地の果てパタゴニア

 2006年02月 アンデス越えとパタゴニア二大氷河 17日間
 今までに一度も南米に行ったことが無い。 どうせなら、若いうちに(もうあまり若くないが)一番遠い所からと「地の果てパタゴニア」を選んだ。
 パタゴニアとは南米大陸の南緯40度以南の地域で国の名前ではない。 今回訪れる国はアルゼンチンとチリ。 まず、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスではアルゼンチン・タンゴのショーを楽しむ。 次に南米大陸を南北に連なるアンデス山脈の麓バリローチェへ行き、カンパナリオの雄大な景色、トロナドール山、黒い氷河ベンティスケロ・ネグロ、ロス・アレルセスの滝を観光。
 アンデスを越えてチリでは湖水地帯の風景、チロエの教会群さらにプンタ・アレーナスのフィヨルド地域、パイネ国立公園ではサルト・グランデの滝を楽しむ。
 再びアルゼンチンに戻り、エル・カラファテでウプサラ氷河、ペリト・モレノ氷河を観光。氷河の上を歩いたり、氷河のオンザロックも楽しめるようだ。 最後に地の果てウシュアイアでビーグル水道のクルーズ。 今までに一度も経験しなかった雄大な旅になりそう。
プロローグ  ブエノスアイレス  バリローチェ  プエルト・モン  プンタ・アレーナス
 パイネ国立公園  エル・カラファテ  ウシュアイア  マイアミ  エピローグ


 [プロローグ]
 今回は昨年10月に出来たばかりの(株)JTBグランドツアー&サービス(以降JTB-G&Sと略す)のツアーで旅行することになった。 この旅行社はJTBの関連会社で、これから急増する団塊の世代の定年退職者やシニア世代を取り込んだツアーを商品として売り出すために新たに作られたようだ。 いわゆるユーラシア旅行社やワールド航空サービスと同じような商品を提供するような会社に見える。
 小生のホームページに二度ほど登場していただいた親切で誠実で、責任感が人一倍強い添乗員さんがこの会社の創立とともに移られた。 この他JTB、ユーラシアからベテランの添乗員さんが移ったようで、最近いささか添乗員さんの行動に不満を持つ小生にとってはとても期待のできる旅行社になりそうだ。

 今回の旅行を検討し始めたら、妻も一緒に行くと言い出した。 なんと9年ぶり。 今まで一人でホテルの部屋を大きく使っていたので、少し不安が残る。 でも景色を、遺跡を、建物などを同じ視点で共有できるのは素晴らしいこと。 一番身近な旅友になってくれるのではと思う。

 当初はメキシコシティ、ペルーのナスカ、マチュピチュ、ブエノスアイレスでのアルゼンチン・タンゴ、イグアスの滝、カラファテの氷河、ウシュアイアのビーグル水道などの特別豪華な20日間のツアーを申し込んだが、集客状況が芳しくなく不催行となる。 あの親切な添乗員さんが年明けにケニアから帰ってきてすぐに連絡をくれて、「アンデス越えとパタゴニア二大氷河」を推奨してくれて、こちらに乗り換えた次第。

 1月6日夕方、旅行社の方から催行決定の連絡が入り、しかも添乗は自称「酔いどれ」の岡田 彩(あや)さんに決まったとのこと。 岡田 彩さんとはあの添乗員さんのこと。 今回は最高の旅行が出来そうだ。  ・・・・・この「酔いどれ」の冠にはいささか不満だが。

 1月19日、JTB-G&S主催、「南米最南端パタゴニアの魅力」と題して【アルゼンチン】特別説明会が港区麻布のアルゼンチン大使館で開かれた。 「マテ茶*」というアルゼンチンのお茶を頂いた後、 大使館のホルケ・オセラ公使から「アルゼンチンに多くの方が興味を持ってもらって、喜んでいる。 アルゼンチンは日本と長い間お付き合いをしている。 皆さんにアルゼンチンの文化、自然をもっと多く知ってもらいたい」とのご挨拶があった。
 現地手配会社の方からブエノスアイレス、バリローチェ、カラファテ、ウシュアイアなど観光地の状況、氷河と氷河トレッキング、アンデス越えなどの説明の他にチリのパイネ国立公園の状況もあわせて説明があった。 2月は丁度観光のベストシーズンに入っていると言うこと。 今回の旅は「タンゴ」と「大自然」を大いに楽しもうと思う。

 * マテ茶: 南米原産のイェルバマテ(yerba mate)の葉・小枝を煎り乾燥して粉砕し、成熟させたもの。 そのままのものをグリーンマテ、 ローストしたのをブラックマテと言う。  マテ茶の効用は、肥満防止・食欲増進・強壮作用があると言われている。
 写真はマテ茶を飲むカップと、金属のストロー(ボンビージャ)。 中南米ではこのカップに直接マテ茶葉を入れてボンビージャを入れ、お湯を注いで飲むらしい。 茶葉が口に入らないようにボンビージャの先に茶漉しのよう穴が開いている。
 普通に紅茶を飲むときのようにティーポットに人数分の茶葉を入れ、沸騰直後のお湯を入れて好みの濃さにし、 カップにそそいで飲んでもよいそうだ。 さらにティーバックに入ったマテ茶も売り出されているとの事。 アルゼンチン大使館ではティーカップにポットから入れたマティ茶を頂いた。

 スケジュール変更: 1月27日、JTB-G&Sから電話。 アルゼンチンからの国際線の乗り継ぎの関係で帰国日が一日遅くなると言う連絡が入る。 連絡を受けてから、アルゼンチン航空のスケジュールを調べたら、先週はあったはずのブエノスアイレス23:35発-マイアミ06:25着のAR1302便が無くなっていて、 次の日の02:10ブエノスアイレス発-マイアミ08:55着(AR1310便)に変わっている。 これではマイアミ08:55発ダラス行きのAA2241便には搭乗できない。 マイアミには一日滞在して、次の日のダラス行きのAA2241便に乗ることになったようだ。 マイアミの休日が増えたのは大歓迎。

 1月31日、パタゴニア17日間出発前説明会が開かれた。 原宿の駅から、広い表参道の緩やかな下り坂を東に800m、JTB-G&Sの説明会会場「けやき」へ。 説明会に出席したのは4名。 ・・・・・な、なんとツアー参加者は5名だそうだ。 今までで最小人数。 とてもファミリアな旅行になりそう。 これではJTB-G&Sは採算が取れないはず・・・など余計な心配をする。


 [ブエノスアイレス(Buenos Aires)]
 2月7日(火)  昨夜遅くから東京西部地方に雪。 予報は積雪2mm程度との事だったので、成田前泊をせず、早朝に車で空港に向かうことにしていた。
 3時50分、目覚めと共に窓の外を見ると、やばい! 一面真っ白な雪景色。 積雪は10cm程度になっているが、現在は小雨状態。 インターネットで交通情報を見ると、中央道は高井戸から長野までチェーン規制。 圏央道は速度制限だが、外環道もチェーン規制。 首都高、東関東自動車道は何も規制なし。 今後は急速に天気は回復の見込みとのこと。

 このような状況では、一般道を永福辺りまで走り、首都高に入るしかない。 そこで、車を一旦車庫から出して、近所を一回りしてみる。 降り積もった雪は車で絞まり、走行にはそれほど問題はない。 幹線道路では車が通った後はあまり積雪がないはず。 首都高に入るまでは徐行、渋滞は避けられないかもしれないと判断し、6時半出発の予定を2時間ほど繰り上げて、4時半に家を出る。 奥多摩街道、甲州街道を走り、永福のランプへ。 途中建物の北側の道路では少し凍結していたところがあったが、日中走るときよりも渋滞が少なく、6時前には首都高に乗ることが出来た。 結局成田空港第一ターミナルに到着したのは7時15分で、所要時間はいつもの走行とあまり変わらなかった。

アメリカン航空AA176便 B-777
 朝食をターミナルのレストランでゆったりと摂り、チェックインまで余裕を持って過ごす。 アメリカン航空AA176便は定刻に離陸、一路ダラスへ。 AA176便はB-777を使っており、エコノミークラスの座席配置は2-5-2列。 夫婦で窓側2座席となったので、全く他人に気遣いすることもない。

 ダラスには11時間ほどかかり、定刻より20分ほど早く到着。 ここで米国入国手続きをする。 左、右の人差し指を順にスキャナーの台に乗せる。 指紋を読み取っているらしい。 さらにカメラで顔写真を撮られて、入国完了。 ここでスーツケースを受け取り、ターミナルDからターミナルAへトラムで移動。 アメリカン航空国内線AA1614便(11:15発)でマイアミへ。 こちらもほぼ定刻通りの運行で2時間40分かかり、15時にはマイアミ空港に到着。 ここでもスーツケースをピックアップして、待ち合わせ時間を過ごすため、最終日に宿泊予定のマイアミ・インターナショナル・エアポート・ホテルへ。 ここの最上階のレストランで軽い食事をする。 だがここはアメリカだったことをすっかり忘れていた。 注文したサンドウィッチにオニオンスープ。 軽い食事のつもりが、我胃袋に収まる3倍ほどの量。 大量に残してしまった。

 マイアミ20:35分発アルゼンチン航空AR1311便でブエノスアイレスへ。 離陸して1時間ほどでアルゼンチン時刻0時。 ここで長い長い2月7日が終了。 本日は実に36時間の一日であった。

 2月8日(水) ブエノスアイレスのエセイサ国際空港にはほぼ定刻に到着。 成田空港を出て30時間15分で地球の裏側に着いた。 スーツケースを受け取り、空港内で両替をする。 両替はUS$からAR$(アルゼンチンペソ)へ。 1US$=2.75AR$。 2.75AR$=¥120なので、1AR$≒¥44。

 添乗員さんと現地ガイドさんを含めても7名の一行。 本日のみブエノスアイレスの観光。 小型のバス(乗客9人乗り)に乗ってブエノスアイレス市内へ高速道路を走る。 まずはブエノスアイレスの南にあるボカ地区のラ・プラタ川河口へ。 この辺りに移民が上陸し、ブエノスアイレスが出来て行ったそうだ。 また近くにはマラドーナの所属サッカーチーム「ボカ・ジュニアーズ」のホームグランドがあり、その競技場はこぢんまりとした規模から愛称「ボンボネラ(La Bombonera-ボンボンの小箱)」と呼ばれているとの事。 朝早すぎて、まだ人通りもまばらなのでここには後で来ることにして、ブエノスアイレス市内へ。

アルゼンチン ブエノスアイレス コロン劇場
 車窓からプエルト・マテーロ地区、レティーロ地区、レコータ地区、・・・地区、・・・地区と説明されるが、初めての街を狭いバスの窓から見たって頭に入るはずがない。

 7月9日大通りのコロン劇場のところでバスを降り、劇場正面に出る。 この劇場はミラノのスカラ座、パリのオペラ座と共に世界三大オペラ劇場と言われているもの。
 このコロン劇場は世界でもっとも音響効果の良い劇場の一つといわれ、ヨーロッパでのオペラがシーズンオフとなる5~11月には世界的に有名なオーケストラや音楽家がここを訪れ、公演を行う。 また、コロン劇場自体も国立オーケストラや国立バレエ団などを有しているそうだ。
 コロン劇場は当初、五月広場の一角にあったが、1880年代の移民増加を機に、現在の建物が新設された。 建設は約20年の歳月を経て1907年に完成。 1908年5月25日、ヴェルディのオペラ『アイーダ』でこけら落としとなり、 ルシアーノ・パバロッチ、マリア・カラスなど数々の有名オペラ歌手、有名オーケストラがここの舞台を踏んでいるという。
 中に入って見学をしたかったが、ガイドつきの見学ツアーに参加しなければならないとの事で叶わず。

 次に5月広場でバスを降りる。 この5月広場はブエノスアイレスの中心広場。 名前は、独立運動が始まるきっかけとなった「五月革命」(1810年5月25日)に由来している。 大統領府、カビルド(集会所)、大聖堂などの歴史的重要建築物に囲まれている。 大統領府正面にある、旗を持ち馬にまたがった勇士の像は、10ペソ札の肖像となっているマヌエル・ベルグラーノ将軍で、アルゼンチンの国旗は彼によって創られたそうだ。 広場中央には「五月のピラミッド(Piramide de Mayo)」と呼ばれる、五月革命1周年を記念して1811年に建てられた白い塔がある。

アルゼンチン ブエノスアイレス 大統領官邸
 まず、大統領府を広場のほうから見る。 この建物は別名「カサ・ロサーダ(Casa Rosada-バラ色の家)」と言われていて、 広場に面した方だけピンク色になっていて、側面、裏側はベージュ色になっている。 1862年から現在まで歴代大統領の行政の場としての役割を果たしてきた。 建物がバラ色に塗られた理由は、当時のサルミエント大統領が、国のまとまりの象徴として、時の2大政党、連邦主義派(Federales)と中央集権主義派(Unitarios)のイメージカラー(それぞれ赤と白)を合わせたバラ色を選んだことによるものだという。 このピンク色の建物は青いブエノスアイレスの空に映えて、独特の華やかさを持っている。

アルゼンチン ブエノスアイレス 大聖堂
 つぎに、この広場に面した大聖堂の中を見学。 1593年に原型となる聖堂がここに造られ、幾度かの建て直しの末、 現在の建物が1827年に完成した。 この大聖堂には、アルゼンチンを独立へと導いたサン・マルティン将軍の眠る霊廟が安置されており、 霊廟の周りは多くの観光客でごった返していた。 大聖堂入り口に並ぶ12本の円柱はイエス・キリストの12使徒を表現しており、その上壁にほどこされた彫刻は、エジプトの総督となったヨセフとその父ヤコブの対面という旧約聖書の一場面を表しているそうだ。 また、入り口向かって右側の壁に掲げられている「永遠の炎」はサン・マルティン将軍を記念して燃え続けているもの。

 中に入ると、ひんやりと静寂な空気が身を包み、広い会堂が天窓から差しこむ淡い光の中おごそかに浮かび上がる。
 ガイドさんの説明によればブエノスアイレスでは3人のマリア様が信仰されているそうで、 キリストの聖母のマリア様、アルゼンチンのマリア様、ブエノスアイレスのマリア様が居ると言う。 この聖堂の中の主祭壇には黄金色に輝く荘厳な「聖母ブエノスアイレス」が祀られており、祈りに来る人たちを優しく見下ろしていた。

アルゼンチン ブエノスアイレス ボカ地区
 ここからボカ(口という意味)地区に戻り、カミニートの小径を各自散策する。 今朝ほどの町の様子とは一変し、観光客でごった返している。 ここは一説に、アルゼンチンタンゴ発祥の地と言われており、ブエノスアイレス市の中心部から南に位置する旧港町。 一角には、タンゴ不朽の名作「カミニート(Caminito-小路の意)」に関連づけて画家キンケラ・マルティンが創作したという、カラフルな家々が建っている100mほどの小路があり、観光名所となっている。
 キンケラ・マルティンはボカ地区に育ち、ボカ港や労働者の生活の様子を力強い筆致、鮮やかで大胆な色遣いで描き続けた画家である。 このキンケラ・マルティンの影響もあり、毎週週末になると小路「カミニート」周辺には蚤の市がたち、地域の画家たちがそれぞれの作品持ってきて売り出していると言う。

 あちこちでタンゴの曲が流れ、踊り手に扮した人が観光客を相手にタンゴのポーズを取り、写真を撮らせたり、自作の絵を売っていたり。 残念ながらタンゴに関してはCDがあるくらいで、タンゴグッズは無い様なので、土産物店はいまいちの賑わい方。

 レティーロ地区に戻ってレストラン「パロラッキア・デ・ル・マール」で昼食。 この後フロリダ通りから少し入ったジョンソン・ハワードホテルにチェックイン。 今から19:45まで自由時間。 出発前から計画していたアルゼンチン国立美術館へ妻とTAさん、添乗員さんの4名で行く。
アルゼンチン ブエノスアイレス タンゴショー
 一階は西洋美術、二階はアルゼンチンの芸術家の作品を展示している。 まずは一階の西洋美術から。 一点だけ藤田嗣治の「机に向う自画像」の作品があった。 展示されている作品はティントレット、ハルス、エル・グレコ、ルーベンス、スルバラン、ティエポロ、ゴヤ、クールベ、ゴーギャン、コロー、モネ、マネ、ピサロ、ゴッホ、ドガ、シスレイ、ルノアール、モジリアーニ、ルオー、キリコ、シャガール、カンデンスキー、ピカソ、ポーロック等々。 大変なコレクションの数である。 残念ながら展示の順番が分からず、同じ作家の作品が分散して展示されていた。 聞く所によると「第一次世界大戦も第二次世界大戦にも参戦せず、有り余る食料を輸出して、かって財をなした国アルゼンチンの秘蔵名画」を展示しているとの事。

熱唱するビルヒニア・ルッケさん
 夕食はサン・テルモ地区の「エル・ビエホ・アルマセン」で。 食事の後、場所を劇場に移して、22時からタンゴショー。 タンゴ・バンド(オルケスタ)はピアノにベース、バンドネオン2名、ヴァイオリン2名の構成。

 この「エル・ビエホ・アルマセン(El Viejo Almacen)」はタンゴの踊りを見せてくれる店では老舗の方らしく、とても有名とか。 我々の席は舞台正面の一番前。 特等席のようだが、激しい踊りの時には汗と埃が飛んできそうな場所。 小さな舞台だが、典型的なタンゴショーでバンド演奏、歌、ダンスと、約2時間たっぷりとタンゴを満喫できた。 ソロシンガーとして日本に来たことのあるビルヒニア・ルッケ(Virginia Luque)さんが、歳を感じさせない元気で迫力のある歌声を聞かせてくれた。 最後にタンゴ不滅の名曲「ラ・クンパルシータ」の群舞でお開き。

 24時にショーが終わって、バスでホテルへ戻る。 今日も長い一日だった。 何もせずにベッドに横たわる。 横になって寝るのは7日の朝自宅で起床してから・・・ えーと、7日(24:00-3:50→20時間10分)、時差12時間、8日(24時間)の合計で、なんと56時間10分ぶり。 皆さんお疲れ様でした。


アルゼンチン ブエノスアイレス サン・マルティン広場
 [バリローチェ(San Carlos de Bariloche)]
 2月9日(木)  昨日は忙しくて、ホテルの周辺でさえ歩いていない。 朝食を早めに済ませ、一時間ほどサン・マルティン広場に散歩の出かける。
 この広場にはジャカランダの木が多く植えられており、10月頃ここを訪れたら紫色の花が一面に咲いていて、とても美しいのではと推測する。
 広場の南側に赤い花崗岩の台座にのった青銅製のサン・マルティン将軍の騎馬像が立っている。 昨日訪れた大聖堂の中に眠っていたあのサン・マルティン将軍で、 彼はアルゼンチンだけでなく、南米諸国独立のために戦った英雄で、「南米の父」と言われているそうだ。

 広場の北側には、リベルタドール通りを挟んでアルゼンチン空軍広場がある。 この広場は1982年4月のフォークランド紛争が起きる前までは英国広場と呼ばれていた所。 ここには高さ70mの英国塔が建っていて、塔の上の方に大時計が付いていて、30分ごとにロンドンのビッグベンと同じ音で時を告げる。 この塔はイギリスからの移民がアルゼンチン独立100周年の1916年にアルゼンチン共和国への忠誠の誓いをこめて建てたそうだ。 イギリスとのフォークランド紛争の時には標的にされて、かなり壊されたとか。

 さて、今日からいよいよパタゴニアに入る。 8:45にホテルを出て国内線のアエロパルケ空港へ。 10:45発、アルゼンチン航空AR1678便でバリローチェへ。 正式名称はサン・カルロス・デ・バリローチェと言う少し長い名前だが、一般にバリローチェと呼ばれている。 ここはパタゴニア地方の玄関口といわれるており、チリとの国境にあるナウェル・ウアピ国立公園の中にある。 飛行場に迎えに来てくれたのはガイドのベロニカさん。
 バリローチェの町はナウェル・ウアピ湖の南のほとりにあり、人口7万人の都市。 ブエノスアイレス市から南西に1,720kmの距離。 街の西にはカテドラル山(2,388m)をはじめ、オットー山など2,000~3,000m級の山々が連なり、「南米のスイス」と呼ばれるにふさわしい景観を有している。

アルゼンチン バリローチェ ジャオ・ジャオ・ホテル
 テニエンテ・カンデラリア空港からバリローチェの町まではおよそ15Km。 バスでナウェル・ウアピ湖畔のレストラン「ファミリア・ヴァイス」へ。 昼食後、バリローチェの町の西にあるジャオ・ジャオ半島を観光。 目指すはカンパナリオの丘(標高1,060m)。 頂上まで2人乗りリフトが運行されているのだが、あいにく故障で運行していない。 後ほどオットー山に登って展望することにして、ジャオ・ジャオ半島の観光を続ける。
 万年雪を頂く山々に紺碧の湖、アルゼンチンで最も高級と言われているジャオ・ジャオ・ホテル。 景色の素晴らしさ。 何処を見ても全て絵葉書になりそうな美しさ。 南緯41度、北半球では青森あたりであろうか。 北からの日差しを浴び、さわやかな風の中で高原の空気を堪能する。

 カンパナリオの丘には上がれなかったので、バリローチェの方に戻り、オットー山に向かう。 こちらは1407mあり、頂上に展望台がある。 4人乗りのゴンドラで頂上へ。 ゴンドラの中は夏の熱い日差しを受けて、とても暑かったが、山頂ではさわやかな風。
 眼下にナウェル・ウアピ湖とヴィクトリア島、ジャオ・ジャオ半島にバリローチェの町。 背後には真っ白に雪を頂いたトロナドール山(Tronador 3554m)、カテドラル山(Catedral 2388m)などが見える。 すでに午後6時を過ぎているのにまだ陽は高い。

 夕方7時過ぎにバリローチェのパン・アメリカーナ・ホテルにチェックイン。 夕食は21時から。 地ビールと美味しいステーキ(ミディアム)を頂く。 10時を過ぎるとようやく外も暗くなり、夜空を眺めると北東に月(月齢:12)、南南東に南十字星が見えた。

アルゼンチン バリローチェ マスカルディ湖
 2月10日(金)  本日はバリローチェの西南西にあるロス・アレルセスの滝と黒い氷河ベンティスケロ・ネグロの観光に出かける。
 バリローチェを出発して、南西におよそ10Km。 右手にグティアレス湖がしばらく続く。 さらに20Km走るとマスカルディ湖が右に見えてくる。 このあたりまでは舗装道路で快適なドライブであったが、マスカルディ湖の南東端から未舗装の山道に入って行く。
   このマスカルディ湖は最初のうちは紺碧の水の色であったが、山道を奥に進むにしたがって次第に緑がかった水の色になってくる。 湖の水源ははるか西のトロナドール山で、ここの氷河が山を下りながら岩を削り、解けた水には山肌の土や岩を巻き込み、マンソー川となってマスカルディ湖に流れ込む。 マンソー川は初めのあたりは土砂を巻き込んでいるので、茶色に濁っているが、次第に沈殿して水が綺麗になって美しい緑色になる。 さらに水の中には色々なミネラル成分を含んでいるので、太陽の光線のあたり具合で水の色は緑色、青白色、青色、紺碧などに変化する。 朝早く太陽光が低い位置から当たる時、マスカルディ湖は紺碧になり、昼頃の太陽が高い位置の時には緑色となっていた。

アルゼンチン バリローチェ マスカルディ湖とトロナドール山
 マスカルディ湖の南側をしばらく走る。 バスは上下に揺れて、埃を巻き上げながら進む。 バスの中では振動で、全身マッサージを受けているように揺れ、窓の僅かな隙間から埃が入ってくる。
   添乗員さんの話では、「日本からのツアーでこのロス・アレルセスの滝、黒い氷河ベンティスケロ・ネグロに入るのはおそらく初めてではないか」との事。 がたがた道を走っている最中、車内から景色のすばらしさに「おお・・」という声が上がると、運転手さんは車を停めてくれる。  美しいビューポイントで写真を撮るにも、すぐにはバスを降りられない。 ややしばらく埃がおさまるのを待ってからバスを降り写真を撮る。  十分に美しい景色楽しみ、 マスカルディ湖に別れを告げ、またしばらく振動マッサージを受け、10:40にロス・アレルセスの滝の入り口に到着。
 ここからしばらく山道を歩いて、ロス・アレルセス(Los Alerces)の滝へ。 2時間かけて、苦労して来たにしては普通の滝。 水の量が多く、時おり虹がかかる程度だが、感激はいまいち。 この滝に来るまでの景色の方がよほど良い。

アルゼンチン バリローチェ ベンティスケロ・ネグロ
 がたがた道をマスカルディ湖のところまで戻り、ここからマスカルディ湖に添って北西に入ってゆく。 途中からはマスカルディ湖に注ぐマンソー川に添って走る。 この川をさかのぼって行くと、水の色は次第に茶色になり濁ってくる。
 パンパ・リンダに到着して、ホステリア・パンパ・リンダで昼食をとる。 このホテルはトロナドール山登山の基地となるそうで、山の中に一軒家。 この後さらに山奥に入り、トロナドール山の麓の黒い氷河「ベンティスケロ・ネグロ(Ventisquero Negro)」に向う。

 これぞまさにトロナドール山から流れてきた黒い氷河。 黒くて岩の塊のようにしか見えない。 氷河が崩れ落ちて溶けている所は茶色の水溜りとなっている。 ここが先程のマンソー川の源のようだ。 トロナドール山の頂上付近には白くて美しく輝く氷河があるのに、山を削り、土や岩を巻き込んだ氷河は真っ黒になっている。 土や岩を削って巻き込んで、黒い筋が付いた氷河は見た事があるが、これほど真っ黒な氷河は初めて。 この黒い氷河と削られた山肌を見ると、地形の変化がまさにここで起きていることを実感できる。

 時おり遠くで「ドッドー」という音が聞こえ、山の岩壁で白い雪煙が上がる。 氷河が崩落しているらしい。 水溜りに黒い氷塊が浮いていたので、黒い氷河も崩落するはずだが、ここで見ている間には氷河の崩壊を見ることは出来なかった。


アンデス越え バリローチェからプエルト・モンへ
 [プエルト・モン(Puerto Montt)]
 2月11日(土) 今日はアンデス山脈を越えて、チリに向う。 7:15にホテルを出て、バスでナウェル・ウアピ湖のジャオ・ジャオ半島にあるプエルト・パニュエロ(プエルトとは港のこと)に向う。 この港は一昨日ジャオ・ジャオ半島を遠望したときに見えたあの最高級ホテル、ジャオ・ジャオ・ホテルのすぐそば。 ここで集まってきた他の客と一緒の国境越えのツアーに入る。

 8時出発の船に乗り、ナウェル・ウアピ湖の西の端にあるプエルト・ブレストに向う。 船の進行方向左手にカテドラル山や、昨日ベンティスケロ・ネグロの観光の時に山の麓まで行ったトロナドール山などが見え隠れする。
 山の湖はとても静かで、湖面に映る山陰はとても美しく、この素晴らしい景色をしばらく楽しむ。

 船内でこのツアー全体のガイドしているのは我ツアーのガイドのベロニカさん。 アルゼンチン観光局の中でも重要な地位に居る人らしい。

アルゼンチン ナウェル・ウアピ湖クルーズ
 プエルト・ブレストには9:25に到着。 ここで1時間半ほど自由時間。 小さな博物館でアンデスの地形や歴史などを学ぶ。 アルゼンチンとチリの国境線を引いたのはこの後に訪れる氷河に名を残したペリト・モレノだそうだ。
   ここから懐かしいボンネットバスに乗ってプエルト・アレグレへ。 11時に再び船に乗り換えて、小さなフリアス湖をクルーズ。 20分ほどでプエルト・フリアスに到着。 ここでアルゼンチンの出国審査。 ツアーの団体ごとに審査をしているらしく、なかなか順番が回ってこない。 どうやらツアーの乗客リストに不備があったようで我々の出国審査が終わったのは12:30を過ぎていた。

 ここからいよいよバスに乗ってアンデス山脈越え。 未舗装のがたがた道を少しの間登り、その後国境線を越えると下り坂。 砂埃を上げながら14時にペウジャに到着。 ここでチリの入国審査を受ける。 荷物のオープンチェックがあると聞かされていたが、サンプリング・チェックのようで、全員スーツケースのチェック無しで通過。 14:30ペウジャ・ホテルのレストランでやっと昼食にありつける。
 ここで三日間お世話になったガイドのベロニカさんとお別れ。 チリ側のガイドさんはサンドラさん。

チリ オソルノ山 (トドス・ロス・サントス湖クルーズ)
 ホテルのレストランから歩いて港へ。 ここで船に乗り、トドス・ロス・サントス湖を東の端から西の端にあるペトロウエまでクルーズ。 背後にはすっかりお馴染みになったトロナドール山、途中からは三角形のプンティアクド山(Puntiagudo 2493m)、最後には富士山にとてもよく似ているオソルノ山(Osorno 2661m)などの山々を楽しむことが出来た。 オソルノ山は別名チリ富士(きっと日本人が付けた名前)と呼ばれているらしく、 富士山よりも少し小ぶりだが、田子の浦辺りから見た富士山にそっくり。

 ペトロウエの港に着いたのはすでに19時を過ぎていた。 ここでオソルノ山がとても綺麗に見える絶景のポイント、ペトロウエの滝を観光。 滝を余り見ずに、山の写真に熱中。

 この後またまたバスに乗り、チリで一番大きな湖と言われているジャンキウエ湖の南を走り、プエルト・モンのホテル・クラブ・プレジデンテに到着したのは21:40。
 朝早くから夜遅くまでの一日がかりのアンデス山脈越え、国境越えの旅であった。 この旅は飛行機で簡単に移動するのとは違って、湖を三つ渡り、バスを四回も乗り換えて、途中の景色を存分に楽しむ意義ある移動であった。

チリ プエルト・モン イグレシア大聖堂
 2月12日(日)   プエルト・モンはロス・ラゴス州都で人口はおよそ17万人ほど。 19世紀中頃ヨーロッパ人、中でも多くのドイツ人がチリ南部へと移民してきたらしく、 プエルト・モン、チロエ島などの建物、風習などにその面影が残っている。

 本日の予定はアンヘルモ漁港、チロエ島教会群、サン・アントニオ要塞の観光。 8:30にホテルを出て、近くのアンヘルモ漁港へ。 本日は日曜日のためか、まだ早朝のためかあまり店が開いていない。 それでも開いている店には魚介類が山積みとなっており、市場の食堂ではカンカト(サ-モンにチ-ズとソーセージ、ハーブを挟んで焼いたもの)やエスパナーダ(アルゼンチン・ミートパイ)が売られていた。 お腹がすいていたら食欲をそそるであろうが、朝食後僅かしか経っていないので通り過ぎるだけ。 あまり見るべきものもなく、プエルト・モンの市内観光へ。
 ホテルのそばのアルマス広場でバスを降り、プエルト・モンで最も古い建物と言われているイグレシア大聖堂を見学。 この大聖堂は木造ではあるがドイツ人を思わせる、堅牢で素朴さを感じさせる建物。 この後市内を見渡せる高台に登りプエルト・モンの市街を眺めた後、南西およそ50Kmにあるパラグアの港へ。

チリ チロエ島 チャカオ アントニオ・デ・チャカオ教会
 パラグアからバスごとフェリーに載り、30分後にはチロエ島の玄関口チャカオの港に到着。 まずは港の近くに建つアントニオ・デ・チャカオ教会へ。 この教会は1710年に作られた木造のカトリック教会。 内部の調度品も素朴で落ち着いて中に居られる。 この教会は世界遺産に指定されていないとの事。 「世界遺産・チロエ島の教会群」を期待して、次のカウリンへ。

チリ 黒首白鳥
 カウリンでは海沿いのレストランで昼食。 ここの海岸には黒首白鳥(Black Neck Swan)が多数群がっていた。 首の付け根から頭までが真っ黒で、鼻の辺りに赤いこぶがある。 泳ぎ方、餌の取り方などは白鳥とほとんどかわらない。 パタゴニアは黒首白鳥の生息地だそうだ。

 レストランではウェルカム・ドリンクに「ピスコ・サワー」のサービスを受けた。 この後もチリに滞在中、何度かピスコ・サワーを頂いた。 この飲み物はチリではよく飲まれるものだそうで、食前酒としてとても美味しかった。 チリを離れる時、国境近くの売店でピスコ(700ml、US$5)を数本購入して持ち帰った。

 ピスコ・サワー(Pisco Sour): ピスコとはマスカット系のブドウで造ったリカー。 いわゆるぶどう酒を蒸留したもの。 そのピスコにレモンジュース、卵白、ガムシロップ(好みにより)を入れてシェイクして作る。 仕上げにシナモンをふりかけてピスコ・サワーの出来あがり。 割合はピスコ3:レモンジュース1くらいが美味しいらしい。 レモンジュースの割合を減らせば、限りなくドライなピスコ・サワーになる。 わが家では何度か試した後、ピスコ5:レモンジュース1になってしまった。 
 サワーと言っているが炭酸は使っていない。 レモンの酸味とシナモンの香りがマッチしたさわやかな飲み物。 ただし美味しいからといって、ゴクゴク飲むとあとがたいへん。 何しろピスコはアルコール度数が35パーセント以上もある強いお酒。

チリ チロエ島 カストロ サン・フランシスコ教会
 昼食の後、レストランの横にある古びた教会へ。 この教会の壁はチロエ島独特のウロコ壁。 ドイツあたりで見かけるウロコ屋根を屋根以外の壁にも応用したとか。 このチロエ島は風が強いので、壁も屋根と同じ材質、同じ構造にしたようだ。

 ここからチロエ島の最大の町(人口4万人ほど)カストロへ。 ここの入り江沿いにはカラフルな水上住宅が建っている。 漁師が船を家の中に取り込むように造った海に張り出した家。

 この後マーケットでしばらく自由時間の後、カストロの街の中央広場に面したサン・フランシスコ教会(世界遺産)へ。 木を見事に組み合わせて造った教会で、内部はとても広い。 ヨーロッパの石造りの教会に比べて、木の壁が暖かさを醸し出している。 この教会はチリの切手の図案に使われているそうだ。

 ここからチロエ島の北にあるアンクーの町へ。 ここでは16世紀に建設され、19世紀に改築されたスペイン最後の基地サン・アントニオ要塞を見学。 ここには沢山の砲台と白い記念碑が建っている。 この後アンクー博物館へ。 チロエ島民の暮しや歴史を展示してある。 この博物館のすぐそばにカテドラルがあるが、外見を見ただけ。 さらにフェリー発着のパラグアで小さな教会を外から見て、フェリーで本土へ。

 夕食はアンヘルモのレストランで。 ここでも食前酒にピスコ・サワーを頂いた。 夕食はチリの南部の名物料理の「クラント」。 これは家庭料理だそうだが、ムール貝、アサリ貝、ふじつぼ、豚肉・ 鶏肉、ソーセージにジャガイモ、ニンジンなどを入れて煮込んだものが、皿に山と盛られて出てきた。 スープは別に添えられて出てくる。 このスープは旨みが凝縮されて絶品。 悲しいことに普段から胃袋が小さいので、半分も食べられず。

 本日の観光はこのツアーでは数少ない世界遺産を巡ると期待していた。 チロエ島教会群:2000年に世界遺産に登録されてた教会14箇所、寺院2箇所の合計16箇所。 これらの教会はチロエ島に9箇所、周辺の島に7箇所と分散している。 従って全ての教会を観光出来るとは思っていない。 実際に観光で訪れたのはこのうちの一箇所、カストロのサン・フランシスコ教会のみ。 旅行会社のパンフレットに「このコースで訪れる世界遺産 チロエの教会群」と掲載されているにしてはお粗末。 教会群と言うからには複数の教会を訪れるべき。 さらにパンフレットにはこの日マーケットを訪れるとは記載されていない。 本来の観光をしてから、時間の余裕を見て、現地のマーケット、スーパーなどに寄るのは許せるが、観光をそっちのけにして無駄な時間をマーケットで過ごすのは許せない。 本日は多いに不満の残る一日であった。


 [プンタ・アレーナス(Punta Arenas)]
 2月13日(月) 7:40ホテルを出て、プエルト・モンのテプアル空港へ。 9:40発ラン・チリ航空LA081便でプンタ・アレーナスへ。 パタゴニア・チリの太平洋側は氷河によるフィヨルド海岸。 南に飛ぶ時は右窓側の席が良い。 途中雲の合間からサン・ラファエロ氷河を見ることが出来た。

チリ プンタ・アレーナス アルパカ
 プンタ・アレーナスの空港には11:40到着。 空港の建物を出ると、雲は低く垂れ込めて、風が強く、「これぞ地の果て、風のパタゴニア」を実感させてくれた。

 空港を出て、ガイドのヴァニアさんと昼食のレストラン「リオ・チャブンゴ」へ。 美味しい食事に、ワインのサービス。 さらに食後にはピスコのサービス。 このレストランの女将さんがさかんにピスコをサービスしてくれるのだが、言っている言葉はスペイン語でわからない。 それでも、両手を合わせて頬につけ、首を傾げるしぐさから「ピスコを飲んで、ゆっくりお寝んね」と言っているようである。 確かに粋のピスコは強い。 ぐい飲み程度の小さなグラスであったが、一杯だけで十分でした。

 このレストランではアルパカを飼っている。 アルパカとはラクダ科のリャマ(Llama)属の動物で、毛は長くて、柔らかく、高級な毛織物の材料となるそうだ。 目は真っ黒でまん丸、まつげが長く、とてもおとなしく、柔らかい毛は高級感あふれる感触であった。 南アメリカにはこのアルパカの他に同じ仲間として、リャマ、グアナコ などが居るそうだ。

チリ プンタ・アレーナス コンドル
チリ プンタ・アレーナス ニャンドゥ
チリ プンタ・アレーナス グアナコ

 昼食後、オトウェイ(Otway)湾のペンギン・営巣地へ。 バスは強風の吹くパンパ(大平原)をおよそ30分走る。 途中でパタゴニア地方に棲むコンドル、ニャンドゥ、グアナコなどに会う。

チリ プンタ・アレーナス ガウチョ
 コンドルは世界最大の猛禽類で、翼を左右に広げると3mを越すものもいる。 アンデスでは平地から海抜4,500mくらいまでの地域に棲む。 一方ペルーからアルゼンチンに至る各地の海岸地帯にも棲んでいて、断崖絶壁に巣を作っている。 今回出会ったコンドルはやや小さく、若いコンドルだったようだ。

 ニャンドゥは小型のダチョウで体長1mほど。 羽が退化して飛ぶことが出来ないかわりに時速60Kmくらいで走ることができる。 パタゴニア一帯に生息しているとの事。
 グアナコはラクダ科に属していているラマ、アルパカの仲間。 肉や皮や毛を取るために乱獲した結果、絶滅が危惧されているおり、現在ワシントン条約で保護されてる。

 バスでペンギン・営巣地に向っていると、平原の中を颯爽と駆けて行く「ガウチョ」に出会った。 「ガウチョ」(チリでは「シェパー」と言うそうだ)とは南米の伝統と誇りを持つ牧童のこと。 16世紀ごろから南米に牛が持ち込まれ、広大な草原パンパで野生化した牛を捕らえる危険な作業に携わったのが、馬術に長じた勇敢なガウチョたち。 南米では時に「ガウチョ」という言葉を「英雄」の意味を込めて使っていると言う。 何かに長けている男を指すこともある。 かつて牛を追って広大なパンパを移動していた時代には、ガウチョたちは常に大自然の危険と隣り合わせだった。 そんな中では勇猛果敢な男でなければ生き残れなかったそうだ。

チリ プンタ・アレーナス マゼラン・ペンギン
 ペンギン・営巣地に到着。曇り空で、風が強くなったので雨合羽を着込み、草原に設けられた散策道を進む。 ここはチリでもっとも有名なマゼラン・ペンギンの営巣地。 海岸線2Kmにわたり80ヘクタールが保護区に指定されている。

 強風に身体をこわばらせ、よろけそうになりながらおよそ20分ほど歩くと、草むらのあちこちにペンギンの姿が見られる。 ペンギンは地面に穴を掘って、ファミリーで暮らしているようだ。 子供たちは両親と同じくらいの大きさに成長しているが、ねずみ色の柔らかそうな毛が生えており、一目で子供と分かる。

 よちよち歩きしているマゼラン・ペンギンは、体長が70cmほど、体重は4Kgから5Kgある。  繁殖地は主にパタゴニアの大西洋岸および太平洋岸。 成鳥は5~8月は遠洋を移動しており、9~10月に繁殖地に戻り、10月に卵を2つ産む。 場所に対する忠誠度が高く、特定の家族が何年間も同じ場所に巣をもうける場合が多いと言われている。 この営巣地には1万羽のペンギンがいると言われているが、目にする数は意外に少ない。

チリ プンタ・アレーナス マゼラン像
 海岸の方に足を向けると、木の壁が設けてあり、所々観察用の穴が開いている。 穴から海岸の方を覗くと、漁から帰ってきたばかりのペンギンたちが毛づくろいをしている。 海岸から巣穴まで相当の距離なので、巣に戻る姿を見たくてしばらく待っていたが、毛づくろいが忙しいようで、なかなか巣に戻ろうとしない。

 プンタ・アレーナスの街に戻って市内を観光。 プンタ・アレーナスはマゼラン海峡に面した港湾都市で、マガリャネス州の州都。 プンタ・アレーナスとはスペイン語で「岬の先端」の意味とか。 この町は1849年、マゼラン海峡に対してチリの統治権を強める目的で建設され、1914年にパナマ運河が開通するまでは太平洋と大西洋を結ぶ交易船舶の燃料補給基地として栄えた。 現在は牧羊が盛んで、世界的に有名なウールの生産地。 さらに林業、漁業、観光業が住民の暮らしを支えている。

 クルスの丘からマゼラン海峡とプンタ・アレーナスの町を展望。 カラフルな町並みの向こうに貨物船が停泊していたり、航跡を描いたりしてる。 マゼラン海峡の向こう側に横たわるのはフェゴ島。 マゼランがここを訪れた時、原住民が暖を取るためにあちこちで火を燃やしていたとか。 これを見たマゼランが「火の島」(フェゴ)と名づけたそうだ。
 クルスの丘の一角に十字架が建っている。 この十字架には悲惨な影がつきまっとっている。 1925年のある日、 ある家の主人が一家を惨殺するという事件があり、 地区の人々は惨殺された家族の霊を慰めるためにこの丘の一角に十字架を建てた。 それ以来、高台はクルスの丘と呼ばれるようになった。 犯人はプンタ・アレーナスで最初に刑務所に入った男だとか。

 街の中心にあるホテル・カボ・デ・オルノスに早めにチェック・イン。 すぐそばにあるアルマス広場にはマゼランの像が建っており、マゼラン像の台座に腰をかけた原住民の族長の足先がぴかぴかに光っている。 この足先に触ると再びここに来れるとのこと。 再訪を祈ってしっかりと足に触ってきました。

 夕食は街のレストラン「ロス・ガナレロス」で。 ここでもピスコ・サワー。 ステーキの他に「かに」をいっぱいいただきました。


チリ パタゴニア風景
 [パイネ国立公園(Parque Nacional Torres del Paine)]
 2月14日(火)  9時にホテルを出て、バスでひたすら北へ。 本日はプンタ・アレーナスからプエルト・ナタレスを通って、パイネ国立公園までおよそ400Kmほど移動する。

 プンタ・アレーナスを出るとすぐにパンパが続き、道路は一直線に地平線に吸い込まれている。 時おり、草原の中にいるグアナコや羊の群れに出会うくらいで、雲が垂れ込め、風の強いパタゴニアの風景が続く。

チリ 焼肉(アサド)
 本日の昼食はエスタンシア(牛を放牧してる広い牧場)でアサド(焼肉)を頂くことになっている。 牧場に到着すると、既に焼肉が出来上がっていた。 大きな木を燃やした後の置き火を使って、解体した羊を凧のように広げ、時間をかけてじっくりと焼いたそうだ。 肉には炎が当たっていないので焦げていない。

 テーブルにはピスコ・サワー、青菜、ジャガイモなどが並べてあり、ナイフで切り取ってもらった焼きたての羊肉と一緒に頂く。 塩、胡椒だけで頂いたが、ジンギスカンよりも軽い感じ。 肉は遠赤外線で焼かれたようで、とても柔らかい。 ステーキのレアが嫌いな向きには少し苦手かも。

 食後はこの牧場で飼われているリャマとしばし戯れる。 牧場の方が投げ縄でリャマを捕まえてくれて、リャマと一緒に写真を撮ったり、柔らかい毛に触ったり。 しばし童心に帰って遊ぶ。

 車窓から風景を見ていて感じていたが、この辺りの木々は傾いている。 どの木も同じ方向に傾いている。 強い偏西風のため真っ直ぐ上に伸びることが出来ず、風下に偏ってしまったらしい。 まさに風のパタゴニア。

チリ ミロドンの洞窟
 昼食後、プエルト・ナタレスの海岸でしばし休憩。 この後プエルト・ナタレスから25Kmほど離れた「ミロドンの洞窟」へ。
 この洞窟は氷河と波の浸食と風によってできたもので、奥行きは100mぐらいと短いが、横幅は広い。  ミロドンとは、太古の昔にこのあたりに生息していたとされる恐竜の一種で、体長3メートルほどもある古代草食獣。 ナマケモノの先祖と言われており、恐竜のように長いしっぽがあり、首の長い熊のような動物。 洞窟の入口に等身大らしきミロドン像が立っていた。

チリ パイネ国立公園 サルミエント湖
 洞窟を見学後、チリ-アルゼンチン国境の町セロ・カスティージョを通り、いよいよパイネ国立公園へ。

 国立公園の入り口に到着したのは17:30。 国立公園の入園口は公園の東側にあり、ここから南西に下り、今夜のホテルに向う。

 車窓右手にはトーレス・デル・パイネの山々が、左手には真っ青な水のサルミエント湖。 トーレス・デル・パイネはパイネ国立公園を象徴する3本の岩峰。 南のシュー峰(2850m)、中央のセントラル峰(2800m)、北のノルテ峰(2600m)の3つの山が連なっている。 パイネの山々は氷河による荒削りの山。 湖は氷河により削られた山のミネラルがたっぷり入っているので色が濃くとても美しい。 間もなく右手にエメラルド・グリーンのフェオェ湖。 さらに大きくゆったりと流れるパイネ川の横を通る。

 およそ1時間半ほどがたがた道を走ってセラーノ川の川沿いに建つホテル・カバニャス・デル・パイネにチェックイン。 山の天気は不安定。 あれほど良かった天気がホテルに到着した頃、雨に変わる。 

チリ パイネ国立公園 グレイ氷河(左奥)とパイネ・グランデ(右)
てるてる坊主
 2月15日(水)  朝からどんよりと厚い雲がかかり、昨日見えていたグランド・パイネも雲の中。 バスで出発する頃には小雨も降り出し、本日の観光、ハイキングが・・・・。 海外の旅行では初めて、レイン・コートを着込んでバスに乗る。
 ホテルを8:30に出て、北西の方向、グレイ湖の南、グレイ湖畔に向う。 晴れ男、晴れ女ばかりが集まったツアーでも山の天気は如何ともならず。 添乗員さんが作ってきてくれたてるてる坊主をバスの中にぶら下げ、皆で「今日の天気よくなーれ」とお願いする。

 9:30パイネ湖畔に到着。 天気は小雨、時々晴れ間。 ここからピンゴ川に架かっている吊り橋(人数制限6名)を渡り、丘を越え、グレイ氷河が自然に創った堤のような小石の堆積路を歩き、グレイ氷河が良く見える展望台へ。 グレイ湖には青い氷塊が幾つか浮かんでいる。 これはグレイ氷河の氷が崩落したもの。

 グレイ湖の北側奥にグレイ氷河が見える。 グレイ氷河は幅が5Km、奥行きが40Kmあり、パイネ国立公園を代表する氷河。 溶けた水はグレイ湖に流れ出し、グレイ川からセラノ川を通ってトーロ湖に流れ込んでいる。

 時おり雲の切れ間から太陽が照り、氷河やパイネの山々の雪を白く輝かせる。 この光景は快晴の時よりも美しく感動的。 およそ50分かけて砂利道を通り、展望台に到着。 ここからは北北東にグレイ氷河、北にパイネ・グランデに連峰(最高峰3,050m)が良く見える。

 来た道を引き返す頃になると、風が強くなり、グレイ湖に白波がたっている。 雨も降り出し、早々に駐車場の車の中に引き上げる。

 昼食はグレイ湖畔にある「ホステリア・ラゴ・グレイ(グレイ湖ホテル)」で。 このホテルのレストランはグレイ氷河、グレイ湖、パイネ・グランデなどの展望がとても良い。 JTB-G&Sの利用予定ホテルリストの中に入っているので、運がよければこのホテルに宿泊できるかも。

チリ パイネ国立公園 左からパイネ・グランデ、クエルモ・プリンシパル、クエルモ・エステ、アルミランテ・ニエトの山々


 午後はバスでトーロ湖まで戻り、昨日来たパイネ川を北上して、フェオェ湖の東を通り、サルト・グランデの滝へ。 滝から少し離れた駐車場で車を降り、ここで1時間ほどハイキング。 ノルデンスクロ湖の向こうにパイネ・グランデ(3050m)、クエルモ・プリンシパル(2600m)、クエルモ・エステ(2200m)、アルミランテ・ニエト(2640m)などパイネのの山々が一望できる。 午前中に訪れたグレイ氷河はパイネ・グランデの西(写真で左側)、今夜の宿はアルミランテ・ニエトの東(写真で右側)にある。

チリ パイネ国立公園 サルト・グランデ
 サルト・グランデ は日本語に訳せば「大滝」の意味。 水はノルデンスクロ湖からフェオェ湖へ流れ落ちる。 落差はあまりないが水量の豊富な滝。

 ここから今夜のホテル「オステリア・ラス・トーレス」に向う。 しばらく北東に走った後、バスを乗り換える。 今まで乗ってきたのはマイクロバス(5人のツアーだから)だが、ここからはさらに小さいミニバンに乗ることに。 この先のパイネ川の橋の幅が狭いため、マイクロバスは通れないらしい。
 パイネ川の所でまた驚き。 前日に降った雨の影響で、橋の前後の道路は冠水していて見えない。 日本でなら「通行止め」と言ったところだろうが、運転手は気にしない。 途中でエンジンが止まると排気孔から水が入ってきて、車は全く動かなくなるはず。 車輪の半分以上も水につかりながら橋にたどり着き、水をかぶっている橋の上を無事通り抜ける。

 ホテル「オステリア・ラス・トーレス」はアルミランテ・ニエト山の東の麓にある。 アルミランテ・ニエト山の北西にはトーレス・デル・パイネ(パイネの3つの岩峰)がある。 このホテルはパイネ国立公園の中でも高級で、一応5つ星だが、田舎なのでそれなりのホテルであった。


チリ パイネ国立公園 オステリア・ラス・トーレス
 [エル・カラファテ(El Calafate)]
 2月16日(木)  山の朝は涼しい。 朝食のレストランに行くのにセーターを一枚着込んで出かける。 ホテルの前の小高い丘に登ると、ホテルの背後にあるアルミランテ・ニエト山に丁度朝日が当っていて、とても美しい

 9時にホテルを出て、ミニバンでパイネ川の所まで戻る。 昨日よりも少し水は引いた感じだが、まだ道路は冠水したまま。 パイネ川の橋を渡って、昨日まで乗ってきたマイクロバスに乗換え、パイネ国立公園を出て、チリ-アルゼンチン国境の町セロ・カスティージョには10:40に到着。
 国境近くの売店でチリ最後の買い物。 チリではほとんど毎日のように飲んでいたピスコサワー。 ガイドさんに聞いたらピスコの大瓶(700ml)があるとのこと。 近くの店まで探してもらって数本購入。 これで帰宅してからもピスコサワーを作り、チリの味を楽しめる。 何日間持つかは不明。

アルゼンチン マテ茶を飲むガイドのラミロさん
 昼食は国境のすぐそばのエスタンシアで。 ここは以前牧場主の家だったそうだが、現在ホテルとして使われている。

 この後チリの出国手続きを済ませ、国境の緩衝地帯を抜けて、アルゼンチンの入国手続き。 アルゼンチン側のガイドさんはラミロさん。 髭面だが、いつもニコニコ陽気なガイドさん。 国境からエル・カラファテの街までおよそ100Km。 このガイドさん、手荷物の中からひょうたんをくりぬいたマテ茶の容器と金属のストロー(ボンビージャ)、マテ茶、ポットに入ったお湯を取り出し、マテ茶の作り方を説明しながら、皆にマテ茶をご馳走してくれた。
 まず、容器にまた茶葉を70%くらい入れ、茶葉を湿らす程度にお湯を注ぐ。 次にボンビージャを容器の底まで挿入し、さらにお湯を加える。 飲むときにはボンビージャを動かしてはいけないとのこと。
 お茶を入れたガイドさんがまず最初のマテ茶を飲む。 次にお湯を加え、運転手さんが(運転をしているままで)飲む。 その後我々が順次頂く。 いわゆる同じ容器、同じボンビージャを使った回しのみ。 友情の証としてボンビージャは拭かないことが原則らしい。

アルゼンチン エル・カラファテ カラファテの木
 しばらく走って、アルヘンティーナ湖とサンタクルス川を見渡せる丘で休憩。 太古の昔、西にあるアンデス山脈の氷河が大地を削って出来た大きな湖。 後日訪れるウプサラ氷河、スペガッツィーニ氷河、ペリト・モレノ氷河はすべてこのアルヘンティーナ湖とつながっている。

 夕方、エル・カラファテのホテル・コステン・アイクにチェックイン。 夕食のためにエル・カラファテに西、アルヘンティーナ湖畔のエスタンシアへ。
アルゼンチン エル・カラファテ 南十字星
 ここで牧羊犬のショー、野鳥保護園の散策をする。 この野鳥保護園にはカラファテの木が植えてあり、黒ずんだ実がついていた。 カラファテはとげの多い低い木で、この木の実を食べた人は再びパタゴニアへ戻ってくるという言い伝えがあるらしい。 これは渡り鳥が好んでカラファテの実を食べるから・・・ 本当かな。 とりあえず、顔をしかめながら数粒口にしておく。

 この後羊の毛刈りショーを見学して、夕食はバーベキュー。 アルゼンチン人、欧米人と一緒の食事。 大皿に盛られた大きな塊の牛肉と食べきれないほどの量のサラダに苦戦。

 南米は現在夏。 日暮れも遅いが、星の出るのも遅い。 22時頃になってようやく明るい星が出てくる。 エル・カラファテのホテルの部屋は幸い南向き。 22:20頃になってようやく南の空に南十字星が姿を見せた。 南十字星を見るのは一昨年の秋、ケープタウン以来。 今回はカメラを三脚にセットし、窓を開け放って、20枚ほど撮影条件をかえて写真を撮る。
 夏のため夜空が明るいので、南十字星のそばにある天の川は残念ながら写らなかった。

 2月17日(金)  本日はロス・グラシアレス国立公園(1981年世界遺産登録)の中の氷河観光。 ロス・グラシアレスとは氷河の意味だそうで、まさに氷河国立公園に行くことになる。

アルゼンチン ロス・グラシアレス国立公園 氷塊
 ロス・グラシアレス国立公園には、ヴィエドマ湖に流れ込むヴィエドマ氷河、アルヘンティーナ湖に流れ込んでいるウプサラ氷河、アガシス氷河、オネージ氷河、スペガッツィーニ氷河、マヨ氷河、ペリト・モレノ氷河など数多くの大きな氷河がある。 本日は船の上からウプサラ氷河、スペガッツィーニ氷河を、さらにオネージ水道に入り、上陸してアガシス氷河、オネージ氷河を見に行く。

 7:30にホテルを出て、エル・カラファテの西、アルヘンティーナ湖のプンタ・バンデーラ(バンデーラ港)に向う。 ここでアルヘンティーナ湖クルーズの双胴船に乗り、他のお客さんと一緒の混載ツアーに参加。 

 港を出てしばらく北へ。 ノルテ水道をしばらく北西に進み、その後左に曲がりスペガッツィー水道を南西に入ってゆく。 この辺りに来ると高さ5mくらい、長さ(幅)15mくらいもある氷塊が湖の上のあちこちに浮かんでいる。 見えている氷の塊は正に氷山の一角。 この下に10倍ほどの氷が隠れていると考えたら、かなり大きな氷河の崩落により出来た氷塊になる。 最も湖が深くて、氷塊が完全に浮いていればのことだが。

アルゼンチン ロス・グラシアレス国立公園 スペガッツィーニ氷河
 船は氷河がアルヘンティーナ湖にせり出して、その先端が湖に接触しているスペガッツィーニ氷河の近くまで寄っていく。 スペガッツィーニとはパタゴニアの南部を舞台に研究活動をしていた植物学者カルロス・スペガッツィーニのことだそうだ。

 この氷河は奥行き25Km、先端の幅は1.5Km、高さ80~135mで傾斜は緩やか。 地球温暖化で後退傾向にある氷河の中では比較的後退が少ない氷河だそうだ。
 山の上から湖に向って降りてくる氷河の表面は比較的滑らかだが、湖に近づくに従って、氷河の表面(上面)は凹凸が激しい。 氷河に水が浸透しているためであろうが、見た目には氷河が崩落の準備をしているようにも見える。

氷河の氷で乾杯
 スペガッツィーニ氷河を離れてオネージ水道に向う。 船の中では混載ツアー故に、スペイン語、英語、日本語のアナウンスで解説してくれている。 もちろん日本語の解説は我々の添乗員さんがマイクを持っている。 ただし日本人乗客は添乗員さんを含めて6人だけ。

 オネージ水道に向う途中で、氷河の氷で作った「オン・ザ・ロック」のサービスを受ける。 船の乗務員が湖に浮かんでいる氷塊をとり、この氷で作ったもので、JTB-G&S社からの贈り物。 氷はしっかりしていてなかなか溶けない。 さすがに氷河の氷。 旅行社に感謝しながら頂く。

 船はオネージ水道に入ろうとしたが、大きな氷塊が邪魔をしていて入れない。 この氷塊は2日前にウプサラ氷河で大きな崩落があったそうで、この辺りに漂っているもの。 急遽、予定を変更したらしく、そのウプサラ氷河へ船は向う。

アルゼンチン ロス・グラシアレス国立公園 ウプサラ氷河 遠方から
 ウプサラ氷河は奥行き60Km、先端の幅6Km、高さ60~80mで、このロス・グラシアレス国立公園の中では最大の氷河だそうだ。

 あいにく、ここも2日前の氷河大崩壊のため、大きな氷塊が浮かんでいて、船はウプサラ氷河に近づけない。 気を取り直して、再びオネージ水道に向う。 オネージ水道の入り口にあった大きな氷塊が移動したらしく、無事オネージ水道の奥までたどり着くことが出来た。 このオネージ水道は袋小路。 再び入り口を氷塊に塞がれたらどうするのだろうと言う不安を残して。

 ここで上陸して、レストランで昼食。 スパゲティを注文したら、蒸したうどんのような、固まったスパゲティ・ミートソースが出てきた。 我慢して胃袋の中に押し込む。
 昼食後、森の中を約800mほど歩いて内陸に入っていくとオネージ湖に出る。 ここからはアガシス氷河、ボラド氷河、オネージ氷河がオネージ湖に流れ出している様子が見える。 湖上の色々な形をした小さな氷塊はこの氷河が崩落したものらしい。

アルゼンチン ロス・グラシアレス国立公園 ウプサラ氷河に接近
 14時に再び乗船して、再度ウプサラ氷河に向う。 今度は3時間前にあった大きな氷塊が動いていたらしく、氷河の大きな壁のそばまで近づくことが出来た。 それにしてもアルヘンティーノ湖はあまり水の流れを感じさせないが、氷塊は良く動いているようだ。

 クルーズ船は、氷塊に閉じ込められることも、氷塊にぶつかることもなく無事プンタ・バンデーラ港に戻ってきた。

アルゼンチン ロス・グラシアレス国立公園 ペリト・モレノ氷河
 2月18日(土)  本日はこの旅行の最大のハイライト、ペリト・モレノ氷河の観光。 氷河、崩落といえばこのペリト・モレノ氷河の映像がテレビジョンで良く紹介されてきた。 「何時の日か、自分の目で見てみたい」と描いていた夢が今日実現する。
 映像では展望台があったようだが、全体を見るには何処が良いのだろうか。 見ている間に崩落はあるだろうか。 様々な期待に胸膨らませ、バスでエル・カラファテの西、マガジャネス半島の南を走り、アルヘンティーナ湖のリコ水道に向う。

 地球温暖化で氷河は後退しているのが一般だそうだが、このペリト・モレノ氷河は活発に動いている。 現在氷河は大きくせり出してきて、マガジャネス半島に載り上げた形になっている。 アルヘンティーナ湖のリコ水道とロス・テンパノス水道は氷河でせき止められ、リコ水道側の水位が6mも上昇していて、氷河の大崩落は時間の問題だそうだ。
 今日にも大崩落が起きるかもしれないなどと期待していたのだが・・・・・・。   JTB-G&S社の龍谷さんのパタゴニア添乗報告では、この日より3週間後 「水圧に耐えきれなくなった氷河は大音響と共に、3月12日、『大崩落』を起こした」とのこと。  オシカッタ

 マガジャネス半島から船でリコ水道を渡り、対岸のペリト・モレノ氷河のそばに上陸。 ここのロッジに荷物を置き、ここから氷河上のトレッキングを楽しむ。
 集まった観光客はスペイン語と英語の組に別けられ、それぞれに山岳ガイドさん3名がつく。 我々は英語組の混載ツアーに入る。 ガイドさんからトレッキングの注意を受けた後、それぞれ靴にアイゼンを付けて貰って氷河の上へ。

 まず第一歩、しっかりとアイゼンが氷を捉えて安定して氷上を歩くことが出来る。 氷河上のコースはガイドさんが状況を判断しながら決めているようで、リーダーのガイドさんの後に続いて歩いてゆく。 補助に当たっているガイドさんは危険そうな場所に先回りして、安全を確保してくれている。 先回りして動く姿は牧羊犬のようにすばやく、頼もしい。

 氷の断面は青く美しい。 山に降った雪が積もり重なって圧縮され、空気が追い出され、さらに密度が上ったためにこのように青くなるのだそうだ。 途中で氷に出来た大きな穴を覗く。 ここも中は青く、下の方は見えない。 「この穴は地球の裏側まで続いていて、中国まで通じている」そうだ。 冗談。

 
ペリト・モレノ氷河 崩落後
ペリト・モレノ氷河 崩落前
 時おり小さなクレバスにさしかかる。 補助のガイドさんが二人でしっかりとクレバスを飛び越えるように援助してくれる。

 およそ1時間半の間氷上トレッキングを楽しんだ後、氷河の氷で作ったオン・ザ・ロックを頂く。 運動の後のオン・ザ・ロックは美味しいかったが、残念ながら氷河の氷を砕きすぎていて、これではオン・ザ・ロックではなく、ぶっかき氷にウイスキーを入れたものであった。 本当は数百年かかって出来た氷が時折小さな音を立てて溶け出す音を、この静かな氷河の上で聞きたかったのだが。

 氷河の小さな崩落はしょっちゅう起きている。 トレッキングが終わってロッジに向う時、「ドドーン」という音と共に氷河の壁がくずれた。 ここはトレッキングの前に崩落しそうな所として注目していた場所。

 ロッジでの昼食はピクニック・ランチ。 エル・カラファテのホテルで作ってもらったお弁当だそうだが、添乗員さんが用意してくれた即席めん(うどん)の方が暖かくて、美味しかった。  添乗員さんはポット2本にお湯を用意してきたようだが、少人数のツアー故のサービスか。

アルゼンチン ロス・グラシアレス国立公園 ペリト・モレノ氷河 [左端で氷河は手前マガジャネス半島に乗り上げている]

 午後からは再び船でリコ水道を渡り、マガジャネス半島にもどって、ペリト・モレノ氷河を正面から見る展望台へ。 ペリト・モレノ氷河は奥行き30Km、先端の幅は4Km、高さ30~60mと昨日のウプサラ氷河に比べたら小規模だが、氷河の中央部では1日平均2mほど、両端では40cmほどアルヘンティーナ湖にせり出して、時折氷壁が轟音とともに崩落する。 正面から見ると、左端でせり出してきた氷河がマガジャネス半島に載り上げている様子がわかる。

 ここには氷河を広範囲に見渡せる上の展望台の他に遊歩道を伝って下の方に4つの展望台があり、氷河の壁を真近に見ることが出来る。 多くの人が手すりにもたれて崩落の瞬間を待っている。 時折「ドドーン」。 静寂を破り、空気を揺るがす轟音が聞こえてくる。 そちらの方にすぐ目を向けても既に遅し。 氷塊は水を揺らしているだけ。 

 一時間半ほど氷河を見つめていて、「1度でもこの目で」と集合時間ぎりぎりまで粘ったが残念ながら大きな崩落には遭遇できず。 「一昨日カラファテの実を食べたので、またこの地に来る機会があるかも」と今回はあきらめる。


 [ウシュアイア(Ushuaia)]
 2月19日(日)  今日は昼の飛行機で世界最南端の町「ウシュアイア」へ行く。 午前中はのんびりエル・カラファテの街中を散策するつもりでいたら、旅行社の方で新たな予定を入れたらしく8時半にホテルを出発。 午前中の観光は旅行社からの特別サービス。

 まずエル・カラファテの西側のアルヘンティーナ湖畔ロンド・ベイに行く。 この湖は冬には凍り付いてしまうが、夏場には野鳥の楽園となるそうだ。 サザン・ラップウイング、フラミンゴ、スペクタクル・ダック、黒首白鳥や色々なグースなどがあちこちに見られた。

 次にエル・カラファテの東側にあるワリチェの洞窟(ワリチョス・ケーブ)へ。 ここは15世紀頃まで狩猟民族ワリチェ族が住んでいた所で、グアナコの毛皮で作られた家がある。 またすぐ近くには4000~7000年前に岩に描かれた壁画(レプリカも含む)がある。 グアナコ、ピューマ、人々の生活の様子、グアナコが子供を産む周期を描いた壁画など。 この他にこの洞窟にはすすの跡があり、台所として、またコニュニティとしてこの場所を100人くらいの人々が使っていたのではないかと言われている。

アルゼンチン ウシュアイア ビーグル水道
 12:33発アルゼンチン航空AR2892便でウシュアイアへ。 およそ一時間余りでウシュアイアに到着。 世界最南端の町で、南極行きの船はこの町の港から出航する。 本日は「天気が良く、波穏やか」と言う事で、予定変更。 明日の日程と取り替えて、今日「ビーグル水道クルーズ」をする事に。

 ビーグルとは船の名前。 動物学者ダーウィンが1831年から1836年にかけてビーグル号で世界一周をした時にここを通ったという。 ビーグル水道は大西洋と太平洋をつなぐ海峡で、距離はおよそ320Km、幅はウシュアイア辺りで10Kmくらい。 北はアルゼンチンのフェゴ島、南にはチリのナバリノ島があり国境でもある。

 ウシュアイアの港の桟橋には出航待ちの双胴船が並んでる。 晴天で穏やかな風。 願ってもないクルーズ日和。 14:30に観光客を乗せた双胴船は出航。 停泊しているノルウェーの大きなクルーズ船の横をゆっくりと通り、湾内を東に進みビーグル水道に出る。  海上には水鳥が飛び交い、はるか彼方には氷河と残雪の山々、麓には色鮮やかな街並みが広がる。 とても明るくて、「世界の果て」と言うイメージはしない。

アルゼンチン ウシュアイア 世界の果て博物館
 およそ45分ほど東に進み、赤と白のエクレルール灯台の所で折り返し、オタリアの島、海鵜の島の前をゆっくり航行する。 オタリアとはアシカ科アシカ亜科に属する海棲哺乳類。 雄の成体は体長2.6m程度、体重300Kg程度。 雌は雄よりも小さく、体長は1.8~2m程度、体重は雄の約半分の150Kg程度だそうだ。 雄一頭に十頭ほどの雌がついてハーレムを形成しているとのこと。 岩礁の上でオタリアはほとんど動かなかった。

 さらに進むと、岩礁を埋め尽くす鳥の群れ。 遠目にはペンギンのように見えるが、羽で飛んでいる。 海鵜の群れだそうで、これほどの数の集団をかつて見たことがなかった。 およそ2時間半ののんびりしたクルーズであった。

 船を降りて、港から徒歩で「世界の果て博物館」へ。 この博物館はビーグル水道に面した道路沿いに建っており、元はマヌエル・バルデス大統領の個人邸宅として建てられたもの。 国立銀行の支店に利用されたこともあるそうで、世界の果て博物館という名で開館したのは1979年5月。

 館内にはパタゴニア先住民たちの生活用具や文化資料をはじめ、ウシュアイアに刑務所があった頃の歴史、コンドルやマゼランガン、グースなど鳥類の剥製、ウシュアイア沖で沈没したモンテ・セルバンテス号の遺品などが展示されていた。

 パタゴニア最後の夜はウシュアイアの丘の中腹にある町一番の豪華な五つ星ホテル「ラス・アヤス」。 部屋の窓からはビーグル水道が見渡せる。 さらに夕食にはタラバ蟹の一種、ウシュアイア名物「キング・クラブ」を頂く。

アルゼンチン ウシュアイア 世界の果て号
 2月20日(月)  パタゴニア最後の観光はティエラ・デル・フエゴ国立公園。 ウシュアイアから西へおよそ12kmのところに有り、チリとの国境をなしてる。 この国立公園は1960年に指定され、アルゼンチンでは唯一の海岸線に面した国立公園。

 まずウシュアイアからバスで西に8km、ここには観光列車が発着する鉄道駅がある。 木造のきれいな小さな駅には暖かいストーブのあるバールがあり、駅舎内ではオルケスタがタンゴを演奏して観光客を楽しませてくれる。 小生のリクエスト「エル・チョクロ(El Choclo)」も快く演奏してくれた。

 ここからティエラ・デル・フエゴ国立公園に向かって観光列車に乗る。 この列車は「世界の果て号(トレン・デル・フィン・デル・ムンド)」と名づけられており、狭軌で、蒸気機関車がおよそ10両ほどの客車を引く。 客車1両には10人ほどしか乗れない。 運行スケジュールは途中2度ほど駅に停まり、付近を散策できるように設定されている。

 沿線はウシュアイアに送り込まれた囚人たちが木材を切り出した跡の切り株が残る草原。 時折、野ウサギ、キツネなどが現れ、車窓からの観光を楽しませてくれる。 のんびりと一時間程すごした後、終点の駅で下車。

 ティエラ・デル・フエゴ国立公園に入る。 スペイン語でティエラとは「大地」、フェゴとは「火」の意味で、ここは「火の大地国立公園」と言うことになる。 マゼランがこの地を訪れた時、原住民があちこちで火を焚いていたため、フェゴ島(火の島)と名づけたとか。

アルゼンチン ティエラ・デル・フエゴ国立公園 国道3号線終点
 バスでラパタイア湾に向う途中、ビーバーの造ったダムと巣があった。 小枝を重ねて、かなり大きなダムを造っており、せき止めた川の中にこちらも小枝を組み合わせた巣を造っている。 巣の入り口は水中だとか。

 草むらには野ウサギがちょこまかと忙しそうに走り回っている。 公園内にはおよそ30万匹ほどの野ウサギが棲息しているらしい。 1950年頃、家畜として、あるいは狩猟用として持ち込まれ、数が増えたもの。 羊が野ウサギの巣穴に足を突っ込んで骨折する被害が相次いだので、撲滅を狙ってキツネを放ったそうだが、今度はキツネが羊まで食い荒らしたので作戦は失敗したとか。

 ラパタイア湾の所にはパン・アメリカン・ハイウェイの終着地点の看板がある。 看板には「ティエラ・デル・フエゴ国立公園 ラパタイア湾 アルゼンチン共和国 国道3号線の終点 ブエノスアイレスから3,063Km アラスカから17,848Km」と記されている。 正に地の果てに立っているのだと実感。

 国立公園を一歩出たところのレストランで昼食をとり、ウシュアイアの空港へ。 14:23発アルゼンチン航空AR2892便でブエノスアイレスへ。 18時にブエノスアイレスのエセイサ国際空港に到着後、空港近くのホテル・ポサダで休憩。

 さすがに南米は夏。 ブエノスアイレスは蒸し暑い。 クーラーを効かしたホテルの部屋でシャワーを浴び、夕食に「幕の内弁当」を頂き、目覚まし時計をかけて3時間ほどベッドの上で仮眠。

 真夜中にエセイサ国際空港に戻り、2:10発アルゼンチン航空AR1310便でマイアミへ。 本日は長い一日でした。


 [マイアミ(Miami)]
 2月21日(火)  飛行時間は8時間45分でマイアミに。 4時間ほど眠れただろうか。 マイアミ国際空港にはほぼ定刻に着陸。 この着陸の時、何時もとは違ったことが起きた。 着陸してランディングが始まると誰からともなく拍手が始まり、機内全体に拍手をは広まる。 「無事着陸したことへの感謝」か、「異国に到着したことへの喜び」か。 以前にも友人からアルゼンチン人は飛行機が着陸したら拍手をすると聞かされていたが現実のようだ。

アメリカ マイアミ エバーグレーズ国立公園 エアーボート
 マイアミ空港での入国は大変。 パスポートコントロールでは例によって右人指し指、左人指し指の順に指紋を採り、顔写真を撮る。 ここを通過するのに1時間半ほどかかった。 このままダラスまでの国内線に乗り継ぐにはよほど乗り継ぎに時間の余裕を持っていないと遅れてしまう。

 このツアーではマイアミに一泊することになったので、余裕を持って入国を済ませる。 この後マイアミ国際空港内のマイアミ・インターナショナル・エアポート・ホテルに荷物を預けて、マイアミの観光に出かける。

 向った先はマイアミ国際空港から西に25Kmほど、エバーグレーズ国立公園(1979年世界遺産登録)の北側のゲーターパーク。 公園内には様々な野鳥、アリゲーター、クロコダイル、イグアナなどが湿原の中で生息している。

 船尾に大きな扇風機のような羽を付けたエアーボートに乗る。 キャプテンは髭もじゃで濁声(サッチモのような声)の陽気なおじさん。 独特の声を発して、小鳥を呼び寄せ、自分の肩に止まらせる。 船着場から水路を静かに進むとアリゲーター(鼻の先が丸いワニ)が目から上を水上に出してこちらを見ている。 樹上ではイグアナがお昼寝中。

 この後エアーボートは轟音を出して湿原を疾走する。 風の心地よいこと。 普通の船と違う所はエアーボートの船底は平らなので、疾走していてカーブを切ると船が横になったまま進むこと。 船にはスクリューが無いので、葦の生えている湿原の上でもかまわず疾走する。 およそ30分間のエアーボート・ライドであったが楽しいひと時であった。

 昼食は公園内でホットドッグ。 先日のマイアミでの食事を反省して、一食分を二人で分けて食べる。 これで丁度良い。

 この後マイアミ・インターナショナル・エアポート・ホテルにチェック・イン。 夕食は空港の南の方の和食レストラン「Matsuri」で。 日本酒、寿司、味噌汁・・・。 間もなく日本に帰るのに。 でも落ち着くものだ。


 2月22日(水)  いよいよ帰国。 国内線のチェックインは同じ建物の中。 チェックイン後免税店で買い物をしようと立ち寄る。 欲しいものがあったが、マイアミからダラスまでは国内線のチケットなので商品を売ってくれない。 ダラスの空港で買ってくれといわれる。 ダラスで乗り継いで成田に行くのだと説明してもだめ。

 8:55発アメリカン航空AA2241便でダラスへ。 およそ3時間でダラスに到着。 ここでは乗り継ぎに1時間しかない。 大きな空港内、到着のゲートとほぼ反対側のゲートまでトラムに乗り移動。 成田行きの搭乗ゲートに到着すると既に搭乗は開始されており、乗客は誰もいない。 これでは免税店どころではない。 12:05発アメリカン航空AA061便は定刻にダラスを離陸。

 2月23日(木)  ダラスを離陸しておよそ9時間後日付変更線を通過。 16時半に無事成田国際空港に到着。  皆さん、お疲れ様でした。


 [エピローグ]
 ▼成田空港での出来事: 添乗員さんが「パスポートはしっかり身につけておいて下さい」。 全員上着の下の、首から下げたE社のパスポートホルダーを見せて、「大丈夫」。 添乗員さんも同じパスポートホルダーを出して、「弊社も作らなければ・・・」 ▼催行をしてくれた旅行社には気の毒だが、少人数のツアーは問題が発生しても逃れられないという難点がある。 人数は少なすぎもせず、多すぎもせずで15名くらいが丁度良い。 ▼このツアーでは飛行機に10回、船(クルーズ、渡し舟)に9回乗った。 一度の旅行でこれほど乗り換えたのは初めて。 ▼今回も添乗員さんは素晴らしかった。 わがままな客ばかりでさぞお疲れのことと思う。 お疲れ様でした。 ▼今回は南米の南側だけであったが、大自然を満喫できる旅であった。 これから次第に北の方へシフトしようと思っている。