ドイツ南部大周遊
 2005年9月 ドイツ物語 15日間
 2005年から2006年にかけては、「日本におけるドイツ年」。 ドイツ連邦共和国が日本で様々なイベントを通じて、ドイツの多様性と多面性を紹介してくれている。
 国立西洋美術館では6月28日~9月19日までドレスデン国立美術館展が開かれており、フェルメールの「Girl reading a Letter at an Open Window」が来ている。
 三年前にロマンチック街道、古城街道を通った事はあるが、今回はベルリンからドレスデン、ハンベルク、ニュールンベルク、ミュンヘン、フュッセン、ローテンブルク、シュトォットガルト、ハイデルベルク、ケルンなどを回りドイツの良さを観て見たいと計画。
 ベルリンではペルガモン博物館で紀元前2世紀の大祭壇とアテナ神殿を、ドレスデンではアルテ・マイスターでラファエロの可愛い天使の居る「システィーナのマドンナ」に会えるはず。 ミュンヘンでは秋のビール祭り「オクトーバー・フェスト」でミュンヘンビールとソーセージを賞味。 さらにリューデスハイムからのライン川クルーズでは両岸の古城や流域の景観を楽しむ。 まさに秋のドイツを堪能できる旅になりそう。
プロローグ ベルリン ドレスデン ニュールンベルク レーゲンスブルク ミュンヘン
シュバンガウ ローテンブルク シュトゥットガルト ハイデルベルク ケルン エピローグ


 [プロローグ]
 今までに旅友から何度も勧められていた「黄葉、紅葉のカナダ」を今年こそと6月から計画していた。 8月になってからツアーの集客状況は「残席僅か」となっており催行決定が出るのを待っていたのに、出発日の40日前に電話があり「不催行になった」との事。 それまでに色々カナダの状況を調べ、「赤毛のアン」を再度勉強しプリンス・エドワード島に備えたりして夢を膨らませていたので、他のカナダのツアーに乗り換える気持ちになれず。
 急遽「ドイツ」行きを決心。 しかも既に催行決定が出ている「ドイツ物語」(ユーラシア旅行社)の9月13日出発を申し込む。
 今年は年明けから砂と土の埃っぽい所ばかりを回っていたので、秋のヨーロッパの心地良いそよ風に身を任せて、しっとりした旅情漂う街並みの中を散策するのも良いかなどと考えている。

 旅行を前に地図でドイツを調べてみた。 我家にあるブリタニカ国際地図は1988年版で冷戦時代のもの。 歴史の一頁を留めている点で面白い。 ドイツは東西ドイツに分けて表示されており、ベルリンも西ベルリンが境界線で囲まれて東ドイツの中に孤立して表示されている。 今回訪れるペルガモン博物館などのある博物館島は旧東ベルリンにある。ベルリン郊外のポツダム、ドイツ・バロックの壮麗な町ドレスデンや高級磁器の故郷マイセンも旧東ドイツ側にある。 当時では簡単に訪れることが出来なかったはず。

 9月3日に「旅のしおり(最終日程表)」が届く。 旅行中の宿泊先のホテルをインターネットで調べる。 ベルリンのホテルはベルリンの南東のはずれ、Sバーンのゾンネンアーレ(Sonnenalle)駅の近くらしい。 自由時間を利用して博物館島の旧ナショナル・ギャラリーに行くにはSバーンを乗り継いで行かなければならないようだ。
 ミュンヘン観光の時の宿はアウグスブルクになっている。 「オクトーバー・フェスト」のためにミュンヘン市内に宿をとれなかったようだ。 ミュンヘンでは僅かな自由時間を利用してアルテ・ピナコテークに行こうと思っている。

 9月9日夜、添乗員さんから電話。 参加人員は女性8名、男性4名で12名とのこと。 申し込みをした時点で催行決定になっていたので、16名以上の参加者になると思っていたが、4名以上がキャンセルした様だ。 旅行は適度に少人数の方が良い。 ドイツのこの季節は夜になって気温が15℃位まで下がるとのこと。 日本の残暑を飛び出して、むしろ快適。 9月末に帰ってきた頃には残暑も終わっているはず。


 [ベルリン]
ベルリンへ プロペラ機Q400
 9月13日(火) 5:20自宅を車で出発。 成田第二ターミナルの集合時間は9:45だが中央高速道、首都高速、京葉道、東関東自動車道を通るので、渋滞のことも考えて早めに出発。  成田第二ターミナルには7:40に到着。 車を場外駐車場の係員に預けて、ターミナル4階で朝食。
 9:50スカンジナビア航空(SAS)のカウンターで搭乗手続き。 SASはスターアライアンス系のマイレージがつく。 今回のツアーの人員内訳はご夫婦1組、ご兄妹1組、女性の4人友達1組、一人参加4人の12名。

 SK984便は成田を定刻に出発。 エアバスA340なのであまりスピードが出ない。 機内サービスは飲み物、食事、間食(おにぎり、サンドイッチ)のサービスなど良好。 11時間半かけてコペンハーゲンに到着。 コペンハーゲンではEU(欧州連合)への入国手続き。 ドイツへの出発ゲートは国内線扱い。
 コペンハーゲンでおよそ1時間の待ち合わせ。 ここからSK1677便、Q400と言うプロペラ機(座席数76)に乗り換えてベルリンのテーゲル空港へ。 この飛行機はカナダのボンバルディア社製の新世代、高速ターボプロップ機でQ400のキュー「Q」はQuiet(静粛性)の意味で低騒音と燃料消費効率にすぐれた環境にやさしい飛行機だそうだ。 巡航速度もYS11の440Km/hrに比べて667Km/hrと1.5倍速い。

 およそ45分間の飛行でベルリンに到着。 到着ロビーで荷物を受け取る。 この空港はターンテーブルが一つしかない。 ドイツの首都のメインの空港なのにとても狭くて小さい。  添乗員さんに「先に入国手続きをしないようですね」と尋ねたら、「こういう所もあるようですね」との返事。 荷物を受け取り、ロビーを出ると現地ガイドのシュミットさん(昔のドイツの首相と同じ名前)が待っていた。 ガイドさんの誘導でバスへ。 結局入国手続きなし。 EU圏から来た乗客だからか、それともこの空港には入国管理がないのか。 添乗員さんも知らなかったようだ。

 空港から高速道路(Autobahn)を使っておよそ45分、18:50にホテル・エストレル(Estrel)に到着。 ベルリンの南東のはずれにある結構大きなホテル。 部屋に入ると気温が高い。 ところが空調がない。 この季節の気温は28~30℃になるのに。 風呂に入った後、汗を拭きながら日記をつける。

ポツダム ツェツィーリエンホフ宮殿
 9月14日(水) 本来今日の予定は午前中にベルリン観光、午後自由時間であったが、旅行社の都合で今日と明日の午前の予定を入れ替えて、本日はポツダム観光の後自由時間となった。
 9時にホテルを出発。 しばらく昨日走った市内高速道路を戻り、途中からポツダム街道に入り、30分ほどでハーフェル河にかかるグリーニッカー橋に到着。 この橋の中央は冷戦時代の西ベルリンと東ドイツの境界が在った所で、しばしば東西両陣営のスパイの交換が行われたところだそうだ。
 大きな川は湖のように広がり、遠くに古城(バーベッカー城)が見える。 ここに1945年8月トルーマン大統領が滞在していて、原爆の完成の報告を受け、広島、長崎、その他の地への投下を命令した場所だという。

 ポツダム(Potsdam) はベルリンから約40Km南西にあり、現在の人口は14万人、ブランデンブルク州の州都である。 冷戦時代ソ連軍の本部がここに置かれていた。
 到着後すぐにツェツィーリエンホフ宮殿(世界遺産)(Schloss Cecilienhof)を見学。  ここはドイツ最後の王ヴィルヘルム2世が、1913年から約6年かけて皇太子とその家族の住居のために建てた宮殿で、皇太子妃ツェツィーリの名前がついている。 三つの中庭と176の部屋があり、庭園はイギリス風。 皇太子がイギリスに亡命している間に、皇太子妃ツェツィーリはこの宮殿で7人の子供を育てたそうで、たくましくなって行く皇太子妃の写真が印象深い。

 第二次世界大戦でヨーロッパ諸国はヒットラー対策の会議(Anti-Hitler-Coalition) をヤルタ(1945年2月)で開き、トルーマン、チャーチル、スターリンはここポツダムで会談(1945年7月17日~8月2日)を行い、第二次世界大戦が終結したという歴史的な場所。 会議場はそのまま残されている。 このときフランスは後から参戦したので傍聴しか許されなかったという。

 ポツダム宣言は1945年7月26日に出されたが、当時日本の鈴木首相は軍部の要求を尊重する態度を示すことを余儀なくされ、ポツダム宣言を黙殺すると発言し、これが8月6日に広島、9日には長崎に原爆が投下される要因となった。 8月10日には最高戦争指導会議の席上で、天皇がポツダム宣言受諾の断を下し、即刻この決定が連合国に通告された。

ポツダム オランジェリ
 バスで10分ほど、サンスーシ公園に入る。 ここにはプロイセンの王たちが造った14もの夏の宮殿がある。
 オランジェリはその中で唯一暖房のある宮殿。 ここはフリードリッヒ4世が1862年に造ったものでオレンジの木の温室の後方に宮殿がある。 琥珀のテーブル、絹貼りの椅子などが残っている。 各部屋に暖炉が設けられているが、あまりお客が来なかったので暖房を使う機会が少なく、家具などが傷まずに健在だとか。  驚きはラファエロの間。 ドレスデンにあるはずの「システィーナのマドンナ」がここにあるではないか。 ここにはラファエロの有名な作品の模写が47点展示されている。 ウフィッツイ、ボルゲーゼ、アカデミア、パラティーナ、アルテ・ピナコテークなど名だたる美術館にあるものの複製。 ルーブルにある「聖母子」が片隅にあるのは寂しい。

ポツダム サンスーシ宮殿
 この後オランジェリの前の階段を下りて、メインの通りを後方に新宮殿を見ながら東へ。 程なくサンスーシ宮殿の下に出る。 サンスーシ宮殿(世界遺産)(Schloss Sanssouci)はプロイセンの王プリードリヒ大王(2世)が、1745年に建てさせた宮殿。 パリのヴェルサイユ宮殿に模させたことでも有名で、ドイツのロココ様式建築の傑作とも言われている。 宮殿正面にある段々畑には、ブドウが植えられている。

 フリードリヒ2世が亡くなってから、彼の遺体は市内の教会や、岩塩鉱、ホーエンツォレルン城などをさまよった後、ドイツ東西統一後の1991年、ようやく彼の遺言どおり12頭の愛犬と共にこの地で眠ることが許されたとのこと。
 旅行社の手配ミスか、契約ではサンスーシ宮殿入場観光となっていたのに、ぶどう棚の階段を上がることもなく宮殿を遠くから見るだけでポツダムの観光を終了。(

 ポツダムの宮殿観光の印象: ガイドさんと一緒に予約時間に入場。 この後各部屋ごとに鍵を開け、入った後入り口の鍵をかけてから説明が始まる。 この間に他の観光客と一緒になることはない。 ドイツ人らしい生真面目なシステムだと感心する。 ただし効率は悪いので、観光に時間がかかりすぎ、今日の昼食は14時から。 これが後の自由時間を圧迫した。
ベルリン絵画館 フェルメール「ワイングラス」の前で


 食事中に現地のガイドさんに聞いたら、小生の見たかった絵はベルリン絵画館に行けばよいと言うことで、住所のメモを作ってもらう。
 昼食の後バスで一旦ベルリン郊外のホテルに戻ってから解散、自由時間とのこと。 ホテル到着はすでに15時を過ぎている。 小生と同じように絵を見たいと言うSUさん、SAさんとすぐにホテルの前からタクシーに乗り、運転手さんにガイドさんからもらったメモを渡しベルリン絵画館に向かう。 タクシー代15ユーロ。 入場料8ユーロ。 閉館は18時だそうで、2時間あまり絵を鑑賞できる。

 ここには13世紀から18世紀くらいまでの絵画を展示してあり、フラ=アンジェリコ、クラナハ、デューラー、ハルス、レンブラント、ルーベンス、フェルメール、ゲインズバラ、ラファエロ、・・・・・。  規模、展示作品の内容に大満足。 閉館の10分前にミュージアム・ショップに飛び込む。 あれこれ探している間に閉館の音楽が流れ、少しずつ消灯されてゆく。 ガイドブックを購入すべくレジに持っていったら係員が笑っていた。
 13時頃からベルリン市内で自由時間を開始していれば、さらにすばらしいことが出来たのに。 不満が残る。

 本日のビール: 昼(ポツダム)、ベルリーナー・キンドル(Berliner Kindl) これぞドイツのビール!。
           夜(ベルリン)、ベルリーナー・ピルスナー(Berliner Pilsner) 日本のビールに似ている。


ベルリン オリンピック・スタジアム
 9月15日(木)  8:30にホテルを出てオリンピック・スタジアムに向かう。 今日のベルリン市内観光のみのガイドはいくよさん。 元気のいい、思ったことをずばり言う人。 少し余計なことまで喋る人。

 オリンピック・スタジアムはベルリンの西に位置し、ヒットラーがナチス・ドイツの国威を誇示するために総力をかけて作ったもので、1936年に第11回オリンピックが開催された。 スタジアムの前の小さな橋の欄干にこの時の参加各国の国旗が透かし彫りになっている。 スタジアムの前の広場に到着し、見学は遠方からメイン会場を見ただけ。 2006年サッカー・ワールドカップの決勝戦が行われる場所で、10万人を収容できるそうだ。

 ここから6月17日通りを東に、市内のブランデンブルク門の方にもどる。
 ベルリン(Berlin)はドイツ最大の都市で人口350万人。 1990年のドイツ統一で再びドイツの首都となり、東西の架け橋としてダイナミックに躍進している。ドイツ統一を初めて成し遂げたプロイセン王家の本拠地。 1929年代の文化爛熟の黄金期、東西ドイツ分裂、ドイツ再統一の舞台と激動の歴史がある。現在は、新生ドイツの首都として政治的な中心にとどまらず、モダンアートやカルチャーシーンでも世界の流行をリードしている。 ガラスのドームを乗せた連邦議会議事堂は開かれたドイツを象徴する。 ポツダム広場など再開発が進むミッテ地区は世界の注目を浴びている。 現代、前衛、ノスタルジー、三つの歌劇場を誇る芸術のどれをも味わえる都会であると言われている。

ベルリン ブランデンブルク門
 ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)は冷戦時代に東西ベルリン分断の象徴だった世界的に有名な門。 1989年、東西ドイツ統一前は両ベルリンの境界線であり、コンクリートの壁で閉ざされていた。 東ドイツ崩壊の際、ベルリン市民がこのコンクリートの壁を歓声を上げて崩す姿が世界に放映された。 壁の跡を示しているのはブランデンブルク門の側の道路に埋め込まれた二列のレンガ。
 6月17日通りにかかるこの門は、ラングハンスにより1791年に古代ギリシアの神殿を模して造られた。 ベルリンはもともとこの門の東側で、この門から外の西側はベルリン郊外だった。 門の上に四頭立て二輪戦車「カドリガ」を馳る女神像がある。 これは1794年ゴットフリート・シャドウにより作られた。 1806年にナポレオンが遠征し、戦勝記念としてパリにこれを持ち帰った歴史がある。 第2次世界大戦最後の日には、門と共に「カドリガ」は破壊されたが、1958年復旧した。
 ブランデンブルク門を背に、ウンター・デン・リンデン通り側にはパリ広場、ツーリスト・インフォメーション、フランス、イギリス、ポーランド、ハンガリーなどの大使館地区になり、少し進むとコーミッシェ・オーパー、ドイツ・グッゲンハイム美術館、フンボルト大学、国立歌劇場などが並び、博物館島に到る。  また、ウンター・デン・リンデン通りとは反対の6月17日通り側にはドイツ連邦議会議事堂や、ティア・ガルテン、ベルリン工科大学、映画「ベルリン・天使の詩」で印象い戦勝記念塔がある。

ベルリン ホロコースト記念広場
 ブランデンブルク門の南側に2005年出来たばかりのホロコースト記念広場がある。 2711個の棺に見立てた縦横の長さは同じ大きさで、高さの異なるコンクリート製の直方体が並ぶ広場。 無機質の棺、墓のようで、異様な感じを与える。 作者はアイゼンマンで、2711と言う数には意味がなく、この大きさの直方体を並べたらこの数にになっただけとのこと。 ここには元はヒットラー総統官邸のあった場所。 地下は博物館になっているそうだ。

 この後バスでポツダム広場を通り、現存する壁を見学に行く。 工芸博物館の横にあり、元ゲシュタポ本部が置かれていた場所。 壁は二重にめぐらされていて、高さおよそ3m、 その上には有刺鉄線や、電線が張り巡らされ高圧で電流を流していたそうだ。 さらに壁と壁の間は緩衝地帯があり、壁を越えて西ベルリンに逃げ込もうとした多くの人がこの緩衝地帯で殺されたとのこと。

 次に壁博物館(Haus am Checkpoint Charlie)を見学。 ここにはベルリンの壁にまつわる悲劇の記録が展示されている。 この博物館の隣にはドイツ統一前にチェックポイント・チャーリーと呼ばれる検問所があり、軍人、外交官などほんの一部の人だけが東ドイツと西ベルリンの間を行き来できたところ。 統一以前に脱走を試みた数知れぬ人々と手段、いきさつを克明に展示している。
   ベルリンの壁は1961年8月12日から13日にかけて造られた。 まさに壁が作られているところを西に逃げる人々、車のトランクの中、スピーカーボックスの中、スーツケースを二つ並べてつなぐように間に穴を開けこの中に隠れるたり、気球を使ったり、車のガラス窓に鉄板を張り防弾としたり、トンネルを掘り、中を木車に乗って脱出したり、手造りの飛行機で逃げたり、 東側の恋人を車の助手席の背もたれと座席の中に埋め込んで脱出させたり・・・・・ 等々。  生への執着、生きようとするたくましさを感じる。 これらの脱出方法は一度発見されると次からは使えないほど検問が厳しくなったと言う。

ベルリン ペルガモン博物館 ゼウスの大祭壇
 次にペルガモン博物館を見学。 ペルガモン博物館(Pergamonmuseum)は「博物館島」(世界遺産)にあり、館名の由来にもなっているヘレニズム期の「ペルガモン・ゼウスの大祭壇」をはじめとするギリシャ、ローマ、中近東の美術、イスラム美術などを収蔵している。 「ゼウスの大祭壇」(紀元前180年-160年頃)は、小アジアのペルガモン(現・トルコのベルガマ)で建造された大祭壇。 全長100メートル以上に及ぶ浮き彫りはギリシャ神話の神々と巨人族との戦い(ギガントマキア)を表わしたもので、ヘレニズム期の彫刻の代表的なものである。1864年、カール・フーマンらが発見し、ドイツに持ち帰ったものである。

 バビロニアの「イシュタール門」(紀元前560年頃)はバビロニアの古都バビロンの中央北入口の門を飾っていた装飾。 青い地の彩釉煉瓦でおおわれた壁面には牡牛やシリシュ(獣の体に鳥のような足、蛇のような首をもった、創造上の動物)を表わしている。
 この他に、エーゲ海の古代都市ミレトスにあった「ミレトスの市場門」、古代バビロンの行列門などが有名。

 見学時間は昼食の関係から50分ほどと制限されており、音声ガイドを聞いていたらのんびり過ぎて間に合わない。 途中で音声ガイドを切って主要部分を回る。 ここでも昨日の自由時間が少なかったことが悔やまれる。

ベルリン イースト・サイド・ギャラリー
ブレジネフとホーネッカーのキス
 昼食後イースト・サイド・ギャラリー(East Side Gallery) をバスでゆっくり通過しながら見学。 パンフレットには下車観光と書いてあったのに(不満)。
 ここは東西ベルリンを二分していた壁の一部がシュプレー川沿いのミューレン通りに沿って1.3Km残っている。 ここには20数カ国のアーティストが壁に落書きをしており、世界最大の野外展示場。 絵の痛み、落書き等もひどいが、元の作者が修復してきれいなものもある。 特に有名な絵は元ソ連の共産党書記長ブレジネフと元東ドイツ国家評議会議長ホーネッカーのキスだそうだ。

 この後ベルリンを後にして、南に130Km、マイセンに向かう。  ここで国立マイセン磁器工場(Staatliche Porzellanmanufaktur)を見学。
 ヨ-ロッパ人が磁器について興味を持つようになったのは、14世紀初頭に著されたマルコ・ポ-ロの「東方見聞録」が世に出てからのことであった。 ここで紹介された東洋の磁器は今まで見たことの無い磁器でありこれらは彼らの垂涎の的となった。 すぐに各陶窯で磁器製造の努力がされたがいずれも成功しなかった。
マイセン 国立マイセン磁器工場 絵付け
 17世紀に入ると、オランダ東インド会社によって、中国や日本から磁器が盛んにヨ-ロッパに輸入されるようになり、ヨ-ロッパの東洋磁器にたいする興味は更に高まった。 ザクセン選帝候アウグスト2世の至上命により1694年にチルンハウゼンにより始められ、これに錬金術士ベットガ-が加わり1708年ヨ-ロッパで初めての白磁磁器の製造に成功したのが始まり。

 最初はドレスデン郊外のコルディックで発見された磁土を使用して、朱泥式の炉器が作られた。しかし失敗を重ねた後この磁土を止めて、別に発見された良質のカオリンを使うことにより硬質施釉磁器を作り出すことが出来た。 そして窯をドレスデンのベヌ-スバスティから郊外のマイセンに移して、本格的な製磁を開始した。 王立ザクセン・マイセン磁器工場がこれである。 主として製造したものは日本の伊万里焼、柿右衛門様式を写したものや、中国風の食器、花器、装飾品であった。 1717年ザクセン候アウグストは磁器宮殿を建て、そこに自ら収集した東洋磁器を並べ、マイセン工場で作らせた中国風や日本風の磁器を飾った。 この頃からマイセン磁器工場の活躍はめざましく展開し、ヨ-ロッパ陶芸界をリ-ドしていくようになったと言われている。

 1730年後半になると、器形は伝統的な西洋風に変化し、新たにインドの花が使われるようになり、1740年代に入るとワト-やランクレ等の王朝風人物風景画やドイツの花が主流をなしてくる。 アウグスト死後プロシア時代に衰退したが、その後今日に至るまで柿右衛門風の伝統様式を守ると同時に、現在も、積極的に新意匠の開発に努めていると言う。

   本日の宿はドレスデン郊外のホテル・トレフ(Treff)、19時に到着。

 本日のビール: 昼(ベルリン)、ヴァイツェン(Weizen) 濁った小麦ビール。とても美味しい。
           夜(ドレスデン)、フェルドシュレスヒェン・ラドラー(Feldschlosschen Radler) 本当にビール? 甘い。



 [ドレスデン]
ドレスデン ゼンパー・オペラ・ハウス
 9月16日(金) 今朝食事をする頃から小雨。 8:30にホテルを出て、ドレスデンの街へ。 バスを降りたのはエルベ川のほとり、ゼンパー・オペラの前。 ガイドはウルマンさん。
 ドレスデン(Dresden) はドイツ統一後、新たに東ドイツから組み込まれた東部ドイツ新5州のひとつ、ザクセン州の州都で人口は約50万人。 かつてのザクセン王国の首都であるドレスデンはエルベのフィレンツェと称えられ、華麗な宮廷文化が輝くバロックの町であった。 18世紀にはアウグスト王が東洋の白磁に魅せられて欧州で初めて陶磁器を作ることに成功し、マイセン磁器は今も世界最高の名声を博している。 またドレスデンはヨーロッパ屈指のゼンパーオペラに代表されるように音楽の都でもある。

 観光はゼンパー・オペラ前から。 このオペラ・ハウスはゴットフリート・ゼンパーが設計した由緒ある建物。 ウェーバー、メンデルスゾーン、リヒャルト・シュトラウス、ワーグナーなどの活躍の舞台となったところとか。

ドレスデン ブリュールのテラス
 オペラ・ハウス前の広場の南にはツヴィンガー宮殿、南東にドレスデン城、東にカトリック教会が配されている。 教会の北をエルベ川沿いに東に進むとブリュール(伯爵)のテラス(Bruehlsche Terrasse)に出る。 かって文豪ゲーテは「エルベ川のフィレンツェ」「ヨーロッパのバルコニー」と絶賛したといわれている。 エルベ川には外輪水車が左右に付いた遊覧船が運航しており、対岸にはバロックのザクセン州大蔵省やザクセン州内閣府がある。 ブリュールのテラスから東に目をやれば国立芸術アカデミーの丸屋根が見える。 この丸屋根は格縁のガラスドームなので「レモン絞り」と呼ばれているそうだ。 ドレスデンは第二次世界大戦で徹底的に攻撃を受け町の90%を破壊されたそうで、復興、修復が現在でも行われている。 ブリュールのテラスの南にあるフラウエン教会の外壁は大戦で黒くなった石と新たに修復に使った白い石が混ざっている。 内部は修復未完成で入場できない。 ドームにはイギリスから寄贈された金の十字架が付けられていた。 ドイツではこのように第二次世界大戦の傷痕が残っており、60年経った今でも修復が続いている。
ドレスデン 君主の行列


 ドレスデン城のアウグスト通りに面した外壁に君主の行列壁画(Fuerstenzug)がある。 大戦で奇跡的にも破壊されなかったところで、 ザクセン王国の歴代の王をタイル上に焼き付けた行列の壁画で、王の絵の下には生存した期間と紋章も描かれている。 約25,000枚のマイセン陶磁器のタイルを使用し、長さ約100mもあるそうだ。

ドレスデン
ラファエロ[システィーナのマドンナ」
 次にオペラ前広場の方からツヴィンガー宮殿の中庭に入る。 ツヴィンガー宮殿(Zwinger)は17世紀にアウグスト王が建てたザクセン王国の栄華を象徴する後期バロック様式の宮殿。 中庭にマイセン磁器の仕掛け時計を持つパビリオンがある。 10:15にビバルディの四季「秋」の演奏を始めた。
 内部にはアルテ・マイスター絵画館(Gemaeldegalerie Alte Meister)、陶磁器コレクション(Porzellansammlung)、武器博物館(Ruestkammer Museum)、自然史博物館(Tierkunde Museum)、数学物理学サロン(Mathematisch-Physikalischer Salon)の5つの博物館・美術館がある。

 アルテ・マイスター絵画館(Gemaeldegalerie Alte Meister)で絵画を鑑賞。 10:45からバスが出発する13:00までの間自由行動とのこと。 外は雨、この絵画館でしっかり絵を鑑賞することにする。 16世紀のザクセン侯の収集絵画が基礎になり、18世紀のフリードリヒ・アウグスト2世、3世の東洋磁器収集、19世紀にロンドンに亡命したフランス王ルイ・フィリップから購入したスペイン絵画などが加わり、ヨーロッパ有数のコレクションを誇るようになったそうだ。  2階展示室の15-16世紀のイタリア絵画が見もので、ラファエロの「システィーナのマドンナ」、マンテーニャの「聖家族」、ボッティチェリの「聖ゼノビウスの生涯」など、さらにレンブラント、ルーベンス、フェルメールなどオランダ及びフランドル地方やフランス絵画の名作、ドイツ・ルネッサンス派の作品も充実している。

 絵画館の中のカフェで昼食。 時間があまりないのでスープにサンドウィッチ。 ドレスデンの地ビール・ラーデベルク(Radeberg)もしっかり飲んでおく。 13時、オンタイムでバスに戻り、一路バンベルクへ。
バンベルク 大聖堂


 バンベルク(Bamberg)(世界遺産)には17時に到着。 ガイドはネッカーマンさん。 バンベルクはラインからマインを通り、ドナウ川に向かう旧幹線道路(皇帝・国王の道) の要衝の一つで、カール大帝が803年にアーヘンからレーゲンスブルクに向かった時にも勿論この町に泊まっているし、1356年以降ドイツ皇帝がフランクフルトで選ばれるようになってからは、ここに宿泊した後ウィーンに向かうのが常になっていた。 バンベルクの今日の姿はバロック時代の聖職諸侯(司教) の豪華さを好む志向のお蔭である。  バンベルクは戦争の災禍から免れただけでなく、市民が伝統と遺産を守る努力を重ねたため、文化財保護の対象となる建物が約1400にも及ぶと言われている。

 バスを降りて、旧市庁舎(Altes Rathaus)へ。 この建物はレグニッツ川の中州に建てられている。 中心となる塔の部分は14世紀に建築、15世紀に改築された。 通り抜けの部分もこの時期につくられた。フロント、丸屋根は18世紀のもの( マルチン・マイヤー) 。 町の方に向かった正面には領主司教フランツ・コンラートフォンシュタディオンのワッペン、ドームに向かって市のワッペン(複製)が取り付けられている。 ここを通り抜けて、司教座のある丘へ。 ここにはハインリッヒ2世が造った大聖堂(Dom)がある。 四つの尖塔と三つの身廊が特徴だが、東側の塔( 二本) の上部が完成したのは18世紀になってから。
 典型的なロマネスク様式の教会として建築されたが、後にゴシック様式への移行が見られる。アダムの門扉(Adamspforte)、聖母マリア(恩寵)の門扉(Marienportal/Gnadenpforte)、司教の門扉(Furstenportal - ここには「最後の審判」の彫像が見られる)、内陣(Georgenchor)のハインリッヒ2世とその妃クニグンデの彫像、バンベルクの騎士(der Bamberger Reiter)といった彫刻の傑作が見られる。 東側内陣にはリーメンシュナイダーが 1499~1513年までの月日をかけてつくったハインリッヒ2世と妃クニグンデの石柩がある。 等身大の像をもつ西側内陣の十字架祭壇(Kreuz- altar)も見事。

バンベルク ビヤ・ホール「シュレンケルラ」
 ここから司教の使っていた旧宮殿、新宮殿の中庭を回り、旧市庁舎のそばの川のほとりへ。
 バンベルクにはラオホ・ビール(燻製ビール)と言う有名なビールがあるはず。 現地ガイドさんに聞いたら「シュレンケルラ」と言うビヤ・ホールを紹介され、皆でこのビヤ・ホールに入る。

 0.5リットルのビールが1.05ユーロだそうだ。 ビヤ・ホールで飲むビールは安い。 このビール、黒ビールの一種で、一口飲んだ後に確かに燻製の香りが広がる。 まるでイカの燻製を一緒に口にしている感じ。 このビールを飲んでいる限りつまみはいらない。 周りのドイツ人もビールしか飲んでいないし、カウンターにソーセージなどのつまみもない。
 奥の売店にはビン詰め0.5リットルのラオホ・ビールがあり、1ユーロだと言う。 小生と家族との土産用に購入。

 ニュールンベルクのホテル・アトリウム(Atrium)に到着したのは19:50。 20:30から夕食。 ここでもニュールンベルクの地ビール・レデレー・ブロイを飲む。  今回はドイツ各地の地ビールを楽しむ旅行となってしまいそう。

 本日のビール: 昼(ドレスデン)、ラーデベルク(Radeberg) 軽くてすっきり。
           午後(バンベルク)、ラオホ(Rauch) 燻製の香り。
           夜(ニュールンベルク)、レデレー・ブロイ(Lederer Braeu) 濃い味。



 [ニュールンベルク]
ニュールンベルク カイザーブルク
 9月17日(土)  ニュールンベルク(Nurnberg)は人口約50万人、ミュンヘンに次ぐバイエルン州第2に大きな町。 ワーグナーのオペラ「ニュールンベルクのマイスタージンガー」の舞台ともなったこの町は、詩人ハンスザックス、画家デューラーの出身地でもある。 旧市街地を城壁が囲み、中世の大都市を残している。

 今日の午前中のガイドはイナバさん。 9時にホテルを出て、中央駅からオペラハウスの前を通り、ニュールンベルク裁判が行われた陪審裁判所に向かう。 第二次世界大戦の軍事裁判で1945年から1946年8月まで裁判が行われ、12人に死刑が宣告された。 このうち一人は逃亡中で、一人は獄中で自殺。 10月16日裁判所の隣にある刑務所で10人が絞首刑を執行されたと言う。 死刑になった人の骨は散骨されているが、服役して亡くなった人は家族がこの付近に墓を作っているので、毎年8月になるとネオナチが来て騒ぐので市民は迷惑しているそうだ。 ここは観光場所でないので車窓から見て通過。カイザーブルグへ向う。

ニュールンベルク 麗しの泉
 カイザーブルグ(Kaiserburg)は1050年にハインリヒ3世が築城し、以後拡張と破壊を繰り返しながら500年以上にわたり新生ローマ帝国の居城として使われていた。 城壁の塔には大紋章の双頭の鷲がある。 中庭に入ると中央にクニクンデ(フリードリッヒ2世の妃)の菩提樹が植えられている。 鍵を開けてもらい、建物の中に入ると大きな騎士の広間があり、この広間に続いて礼拝堂がある。 礼拝堂は3段になっており、一番下は使用人、召使など、 騎士の広間からは騎士たちが、最上段は皇帝と妃が礼拝を行う場所だったそうだ。 騎士の広間の上の階には皇帝の広間があり、ここにはスペインから嫁いできたマルガリータとその夫のレオポルド1世の肖像がある。

 中庭を出て町のほうへ進むと、建物の中に深さ47mの井戸がある。 カイザーブルグは高台の上にあり、この下まで47m掘ったところで水脈に当ったそうだ。 ローソクを下まで降ろしても火は消えない。 水が新鮮である証拠で、最近の水質調査でも飲料に適しているとの判断が出たと言う。

 城門を出て、坂道を下り旧市街へ。 建物の正面がギルドハウスのような聖母教会の前を通り、麗しの泉へ。 これは八角形のピラミッド状の塔に沢山の彫刻がついている噴水。 塔の周りの鉄柵についている金色の輪を3回左に回し、願い事を唱え、誰にも話さなければ願いがかなうという言い伝えがあるそうだ。

 次に聖ロレンツ教会(St. Lorenz-Kirche)へ。 この教会は1270年から200年の歳月をかけて建築されたゴシック様式のプロテスタントの教会。 天蓋からつるされた木彫りのレリーフは1517年に製作されたファイト・シュトゥスの彫刻で「受胎告知」。 マリアが大天使ガブリエルに受胎を告げられ、驚きのため左手に持っていた本を離し、本が宙に浮いている。 教会の西側の直径9mのバラ窓と呼ばれているステンドグラスもすばらしい。

 オペラハウスのそばのレストラン(トゥヒャー・ブロイ・アム・オペルンハウス)で昼食。 ニュールンベルクのビール・トゥヒャー・ブロイを賞味。 ベルリン、ドレスデン、バンベルクのビールに比べてすっきりしている。


 [レーゲンスブルク]
レーゲンスブルク ドイツ最古の石橋と大聖堂
 バスでおよそ2時間、レーゲンスブルクに到着。 こちらでのガイドはナカムラさん。
 レーゲンスブルク(Regensburg)はバイエルン州の中心部に位置し人口は14万人、ここはドナウ川の最北地点でもある。 ローマ人によって建国された街は2000年の歴史を感じさせ、ドイツで最も美しい街の一つと言われている。 レーゲンスブルクは、ドナウ川河畔の交通の要衝として古くから栄えた。ドナウ川を使って船でここから黒海まで荷物が運ばれたと言う。 大司教座聖堂などに中世の繁栄ぶりを伺うことができる。 現在は歴史的景観とバイエルンでは比較的温暖な気候のため、夏の保養地として人気があるそうだ。

レーゲンスブルク 大聖堂
 到着した場所はレーゲンスブルクの街の北側、ドナウ川の運河の傍らで、ここから石橋を渡って旧市街に入る。 この石橋はドナウ川にかかるアーチの橋でドイツで最も古く1146年に完成したそうだ。 橋のたもとにはザルツ・シュターデル(塩の倉庫)があり、現在博物館とレストランに使われている。 その側に世界最古のレストランがある。 名前もヒストリッシュ・ヴルストキュッヘ(世界最古のソーセージ屋)で、石橋を作る際の飯場だったとか。
 当時岩塩は貴重で、この塩の倉庫に蓄えられ、ドナウ川を使って各地に運ばれたそうだ。 賃金は時々現物で支給され、ザラリューム(塩)がサラリーの語源になったという。

 次に大聖堂に向う。 途中、司教の館を通る。 ここは大聖堂と一緒に建てられた建物。 一部がホテルになっている。 中庭にキツネが司教に化けている噴水があり、表側は司教がアヒルと戯れている姿だが、裏側ではキツネがアヒルを捕まえて、噛み付こうとしている。 何を意味しているのだろう。 司教が二重人格だったのか。

レーゲンスブルク 旧市庁舎
 レーゲンスブルク大聖堂(Dom St. Peter)は、二本の尖塔を持つゴシックの建物。 13世紀に建築が開始され、16世紀初頭には一応完成したが、尖塔が完成したのは何と19世紀になってから。 ドイツ圏のゴシック教会の尖塔は、このように、ゴシックリバイバルの機運が盛り上がった19世紀にようやく完成するか、現在まで未完成に終わったりする例が多いらしい。 あまりに当初のプランが壮大だったこともあるのだろう。

 大聖堂の内部も素晴らしい雰囲気だ。 バロック風の祭壇は装飾が少なく、純粋にゴシック的雰囲気に浸ることが出来る。 ステンドグラスも美しく、内陣の窓は14世紀のもの。 柱には受胎告知に訪れたガブリエルが微笑んだ彫刻があり、向かい側の柱のマリアの顔も優しい。

 旧市庁舎は中世風の出窓が美しく、ここではドイツ最初の帝国議会が開かれたそうだ。 鍵がクロスになっている紋章は聖ペテロがこの町の守護神のためだそうだ。 ヴァチカンと同じと言うのも面白い。  旧市街は、古い街並みがよく保存され、中世風の路地も多く楽しい。 その割には観光客の姿はあまり目立たない。 日本人観光客の姿も見られなかった。 久しぶりの客なのか、ガイドさんが張り切っていたように思えた。

 ホテルは旧市庁舎のそば。 アルトシュタット・アルヒ(Altstadt Arch Hotel)は14世紀に作られた宿。 さすがに古い。 小生の部屋は三階、勾配天井と言うか屋根裏部屋。 バスタブなし。

 本日のビール: 昼(ニュールンベルク)、トゥヒャー・ブロイ(Tucher Braeu) すっきり。
           夜(レーゲンスブルク)、ビショップ・ホフ(Bishop Hof) さらりとした味。司教さんが好きだったのか。



 [ミュンヘン]
パッサウ 聖シュテファン大聖堂
 9月18日(日)  今日はミュンヘンまでの移動日。 途中オーストリアとの国境の町パッサウまで足を伸ばし、その後にミュンヘンへ。
 出発は10時とのこと。 日曜のまだ人出のないレーゲンスブルクの町を散歩する。 気温は10℃くらいで気持ちが良い。 ドナウ川から大聖堂、細い路地をいくつか抜けて旧市庁舎辺りを散策。

 レーゲンスブルクからアウトバーンで2時間足らず、パッサウの町に到着。
 パッサウ(Passau)はローマ時代の城砦バタリスが町の名前の由来で、ここでドナウ川にイン川、イルツ川が合流し一つになってオーストリアへ流れていく。 739年にはハンガリーまで続く最大の司教区があったそうだ。 1662年の町の大火災の後に司教がバロック様式の町を作り上げた。 旧市街の中心には世界一大きいパイプオルガンのある聖シュテファン大聖堂がそびえている。 3つの川を見下ろすようにオーバーハウス要塞とマリア・ヒルフ修道院が丘の上に建っている。

 昼食までにまだ時間があるので、旧市街の聖シュテファン大聖堂に行く。 午前中なので、まだ日曜日のミサが行われており、中に入ると世界一といわれるパイプオルガンの荘厳な音と賛美歌が聞こえた。 入り口を入ったところでしばし見学をする。

 昼食はドナウ川のそばのレストランで、メインは豚肉のシュニッツェル。 ビールはクリスタルと言うビールを注文したらビールは透明でなく濁っていて、ヴァイセン・ビール(小麦ビール)が出てきた。

パッサウ イン川(奥)とドナウ川(手前)
 昼食後マイクロバスで丘の上に上がり、オーバーハウス要塞に行く。
   オーバーハウス要塞(Veste Oberhaus)はパッサウ市内中心部からドナウ川を渡った丘の上にあり、高い所にオーバーハウス要塞、手前にはニーダーハウス要塞がある。 108メートルの所に建つこのオーバーハウス要塞は1219年に司教領主の館として建設された。 16世紀末に要塞は拡張され、 1700年頃に星形の城壁が完成したそうだ。

 1803年にバイエルンに要塞は接収され、 一時は刑務所としても使われていたが、 現在はユースホステルと博物館として使われている。

 オーバーハウス要塞の展望台からドナウ川、イン川、イルツ川の合流とパッサウの町の景観を楽しむ。 ドナウ川には大きなクルーズ船が行き交い、ドナウ川の向こうはパッサウの旧市街。 丘の上に聖シュテファン大聖堂が、さらにイン川の向こうにはマリア・ヒルフ修道院が見える。

 要塞にあるパッサウの歴史博物館を見学した後、再びマイクロバスに乗り旧市街へ降りる。 先ほどミサが行われていて十分見学できなかった聖シュテファン大聖堂に再び行く。 ここはバロック様式のカソリック聖堂で、天井には美しいフレスコ画、柱には漆喰彫刻が施されている。 入り口の二階の部分に例の世界一のパイプオルガンがすえつけられていた。 このオルガンはパイプの数が17,974本、 一番長いパイプは11.3m、短いのは6mmなんだそうだ。 月曜日から土曜日の12時~12時半までオルガンコンサートが行われているそうだ。

ミュンヘン ホフ・ブロイ・ハウス
 パッサウを16時に出発してミュンヘンへ。 ミュンヘンには19時過ぎに到着。 夕食はミュンヘンのビール醸造所(かってのバイエルン王室御用達醸造所)直営のビア・ホールの「ホフ・ブロイ・ハウス」の3階で。 大きな体育館くらいのホールにテーブルと椅子が並べてあり、 ビールは全て1リットルのジョッキ。 銘柄は良くわからなかったが、日本のビールに良く似ているので多分ピルスナー。 食べ物はビュッフェ方式で、野菜、ロースト・ビーフ、ソーセージなど。 食事中にポルカやアルプス・ホルンの演奏、フォークダンスに似たババリア地方の踊りなどがステージの上で行われている。
 まだまだ食事とショーを楽しめばよいのに、我々の今夜からの宿泊地がアウグスブルクなので20時には切り上げて会場を出る。
 この建物の一階は普通のビア・ホールのようで、現地の人たちがビールとお喋りを楽しんでいる。 このビア・ホールでもビール以外につまみは無い。 彼らにとってビールとはコーヒーのような物のようだ。

 ミュンヘンからおよそ1時間半でアウグスブルクのホテル・ドリント・ノボテルに到着。 部屋に入ったのは22時。 このホテル、アメリカンスタイルで、比較的新しいのにバスタブがなくシャワーのみ。 昨日に続いて明日まで連続3日間シャワーだけで我慢しなければならないようだ。

 本日のビール: 昼(パッサウ)、クリスタル(Crystal) 小麦ビール。
           夜(ミュンヘン)、ピルスナー?(Pilsner?) 日本のビールと同じ。


 9月19日(月)  今日はミュンヘン市内観光とミュンヘンでの自由時間。 ミュンヘン(Munchen)はバイエルン州の首都で人口130万人、ドイツ第三の都会。「隠れた首都」、「ビールと芸術の町」、「百万人の村」など数々の愛称を持っている。 南の明るさとバイエルンのローカルカラー、美しい建物が独特の景観と雰囲気を作り出す魅力的なドイツで人気ナンバーワンの都会だそうだ。

 ミュンヘンの名前はベネディクト派の僧院(僧を表わすドイツ語メンヒ)に由来し、市の紋章は小さなお坊さん。 19世紀前半、ヴィッテルスバッハ・バイエルン王家の名君ルートヴィッヒ1世がミュンヘンを欧州指折りの芸術の都に造り上げた。 第二次大戦では75%破壊されたが、主な建物は再建され、1972年夏のオリンピックはミュンヘンで開催された。

ミュンヘン ニンフェンブルク城
 アウグスブルクを8時に出て、ミュンヘン郊外には9時過ぎに到着。 本日のガイドはエツコさん。 まずニンフェンブルク城(Schloss Nymphenburg)を見学。 この城はミュンヘン市の西に位置し、1664-1728年にフェルディナント・マリア候が妃アーデルハイトの別荘として建てたバロック様式の建物。 ヴィッテルスバッハ・バイエルン王家の夏の離宮として使われ、広大な庭園を持つ。 いわゆる遊びの城(シュロス)であり、居城(レジデンツ)はミュンヘン市内にある。

 中央本棟に「石の広間」があり、「女王フローラに敬意を表するニンフ」のフレスコ画がある。 南翼のロココ式大広間にルートヴィッヒ1世がヨーゼフ・シュティーラーに描かせた36人の美人画がある。 しとやかな女性、気の強そうな女性、うつむき加減の女性など36人それぞれに個性がある。

 またこの宮殿にはルートヴィッヒ2世の誕生の間もある。 宮殿の中の何れのベッドも縦の長さが短い。 当時王侯は敵の襲撃に備えて座って寝ていたためベッドは今日の様に背の高さより長い必要がなかったそうだ。

ミュンヘン 新市庁舎
 ドイツでは色々な王様の称号があるが、これは三つに分類できるそうだ。 一番高い位が「神聖ローマ皇帝」で日本では天皇位の地位。 次が「選帝侯」で将軍くらい、 最後は「ケーニッヒ」でこれは大名くらいだそうだ。 ノイ・シュバン・シュタインを建てつつ41歳でなぞに死を遂げたルートヴィッヒ2世はケーニッヒだったという。

 次に2006年サッカー・ワールドカップの開会式が行われるアリアンツ・アリーナを見に行く。 このアリーナの良く見えるポイントに案内される。 この場所はもうすぐ工事が完成すると一般人は入れないところだそうだ。 アリーナは白いタイヤのようで、 保険会社アリアンツの文字が見える。 この保険会社は20億ユーロを支払って30年間この名前を使える権利を得ているとか。

 ここからミュンヘン市内に行く。道路沿いにはオリンピックの行われた会場、 昔メッサー・シュミットを作っていて第二次大戦で壊滅的な攻撃を受け、現在は自動車会社となったBMWの本社、工場などが立ち並ぶ。

 ミュンヘン市の中心、マリエン広場にはネオゴシック様式の建物の新市庁舎(Neues Rathaus)が建っており、 毎日12時に軽やかな鐘の音とともに仕掛時計が回る出す。 始めは1568年のバイエルン公ヴィルヘルム5世の結婚式を再現する等身大の仕掛人形(上段)が動く。 次に15世紀以来続く謝肉祭の樽屋の踊り(下段)と続く。 最後に一番上の鳥が三回鳴いて終了。

  ここからすぐそばにある聖母教会(Frauenkirche)へ。 2本のねぎ坊主の塔が目を引くミュンヘンを象徴する建物。 15世紀に建立された後期ゴシック様式で煉瓦造り。 中のステンドグラスがとても近代的で面白い。 1886年シュタルンベルク湖で謎の死をとげたノイ・シュヴァン・シュタイン城を建てたルートヴィッヒ2世の墓が入り口左手にある。

 昼食はガイドさんの案内で、キッコーマンのレストランで和食。 この後美術館とビール祭に行くので飲み物(ビール)はお休み。
 昼食後の自由時間はノイエ・ピナコテークとオクトーバー・フェストに行く。 本当はアルテ・ピナコテークに行きたかったが今日は月曜日で休館。 仕方なくお隣にあるノイエ・ピナコテークに行くことにした。 同行者はこの旅行で美術館を一緒に回っているSUさんとSAさん。 この美術館は近代絵画を展示しており、ゴヤ、ゲインズバラ、ローレンス、レイノルズ、ウィンターハルター、ミレー、マネ、モネ、ゴッホ、ゴーギャン、ルノワール、ムンク、セガンティーニ、クリムトなどの珠玉の作品を鑑賞できる。 およそ二時間ほど絵を見て周り、満足をして、タクシーでオクトーバー・フェストの会場へ。

ミュンヘン オクトーバー・フェスト
 今年のオクトーバー・フェスト(Oktoberfest)は9月17日(土)~10月3日(月)開催されている。 毎年10月の第一月曜日までの17日間だそうで、今回は170回目だそうだ。
 このビール祭りはもともと1810年10月12日に行われたバイエルン王家の結婚式に由来している。 ノイシュヴァンシュタイン城を建てたルートヴィッヒ2世の祖父、後にルートヴィッヒ1世となるバイエルン皇太子と王女テレーゼの結婚式のお祝いがはじまり。

 ミュンヘン中央駅近くの会場は「テレージエンヴィーゼ(テレーゼの草原)」と呼ばれ、42ヘクタールという広大な会場に14もの巨大テントが建てられる。 ここに参加できるのはミュンヘン市内のビール醸造所だけ。 座席数1万席を数えるホフ・ブロイ・ハウスの最大テントを始め、どのテントも4,000~6,000人を収容することが出来るそうだ。
 17日に行われたオクトーバーフェストのオープニング・パレードは1,000人もの人が行列となって王家の結婚式のパレードの伝統を引き継ぐもので、その盛大さは見応えがあり、 馬に乗ったミュンヘナー・キンドル(ミュンヘンのシンボルで黒いマントを着た女の子)を先頭に市長やビール醸造所の華やかな馬車が続いたそうだ。 この世界最大のビール祭りには毎年約600万人の人が訪れ600万リットルのビールが消費されるとか。 各醸造所がその年の3月に仕込み、夏の間に貯蔵しておいたオクトーバーフェストビールはホップの苦味のきいた口当たりのいいビール。 マースと呼ばれる1リットルのジョッキで提供される。

ミュンヘン オクトーバー・フェスト テントの中
 会場の北側の門から入ると、南北の通りの両側に大きな建物(実際にはテントだそうだ)が幾つも並んで建っており、屋台があったり、遊園地のような遊び場もある。 テントの一つに入ってみると、既に人がいっぱい。 座席の空いているところは全てリザーブ席。 三人で入ったが空いている席など全く無い。
 一番大きなテントと言われているホフ・ブロイ・ハウスの中に入ってみたが、ここも満員。 自由席では立って飲んでいる人、踊りながら飲んでいる人など。 とても詰めてもらって座るわけにはいかないほどの混みよう。 テントの外にもテーブルと椅子が置かれているので、ここでビールを飲むことにする。 ビールは一種類しかないようで、飲んだところピルスナーのようだった。 1リットルのジョッキで9.2ユーロ。 結構高い。 期間中600万リットル消費されるから、5520万ユーロで77億2千800万円の売り上げか・・・。 とても体格の良いおばさんが両腕にジョッキを10個ほど抱え、口に呼子をくわえ、時々呼子を鳴らし人をかき分けてビールを配って歩いている。

 旅行会社が21時に、会場のそばのタクシー乗り場の前にバスを用意してくれていたが、 16時20分頃から会場に入り、 日が暮れてからかなり冷え込んできたので、3人でタクシーに乗りアウグストブルクのホテルに帰る。

 本日のビール: 夜(ミュンヘン・オクトバー・フェスト)、ピルスナー?(Pilsner?) 


 [シュバンガウ]
 9月20日(火) アウクスブルク(Augsburg)は人口約26万5千人、バイエルン州内で三番目に大きい都市。 紀元前15年頃、ローマ皇帝アウグストゥスによって設けられたアウグスタ・ヴィンテリコールムと称される植民市がその起源。
アウクスブルク フッゲライ
 中世においては、フッガー家の拠点となり、周辺で採掘される銀や銅がもたらした莫大な富を背景に発展した。 アウクスブルクは数々の有名人を送り出している。 作曲家モーツアルトの父、レオポルト・モーツアルトや飛行機に名を残すヴィリー・メッサーシュミット、ディーゼル機関を発明したルドフル・ディーゼルなど。

 9時にホテルを出て、フッゲライに行く。 本日のガイドはミチコさん。 このフッゲライ(Fuggerei)はヤコプ・フッガー(1459~1525)が、町の低所得者の為に建設した共同住宅で、今も当時のままの年間家賃(1グルテル)で貸されている。 家賃は現在のユーロに換算して年間0.88ユーロ(¥120)だったと言う。 ヤコプ・フッガーはハプスブルグ家と付き合いがあった人で、イタリアのメディチ家よりも金持ちだったそうだ。 この長屋の中の一軒を利用してフッゲライ博物館がある。 一軒の広さはおよそ60平方mで、当時(16世紀)の台所や寝室・居間などが展示されている。
 現在長屋の戸数は67戸あり、およそ260人の人が住んでいるそうだ。 この長屋の入居資格は①アウグスブルク市民であること。 ②カトリック信者であること。 ③貧しくて、清く、正しく、美しい生活していることだそうだ。 小生は三つとも条件に合わないようだ。
 この長屋には看護施設、教会も備わっており、門限は22時とのこと。 運営は現在も全てフッガー家が行っていると言う。

アウクスブルク 市庁舎 黄金の間
 アウクスブルクの市内、マキシミリアン通りのヘラクレスの噴水の前でバスを降りる。 この通りはアウクスブルクのメイン通りともいえる存在で、通りの左右には銀行や商店などが数多く建っている。 ここにはフッガーの銀行もあり、その隣にあるフッガー家の屋敷跡を見学。 通りから入ると中庭があり、5階建ての建物が周りを囲んでいる。 当時のフッガー家の威勢を感じさせる。

 アウグスブルクは1555年の「アウクスブルクの和議」の舞台になった町で、珍しくカトリックとプロテスタントの教会が仲良く並んで建っている。

 次に徒歩でアウクスブルクの市庁舎へ。 この市庁舎(Rathaus)は1615~20年に建設された奇才エリアス・ホルの作品。 ルネサンス風 ルネッサンス建築の傑作といわれている。 第二次大戦で全壊したが、1985年に元通りに修復された。 階段を上がって三階の黄金の間に直行。 何の変哲もない階段を登りドアを開けて一歩足を踏み入れると、そこは全くの別世界。 まばゆい、神々しい、金色の世界。 基本は木造らしいが、金色でそんな風に見えない。 ドアの彫刻や壁、天井の壁画もすばらしいの一言。 この黄金の間は式典のために造ったそうだ。
 市庁舎の横には見張りの塔として建てられた78mのベルラッハ塔があり、市庁舎の前の広場にはこの町の創設の基になったローマ皇帝アウグストゥスの噴水が建っている。

 昼食後、ガイドさんにさよならをして、バスは南へ。 ホーエン・シュバンガウには15時に到着し、16時30分入場の予約でノイシュバンシュタイン城(Neuschwanstein)に向う。

ホーエン・シュバンガウ ノイシュバンシュタイン城
 バスに乗って城のすぐ側で降り、深さ90mの谷間にかけられたマリーエン橋の上から左手前方の城を見る。 「ノイ・シュヴァン・シュタイン」を直訳すれば、「新・白鳥・石」となり、その名の通り城門の赤い部分をのぞけば、すべて白い石で建てられ、まるで白鳥のように優雅な姿をしてる。  バイエルン国王ルートヴィッヒ2世が残したはこの城は、リヒャルト・ワーグナーの「ローエングリーン」「タンホイザー」などの影響を受け、中世騎士の城をイメージして贅を尽くして建てられた神秘的でメルヘンチックな城。 外観の美しさから、ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなっている。  この城の外観は一応、中世の城。 半円を描いた窓などのロマネスク的要素が使われ、 高い見張り塔、 沢山の小塔をつけるなど、 中世の守りの城を装っている。 しかし、守りの城にしては窓が多く、細身の華奢な本館もエレガントである。 敵の攻撃を防ぐ内堀や防御壁もない。 すなわち、城の機能を全く持たない城で、 完全にルートヴィッヒ2世個人の趣味の作品である。

 正面入り口から入ると、前庭の正面は五階建ての王の宮殿。 右手の建物は騎士の館で左手はケチケメートと呼ばれる婦人の部屋。 見学は時間制で、入り口で日本語のオーディオフォンを受け取り、 前に入ったグループが見学を終了したら次の部屋に入れる仕組み。
 見学は王の宮殿部分が主体で、まず寝室へ。 濃い茶色の樫の木で造られたベッドにはゴシック調の彫刻が施され、荘厳な感じ。 執務室は「タンホイザー」の壁画と樫の木の彫刻が組み合わされ、 居間はすべて白鳥をモチーフにした壁画や家具で統一されてる。 ドアのノブにも白鳥の飾りが。 玉座の間は天井を抜いて二階分の高さがあり、 金箔を使った黄金に輝く大広間。 ビザンチン様式でまとめられ、動物と植物の大胆な図柄モザイクの床が一層この部屋を引き立てている。 完成前にルートヴィヒ王が亡くなったため、肝心の王の玉座は置かれていない。
 五階はそのほとんど全部が歌手の間となっている。 格子天井で、無数の枝付き燭台とシャンデリアを配したこの広間はヴァルトブルク城を手本にしているそうだ。 ヴァルトブルク城は、13世紀の初め、伝説で有名な歌合戦の舞台となったところで、ワーグナーのオペラ「タンホイザー」にも取り上げられている。
 このように城の内部はまさに博物館。 調度品も実に素晴らしいものだったが、残念ながら城の中は撮影禁止。 ルートヴィッヒ2世が謎の死をとげ、この城はそのままになっていたためまだ完成していないそうだ。

 ルートヴィッヒ2世はワーグナーに傾倒していたようだが、ドイツではアドルフ・ヒットラーもワーグナーが好きだったそうだ。 両者は狂気の点で共通している。 日本の現在の総理大臣もワーグナーが好きで日本ワーグナー協会の顧問だそうだ。 2年前ドイツのシュレーダー首相とバイロイト音楽祭で「タンホイザー」を鑑賞した。 狂気の程は如何なものか。

 今夜の宿はホーエンシュバンガウのホテル・シュヴァンシュタイン(Schwanstein)。 3階の部屋はペントハウスのように天井が急勾配。 窓は屋根についており、外は星しか見えない。

 本日のビール: 昼(アウクスブルク)、アウグスタ(Augusta) アウクスブルクにちなんで。 味???。
           夜(シュバンガウ)、ヘレス(Helles) 普通のビール。



 [ローテンブルク]
シュタインガーデン ヴィース教会
 9月21日(水)  朝食前、ホテルの前の田舎道を散歩。 南に50mも歩くと一面の畑。 遥か彼方、山の中腹にうっすらと雲がかかっており、その中に昨日訪れたノイシュバンシュタイン城が見える。 土手の草には露が降りていて、深呼吸をすると何ともすがすがしい。

 8:30にホテルを出て、20分ほどでヴィース教会に到着。 ヴィース教会(Wieskirche)(世界遺産)には「鞭打たれる救いの主の像」がある。 これは1730年にマグヌス・シュトラウプ神父とルカス・シュバイガー修道士が、シュタインガーデンのプレモントレ修道院で寄せ木で鞭打たれるキリスト像を造った。 しかし血と傷で覆われた木像は、あまりにも悲惨なため信者の同情を呼び、1734年以降使われなくなった。
ヴィース教会 鞭打たれるキリスト

 1738年、ある農家の夫人が「鞭打たれるキリスト」の木像をもらい受け、熱心に祈りを捧げていたところ、6月14日このキリストの像が涙を流したという。 教会ではこれを奇跡とは認定しなかったが、この噂は「ヴィースの涙の奇跡」として広まり、巡礼者がこの農家に集まるようになった。 1740年には牧草地の中の小さな礼拝堂に移され、その後巡礼者は増える一方であった。 そこでシュタインガーデン修道院が先頭に立ち、一般からの浄財を募るなどして建設資金を捻出し、1746年から建造されたのがこのヴィース教会。 1754年に献堂式が行われ、最終的に完成したのは1757年であった。 設計はドイツ・ロココの建築では名高いドメニクス・ツィンマーマンで、それまでにも数多くの建物を手がけている。
 外観は牧場の中に建つ何の変哲もない教会だが、ロココ様式の内部の装飾はヨーロッパ随一と言われており、特にその天井画は「天から降ってきた宝石」とも讃えられているそうだ。
 この教会を訪れたのは二度目。 前回はあまり知識もなしに見学したので、教会内部の装飾、鞭打たれるキリスト像など記憶に残っていなかった。 他の教会、修道院、大聖堂などを見てきて、この教会を改めて見ると、「さすがに世界遺産」と言えるものがある。

ネルトリゲン 聖ゲオルク教会
 この後、バスでロマンチック街道に平行に走っているアウトバーンを北へ。 途中アウグスブルクの西を抜け、ロマンチック街道の町ネルトリンゲンには正午に到着。 昼食の後、町の中を一時間半ほど散策する。
 ネルトリゲン(Nordlingen)は14世紀には政治経済上大きな都市であった。 でも16世紀頃から宗教戦争や30年戦争の影響でこの町は衰退してしまい、以後300年間手付かずの町になった。 このために当時の中世の町並みそのままが現在も残っている。

 この町は直径およそ800mの城壁に囲まれた町で、中心にマルクト広場があり、15世紀に建てられた聖ゲオルク教会がある。 ゴシック様式のこの聖ゲオルグ教会を見学した後、市庁舎の前を通り、バルディンガー門から城壁に上がり、反時計回りにベルガー門まで回廊を歩く。 ここで城壁から降り、街の中心方向に歩き、巨大な館(ハル・ゲボイデ Hallgebaude )の前を通りライムリンガー門に出る。
 この町では聖ゲオルグ教会の建物が一番高くて、街の何処からでも見える。 ハル・ゲボイデは屋根裏部屋を入れたら6階建てで、市の塩やワインの倉庫だったそうだ。

ディンケルスビュール ワインマルクト
 ネルトリゲンを出て北へ、30分ほどでディンケルスビュールに到着。 この町は3年前にも散策した所。
 ディンケルスビュール(Dinkelsbuhl)は古来ドイツの東西と南北を結んでいた2つの重要な交易路の交わった所に10世紀頃生まれた市場町である。 南ドイツの穀倉地帯の中央に位置し、農作物の集積地として、また交易都市として発展してきた。 1270年帝国自由都市となる。 この町は第2次世界大戦の爆撃も受けず、中世の頃の町並みがそのまま残っていることから、中世の生きた博物館といわれるそうだ。 16の塔と中世の都市貴族による輝かしい建築物が残る旧市街は、15~16世紀のこの町の栄華を残している。 勤勉な手工業者や商業によって栄えたディンケルスビュールには聖ゲオルグ大聖堂や南ドイツ最大のホール式教会、貴族の家(ドウチェス・ハウ)などがある。
 城壁の外の駐車場でバスを降りて、小さな橋を渡りヴォルニッツ門の南から市街に入る。 町の中心にあるマルクト広場に出て、聖ゲオルク大聖堂を見学。 さすがに大聖堂だけあって、先程のネルトリゲンの聖ゲオルク教会よりも規模が大きい。
 大聖堂を見学した後はおよそ50分間の自由時間。 地図を片手に西のほうへ。 新市庁舎の前を通り、現在ユースホステルになっている大きな穀物倉庫の所から北に進んで、木骨家屋では最大級の市の穀物倉庫に出る。 ここから東に進路を変え、スピタール貧救院の前で南に曲がりワインマルクトの前へ。 この辺りはマルクと広場の側で、中世の切妻屋根の家が並んで建っている。 時おり馬車が通り過ぎて行くが、この町には自動車は似合わない。

 ディンケルスビュールからおよそ40分、 ローテンブルクのホテル・プリンツ(Prinz)に17:20に到着。 荷物をホテルに置いたまま聖ヤコブ教会に急ぐ。 本日は我々だけのためにパイプオルガンのコンサート(プライベート・コンサート)がこの教会で開かれる。 広い教会に13名だけ着席し、ブクステフーデのプレリュード、 スタンレイのヴォランタリー、 バッハのトッカータ、 ボエルマンのメヌエット、 ウィドーのトッカータなどを聴く。 パイプオルガンの重厚な音が教会の中に響き渡り、頭の上から音が降り注ぐように感じた。
 演奏会の終了後、演奏者の案内でパイプオルガンの後の部屋にある聖血の十字架、木彫りの最後の審判を見学する。

ローテンブルク マイスター・トルンク
 ホテルで夕食をとり、6人で21時の「マイスター・トルンク」を見に行く。 マイスター・トルンク(見事な一気飲み)とはローテンブルクにまつわる故事にちなんで作られた仕掛け時計で、マルクト広場の市参事会員酒場の建物についている時計。 午前11時から午後3時まで、午後8時から午後10時までの毎時間窓が開いて中の人形がワインの一気飲みをする。 この故事とはドイツを舞台としたキリスト教のカトリック対プロテスタントの宗教戦争(1618~1648年)があったは時の話。 1631年、プロテスタント側であったこのローテンブルクはティリー将軍率いるカトリック軍に包囲占領されていた。 有罪宣告を受けていた市議会議員と焼き払われる運命にある街を救う為、 旧市長ヌッシュは「このワインを飲み干したらこの町を助けてやろう」というティリー将軍のひょっとした思いつきの申し出を請けて立ち、老体にむち打って3.25リットルのワインを一気に飲み干したそうだ。 これによりローテンブルクの町も市民も救われたと言う。
 21時の鐘の音と共に時計の両側にある窓に灯りがともり、窓が開き、ヌッシュ旧市長が大きなグラス(ジョッキのように大きい。 オクトーバーフェストでのジョッキが1リットルだから、・・・・・)のワインを一気に飲み干す。 その間およそ3分くらい。 三々五々と集まってきた観光客はこの間ほとんど動かず、ティリー将軍とワインを傾けているヌッシュ旧市長を見つめている。

 本日のビール: 昼(ネルトリンゲン)、クラシック(Classic) 北海道のクラシックとは味が違う
           夜(ローテンブルク)、ヘル(Hell) 地獄のビールではなかった すっきりとした後味のビール


 9月22日(木)  今日は午前中自由時間。 ローテンブルクの町の中を散策する。
 ローテンブルクは正式名称をローテンブルク・オプ・デア・タウバー(Rothenburg ob der Tauber)という。 南部バイエルン州フランケン郡のアンスバッハにある町で、中世には自由都市として栄えた。 第2次世界大戦の激しい爆撃をうけたが、市民の力と世界各国からの援助により、赤レンガ色の家並みが続く中世の姿に再現された。 ロマンティック街道と古城街道とが交差する位置にあり、中世犯罪博物館、おもちゃ博物館、クリスマス博物館、帝国都市博物館などがある。
 町の中心にはマルクト広場があり、西側に13世紀のゴシック様式と16世紀のルネッサンス様式の建築が折衷された市庁舎(Rathaus)、北側に市参事会員酒場、南側にはゲオルク噴水がある。

ローテンブルク マルクト広場 市庁舎(左)、市参事会員酒場(右)
 9時にホテルを出発。 ホテルのすぐ側のレーダー門から城砦の外に出て、反時計回りに城壁沿いに歩く。 ガルゲン門から城砦の中に戻り、壁の上の通路を反時計回りに進み、 町の北西の端まで行き、ここで地上に降りる。 壁の上の通路には修復に寄付をした人の名前が刻まれている。 壁の上から街中を見ていると、市庁舎の塔や聖ヤコブ教会、赤い瓦の家並みが良く見える。
 ここから南下し、昨日プライベートコンサートのあった聖ヤコブ教会の下の通路を抜けて、右に曲がりブルク・ガーデン(城砦公園)へ。 ここの西側は崖になっており、下をタウバー川が流れている。 ここは高台になっているので、見晴らしが良い。 ここでUターンをして中世犯罪博物館の前を通り、右に折れてコーボルツェラー門から城砦の外に出る。 緩やかな坂を下り、ドッペル橋(二重橋)の上へ。 ドッペル橋は14世紀にタウバー川に架けられた高架橋。 この場所からローテンブルクの街を見上げるととてもよい景色。 橋のたもとまで戻り、橋の下をくぐり抜け、コーボルツェラー教会の横を通り、坂道を登って再び城砦の中に入る。 これでローテンブルクの周りを4分の3ほど回ったことになる。 この後中世犯罪博物館へ。
 中世犯罪博物館はヨーロッパ唯一の刑法学博物館だそうで、1393年に建てられた聖ヨハネ騎士修道会の館にある。 展示物は犯罪、拷問、刑罰、辱めなど様々。  痛そうなものでは全体にトゲが取り付けられた、針椅子。 面白いものでは人に恥辱を与えるための、滑稽なデザインのお面。 貞操帯・・・、足枷・・・、 ニュールンベルクの鉄の処女などは十字軍遠征の頃に盛んに使われたとか。

 博物館を出て、人形おもちゃ博物館に寄り、市役所の中を見て、12時のマイスター・トルンクをマルクト広場で見る。 マイスター・トルンクを見たのは前回訪れた時の2回を合わせて合計4回。

ガイドのタカコさん
 昼食をマルクト広場の側のレストラン「バウマイスター」でとり、14時にローテンブルクを出発。 ヴュルツブルクには15:10に到着。

 ヴュルツブルク(Wurzburg)はマイン川の両岸に広がる人口13万人のドイツの古都でロマンチック街道の起点。 8世紀から司教座がおかれ、権勢をふるった歴代領主司教のもと町は発展してきた。 この町でのガイドはタカコさん。

   司教館の前の駐車場でバスを降り、司教館に入る。
 ヴュルツブルクの司教館(レジデンツ)(世界遺産)は領主司教の宮殿として使われた建物。 ヴュルツブルクのレジデンツは「宮殿中の宮殿」とも言われ、かのナポレオンが三度も足を運び、「ヨーロッパで一番美しい司教宮殿」と賞賛したと言われている。
ヴュルツブルク 司教館(レジデンツ)
 レジデンツには多数の部屋があり、その中でも特に有名なのが、庭園の間(Gartensall)、 階段の間(Terpprnhaus)、 白の間(weis Saal)、 皇帝の間(Kaisersaal)、 鏡の間(Spiegelassal)。
 庭園の間は正面入口の奥にあり、建物の中に入ってきた馬車を6台も止められる広さの部屋。 1749年にアントニオ・ボッシが作成した漆喰、また1750年にヨハン・ツィックによって描かれた「神々の食膳」、「ディアナの休息」の天井画がある。

 階段の間はレジデンツでもっとの有名なところで、ノイマンの最高傑作といわれている。 天井には奇跡的に戦火を逃れた、ティエポロの描いた世界最大のフレスコ画「四大大陸」が描かれている。 天空を舞う神々と4大陸を人格化した女神を描いたもので、階段の踊り場から見て正面にヨーロッパ、右手にアフリカ、左手にアジア、背後にアメリカが描かれていた。 オーストラリアはまだ発見されていなかったので、このフレスコ画には描かれていないそうだ。 またアジアの絵には牙の大きな象が描かれているが、当時のヨーロッパ人はアジアの象を見たことがなかったため、アフリカ象が描かれてしまったそうだ。

 次に階段を登ってすぐの所が白の間で、ここはその名の通り、白一色のスタッコ装飾が施された部屋。 これは次の皇帝の間が色彩豊かであるため、あえて白一色にし、視覚効果を計算しているためらしい。

 皇帝の間はひときわ豪華な部屋で、華麗な金細工がふんだんにあしらわれている。 ここのフレスコ画もティエポロが描いたもので、南側は1156年に行われた皇帝フリードリッヒとベアトリクスの結婚式を描いた物。

 さらにその奥に鏡の間がある。 この辺りは第二次世界大戦で破壊され、鏡についていた絵が鏡の裏面に描かれていたため、修復の仕方がわからず復元が遅れていたと言う。 バロック様式の黄金の装飾も華々しく、ステンドグラスやパズルのように分かれた鏡には細かい絵が描かれていた。 きらびやか過ぎて何とも落ち着かない部屋であった。

 残念ながら宮殿内は全て撮影禁止。 この後宮殿の右側のイギリス風庭園(ホーフ庭園)に寄り、見学終了。

 16:30にヴュルツブルクを出発して、2時間ほどで今夜の宿、シュトゥットガルト郊外のホテル・メルキュール(Mercure)に到着。

 本日のビール: 昼(ローテンブルク)、ドゥンケル・ヴァイス(Dunkels-Weiss) アルコール度高い
           夜(シュトゥットガルト)、ディンケル・アッカー(Dinkel Acker) かすかな木の実の香り



 [シュトゥットガルト]
シュトゥットガルト シュロス庭園
 9月23日(金)  本日はシュトゥットガルトの市内観光と、マウルブロンの修道院、シュパイヤーの大聖堂を見学する。

 シュトゥットガルト(Stuttgart)は南西ドイツ、バーデン・ヴュルテンベルク州の州都で、メルセデス・ベンツの町として知られている。 町の名前のシュトゥットガルトはシュトゥーテン・ガルテンに由来している。 これは馬の飼育場のことで、950年頃、シュヴァーベン公ルイトオルフがこの地に馬の飼育場を作った際に付けられた名前だそうだ。 ぶどう畑の山に囲まれた盆地にある坂の多い町。 シュヴァーベン地方の人は昔から起業家精神に富み、今日でも経済の強い州となっている。 ベンツ、ポルシェ、ボッシュなど世界的企業がここに本拠を置いているハイテク都市であり、 室内楽、バレー、バッハ合唱団、州立美術館等芸術の都でもある。人口約60万人。

 8時にホテルを出て、アウトバーンを30分ほど走り、シュトゥットガルト市内の旧宮殿の横で下車。 ここから宮殿前広場を抜け、ショッピング街のケーニッヒ通りから中央駅、ここからシュロス庭園を通り、旧宮殿の横からシラー広場を抜け、マルクト広場の市庁舎までを散策する。
 宮殿前広場から北東に真っ直ぐケーニヒ通りが続いている。 もともとこの通りは旧市街に巡らされていた城壁と堀に沿って作られたもので、いろいろなお店やレストラン、銀行などが建ち並ぶ目抜き通り。 また通りに面して建つ聖エバーハルト大聖堂はとてもモダンな建物で、見た目には大聖堂と気が付かない。 ケーニヒ通りをしばらく歩くと、シュトゥットガルト中央駅にたどり着く。
シュトゥットガルト 旧宮殿
 中央駅は1914年に起工されたとのことで、 屋上には大きな丸いベンツのマークが掲げられていた。 ここはベンツに関係する建物かと思うが、 メルツェデス・ベンツ博物館やポルシェ博物館は郊外にあるそうだ。
 新宮殿は1746年にフランス風の様式で建築が始められ1807年に竣工したもので、現在は州政府の建物として使われている。 宮殿広場を挟んで向かい側にはケーニッヒスバウ(王の建物)という美しい列柱のアーケードを持つ19世紀中葉の建物があり、開放的な広場を囲んで端正な佇まいを見せている。
 広場の中央には、ヴュルテンベルク王国の国王ヴィルヘルム1世の治世25周年を祝って1841年に建てられた「コンコルディア・アレゴリエ(調和の寓意)」の塔が建っている。 この王国は1806年ナポレオンの圧力によって再編され設立された西南ドイツ諸国の一つで、第一次大戦まで存続した。

 第二次大戦まで、ダイムラー・ベンツ社は、メッサーシュミットやハインケルなどの軍用機のエンジンを生産していたため、このあたりは連合軍の空襲の目標となり大きな被害を受けたそうだ。 宮殿や広場も壊滅状態だったが、戦後元通りに再建されたと言う。

 そのすぐ先には旧宮殿がある。 もともとこの場所には10世紀頃に堀に囲まれた砦があり、1325年頃には現存する最古の部分であるデュルニッツ館が完成していた。 その後16世紀後半にルネッサンス様式で増築されて中庭を囲むスタイルとなり、18世紀に堀が埋められて今の姿になった。 ここは現在ヴュルテンベルク郷土博物館として使われている。 旧宮殿の横はシラー広場で、ベートーベンの第九交響曲『合唱付き』第四楽章のカンタータ部の歌詞『歓喜に寄す』で有名なフリードリヒ・シラーの銅像が建っている。

 この後、マルクト広場に出て、市役所に入り、トイレを借りた。 市役所のロビーの左手奥にドアの無い面白いエレベータがある。 エレベータの箱が近づいてきて、床がほぼ一致する寸前に箱の中に乗り移る。 乗り降りには少しコツが要る。 いわゆる飛び乗り、飛び降りをする。 回転ドアの事故で裁判になるような国では到底許される乗り物ではないだろう。 自己責任のお国柄、しかも一般の人が集まる市役所に設置してあるのも面白い。

 シュトゥットガルトを10時に出て、1時間ほどでマウルブロンに到着。 少し早めの昼食をとりマウルブロンの修道院と教会を見学する。
 マウルブロン(Stationen Maulbronn)(世界遺産)にはドイツで最も古いシトー派修道院があり、その建造物が完全な状態で保存されていて、これは中世建築物を代表するものの一つであることで有名。 また1147年に建設が開始され、三つの身廊から成るロマネスク調長方形建築の教会は、1178年に聖母マリアに献ぜられたそうだ。

マウルブロン シトー派修道院
 この修道院は1556年ヴュルテンベルク大公クリストフによる学校改革により、プロテスタントの修道院学校の一つとなった。 数学者で天文学者のヨハネス・ケプラーはこの学校に1586年から3年間通い、詩人のフリードリヒ・ヘルダーリンもここの生徒だった。 1891年ヘルマン・ヘッセは14歳でここの修道院に入り、ラテン語、歴史などを学んでいたが、修道院から逃亡、捕まり保護されて、独房に8時間入れられたそうだ。 

 城門をくぐると、いきなり中世の街に入ってきた感じ。 城壁の内側には市庁舎やら警察署もあるらしい。 それらは全て昔の建物を使っている。 修道院自体が小規模な城壁都市といった感じだ。 城壁の周りには堀もあるので、 実際に敵が攻撃してくることも想定していたのだろう。
 教会に入ると、祭壇の大きな十字架とキリスト像に目を奪われる。 一見すると木彫りの彫刻に見えるが、 キリストと十字架が一体で一枚の岩板に彫刻された磔刑像だそうだ。 特に十字架は木にしか見えなかった。 キリストが絶命した瞬間、その死を嘆くかのように一陣の風が吹き、腰布をはためかせた瞬間を捉えたものだそうで、迫力のある見事な作品。
 修道院の方へと足を運ぶと、中庭のまわりをぐるりと回廊が囲んでいて、 食堂や祈祷所の跡が残っていまる。 いずれも簡素なつくりで、全てが静けさと敬虔な祈りに満ちた世界を表している。 回廊の噴水は、1220年から水を噴き上げているものだそうだ。
 奥にある祈祷堂はゴシック様式の網掛け模様の天井になっており、正面の壁には聖母と聖母を祈る僧侶の絵が描かれている。 ほとんど剥げ落ちて色もあせているが、それがまた何ともいい味を出している。 修道院全体に、かつては華やかな色彩に彩られていた様子が僅かながら伺える。 しかし現在の虚飾が剥げ落ちた簡素な姿の方が、シトー派のイメージに近いかもしれない。

シュパイヤー 大聖堂
 マウルブロンを13:30に出て、1時間あまりでシュパイヤーに到着。
 シュパイヤー(Speyer)(世界遺産)には紀元前からローマ人が住んでおり、4世紀になるとここに司教座がおかれた。1030年、コンラート二世により大聖堂の建築が始まる。 1039年にコンラート二世は亡くなり、工事中の大聖堂に埋葬される。 その後も工事は引き継がれ、1061年に完成。
 1294年、シュパイヤーは帝国自由都市となる。 シュパイヤーの町は全盛期を迎え、実に68もの市門があったと言われている。 また帝国会議が50回も開かれ「ゲルマニアの首都」ともいわれるほど発展したそうだ。
 しかし1689年のプファルツ王位継承戦争で、フランス軍により町は徹底的に破壊された。1698年から町の修復は始まったが、近隣での戦争などの影響も受け修復は細々としか進行しなかった。 皇帝に力がなくなっていた18世紀末には「シュパイヤーにあるのは皇帝の遺体だけ」といわれるくらい、町は軽視された。
 20世紀になると戦災を受けていたドームの修復なども再開され、プファルツ地方の中心都市としての再出発が始まり、1981年にドームは世界遺産に登録され、町は新たな出発を迎えている。

 まずシュパイヤーのシンボル的存在のロマネスク様式の大聖堂(ドーム)を見学。 神聖ローマ帝国の皇帝が建てたことからカイザードームともいわれており、天井から象徴の王冠が吊るされていた。
 1082年からハインリヒ4世によって大規模な改修が行われ、 その際天井が平らだったものが、現在みられるようなドイツロマネスク様式のアーチ型へと改修された。 この改修は1106年に終わるが、その後何度か増築および改修が行われている。
 この大聖堂にはコンラート二世をはじめとする、4人の皇帝と4人の国王、そして3人の皇后と5人の司教が埋葬された。 彼らの眠る大聖堂前方地下にあるクリプト(地下聖堂)は世界でもっとも美しいと言われている。

 大聖堂を出て、正面のマクシミリアン通りを塔門(Altportel)まで散策。 この通りには市議会議事堂や三位一体教会などがあり、両側は商店街になっている。 通りの外れの塔門に登るとシュパイヤーの街全体を見渡すことができた。

 17時にハイデルベルクのホテル、アルト・ハイデルベルクに到着。 チェックインをしたが、部屋は100mほど南にある建物とのこと。 バスとスーツケースは先に行ってしまい、手荷物を下げて皆で移動。
 「アルト・ハイデルベルク」! なんとゲーテの戯曲の名前のついたホテルではないか。 中身は残念ながら「Best Western」。

 本日のビール: 昼(マウルブロン)、アルト(Alte) フルーツと麦芽の香り
           夜(ハイデルベルク)、シュタインヴァイツェン(Steinweizen) ほんのりと燻製の香り



 [ハイデルベルク]
ハイデルベルク ネッカー川と市街
 9月24日(土)  ハイデルベルク(Heidelberg)は人口約14万7000人。 フランクフルトの南西約70Kmに位置し、ライン川の支流ネッカー川が山地から平地に流れ出る谷口にある。 古城と大学で有名な町。 ブファルツ選帝候が16-17世紀に建設したハイデルベルク城は現在もその姿を残している。 ドイツ最古のハイデルベルク大学は多数のノーベル賞受賞者を輩出。 第2次世界大戦の戦火を免れており、今なお中世のロマンティックな詩情が漂う街である。

 本日のハイデルベルクは秋の収穫祭が行われており、 街中は混雑するとのことで、早めの8時にホテルを出て、ハイデルベルク城へ。 本日午前中のガイドはフミコさん。
 ハイデルベルク城(Heidelberger Schloss)は赤砂岩の古城で、ハイデルベルクの中央通りから80mの高さ、山の中腹に聳える。 かってのプファルツ選帝侯の居城であったが、17世紀のプファルツ継承戦争でルイ14世のフランス軍により破壊された。 その後改修もされたが、1720年に居城はマンハイムに移され廃城となった。
ハイデルベルク フリードリッヒ館(左)とオットー・ハインリッヒ館(右)
 バスを降りて、入り口手前のテラス、半円塔へ。 ここのテラスからは街を一望できる。 テラスの入り口にはフリードリッヒ5世から妻のエリザベートの19才の誕生日に贈られたという一夜門がある。 本当に一晩で作ったためか、門の装飾は片方だけしかない。
 跳ね橋を渡って門をくぐり、城の中庭に入ると、バロック、ルネッサンスなどの各時代の建築様式が見られる。 なかでも正面のフリードリッヒ館と右側のオットー・ハインリッヒ館はドイツルネッサンス建築(16世紀)の傑作の一つとされている。 城の北西にあるテラスに出ると、ネッカー川、カール・テオドール橋など街を一望のもとにながめられる。 城の地下にあるワインの大樽(221,726リットル)は有名。 そばでは地元のワインを試飲(4ユーロ)でき、試飲したグラスはお持ち帰りとなる。 三年前はここで試飲(3.2ユーロ)してグラスを持ち帰ったが、今回は遠慮した。

ハイデルベルク ハイデルベルク大学 学生牢
 お城から旧市街に降りてきて、ハイデルベルク大学関連を観光。 ハイデルベルク大学は1386年に選帝侯ルブレヒト1世の命により創立。 今までに7人のノーベル賞受賞者を輩出した名門校。 ここの図書館、講堂、学生牢を訪ねる。 図書館は近代化されており、この大学の図書だけでなくドイツの全ての大学の図書を検索して借りられるシステムになっているそうだ。 大学の学費は無料で、政府が教育費をみているとのこと。 財政的にあまりかけられないので、最近は新刊の図書が減っており、図書を買って欲しいと言う学生のデモが起きたそうだ。
 旧大学校舎の裏側の通りは、「アウグスティーナー・ガッセ」(Augstinergasse) といい、ここに以前のままに保存されている有名な学生牢(Studentenkarzer)がある。 昔は、ハイデルベルクの町は大学の構内の一部ということで、治外法権であった。 だから、学生がいろいろ問題を起こしても警察は介入できなかった。 そこで大学当局は、自ら学生を処罰する牢屋を作ったそうだ。 学生牢が、実際に使われていたのは、1712年から1914年までの約200年間で、どういった学生が入っていたかというと、一言でいうと、行儀の悪い学生であった。 深夜、町の人の迷惑を顧みずドンちゃん騒ぎをしたり、酒場で仲間と小競り合いをしたりして椅子やテーブルを壊した学生。 時には警察にたてついて、そのために牢屋に入れられる骨のある学生もいたと言う。 しだいにここに入ることは名誉なこととされ、卒業までに一度は入りたいと当時の学生は考えたという。

ハイデルベルク ハイデルベルク大学 講堂
 学生牢の部屋の壁一面に描かれた落書きが面白い。 学生たちはここに入ることを誇りに思っていたらしく、自分がこの大学に存在した証をこの壁に主張していたように思えた。 汚さと個性では、小生の母校の恵迪寮に何処か似ている様な気がした。

 講堂は大学500年祭を記念して、1885年に建てられたもので150人くらい入れる落ちついた部屋。 正面には知の女神アテナがハイデルベルクに到来するところを表した壁画があり、 天井には創設時の4学部「神学」「哲学」「医学」「法学」にちなんだ壁画が架かっている。 全体に重厚な木彫りの装飾がなされ、赤い布張りの椅子もしっくりと調和して、荘重な雰囲気を醸し出している。 ここでは大学の記念行事や講演が行われるそうだ。

 次に旧市街の中心のマルクト広場に行く。 ここには15世紀の後期ゴシック式の聖霊教会(Heiliggeistkirche)があり、周りを本屋や骨董品店が囲んでいる。 中央通り178番地にある騎士の館ツム・リッター(Zum Ritter)は1592年に建てられた市内で最も古い館で、現在はホテル・レストランとして使われている。 広場に面した堂々とした建物は市庁舎。 本日はハイデルベルクの秋祭りで丁度女性の市長さんが開会の挨拶をしているところであった。
 マルクト広場の北側の角に「フェッター・アルト・ハイデルベルガ・ブラウハウス」と言うビア・ホールがある。 ここでは自家製の世界一強いビールを出すらしい。 後で行くのに、場所だけ確かめて、次の観光へ。

ハイデルベルク ブファルツ選帝侯博物館
 秋の収穫祭で街中に人が多くなってきた頃、 カール・テオドール橋(Karl Theodor Brucke)へ。 18世紀に選帝侯カール・テオドールが氷魂によって流された木製の橋に代わって建造。 現在の橋は5番目のもの。 ネッカー川の増水の跡が付いている。 この橋の上から見るハイデルベルク城と旧市街が大変素晴らしい。 橋の上にはカール・テオドールの像、アテナ女神像、対岸端には橋の守護神ネポムクの像が立っている。

 観光はここまでで、午後は自由時間。 昼食をマルクト広場のそばでとった後、SUさん、SAさんとブファルツ選帝侯博物館へ。
 ブファルツ選帝侯博物館(Kurpfalzisches Museum)に関して、ガイドブックでは「選帝侯の邸宅を利用した博物館で、17世紀から現代までの美術品、当時の貴族の使っていた調度品、『ハイデルベルク人』の資料などを展示」と出ていたが、期待以上の内容。
 入場料3ユーロを支払って入ると、絵画館かと思われるくらい絵の展示が続く。 中にはヴァン・ダイク、ウェイデン、クラナハ、カナレットなどの絵も多くある。 ハイライトは「木彫のキリストと12使徒の祭壇」。 この祭壇はとても重要らしく、祭壇のはるか手前に柵が施され、さらに柵の奥には赤外線の警報装置が設置されていた。(同行した方が柵のところで手を伸ばしただけで警報装置が作動し、係員が飛んできた)
 絵画のほかに陶器、磁器、衣装、家具、コインなどが展示されている。 地下にはハイデルベルク人の骨や歯のついた顎など近郊での発掘品が展示されていた。 およそ2時間半をかけて見学。 博物館の前はお祭りで大勢の人が行き交いしているのに、博物館の中ではほとんど人に会わず別世界。

 博物館を出て、ネッカー川の川沿いを歩き、カール・テオドール橋を渡り、哲学者の道(Philosophenweg)へ。  ゲーテをはじめ多くの哲学者たちが思索にふけったと言う散歩道。 またこの道から沢山の詩人がハイデルベルクを称える歌を作っている。  カール・テオドール橋を渡るとすぐに急勾配の小道シュランゲンヴェークがある。 ここを15分ほど昇ると中腹にある平らな哲学者の道にでる。ここからのハイデルベルク城、町並み、ネッカー川の眺めはすばらしい。 カール・テオドール橋の下流のテオードル・ホイス橋の方へ降りてきて、橋を渡り、ビスマルク公園の中を通ってホテルの戻る。

 本日は一日中ハイデルベルクを歩き回ったので疲れていて、ホテルからマルクト広場のビア・ホール「フェッター・アルト・ハイデルベルガ・ブラウハウス」まで戻る気になれず。 この街には二度来たので、また来る機会があるかもしれない。 それまで「世界一強いビール」はお預け。  夕食はホテルの近くのレストラン「ダ・マリオ」のイタリア料理と黒ビールで我慢。

 本日のビール: 昼(ハイデルベルク)、ピルス(Pils)
           夜(ハイデルベルク)、ドッペル・ボック(Doppelbock)ダークブラウンのビール。アルコール度数は7.5% 



 [ケルン]
ライン川クルーズ
 9月25日(日)  100mほど離れたホテルの本館のフロントまで行き、チェックアウト後、9時にリューデスハイムに向かう。
 リューデスハイム(Rudesheim)は古代ローマ時代からぶどう栽培が始まり、現在はドイツを代表する白ワイン産地として知られるラインガウ地方の中心地。 ワイン酒場が集まるつぐみ横丁は、行き交う観光客で午前中から深夜まで賑やかとか。

 10:30にリューデスハイムに到着し、11時発のライン川下りクルーズ船に乗り込む。 クルーズ船は二階建てでその上に屋上があり、1,2階はガラス窓があり風が当たらないが、当然屋上の方が見晴らしが良い。 屋上には長椅子とテーブルがあり、ほとんど満席。 長椅子には3人掛けられるようなので、僅かに空いている場所を見つけ、相席をお願いして観光の場所を確保する。
 リューデスハイムを出るとすぐにワイン用のぶどう畑が右岸に広がって見える。 こちらのぶどう畑にはぶどう棚がない。 ぶどうの木はドイツらしく真っ直ぐに揃えて植えられている。 イタリアではこんなに見事に真っ直ぐには植えていない。 ドイツ人気質をここでも垣間見ることが出来た。
 ヨーロッパ中央部を貫く父なる川、ライン。 このライン渓谷の素晴らしさはただただため息が出るほど美しいと言われており、自然美に加えその両岸に高くそびえる数多くの古城のロマン漂うたたずまいにも風情がある。 両者の奏でる美しいハーモニー、これがライン川下りの醍醐味であろう。 世界でこれほど多くの城が隣接した場所も他にはない。 ドイツの古城街道でさえお城がまばらであった。

ライン川クルーズ ライヒュンシュタイン城
 リューデスハイムを出てからまず左手、中州にネズミの塔(13世紀)が見えてくる。 これは対岸を見張るために作られた塔だそうだ。
 リューデスハイムから下船したザンクト・ゴア・ハウゼンまでの古城とローレライを簡単に説明する。
 エーレンフェルス城跡(Burgruine Ehrenfels)。1221年頃に関所として建てられ、1356年以降強固な城として戦いに使われた。 1689年に落城し現在廃墟のままで残っている。
 ラインシュタイン城(Burg Rheinstein)。1000年頃に建てられ、マインツ大司教管轄の裁判所として使われた。1572年以降使われていなかったが、1825年に復元された。
 ライヒェンシュタイン城(Burg Reichenstein)。 11世紀に建てられた城で現在は古城ホテル。
 ゾォーネック城(Burg Sooneck)。11世紀に建てられた。1689年にフランス軍によって爆破されたが1843年に再建された。
 ハイムブルク城(Burg Heimburg)。1305年に造られた城。
 シュターレック城(Burg Stahleck)。1095年以前に建てられていた城は1689年にフランス軍により爆破された。今の城は1925~7年にかけて再建された。
 ブファルツ城(Burg Kurpfalzisches)。グラーフェンシュタイン城とも呼ばれる。 ブファルツ選帝侯の建てた税関用の城。1338年に今日見られるような形となった。一度も敵に落ちたこともなく、また建物も18世紀に外壁を補強したのみ。
 グーテンフェルス城。1200年頃に建てられた。現在はホテル。
 シェーンブルク城。1166年にバルバロッサ皇帝が臣下に授けた城。1689年にフランスのルイ14世の軍に破壊されるが、その後再建され現在はホテルとなっている。
 ローレライ(Die Loreley)。高さ130メートルの絶壁。昔はここは急流で、岩も飛び出しており交通の難所であった。 それ故伝説や童話、詩も生まれた。
 ネコ城(Burg Katz)。1371年に税金を取り立てるために建てられた。1700年以降廃墟となっていたが19世紀末に再建されている。
 ラインフェルス城(Burg Rheinfels)。 14世紀にカッツェン・エーレボーゲン伯爵によって築かれ、ルイ14世の攻撃にも耐え抜いて難攻不落の城塞。 1792年にフランス軍に引き渡され、その時破壊されたが20世紀前半に再建されている。

 クルーズ船の上ではビールを飲みながら、右に左に古城を見て、ライン川の案内地図と見比べ、写真を撮る。 結構忙しい。 
 13:10にザンクト・ゴア・ハウゼンで下船し、バスで乗船したリューデスハイムの「つぐみ横丁」に向う。

 「つぐみ横丁」と言われるドロッセルガッセ(Drosselgasse)は幅3m、長さ150m程の小さな通りに、ワイン・レストランや土産物屋が軒を連ねている。 昼食はレストラン・ドロッセルホーフ(Drosselhof)にて。 さすがにワインの街、ここではビールを遠慮して、白ワインを頂く。

ケルン 大聖堂
 リューデスハイムから2時間半ほど、17:45にケルンの大聖堂に到着。
 ケルンは1世紀にローマ帝国によってローマ植民市として建設されたライン川中流の古市である。 ケルンの名はラテン語で植民市を意味する Colonia に由来するそうだ。 中世から商業都市として栄え、ライン川水運・鉄道・道路の要衝となっている。 商工業と観光の町であり,また絵画・音楽をはじめとする現代芸術の拠点でもある。 またオーデコロン発祥の地でもある。
   ケルン大聖堂(世界遺産)は正式名称を、ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂(Dom St. Peter und Maria)という。 ライン川のそばに建ち、世界最大のゴシック式聖堂で、市の象徴にもなっている。12世紀半ば、かつてミラノにあった東方三博士の聖遺物が町に寄贈され、巡礼者がふえたことが着工のきっかけとなった。 現在はローマカトリック教会の管理下にある。
 現在の大聖堂は3代目で、初代が完成したのは4世紀のこと。 正方形の建物で、最も古い聖堂として知られていた。
 2代目は818年に完成したが、1248年の火災により消失した。
 3代目は2代目が消失した年に建設がはじまった。 しかし財政難から一度工事が途絶し、 正面のファサードの塔がひとつしかない状態が続いた。 近世のゴシック・リバイバルによってケルン大聖堂に注目が集まり、もうひとつの塔が建造された。 全てが完成したのは建設開始から600年以上が経過した1880年のことであり、塔の高さが157mの大聖堂はアメリカのワシントン記念塔(高さ169m)が完成する1884年まで建築物としては世界一の高さを誇ったという。

 1996年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたが、周辺の新建築物による景観破壊の危機にさらされており、2004年に危機遺産に指定された。 このまま改善がないと世界遺産から除外されると言う。

 ドイツ最後の夜、ケルンのホテルは大聖堂から歩いて10分ほどの所にあるドリント(Dorint Kongress)

 本日のビール: 午前(ライン川クルーズ船上)、ビットブルガー(Bitburger)
           夜(ケルン)、ケルシュ(Koelsch) さらっとしていて、色は透き通った明るい黄金色。 水のよう。


 9月26日(月)  出発の10時まで自由時間。 再度徒歩でケルン大聖堂まで出かける。 昨日は18時からミサが行われていたので、今日は堂内を時間をかけて見学する。 大聖堂の中は中世の芸術品がいっぱい。 聖三賢者の聖遺物をはじめ、宝石で装飾されたマリア像、バイエルン王ルートヴィッヒ1世が寄進したステンドグラス、聖母マリアと町の守護神が描かれているシュティファン・ロホナーによる祭壇画など。

 旅友にケルンに来たなら是非お土産にと言われていた「4117 オリジナル オーデコロン(ケルンの水)」を探したが、早朝のため店が開いておらず、断念。
 デュッセルドルフ空港に11時過ぎに到着後、免税店に行き「ケルンの水」を求める。 旅友の皆さん、アドバイスを有難うございました。

 12:45、SK626便でコペンハーゲンへ。 コペンハーゲンでは一時間半ほどの乗り継ぎ時間がある。 昼食はカフェでソーセージとサラダ、それにギネス・スタウト。 カウンターでギネスをグラスに注いでくれたが、上のほうに細かい泡が出来たままで渡された。 ロンドン・ヒースローではこの泡がおさまり、さらに不足した分を追加して渡されたのを思い出した。 やはりギネスはロンドンに限る。
 15:45、SK983便で成田へ。

 9月27日(火)  9:40成田着。 ドイツ物語、11名の旅友の皆さん、楽しい旅を有難うございました。 また何処かでお会いできる日を楽しみに!
 場外駐車場に電話をすると、既に到着口に車を回してあるとのこと。 12時に帰宅。
 

 [エピローグ]
フェッターのコースター
 ▼ドイツでのガソリンは日本に比べて高い。 最近原油の価格が1バレル$60を越えている。 日本でもレギュラーガソリンは1リットル125円くらいになっているが、ドイツではおよそ1.35ユーロ(¥183)くらいでとても高い。 ▼ドイツ人はとても几帳面。 ぶどう畑は真っ直ぐに木を植えている。 観光入場は時間通り(ノイ・シュバン・シュタイン城)、鍵を開けて入れてくれる(サンスーシ・オランジェリー宮、カイザーブルク、ヴュルツブルク)。 少し効率が悪いが気にしていない。 ▼今回の旅行ではベルリン絵画館、ドレスデンのアルテ・マイスター、ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク、ハイデルベルクのブファルツ選帝侯博物館で絵画等を楽しむことが出来た。 何れも珠玉の作品ばかり。 大満足。 ▼今回はドイツの各地のビールを楽しむ旅でもあった。 心残りはハイデルベルクの世界一強いビール。 旅友のHAさんご夫妻は「フェッター・アルト・ハイデルベルガ・ブラウハウス」に行かれたそうで、瓶詰めビールは無かったとのこと。 記念にとこの店のコースターを頂いた。(^、」^) 「フェッター(Vetter)」というビールで、アルコールは33%だそうで、ギネスブックに登録されているとのこと。 確かにコースターに世界最強ビールと書いてある。 きっと「ごく、ごくと喉越しに」などとは行かないと思う。 ウィスキー並に強いので「ちびり、ちびり」と飲んだかどうかHAさんに確かめるのを忘れてしまった。