ジル要塞
 [トリポリ (Tripoli)]
 国境を越えてから、地中海の海岸線を南下してトリポリへ。 右には穏やかで明るい地中海が広がり、左前方には雪渓の残ったレバノン山脈が連なっている。

 トリポリはレバノン第二の大きな都市。 トリとは3、ポリは都市(ポリス)を表し、紀元前9世紀にサイダ、ティルス、アルワの3都市がここで争ったのでこの名が着けられたと言われている。

 16時にサン・ジル要塞に到着。 サン・ジル要塞は1104年十字軍にによって建てられた要塞で、その後マムルーク朝時代、オスマントルコ時代に修築されたものが現在残っている。 城壁には熱油落しがあり、はるか14Km先の泉から水を引いてきて貯めた貯水槽、ファティーマ朝時代の霊廟などがある。 屋上からはトリポリの市街が一望でき、街の向こうには地中海が、反対側にはレバノン山脈が見える。

レバノン トリポリ 目隠しの窓
 この後城塞を出て、アブ・アリ川沿いを歩いてスークに行く。 ここのスークは専門別に分かれていて、食料品のスーク、貴金属のスーク、布製品のスーク、仕立て屋のスークなどがある。 中には昔のキャラバン・サライを使って、中庭で石鹸を作れるようにしてあり、400種類ものオリーブ石鹸を扱っているスークもあった。

 スークの中を歩いていたら、2階に目隠しのついた窓のある家があった。 人に顔を見られずに外を眺めるために造られた物だろう。

 バスで沿岸に出て、ライオン塔の前を通り、トリポリのホテル、クオリティ・インに18時到着。

 この日は朝3時、急に腹痛。 エジプトの時と同じ症状。 朝食、昼食抜き。 クオリティ・インに入っても体調が安定せず。 空腹だが食事を取る自信が無い。 夕食のレストランに行かなかったら、添乗員さんがポタージュのスープとパンを手配してくれて、部屋でいただく。 この時のスープの美味しかったこと。 添乗員さんに感謝 !。

レバノン レバノン山脈
 4月29日(金) 8:30ホテルを出て、レバノン山脈の最高峰サウダ山の南、ブシャーレにレバノン杉を見に行く。 レバノン山脈の北にあるサウダ山は標高3087m。 山脈に近づくにつれて雪渓が美しくなってくる。 レバノン杉はあの雪渓のある麓あたりにあるだそうだ。

 途中レバノンで最も美しいと言われている深い谷のガディーシャ渓谷を通る。 「ガディーシャ」とはアラム語で「聖なる」を意味する言葉だそうで、 ビザンチンやウマイヤ朝の迫害から逃れてやってきたキリスト教・マロン派の人々がこの渓谷の洞窟の中で神との交信を行ったことに由来する名前だと言う。

レバノン レバノン杉
 この後さらにバスは山の麓に進む。 車窓からはエデンの町とその下に広がる渓谷が見える。 エデンの町には立派な家が多い。 外国に出て成功したレバノンの人は故郷のこの辺りに立派な教会や家を建てるという。 蛇足だが、日産自動車のカルロス・ゴーン社長もレバノン人(ブラジル人と思っていた)で、レバノン政府から帰ってきてレバノンのために働かないかと打診があったとか。 狭い国なので活躍の場を海外に求めるのであろうか。

 いよいよレバノン杉(世界遺産)の森に到着。 春浅く、最近森の中(森林保護区)に入れるようになったそうで、森の中にはまだ雪が残っている。 樹齢2000年、レバノン杉の大きいこと。 根元の幹の直径でさえ2m近くあり、そばに立っている人が杭のようにしか見えない。
 レバノン杉は成長が遅く一年に1Cmくらいしか伸びないという。 したがって木質がしっかりしていて、古代からフェニキア人のガレー船、さらには神殿の材料などに使われてきた。 現在では大きなレバノン杉は1000本程度になっており、小さな苗の植林も行われていた。

 森の中で森林浴をしながら散策。 レバノン国旗のモデルとなった樹齢3000年と言われている最古の杉は森林保護区の外のお土産屋さんの横にある。

レバノン ビブロス遺跡 十字軍の城塞
 昼食後、山を降りて、地中海方面へ。 5250年前から人々が住み続けていた最古の町のビブロスへ。 ここはトリポリとベイルートの中間くらいに位置する港町で、ここの港からレバノン杉とエジプトから運んできたパピルスをギリシャへ輸出していたが、ギリシャ人はパをバと発音したのでパピルスはバビルスとなりバイブルの語源になったと言われている。

 ビブロス遺跡(世界遺産)ではまずマロン派の教会を見学する。 カソリックではキリストは神であると同時に人であると解釈しているが、マロン派はキリストは神のみであると解釈している。 洗礼は教会の中で行うのが一般的であるが、この教会では入り口前のドームの下で行うらしい。 教会の中は意外とシンプルでカソリックの教会のように聖画や彫刻で飾り立てられていない。

 次いで十字軍の城塞を見学する。この城塞の石垣にはローマ時代の円柱の輪切りがはめこまれていた。 十字軍は城塞を築くのに安易に建築材を他の所から持ってきて造ってしまう。 この城塞もローマ遺跡から持ってきたものと思われる。
 城塞の屋上からフェニキアの住居跡などの遺跡が見える。 一段高い所に見えるのが5000年前のバーラット・ゲバル神殿の跡で、美の神ベールが祀られていた。 塔がたくさん立っている神殿の跡は空の神を祭ったオベリスク神殿で、エジプトの影響が見られるという。
   城塞を出て遺跡の中を歩く。 大きな泉の跡があり、このそばに町名の起源になった女神エルの神殿があった。
 海へ向かって歩いていくと10m近い深さの四角い竪穴があちこちに開いていた。 フェニキアの王の墓で、竪穴の下部には横穴が掘られていてその中に石棺が収められていた。 石棺にフェニキア文字の碑文が書かれているアヒラム王の墓が発見されたのはここである。
 遺跡の片隅に小さなローマ劇場があった。 元は別の場所にあったのだが、下にある遺跡を発掘するため移設されたそうだ。

 17時にビブロスを出発して、今日からの宿ベイルートのホテル・マリオットに17:50到着。



レバノン ベイルート 鳩の岩
 [ベイルート (Beirut)]
 4月30日(土) 本日からベイルートに3日間滞在する。 ベイルートはレバノンの首都で、人口はおよそ120万人。 もとはセム系のカナン人により作られた町で、1970年代ころまでは中東の最も重要な基地として発展し続けてきた。 1975年から14年間内戦によりベイルートはイスラム教徒の西ベイルート地区とキリスト教徒の東ベイルート地区に分かれ、旧市街は戦場となってしまった。 1989年終結し、その後復興がなされているが、街のあちこちに未だ銃弾の傷痕が残った建物がある。

 今日はベイルート市内と近郊の観光。 ホテルを8:30に出て程近い「鳩の岩」へ。 ベイルートの西端にある大きな2つの岩。 フランス統治時代にこの岩に伝書鳩が集められていたのが名前の由来だそうだが、なぜここが観光地なのか理解できない。

 鳩の岩では写真を撮っただけで、街の中心のベイルート国立博物館へ。 この辺りが一番戦火の激しかったところだそうで、この博物館も被害を受け、修復されて1999年に再開したとのこと。

 9時の開館と同時に入ると、内戦による展示物の保護と内戦後の修復作業を紹介するビデオが上映された。 一階の入り口の近くの床には1人の女性の顔を中心として8人の男性の顔が描かれたモザイクが置かれている。 中央の女性はカリオペという哲学の神で、 周りの男性はソクラテスと7人の哲学者の肖像である。 この他にアレキサンダー大王の生い立ちのモザイクやフェニキア文字の碑文が刻まれたアヒラム王の石棺、 ティルスから発掘されたトロイの戦争をモチーフとした石棺、 ビブロスで発見された「巨人」と呼ばれているエジプト風の大きな石像、 牛に乗ったエウロペのモザイク、 医学の神イシュムシに奉納された沢山の赤ちゃんの像などが展示されていた。

レバノン 犬の川 英雄たちの記念碑
 二階には石器時代に矢じり、フェニキア人の富の源となった染料の緋色のもと「ミュレックス」という貝、 ビブロスで発掘されたとんがり帽子をかぶったフェニキア兵士の像、 エジプト王から送られた動物の金製の小像、ペスという安産の神の像などが展示されていた。

 この後ベイルートの北15Kmほどの犬の川へ。 この川に沿ってメソポタミアとエジプトを結ぶ道があり、 当時番犬代わりに犬の像を置いていたことからこの川は犬の川と呼ばれるそうだ。 ここには勝利者や英雄が4000年にわたり残した記念の碑文がある。 エジプトのラムセス2世がガディッシュの戦いの際にここを通ったとき、 石碑を建てたことがきっかけになって、 ここを通る歴代の英雄たちが石碑を残すようになったという。 石碑の数は全部で21あり、ナポレオン3世のものや、最近では2000年5月24日にイスラエルが撤退したことを示す石碑もある。

 ここから少し上流にバスで上がり、 さらにケーブルカーに乗ってジェイタの洞窟へ。 この洞窟は上下2階層。 まずは上の洞窟に入る。 「ジェイタの洞窟」など中東に来るまで余り聞いたことが無かったが、中に入ってびっくり。 中の大きさ、石筍、鍾乳石(世界最長で7.3mもある)の見事なこと。 日本の龍泉洞 幽玄洞 あぶくま洞 秋芳洞、龍河洞などすばらしいと思っていたが、ジェイタの洞窟は比べ物にならないほどすばらしい。

レバノン ベイルート 2月14日テロの現場
 一旦外に出て、 おもちゃの様な電気列車に乗って下の洞窟へ。 こちらは箱型のボートに乗って洞窟内を見学。 ボートを操る船頭さんが、いろいろな形の石筍を指し示し、「カクタス」「キングコング」「ピサ」とか「ロミオとジュリエット」などと説明してくれる。 自然が作った造形、確かに似ている。 上下の洞窟は何れも写真撮影禁止で、カメラを入り口のロッカーに入れてからの入洞。 ここの洞窟のすばらしさを写真でお見せできないのはとても残念。 したがって日本ではジェイタの洞窟は余り知られていない。 レバノンに行ったら一見の価値あり。

 ベイルートに戻って、大統領官邸のそばでバスを降り、市内を散策。 この辺りは内戦後の復興が早かったところ。 復興の最中にローマ遺跡(浴場跡)が見つかり、発掘、修復されていた。 この辺りはどこかを掘れば遺跡が出てくるとのこと。

 この後1291年に造られたアル・オマリ・モスク、マロン派の聖ジョージ教会、大モスクを見学。 2月14日テロで爆死したハリーリ前首相の葬儀会場にも寄り、 さらにテロの現場のジョージ・ホテルも車窓から見る。 テロ現場はこれから国連の国際調査団が調べるらしく、壊れた建物、自動車などがそのままであった。
 レバノン国民から慕われていたハリーリ前首相は反シリア派で、このテロ事件はシリアが起こしたのではと疑われ、 レバノン内戦以降も駐留していたシリア軍の撤退が早まったと言われている。

レバノン ベイルート 内戦終結のモニュメント
 5月1日(日) 今日はレバノンの東部にあるバールベック遺跡とアンジャル遺跡の観光に行く。 レバノンには南北にレバノン山脈が、これと平行してヨルダンとの国境付近にアンチレバノン山脈が走っている。 バールベックとアンジャルの遺跡はこの二つの山脈の間にある。 この地域はベカー高原といわれ、レバノンで一番肥沃な土地。 小麦、大麦、ジャガイモ、ブドウなどが栽培されている。

 ホテルを8:30に出て、ベイルート-ダマスカス道路を東に進む。 ベイルート市内を出た辺りに高い塔が現れた。フランスの建築家アマル・フェルモンドが作った内戦終結のモニュメントだそうで、 塔の中には実際に使われたソ連製の戦車が沢山埋めこまれている。 またこの記念碑の前には17世紀にレバノンを統治したサファー・ディーレの騎馬像がある。 ブラジルにいるレバノン移民が建てたものだ。 現在のレバノンの人口は約300万人だが、ブラジルには約700万人ものレバノン人がいるそうだ。

 レバノン山脈を越え、ザハレの町でベイルート-ダマスカス道路と別れ、右手にアンチレバノン山脈を見ながらベカー高原を北に走る。 10時にバールベックの町に入る。 バールとはフェニキアの神バールを指し、ベックとは場所の意味だそうだ。

 バスはバールベック遺跡のそばの石切り場に止まる。 ここはバールベックに使われた石材が切り出された所。 ここには幅4.5m、高さ4.3m、長さ21.4mで重さ1211トンの巨大な石が半分地面に埋もれている。 エジプトの切りかけのオベリスクよりも大きいそうだ。

レバノン バールベック遺跡 ジュピター神殿
  石切り場を出発しバールベックの遺跡に向かう。 この神殿はベカー高原で一番高い海抜1100mの所に造られており、フェニキア人は高い所に神がいると考えてここに神殿を造ったと言われている。
 10分ほどでバールベック遺跡の前に出た。 バールベック遺跡(世界遺産)にはジュピター神殿、バッカス神殿、ビーナス神殿の3つの神殿があり、ビーナス神殿は道路を隔てた場所にり、目下発掘調査中。

 遺跡の東側の神殿入り口には階段がある。 階段の上にはカラカラ帝の時代にエジプトのアスワンから運んできた花崗岩で造られた柱が立っている。 現在7本立っているが当初は12本の柱があったそうだ。  階段を上ると六角形の前庭に出る。 庭の直径は62mある。 前庭を造ることはフェニキア時代の神殿の様式でレバノンにしか見られない。 六角形の各辺の壁には空、地、太陽、月、火、水を司る六神が安置され、 参拝者はここで瞑想してから祭壇に向かったそうだ。

レバノン バールベック遺跡 バッカス神殿
 前庭の先には大庭園があり、ここには大きな祭壇と小さな祭壇がある。 ガイドさんの説明ではこれらは祭壇と言われているが、実際は神殿に入ることを許されなかった人たちがジュピター神殿を眺めるために作られた高台だったそうだ。 この他に身を清めるためのプールもある。

 ジュピター神殿は大庭園の奥の階段を上がったところにある。 ここには当初長さ22m太さ2.2mの大理石の柱が54本立っていたが地震で倒れ、今は6本しか残っていない。 22mの柱は3本の柱を積み重ねて作ってあり、つなぎ目には3つの穴が空けられていて、 ここに焼いた鉄棒を入れて押し付けて接合したそうである。

 次にジュピター神殿の南側のバッカス神殿へ。 こちらは小さ目の神殿で、地震に耐えて原型に近い状態で残っている。 屋根は残っていないがレバノン杉で造られていたという。 内側の壁には神殿の発掘を決めたドイツのウィリアム2世の名を刻んだドイツ語とアラビア語のプレートが貼り付けられていた。 神殿入り口の柱には酔った人のレリーフがあり、周りにブドウが描かれているので、この神殿がバッカス神殿であることがわかったそうだ。 もう1本の柱にはブドウ、ザクロ、麦などのレリーフがある。
 神殿の北側の壁と列柱の間の天井にはローマ時代の有名人の像がある。 下には地震で落ちた女性像のレリーフがあり、胸に蛇がいることからこの女性はクレオパトラ7世で、女性の下に見える波の形はナイル川を表すと考えられている。
レバノン アンジャル遺跡 カリフの宮殿

 昼食をバールベックの街のレストランでとった後、アンジャル遺跡へ。 35分ほどでアンジャル遺跡(世界遺産)に到着。

 アンジャルとは「岩からの水」のことで、ここに泉があったそうだ。  この遺跡は8世紀、ウマイヤ朝の時代に築かれた商業都市。 初期イスラム時代のために、未だイスラム建築が確立していなかったため、ローマの街作りが取り入れられている。 真っ直ぐのカルド通りには列柱があり、その両側には600点ほどの商店街となっていたという。 またカルド通りとデクマノス通りが交差するところには4本の柱を組み合わせた四面門が立っていて、現在そのうちの1組が復元されている。
  四面門のそばにはカリフの宮殿がある。 この遺跡はイギリスの調査隊が復元したものだそうだが、作業が雑で宮殿の南の壁と西の壁とで2階の床の高さが2mくらいくい違っている。
 カリフの宮殿の南側にモスクの跡があり、さらに道路を挟んで南側に女の宮殿(ハリーム)の跡がある。ここには女性以外に男の子供も母親と一緒に住んでいたが、12歳になると出ていかなければならなかったそうだ。 城門の近くには公衆浴場(ハマム)の跡があり、床のモザイクが残っている。
 この遺跡の中に数日前までシリア軍が駐留していたらしく、遺跡の一部を兵舎に使っていた跡も見ることが出来た。
 再びレバノン山脈を越えて、17時にホテルへ戻る。

レバノン ティルス遺跡 ローマ列柱道路
 5月2日(月) いよいよ観光最終日。 今日はベイルートの南のティルスとシドンを回る。
 ティルス(世界遺産)はベイルートの南およそ70Kmの所にある。 朝食後、昨年12月に出来たばかりの高速道路を通り、さらにバナナやオレンジ畑の中をティルスへ。

 ティルスとはギリシャ語で「砦」を意味し、 この町は同じ意味のアラビア語のスールという名でも呼ばれている。 紀元前1000年ころにフェニキアの王ヒラムが沖にある3つの小島をつないで海中に高さ45mの砦を造った。 紀元前332年にアレキサンダー大王はこの砦を攻めるため陸と島の間に橋を造って、7ヶ月かかってティルスを征服した。 この橋に土がたまって島は陸続きになった。 現在フェニキアの遺跡はなくローマ遺跡だけが残っている。

 この遺跡は陸側の町の遺跡と海側の町の遺跡の2つからなっている。 まず陸側の町の遺跡を見学する。 ローマ門をくぐると左右にたくさんの石棺が並んでいる。ここは墓場(ネクロポリス)で、 レリーフをつけた石棺もあるが大雑把な形の未完成の石棺もある。 きっと完成前にお金が尽きてしまったのだろう。

 墓地を通り過ぎると正面に凱旋門があり、ここから列柱道路が続いている。 列柱の裏側には壁があり、列柱と壁の間に屋根がふかれていて商店街になっていたそうだ。 ここにはティルスの町に水を運んだ水道橋もある。 商店街の脇は広い空き地になっていて、競馬場(ヒッポドローム)だった。 大きさは縦450m、横120mもあり、4万人の観客席が設けられていた。 観覧席の一部が残っていて、この観覧席の下にはまっすぐな通路が続いている。 この通路に沿って商店が並んでいたという。 またこのそばには公衆浴場があり、敵対するサポーターのために別々に浴場が作られてあったそうだ。

 次に海側の町の遺跡を見学する。 ここの列柱道路はモザイクが張ってあり、一部大理石を張ってあるところもあった。 この道路は山側の町の列柱道路とつながっていたらしい。 列柱道路の脇に浴場の跡がる。 ローマの浴場には冷水、ぬるま湯、熱い湯と3つの浴室があり、 熱い湯の浴室の下にはスチームを通すトンネルがあった。 冷水の浴室の床にモザイクのタイルが残っていた。

 [蛇足]: かって、ここの海岸を王様が犬を連れて歩いているとき、犬が貝を食べたら、口の周りが紫色に染まってしまったそうだ。 この貝は「ミュレックス」と言うもので、 熱湯を注ぐと汁が紫色に発色し染料になることがわかり、その後この国の重要な輸出物になった。 当時紫色をフェニキアと言っていたことがフェニキアの語源になったという。
レバノン シドン遺跡 海の城砦

 来た道をベイルートの方に戻り、リタニ川の畔のレストランで昼食。 旧約聖書の中で、このリタニ川から南は「ヘブライ人の地」と神から約束されていたと言う。 まさにヘブライ(イスラエル)の地に入ってしまったことになる。

 昼食後レバノン第三の都市シドンへ。 1111年に十字軍の町になったこの町には海の城砦がある。 1227年からわずか2年間で造られたそうで、十字軍の砦らしく、あちこちから石材をかき集めて作ってある様子がわかる城砦である。 入り口の門の下にはどこかのローマ遺跡から持ってきたと思われる花崗岩の柱が横たわっている。 城壁にも丸い柱が埋め込まれている。

 さらにシドンの旧市街のハーン・フレンチ(フランス人のキャラバン・サライ:隊商宿)に行く。 入り口をくぐると正方形の広い中庭があり、周りを2階建ての石造りの建物が取り囲んでいた。 1階の部屋は動物を入れる部屋で、馬やラクダを繋ぐ「穴のついた柱」や「水飲み場」があった。

 観光の最後にシドンのスークに行く。 ここのスークは今までに立ち寄ったスークの中でも綺麗なほうだ。 誰も買わないのに、レバノンのお菓子「マムー」と「サニューラ」をいただき、つまみ食いしながら石鹸博物館へ。 ここでオリーブ石鹸の作り方を教えてもらい、色々な石鹸、ハマムで使う入浴の道具などを見学する。 スーツケースは重量オーバーになっており、お土産を入れる余裕が無い。

 ここからベイルート空港までおよそ30分、 17:25に空港に到着。 20:45発エミレーツ航空EK954便でドォバイへ。



 5月3日(火) 1:00ドォバイに到着。 2:50発エミレーツ航空EK316便で関西空港へ。 飛行機は良いが、機内サービスはいまいち。 特に食事は・・・・。

 17:25関西空港に到着。 18:40発エミレーツ航空EK6252便(日本航空コードシェア便)で羽田空港へ。 19:50羽田空港に到着。 皆さん、お疲れ様でした。


 [エピローグ]
 ▼添乗員さんは確かに Good Tour Conductor だった。 しかし中東は歴史、文化の入り組んだ地域。 先史古代文明時代、ギリシャ・ヘレニズム時代、ローマ時代、ビザンチン時代、イスラム初期時代、十字軍時代、マムルーク時代それにオスマン・トルコ時代。 途中から頭の中はごちゃごちゃ。 にわか勉強ではとても歯が立たないことを実感。 ▼何処の国に行っても小銭の必要なトイレ・チップは煩わしいもの。 この添乗員さんは「トイレ組合」を作り、参加者のトイレ・チップを添乗員さんがまとめて支払ってくれて、 旅行の最後に組合費(トイレ・チップ代)を徴収する。 すばらしいサービスだと思う。▼ダマスカスの国立博物館での事。 展示室のあちこちに邪魔なショーケースが置いてある。 横にラベルが張ってあり、「JAICA」と表示されていた。 ここの展示品を収納するには不都合らしく使われていない。 これに私の税金が使われているのにと憤慨。 現地事情を分かって協力をしてはどうか。 アレッポの考古学博物館にも同じようなものが。▼ペトラ、ジェラシュ、パルミラの遺跡の大きさに驚き、十字軍の砦のいい加減な作り方にあきれ、死海での浮遊体験で不思議な気持ちになる旅であった。 ▼シリア、レバノンではムスリムの女性でさえ「ハロー」と声をかけてくる。 旅行前と後では中東のイメージが全く違う。 日本での情報がアメリカナイズされていることを痛感した。▼旅行後数日経って日本航空から連絡があり、提携会社(エミレーツ)を利用したツアーにはマイレージが付かないとのこと。 全日空では提携会社を使ったツアーでもマイレージが付くのに。 今後はなるべくスターアライアンス加盟の航空会社を使ったツアーにしよう。