神秘な国モロッコ
 2005年06月 モロッコ大周遊と幻想のサハラ砂漠 14日間
 モロッコ、この国の名前を聞いただけでもエキゾチック。 旅友の勧めもあり、以前から行きたかった。 4月14日にNHKで世界遺産「フェズの迷路」が放映され、さらに興味を持たせてくれる。
 今回のツアーは、パリからカサブランカに入り、すぐに首都ラバトへ。 ここから港町タンジェを通り、ティトゥアン、ショウエンからフェズへ。 フェズで3連泊して、近郊のメクネス、ヴォルビリスも訪れる。 ここからアトラス山脈を越えてサハラ砂漠のそばのエルフードへ。砂漠と朝日、夕日を楽しむ。次にカスバ街道を通り、トドラ渓谷を訪ねて、ワルザザートへ。さらにタウリルトのカスバ、ティフルトゥトのカスバ、アイト・ベン・ハッドゥを訪ねながらマラケシュへ。 ここではメディナの中を時間たっぷり楽しみ、最後に列車でカサブランカへ。 カサブランカの観光の他に「バー・カサブランカ」に寄る楽しみもあるそうだ。
 モロッコの世界遺産6ヶ所とサハラ砂漠、カスバ街道を回る。 さらにこの季節、ジャカランダが咲いている時期とのこと。 昨年秋の南アフリカに続いて再びジャカランダの花を楽しめる。
プロローグ   マラケシュへ   マラケシュ   ワルザザート
エルフード   フェズ   タンジェ   ラバト   カサブランカ   エピローグ


 [プロローグ]
 5月3日、中東の旅行から帰ってきてユーラシア旅行社のホームページの出発予定表を見たら、6月9日出発予定の「モロッコ大周遊と幻想のサハラ砂漠」に催行決定の印が付いていた。 5月6日にユーラシア旅行社から催行決定の連絡があり、参加人員は24名だそうだ。 ユーラシアのツアーでこんなに参加人員が多いのは初めて。 

 今回の旅行では、昨年東欧旅行で15日間ご一緒した旅友でメール友の四国・高松のAさんご夫妻と一緒になることになった。 相談して旅行の申し込みをした訳でもないのに、偶然一緒になる。 お互いに「モロッコ」「ジャカランダ」「サハラ砂漠」などに惹かれたか。

「As Time goes by」
 DVDに録画してあった映画「カサブランカ」を再度見る。 イングリッド・バーグマン扮するイルザが「リックの店(Rick's Cafe American)」で昔馴染みのサムを見つけ、ピアノ伴奏で「As Time goes by」を歌わせる。 ナチの手を逃れてここまでやって来た抵抗運動の指導者と人妻。 イルザは昔別れた女。 二人は国外脱出に困っている。 リック(ハンフリー・ボガート)はおんぼろ飛行機でこの二人をリスボンまで逃がしてやる。 男はかく有るべし・・・・か。

 6月2日に最終日程表が届く。 6月18、19日に訪問予定のマラケシュで国際医学会議が開かれるとかで、ホテルの手配ができなくなり、コース順の変更だそうだ。 カサブランカから時計回りでラバト→タンジェ→フェズ→エルフード・・・・ のところを反時計回りでカサブランカ→マラケシュ→ワルザザート→エルフード・・・・ と回ることになった。


 [マラケシュへ]
 6月9日(木) 午後、車で成田空港第一ターミナルへ。 18時に到着。 車を成田場外駐車場の人に預け、ターミナル3階へ。 出発は22時頃なので、レストランで軽い夕食を済ませ、Gカウンターそばで受付開始を待つ。 今回の参加人員は22名。(男性 9名、女性 13名) 内夫婦5組、女性相部屋2組、個人男性5名、個人女性3名。

エール・フランス 背もたれの無い座席
 成田の離着陸は22時までらしく、21:55出発はほぼ最終便。 エール・フランスAE277便の使用機材はボーイング777。 横3-3-3の座席配置。 ほぼ定刻に離陸。
 離陸後1時間ほどで新潟上空。 気流の関係で多少ゆれて、夕食のサービスが遅れる。 さすがにエール・フランス、食事、ワインともにおいしい。 ところが機材が問題。 各座席の前に付いているモニタの操作がうまく行かない。 画面タッチ方式だが指でタッチしても作動しない。 さらにディスプレーを消すことも出来ない。 夕食後、機内が消灯されても小生の前のモニターを含めて、消されていないモニターが目立つ。 おかげで飛行機の中で始めて睡眠にアイ・マスクを使う。

 6月10日(金)  3:20にパリのシャルル・ド・ゴール空港に着陸。 時刻表の予定よりおよそ1時間ほど早い。 以前はこの空港は4時以降しか使えなかったのが、最近この制限がなくなったとか。 時間調整のため上空で旋回しなくてもよくなったので、早く着陸できたそうだ。 成田空港の離着陸時間との関係で今まではゆっくり飛んでいたと言うことになる。

 シャルル・ド・ゴール空港に着陸する時に小さなハプニング。 ブレーキが左右交互の片効き状態になり、体感的に飛行機が左右にやれて、思わず前の座席をしっかり掴む。 冷や汗たらり。
  早すぎる到着のため、乗り継ぎの待ち時間は6時間。 空港内の店舗もカフェもまだ開いていない。 待合室でひたすら待つ。 6時を過ぎてからカフェが開店。 同じツアー仲間のMさんとドーナッツ、コーヒーをカフェで頂く。

カサブランカ ビール
 8:55にカサブランカ行き搭乗開始。 ここでまたハプニング。 小生の指定座席、21D(通路側)の座席が壊れている。 背もたれがない。 ここに座るの? 添乗員さんと一緒にエール・フランスの客室乗務員に抗議すると「満席ではないので何処かに座れるのでしばらく待ってくれ」という。 添乗員さんが「これがエール・フランスのサービスか?」と抗議すると、空いている座席を問い合わせて、その座席の搭乗券を持ってきた。 おかげで同一便で二枚搭乗券を発券してもらったことになる。 めったにないこと。 それにしても壊れて使えない座席を発券するとは。 エール・フランスは「Fact Finding」が出来ていない。

 カサブランカ・ムハンマッド5世空港到着10:50。 ここから入国手続きに手間取る。 入国管理官の審査が遅い。 特に遅い管理官も居る。 長蛇の列に、アラブ人らしき人が割り込んでくる。 このような所でもアラブ人の生きて行こうとするたくましさを感じる。 入国後、両替。 1DH(ディラハム)=¥12.3。

 12時を過ぎてやっと空港を出て、バスでカサブランカ市内のレストランへ。 気温は30℃を超えている。 カサブランカは大西洋に面しており、湿気も多い。 レストランへは30分ほどで到着。
 モロッコで始めての食事。 飲み物はビール(カサブランカ)。 330mlのビールで40DH(¥492)。 こちらではビールは高い。 サラダ・ニース風(沢山の種類の野菜を刻んで混ぜてある)、白身魚(メルルーサ)のムニエル、パンはもちろんフランスパン。 結構美味しかった。

 昼食後カサブランカのヴォヤージュ駅へ。 ここからマラケシュまで電車の旅。 電気機関車は日本製(日立製)。 定刻より10分遅れで入ってきた電車に乗り込む。 車両は1等車で6人座席のコンパートメント。 ツアー仲間だけの雑談と車窓の景色の移り変わりを楽しむ。 緑豊かな大地から穀倉地帯に入り、一面の麦畑。 さらにうちわサボテンが目立ちだし、やがて土漠へと変化して行く。
 18:50にはマラケシュの駅に到着。 カサブランカの空港でスーツケースを乗せて、先にマラケシュに到着していたバス「ASUKA」号に迎えられケンピンスキー・マンスール・ホテルへ。 このホテルはリゾートホテルらしく、中庭にはプールがあり、別館が多くある。
 19:45からビュッフェスタイルの夕食。 飲み物はビールと言ったら昼と同じ「カサブランカ」が出てきた。 50DH(¥615)、やはり高い。 部屋に戻り、22:30には睡眠。


 [マラケシュ(Marrakech)]
マラケシュ マジョレル庭園
 6月11日(土)  今日は一日マラケシュの観光。 マラケシュの町は11世紀にアルモラビト王朝により首都にさだめられたトルコの中で2番目に古い町。 現在の人口は120万人。 町全体は赤い壁の建物が多い。
 9時にホテルを出て、新市街北側のマジョレル庭園へ。 ここは1920年代にフランス人のジャック・マジョレルがマラケシュに住みたくて作ったアトリエ兼住居。 現在はイブ・サン・ローランの手に渡っているとのこと。 中は回遊式庭園で入るとすぐにサボテンが迎えてくれる。 中南米、南アフリカ、カナリア諸島などの原産のサボテンだそうだ。 奥にはブルーの建物、庭の池にはロータス、竹林、さらにパピルスまで植えてあった。 比較的落ち着いた庭園。

マラケシュ クトゥビアの塔
  ここから旧市街(メディナ)(世界遺産)の中に入り、クトゥビアの塔を見に行く。 このミナレットは高さ67mで、スペインのセビリアのヒラルダの塔についで高さで世界第二位。 ちなみに第三位はモロッコのラバトのハッサンの塔。 これら三つの塔はいずれもヤクーブ・マンスールにより建てられ、三姉妹の塔といわれている(とガイドブック「地球の迷い方」に書いてある。 なお、同書にはモロッコのカサブランカのハッサン2世モスクのミナレットは高さ200mで世界一とも書いてある。 ヒラルダの塔とハッサン2世モスクのミナレット、何れが世界一なのか支離滅裂。 「地球の迷い方」故の表現か?)。
 ちなみに「クトゥビア」とは本屋さんのことで、モスクの周りにコーランの写経屋さんがあり、これが語源になったそうだ。
 塔の4面の模様がそれぞれ違い、塔のてっぺんには団子のような丸い三つの玉がある。これは上からそれぞれ神、大天使、人間を表している。 またこの玉のそばにあるL字の旗竿のようなものはメッカの方向を示していると言う。 この三つの団子とL字の旗竿のようなものはモロッコの多くのモスクのミナレットで見られた。  クトゥビアの塔の横にはモスクの跡があり、柱の跡だけ修復されていた。

マラケシュ サアード朝の霊廟 王族男性の霊廟
 次にサアード朝の霊廟へ。 ここはサアード朝(1549~1659年)の墳墓で、この大墳墓群は1917年に飛行機により上空から発見されたそうだ。 この場所はアラウィー朝のスルタン、ムーレイ・イスマイルがこの墳墓の周囲に高い塀を巡らせてしまったために長い間人目にふれなっかたと言う。

 狭い通路を入って行くと中庭には墳墓がびっしり。 数個の墓を除いて皆同じ方向を向いている。 イスラム教では埋葬するときに身体を横に向けて、メッカの方に向かせて埋葬するためにこのようになったのだとか。 違う方向に向いた墓には異教徒が入っているとのこと。 中庭に埋葬されているのはサアード朝の家来たちで、王族の男性は霊廟の中に、さらに王族の女性は別の霊廟に埋葬されている。 イスラムの世界ではモスクでお祈りをする場所も埋葬される場所も男女別々になっている。

 霊廟の壁の装飾はイスラム独特のタイルと漆喰彫刻でとても美しく、アル・ハンブラ宮殿やトプカプ宮殿を思い出させる。 ここには三大杉と言われるアトラス杉の門もある。(三大杉とはレバノン杉、ヒマヤラ杉、アトラス杉のこと)

マラケシュ ベン・ユーセフ・マドラサの中庭
 ここから歩いてスークの中を抜けてベン・ユーセフ・マドラサへ。マドラサ(中東ではメドレセと言っていた)とはイスラムの学校のことで、ここは1956年までは実際に学校として使用されていた。
 この建物は14世紀ごろに建てられ、今でもイスラム建築の最高傑作と言われている。 建物の柱と壁は繊細な幾何学模様とモザイクタイルで装飾され、床には真っ白の大理石が敷かれている。 天井や梁はアトラス杉。 この建物は2階建てで、1階の学校と2階の居住区からなっている。 入学は6才くらいからで、文学、コーラン、法律などを修学できないと卒業できなかった。 また成績の良い子は明るく風通しの良い部屋が与えられたと言う。

マラケシュ 夕方のジャマ・エル・フナ広場
 マドラサを出て、再びスークの中を抜けて、ジャマ・エル・フナ広場へ。 昼間なので出店は少なく、大道芸人も少なく感じた。 屋台ではオレンジジュースの屋台がかなりでていた。 「ジュースはフレッシュで美味しいが、グラスはどのように洗っているかわからないので、お腹に自身のある人は試してみたら」とは添乗員さんのアドバイス。 大道芸人は蛇使い、占い、猿回し、手足に模様を入れている人など。 それぞれのパフォーマンスでお金を稼いでいる。 およそ40分の自由時間を利用して、広場に面したカフェの二階のテラスに登り、スプライト(10DH)を飲みながら広場の写真を撮る。 ここには夕方もう一度来ることになっている。
 一旦バスでホテルに戻り、遅い昼食。 この後夕方まで自由時間(暑いのでシエスタ)。

マラケシュ ファンタジア・ショー
 19:20再びバスでフナ広場へ。 バスがフナ広場に近づくと、人々の流れが全てフナ広場に向っている。 昼間と違ってものすごい人出。 夕方の喧騒の世界に突入。 広場の屋台も大幅に増えてケバブを焼く煙が広場の中央付近で立ち上がっている。 先ほどのカフェの二階テラスに上がり広場の写真やライトアップされたクトゥビアの塔の写真を撮る。

マラケシュ ファンタジア・ショー ベリー・ダンス
 20:20に広場の片隅の銀行の前に集合し、町のはずれのレストラン(Chez Ali)に出かける。バスで20分ほどのところにあるこのレストランは荒野の中の一軒家といった感じ。 ここで夕食をとり、この後ファンタジア・ショーへ。
 夕食はモロッコを代表する豆のスープ、牛肉とアーモンドにナツメヤシを煮込んだ「タジン」、 それに小麦を小さくなるまで轢いて鶏肉、キャベツ、にんじん、大根などをあわせてなべの中で煮た「クスクス」。 何れも味がしっかりしていて美味しい。 特にタジンは牛肉がしっかり煮てあり柔らかく、ナツメヤシの甘味とアーモンドの香りが絶妙にマッチしていた。

 夕食をとったテントのそばでファンタジア・ショウ。 原住民のベルベル人が大勢グランド内でショウを繰り広げる。 ハイライトはアラブ馬に乗った騎馬の曲乗りと集団滑走(戦争ごっこ)。 走っているときにすさまじい空砲を放つ。 もうひとつはベリー・ダンス。 ここのベリー・ダンスは比較的激しい踊りで、トルコのベリー・ダンスに似ている。 最後に花火が上がり、23:30終了。

 ホテルへは0時少し前に帰ってくる。


 [ワルザザート(Ouarzazate)]
ワルザザートへ テシュカ峠
 6月12日(日)  あいにく今朝から雨模様。 8:30ホテルを出てしばらく町の中を走り、オート・アトラス(Haut Atlas)山脈の麓へ。 この後バスは曲がりくねった山道を峠へと登って行く。 周りの土の色はマラケシュの町の土壁のように赤い。 流れている川も赤い。 山の中に入ってもしばらくは霧の中を走行。 3000メートル級の山並みの連なるオート・アトラスを越えワルザザートへ向かう。

   11:10テシュカ峠(標高2260m)で休憩。 ここにはカフェの他にアンモナイトの化石や「砂漠のバラ」などを売る店が数件ある。 モロッコでは貝や魚の化石が簡単に採れると聞いていたが、これほど店先に並んでいるのを見たのは初めて。 「砂漠のバラ」は砂(重晶石 BaSO4)が結晶したもので、砂がバラの花のような形になっている。 これはオアシスが干上がった辺りに在るそうで、水に溶けていた硫酸カルシウム(CaSO4)や硫酸バリウム(BaSO4)が析出して、結晶となったもの。 添乗員さんからは「この後いくらでも売っているので、比較して選んだほうが良い」と言われ、ひとまず我慢。

 峠を越えると後は下り。 この辺りからすこし岩漠になり、周りの景色が今までとは変わってくる。 天気も良くなり日差しが強くなる。 オート・アトラス山脈の東側は昨日まですごい豪雨に見舞われたそうで、 所々土砂をかぶった道路を通る。。

 13時すぎにアイト・ベン・ハッドウ(世界遺産)の良く見える場所で写真ストップ。 川の対岸にアイト・ベン・ハッドウが遠景としてよく見える場所。 日干し煉瓦のカスバが折り重なるようになっており、こちらと川向こうでは別世界。

ワルザザートへ アイト・ベン・ハッドゥ
 川のそばのレストラン「Al Baraka」で昼食。 名物料理のモロッコサラダ、モロッコオムレツにタジン。 何れも口に合う。
 昼食後、歩いてアイト・ベン・ハッドウへ。 赤い河まで来たが、昨日までの豪雨で水が多く歩いては渡れない。 ベルベル人の「渡し」が居て、馬やロバに乗って渡ることになった。 ガイドさんが交渉して一人往復で10DH(¥120)だそうだ。 小生は馬に乗ることになったが、馬の背は高い。 抱えあげられてやっと馬の背へ。 二人が馬の背に乗せられ、さらに「渡し」の人も乗り、都合3人で川をわたる。 かなり揺れるので渡しの人にしっかり掴まって何とか対岸へ。 他の仲間も馬やロバに乗って対岸へ。 ロバには客だけ2人乗せ、掴まるところも無く落ちそうで大騒ぎ。 結果は一人も川に落ちずに渡りきる。

ワルザザートへ アイト・ベン・ハッドゥ
 アイト・ベン・ハッドウはおよそ350年前のもので、小川のほとりの丘の斜面を利用して立体的に作られたクサール(カスバの集落)である。 日干し煉瓦と土壁(わらのようなものが入っていた)で出来ているカスバ。 中の道は迷路のように入り組んでいて、難攻不落の要塞を思わせる。
 ここはアイト=家族、ベン=息子、ハッドウ=ハッドウ家で、ハッドウ家の息子の家族という意味だそうだ。 現在ベルベル人の8世帯が生活しているそうだ。

   ここで生活をしている家族の家を見せてもらう。 17世紀の姿を残しつつ、世界遺産なので見える所には近代の生活品を使えないらしいが、ソーラーシステムを入れてあり、大型冷蔵庫などの電化製品が入っていて、テレビのアンテナも家の裏手の方に見られた。 応接間は広く、壁側に座る場所が設けてあり、トルコの家庭に似ている。 土壁なので中はひんやりしていて、この強い日差しでも涼しい。

ティフルトゥトのカスバ コウノトリ
 帰りに「川渡り」でもう一度大騒ぎをして次の観光地へ。

16:40 ティフルトゥトのカスバに到着。 ここはマラケシュの司令官だったグラウィが所有していたもので、元ハーレムだったとか。 現在はホテルになっており、中のロビーで甘いミント・ティーをいただく。
 この後建物の屋上へ。 屋上からの眺めは素晴らしく、 雨で増水したワルザザード川の茶色い流れと、濃緑のナツメヤシの林と町が視界の果てまで広がっている。 色の対比が鮮明で美しい。
 また屋上の二箇所にコウノトリが巣を作っており、こんなに間近で見たのは初めて。

 最後にワルザザートの街を通り過ぎて、タウリルトのカスバに行く。 ここもグラウィが所有していたカスバだったそうで、現在は観光化していて、映画村として使われている。 道路を挟んだ向こう側のカスバの写真を撮るだけで観光は終了。

 今夜の宿泊は、フランス軍が駐留地として切り開いたワルザザートの街中のホテル・ベレール。


 [エルフード(Erfoud)]
アメルディルのカスバ
 6月13日(月)  今日は快晴。 昔からの交易のキャラバン・ロードであったカスバ街道を東に進みエルフードへ向う。 8:30にワルザザートのホテルを出発してまもなくバスは本道の舗装道路からそれて迂回。 先週の金、土曜日と降り続いた豪雨のために橋が流されているため。 この辺りは土漠で、ほとんど木が生えていないため雨が降ると保水されず、そのまま濁流となり、簡単に洪水が起こるそうだ。 このように本通りから迂回したのはエルフードまで二回ほど。

 45分ほどバスで走り、スークラという街の手前で下車。 ナツメヤシやユーカリの植えてあるオアシスの中を10分ほど歩くとアメルディルのカスバの前に出る。 このカスバはモロッコの紙幣50DH(ディラハム)にその姿を留めている。 手前に川があり、中に入る時間もなかったが、モロッコで見たカスバの中で最も美しい形をしていた。 持ち主はカサブランカに住んでいるそうだが、修復と保存に熱心だとか。

 ここからティネリールの街まではさすがにカスバ街道といわれるように、大小のさまざまな形をした、壊れかかったあるいは修復されたカスバが点在している。 共通点は唯一つ。 全て日干し煉瓦と土壁で出来た城塞。 中には持ち主が変わって、現在はホテルとなっているものもある。 姿かたちは異なるが、どこかドイツの古城街道に似通っているようだ。

トドラ渓谷
 カスバ街道の中の小さな町々を通り過ぎていて気が付いた。 モロッコはマグレブ(Maghreb)の国の一つで、メッカからかなり離れている。 カサブランカ、マラケシュなどではチャドルやスカーフをつけていない女性にしばしば出合った。 国の宗教がイスラム教と定められているので少し奇異に感じていた。 だがオート・アトラス山脈を越えて、しかもカスバ街道に入ってきたら事情は変わってきた。 真っ黒のチャドルで身を包み、黒のスカーフで頭を覆い、しかも片目だけを出して歩いている人が多い。 この辺りはベルベル人が多いはず。 8世紀にアラブ人が到来して、イスラム教をひろめ、ベルベル人も改宗したそうだが、オート・アトラス山脈の南側では昔のままの生活が続いているのだろうか。

 ティネリールの街でカスバ街道から脇道に入りおよそ15Km、トドラ渓谷に向う。 山間を進むと切り立った岩壁が立ちはだかる峡谷に出る。 ここにはヨーロッパからロック・クライマーたちがこの岩壁を使って練習するために集まってくるそうだ。 そのためにホテルも数軒ある。 一番奥まったところにあるホテル「ヤスミナ(Yasmina)」で昼食。 なかなか良い名前のレストラン。 余談:ブダペストで「タベルナ」というレストランで昼食をとったことを思い出した。

 トドラ渓谷の岩壁は200mくらいの高さだそうだが、奥行きが余りない。 ヨルダンのペトラ遺跡のシクに比べると迫力がない。 したがってヨルダンに行く前にモロッコ旅行をお勧めする。

 17:40にエルフードのホテル・ケンジ・ベレールに到着。 このホテル、道路に面した外壁は今まで見てきたカスバの城壁に似ている。 中庭にはプールがあり、コテージ風の離れの部屋。 夕食後、明日の「サハラ砂漠の日の出」に備えて早めに就寝。

 6月14日(火)  2時に起床。 サハラ砂漠で朝日を見るために真夜中から出かける。
 砂漠に備えて、カメラはビニール袋の中へ。 少し冷え込むとの事で、長袖のシャツを一枚持つことにする。 またユーラシア旅行社の案内では、「靴の中に砂が入り込んで歩きづらいので、靴の代わりに汚れても良い厚手の靴下の重ね履きが良い」とあったが、昨日添乗員さんからは、「砂漠にはどんな生物がいるか分からないので、靴の上から大き目の靴下を履いたほうが良い」との指示。 この辺りがいつも気に障る所。 添乗員の意見(現場の意見)がユーラシア本社に伝わっていない。 サハラ砂漠を前にして、靴の上から履けるような大きな靴下など用意できない。 同じツアーのFさんは地下足袋を用意されていた。 砂丘にはこの地下足袋が良いそうでズボンの裾もまとめられる。 ワークマン辺りで¥800くらいで手に入るとの事。

サハラ砂漠(朝)
 3時に部屋を出ると、満天の星空。 懐中電灯を消して、南北に煙のように架かっている天の川を見る。 子供の頃にはよく天の川を見たものだが、ここ十数年は見たことが無かった。 南西にはさそり座、南にはみなみのかんむり座、東にはペガサス座が見える。 余りにも星が多すぎるので、星座を特定するのが難しい。

 3:15に4台のランド・ローバーに分乗してメルズーカへ向う。 運転手はベルベル人。 驚いたことにこのランド・ローバーは今までにエジプトやヨルダンの砂漠で乗った4WDと違ってメーター類が全て動いている。 計器類が正常に動作しているのがかえって新鮮な感じ。

 暗闇から、彼は誰になるまでおよそ一時間砂漠の中を走り、砂丘の迫った、ベルベル人の家が数軒ある所で車を降りる。 ここからラクダ組と徒歩組に分かれて砂丘に登り、アルジェリアの方向から昇って来る朝日を待つ。
 ラクダは一頭300DH(ディラハム)で二人乗れる。 一人で乗っても同じ料金だそうだ。 徒歩組には6~7人のベルベル人が付いてくる。 砂丘を登るのにきつそうな人の所に寄り添ってアシストしてくれる。 アシストのチップは20DHだそうだ。 砂丘を元気に登っていると、ベルベル人は寄ってこない。

 比較的平らな所まで砂丘を登り、最後に急な勾配の砂丘の尾根に上がり朝日を待つ。 さすがにラクダもこの尾根までは上がれないらしい。 帰りに同じ客を乗せるために、おとなしく膝を折ってうずくまり待っている。
 時折り風が吹いて、砂を舞い上げる。 風が吹くたびにカメラを気遣う。 細かい砂がカメラの稼動部分に入ってしまうとカメラが動かなくなるからだ。
 日の出を待っている間に、砂丘の尾根から、ベルベル人が我々の両足を引っ張り砂丘の下まですべり下ろしてくれる。 これを「ベルベル・スキー」というそうで、お尻で滑り降りるだけだが、結構楽しい。 滑り降りたところで、ベルベル人は持ってきたアンモナイトやオウム貝などの化石を広げて盛んに売りつける。 オート・アトラスのテシュカ峠の時よりかなり安いが、相場が分からない。

岩に埋もれたオーム貝の化石
 5:16砂漠の遥かかなた、砂煙にかすむ北東の空にご来光。 やはり低い位置から見ているためだろうか、朝日がきらきら輝いていると言うわけではない。 やはり、ご来光は「シナイ山」が最高。

ベルベル人のテント
 砂丘を降りて、ランド・ローバーに乗り、太古の海へ。 ここは太古の時代(いつ頃かは聞き忘れた)に海原が隆起して陸になったところで、辺り一面にオウム貝やアンモナイトらしき巻貝などがごろごろと埋まっている。 モロッコで売っている化石は全て本物との確信を持つ。 でも、このような所に来るのをあらかじめ知っていたら、たがねと金槌くらいは用意してきたのに。 残念!

 ホテルに戻る途中に、ベルベル人のテントでミントティーをいただく。 テントの中は二つに分かれていて、ミントティーをいただいた広間(応接間)と家族の居住空間から出来ている。 テントは腰を少しかがめなければ中に入れない。 居住空間は見せてもらえなかったが、この家の主婦であろうか、黒いチャドルとスカーフに身を包んだ方と、若い娘さんが居たようだ。 我々にミントティーを入れてくれたのは若い男性。 この家族は遊牧の生活をしているそうで、ヤギ、羊、鶏、犬に猫まで飼っていた。

 7:40にホテルに戻って朝食。 しばしの休憩。 この時間を利用してシャワーを浴びる。 首筋、耳の中さらに髪の毛にまでサハラの砂が付いている。 シャワーを浴びた後の湯船の底にはざらっとした砂が残っていた。

 10時にホテルを出て、すぐ近くの畑でナツメヤシの植樹を行う。 この植樹はサハラの砂丘が押し寄せてくるのをナツメヤシで防ぐためのもので、現地ツアー会社が企画しているとの事。 畑の管理人の方がすでに用意してあるナツメヤシを所定の位置に立てて、スコップで土を寄せ、水が行き届くようにする。 すでに気温は35℃を超えている。 汗を流しながら、ツアー参加者の人数分だけの植樹を終わらせる。 このナツメヤシには一本ごとに植樹をした人の銘板が後で懸かるそうだ。 確かめるためにはもう一度ここに来なければいけない。

サハラ砂漠(夕)
 この畑から南におよそ20Kmのところにあるリニサの街へ。 ここにはシジルマッサの廃墟がある。 ここは昔ベルベル人の最初の独立王国のあった場所だそうだ。 城壁に囲まれた廃墟を横目に見ながら、ムーレイ・アリ・シェリフ廟へ。 この霊廟にはアラウィー朝の始祖ムーレイ・アリ・シェリフが安置されている。 中には非ムスリムは入ることが出来ない。 門の所から(少し中まで入れて貰って)中庭、モスク、回廊などを見せてもらう。

 すでに気温は40℃を超えているそうで、快晴の直射日光が衣服を通して身体に突き刺さる。 30分ほどスークを回遊するつらい時間を過ごした後、ホテルに戻り昼食。 夕方にサハラ砂漠に夕日を見に行くまで、しばしシェスタ。

 17:15にホテルを出て、今朝と同じ道をメルズーカへ。 砂丘に近づくにつれて道路は在ってないが如し。 幾重にも車輪の跡があり、我ツアーのランド・ローバー4台も勝手なところを走ってゆく。 この辺りはパリ-ダカール・ラリーのサハラ・ステージのコースの一部だそうで、ラリー・レーサーが命懸けで駆け抜けるところらしい。
 再びラクダ組と徒歩組に分かれ、砂丘を登る。 先に他の観光客が大勢来ていたのか、既にベルベル人は出払っていてほとんど残っていない。 夕日が良く見えると言う小高い丘まで登り、落日を待つ。 風はほとんど無く、今朝のようにカメラに気を使う必要も無い。 19:10夕日が西の地平線に傾く。 日が落ちると砂漠は急に涼しくなってくる。 (サバーハル・ヘイル 砂漠は冷えーる これ冗談)

 20時過ぎにホテルに帰着、夕食。 本日はユーラシア恒例のソーメン・パーティー。 砂漠の比較的質素な食事に色を添える。 さらに、同じツアーのI夫人の誕生・パーティー。 サハラで迎えたXX才の誕生日、おめでとうございます。


 [フェズ(Fez)]
ズイズ川沿いのオアシス
 6月15日(水)  今日はエルフードからエル・ラシディア、ミデルトを通り、再びアトラス山脈(中アトラス)を越えてアズルー、イフランの街を抜けてフェズまで行く。

 8:30に緑豊かなエルフードを出発し、北のエル・ラシディアへ向う。 周りの景色はしだいに土漠、岩漠になってくるが、道路に沿って流れているズイズ川のそばはオアシスである。 この辺りのオアシス「アウフス」産のナツメヤシの実「デーツ」は最高級品だそうで、1Kgが12~13ドルするらしい。 ちなみにスークで売っていたナツメヤシの実は1Kgで30DHくらいで売っていたので、4倍くらいの高値である。

 エル・ラシディアの街はモロッコ軍の軍事拠点だそうで、隣国アルジェリアとは余りうまく行っていないようだ。 街の郊外にはエルフード付近まで電力と飲料水を供給するアッダヒール・ハッサン・ダムがある。

削られて荒々しい岩肌のアトラス
 エル・ラシディアの街を出てしばらく走ると、高アトラスの山道に入る。 高アトラスの南側の山肌はサハラの砂嵐に削られて荒々しい岩肌がむき出しになっている。 モロッコは北東から南西に走るこの高いアトラス山脈によりサハラ砂漠をせき止めているのではないかと言う印象を持った。

 ミデルトの街は南の高アトラス、北の中アトラスに挟まれた高原に在る。 この辺りは杏、桃、りんごなどの果樹園が多い。 ミデルトの街中で昔のカスバを再現したレストランで昼食。 昼食後、ベルベル人の子供が化石と砂漠のバラを売りに来た。 アトラス山脈を越えたら砂漠はもう無い。 ここらで化石と砂漠のバラを買うつもりで値段交渉。 直径15Cmほどの巻貝(アンモナイトの小さいもの)を真二つに切って、研磨したものを10ドル、直径10Cmほどの砂漠のバラを1ドルで購入。 二つとも言い値の半分くらいにしてもらったが、巻貝をこれだけ研磨して10ドルならとてもよい買い物をしたと思う。 ちなみにテシュカ峠ではこれくらいの巻貝の二つ割れは30ドル以下にはならなかった。

ザッド峠
 中アトラスを越える最高地点のザッド峠でしばし休憩。 かなり高地だが日差しは暑く、牧羊犬まで僅かな日陰で休んでいる。 バスが止まると遥かかなたからベドウィンの子供たちが猛烈な速度で駆けてくる。 ここでも化石を売るため。 この暑さ、しかも2000mを越す高地であのスピードでと驚く。

 峠を越えて少し下りになった頃から、アトラス杉の林が見えてくる。 この杉は建築材として王宮、モスク、マドラサなどに使われている。 レバノン杉と同じように高地で生育し、成長が遅く、木質が緻密だと言う。

 この後イフランの街で休憩。 ここはフランス統治下に開発された町で、モロッコのスイスと呼ばれている高級リゾート地。 ヨーロッパ風の街並みが続き、モロッコの家並み、カスバなどが全く無い。 モロッコの王様も毎年冬にはここでスキーを楽しまれるとか。

 数回の休憩と昼食以外はバスで走り続け、17:30にフェズのホテル・クラウン・パレスに到着。 お疲れ様でした。
 ホテルでの部屋は3階で、窓の外は中庭で、プールが真下に見える。 初めは鯔がいっぱいごろごろ転がっていたが、鯔が去った後一人の見知らぬひと(女)がプールを楽しんでいた。(写真集参照)

フェズ・エル・バリ遠望
 6月16日(木)  本日も快晴。 朝食後時間があるので、ホテルの周りを歩いてみる。 ホテルの西のムーレイ・カマル通りはおよそ300mほどジャカランダの並木となっている。 今から半月ほど前に来ていたらさぞかし綺麗な花の咲いていた並木だったはず。 通りの中で僅か一房のみジャカランダの花を見つけることが出来た。

 9時にホテルを出て、フェズ・エル・バリ(世界遺産)の南がわの小高い丘にある南の砦へ。 ここからフェズの旧市街をほぼ全域見ることが出来る。 左手(西側)に王宮があり、ここから東に城壁が続く。 フェズ・エル・バリはこの城壁の中。 この中だけで30万人の人が住んでいるという。 町全体の建物は低く、あちこちに建っているモスクとミナレットだけが目立つ。

 丘を降りて、バスで東側のカフーカ門より入場。 中は迷路のように入り組んでいるので、入場に当たって添乗員さんから「前の人に続いて離れないように。 迷子になったらまずは出られないと思ってください。 その時はその場所から動かないように。 時々人数をチェックして誰かいなかったら必ず捜索しますから」とのご注意。 これだけで大変なところに足を踏み入れるという覚悟が出来る。
フェズ・エル・バリ タンネリ
 中の通りは狭いし、人の往来のほか、ロバやラバ、荷車も通るので気をつけなければならない。 自然とツアーの団体はガイドさんの居る先頭から最後尾までの距離が離れてゆく。 時々修正のために先頭が立ち止まって待って居てくれるが、曲がり角などでは特に注意が必要。

 カフーカ門から入った辺りはアンダルシア地区。 花市場、ニワトリ市場、キャラバン・サライ、アンダルース・モスク、染色人街、サファーリン広場などをまわる。 片手にかの有名な「地球の歩き方(迷い方)」の本を持ち、地図で居場所を追いかけるが、××モスク、△△マドラサなどポイントでしか理解できない。
 フェズ川を渡って、カラウィン地区へ。 ここにはタンネリという革なめし職人街がある。 ここの建物の一つに入り、作業場を見学する。 入り口でミントの葉をもらい、階段を上がって3階の屋上から染色の作業場を見学。 強烈な匂いなので、ミントの葉を少し千切って匂いを紛らわせながらの見学。 色々な染料の入った壷があり、この炎天下の中なめし皮を手作業で壷に入れて染色している。 ここの染料は全て自然界から取れた天然染料なので、染め上げた後洗った水は川にそのまま流しても良いそうだ。 

フェズ ブー・ジュルード門
 次にアッタリン・マドラサへ。 ここは14世紀にマリーン族の王アブー・サイドによって建設された神学校。 アトラス杉の天井と梁、華麗な化粧漆喰など世界一美しい学校だと現地ガイドさんは言っていた。 さらにこの近くのカラウィン大学、北アフリカ初のイスラム都市チェニジアのカイルアンから亡命してきたファティーマ・フェヘリーヤにより建てられたカラウィン・モスク(非ムスリム入場禁止)、ムーレイ・イドリス廟(ここも非ムスリム入場禁止)を外から見学。

 ここからネジャーリン広場を通って、Palais Mnebhi で昼食をとり、民家(ハミッドさんの家)を訪問して、大きな応接間でミント・ティーをいただく。 さらに迷路を西に向かい、西の端のブー・ジュルード門からフェズ・エル・バリを出る。 ガイドさんと添乗員さんの誘導が良かったようで、全員無事に迷路から出てくることが出来た。

 この門から南に300mほど行くと王宮がある。 ここは11世紀以降のスルタンの居城で、現在はモロッコ国王がフェズに滞在する時に使われているそうだ。 フェズ・エル・バリの中の喧騒に比べて、王宮前の広場の大きさ、静けさが対照的であった。

メクネス マンスール門
 14時にフェズを出発して西へ、1時間半ほどで古都メクネス(世界遺産)に到着。 メクネスはアラウィーン朝が17~18世紀に首都とした町。 中でもムーレイ・イスマイル王は当時ヨーロッパ列強と国交を結びモロッコを興したそうだ。 さらにフランスのヴェルサイユに対抗して壮大な宮殿を作ろうとしたらしい。 ハーレムには500人の女性が居たとか。

 ここのお目当てのムーレイ・イスマイル廟は城壁に囲まれた王都の中にある。 城壁に沿ってバスは進み、「風の道」と言われる真っ直ぐで、両側を城壁に挟まれた道を抜けるとムーレイ・イスマイル廟の前に出る。
 建物の狭い入り口から中に入り、いくつかの部屋を通っていくと、最後に大理石の水盤が中央に置いてあるパティオ(中庭)に出る。 このパティオから中は土足禁止。 さらに奥に行くと天井の高い部屋に出る。 ムーレイ・イスマイルの眠る部屋は隣にあるが、非ムスリムは入場禁止。 石棺は柵に囲まれていたが、中央に王の墓、左に奥様、右側2つは息子さんだそうだ。 ここもモザイクタイル、漆喰彫刻がすばらしい。

 霊廟を出て、アラ・アウダ広場からメディナ側のダル・シメン通りの方にまわる。 今日も炎天下。気温は42℃になっているそうだ。 少しでも日陰を探しながらエディム広場に出る。 ここには北アフリカ一美しいといわれているマンスール門がある。 この門はメディナから王宮に入る門だが、現在は漆喰で固められていて通過することは出来ない。 青と緑のモザイク、採釉タイルで彩られた馬蹄形のアーチ、壁の斜め格子などとても印象的。

 この後エディム広場のスークで苦痛の30分を過ごした後、フェズのホテルへ。

ヴォルビリスの遺跡 ジュピター神殿
 6月17日(金)  本日はモロッコに現存する最大のローマ遺跡のヴォルビリス遺跡(世界遺産)を見学に行く。 フェズから西に50Km、昨日のメクネスの北25Kmの野原の中にこの遺跡はある。 9時にホテルを出て、1時間半ほどで到着。 ここは紀元前40年頃にローマ帝国の属領となった町で、かっつてここには2万人ほど住んでいたという。 紀元後23年頃までローマにこの地の支配を任されていたマウレタニア王国のユバ2世によりこの街が作られたそうだ。

 南東の入り口には、この遺跡が1998年に世界遺産に登録されたことを示すアラビア語、フランス語、英語で書かれた認定のプレートがある。 入ってすぐそばに貴族だったオルフェウスの館がある。 応接間にはオルフェウスのモザイク画、食堂にはイルカのモザイク画、大きな浴場や何人も入れる開放的なトイレ、それに嘔吐場まである。 嘔吐場とは宴会で美味しいものをたくさん食べ、さらに食べるために、食べたものを吐き出す所。 如何に贅沢な暮らしぶりかが分かる。
 ここから北に進むとオリーブの製油所、公衆浴場、後の世にキリスト教の教会となったバシリカ(Basilica:公会堂)、市場や集会が行われたアゴラ(Agora)、ジュピター神殿、アテナス神殿、ユノー神殿、さらにカラカラ帝の凱旋門などがある。 カラカラ帝は実際にこの地に来たわけではないのに、カラカラ帝とその母ユリア・ドムナを讃えて当時の司政長官マルクス・アウレリウス・セバスティアヌスがここに凱旋門を建てたそうだ。 凱旋門の左側にユリア・ドムナ、右側にカラカラのレリーフがある。

ヴォルビリスの遺跡 カーペット・モザイク
 この凱旋門は街を東西に走るデクマノス通りにある。 ローマ遺跡には必ず南北に走るカルド通りとローマ劇場があるはず。 このヴォルビリス遺跡はまだ半分くらいしか発掘されていないらしく、今後カルド通りやローマ劇場が発掘されるものと思う。

 さらに北に進むと、アクロバットの家、洗濯場、犬の家、列柱の家、騎士の家、ヘラクレスの功業の家、妖精の家、バッカスと四季の女神の館、ゴルディアヌス帝の宮殿などがある。

 11時を過ぎていて、とにかく暑い。 気温は40℃くらいで、風が無く、直射日光が容赦なく突き刺さる。 遺跡の説明を聞いている間も僅かな日陰、例えば列柱の影に身を隠す。

 この遺跡には色々なモザイク画があり、「アクロバット」、「魚つり」、「眠れるアリアドスに天使を送るバッカス」、「ヘラクレスの功業」などのほかに春夏秋冬を表しているカーペット・モザイクもあり、当時の裕福な生活がしのばれる。 これらのモザイク画はほとんど応接室、食堂、居間などにあり、大理石やテラコッタを使って作ったものとのこと。

ムーレイ・イドリス遠望
 ヴォルビリス遺跡を出て、フェズに戻る途中の道路(展望台)からムーレイ・イドリスの町が見える。 ここは「聖者の町」といわれ、以前は非ムスリムはこの町にでさえ入れなかったそうだ。

 8世紀後半、バグダッドのアッバース朝の権力闘争に敗れたイドリス・イブン・アブダラーはモロッコに亡命し、このムーレイ・イドリスを都としてイスラム王朝シーア派イドリス朝を興す。  この国王は信頼され、原住民のベルベル人もすんなりイスラム教に改宗し、国王の勢力は現アルジェリアの一部まで及んだと言う。 このためアラブ世界から恐れられ、国王は暗殺されたそうだ。

 町の中心にある緑色のとがった屋根を持つ回廊式の建物がイドリスの霊廟で、今でもこの区域だけは非ムスリムは足を踏み入れることが出来ないそうだ。

   フェズに帰る途中、13時に遅めの昼食。 本日はこの後一旦ホテルに戻り、4班ほどの小グループに分かれてフェズのメディナ(迷路)を散策する予定。 ホテルに戻った時は15時半。 気温も42℃だそうでとても暑い。
 グループ分けは「買い物大好き組」 「あまり買い物をしない組」ということ。 いつも「買い物大嫌い組」に入りたい小生。 残念ながら「買い物大嫌い組」が無かったことと、この暑さのため、ホテルの部屋で「シエスタ」を決め込む。


 [タンジェ(Tanger)]
シャウエンの街並み
 6月18日(土)  三泊したフェズの街を出て北に進み、今日はシャウエン、ティトウアンを通ってタンジェへ行く。 8:30にホテルを出て、しばらく西に向ってオリーブ畑の中を走り、ヴォルビリスの辺りから北に向かう。 この辺りは既に刈り取りの終わった麦畑が続き、丘陵の風景は北海道の美瑛を思い出させる。 リフ山脈の麓のウェザーンの町を通り、昼にはシャウエンに到着。

 このシャウエンの街は地中海に面したリフ山脈の南麓にあり、正式名称はシェフシャウエンだそうだが、一般にシャウエンと呼ばれている。 15世紀後半にスペインから逃れてきたイスラム教徒が住み着いたまちで、一時期スペイン領になっており、さらに長年異教徒を入れなかったため神秘的な色合いを残している街。

 到着と同時に山の中腹のレストランで昼食をとり、町の中心のムハンマド5世広場に行く。 ここには待望のジャカランダの花が咲いていた。 既に満開を過ぎていたが、間違いなくジャカランダ。 パンフレットに「ジャカランダの花の季節」と掲載したユーラシア旅行社もこれで一安心か。

 ムハンマド5世広場からハッサン2世通りを真っ直ぐ進みアイン門からメディナの中に入る。 メディナの中は白い街。 でもアンダルシア地方の白い街とは少し違う。 壁の下のほうは薄青い色。 しかも薄青い色が道にまで塗られていて、まだ十分に塗ってから時間が経っていないのではと思われる場所もあった。 白いジュラバを着たご婦人が歩いていたりして、今までとは全く違った世界に飛び込んでしまったような気持ちになった。
 道は入り組んでいてアップダウンがあり、迷路となっているが、おおむねきれいな街。 しつこい物売りなども全く居ないので、街の姿をゆっくり堪能することができた。

ティトウアン ハッサン2世広場
 15時にシャウエンを出発して北へ。 1時間半ほどでティトウアンの街に到着。 ティトウアン(世界遺産)は北モロッコの中心都市で人口は15万人。 1492年のグラナダ陥落の時にイスラム教徒がこの地に逃げてきたそうだ。 現在はイスラム教徒とユダヤ教徒が上手に住み分けているため混血都市と呼ばれているとか。

 バスを降りて町の中心のハッサン2世広場に行く。 この広場に面して17世紀に建てられたと言う王宮があり、王宮に向って右側のルアフ門からメディナに入る。

 メディナの中に入るとすぐに貴金属のスークから始まり、陶器、衣類、革製品、食料品のスークなどが続く。 ここのメディナも他の街のメディナと同じで、何処をどう歩いたか分からない。 街並みはスーク以外は比較的綺麗で、白い壁や美しい化粧タイルの壁などスペイン風の建物もある。 これはスペインの建築様式をアラブ風に昇華させたもので、スペイン・ムーア様式と呼ばれるそうだ。 ティトゥアンは世界遺産に登録されているが、まだ観光客ずれしておらず、物売りにも声をほとんどかけらず、ゆっくりと見てまわることが出来た。

 17:30にティトウアンを出て、モロッコの北の海の玄関口タンジェに向う。 スペインとモロッコはジブラルタル海峡を挟んで僅かな距離。 アフリカ大陸側は全てモロッコだと勘違いしていた。 実はアフリカ大陸でスペインに最も近いのはスペイン領のセウタの町で、モロッコではタンジェの町のようだ。 イベリア半島南端の岬ジブラルタルもイギリスの直轄植民地であり、歴史の複雑さを感じる。

 18:45 タンジェのインター・コンチネンタル・ホテルに到着。 このホテルは Inter Continental という名前が付いているが、インターコンチネンタルチェーンとはまったく別物。 このホテル、4つ星が付いていたが、モロッコでは1~1.5ほど星を取って考えたほうが・・・・。


 [ラバト(Rabat)]
メンドゥービア庭園 ムハンマド5世の民族自決演説記念碑
 6月19日(日)  フェリーでジブラルタルからおよそ2時間のタンジェ。 少し前までは色々な国の商人でごった返し、密輸やスパイの舞台となったエキゾチックな街だったそうだ。 またマチスやドラクロワなどがこの町で創作活動をしていたと言う。 ドラクロワはここでアラブ人をモデルにした絵を何枚くらい描いたのだろう。

 9時にホテルを出て、タンジェのメディナの南西にあるグラン・ソッコ(大きな広場)に行く。 ホテルは高台に在ったので、メディナの方へ降りてゆく時に北東の方向にスペインの山々がうっすらと見えた。
 グラン・ソッコにはいくつかの道路が集まっており、日曜日の朝で小さな市も出来ている。 この広場の西にはメンドゥービア庭園がある。 ここはタンジェの国際管理をめぐり、列強諸国と折衝にあたったスルタンの代理人メンドゥーブの公邸が在った所。 現在この建物は裁判所となっている。 この庭園には樹齢800年の巨木「竜血樹」と言われる大きな木がある。 大きな幹から枝が伸び、この枝からいくつも地面に枝を伸ばして根付いている。 一見連理の枝のようにも思える。
 中庭の奥の方にはムハンマド5世の民族自決演説記念碑がある。 ベン・ユーセフが1947年4月9日に行った独立を促す演説。 この後モロッコは1956年にフランスから独立を勝ち取り、ベン・ユーセフはスルタンから国王ムハンマド5世となり、新国家建設に取り掛かったと言う。

ヘラクレスの洞穴
 ここからメディナの中に入り、プチ・ソッコ(小さな広場)からスークを通って、グラン・モスクの前へ。 グラン・モスクはアラウィー朝のムーレイ・イスマイルが建てたモスクで、現国王ムハンマド6世が2年前に修復したそうだ。 非ムスリムは入場禁止。 ここからメディナの城壁の外に出て、港のバス乗り場へ。

 タンジェより西におよそ20Km、バスで40分ほどでヘラクレスの洞穴に到着。 ここは大西洋の荒波が石灰岩を侵食して出来た洞穴。 階段を降りて行き、暗い洞穴の中に入ると、ぽっかり大きな穴が開いていて、穴の向こうに大西洋が見える。 ギリシャ神話には、ヘラクレスが12の功業を成し遂げた後にこの洞穴で休息をしたとされている。 またジブラルタル海峡もヘラクレスが怪力で作ったそうだ。

 この洞穴から北に5Kmほどでスパルテル岬に出る。 ここはアフリカの北西端で、大西洋と地中海がぶつかり合う地点。 岬には1864年に点灯された灯台とレストランがあるくらい。 遥か北にスペインが見えるはずだが、海には少し白波も立っており、スペインの山々を見ることは出来なかった。

バスの応急修理
 タンジェのレストランで昼食をとり、この後はラバトに向かってひたすら南下。
 バスが走り出して40分ほどでトラブル。 高速道路を走っている時に右側の窓の上から黒い棒のようなものが揺れて見える。 しばらくの間運転手さんは気が付かない。 何度もゆらゆらと棒が顔を出すので、運転手さんに告げてバスを止めてもらう。 バスの屋根の左側のモールがはがれて折れ曲がり、右側の窓の方に垂れ下がったと判明。 近くのガス・ステーションから大きな脚立を借りてきて、運転手さんとアシスタントさんがとりあえず長いモールをはずし、バスの中央通路に収納して応急修理を終える。
   このバス、外観は良いが、中の座席は2つ程壊れていたし、今回の屋根のモールの剥がれの件もあり、「カサブランカに戻ったら即廃車だよ」 とはツアー客の感想。 ツアーの日程と走行距離はあと少しなので、何とかカサブランカ空港まで持ちこたえてくれることを祈る。

 18時過ぎにラバトのホテル・ファラーに到着。 このホテルは明日行くハッサンの塔のすぐ側。 夕食後にライトアップされていたハッサンの塔を見に行く。


 [カサブランカ(Casablanca)]
王宮
 6月20日(月)  今日も9時の出発で朝食後に時間の余裕がある。 ホテルを出て朝の散歩。 朝日の当たるハッサンの塔を右手に緩やかな坂道を登って行くとマハンマド5世の霊廟がある。 早朝なのでまだ門には鍵がかかっている。 ここは今日の観光コースに入っている。 丘の上からブー・レグレグ川の向こうにラバトのメディナが見える。

 9時にバスでホテルを出て南に進み、ルワー門から城壁の中に入り、およそ15分で王宮に到着。 ここから徒歩で王宮前の広場へ。 観光客は王宮のメインゲートの前まで行けるが、中には入れない。 ゲートの所では赤い制服の衛兵、緑の制服の軍人、それに青い制服の警察官がそれぞれ2人づつ、合計6人が警備をしている。
 現在のモロッコ国王はムハンマド6世で、モロッコ王国では初めて王妃を公開された近代的な考えの持ち主とか。
 この王宮の建物は1864年にシディラシドによって建てられたもので、白い壁、モロッコ・アンダルシアスタイルの装飾をした美しい門などが特に印象に残った。

 王宮の東側から城外に出て、城壁の脇を北に進み、グラン・モスクの所から東へ。 10時になると日差しがきつい。 今日も暑い一日になりそう。

ムハンマド5世の霊廟
 およそ20分ほど歩いてムハンマド5世廟に到着。 ムハンマド5世は当時フランスの統治下にあったモロッコを独立させた偉ーい王様だそうだ。 モロッコ国民から大変な支持があり、国内のあちらこちらにムハンマド5世広場、ムハンマド5世通りなどがある。 1961年にムハンマド5世が亡くなり、 1973年に後継者のハッサン2世がこの霊廟を完成させた。 外観は清楚、中は豪華で見事なスペイン・モロッコ建築の建物。 霊廟の門の前には白馬に乗った儀仗兵が右手に旗を掲げたままで身じろぎもしないで立っていた。
 現在この廟にはムハンマド5世(中央)、ハッサン2世(左奥)と弟のムーレイ・アブドラ王子(右奥)の3人の棺が安置されている。

ハッサンの塔
 この霊廟の隣にはハッサンの塔がある。 この場所には元々アルモハッド王朝時代にヤコブ・エル・マンスールによりモスクが建てられようとしていた所。 1199年にマンスールが死亡したので工事は中断された。 このモスクのミナレットは88mの高さになるはずだったのが、中断で44mのまま。 ムーア様式の傑作建築物だそうだ。 霊廟の白い色との対比が美しい代赭色をした塔。

 広場にはモスクの柱がイスラム暦にちなんで345本も林立していたそうだが、1755年のリスボン地震で倒壊して現在のありさま。

 ここから街の北側で海のそばのウダイヤのカスバへ。 12世紀のアルモハッド朝時代に建てられた海のカスバ。 15世紀以降海からの敵の攻撃に備えて、要塞化され、ポルトガル、スペインからの侵略を阻止したそうだ。 カスバの中には17~18世紀の建物が残っており、白と薄青い壁のスペイン・アンダルシア風。カスバの城壁の北にあるウダイヤの門は1195年にヤコブ・エル・マンスールにより建造されたもので、高さ10mもあるしっかりしたもの。

バー・カサブランカ
 カスバを出て、海沿いを西に歩き、海辺のレストランで昼食。 モロッコに入ってしばらくの間ワルザザート辺りまではモロッコサラダも美味しいと思っていたが、こう毎日ではさすがに飽きる。 連日の暑さと旅の疲れか、体調を壊してあまり食べられない人が次第に多くなってくる。 エジプトや中近東で経験した強烈な腹痛は今回の旅では起こらなかったが、小生もさすがに食傷ぎみ。

 昼食後、最後の訪問地カサブランカへ。 高速道路を出てカサブランカ市内に入る前にアンファのスーパーで休憩&買い物。 この後ムハンマド5世広場へ。 ここはカサブランカの中心で、広場を囲んで市庁舎、裁判所、中央郵便局、シティ・ホールや劇場などがある。

 この後は予定変更で、夕食後に予定していた「バー・カサブランカ」に先に寄る。 「バー・カサブランカ」は国連広場に面したハイアット・リージェンシィ・ホテルの一階にある。 1942年のアメリカ映画「カサブランカ」に出てくる 「Rick’s Cafe American」 を再現したもの。
 バーの壁にハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンの写真、イラスト、ポスターなどが飾ってある。 確かにカウンターやテーブルの色などは映画の雰囲気を出してあるが、ピアノはいただけない。 ここにおいてあるのはグランド・ピアノ。 映画ではアップ・ライトで、リックが大事な書類をピアノの上の楽譜の中に滑り込ませたはず。

 ユーラシア旅行社の粋な計らいで、飲み物は旅行社持ちとのこと。 カウンターの椅子に腰掛け、メニューの中から 「As Time goes by」 を見つけ、これを注文。 ちなみにお値段は120DHとあった。 このカクテル、ジン・ベースでオレンジ・ジュースの入った甘ーい飲み物。 ボギーならばここで「君の瞳に乾杯」などときざな言葉を言うのだが・・・・、言う相手が居ない。 静かにカクテルを口に運ぶ。

 せっかく、この日の夜の「バー・カサブランカ」のために薄手のブレザーを持ってきたのに、予定変更のおかげでブレザーの出番なし。 

 今夜の宿泊はハッサン2世通りにあるホテル・クラウン・プラザ。 夕食はホテルの最上階のレストランでディナー。 遠く海の方にライトアップされたハッサン2世モスクのミナレットが見える。

ハッサン2世モスク
 6月21日(火)  いよいよモロッコの最終日。 今日の観光はハッサン2世モスクの一箇所のみ。 遅い出発なので、朝食後ホテルからハッサン2世通りを北に歩き、ムハンマド5世広場まで散歩に出かける。 通勤の人が行き交う通りを広場へ。 まだ8時を過ぎたばかりなのに、ここは観光のスポットらしく、T-シャツ売り、派手な格好をした水売りが寄ってくる。 水売りの人にチップを渡し、写真を連写で数枚撮らせてもらう。 彼は右手で鐘を、左手で水出しの口を持って構える。 このポーズは今までの観光地何れでも同じ。 したがって連写で違ったポーズを狙ったのに失敗。

 10時40分ホテルを出発。 10分程でハッサン2世モスクに到着。 ここは前の国王ハッサン2世が1986年に「余はイスラム世界の西端にモスクを望む」と宣言され、「その大いなる建造物をアメリカにおける自由の女神の如く北アフリカの象徴とするのである」と言われて着工したそうだ。

 聳え立つ高さ200メートルのミナレット、1993年に竣工したこのモスクは、礼拝堂には2万5000人、広場も入れると8万人のイスラム教徒を収容できる。 このモスクは世界で2番目に大きいモスク(モロッコ最大)だそうだ。 当然世界一はメッカの聖モスク。  古き時代と新たな時代を調和させながら発展するカサブランカの新しいシンボルとなっている。 建設費用の大半は国民からの寄付で、さらに徴収された高い税金が国民の負担にもなっているとか。 総費用はどのくらいか聞いてみたが、教えてもらえなかった。

ハッサン2世モスク 礼拝堂
 まず、モスクの地下に案内される。 ここには礼拝に訪れたムスリムのためのアブルーション(手や顔、体を清める泉)がある。 ムスリムは手を洗い、口、鼻、顔、頭、耳さらに足まで入念に洗うそうだ。 耳や鼻は悪い物が来ても閉じることが出来ないので、綺麗に洗わないといけないとの事。 お清めの方法は手を3回洗う → 口を3回 → 鼻3回 → 顔3回 → 手とひじ3回(右→左) → 頭1回 → 耳3回 → 足3回(右→左)だそうだ。
 この地下にはさらにハマム(浴室)もあり、体を入念に洗えるようにもなっている。 これらを見学させてもらったが、あまりにも綺麗で、観光客に見せるために作ったのではと思えた。

 地上の礼拝堂はぴかぴかの大理石の床。 ここは男性が礼拝する場所で、女性は両脇にある2階で礼拝をするようだ。 装飾された柱にアーチ、天井のドーム。 今までに見てきたモスクでは考えられない豪華さ。 現代にこれだけの建物を作れることに驚く。 このモスクにはこの他にカフェや図書館、博物館、神学校も併設されているそうだ。

 礼拝堂を出て、広場に行き、ミナレットを写真に納めようとするが、大きすぎて入らない。 広場の端まで行き、18mmのレンズでやっとモスクとミナレット全体を写真に納める。

 ゆっくりと昼食をとり、その後カサブランカの南にあるムハンマド5世空港へ。 17時にパリ行きエール・フランスAF1897便に搭乗。 機種はカサブランカに来た時の飛行機と同じだが、機材が違うのか、あるいは修理をしたのか、21Dの座席の背もたれは正常だった。

 パリに到着したのは22:55。 パリから成田まではエール・フランスのAF278便。 パリに到着すると、乗り継ぎ時間があまり無いのか地上係員が迎えに着ており、成田行きの搭乗口に誘導され即搭乗。 往きの待ち時間の半分くらいを帰りにまわして貰いたいと思う。

 6月22日(水)  17:55 成田に無事到着。 旅友の皆さん「お疲れ様でした」。 添乗員の吉田さん、お世話になりました。

 荷物を受け取り、成田場外駐車場に電話をすると、既にターミナルに車を回しているとのこと。 ターミナルを出た所で車を受け取り自宅へ。


 [エピローグ]
 ▼マラケシュ、フェズ、ティトゥアンなど世界遺産となっているモロッコのメディナ。 それぞれに趣があり、他の国のスークとは違った雰囲気であった。▼およそ100年前からフランス統治下にあったモロッコ。 街並み、料理、言葉などにその影響が残っている。▼気温が高く、半分諦めていたジャカランダ。 シャウエンの街でジャカランダの花に会えました。▼モロッコではビールは高い。小瓶(240ml)で30~40DH(¥450位)。今まで旅行した国々の中で一番高価なビールを飲んだことになる。▼モロッコの魅力はモスクやマドラサに見られるイスラム文化のアラベスク文様、シャウエンやティトウアン、ラバトなどにあるマグレブ・アンダルシア建築、それにベルベル人の知恵の結集「カスバ」だ。 当分は再び訪れることも無いと思うが、イスラムが恋しくなったら再訪するかも。