聖地イスラエル一周

 2005年12月 聖地イスラエルの全て 10日間
 今年の春頃から外務省の発出するイスラエルに対する渡航情報(危険情報)が一部地域で引き下げられている。 旅行各社はこれに伴って次第にイスラエルのツアーを再開し始めた。 今までおよそ5年間ツアーとしてイスラエルに踏み込んでいなかったわけで、再開されたことは画期的な出来事。
 イスラエルのシャロン首相とパレスチナ自治政府のアッバス議長の意向では何時また閉鎖されるかわからない。 このチャンスを逃さないようにと年も押し迫った12月だが、イスラエル行きを決意。
 ほとんど無宗教の小生。 特にキリスト教に興味があるわけでもないが、今までに絵画でしか見たことの無い旧約聖書、新約聖書の世界の現場をこの目で見てみたい。 何でも見てやろうの信条が背中を押したか。
 イスラエルは四国くらいの面積の国。 しかもパレスチナ暫定自治区には入らないようなので、観光できる所は限られている。 したがってキリスト生誕の地ベツレヘムには行かないが、キリスト教に関する聖地をほとんど網羅する。
 さらに4月にヨルダン側で入った死海にイスラエル側でもう一度入ることになる。 エイラットにも行きアカバ湾をイスラエル側から見ることになる。
 イスラエルはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地が混在した国。 一方アラブ諸国からとても嫌われている国。 実際に行って目で見て確かめてきたいと思う。
プロローグ テルアビブへ ハイファ ガリラヤ湖畔 エン・ポケック エイラット エルサレム エピローグ


 [プロローグ]
 未知の国イスラエルを訪問するに当たり歴史を調べてみた。
 ユダヤ民族誕生の地、それがエレツ・イスラエル(イスラエルの地)。 ユダヤ民族の長い歴史の中で、多くの重要な事件・事柄がこの地で展開した。最初の1000年間は聖書に記録されている。 その社会、文化は、民族離散の後もイスラエルの地で消滅することなく、数十世紀にわたって連綿として続いてきた。 長い離散の時代、ユダヤ人は片時もエレツ・イスラエルを忘れたことはなく、その絆を断つこともなかった。1948年、イスラエル国の建国によって、2000年前に失われた民族の独立が回復された。

 外務省の発出する渡航情報には4段階ある。 いわゆる危険度の高いものから、
危険度4 退避を勧告します。 渡航は延期してください
危険度3 渡航の延期をおすすめします
危険度2 渡航の是非を検討してください
危険度1 十分注意してください
となっている。 現在のイスラエルの地域別の危険度は地中海側のガザ地区、ヨルダン川西岸のパレスチナ暫定自治区及びレバノンとの国境付近が「渡航の延期をおすすめします」の危険度3で、エルサレムとベツレヘムが「渡航の是非を検討してください」の危険度2、その他の地域は「十分注意してください」の危険度1となっている。(2005-10-30 現在)
 パレスチナ地区やレバノン国境付近には行かない。 「十分注意してください」の危険度1はこの付近ではヨルダン、シリア、レバノン、エジプト等と同等で旅行には問題ない。

 三つの宗教について

 ユダヤ教: 唯一絶対の神ヤハウェ。 ユダヤ教発祥の地は紀元前13世紀の古代イスラエル。 聖典は「旧約聖書」。 教義は神とアブラハム、モーゼ、ダビデとの間で交わされた契約。 エルサレムが聖地となり、この世の終わりにダビデの子孫が救世主となって現れるという思想。
 戒律は宗教倫理だけでなく、個人や共同体の生活までも規定している。 例えば全ての労働を休む安息日。 食事は豚や鱗のない魚を食べてはいけないなどカシュルートにより規定されている。 信者は約1,500万人。

 キリスト教: イエス・キリストの教えと実践が中心の宗教。 イエスは紀元前4年頃パレスチナのベツレヘムで生まれ、紀元30年頃エルサレムで刑死。 後に復活して弟子たちの前に顕現したと伝えられている。 エルサレムの聖墳墓教会は特に重要な聖地。 キリスト教は弟子たちにより広められた。 313年にコンスタンティヌス帝により公認され、392年にはローマ帝国の国教となった。
 教義は父(神)と子(イエス)と精霊の三位一体と定められている。 ローマ帝国分裂とともに東方正教会とローマ・カトリック教会に分かれた。 さらに西欧では16世紀の宗教改革でプロテスタント教会が興った。 聖典は「旧約聖書」と「新約聖書」。 信者はおよそ20億人。

 イスラム教: 紀元610年、メッカの商人ムハンマドが唯一絶対の神アッラーの啓示を受けたことによりイスラム教が始まる。 啓典は「コーラン」。 内容は神の唯一性とそれに基づいた各種生活規範。 唯一の神アッラーに絶対服従し、信仰の告白を行い、六信(アッラー、天使、啓典、預言者、来世、予定)を受け入れ、五行(信仰告白、礼拝、喜捨、断食、巡礼)を行うことを誓った者をムスリムという。  聖地はメッカのほか、ムハンマドが迫害を逃れて移住したメディナ、大天使ガブリエルに導かれて来たエルサレム。 信者はおよそ10億人。

 11月14日に催行決定の表示がユーラシアのHPに出て間もなく、「満席」の表示も出る。 小生と同じようにイスラエルに行ける機会を待ち望んでいた方が多いらしい。
 今回の旅行には、2003年にトルコ旅行で旅友となった山形のKOさんが参加されることになっている。 トルコ旅行の旅仲間とはメールで情報交換をしたり、すでに数回都内で「オフ会」と称して集まって飲んだりしている。 気の合う仲間と一緒に旅行、この度(旅)は楽しみがいっぱい。

 12月12日、添乗員さんから電話があり、旅行中の天候、持ち物、両替などの細かい指示を受ける。 今回の参加者は男性10名、女性9名だそうだ。
 「イスラエルの入出国スタンプがパスポートにあったら入国できない国」を尋ねたら、シリア、レバノン、イエメン、リビアなどだそうで、まだ訪れたことの無い国も含まれている。 入国時に「ノースタンプ・プリーズ」と言って別紙にスタンプを押してもらい、出国の時にこの紙を渡せば良いそうだ。 この紙を貰えるかどうか尋ねたら、「何故必要か」などしつこく質問されるからやめたほうが良いそうだ。 さらにパスポートコントロールの所では英語は喋らないほうが賢明との事。 「出国の時はスーツケースを開けさせられて、中までひっくり返されると思って覚悟してください」との事。 大変な国に行くことになったものだ。


 [テルアビブヘ]
ウズベキスタン航空 B-757
 12月14日(水)  出発は21時。 18時に車で成田第二ターミナルに到着し、場外駐車場の係員に車を預け、軽い食事をとり集合時間を待つ。 今回の旅行はトルコ旅行の旅友、山形のKOさんと一緒、飛行機も一緒にビジネスクラスで行く。 ウズベキスタン航空を使うのは初めて。 この会社は旧ソ連で、現在ウズベキスタン国営の航空会社。 ネットの評判を見てもあまり旅客サービスは期待できない。
 定刻にHY528便に搭乗。 なんとも小さい飛行機。 B-757を使っている。 ビジネスクラスの座席も狭い。 座席の背を倒しても120度くらいしか倒れない。 脚のサポートもほとんど出てこない。
   定刻に離陸して、関西空港に向う。 機内では飲み物のサービスが始まる。 メニューは無い。 聞いてみたら赤、白のワイン、ビール、ウォッカ、それにウズベキスタンのリキュール(銘柄は聞き取れなかった)しかないとのこと。 ウイスキーくらい置いてもらいたいもの。 ビールを頼んだらキリンビール(ラガー)が出てきた。
 関西空港では手荷物はそのままにして、一旦飛行機を降りて再度搭乗する。 ここでクルーを交代させたらしく、客室乗務員が全て代わっている。 23:55関空を離陸し、一路ウズベキスタンの首都タシケントへ。 一時間ほどで夕食のサービスが始まる。 一応テーブルクロスをかけてくれるが、トレーに載った食器はプラスチック。 料理の品数、内容も一般のエコノミークラスとほとんど代わらない。 成田からタシケント、テルアビブまでの往復で追加料金17万円だから仕方が無いか。

 12月15日(木)  一眠りした後、5時にタシケントに到着。 到着後ビジネスの客だけ地上係員に誘導されて、マイクロバスに乗せられ、空港内の別室に案内される。 ここはビジネスクラスのラウンジらしいが、広い部屋にソファーとテーブルが3セット置いてあるだけ。 しばらくしてジュースのサービスがあった。 搭乗までここを出てはいけないとのこと。 しかも乗客の警備のためか、兵士が一名この部屋の中に常駐している。 これでは軟禁状態。 空港内の免税店にも行かれない。 添乗員さんにも連絡をとれない。
 搭乗時間になったら地上係員が来て、「私についてきて、他の人の言うことを聞くな」と言って、我々を飛行機まで誘導してくれる。 一般乗客が並んで搭乗している所をすり抜けて、マイクロバスに載せて、駐機場までつれて行き、機内にまで送り届けてくれた。 これが彼女の仕事であり、ウズベキスタンのサービスなのだ。
 少し窮屈な思いをしたが、無事HY301便に乗り込み、テルアビブへ出発。 テルアビブには9:35に到着。
現地ガイド 信夫さん
 ここから入国手続き。 外国人のパスポートコントロールが混み合っている。 イスラエル人のパスポートコントロールが空いたので、こちらに回れと言う指示で場所を移る。 「No Stamp Please!] と言うと、「Can you speak English?」の質問に「No, little.」と答えたら、じろじろ顔を見て、パスポートの中のスタンプを全て見ている。 小生のパスポートにはシリア、レバノンなどイスラエルと国交の無い国のスタンプが押されている。 少し時間がかかったが入出国カードと、さらに別な紙にスタンプを押してくれた。 スタンプを押された別な紙を出口で渡し、入出国カードは携帯して入国を完了。
 この後スーツケースを受け取り、全員揃うのを待つが、一人だけ出てこない。 添乗員さんがパスポートコントロールの所に戻って迎えにいったら、今度は添乗員さんも出てこない。 1時間40分ほど待たされて、2人が解放された。 この二人イエメンやイランのスタンプがあり、質問され、英語で答えたらしい。 さらに別室につれて行かれて待たされて、詳しい質問を受けたとのこと。 添乗員さんは助けに行って捕まったので仕方が無いが、その前に添乗員はツアー参加者全員に「パスポートコントロールでは絶対英語を喋らないように」と徹底すべき。 「Can you speak English?」に対し「No, little.」と「Yes, little.」とでは大違い。 およそ2時間遅れでテルアビブのベン・グリオン空港を出発してカイザリアに向う。
 現地ガイドはイスラエル在住25年のベテランガイドの信夫兆平(しのぶちょうへい)さん。 本日から最終日のテルアビブ空港までスルーガイドを勤めてくれるそうだ。


 [ハイファ(Haifa)]
 カイザリアはテルアビブの北50Km、紀元前後ローマ帝国屈指の港町。 ここはヘロデ王(在位紀元前37年~紀元前4年)がつくった街で、ローマ皇帝カエサル(ローマ皇帝の意)・アウグストゥスの名前にちなんで街の名前が付けられた。 キリスト教史上においては、ペテロやパウロがローマ宣教に旅立った地として知られている。

カイザリア ローマ水道橋
 昼食をカイザリア国立公園の中のポート・カフェですませ、早速観光へ。 まずはローマ円形劇場へ。 ローマ劇場としては異例の西向きの劇場。 海風による音響効果や夕陽の視覚効果などが計算されており、地中海に面して造られている。 この劇場は直径およそ170mの半円形。 ローマ時代はこの劇場で人とライオンなどの猛獣が戦わされたり、ローマに抵抗したユダヤ人を処刑して見世物にしたりしたと言う。 現在修復が施され、現役の劇場として使われているそうだ。

 円形劇場の北にヘロデ王の宮殿跡がある。 現在、ヘロデ王の宮殿の一部は海の中に沈んでいる。 ヘロデ王の死後、ユダヤ王国は廃止され、今日のイスラエル地域はローマ帝国の直接支配地(属州)となる。 そして、ヘロデの宮殿はローマ帝国のユダヤ総督府となり、イエスに死刑を言い渡した5代目ローマ総督ポンテオ・ピラトもここに住んでいたそうだ。

 ここから北へ1.5Kmほどの浜辺にローマ水道橋がある。 ヘロデ王が水の少ないカイザリアに水を引く施設として建設したもので、はるかハイファのカルメル山から25Kmにもわたって飲料用水を引いてきていたと言う。 その前半は岩山に掘ったトンネルを、後半は高架の水道橋の上を通していた。 石を積んだアーチ型の水道橋で、上部の溝には直径17cmの陶器の管が入っていたそうだ。

メギド 後方はイズレル平野
 この後イスラエル北部のイズレル平野の扇の要に位置するメギド(Megiddo)(世界遺産)へ。 ここは約6万平方メートルの大型の遺跡丘で新石器時代から鉄器時代の層の殆どがあると言われている。
 この遺跡の北部では紀元前3000年頃に聖域が設けられ、 紀元前2650年~前2350年の間に直径8m、 高さ1.4m程の円形の祭壇と3つの神殿が設けられたとされている。 中期青銅器時代以降の防壁と門の遺構が重なって発見されていて、 ソロモン王時代のケースメート式城壁に付随した6つの部屋を持つ城門(ソロモンの城門)も発掘されている。
 ソロモン王の市街再建の時、 城外の泉に通じる地下通路を掘が掘られ、 紀元前9世紀には城内から深さ約34.5mの竪坑と長さ約70mの坑道となり、 水源の確保がなされた。 現在も地下水道のトンネルとして残っている。
 この場所は古代からメソポタミアとエジプトを結ぶ国際的な通商路「海の道」の要衝であり、 歴史を通じて幾多の戦争が行われてきた。 有名なものでは、紀元前1479年ころユーフラテス川まで侵攻したエジプトのファラオ・トトメス3世の軍をカデシュ王の率いるシリア連合軍がメギドで迎え撃つ(メギドの戦い)。 この戦いでエジプト軍が勝利し、シリアはエジプトの支配下となった。
 また新約聖書の「ヨハネの黙示録16章16節」では世界の終末に際して善と悪との最終決戦が行われる場所としてハルマゲドン(ヘブライ語でメギドの丘の意)の名前が記述されている。

 12月のイスラエルは17時には暗くなる。 今夜の宿ホリデイイン・ホテル・ハイファはカルメル地区の高台に在り、部屋からは夜景が美しい。 ハイファの市街の向こうにイスラエルで最も大きいハイファ港があり、さらに地中海が広がる。 この港には今年9月28日に北海道根室沖で漁船第3新生丸と衝突した大型コンテナ船ジム・アジア号(Zim Asia)が停泊しているはず。 港はホテルから遠いので確認は出来なかった。 ハイファはイスラエル海軍の基地でもあり軍港だそうだ。
 

ハイファ カルメル山から
 [ガリラヤ湖畔(Galilee)]
 12月16日(金)  8時にホテルを出て、カルメル地区の展望の良いところで写真ストップ。 ここからはハイファの市街が一望できる。 町のほぼ中心にきれいな庭園を持った霊廟が建っている。 これは19世紀半ばにイランでバハーウッラーが創始した一神教のバハイ教(拝火教)の建物である。 イスラム教の十二イマーム派から分派したバーブ教を発展させたもの。 イランでは布教を禁止されており、ここイスラエルのハイファに本部を持ち、現在はアメリカ合衆国に200万人の信者がおり、世界中に広がっていて、日本にも信者が居るとのこと。

 イスラエルにはアラブ人が15%居る。 この人たちはイスラエルの国籍を持っていて、宗教は80%がイスラム教、残りはほとんどキリスト教だそうだ。 この他にパレスチナ・アラブ人(旧ヨルダン人)もハイファには共存しているらしい。

 ハイファから北へ20Km、アッコーの町に着く頃から雨が時々降り出してきた。 アッコーは古くからの港町で、もともとはフェニキア人の造った街とされている。 ここには十字軍の町跡が残っていて、十字軍とイスラムの戦いの場でもあった。
   アッコーの町では12世紀頃に作られた聖ヨハネ騎士団の要塞跡を見学。 入り口を入ると広間に通され、街の歴史、産業、観光を紹介するビデオを7分間見る。 この後地下にひろがる十字軍の要塞にはいる。 奥に進んでゆくと十字軍独特のアーチ型の屋根が続き、狭い入口からは想像もできない程の空間が広がっていた。 十字軍と巡礼の人達の医療活動の場となっていたホールがある。 さらに「騎士のホール」と言われる場所では、馬術や槍の訓練をしたそうだ。 現在は夏になるとここでハイファ交響楽団のコンサートやフェスティバルの会場として使われているそうだ

ツイッポリ 豪邸のモザイク ガリラヤのモナリザ
 この後、アラブの街並みが広がるアッコーの旧市街(世界遺産)のスークへ。 地中海で獲れる魚介類や新鮮な野菜、果物などが沢山並んでいて、活気のあるスーク。 ここはアラブ人のスークなので、コーシェルでは食べることが禁止されている海老や蟹、たこなども売られていた。 もう少しあちこち行きたかったけれど、雨が強く降り出し、スークのアーケードの中での雨宿りで動きがとれず。

 アッコーから南東へおよそ50Km、ツイッポリ(Zippori)へ。 ツイッポリとは鳥が羽を休める地の意味があるそうだ。 ここは2000年前から人口4万人以上の大きな町で、水が豊か、土地が肥えていて、交通の要衝であった所。

 ツイッポリ国立公園の中には「シナゴークのモザイク」、ビザンチン時代の「豪邸のモザイク」、「ナイルの館のモザイク」などがある。 いずれも活き活きとしたモザイク画で、この中でも特に豪邸のモザイクの中には「ガリラヤのモナリザ」と言われるとても美しいモザイクがある。
 発掘されたモザイクの床には地震のために天井が落ちてへこんだ痕まであり、歴史を感じさせる。 まだこの辺りは発掘が続けられており、どのようなモザイクが出てくるか楽しみとの事。

 昼食はナザレの南、キブツが経営するレストランで。 昼食の前にユダヤ教の食事規定「コーシェル(Kosher)」とキブツの説明を受けた。

 ユダヤ教では、食べてよい食物と食べてはいけない食物を定めている。 この律法のことをヘブライ語でカシュルート(適正食品規定、食事規定)といい、食べてよい食物のことを一般にコーシェルという。

コーシェルの規定で食べて良いもの、悪いもの
  食べて良いもの 食べてはいけないもの
 動物 牛、羊、山羊、しか 豚、兎、らくだ
  その他の鳥 ハゲワシ、からす、ダチョウ、こうもり
 魚介類 ひれと鱗のある魚類 えび、たこ、貝類、鰻
 その他 魚は例外的に乳製品と一緒に食べていい 肉と乳製品を一緒に食べること

 ホテルのレストランでの朝食は野菜、サラダ、チーズ、パン、玉子、魚の酢漬けなどが中心で、絶対にハム、ソーセージなどは出てこない。 また夕食のビュッフェスタイルの食事では野菜、サラダ、鳥(チキン)、牛肉、羊肉、魚が主体で、ここには絶対にチーズは出てこない。 チーズでワインを一杯なんて事は夕食ではあり得ない。

 次にキブツについて。 キブツ(Kibbutz)とはヘブライ語で「集団・集合」を意味する言葉。 1909年帝政ロシアの迫害を逃れた若いユダヤ人男女の一群がパレスチナに帰って、最初のキブツ・デガニアをガリラヤ湖畔に作ったところからスタートした。 彼らは、自分たちの国家建設の夢を実現させようと願って集団生活を始め、 生産的自力労働、集団責任、身分の平等、機会均等という4大原則に基づく共同体を建設したいと願っていた。 その第一歩として彼らは農地を買い、ユーカリの木を植え、湿地帯を開墾し血のにじむような努力をした。
 その後、ヨーロッパ諸国、イラク、北アフリカ、エジプト、南米からの新帰還者を加え、キブツ運動も次第に大きくなり数も増えてきた。 キブツは完全な自由思想に基づいた社会主義の実験台として、今も世界の注目を集めている。
 キブツの農場生産部門は多岐にわたり、酪農、養鶏、柑橘類栽培、バナナ園、養魚場、小麦、綿の栽培など。 農業の他に最近では、電子機器、家具、プラスチック製品、農業機械、灌漑用設備など多種多様な製品を作る工場や観光施設(ホテル)なども経営している。
 イスラエルには現在キブツの数は270ほどあり、その人口は約13万人で、イスラエルの人口の3%程。 農業生産では全体の40%、輸出向け工場製品の約8%を占めている。 初代首相ベングリオンのようなリーダー達を輩出している。

ナザレ 受胎告知教会 
 これから行くレストランはキブツが経営していて、ここではコーシェルに従わず豚を飼育し、レストランで豚の料理を出していると言うことで、イスラエルでも人気のあるレストランだそうだ。 豚を飼うこと自体ユダヤ教の教えに反するそうだが、 ここでは「豚をイスラエルの土地に着けなければ良い」と言う考え方で、高床式の畜舎で豚を飼育しているとか。 いかにもユダヤ人らしいものの考え方だ。 世界の金融を押さえる力の源はこの辺りにあったのかと納得。

 旅行中はここでしか豚肉は食べられないと言われると是が非でも食べなくてはと言う気持ちになるもの。 特別美味しいわけでもなかったが、一皿たいらげて、ナザレに向う。

 ナザレ(Nazareth)はマリアが大天使ガブリエルから受胎を告知された場所として巡礼者の絶えない町。 門をくぐるとフランシスコ派の受胎告知教会がある。 門を入って教会の外の回廊には世界各国から寄贈された聖母子像がある。 中国のは仙人風、韓国のはチマチョゴリ、タイ、ギリシャなどお国柄が出ていて楽しい。
 教会は1969年に完成した比較的新しいもので、正面左側には大天使ガブリエル、右側にマリア。 その下にはイエスの弟子達のレリーフがある。 また、入口の付近には 左側に旧約聖書に登場する人、右側に新約聖書に登場する人がそれぞれ描かれている。
  中に入って天井を見上げると高い円錐形の屋根に吸い込まれそう。 礼拝をする人が祭壇の前でひざまずいて祈りをささげている。 中央にある祭壇は岩がむきだしになっており、ここで受胎告知を受けたといわれている。
 二階には礼拝堂があり、周りの壁には世界各国から寄贈された聖母子像に混じって長谷川路可画伯の「華の聖母子」が展示されている。 マリアの顔は細川ガラシャ夫人をイメージしたようで、イエスの顔はどことなく金太郎に似ている。 着物の小袖のたもとの部分にはモザイクでは珍しくおよそ6000粒の真珠が埋め込まれている。 この聖母子のモザイクはこの教会の中で最も人気があるそうだ。

   受胎告知教会に隣接した聖ヨセフの教会は、イエスの父ヨセフの大工の仕事場が在ったところで、イエスもここで30才頃まで手伝っていたと言われている。 教会の外壁にあるイエス、マリア、ヨセフの聖家族の像が印象的。 祭壇にも聖家族が描かれている。 「幼いイエスを見守るような聖ヨセフ」、「聖マリアと聖ヨセフの結婚」、「ヨセフの死を看取るイエスと聖マリア」の三つのステンドグラスが祭壇画となっている。

 ナザレからバスで30分ほどでカナの婚礼教会に到着。  婚礼に呼ばれたイエスがマリアの勧めで水をワインに変えるという奇跡をおこした場所。  婚礼にワインは欠かせないものだったようで、宴会の途中にワインがなくなってしまい、 困っていた人々の前で水がめの水をワインに変えた。 これはイエスが起こした数々の奇跡の中で、一番最初に行った奇跡だそうだ。  この教会は、ギリシャ正教の教会であり、イコンにはイエスの姿が描かれている。 教会の向かい側には土産物を売る売店があり、「カナのワイン」を売っていた。 試飲した人の話では甘いポートワインのような味とのこと。

 本日のはホテルはガリラヤ湖の南端にあるキブツ経営の「マーガン・ホリデイ・ビレッジ」。 各部屋がコテージとなっていて、中には簡単な調理が出来るガステーブルが付いていた。 

タブハ 山上の垂訓教会
 12月17日(土) 8時にホテルを出て、テイベリアへ。 ここから「イエスの船」という名前の船に乗ってガラリア湖の北側のゲネサレまでクルージング。 船が動き出したとほぼ同時に雨が強く降り出す。 昨日もほとんどの観光時間で、観光しているときは雨が降っていないか、小雨くらいだが、バスに乗って移動中はたたきつけるような雨が降る。 12月のイスラエルは雨季なのにあまり雨が降らなかったので恵みの雨だそうだ。 我々観光客には優しく、移動中に強く降っているようにも見える。 まさに聖地だ。

 クルージングは静かなガラリア湖を左にティベリアの町、マグダラのマリアの故郷マグダラの町を見ながら30分ほどでゲネサレに到着。 ここにあるガレー船を見学。 ここの博物館には1986年にガリラヤ湖底から発見された木造のガレー船が展示されている。 元の大きさは8.5mx3.5m位でおよそ2000年前イエスの時代に使われていたと推定されている。 発見されたときの発掘の状況のビデオを見た後に実際に現物を見学。 船底がしっかりと残っていて、保存状態も良い。

 次にタブハから山の上の山上の垂訓教会へ。 山上の垂訓教会はカファルナウム(カペナウム)の背後にある小高い丘の上にあり、 イエスは丘から群衆に語りかけた。 その記念の地に山上の垂訓教会は建っている。 ここの教会はフランシスコ派修道会によるもの。
 山上の垂訓教会からガリラヤ湖をを見下ろすと緩やかな丘陵がある。 2000年前イエスはここで数百人の群衆に対して、ガリラヤ湖を眺めながら、8つの祝福<幸いなるかな>を説いたそうだ。


 山上の垂訓   『聖書 新共同訳』から
イエスはこの群衆を見て、山に登られた。 腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。そこで、イエスは口を開き、教えられた。
 心の貧しい人々は、幸いである 、 天の国はその人たちのものである。
 悲しむ人々は、幸いである、 その人たちは慰められる。
 柔和な人々は、幸いである、 その人たちは地を受け継ぐ。
 義に飢え渇く人々は、幸いである、 その人たちは満たされる。
 憐れみ深い人々は、幸いである、 その人たちは憐れみを受ける。
 心の清い人々は、幸いである、 その人たちは神を見る。
 平和を実現する人々は、幸いである、 その人たちは神の子と呼ばれる。
 義のために迫害される人々は、幸いである、 天の国はその人たちのものである。
 わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。


 新約聖書を朗読するガイドの信夫さんの声が静かな教会の中に響き渡った。 シリアのマルーラ村の聖サルキス教会で聞いた、あのアラム語でイエスは弟子たちにこの祝福の言葉を伝えたのであろうか。

タブハ パンと魚の奇跡の教会
 山を降りてタプハのの町へ。 タプハという地名は、ギリシア語のヘプタゴン(7つの泉)から変化したものだそうで、この近くに現在でも泉があって、その水がガリラヤ湖に注ぎ、またヨルダン川がこの辺りに流れ込んでいるので、プランクトンが多く発生し、この近辺では魚がたくさん捕れるのだという。
 このタプハには「パンと魚の奇跡の教会」がある。 イエスが5つのパンと2匹の魚で5000人を満腹にしたというこの地で起こした奇跡に基づいて建てられた教会。 マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネの4つ福音書全てに書かれている「パンと魚の奇跡」。 有名なモザイクは教会の床に描かれていた。

 次はガリラヤ湖畔のペテロ首位権の教会を見学。 ここは復活したイエスが、ここでペテロに三度「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」と問いかけをし、「わたしの羊を飼いなさい。」と民を導くように教えたと言われている。 この三度の問いかけはしっかり確認するため、エルサレムでペテロが捕らわれたイエスのことを聞かれても三度とも「知らない」と言ったことを思い出させるためなどと言われている。 教会の中には、復活後のイエスが弟子たちに食事を与えたとされている岩が残っている。

 カペナウムにはペテロの家があったと言われており、カペナウムの遺跡の中央部に「ここがペテロの家の跡」とされている場所があって、家の土台石の上に記念館が建てられている。 ただし、2千年も昔の一般庶民の家の場所が特定できるわけはなく、これは発掘された一つの家の跡だそうだ。
 さらにこのペテロの家の跡の横にはシナゴークの後があり、イエスがここで教えを説いたと言われている。 このシナゴークは中央に主室、両脇に側室を持つ建物で、後のキリスト教会の建て方の基礎となったと言う。 さらに別室も備えており、ここでは集会、結婚式などが行われたそうだ。

ヨルダン川 洗礼場
 昼食はガリラヤ湖の南側のレストランで、ガリラヤ湖名物の「セント・ピーターズ・フィッシュ」を頂く。 唐揚げでサッパリしており、添乗員さん提供のキッコーマン醤油を僅かにかけるととても美味しい。 元来川魚(淡水魚)は苦手な小生だが、鯉の唐揚げよりずーっと美味しかった。
 このレストランはヨルダン川のそばに建っており、イエスがヨハネからバプテスマ(洗礼)を受けた場所があり、現在も川の中で洗礼できる設備をそなえている。 ここもついでに見学する。

 昼食後はひたすら南に走り、死海方面へ。 この道路はヨルダンとの国境に沿っており、鉄条網が道に沿って張られている。 死海まではところどころパレスチナ自治区の中を通っていく。 この辺りは元々ヨルダンの土地であったが、パレスチナ、特に「アラファトの暴走」にヨルダンが嫌気をもち、手放したとのこと。 このためイスラエルとヨルダンは国交が回復し、ヨルダン側からのテロリストの侵入がなくなったと言う。

 バスは死海の北、エリコの町を通過する。 ここはパレスチナ自治区だが、穏健で、観光にも力を入れているそうだ。 この町のそばにはイエスが悪魔と90日間にわたって戦いをしたと言われている誘惑の山がある。 イエスが四十日間断食した後、悪魔の「神の子なら、この石にパンになるように命じたらどうだ。」との問いに、「人はパンのみに生きるにあらず。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。」と答えたという場所。

 16時にクムランに到着。 クムランは死海北西端で、沿岸から約1Kmにある遺跡で、ユダ王朝時代(前7~前6世紀)に要塞が築かれた「塩の町」と言われている。 この遺跡が有名になったのは1947年に近くの洞穴から紀元前に書かれた完全な「イザヤ書」巻物写本がベドウィンの少年によって発見され、その後次々に同種の古代写本が周辺の洞穴群から発見されたから。 これらの写本はいずれ現れるであろうメシア(救世主)に見せるために洞窟の奥深くに隠されたのだと言う。
 1956年には、古い要塞の跡からこれら古代写本の所有者と思われる共同体の大きな建物の全容が明らかにされた。 これらは「クムラン共同体(教団)」と呼ばれ、出土写本群(Dead Sea Scrolls)は「死海写本」呼ばれて、現在エルサレムの死海写本館に保存されている。 また4月にアンマンの考古学博物館で見た「死海文書」もこのクムランから出たもの。

 今夜の宿は死海の一番南に位置するリゾートホテルのクラウン・プラザ。 夕日も落ちて17時過ぎに到着。


マサダ マサダの要塞
 [エン・ポケック(Ein Boqeq)]
 12月18日(日)  死海は上流での取水のためにヨルダン川を通して流れ込む水が年々減少しており、そのために水位が下がっている。 現在、死海は北側の大きな部分と南側の小さな部分に分かれてしまっており、南側が干上がってしまわないように水路で両側がつながっている。

 北側の大きな死海の南端にマサダ(Masada)の遺跡がある。 このマサダには旧約聖書にある「マサダの戦い」にして出てくる要塞がある。 この要塞は海抜マイナス400メートルの死海のほとりにあり、ここから450mの高さの山の頂にある山城。 「山城」というと、鬱蒼とした緑に囲まれた印象を受けるが、この辺りは砂漠地帯。 ここも木一本無い荒野であり、 一見して難攻不落の要塞である。

 「マサダ」とはヘブライ語で「要塞」という意味。 紀元前37-紀元前31年にヘロデ王がここに要塞宮殿を築いた。 ヘロデの死後、紀元70にローマ軍によるエルサレム攻撃、 神殿炎上、 エルサレム陥落、 戦死者110万人、 捕虜9万7千人と言う第1次ユダヤ反乱がおこった。 この時ユダヤ反乱軍がマサダを奪取してここに籠城した。 それから3年後の73年に要塞はローマ軍の総攻撃を受け陥落。 自決した人976人(女性子供を含む)、 生存していたのは女性2名と子供5名。
 この後132年~135年にシモン・バル・コフバが蜂起した第二次ユダヤ反乱が起ったが、これもローマ軍に制圧され、イスラエル国家は消滅、 第2次大戦後の建国まで1800年余り、イスラエルという国は世界地図から消えた。

マサダ マサダの要塞の模型
 1963~65年の発掘で、西の宮殿と北のけわしい崖を削って造られた三段テラス式懸崖宮殿、1000名以上の籠城軍の生活を支えた大貯水槽と巨大な穀物倉庫、ローマ式大浴場跡などが見つかっている。 この辺りはほとんど雨の降らない所で、エルサレムの東側の山が分水嶺となっており、この山辺りに降った雨が時おり鉄砲水となってこの地方に流れ込むのを大きな貯水槽に誘導して蓄えたと言う。 「水は腐らなかったのか」と聞いたら「貯水槽の壁を石灰を使った漆喰で塗り固めていたので腐敗しなかった」とのこと。 食料も20年分ほど蓄えていたと言う。
 ふもとの周囲にはローマ軍の築いた方形の陣地跡が今も残っていた。 ローマ軍は3年間かけて崖の麓から土を盛り、傾斜をつくり、要塞の壁の高さまで上がってきて、ここにやぐらを作り、一気に壁を越えて攻め込んだそうだ。 集団自決の時に使われたくじ引きのくじ(誰が次に死んで、誰が残りその後始末をするかをくじで決めたと言う)も発見されたそうだ。

 山頂の要塞にはケーブルカーに乗り数分でたどり着く。 歩いて登るスネークパスもある。 山頂には僅かな要塞のなごりを残すのみで、だだっ広い平地になっているだけ。 「マサダ」の話を知らないで行くと単なる高い丘である。 要塞から望む死海は青く美しかった。

死海 浮遊体験
 昼食をクラウン・プラザ・ホテルのそばのレストランでとり、 この後はホテルに戻り、 自由時間は旅友のKOさんを誘って死海での浮遊体験。 部屋で水着に着替えて、部屋に備え付けのバスローブを着て、ビーチサンダルを履き、日本から持ってきた「朝日新聞」を持ち、地下のスパの受付でバスタオルを借りてホテルのプライベートビーチに向かう。

 イスラエル側の死海は、4月に入ったヨルダン側の死海とはまったく様子が違う。 このエン・ポケックでは海底に泥がなく、塩が結晶している。 したがって海底から泥を取り出して泥パックをするわけにはいかない。 泥パックはスパで予約をしないとだめらしい。

 ここのビーチは死海全体から見ると一番奥まった所にあり、 塩分濃度がより濃くなっているらしい。 海水の味もヨルダンでは塩辛かったが、こちらでは塩っぱいと言うよりむしろ苦かった。  前回のヨルダンのときは一回しか海に入らなかったが、今回は入ってはシャワーを浴び、休憩してまた入る事を繰り返す。 一回に入っている時間は20分程度。 水が冷たいからではなく、脱水されるから。 海から上がっても寒さを感じない。 12月と言うのに何とも不思議な感じ。 死海なれしたと言うか、 新聞をかざしてポーズをとる姿にも我ながら余裕を感じさせる。 なお、新聞を濡らしたのは小生ではないことを断っておく。


 [エイラット(Eilat)]
アブダット遺跡
 12月19日(月)  エン・ポケックを8時に出て、ネゲブ砂漠を通り、エイラットへ向う。 バスは死海から離れて南東の高地へと上がって行く。 砂漠の中に突然大きなプラントが出現する。 これもキブツの一つで、死海の水をくみ上げてミネラル分を抽出し、マグネシュウムなどを生産する工場だそうだ。 この他に原子力研究所もある。 「イスラエルは核兵器を所有しているか」との問いに政府は「ノー・コメント」と答えているそうだ。 「ノー」では無いので、所有していると言うことらしい。

 ネゲブ砂漠の中にはベングリオンの家がある。1948年、初代首相としてイスラエルの独立を果たした彼は、1953年に職を辞して、一開拓者としてその余生を過ごすべくここへ赴いた。 彼は砂漠の中にキブツを作り、自ら砂漠を耕地に変えたという。 これは砂漠を耕地に変える技術開発の先駆をなすもので、 独立当事の耕地面積に対して10年後には耕地面積は5倍に広がっていたそうだ。 この技術は砂漠を多く抱える近隣のアラブ諸国にとってとても魅力のある欲しい技術で、国交を回復したアラブ諸国にはこの技術が提供されているそうだ。 またイスラエルはこの技術を通して、アラブ諸国と国交を正常化できたらと願っているとのこと。

 ナバティア人の残した隊商都市アブダット遺跡へ向う。 紀元前3世紀頃にアラビア半島一帯に住んでいたのがナバテア人で、砂漠の民。 彼らがこのネゲブ砂漠に立派な街を建設した。 これがアブダット遺跡。 発掘された土器などから、当時から優れた灌漑技術(ヨルダンのペトラにも見られたような)を持っており、それを駆使して樹木などを栽培したり、農耕を行っていたことが分かっている。  遺跡には、ワイン製造をした跡もある。 ぶどうを搾るのは足の裏が柔らかい若い女性の仕事であったという。 足の裏が硬いとぶどうの種までつぶれてしまうので、ぶどうを搾るのに適さないそうだ。 遺跡のふもとには当時の灌漑技術を再現して植栽をしている研究所があるそうだ。

ミツペー・ラモン
 少し南に下って、ラモン渓谷の中のミツペー・ラモンに行く。 ここはクレーターと言われているが、いわゆる隕石で出来たものではなく地殻変動により出来た地溝。 大陸が分裂する時と同じような現象で、今から約1億年前に形成された。 地殻が隆起して中心に引張応力がはたらいて、ひきのばされ、割れ目が形成される。 そこに地球のマグマが湧き出してきて、その後冷えて固まる。 さらに雨水や風などの浸食を受け、巨大な穴になったもの。 長さは直径37kmにも及ぶそうだ。  ビジターセンターのそばにある展望台から見ると、大きなお盆を見ているようである。

 ラモン渓谷からさらに南東に進み、イスラエル軍の軍事演習をしている横をバスは走ってゆく。 戦車が数台砂煙を上げて疾走している。 海外に出てその国の軍隊の演習を見る機会などめったに無い。 バスの中から遠慮せずに数枚写真を撮る。

 この砂漠から南東に走り、ヨルダンとの国境沿いに進みアカバ湾に面したエイラットへ。 南に向かって左側にヨルダンの岩の山並み、右にイスラエルの土漠の山並みが続く。 地質学的には左右の地形は南北に100Kmほどずれているそうである。 ヨルダン側が北へ、イスラエル側が南にずれているそうで、現在も一年間に2cmほど動いていると言う。 エイラットの位置を元に戻すと、ヨルダンのペトラ辺りと隣になるそうだ。

エイラット 水族館
 イスラエル最南端の小都市エイラットはイスラエルで唯一紅海に面したリゾート地である。 ここのお隣のヨルダン・アカバには今年4月に訪れた。 このときにアカバ湾からエイラットの街を見た印象は大きなビルが幾つも建っている都会のリゾート地というイメージだった。

 エイラットの気候は太陽が常にふりそそぐ亜熱帯乾燥気候。 年間降水量は25mm程度。 この冬季でも最高気温は20℃以下になることはほとんどなく、 紅海の水温は常に20℃以上であり、 真冬でも泳ぐことが出来ると言う。 このアカバ湾は真っ青な海に美しい珊瑚礁が広がる。 それ故スキューバ ダイビングとシュノーケリングの人気が高く、用具を貸し出したり、教室を開いたりしているダイビングセンターが数多くある。

 海中に建てられた水中展望台があり、熱帯魚の大群を眺めることができる。 この他沢山の水槽があり、美しい魚の他、亀や鮫の池もある。 水族館のすぐ隣には観光用の黄色い潜水艦(イエロー・サブマリーン)が停泊しており、 乗船して水深60mほどまで潜り、海中散歩を楽しむことができるはずだったが、あいにく修理中との事。 この水族館で色鮮やかな紅海の熱帯魚を楽しむ。

 水族館を出ると、バスはエイラットの町とは反対の方向に走り出した。 バスから降りないことを条件に、イスラエル-エジプトの国境を越えられるとの事。 旅行社のサービスらしい。 バスの中からだが、エジプト-イスラエル、イスラエル-ヨルダン、ヨルダン-サウジアラビアの国境が一度に見える。 アカバ湾からは見たことがあるが、エジプト側からは初めて。
 ガイドさんによると「ヨルダンは海岸線が狭かったので、サウジアラビアと交渉をして砂漠地方の土地と海岸の土地を交換して海岸線を12Kmほど広げた」そうだ。 この交換した砂漠の土地から石油が出たとか。 石油が出ないヨルダンは惜しいことをしたと思っているだろうとのこと。

 今夜の宿はイスラエル最南端の町、エイラットのクラウン・プラザ・ホテル。 部屋のベランダからアカバ湾が見え、街の夜景がとても綺麗な所。


 [エルサレム(Jerusalem)]
ソドム ロトの妻(塩柱)
 12月20日(火) 7:45エイラットのクラウン・プラザホテルを出て、真っ直ぐ北に上り死海のエン・ポケックへ。  途中死海の東側でロトの妻と言う塩柱を見る。 ロトとはアブラハムの甥。 すでに父を失っていたロトは、アブラハムと行動を共にしてカナンの地に来た。 そこでアブラハムから土地を分けてもらい、ヨルダンの低地に住んだ。 しかしそこの町「ソドム」の人々はわるく、主に対して、はなはだしい罪びとであった。 そこで主は天から硫黄と火を降らせて、その地域一帯を滅ぼしてしまおうとする。 主は、アブラハムのゆえにロトとその家族を救おうと思い、 御使いたちをつかわして彼らを脱出させたが、そのとき、「うしろをふり返って見てはならない。・・・・・立ち止まってはならない」と命じる。 だがロトの妻は、後ろをふり返ったので塩の柱となった(創世記)という。 この物語は、人間の新しい生活への出発においては、過去への未練がしばしば大きな妨げとなることを教えている。 過去にこだわり、それに固執する人々は結局過去化(「塩の柱」とはその象徴)する他ない。「ロトの妻のことを思い出しなさい。自分の命を生かそうと努める者は、それを失い、それを失う者は、かえって保つのである」と聖書に書いてある。

 この辺りは岩塩ばかりで、そばにあった岩の塊を砕いたら白い岩塩であった。

 エン・ポケックで先日昼食をとったレストランの傍で休憩。 今朝は出発が早かったので朝食をゆっくり食べていなかっただろうとの心遣い。 添乗員さんが作ってくれたおむすびとインスタントの味噌汁、KOさん提供の漬物を配ってくれる。 久方ぶりの日本の味を楽しむ。

エン・ポケックから道を東に進み、海抜ゼロメートル地点を通り、海抜800mのエルサレムへ。 死海から一気に1200m登ったことになる。 エルサレム到着後、すぐ中華レストランで昼食。 品数、量は多いが味は最低。 エルサレムでは老舗の中華だそうだが、老舗ゆえに中華の味を忘れたのではと疑う。

 エルサレムは、西部をイスラエルが実効支配し、東部はイスラエルが占領しているもののパレスチナも領有を主張している内陸都市。 古代イスラエル・ユダ王国の首都で、エルサレム神殿があった場所である。 またイエス・キリストが処刑された地であり、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教共通の聖地。 都市名のエルサレムとは、ヘブライ語の「イール・シャローム(平和の町)」であるという説が以前から主流。 人口はおよそ78万人。

エルサレム 主の泣かれた教会
 昼食後、小雨模様のオリーブ山へ。 約1キロ四方の城壁で囲まれたエルサレム旧市街をオリーブ山から眺める。 中央に黄金の岩のドーム。 その左手に二つの銀色ドームの聖墳墓教会。 壁近くの一つの銀色ドームはアルアクサーモスク。 この展望台のすぐ手前は15世紀からのユダヤ教徒の墓がある。 墓は神殿のあった場所(現在の黄金の岩のドームの場所)に向って整然と並んでいる。 すべて足が神殿の方に向いているそうだ。 これは救世主(メシア)が現れたときにすぐに起き上がって救世主の方を見るためだそうだ。

   余談だが、オリーブ山のユダヤ人の墓の西にはケデロンの谷があり、その向こう側、エルサレムの城壁の東側に、アラブ人(イスラム教徒)の墓がある。 イスラム教徒はメッカの方向(ここではユダヤ人の墓の方向)を向いて眠っている。 ユダヤ教もイスラム教も救世主の考え方が同じなので、救世主が現れたらいっせいに死者は起き上がるので、ユダヤ人とアラブ人は正対することになる。 これでは「せっかく救世主が現れても平和が訪れないのではないか」と心配する向きもあった。

エルサレム 万国民の教会
 本日の午後と明日午前中はイエスの最後にまつわる聖地を回る。 観光場所としては途切れ途切れになるので、「イエスの最後の12時間」を聖書から拾い読みをして纏めておく。

 さて、オリーブ山を降りてきて、ケデロンの谷の途中に「主の泣かれた教会」がある。 エルサレムの滅亡を予言し、この場でイエスが涙を流したと言う伝えにちなんでフランシスコ会が建てた小さな教会。 この祭壇背後の格子窓からちょうど良い具合にエルサレム旧市街の中心が眺められ、いわば借景を成している。 格子戸の十字架は黄金の岩のドームの右奥に見える聖墳墓教会に合わせてみるものだそうだ。

 さらにケデロンの谷の方に降りて行くと「万国民の教会(苦悶の教会)」がある。ここは、1925年に、12ヵ国からの献金で建てられた。 最後の晩餐のあとイエスは、弟子たちとともにオリーブ山に来ると、三人だけをつれてゲッセマネの園に入っていった。 そして三人に「私は死にそうなほど悲しい。あなたたちはここで起きていなさい」と言うと、一人で園の奥に行って祈り始めた。 イエスは「できることなら十字架刑から逃れたい。しかしそれが神の御心であるのなら」。 ここはイエスが信仰と現実のはざまで悩み苦しんだ場所。
エルサレム 最後の晩餐の部屋
 イエスが一人で最後の祈りを祈っていた時、弟子たちはこの洞窟で眠りこけていました。 自らの危機を察知していたのはイエスのみだったようだ。 ただ、イスカリオテのユダだけはここには居なかった。 イエスを裏切り、イエスの居場所を密告しに行っていたのだ。

 シオン門近くまで行き、最後の晩餐の部屋へ。 イエスが弟子たちと最後の晩餐をとった部屋といわれている。 ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会ににあるレオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐」の絵からは全く想像できない部屋。 遠近法で描かれたような細長い広い部屋ではない。 ガイドさんの説明によると、イエスは弟子たちと車座になり、床に座って食事をしたと言われているそうだ。 ここはオスマン・トルコ時代にはモスクとして使われたそうで、 確かに部屋の一隅にはミヒラブもがあった。

 最後の晩餐の部屋から階段を降りた所に「ダビデ王の墓」がある。 ダビデ王は古代ユダヤ国家の第二代の王で、その時代にエルサレムが首都となった。 紀元前1000年くらいの話である。ちなみに、その子ソロモンが神殿の丘にユダヤの神殿を立てたのである。
 ここはユダヤ教の聖地で、中に入るには男女別で、男性はキッパ(kippa)という被り物を頭につけなければいけない。 キッパとは、ユダヤ教の「神に対して頭を隠すことで、神に謙遜の意思を表す」という意味があるというもの。 入り口に置いてある紙製のキッパをかぶり、ダビデ王の墓の前へ。 少し行った奥まった部屋にダビデ王の石棺があり、 近代的な楽器が刺繍されたビロードの布で覆われていた。 本来はダビデの星が刺繍された布で覆われているはずなのに。

 ここからシオン山の傾斜に建てられている鶏鳴教会へ行く。 鶏鳴教会は大祭司カヤパの屋敷跡に建てられたもので、この教会の地下に牢があり、ここにイエスが十字架に架けられる前に留置されたと言われている。 現在、ここの壁に人影のようなしみが浮かび上っている。これはイエスをあらわしていると言われている。
 また、イエスが弟子のペテロに対して「今日この夜、鶏が2度鳴く前に、あなたは3度私を知らないと言うだろう」と予言し、自分に罪が及ぶのを恐れたペテロが予言どおり「イエスのことを知らない」と3度答えたのもこの場所。

 エルサレムでの宿泊は城壁の北側、ヘロデ門から北に1km程のところのオリーブ・ツリー・ロイヤル・プラザ・ホテル。

 12月21日(水) 8:30にホテルを出て、昨日のオリーブ山に向かう。 昨日は小雨模様であったが今朝は快晴。 そこでガイドさんの好意でもう一度オリーブ山からエルサレムを展望しようと言うことになった。 岩のドームは金色に輝き、エルサレム城外の昨日訪れた教会がはっきり見える。

エルサレム エルサレム市街(オリーブ山から)

 糞門の所から 南の壁考古学公園に入る。 ここは、「オフェルの丘」と呼ばれる広大な遺跡群になっている。 この地域は、数千年の歴史の中で何度も侵略、支配が繰り返されてきたため、発掘によって幾重にも重なった町が発見されるようだ。 第一神殿時代(紀元前10世紀)からオスマントルコ時代(紀元16世紀)まで、25層からなる居住地跡などが見つかっていると言う。
 イエスの時代の地表は、 現在の地表から約3~4m低い地点だと言われている。 この南の壁の発掘群からは、イエス時代の新約聖書を裏付けるような大変貴重な遺跡が次々と発見されており、ここを歩くとイエスの時代の神殿の様子がよくわかる。 ここには、ロビンソン・アーチ跡、第二神殿時代のヘロデ道路、神殿の石材群、神殿への石段と主要出入り口のフルダ門跡などがある。

エルサレム 嘆きの壁
 南の壁考古学公園を出て、荷物検査とボディチェックを受けて、嘆きの壁へ。 嘆きの壁というのは、かつての神殿の丘の壁のうち、唯一残っている壁で、この壁の前はオープン・シナゴーグとなっている。 壁には向って左:右=2:1に仕切られていて、男性が左側、女性が右側でお祈りをしている。 ここはシナゴークなので、男性の観光客は中に入り、壁に近づくのにキッパが必要。 頭を隠すことによって、神に対する尊敬と畏れを表しているとのこと。 入り口の仕切りのような所に紙で出来たキッパを置いてあり、頭につけて中へ入る。 ガイドさんからは「遠慮をしないで、相手に断られるまで写真を撮ってもいい」と言われたが、お祈りしている人を・・・・・ 少し遠慮して、数十枚写真を撮った。 

嘆きの壁 キッパを被って
 ここで少し嘆きの壁に到る歴史を述べる。 紀元前965年頃にソロモン王は現在「神殿の丘」と呼ばれているところに神殿を建てた。 しかし、その神殿はユダヤ人がバビロン捕囚にあった時に破壊されてしまった(紀元前586年)。 その後、紀元前515年頃に第2神殿として再建された。 さらに紀元前20年頃にはヘロデ王によって改築されている。 ヘロデ王が改築した神殿も西暦70年にはローマ軍によって完全に破壊され、神殿の西壁だけが残った。 これが嘆きの壁と呼ばれている場所。
 西暦70年の神殿破壊の後はユダヤ教徒のエルサレムへの立ち入りは許可されず、4世紀以降には1年に1日だけ立ち入りが許されるようになる。 そして、ユダヤ人は残された西壁に向かって祖国の復興を祈っていた。 こうして、神殿の西壁は「嘆き」の壁となったようだ。
 7世紀にはいると、パレスチナ地方全体はイスラム教徒のものになり、「神殿の丘」も当然イスラムの支配下となり、「ハラム・アッシャリフ」(高貴なる聖域)と呼ばれるようになった。

 エルサレムと言えば、この「嘆きの壁」に象徴されているが、 実はこんな光景が見えるようになったのは歴史的に見ればごく最近のこと。 1967年の第三次中東戦争でイスラエルは旧市街を含む東エルサレムをヨルダンから奪った。 西暦70年にローマ軍によって神殿が破壊されて以来、実に1900年ぶりに、ここで自由にユダヤ教徒の礼拝ができるようになったということ。

神殿の丘 岩のドーム
 次に神殿の丘に上がってみる。 嘆きの壁のボディチェックを受けた所を出て、 別の入り口で荷物検査とボディチェックを受け、嘆きの壁の上に架かった通路を通り、神殿の丘に到る。 神殿の丘には岩があり、現在金色の屋根の「岩のドーム」がこの岩の上に建っている。 この「岩」についてのユダヤとイスラム双方の伝承も対立している。
 ユダヤ人にとっては、『アブラハムがイサクを犠牲に捧げようとしたモリヤの丘の頂だ』とされている。 アブラハムとは、イスラエル民族の父祖であって、彼は信仰の深さを神に試され、 神の言われるまま息子を生贄として殺そうとした瞬間、 神はアブラハムの信仰の深さを認め、イサクは救われた。
 イスラム教徒にとっては、ここからイスラム教の開祖で預言者のムハンマドが天使ガブリエルに導かれて昇天した場所だとされている。 その時ムハンマドが残した足跡が岩に残されているといわれている。

 現在、岩のドームの中には入ることは出来ない。 この神殿の丘はイスラエル軍の兵士が警備をしており、アラブ人と観光客しか入れていないようだ。 昼近くになり、イスラムの礼拝の時間が近づいたため、我々も早々に神殿の丘から立ち去るように兵士から催促を受けた。

 岩のドームは、ウマイア朝(661年~750年)の第5代カリフ、アブドゥルマリクによって691年に建設された。エルサレムを占領した第2代カリフ、オマルの名前をとって、岩のドームは「オマル・モスク」とも呼ばれている。 今までに何回も修復工事が行われているが、基本的に建設当時の姿である。 すなわち、岩のドームは現存するイスラム建築としては最古のものだそうだ。

 神殿の丘の北側からヴィア・ドロローサに出る。 ここはイエスが茨の刺のある冠を被され、重い十字架を担ぎ、ゴルゴダの丘へと向かったといわれる道で、ヴィア・ドロローサ(Via Dolorosa 悲しみの道)と言われている。
 ヴィア・ドロローサには14のポイント(ステーション)があり、ここを巡礼するキリスト教徒たちは一つ一つの場所でイエスの十字架の歩みを偲ぶようである。

ヴィア・ドロローサ

 イエス、死刑判決を受ける
 イエス、十字架を背負わされる
 イエス、十字架の重みで倒れる
 母マリアが十字架を背負ったイエスに出会う
 キレネ人シモンがイエスに替わって十字架を背負わされる
 女性ヴェロニカがイエスの顔を拭く
 イエス、2度目に倒れる
 イエス、悲しむ女性たちを慰める
 イエス、3度目に倒れる
10 イエス、衣を脱がされる
11 イエス、十字架に付けられる
12 イエス、十字架上で息を引き取る
13 アリマタヤのヨセフ、イエスの遺体を引き取る
14 イエス、埋葬される


 第1ステーションから順次「悲しみの道」をたどってゆく。 ヴィア・ドロローサの路地は狭く、その両側にアラブ人の商店が建ち並んでいる。 この商店街を歩いているとモロッコあたりのアラブ人のスークの中に居るようだ。 聖なる場所、悲しみの道には程遠い感じであった。

 第1ステーションは現在アラブ人の小学校エル・オマリエとなっている。
 第2ステーションには鞭打ちの教会が建っている。 ここでイエスは十字架を背負わされ、ユダヤの王なら冠が必要だろうとローマ軍の兵士に茨の冠をかぶせられた所。
 第3ステーションはイエスが十字架の重みに耐えかねて、最初につまずいた所。 アルメニア・カトリックの小さな聖堂がある。
 第4ステーションにはアルメニアの「苦悩の母のマリアの教会」があり、ここで十字架を背負ったイエスをマリアが見たとされる場所。
 第5ステーションは「田舎から出て来たシモンというキレネ人を捕まえて、十字架を背負わせ、イエスの後ろから運ばせた」と聖書に書かれている場所。
 第6ステーションにはベロニカの教会がある。 ベロニカという娘が絹のハンカチでイエスの顔を拭ったとされる所。
 第7ステーションでは門の敷居につまずいて、イエスが2度目に倒れた所。
 第8ステーションでは、イエスがエルサレムの娘たちに「私のために泣くな。自分たち、自分の子供たちのために泣くがよい」と語ったと言われている場所。
 第9ステーションはイエスが3度目に倒れた場所。
聖墳墓教会 ゴルゴダの丘 十字架が建てられたと言われる場所
 第10ステーションから第14ステーションまでは聖墳墓教会の中にある。
 旅行前に、ゴルゴダの丘はエルサレムの何処にあるかと探したのだが、聖墳墓教会の中に取り込まれていると言うことがここに来て初めてわかった。

 ゴルゴダの丘の場所は、ローマ皇帝コンスタンティヌス(在位306年~337年)の母后ヘレナによって特定された。 コンスタンティヌス帝は、ローマ帝国で初めてキリスト教を公認した皇帝。 彼の母親ヘレナも熱心なキリスト教徒であり、イエスが十字架で処刑されたゴルゴダの丘を特定する目的で聖地エルサレムへ巡礼の旅に出た。 ヘレナは326年に聖地エルサレムにやってきて、この地をゴルゴダの丘だと認定し、聖堂を建てた。  その後、破壊と再建が繰り返され、 いくつかの聖堂が十字軍時代に一つの屋根のもとにまとめられ、 聖墳墓教会の元ができた。 現在の建物は、1810年に再建されたもの。 教会内部は大変複雑で、 キリスト教の多くの会派によって、分割管理されている。 ちなみに、聖墳墓教会の門の鍵はイスラム教徒に預けられ、毎朝それを開けるのはアラブの少年だそうだ。

 聖墳墓教会に入ってすぐ右側の階段を上がると、そこがゴルゴダの丘。 ここに第10ステーションがあり、イエスはここで衣を脱がされた。
 第11ステーションはローマ・カトリックの小聖堂の祭壇で、ここでイエスは十字架に釘付けにされた。
 第12ステーションは第11ステーションのすぐ隣にあり、 ここに十字架が建てられ、イエスが十字架上で死んだ場所。 祭壇画の十字架上のイエスはとてもリアルな表現となっている。 イエス像の下には、小さな祭壇があり、そこには皿のようなものがある。 ここに十字架が立てられたようだ。 信者の方は静かに祈り、ここに口づけをしていた。
 第13ステーションは第12ステーションから階段を降りてきた所で、アリマタヤのヨセフがイエスの遺体を引き取る。 十字架から降ろされたイエスの遺体は、この石の上で香油で清められた亜麻布に包まれる。 これはユダヤ人の埋葬の習慣だったそうだ。
 第14ステーションは聖墳墓教会の中でも特別な聖堂の中。 この中にイエスの墓がある。 そこは非常に狭い空間であって、2~3人しか入れないので、順番待ちで交代で入った。 この場所がイエス埋葬の地ということは、イエス復活の地でもある。

 聖墳墓教会の中はキリスト教信者(きっと宗派に関係なく)でいっぱいで、各ステーションでは祈りを捧げてて巡礼している。 さらに観光客が入って、説明を聞き、写真を撮っているため、とても混雑している。 短い時間での見学では何処に何が、物事の詳細はなど理解できないものが多かった。

 聖墳墓教会を出て、アルメニア地区のカルド通りを歩く。 ここはヨルダン、マダバの聖ジョージ教会にあった世界最古のモザイク地図に出ていた大通り。 列柱が並んでいるが、ローマ遺跡のような面影はない。

エルサレム 死海写本館
 昼食の後に死海写本館へ。 1974年に死海北西部のクムラン付近で、迷った山羊を追いかけていたベドウィンの少年が発見した巻物が展示されている。 内部は写真撮影禁止。 この発見された巻物は『旧約聖書』の写本の断片であったため、「死海写本」と呼ばれている。 その後死海近辺のさまざまの場所から、さまざまの文書が発見され,現在ではそれらを総称して「死海文書(しかいもんじょ)」と呼んでいる。
 死海文書には「エステル記」を除く『旧約聖書』の諸文書の写本群、『旧約聖書』諸文書の注解書、『旧約聖書』の外典・偽典、教団の宗規要覧、光の子と闇の子の戦いなどおびただしい数の文書が含まれているという。 これらの文書は、紀元前1世紀ころ、クムラン付近にある数多くの洞窟で禁欲的な集団生活をしていた宗団のものと考えられており、学者はこの宗団をユダヤ教エッセネ派の「クムラン教団」と同定している。 エッセネ派は「義の教師」と呼ばれる教師を中心として、荒野において厳しい禁欲的生活を営みつつ終末を待望していた宗団であり,、これに加わる者には洗礼を施していた。『新約聖書』に登場するバプテスマのヨハネは、この宗団と関わりをもっていたと推察されている。

 死海写本館の建物の屋根は、旧約聖書の巻物が入っていた壷のフタの形をしている。 この建物の内部は一定の温湿度に保たれている。 建物の外側から水をかけているのもそのためらしい。 内部は薄暗く、沢山の写本が展示されていた。 アンマンで見た死海文書はほんの一部でしかなく、当館の死海文書の多さには驚かされた。

エルサレム ヤド・パシェム
 次にヤド・パシェム(ホロコースト慰霊博物館)に行く。 ここはナチスに虐殺されたユダヤ人を慰霊する世界で最大のホロコースト博物館。 世界中(主にヨーロッパですが)の強制収容所と絶滅収容所の記録が残された複数の建物があり、その中には亡くなった子どもたちの博物館もある。
 第二次世界大戦中、ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺は、600万人と言われている。 ヤド・パシェムというのは「名前と記憶」という意味らしく、600万という数字ではなく、一人ひとりを記憶にとどめておこうという意味だそうだ。 
 ベルリンのブランデンブルク門のそばに今年完成した巨大なホロコースト記念碑も負の遺産を記憶にとどめて置こうと言う行動の現われだと思う。
 「子ども記念館」では、これまでにホロコーストにより死亡したと確認されている子どもたち一人ひとりの名と歳と出身地が絶え間なく読み上げられ、そのリストが一回りするには3年もの時間がかかるという。
 ポーランドのアウシュヴィッツやビルケナウなどの収容所の土の上に立ち、エルサレムの博物館を訪れれば、人間の愚かさと恐ろしさは十分すぎるほど伝わってくる。

 観光を終了して、ホテルに戻る前にユダヤ人のマーケットに立ち寄る。 大きな市場で、スリが居ない安全な所とか。 それもそのはず、治安のためか、テロを警戒してか、イスラエル軍の兵士があちこちに居る。 写真も撮ってよいとの事で、兵士にカメラを向けると快くポーズをとってくれた。

イスラエル入出国カード
 12月22日(木) 7:45にホテルを出発して、テルアビブのベン・グリオン空港に向う。 タシケント行きHY302便の出発は11:30なので、出国手続きのため、空港には3時間前の8:30までに行かなければならないとのこと。
 朝の通勤ラッシュを逆方向に走るので、渋滞にあわず予定通り空港に到着。 ここからが大変。
 スーツケース、手荷物を持ったまま並ばされて、一人一人質問を受ける。 まず「Can you speak English ?」・・「No I can't.」 すると「Are you a Japanese ?」とくる。「Yes.」と答えると、日本語で書いてある質問書を出してきて、質問書を読んで、「Yes.」か「No.」のどちらかを示せと言う。
 入国の時のことを皆さん思い出しているようで、みんな「I can not speak English.」と言って日本語の質問書で答えている。

 質問の内容は「荷物は自分で作ったか?」「荷物を作ってから、荷物から離れなかったか?」「他人から預かった物は無いか?」「中に入っている物は全てあなたのものか?」さらに「爆弾や銃、ピストルは入っていないか?」など。 内容はたいしたことがないけど、一人ずつ質問を行うので時間がかかること。 我々のグループで質問が始まってから終わるまでおよそ40分はかかっていた。

 この後預ける荷物のX線検査。 この検査は厳重。 X線検査を受けて通過したのは10%くらいの人だけ。 スーツケースを別のテーブルの所に持って行かされ、ここでスーツケースのオープンチェックをうける。 ここはさらに時間がかかるため、検査を受けるまでに並ばされ、待たされる。
 テーブルの上でスーツケースを開け、検査官はモニターでX線検査の画像を見ていて、目標の所に手を入れてつかみ出す。今度はお構いなく英語で聞いてくる。 ペットボトルをつかみ出し、「Is this your's ?」「Yes.」・・・「Contents are where to have put ?」「At Dead Sea.」・・・「Having put by yourself ?」「Yes.」 とこんな調子。 さらに洗面用品の中身を全て出し「全部あなたのか?」とか「他人に頼まれて入れたものはないか?」とか質問を受ける。 全て「OK」となったら、スーツケースにシールを貼って、片付けてよいと言う。 仕方がなく散らかされた中身を再度パッキングして航空会社のチェックインカウンターに進む。
 ここまで、全員がチェックを受け終わるまでに1時間50分くらいだった。 ガイドさんからは「早く終わった方ですよ。 面倒だと思わないで、世界一安全な空港だと思ってください。」とのコメント。

 この後出国のパスポート・コントロールで「No Stump Please.」で無事出国。

 ウズベキスタン航空HY302便はほぼ定刻に飛び立ち、北に進路をとる。 イスラエルに来る時もそうであったが、航路は地中海-トルコ-カスピ海-トルクメニスタン-ウズベキスタンとなっている。 レバノン-シリア-イラク-イランの上空を飛んだら短時間で到着できるのに。 中東の和平が早く実現することを望んで止まない。

 12月23日(金) 10:15無事成田に到着


 [エピローグ]
 ▼聖地にある教会なので、さぞかし古い教会ばかりだろうと期待して行ったが、全く裏切られた。 ほとんどが近代的で、モダンな造り。 教会の名前も「受胎告知教会」から始まり「カナの婚礼教会」「山上の垂訓教会」「パンと魚の奇跡の教会」「主の泣かれた教会」など聖書の物語そのまま。 小林製薬の商品名(「トイレその後に」「ポット洗浄中」「のどぬ~る」など)を連想させる。 ▼アラファトは平和主義者だったのか? イスラエルを訪れて疑問が出てきた。 アラファトが2004年11月11日パリ郊外のペルシー仏軍病院で死去してから半年も経たないのに、日本国外務省の渡航情報(安全情報)のランクが一つ下がった。 ノーベル平和賞に疑問を投げかけた人も居たが、確かにあの頃は穏健に見えていた。 しかしパレスチナのテロ、特に自爆テロは収まらなかった。 アラファトには既にパレスチナを制する能力が無かったのかもしれないと思う。 ▼写真を写せなかったのはエルサレムの死海写本館とヤド・バシェム(ホロコースト慰霊博物館)だけ。 受胎告知教会、聖墳墓教会、嘆きの壁など少し遠慮したい場所でもフラッシュもOK。 ▼中東に続いて、イスラエルに行き、また世界観が変わった。 出発前の外務省の安全情報には 「報道によれば、12月5日午前11時半頃(現地時間)、イスラエル中部の沿岸都市ネタニヤのショッピング・センターの入り口付近で自爆テロとみられる爆発が発生し、少なくとも4人が死亡、30人が負傷しました。事件発生後間もなく、パレスチナ過激派組織「イスラミック・ジハード」が犯行声明を出しました。」と出ていた。 どうもCNNあたりのニュースを引用したようだ。 ここの「報道によれば」が気に入らない。 イスラエルには日本大使館が無かったっけ。 Fact Finding が出来ておらん。