バルカン半島へ

 2006年05月 スロヴェニア・クロアチア物語 ~ユリアン・アルプスとアドリア海、そしてモンテネグロへ~  16日間
 「美しい五月のクロアチア」 何度か旅友に勧められていたが今までに出かける機会を失っていた。
 先日別の旅友から「風光明媚でとても良い所。 今ヨーロッパで一番注目の国。 ドブロヴニクの大聖堂でティツィアーノ・ティントレット・ラファエロの絵を見ました」等々、クロアチアの話を聞くと益々行きたくなり、すでに催行決定となっている5月29日出発の「スロベニア・クロアチア物語」を申し込む。
 未だ「パタゴニア」の紀行の掲載は未完ではあるが、並行してスロヴェニア・クロアチア・モンテネグロの予習に取り掛かる予定。
 既に多くの旅友が感動した中欧の旅に期待が膨らむ。
プロローグ  ノワ・ゴリツァ  ブレッド  リュブリャナ  リエカ  ポルトロシュ ザグレブ
プリトヴィッツェ  ザダル  スプリット  コルチュラ島  ドブロヴニク  エピローグ


 [プロローグ]
 世界の火薬庫といわれたバルカン半島。 訪れるにあたり、バルカン半島の国々の歴史を調べてみた
1世紀頃ローマ人が侵入。属州パンノニアの一部を成す。
6世紀頃南スラヴ人の侵入。
7世紀頃南スラヴ人はセルビア人、クロアチア人、スロヴェニア人に分化。  また古代マケドニア王国の地に移住したスラヴ人は、現在のマケドニア人の先祖となった。従って、現マケドニア人は、ギリシア系の古代マケドニアとは直接のつながりはない。
8世紀 スロヴェニア人はフランク王国の支配を受けてカトリックを受容。
9世紀末セルビアは東方正教会、クロアチアは西方カトリックの勢力下 (ラテン文字を使用) に。
1091年 クロアチアはハンガリーの支配を受ける。
12~14世紀セルビア王国の繁栄。その中心は現コソヴォ。  セルビアに従属するゼータ公国は、現モンテネグロの前身。
12世紀ボスニア公国成立
13世紀後半スロヴェニアはハプスブルク家の支配下に入った。
1389年コソヴォの戦い    セルビアはじめバルカン諸侯の連合軍が、オスマン帝国(トルコ)に惨敗。  マケドニアはこれ以降、オスマン帝国領に。
15世紀~セルビアを初めとするバルカン諸国は、オスマン帝国(トルコ)やオーストリア・ハンガリー二重帝国の支配下に。
15世紀前半ヘルツェゴビナ公国が成立。
15世紀後半~末ボスニア・ヘルツェゴビナもオスマン帝国(トルコ)の支配下に入り、イスラムへの改宗が広く行われた。
16世紀~ゼータ公国だけがオスマン・トルコの支配を免れた。
1867年オーストリア・ハンガリー二重帝国成立と同時に、クロアチアはハンガリーとの協約(ナゴドバ)により自治を獲得。
1878年ベルリン条約  セルビア、モンテネグロの独立が承認される。
1908年ボスニア・ヘルツェゴビナ併合問題 ボスニア・ヘルツェゴビナがオーストリア・ハンガリー二重帝国に併合される。
1910年ゼータ公国は、モンテネグロ王国 (Montenegro) となる。 正式王国名はツルナ・ゴーラ (Crna Gora) で「黒い山」の意。
1912~1913年バルカン戦争 オスマン帝国の敗北で、マケドニアはセルビア、ブルガリア、ギリシアに三分割された。
1914年6月28日ボスニアの首都サライェヴォでオーストリア皇太子がセルビア系テロリストに射殺される。
1918年第1次大戦後の1918年、セルビア=クロアチア=スロヴェニア王国が建設される。 ボスニア・ヘルツェゴビナやモンテネグロ王国も参加したが、中心はセルビア王国。
1929年ユーゴスラヴィア王国と改称。しかし民族問題で紛争が続いた。
1941年ナチス・ドイツに占領される。  しかし、ユーゴスラヴィア共産党書記長チトー (Tito 1892-1980) が対独パルチザン部隊を組織、ユーゴスラヴィアを解放に導く。 なおチトーの本名は Josip Broz で、「チトー」とは共産党の党員名。
1945年王制廃止と人民共和国成立の宣言。ユーゴスラヴィア連邦の成立。 首相にはチトーが就任。 連邦は セルビア共和国 クロアチア共和国 ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国 スロヴェニア共和国 マケドニア共和国 モンテネグロ共和国の6共和国から構成された。
1946年社会主義憲法を制定。産業国有化、農業の集団化が進められる。
1948年コミンフォルムから民族主義的・右翼的偏向と非難されて除名される。 ソ連の指導を離れてからは、独自の社会主義路線を推進し、東西両陣営間にあって積極的中立政策をとった。
1953年チトーが初代大統領に就任。 ソ連の介入を排して労働者自主管理による独自の社会主義を指導。 後年は反対派弾圧など独裁的傾向が強まる。
1950年代初め農業協同組合への加入脱退の自由が認められる。
1965年経済改革で、国内企業間の自由競争が認められる。
1980年チトー大統領死去。 チトーの死後、中央の連邦政府への求心力が弱まると、セルビア中心の中央政府と自立を志向する共和国 (特に経済的な先進地域であるクロアチア) との対立が一気に表面化。 また、経済的には対外債務が重圧となり、インフレが続く。
1980年代後半セルビア共和国幹部会議長ミロシェヴィッチは、コソヴォ自治州の多数派アルバニア系住民に認められていた自治権を奪うことでセルビア民族主義を煽り、セルビア共和国内での政治基盤を固める。
1990年初の複数政党制による選挙が実施され、セルビアにおいては民族色の強いセルビア社会党が政権掌握。
1991年6月クロアチアとスロヴェニアが独立を宣言。 その直後、クロアチアでは、国内のセルビア人勢力およびユーゴスラヴィア連邦軍との間で激しい戦闘が行われた。
1991年11月マケドニアも独立を宣言。
1992年ボスニア・ヘルツェゴビナが独立を宣言。 旧ユーゴスラヴィア連邦は崩壊し、セルビア共和国とモンテネグロ共和国は2国だけで新たにユーゴスラヴィア連邦を結成(新ユーゴスラヴィア連邦)。 しかしボスニア・ヘルツェゴビナでは、イスラム教徒、セルビア人、クロアティア人の3勢力の対立が激化、ユーゴスラヴィア内戦のうちでも最も激しい内戦に陥った。 この「ボスニア紛争(またはボスニア内戦)」は1992~1995年の内戦期間中、25万人以上の死者を出す。 一方、新ユーゴでは、セルビア大統領ミロシェヴィッチが警察とマスコミを掌握し、実権を握った。
 一連のユーゴ内戦では、「民族浄化(ある地域から異民族を一方的に排除し、住民構成の純化を図るもので、強制移住や追放、住民交換のほか、大量虐殺、同化など様々な手段が取られる)」が行われた。
1990年以降セルビア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナの各勢力が、それぞれ民族混住地域において大規模かつ組織的な民族浄化策を取ったことで、この言葉が広く知られるようになった。
1994年4月ゴラジュデ危機。 国連安保理が指定したボスニア内の6カ所の安全地域の一つゴラジュデに、セルビア人勢力が攻撃。国連は限定空爆を実施。 新ユーゴでは、ボスニア内戦とそれに絡む国際社会の制裁で経済は大打撃を受け、1994年には1ヵ月で300万倍の物価上昇というハイパー・インフレに見舞われた。
1994年ギリシアがマケドニア共和国に対し、「マケドニア」という国名の使用に反対して経済制裁を行う。  これは翌1995年、国連がマケドニア国旗から古代マケドニア王国の紋章をはずすなどの調停を行ったため、両国関係は正常化に向かった。
1995年5月NATO軍がボスニア・ヘルツェゴビナの内戦に介入して本格的な空爆を行う。
1995年7月国連安保理指定のボスニア6安全地域の一つ、スレブレニツァで7000人以上の犠牲者。
1995年8月末NATO空爆が持続的に実施されるようになる。 これを契機に、アメリカ主導の調停でボスニア内戦に関する和平協定が調印された。 協定は、イスラム教徒とクロアチア人とで構成するボスニア連邦に国土の51%、セルビア人共和国に49%を割りあて、これら二つの民族政府の上に中央政府を置いた。
1996年ボスニア・ヘルツェゴビナの統一総選挙。 国家元首にあたる中央政府の幹部会議長にはイゼトベゴビッチ (1925~ ) が選出された。
1997年7月ミロシェヴィッチが(新)ユーゴスラヴィア連邦の大統領に選出される。
1997年末頃セルビア共和国南部のコソヴォ自治州で、アルバニア系住民の武装組織「コソヴォ解放軍」が武力による独立闘争開始。
1998年2月ユーゴスラヴィア連邦セルビア共和国のミロシェヴィッチ政権は、「コソヴォ解放軍」に対する徹底弾圧を開始 (コソヴォ紛争) 。
1999年3~6月ユーゴスラヴィア連邦によるコソヴォ自治州のアルバニア系住民への攻撃を辞めさせるため、NATO軍がユーゴを空爆。 この時点までのユーゴの弾圧で、コソヴォのアルバニア系住民の犠牲は、死者2000人以上、難民25万人。
2000年秋ミロシェヴィッチは大統領選挙の際、国民の抗議行動により退陣し、大統領の座をセルビア民主野党連合のヴォイスラヴ・コシュトニツァに譲った。コソボ紛争でのアルバニア系住民虐殺などのジェノサイドの責任者として人道に対する罪で起訴される。
2001年4月ミロシェヴィッチは職権濫用と不正蓄財の容疑で逮捕・収監された。同年7月には国連旧ユーゴスラヴィア国際戦犯法廷(オランダ・ハーグ)に身柄を移送され、以降人道に対する罪などで裁判が行われた。
2006年3月11日ミロシェヴィッチが収監中の独房で死亡しているのが発見された。高血圧など体調の不具合という理由で、裁判は非常に長引いてた。 死因は心臓発作とされている。

 20世紀に入ってから特に紛争が耐えない。 そこにはユーゴスラビアの民族問題があるという。
 ◎ 一つの国家 (旧ユーゴスラビア)
 ◎ 二つの文字 (ラテン文字とキリル文字)
 ◎ 三つの宗教 (ローマ・カトリック、ギリシア正教、イスラム教)
 ◎ 四つの言語 (スロヴェニア語、クロアチア語、セルビア語、マケドニア語)
 ◎ 五つの共和国 (スロヴェニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア・モンテネグロ、マケドニア)
 ◎ 六つの民族 (セルビア、クロアチア、スロヴェニア、モンテネグロ、マケドニア、ムスリム)
 1980年のチトー大統領の死後、こうした民族間の対立が噴出し、1991年以降激しい内戦が繰り広げられたようだ。



 このツアーでは三ヵ国で8ヵ所(文化遺産 6ヵ所、自然遺産 2ヵ所)の世界遺産をまわる。
 スロヴェニア シュコツィアン洞窟群《自然遺産》
 クロアチア ポレッチ歴史地区にあるエウフラシウス聖堂の司教建造物群《文化遺産》
 プリトヴィチェ湖群国立公園《自然遺産》
 シーベニックの聖ヤコブ大聖堂《文化遺産》
 古都トロギール《文化遺産》
 ディオクレティアヌス宮殿があるスプリットの歴史的建造物群《文化遺産》
 ドブロヴニク旧市街《文化遺産》
 セルビア・モンテネグロ コトルの自然・文化=歴史地域《文化遺産》

 このうち3ヵ所はユーゴスラヴィアの内紛で危機遺産の指定を受けている。 現在は修復されているとの事だが・・・。



 5月22日 新聞に「セルビア・モンテネグロのモンテネグロ共和国で国家独立に関する国民投票が実施され、独立に55%以上の賛成投票があり、モンテネグロが今後独立するであろう。 この結果は少なからずコソボ自治州に影響を与えると思われる」との報道があった。
 モンテネグロの人口は66万人と少数。 一都市ほどの人口。 それでも独立したいという思いが伝わってくる。 バルカンの地、旧ユーゴスラビアでは民族独立で今もまだ動いているらしい。
 今年のサッカー・ワールドカップには今まで通りセルビア・モンテネグロで出場するとのこと。 ところで、サッカー・ワールドカップのグループFで日本とクロアチアが対戦することになっている。 6月13日帰国予定なので6月12日にカイザースラウテルンで行われるオーストラリア-日本戦は見れないが、6月18日にニュルンベルクで行われる対クロアチア戦、6月22日にドルトムントでの対ブラジル戦はゆっくり観戦できる予定。


成田 アリタリア航空 B-777
 [ノワ・ゴリツァ(Nova Gorica)]
 5月29日(月)  午前10半に成田空港第一ターミナルに到着。 4日後の成田空港南ウィング開設のためにセレモニーがあるらしく空港周辺は報道陣が大勢集まっていた。 ブランチをとり、正午の集合時間を待つ。

 このツアーの参加者は男性7名、女性13名の合計20名。 夫婦で参加が7組、母娘1組、単独4名。 ユーラシア社からは南アフリカのツアー添乗でお世話になった福井さんが見送りに来ていた。

 今回利用する航空会社はアリタリア。 AZ785便は成田を定刻5分前に出発し、一路ローマへ。 仕様機材はB-777。 エコノミー座席配列は3-3-3。

 ローマ到着は25分早く19時15分。 入国審査を済ませてイタリア国内線でトリエステへ。 AZ1363便はローマを45分遅れの22時15分に出発。 トリエステには40分遅れで23時25分着。 ここからバスで国境を越えてスロヴェニアに入る。 空港から20分ほどで国境の町ゴリツァに到着。 イタリアからの出国は無審査。 スロヴェニア入国ではバスの中でパスポートチェックを受け、スロヴェニアの国境の町ノワ・ゴリツァへ。

 今夜の宿カジノ・パーク・ホテル到着したのはすでに0時を過ぎていた。 この町には大きなホテルが2軒しかなく、何れのホテルもカジノを持っているそうだ。 ホテルで両替。 通貨単位はスロヴェニア・トラール(Tolar)。 1トラール≒¥0.58。


 [ブレッド(Bled)]
 5月30日(火)  スロヴェニアについて: スロヴェニアとは「スラヴ人の土地」と言う意味。 正式国名:スロヴェニア共和国(Republika Slovenija) 余談だが、世界の中でlove(愛)が国名に入っているのはこの国だけと現地ガイドさんが自慢していた。 国土面積は2万256K㎡で四国の面積とほぼ同じ。 形は鶏が東側を向いた形で、今回のツアーでは鶏のしっぽの辺りを回る。 緑豊かな国で、ヨーロッパではフィンランド、スウェーデンにつぎ3番目に緑が多いとの事。 人口は210万人。

 ノワ・ゴリツァはスロヴェニアの西の端、1947年にパリ和平条約のもとに引かれたスロヴェニアとイタリアの国境線に位置する。 この境界線で、イタリアのゴリツァ、スロヴェニアのノワ・ゴリツァの町が分かれてしまった。
 この町はソーチャ川周辺地域の中心地となり、スロヴェニア最大のカジノ・ハウス「ペルラ」が建設され、更に大きなホテルにもカジノが併設されており、隣国のイタリア人が好んで訪れる町にたったとか。

スロヴェニア コバリッド 聖アントン教会
 本日はノワ・ゴリツァを出て、北にあるトリグラウ国立公園を通って景勝に地ブレッド湖まで行く。 昨夜は遅く到着したしたが、朝8時半の出発。 ソーチャ川に添って北上し、1時間ほどでトルミン渓谷に到着。 小雨の中を渓谷の川沿いに散策。 川の水は周りの石灰岩の山の影響を受けてエメラルド・グリーンでとても美しい。 およそ20分間、足場の悪い渓谷を「悪魔の橋」を見上げる地点まで行き、ここから引き返す。

   次にバスで20分ほどでコバリッドに到着。 この街の丘の上には第一次世界大戦で亡くなったイタリア兵7014人が眠る聖アントン教会がある。 なぜここにイタリア兵かと言うと、当時この辺りはイタリア領であったため。 この教会の完成の時にはムッソリーニがここを訪れたそうだ。
 この聖アントン教会に至る道にはエルサレムのヴィア・ドロローサのように14ステーションが設けてあり、道路のそばに彫像が建っている。  聖アントン教会は教会の形をした慰霊廟のようであった。

 教会の丘を下り、コバリッドの街中のレストランで昼食。 昼食後落差106mという大きなボカ滝を遠望し、トリグラウ国立公園の中のソーチャ渓谷へ。

 気温は低く、未だ新緑の季節。 若葉の中にエメラルド・グリーンのソーチャ川が流れている。 渓谷に添って1時間ほど散策をする。 小雨の晴れ間には雲の上にうっすらと新雪を被ったトリグラウのが頭を出す。

スロヴェニア プラニッツア 世界最大のスキージャンプ台
 本来はこのままトリグラウ国立公園の中を東に向った進みブレッド湖に行くはずだったが、数日前より雪のため道路が閉鎖されているとの事で、ボベッチまで引き返して、ここから北に進み、イタリアを通って、再びスロヴェニアに戻ることになった。 スロヴェニアは2004年に拡大欧州連合(EU)に加盟しているので、EU同士の国境越えを旅行社(現地)はあまり気にしていないようだ。

   再びスロヴェニアに入国した町はプラニッツア。 ここには世界で最も大きなスキーのジャンプ台がある。 ランディングバーンの下の方のK点付近に「239m」という表示板があった。 これはスタート地点からの距離を表しているそうで、見上げるとスタート地点ははるか彼方。 あの高い所から一気に飛び降りるには・・・・・勇気が。

 この後クランスカ・ゴラの町でトイレ休憩をかねてしばらく散策したが、近くの山には雪がちらつき、吐く息が白く、寒くて時間前にバスの中に逃げ込む。

 バスで一般道路をしばらく走り、旧ユーゴスラビア時代に最大の鉄鋼の町であったジュセニッツェから高速道路に乗り、南東に下って6時にブレッド湖の湖畔のホテル・ゴルフに到着。

 夕食までの間に暑いお湯をバスタブに張り、冷めた身体を温める。 時差と疲れで眠い身体に鞭を打つようにして夕食に出かける。

スロヴェニア サヴィッツァの滝
 5月31日(水)  本日はブレッド湖の南西にあるホビン湖近辺の観光に出かける。 ボヒン湖は、トリグラウ国立公園の中にあり、ブレッド湖から30Kmほどのところ。 湖の大きさは東西に4.2Km、南北に1.5Kmでブレッド湖の2.5倍ほどの面積。 この湖に入り込む水量は多く、1年間に3回も水が入れ替わるほど。 そのために湖水がとても綺麗で、冬になっても水面は凍結しないそうだ。 この湖には、第二次世界大戦中この辺りに駐屯したドイツ軍が持ち込んだカワマスが生息していて、このカワマスは腹部に金色の斑点があることから「黄金のマス」と呼ばれているとのこと。

 9時にホテルを出て、ブレッド湖の南側を走り、30分ほどでホビン湖の西にあるサヴィッツァに到着。 ここから山道を登り、さらに553段の階段を登り、サヴィッツァの滝まで行く。 天気は快晴で、空気がひんやりしていてとても気持ちが良い。
 この滝はユリアン・アルプス東側一帯の水を集めて、岩の間から水が流れ落ちる、落差60mほどの滝。 展望台は東屋風に屋根がかかっているが、時折風に乗って滝のしぶきが飛んでくる。 この滝つぼは、10世紀ころ異教徒に洗礼を施していた場所だそうだ。

 次にバスでホビン湖の南、ウカンチェに行き、ここからケーブルカーでヴォゲル山(1922m)に登る。 バスを降りて、各自ホテルで作ってもらったお弁当の入った紙袋を提げてケーブルカーの駅に向って歩いてゆく。 この姿は、結婚式の帰りを連想させる。
スロヴェニア ボヒン湖 トリグラウ初登頂の4人の像
 ヴォゲル山の山頂からは、ホビン湖の北側に雪を頂いたユリアン・アルプス、国家の紋章や国旗のデザインにも使われているトリグラウ山(2864m)が見える。 山の天気は変わりやすいもの。 次第にトリグラウ山は雲に隠れ、こちらのヴォゲル山も日差しが無くなり、山頂駅に架けてある温度計は気温5.7℃を表示している。 山頂には雪渓がのこっている。
 風の当たらない所を選び、かたまって昼食を済ませる。 ここはスキーの基地で、さらに南側に二人乗りのリフトがあるが、今は動いていない。 冬には若者で賑わうのであろうが、この時期は暇な年寄りしか来ていない。

 ケーブルカーの駅舎でしばし寒さをしのぎ、ケーブルカーが来るのを待ち、暖かいホビン湖に降り、バスでホビン湖の東にあるリブツェブ・ラズの町へ。 湖畔からトリグラウ峰が見える。 ここの公園の中にトリグラウを望む4人の男性の像がたっている。 この4人はホビン湖周辺に住んでいた人たちで、1778年にトリグラウ峰の初登頂に成功したことの記念像だそうだ。

スロヴェニア ヴィントガール
 ホビン湖から流れ出すボヒン川に架かる石橋を渡ると聖ヨハネ教会がある。 1440年に建てられた教会で、外壁に地元の聖人と旅人を守る聖クリストファのフレスコ画がある。 これは旅人が通りすがりに教会の外からでもお祈りが出来るようにと外に描かれたそうだ。

 バスでブレッド湖の方に戻り、ブレッド湖の西側の湖畔から北に進みヴィントガールに出る。 ヴィントガールとは「岩の間の狭い所」という意味だそうで、ラドナ川が削った峡谷で、およそ1.6Kmの散策コースがある。 小雨もようだが、水量の多い渓谷沿いに造られた木道を40分ほど川に沿って下る。 この木道以外は人工的に手を加えていないとのこと。 途中、川の中に倒れたままの太目の倒木があちこちに見られる。 渓谷は石灰岩で出来ており、木の根が浅いため大きな木は耐え切れず、雨風で倒れてしまうとの事。 ラドナ川に倒れた木をそのままにしてあるという自然が素晴らしい。

 かって使われていたという落差30mの滝を利用した水力発電所の所まで行き、元の所まで引き返す。 本日も朝からきつい階段を上がり、最後は青葉と渓流の散策。 山の中、渓谷でマイナスイオンたっぷりの森林浴をすることができた。

スロヴェニア ブレッド湖 聖母マリア教会
 6月1日(木)  本日も朝の内は快晴。 昨日添乗員さんから「ブレッド湖は周囲およそ6Km」と聞いていたので、朝6時にホテルを出て反時計回りにブレッド湖を一周する事にした。 ホテル・ゴルフはブレッド湖の東に位置する。 ここから北側に回りブレッド城の下を通り、西のキャンプ場の前から南側のホテル・ヴィラ・ブレッドの横を抜ける遊歩道を通ってホテルに戻ってくる。

 ホテルを出て湖畔に降りてゆく。 まだ空気が冷たくてとてもすがすがしい。 朝日がようやく湖面を照らし始め、湖に浮かぶ小島「ブレッド島」の聖母マリア教会の白壁が湖水に映える。 湖畔は緑が濃く、「あかはら」が賑やかにさえずり、湖では時折「ます」が飛び跳ねて、鏡の様な湖面を乱れさせる。 湖西のキャンプ場前の広場から熱気球が緩やかに大空に昇ってゆく。
 湖の南側のホテル・ヴィラ・ブレッドは元チトー大統領の別荘として使われていた建物。 このブレッド湖の中で最高級のホテルだそうだ。 良く整備された庭の中を通る。 対岸の丘の上のブレッド城には朝日があたり、背景の雪を頂いたユリアン・アルプスとの対比がとても美しい。

 景色の美しさを「絵に描いたような」とか「写真のような」という例えを使うが、ここの景色は絵よりも写真よりも美しい。 湖の水は透明で、小魚の群れが良く見える。 湖畔にはゴミ一つ落ちていない。 この数日間しかスロヴェニアに居ないが、この国がこんなに美しい国とは、旅行の出発前には想像もしなかった。

スロヴェニア ブレッド湖 ブレッド城と手漕ぎボート
 7時半にはホテルに戻って、朝食をとり、9時の出発に備える。 本日は最初にブレッド島の聖母マリア教会へ。 次にブレッド城を見学して、湖畔で昼食をとり、バスでスロヴェニアの首都リュブリャナに行き、リュブリャナ市内観光の予定。

 9時にホテルを出て、ブレッド湖畔のトップリッシュ・ホテルの前から手漕ぎボート(プレトナという)に乗って聖母マリア教会のある小島へ。 このボートは手漕ぎだが、20人ほど乗れる。 最後尾で船頭さんが2本のオールを操りながらゆっくりと20分ほどかけてブレッド島に渡る。 この湖では環境保全のため石油系のエンジンを用いたボートは禁止されているそうだ。 少し大型のボートとして、電動(電池を用いた)ボートは使われていた。

 ブレッド湖は周りを高い山に囲まれているので、強い風はほとんど吹かない。 湖面は穏やかで、船頭さんの漕ぐオールの音だけが聞こえるのどかなクルーズ。 これでカンツォーネでもあればベネチア気分。

 ブレッド島の北側の船着場に到着し、聖母マリア教会を見学する。 この島には7世紀に南下してきたスラブ人が作ったシヴァ神の神殿が建てられ、その後11世紀にはプレロマネスク様式の教会が建てられ、さらに15世紀にゴシック様式の教会が建ち、 1511年の大地震で倒壊。 17世紀に現在の白い塔を持つバロック様式の教会となったとのこと。 教会内の祭壇には聖母子像があり、祭壇の手前に天井からロープがぶら下がっている。 今から500年ほど前に、プリク・セナと言う女性が愛する夫をなくしたと言う話を聞いたローマ法王が寄贈した鐘がこの上に架かっている。 この鐘を鳴らすと願いが叶うとの事で、すぐに行列が出来る。

スロヴェニア ブレッド湖 ブレッド城
 再び手漕ぎボートに乗り、ホテル・ヴィラ・ブレッドの船着場で下船。 しばらく湖畔を散策する。 水辺にはカモの母子があちこちに居る。 母親の背中に上っているヒナ、列を作って移動しているのに、一番うしろで遅れそうなヒナ。 しばし見ていても飽きない。

   バスで丘の上のブレッド城に行く。 このお城はブレッド湖の北側にあり、湖面より高さ100メートルの岩石の上に建っている。 1004年にバイエルン大公のハインリッヒ2世と妃クニグンデがこの辺りの土地と城をアルブイン・ブリクセン司教に与えた。 この後およそ800年間司教座はブレッドに大きな影響を与えたそうだ。
 城内はロマネスク様式の壁とゴシック様式の棟が並び、モダンな聖母子像が祭壇にある礼拝堂、歴史博物館、活版印刷の工房などがある。 何より素晴らしいのはテラスからの眺め。 スロベニア随一の眺めと言われているようだ。 眼下にブレッド湖が広がり、エメラルド・グリーンの湖面に白亜の聖母マリア教会が美しいコントラストをなしている。

 昼食を湖畔のレストランでとる。 メインはブレッド湖のマス。 小生は川魚はいささか苦手。 それに比べて添乗員のWさん、魚の頭をぺろりと食べる。 「宜しかったら」と皆さんからマスの頭が6つほど添乗員さんの所に集まる。 これも簡単に胃袋に消える。 魚より、魚の頭が好きらしい。


 [リュブリャナ(Liubljana)]
 昼食後はバスでリュブリャナへ。 1時間ほどでリュブリャナの小高い丘の上にあるリュブリャナ城に到着。 この辺りは12世紀ごろドイツのシュハンハイム家が領主だったそうで、その後ハプスブルグ時代に住居として城が建てられ、ナポレオン時代には軍の基地に、第一次世界大戦の時には刑務所に使われ、現在はリュブリャナ市の所有で市民の憩いの場となっている。 この城の塔(2.04ユーロ)に登るとリュブリャナ市内を一望できる。

スロヴェニア リュブリャナ旧市街 ピンク色のフランチェスカ修道院 リュブリャニツァ川に架かる三本橋 右手前に大聖堂

スロヴェニア リュブリャナ旧市街 竜の橋
 旧市街の名所はプレシェーレン広場を囲むように集まっている。 プレシェーレンとは19世紀に活躍したスロヴェニアの詩人。 彼のムーサ(芸術をつかさどる女神)を背後にしたフランツェ・プレシェーレンの銅像がこの広場に建っている。 彼の見ている目の先は、広場を挟んで反対側の建物の壁に架けられている彼の片思いの相手「ユリア・プリミッチ」のレリーフだそうだ。

 この広場に面してピンク色のフランチェスカ修道院の教会が建っている。 この建物のデザインはイタリアの影響を受けているそうで、プレシェーレン広場を明るくしているように感じた。

 広場の南にあるリュブリャニツァ川には三本橋が架かっており、これは1900年はじめに造られた建築家プレチェニックの作品。 このリュブリャナの町にはプレチェニックの作品が数多く在るそうで、三本橋の下流に架かっている竜の橋も彼の作品だそうだ。

 大聖堂の中を見学した後で、プレシェーレン広場でしばし自由時間。 行かなかった竜の橋、市庁舎などを回る。

   本日の宿はリュブリャナの北にあるホテル・ドミナ・グランド・メディア。


スロヴェニア ポストエナ鍾乳洞 スパゲッティホールの天井
 [リエカ(Rijeka)]
 6月2日(金)  8時半にホテルを出て、高速道路を通り、南西に45Kmほど下り、クラス地方にあるポストエナ鍾乳洞に行く。 石灰岩の大地を表す「カルスト」はスロヴェニアのこの「クラス地方」が起源で、スロヴェニア語で「水のない荒廃地」と言う意味だそうだ。 この地方には現在6,000ほど鍾乳洞が発見されているそうで、その中でポストエナ鍾乳洞は最も大きく、長さが27kmもあるとか。
 およそ50分ほどで鍾乳洞の入り口に到着。   観光の開始が10時なので、しばらく入り口に並んで待つ。

 開場すると、まず洞内に入ってゆく黄色いトロッコに乗る。 このトロッコは一両に4座席で12名、一編成8両でおよそ100名を2Kmほど奥の洞内に運んでゆく。 かなりのスピードでトロッコは走るし、頭の上をかすめるように岩をくり抜いたトンネルの中を通る。 日本では安全上許されない設計。 自己責任を重んじるお国柄か。
 つぎからつぎにトロッコが現れ、10時のツアーに参加した人は700人ほど。

 洞内の広い場所に集まり、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スロヴェニア語のガイドの組に分かれて、それぞれのガイドに付いてツアーに出発する。 とにかく鍾乳洞の大きさにびっくり。 ヴェリカ・ゴーラ(大きな山)、ロシア橋(ロシア人の捕虜が架けた橋)、スパゲッティホール、ブリリアント(美しい石筍)、コンサートホール(高さ40m、広さ3000㎡、収容人員10,000人)それに類人魚など。
ポストエナ鍾乳洞 類人魚

 スパゲッティホールでは天井から鍾乳石が細い紐のようにぶら下がっている。 ここはイタリアが近いから「スパゲッティ」と表現しているようだが、どちらかというと言うと「そうめん」といった感じ。
 見学時間は約1時間半。 通路のアップダウンは大きいが、歩く所は滑り止めなどがしっかりと施されていて歩きやすい。

 洞内の最後の場所に、スロベニアにしかいないという「類人魚(ホライモリという盲目の白い生き物)」を見せる場所がある。 魚ではなく両生類だそうで、暗闇で目が退化したそうだ。 数匹水槽の中に入れて展示しているが、明るさでストレスがかかるので数ヶ月で他の類人魚と交代させるとのこと。  見た感じはウナギのようなものであった。

 最後に再び黄色いトロッコに乗って元の入り口の所まで戻る。

   早めに昼食を済ませ、一般道を南に下りルーパの町からクロアチアに入る。 出入国手続きは運転手さんが「日本人の観光客です」と係員に告げただけ。 クロアチアに入ってすぐの所でトイレ休憩兼両替。 クロアチア通貨はクーナ(Kuna)。 クーナとは黒てんのことで、硬貨に黒てんが描かれている。 昔黒てんをお金の代わりに使っていた名残という。 1クーナ≒¥20.5。

 国境からおよそ20分でリエカの街のバスターミナルに到着。 ここで現地ガイドさんと落ち合うことになっているのだが、待てど暮らせど現れない。 40分ほど経ってから、ガイドさんが交通事故に遭われて病院に行ってしまったそうで、替わりのガイドさんがこちらに向っているという。 しばらくバスを降りて付近をぶらつく。 結局1時間10分後に替わりのガイドさんが現れる。

クロアチア リエカ 聖マリア教会
 リエカの街では丘の上の聖マリア教会、トルサト城と港のそばの旧市街を観光する。

リエカ 聖マリア教会 ヨハネ・パウロ2世像
 まずはバスで聖マリア教会へ。 ここには1291年に聖母マリアの家が現れた所で、 その後その家は天使によってイタリアのロレッタに運ばれたという言い伝えがある聖地だそうだ。 この教会は13世紀に建てられ、クロアチア最古の巡礼教会とのこと。 毎年8月15日にはマリア被昇天祭りが行われ、多くの人が町々から巡礼に訪れ、560段の石段を膝で登って来るとのこと。
 教会の祭壇は見事な大理石の彫刻で飾られている。 またこの教会には陳列館が付属しており、いろいろな絵画、彫刻、船の模型などが陳列されていた。

 教会前の広場にはヨハネ・パウロ2世の銅像がある。 これは2003年のヨハネ・パウロ2世来訪を記念にして設けられたとのこと。

 次にトルサト城に行く。 ここにはローマの時代から見張り塔があった所でローマ軍の要塞として使われていた。
 トルサト城は13世紀に地元の貴族フランコ・パンが居城として建てたもの。 この城は高台にあり、まさに難攻不落の要塞であったことをうかがわせる。 ベネチアやオスマン・トルコの支配下にはいったこともあったようだ。 城壁のかげに抜け道があったりして面白い。

 城の展望台からアドリア海、リエカの街が良く見える。 街の北側からアドリア海に流れ込むレチナ川は昔イタリアとユーゴスラビアの国境線だったそうだ。

クロアチア リエカ 友情の噴水
 バスで先程のバスターミナルまで降りてきて、ここから徒歩で旧市街を散策。

クロアチア リエカ 聖ヴィート大聖堂
 バスターミナルのすぐそばに川崎市が贈った「友情」の噴水がある。 リエカ市からはブロンズ像「アドリアの少女」が川崎市に贈られたと言う。 「リエカ」とは「川」のことで、1977年6月に川崎市とリエカ市の間で、姉妹都市の提携が行われたそうだ。

 旧市街の中心には聖ヴィート大聖堂がある。 聖ヴィートはこの街の守護聖人。 この大聖堂の中の祭壇には脇腹から血を流しているのキリスト木像がある。 この木像は13世紀ごろに作られたもので、ギャンブルで負けた男が石を投げつけていたところ、石が木像にあたり、血が流れ出たと言う奇跡が起きたとのこと。(真偽のほどは兎も角として、何でも奇跡にするのは・・・・ ?)

この後時計塔からコルゾ通りを抜け、イヴァン・ザイツ広場、国立劇場(イヴァン・ザイツ劇場)へ。 イヴァン・ザイツとはリエカ出身の作曲家で、初めてクロアチア語でオペラを作った人だとか。

 ここからバスに乗り、今夜の宿ボナビア・ホテルへ。 バスでぐるーっと旧市街の外を回ってきたようで、ホテルはコルゾ通り、大学図書館の前。 旧市街の真ん中にあり、明朝の散策が楽しみ。


クロアチア リエカ カプツィン修道院
 [ポルトロシュ(Portoroz)]
 6月3日(土)  朝食を早めに済ませ、朝の散歩に出かける。 ホテルを出て南に下ると海岸通りのリヴァ通りに出る。 ここを西に400mほど行くとバスターミナルの広場に出る。 この広場に面してカプツィン修道院の教会がある。 赤のレンガと白の石灰岩で出来た建物で、教会正面の一番高い所に聖母マリア像がある。

 一階の教会を覗くと暗くてとても静かで誰も居ない。 外の階段を上がり、二階の教会を覗くとミサの最中。 しばらく戸口の中に入りミサに聞き入る。

 ここから海岸通りをフェリー乗り場の方に戻り、岩壁へ。 リエカはクロアチアの北部イストリア半島の東にあり、ここはクロアチア最大の貿易港とか。 朝のさわやかな潮風を全身に受け、時計塔からコルゾ通りに出て、ホテルに戻る。

 8時半にホテルを出て、バスでイストリア半島に向う。 半島に入ると、次第に坂道をあがって行き、左手にクァルネル湾が大きく広がる。
 この後バスは1980年に開通したウチカ・トンネル(5,062m)を抜けてイストリア半島の中ほどの道を走る。 このトンネルが出来たおかげで、リエカから簡単にイストリア半島にアクセスできるようになったとのこと。

クロアチア プーラ 円形闘技場
 1時間40分でイストリア半島の南端の街プーラに到着。 バスターミナルのそばの円形闘技場の見学から観光を始める。

 このプーラの古代都市は紀元前45年頃にローマ帝国のユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)によって建設された。 この円形闘技場は、 紀元1世紀頃に建設が始まり、 およそ80年の歳月をかけて作られたという。  闘技場は、 ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの業績を讃えるために、 海を見下ろす高台に建設された。 特徴は、 建築資材としてイストリア半島産の白い石灰岩が使用されている点である。 そのため建設当時は白く美しい競技場であったと考えられている。 また規模も72の窓と3段の観客席を備えた巨大なもので、 最上段の高さは地上30mある。 大きさは長径132m、短径105mあり、円形闘技場としては世界で6番目の大きさだそうだ。
 ローマ時代には人間対人間、人間対野獣の戦いが行われたが、キリスト教が入ってくると戦いは禁止され、市場として使われるようになったとか。

 現在は5000人を収容する座席があり、映画祭やコンサートの会場として使われている。 また、闘技場の地下に博物館があり、プーラの街で発掘された遺物が展示されていた。

クロアチア プーラ アウグストゥス神殿、市役所、フォーラム広場
 円形闘技場を出てプーラの旧市街観光へ。 ダブル門(ふたご門)の前から、アーチ型のヘラクレス門の前のジャルビーニ通りを南に向かい、凱旋門の形をしたセルギウスの記念門の前に出る。 これらの門は現在ホテルや博物館の門として使われているが、全てローマ時代に作られたもの。

 セルギウスの記念門をくぐり、西に向かい、フォーラム広場に出る。 フォーラム広場は現在発掘中で中には入れない。 この広場に面して13世紀に建てられた市役所と、紀元前2年~14年に建設されたアウグストゥス神殿(コリント式)が建っている。
 神殿の前では若い人たちがローマ劇を演じていた。
 プーラの街を歩いていて気が付いたのは、ローマの都市特有の南北に抜けるカルド通り、東西のデクマヌス通りが無いこと。 この街はローマ時代の初期に造られたためにカルド、デクマヌスの基本形が出来ていなかったのか。

 この後フォーラムの前から大聖堂を見学して、円形闘技場の所に停車しているバスに戻る。

 プーラから50Kmほど北にある港町ポレッチへ。 到着後すぐに昼食をとり、観光へ出発。 ポレッチ港の沖には聖ニコラス島が浮かぶ。 クロアチアにはアドリア海東側に1118の島があり、その中の有人島で最北端の島だそうだ。 ちなみにこの北側のアドリア海はスロヴェニアの領域になるが、島はない。 スロヴェニアには島は一つしかなくて、先日訪れたブレッド湖のブレッド島だけとか。

クロアチア ポレッチ エウフラシウス大聖堂 金箔のモザイク
 バスターミナルから海岸を北西に行き、ナーロドニー広場に出る。 ここから少し狭いが、カルド通りを北へ。 この通りにはヴェネチア風ゴシックの建物が続く。 しばらくして立派なデクマヌス通りを横切り、エウフラシウス大聖堂(世界遺産 1997年)の横に出る。

 6世紀のエウフラシウス司教時代に建てられたビザンチン様式のカテドラル(聖堂)が大元で、 13世紀には聖職館を中心に、15世紀になって司教の宮殿が加えられ、さらに16世紀になると教会の鐘楼、17世紀、19世紀には2つの礼拝堂が加わり、現在の素晴らしい聖堂建築群が出来たという。

 聖マウロの金箔のモザイクアーチをくぐり、敷地内に入ると、アトリウムや洗礼堂、聖堂がならんでいる。 聖堂の外壁にもモザイク画が描かれている。
 聖堂の中に入ると、壁、天井、ドームにモザイクが施されており、特にドームの金箔のモザイクは聖母子、大天使などを描いたもので、目を見張る美しさ。 これらのモザイクは建物の完成後にコンスタンチノープルのモザイク師が造ったそうだ。

 この後またまた国境を越えスロヴェニアへ。 入出国ではパスポートを見ても貰えない。 17:50にはスロヴェニアのリゾート地、ポルトロシュ(ポルト=港、ロシュ=バラ)のホテル・メトロポールに到着。 ポルトロシュはイタリアのトリエステの南西40Kmほどの所。 旅行の振り出しに戻ったような気分。

 6月4日(日)  朝食前にホテル・メトロポールから海岸に下りて行き、1時間ほど散歩。 スロヴェニアが海に接しているのはこのあたりだけで、海岸線は44Kmしかないそうだ。 ここポルトロシュはスロヴェニア唯一の海のリゾート地。 ヨットハーバー、海水浴のパラソル、売店などが狭い海岸に並んでいる。 海はアドリア海。 透明でとても綺麗である。

スロヴェニア ピラン旧市街 タルティーニ広場
 本日はスロヴェニアの港町ピランの観光とシュコツィヤン鍾乳洞の観光をして、再びクロアチアに戻り、首都ザグレブに行く。

 8時半にホテルを出て、15分ほどでピランの町のバスターミナルに着く。 ここから北へ海沿いに歩き、ピラン港を通り、タルティーニ広場へ。
 広場に面して裁判所、市庁舎、聖ペーター教会、タルティーニ記念館(タルティーニの家)などが建っている。 タルティーニとはジョゼッペ・タルティーニのことで、このピラン出身でヴァイオリニスト、作曲家でスロヴェニアではとても有名な人だそうだ。 市役所の前にはタルティーニの像が立っている。

 このピランは13世紀にベネチェア帝国の支配下に入っていたので、ベネチェア風の建物が多くある。 市庁舎には、翼のあるライオン(ベネチアの守護神聖マルコの象徴)のレリーフが掲げられている。

 北側の城壁に沿って細い道を歩き、洗礼堂、聖ジョージ教会へと進む。 教会の北側にはトリエステ湾が広がり、すぐそばにイタリアのトリエステの町が見える。

 半島の突端にある灯台を回り、ピラン湾の方に戻り、聖クレメント教会からピラン水族館のところへ。 およそ1時間半の散策。 赤い瓦の屋根に紺碧のアドリア海が印象的だった。

 ピランを10時過ぎに出て、左にスロヴェニア最大の港湾都市コペルを見ながら、北西に進み、50分ほどでシュコツィヤン鍾乳洞(世界遺産 1986年)に到着。

スロヴェニア シュコツィヤン鍾乳洞
 ここは先日訪れたポストエナ鍾乳洞から30Kmほど南西にある。 ポストエナ鍾乳洞ほど観光化されておらず、チケット売り場から山道を下って行き、洞穴の前で11時のツアー出発を待つ。 4ヶ国語で説明するガイドさんの引率で洞内にはいる。

 ビッグ・ホール(大広間)は奥行きが120m、高さ30mほどある。 パラダイス・ホールでは鍾乳石、石筍に色々な色が付いている。 白色は鉱物を含まない石灰岩、黒色はマンガン、黄色はアルミニウム、赤色は鉄を含んでいるそうだ。 鍾乳石、石筍は1cm伸びるのに100~150年かかるそうで、「ジャイアント」と呼ばれている鍾乳石は25万年かかって出来たという。

   サイレント・ケーブ(沈黙の洞窟」は、その名の通り静まり返っていて、全ての音を吸収してしまいそうな空間。 大きな声を出すのが憚られる雰囲気。

 パイプオルガンの部屋あたりに来ると水の流れている音が聞こえ、湿気が多い。 天井の石はごつごつしていて、苔も生えている。  この後、細く狭まっている部分を通り抜けると、地底を流れるレカ川の轟音と共に、目の前にとんでもなく広大な空間が現れる。 この辺りが、シュコツィアン鍾乳洞のクライマックス、地底の大峡谷。 まさしく絶景。 はるか150m ほど下の地底をレカ川が音を立てて流れていて、天井までの高さはおよそ100m以上。 断崖に沿って細い道がずっと先まで続いているのが見える。 渓谷にかけられた新しい橋を渡って出口のほうへ。 すぐに渡ってしまうのはもったいない。 しばし地底の川を眺める。

 峡谷を流れている「レカ川」は南のスニェジェニック山に源流があり、50Kmほど地上を流れてきて、このシュコツィアン鍾乳洞の中をおよそ3Km流れ、その後地上に出て30Km流れて、イタリア領アスティマボでトリエステ湾に注いでいる。 これだけ石灰岩を溶かしながら海に注いでいるので、アドリア海は綺麗なのだと思う。

 洞内は気温が12~14℃、行程およそ3Kmを1時間半ほどかけて観光をした。

スロヴェニア リピッツァ 白馬の飼育
 遅い昼食はここから西に20Kmほどにあるリピッツァのレストランで。 このレストランのすぐそばに馬の飼育場があり、しばし見に行く。

 ハプスブルク家がスペインをも統治していた1580年に、カール大帝がこのリピッツァに帝室養馬場を作り、知能に優れ、気性の激しいアンダルシア馬を軍用馬として導入。 現地のカルスト馬と交配し、古典馬術のための理想の血統種、リピッツァー種を生み出した。

 特徴は白馬で、気性が激しく、気品が高く、肢を高く上げる優雅な歩き様。 世界中にリピッツァー馬として輸出されていて、あちこちのパレードやイベントで活躍しているとの事。

 15時半にリピッツァを出て、ポストエナから高速道路に入り、リュブリャナの郊外を通り、ひたすら東に向って走り、クロアチアの首都ザグレブへ。
 ブルドヴェックでまたまた国境を越えるが、今回もパスポートのチェック無し。

 18時45分、ザグレブのフォーポインツ・パノラマ・ホテルに到着。 部屋の窓から東のほうに聖母被昇天大聖堂が見える。


 [ザグレブ(Zagreb)]
 6月5日(月)  クロアチアの首都ザグレブは人口120万人の古都で、南側は平坦で、碁盤の目のように東西南北に道路が走る新市街。 北側には小高い丘が東西にそれぞれあり、西側がゴルニイグラド地区、東側がカプトル地区と呼ばれている。 フォーポインツ・パノラマ・ホテルはザグレブ市の西の端の辺りに在る。 バスでザグレブの西から新市街の方から入ってゆく。

クロアチア ザグレブ ミロゴイ墓地
 新市街の西にミマラ博物館がある。 この建物は元校舎で、1987年にウィルトルードとアンテ・トピック・ミマラの寄贈品を収めたもの。 先史時代から20世紀に至るまでの総数3,700点の美術品のうち、1,500点以上が常設展示されているとのこと。 中に入りたかったが、時間が無く車窓からの見学だけ。

 この後新市街をバスでぐるぐる回る。 美術工芸博物館、黄色い建物の国立劇場(ハプスブルグ家の影響)、ザグレブ大学、日本大使館など。 車窓から見るだけでは記憶に残らない。

 この後、カプトル地区の東北にあたるミロゴイ墓地の見学に行く。 この墓地はドイツ人建築家ヘルマン・ボーレが設計し、1874年に完成したもの。 ここは有料の墓地で、比較的裕福だった人たちが眠っているとのこと。 ただし宗教を問わない、文字通りの共同墓地だそうだ。 実際、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教など異なったタイプの墓が見られた。
 墓地の囲いの中は森になっていて、正面の門の裏側にクロアチアの初代大統領フラニョ・トゥージュマンの墓があった。 彼はパルチザンの将軍で、1990年の民主制の選挙で共産党に勝ち、クロアチアを独立へと導いた人だという。

クロアチア ザグレブ 聖マルコ教会
ザグレブ ガス灯
 次に丘の西側ゴルニイグラド地区を散策。 この地域にはまだガス灯があり、毎夕192のガス灯に火がともされるという。 ほのかな明かりを是非見たかったが、午後にはザグレブを後にするので叶わない。

 聖クララ修道院の横を通り、イヴァン・メシュトロヴィッチのアトリエ兼住居に立ち寄る。 現在ギャラリーとなっており、庭に数点彫刻が展示されている。 何れも柔らかいタッチの彫像。

 次にゴルニイグラド地域のシンボルともいえる聖マルコ教会の前に出る。 ここの教会は11世紀にロマネスク様式で建てられ、1880年の大地震で倒壊し、その後再建されたものである。 屋根のタイルはハンガリー製で、向かって左はクロアチア王国、ダルマチア地方、スラヴォニア地方を表す古いクロアチアの紋章で、右側がザグレブ市の紋章である。 クロアチア王国は赤と白のチェックで、サッカーのワールドカップでのクロアチアのユニホームでもお馴染み。

クロアチア ザグレブ 聖母被昇天大聖堂
 聖マルコ教会の近くには首相官邸、国会議事堂、会議場など政府主要機関や劇場などが並んでいる。

 丘の南側に新市街とゴルニイグラド地区を結ぶケーブルカーがある。1934年に造られたもので、当時から電気で動かしていたそうだ。 またこのケーブルカーのそばに大砲の塔があり、現在も12時に空砲を鳴らすそうだ。 12時・・・・・ イエラチッチ広場の雑踏の中に居たので、聞き漏らしてしまった。

 ゴルニイグラド地区の東の出口辺りに「石の門」がある。 当初は木造だったが、1731年の火災で焼け落ち、1750年に石で造られた。 この火災の際に、板に描かれた聖母マリアのイコンだけは無傷で無事に残ったということで、これは奇跡をおこすイコンとして祀られている。 現在聖母マリアのイコンが納められた礼拝堂があり、蝋燭や花を捧げて祈る人々の姿が絶えない。

 石の門を出た所に龍を退治して王妃を救ったと言われる聖ゲオルギー(セント・ジョージ)の騎馬像が立っている。 教会以外の所で聖ゲオルギーを見たのは初めて。

 その先にネオゴシック様式の聖母被昇天大聖堂が建っている。 二つの尖塔の高さは108mあるそうで、市内のいたるところから見ることが出来る。昨日ホテルの窓からも見えた。  13世紀から18世紀にかけて建てられ、1880年の大地震後に修復された。 現在も修復中で、ガイドさんも何時になったら修復が終わるのか分からないとのこと。

 大聖堂から南に少し丘を下ってイェラチッチ広場へ。 ここは共和国広場とも言い、ザグレブ市街の中心的広場。 四方を建物に囲まれ、広場の南側ではトラムが走る。 広場の中央にはイェラチッチ将軍の騎馬像があり、さすがに「ネクタイ発祥の国」、将軍の首には赤いネクタイが締められていた。 広場のあちこちにオープンカフェがあり、騎馬像の周りでは大道芸が行われていた。 朝から旧市街の中を歩き詰めだったので、広場のカフェで一休み。 初夏の陽光、風、エスプレッソをのんびり楽しむ。


 ヨシップ・イェラチッチ (1801-1859)
 オーストリア帝国領ハンガリーの支配下に置かれていたクロアチア出身の軍人。 ヨーロッパに革命の機運が高まった1848年、ハンガリーでオーストリア帝国からの独立運動が起こると、イェラチッチはオーストリア帝国からクロアチアの領主・将軍に任ぜられた。 彼はまず帝国の重要港湾都市リエカ(現クロアチア領)を鎮圧。 続いて現ハンガリー領、オーストリア領に赴きハンガリーの革命軍を制圧した。 この功績を認められイェラチッチはオーストリア帝国から伯爵号を授けられた。
 オーストリアの側からイェラチッチの軍功を見るとハンガリーの独立運動を押え、オーストリア帝国の中央集権的支配を復活させただけに見えるが、 クロアチア側からは抑圧者ハンガリーに対する抵抗者と見える。
 クロアチアでは、イェラチッチはハンガリーからの、続いてハプスブルグ帝国からの民族独立運動の先駆者として評価されている。 一方旧ユーゴ共産党政権からは「革命運動を抑圧した」オーストリア帝国の貴族という否定的な評価が一般的だったようだ。 ザグレブの広場から彼の名前が削除され「共和国広場」となったのもこのような共産党の歴史観によるところが大きいと思われる。

 イェラチッチ広場のそばのレストランで昼食をとり、プリトヴィッツェ湖群国立公園に向けてバスで出発。 ザグレブから高速道路を南西に下り、途中カルロ・ヴァッツで一般道に入り、更に南下する。 このあたりに来るとクロアチア内戦の弾跡が未だに残っている家々が目立つ。

 ハプスブルグ帝国がオスマン・トルコの侵入を防ぐ目的で、この地方に軍事境界線を設けて、セルビア人を住まわせたそうだ。 クロアチア内戦はこの辺りから始まったという。

 17時にプリトヴィッツェ湖群国立公園に到着。 ホテルはイエゼロ(湖の意)。 二泊の予定。 ザグレブは晴れていたのに、プリトヴィッツェは小雨。 明日の天気を心配しつつ・・・・ 。


 [プリトヴィッツェ湖群国立公園(Nacionalni Park Plitvicka jezera)]
 6月6日(火)  ザグレブの南約110Kmに位置するプリトヴィッツェ湖群国立公園(世界遺産 1979年)は、標高502mから637m、その差約135mの間に、16個の湖と約90箇所の滝があり、年間およそ80万人の観光客が訪れる湖群公園。 滝の数は雨の量、水の量により変化するので、確定されていない。 水には石灰分が多量に溶け込んでおり、 倒木には石灰華が出来て、この倒木がダムとなり、水をせき止めてたくさんの湖を作っている。

クロアチア プリトヴィッツェ湖群国立公園 湖群解説図

このプリトヴィッツェ湖群は1949年にユーゴスラヴィアで最初の国立公園となり、1979年には世界遺産に指定された。 しかし、その後、1991年の内戦時に、一時セルビアの管理下におかれ、内戦でかなり破壊されて一時は危機遺産リストに登録された。 1995年に内戦終結とともにクロアチアに戻り、再び世界遺産となった。

クロアチア プリトヴィッツェ湖群国立公園 大滝
 昨夜心配したように、お天気はあいにくのしとしと雨。 ホテルを9時に出て、バスで国立公園の東の端、入り口近くのビジター・センターへ行く。 ここで15分ほどプリトヴィッツェ湖群国立公園の説明のビデオを見て、ここから散策に出発。 入場料は75クーナ(¥1,540)。 観光地としては高い方だ。

 湖岸に沿ってまず大滝の方へ進む。 プリトヴィッツェ川が落差78mの大滝となってコラナ川に注いでいる。 木道を滝の方に近づいて行くと、周りにも大小の滝があり、あちこちから水がこぼれている所に居る感じ。

 ここの森は80%がブナで、残りは松などの針葉樹だそうだ。 ほとんど手付かずの森には1257種のハーブや植物、55種の蘭、50種ほどのプリトヴィッツェの固有の植物があり、157種の野鳥が棲み付いているという。 土地は石灰岩で出来ており、大きな木はあまり育たず、倒木として湖の中に転がっている。 湖の水は澄み切ったエメラルドグリーンで、マスが3種類ほど棲んでいる。

クロアチア プリトヴィッツェ湖群国立公園 電動ボート
 公園の東側、湖の下流側から散策を始めたので、次第に上流に上っていくことになる。 坂道があったり、自然に出来た石灰岩の洞窟を抜けたり。 滝も見上げるばかりでなく、見下ろす時も。 第一ステーション(電動バスが止まる停留所)の辺りでミルカ滝を見下ろす。 クロアチア出身のオペラ歌手、ミルカ・トルニーナの名前の付いた滝。

 P3と名づけられたコジャック湖畔の休憩所でしばし休んで、電動ボートに乗りP1で下船。 ここから宿泊しているホテルに程近いレストラン「ポリャナ」で昼食。

 ホテルに一度戻って、着替え等で休憩後、14:30に再度出発。 先程のコジャック湖畔のP1まで行き、電動ボートでP2に渡り、ここから再び上流の方へ散策。 コジャック湖は標高534mなので、終点のプロスチャンスコ湖までおよそ100m登ることになる。

   船を下りて更に上に登って行くと、次々と美しい湖と滝が続く。 木道の上まで水しぶきがかかり、 小雨と相まって水浸し。 浅い湖では、小魚の泳ぎが見え、 水の色は淡い緑色となり、岩肌を流れる水は、白い布のように白く輝く。 16:20に第四ステーションのあるプロスチャンスコ湖畔に到着。 山の上の大きな、静かな湖だ。

 第四ステーションで公園内のバスに乗り、ホテルのそばの第二ステーションでバスを降り、17時にホテルに戻る。 公園内では入場のチケットを持っていれば、バス、ボートには何度でも乗り降り自由とか。

 本日の歩いたコースは最長の5-6時間コースだそうで、万歩計を持っていた方は18,000歩ほど歩いたとのこと。 皆さんお疲れ様でした。


クロアチア ザダル 聖ドナト教会
 [ザダル(Zadar)]
 6月7日(水)  本日はプリトヴィッツェ湖群国立公園を出て、南に下り、ザダル、シーベニック、トロギールと南下して、スプリットまで行く。

 プリトヴィッツェは山間部のためか、気温は8℃ととても涼しい。 8時にホテル・イエゼロを出発して一般道路を南に。 途中ゴルニャ・プロッチャから高速道路に乗り、長さ5681mのトンネルを抜け、ザダルの町へ。 トンネルを抜けると急に前方にアドリア海が開ける。 ザダルには1時間半で到着。

 ザダルはダルマチア地方でスプリットに次ぐ二番目に大きな町である。 ザダルの旧市街は海に突き出した半島の上にある。 このザダルはローマ帝国に支配された後、ビザンチン帝国、ヴェネチア共和国の支配を受けており、 旧市街にはヴェネチアン・ゴシックの家並みが今も数多く残っている。

 バスを降りて、旧市街の西北から東南にかけて走るメインストリートのシロカ通り(ローマ時代のデクマヌス通り)に出て、ローマ時代のフォーラムの上に建つ聖ドナト教会の前に出る。 この教会は9世紀初めにドナト司教により建てられたもので、ビザンチン様式。 建材にはローマ時代の列柱が使われているとのこと。 十字軍の砦の建て方のお手本のようである。 現在はコンサートホールとして使われているそうだ。

 聖ドナト教会の裏側には大小二つのバラ窓を持つストシャ大聖堂がある。 1285年に建てられたロマネスク様式の聖堂で五層の鐘楼もある。 聖堂内はシンプルで、白壁に黒い木製の天井が印象的であった。 

 この後街の中心のナロドニィ広場に出る。 この広場の周りには市役所、時計塔、中世の裁判所ロッジャなどがある。 旧市街の南東の端には陸の門(正門)があり、ヴェネチアの紋章「聖マルコのライオン」が掲げられてあった。

クロアチア シーベニック 聖ヤコブ大聖堂
 昼食後、ザダルから高速道路に乗り、およそ70Km南東のシーベニックに向う。 シーベニックはダルマチア地方で三番目に大きな海岸都市。 1066年にクロアチア人のクラッシュミル王によって建設された都市である。 1409年~1797年までヴェネチア共和国の支配を受けていて、ここには総督が住んでいたそうだ。

 シーベニックにある聖ヤコブ大聖堂(世界遺産 2000年)は、1431年~1536年に建てられた。 建設にはイタリア人建築家が携わった。 北イタリア地方、ダルマチア地方およびトスカーナ地方という3つの文化的に異なった地域の影響を受けており、 建物は北イタリアのゴシック様式の身廊、ドームはフィレンツェ初期のルネサンス様式となっている。 特に石の屋根は素晴らしい。 単純に石を積み上げただけのアーチ構造で出来ているそうだ。 祭壇の下の方にはユーライの作ったといわれる洗礼堂もある。 聖堂内から見たステンドグラスで飾られたバラ窓がとても綺麗であった。

 街中を聖フランシスコ修道院の所まで散策して、シーベニックを後にして、トロギールに向う。

 トロギール(世界遺産 1997年)はシーベニックに南東およそ45Kmの港町。 本土とチオヴォ島の間にある小島の町である。 元は陸続きだったのだが、防備のために水路を通して島にしたとのこと。 「地球の迷い方」には長い橋が架かっているような地図が載っているが、隣のバスターミナルまでは小さな橋が架かっている程度で、水路は狭い。

クロアチア トロギール 陸の門と聖ロブロ大聖堂
 北の陸の門から城壁内に入る。 この門の上にはトロギールの守護聖人イヴァン・オルシーミの像が建っている。 その下にネオンサインで「UNESCO」などと後から付け足したいらない物が飾ってある。 門を抜けて、南に進むと聖ロブロ大聖堂の前に出る。 この大聖堂は12~16世紀にかけて建立され、中世クロアチアの傑作だそうだ。 残念ながら修復中で、大聖堂の門の左右に彫られているという「ライオンの上に乗ったアダムとイブの像」を見ることは出来なかった。

 聖ロブロ大聖堂の横には市庁舎があり、さらに南には時計塔がある。 時計塔の壁には聖セヴァスチャンの像が建っている。 聖セヴァスチャンの絵は有名だが、彫像を見たのは初めて。

 時計塔の横の小路を進み、海の門(南門)をくぐる。 この門はしっかりした城壁に作られている。 トロギールの小島の西の端のカメルレンゴの砦までを散策して、陸の門の側に最近架けられたという太鼓橋を渡り、バスターミナルに戻る。

 ここから今日の宿泊地スプリットまでは15Kmほど。 途中サロナという街を通過した。 ここはローマ帝国を4分割し、東ローマ帝国の初代皇帝となったディオクレティアヌスの出身地だそうで、ローマ時代にはアドリア海沿岸で最も重要な町だったとか。 闘技場、浴場、フォーラム、水道橋などがあったそうだ。

 本日の宿はスプリットの海岸に建つホテル・マルヤン。 スプリットの旧市街まで700m程度の所。


 [スプリット(Split)]
 6月8日(木)  6:30、ホテルの前のリバ通りを東に進み旧市街へ。 このリバ通りは歩行者専用の通りで、ディオクレティアヌス宮殿の南を抜け、海岸線に沿ってフェリーターミナルに続く。 まだ人影もまばらで、時折散歩の人、ジョギングの人に出会う。 ディオクリアヌス宮殿を過ぎて、東に出ると広場があり、青空市場の準備をしている。 およそ40分間、まだ雑踏のない旧市街の散歩を終えて、ホテルに戻り、朝食。

 本日の予定は午前中にスプリットのディオクレティアヌス宮殿を見学し、午後にはバスでアドリア海を更に南下し、途中ボスニア・ヘルツェゴビナを通り、再びクロアチアに入国後ペレシャッツ半島のオレベッチまで行き、ここからフェリーでコルチュラ島に渡る。

クロアチア スプリット ディオクレティアヌス宮殿
 8:30にホテルを出て、バスで3分後には旧市街に到着。 ディオクレティアヌス宮殿(世界遺産 1979年)の青銅の門(南門)から入り、地下から見学を始める。

 この宮殿はローマ皇帝ディオクレティアヌスが自分の出身地近くで静かに余生を送ろうと、皇帝在位(284年~305年)期間中の296年からこのスプリットに建てたもの。 皇帝を305年に辞して、316年に亡くなるまでの11年間をここで過ごしたと言う。

 宮殿の範囲は東西199m×南北240mで、周りは2mの厚い外壁に守られ、四角の他に12の見張り塔(合計16の塔)がある堅牢な造りとなっていたようだ。 青銅の門(南門)は元はアドリア海に面していて、船が着くようになっていたらしい。 西には鉄の門、北に金の門、東に銀の門がある。 宮殿の北側は警備の500人ほどの兵隊が使い、皇帝は南側を使ったといわれている。

 ディオクレティアヌス宮殿に入ると、ものすごく大きいホールに入る。 ここは宮殿の地下の部分で、アーチの天井は高い。 この地下部分は、宮殿の地上に居を構えた人々が、床に穴を開けて、そこからゴミを捨てたため、長年にわたって塵貯めとして使われたそうだ。 第二次世界大戦後に塵が取り除かれたという。 塵があったおかげで、「保存状態が良かった」とはガイドさんの弁。

 地上に上ると、狭い場所だがしっかりとカルド通り、デクマヌス通りがある。 驚きはこの宮殿に数千人の人々が住み着いていること。 ローマの列柱の間に石灰岩を詰めて壁を作ったり、宮殿の石材を取り外して土台にしたりして、住居を構えている。 ディオクレティアヌスが持ってきたと言われている4000年前の花崗岩のスフィンクスと住民の洗濯物が同居しているのである。 中央のインフォメーション・オフィスの側にあるガラス張りのスプリット銀行の店内では、古代ローマ柱がむき出しで、柱の傍にコンピュータ端末が置かれており、古代と現代がここでも同居していた。

クロアチア スプリット クロアタ社 ドアーの取っ手がネクタイの形
 遠くからも良く目立つ白い塔はネオ・ロマネスク様式の教会の塔。 この塔のそばに大聖堂がある。 この大聖堂は当初、ディオクレティアヌス皇帝の霊廟として造られたが、後にサロナから移り住んできた人たちにより、ディオクレティアヌス皇帝に303年殺されたドムニオ司教を祀る大聖堂となったもの。

 宮殿の西には聖イヴァン洗礼室がある。 ここは元ユピテルというローマ時代の神の神殿であった。 その後十字の形をした洗礼盤が置かれ、洗礼堂となった。 この洗礼盤の側面には9~10世紀のクロアチアの王様の像が彫りこまれている。 王様が彫られた石版としてはヨーロッパ最古のものだそうだ。 また洗礼盤の後にはイヴァン・メシュトロヴィッチの作った洗礼者ヨハネの像が建っている。 中世と近代が同居しているということか。

 西の門から出て、南に進むとフルーツ広場がある。 この広場に面して「ネクタイのクロアタ(CROATA)社」の店があった。 旅行前からクロアチアはネクタイ発祥の国と聞かされていた。 これがあのクロアタ社。 入り口のドアーの取っ手のデザインはネクタイと洒落ている。 もうネクタイは必要ないし、まごまごしていると「スカーフを云々」など言い出しかねない人が付いているので、早々に店の前から立ち去る。

ディオクレティアヌス (245年 - 313年)

ディオクレティアヌス像
属州イリリクムのサロナ出身。「ディオクレティアヌス」というのは皇帝になる際につけた名で、本来の名前はディオクレス(Diocles)。一兵卒から親衛隊長官にまで出世し、先帝ヌメリアヌス(282年 - 284年)の死後、小アジア西北のニコメディアで即位し皇帝となった。
 当時、広大なローマ帝国の統治と防衛を単独で行うのは困難だと考え、軍の同僚だったマクシミアヌスを共同皇帝として西方を担当させ、 ディオクレティアヌス自身はニコメディアを拠点に東方を治めた。 彼らは国境防衛に便利なように前線にほど近い都市に宮廷を置いたため、既に荒廃していたローマの重要性はますます低下し、ローマ帝国の重心は東方におかれるようになった。

 292年、東西のそれぞれの皇帝が正帝(アウグストゥス)となり、副帝(カエサル)を任命し、4人がローマ帝国を分割して治めた。 この制度はテトラルキア(四分割統治、四分治制)と呼ばれ、帝国は事実上4人の皇帝によって統治されるようになった。 だがこの制度は、ディオクレティアヌスの巧みな政治手腕に依るところが大きかったため、彼が引退するとその均衡は崩れ、帝国は再び混乱した。

 ディオクレティアヌスは、皇帝権と帝国防衛を強化するため、自らの軍事力を増強し、課税強化を図って官僚制を整備した。合わせて、属州をおよそ100程度に再分割し、属州総督の権力を削減した。 これ以降の帝政を、専制的な皇帝が官僚制を通じて人民を支配した構造からドミナートゥス(専制君主制)と呼ぶ。この体制は、一時的に帝国に安定をもたらした。 だが一方では、各都市に一定の範囲で認められていた自治を奪い、各地の都市を衰退させる要因となった。官僚制の整備によって軍政と民政が分離したことで、属州の自立はおさえられた。

 ディオクレティアヌス以降のローマ帝国は、慢性的な財政難に陥った。 増強された軍隊と肥大化した官僚制の維持に膨大な費用がかかった上、外敵との抗争があいついだ結果であった。 それゆえ、市民に課される税は厳しくなる一方であった。 土地・人口の調査が行われ、人頭税(ユガティオ)と土地税(カピタティオ)が導入された。 その他に、最高公定価格の設定、手工業者に対する統制、公設の奴隷市場開設など様々な経済政策が打ち出されたが、帝国財政再建には至らなかった。

 危機に瀕したローマ帝国の統一を回復・維持するため、ディオクレティアヌスは自らの皇帝権力を宗教により神聖化させようとした。 こうした姿勢は、ローマ帝国がかつて有していた市民共同体としての性格を失わせるものであった。 また、これらの政策は皇帝崇拝を拒んだキリスト教徒との対立を招き、キリスト教徒の弾圧が行われたとされている。 これは、キリスト教側からは「大迫害」と呼ばれており、キリスト教史上最も多くの信者が弾圧によって殉教したとされる。

 305年、ディオクレティアヌスは健康を崩したこともあって退位し、アドリア海に臨むスプリットに離宮を作って隠棲し、数年間そこで過ごし、その後亡くなった。 古代の歴代ローマ皇帝の中で、引退した例は彼の他にはほとんど存在しないと言われている。

クロアチア オレビッチ港 フェリー
 スプリットの郊外で昼食を済ませた後、バスでアドリア海の海岸沿いを南下する。 バスの進行方向右手に大きな島ブラーチ島が見える。 この島からは良質な石灰岩、大理石が産出され、スプリットのディオクレティアヌス宮殿はもちろん、アメリカ合衆国のホワイトハウス、ウィーンの市庁舎、ベルリンの国会議事堂など有名な建物はここの石を使っているそうだ。

 さらに南下し、右手にペレシャッツ半島が見えるところまで来ると、一旦国境を越えてボスニア・ヘルツェゴビナに入る。 ここはボスニア・ヘルツェゴビナがアドリア海に顔を出している所で、海岸線で16Kmあるとか。 バスで走った道路は9Kmほど。 再び国境を越えてクロアチアに入る。 クロアチア人の行き来が頻繁にあるのか、パスポートのチェックは入国、出国とも一切なし。

 まもなく右に曲がり、ペレシャッツ半島の中をオレビッチに向う。 このペレシャッツ半島の付け根の町ストンは塩田と城塞の町。 周りの山の峰を延々と城塞が連なっている。 町が豊かだったので、外敵から守るために城塞を造ったとのこと。

 バスはフェリーの時間を気にして、少し急いでいたようで、オレビッチ港に着いたのは17:25。 まだ折り返しのフェリーは到着していなかった。17:55バスに乗ったままフェリーに載り、アドリア海をコルチュラ島へ。 アドリア海の綺麗なこと。 15分ほどでコルチュラに到着。 今夜の宿はコルチュラの東に建っているホテル・リブルナ。 ホテルからは前の海の向こうにコルチュラの旧市街が見える。


クロアチア コルチュラ 朝のコルチュラ旧市街遠景
 [コルチュラ(Korcula)]
 6月9日(金)  島の朝はすがすがしい。 6:20にホテルを出て、海岸沿いに旧市街のそばまで散歩をする。 海は穏やかで、朝日の当たった旧市街の影を映す。 アドリア海の水は綺麗で澄んでいる。 我々の宿泊したホテルの他にもう一つ大型ホテルがこの海岸に面して建っている。 港にはヨットハーバーもあり、観光地なのに海岸にゴミひとつ無い。

 このコルチュラ島はクロアチアでも数ある島の中で最も人口が多く、1万7千人ほど住んでいるそうだ。 緑の多い島で、遠くから見ると澄んだ水色の海に映る深い緑が黒く見えることから「黒い島:コルチュラ」との名前がついたという。 先史時代から人が住んでいて、紀元後1世紀にはローマ人、7世紀にはスラブ人などが入り、1420年~1797年はヴェネチアの支配を受け、ナポレオンの時代、ハプスブルグ家の時代、オーストリア・ハンガリーの支配した時代、さらにロシア、イギリス、ユーゴスラビアの時代を経て、現在はクロアチアとなっている。

 8時にホテルを出て、コルチュラの旧市街まで行き、徒歩のよる観光。 旧市街はこぶのように海に突き出た部分で中世の建物が狭い場所にぎっしり建っている。 旧市街に住む人はおよそ350人とのこと。 港に面した広場の石段を昇ると、ヴェネチアの紋章「聖マルコのライオン」のレリーフが付いた陸の門がある。 この門をくぐると市庁舎とロッジャ(中世時代の裁判所)がある。 ここから西に少し下る道が「哲学の道」で、旧市街にある25本の道に中で唯一階段がない道。 考え事をしていても歩けることからこの名前がついたそうだ。

クロアチア コルチュラ 旧市街・陸の門
 この「哲学の道」を西に下った所にイコン博物館がある。 この建物は13世紀に建てられたもの。 ここは教会で働いていた3兄弟の中の長男の住んでいた部屋で、 近くのクリート島にあったイコンや十字架などが展示されている。 オスマン・トルコ軍の襲撃から守るためにこの場所に移されたものらしい。

 階段を降りて全聖人教会へ。 教会内には石造りに見える木製のピエタ像、祭壇には石に彫刻を施した天蓋がかかっている。 また沢山のローソクが飾られていた。 諸聖人の巡礼の時には、町一番の美男子が重さ80Kgの大きなローソクを持って行進するとのこと。

 旧市街の中心、聖マルコ広場に行くとガブリエリ家、イスマエリ家など町の有力者の家が並んでいる。 家の構造は1階が店舗、2階が居間、3階がキッチンになっている。 当時は水不足から火が出ても3階だけで被害が済むようにとこのような間取りにしたとのこと。

 聖マルコ大聖堂には高い鐘楼があり、コルチュラのシンボルとなっている。 この大聖堂は14~16世紀にかけて建設され、当時のローマ法王がこの大聖堂に聖テオドルと聖マルコの聖遺物を贈ってくれたそうだ。 ここの正面の祭壇にも大きな石の天蓋が有り、重さは7tもあるそうだ。 祭壇の中にはティントレット作の三聖人、右の壁には受胎告知の絵が架かっていた。

 大聖堂を出て、マルコ・ポーロの生家と言われているところへ行く。 大きな壁の横の狭い階段を上がって行くと「マルコ・ポーロの家」という博物館に出る。 狭い部屋で、更に階上に部屋があり、屋上もある。 中にはマルコ・ポーロにちなんだ写真のような展示物だけ。 マルコ・ポーロはコルチュラの生まれと言っているが、ブリタニカを調べてみると「生地はヴェネチアあるいはダルマチア地方のコルチュラ島」と書いてある。 ヴェネチアにはマルコ・ポーロ空港もあるし・・・・  はっきりしない話。

クロアチア ドブロヴニク ドブロヴニク大橋
 10:30から1時間半ほどアドリア海のミニクルーズ。 旧市街の西にある港から50人ほど乗れる小さな観光船に乗り、コルチュラ島の北側を東に向う。 海上から見るコルチュラの旧市街も絵になる。 さわやかな海の風を受けながら40分ほど走り、プラニャック島に上陸する。 この島の住人は2家族だけとのこと。 ここでは石灰岩の石切り場を見に行く。 垂直に切り出された石灰岩の壁、すぐそばには鍾乳石、石筍が露天でみえる。 正に石灰岩だらけ。 コルチュラの旧市街の建物は全て石灰岩で出来ており、このプラニャック島の石灰岩がほとんど使われたとか。

 12時にコルチュラに戻り、1時間ほど自由散策。 旧市街の外側、海岸沿いを一周する。 旧市街で昼食をとり、クロアチア本土に戻る。

 コルチュラ島に来る時に通過したストンの町で休憩。 塩田の見学に出かけたが、この時期塩田に塩水を引き入れていないとの事。 しばしトイレ休憩の後、アドリア海沿岸をドブロヴニクに向う。

 ドブロヴニクに入る前にグルージュ港の前にあるドブロヴニク大橋で休憩。 このドブロヴニク大橋は最近出来たもので、以前は入り江の中をぐるーっと回っていて時間がかかったそうだ。

 ドブロヴニク、旅の最後の宿泊場所はホテル・アルジェンティーナ。 何故クロアチアでアルゼンチンなのかは不明。 ドブロヴニク旧市街の東端プロチェ門からおよそ700mの所にあり、旧市街のアクセスにとても便利な所。


クロアチア ドブロヴニク 旧市街遠景
 [ドブロヴニク(Dubrovnik)]
 6月10日(土)  本日はクロアチアの南、モンテネグロまで行き、ブドバ、コトルの観光を行う。 モンテネグロは2006年5月21日に国民投票があり、投票率86.5%、独立賛成案が55.5%で可決され、セルビア・モンテネグロ国家共同体からモンテネグロ共和国として、我々の旅行中の6月3日に独立を宣言したばかり。 外務省のホーム・ページでは「2006年6月16日、モンテネグロの独立を承認」となっているので、日本国が独立を承認する前にモンテネグロに入国したことになる。

 8時にホテル・アルジェンティーナを出て、アドリア海を南に下る。 ドブロヴニクの旧市街が良く見える小高い丘の上で写真ストップ。 およそ40分ほどでクロアチア-モンテネグロの国境を越える。 独立宣言後まだ一週間、ぜひパスポートにスタンプを押してもらいたかったが叶わず。 パスポート・コントロールではバスの運転手が二言三言入出国係官と話しただけで通過。 元々行き来のある国同士なので、あまり調べないそうだ。

 モンテネグロに入ると車窓に黒々と背の高い糸杉の木が目立って増えてくる。 モンテネグロ - モンテ・ネグロ(=黒い山という意味)の面積は福島県くらいの大きさだが、4つの国立公園を持つ緑豊かな国とのこと。

 10時にコトル湾の入り口カメナリ港に到着。 ここからフェリーで対岸のレペタニへ渡る。 さらにアドリア海沿岸を南下し、スヴェティ・シュテファン島を見下ろす高台まで行き折り返す。 このスヴェティ・シュテファン島は以前海賊から地域を守るための要塞が造られていて、その後人が住み始めて町となった。 さらに1935年から20年間をかけて国が島全体に国営ホテルを作り、一大リゾート地となったそうだ。 ホテルは一部屋、一泊300~1,500ユーロ。 大スターのソフィア・ローレンやシルベスタ・スタローンなどが良く保養に利用したとか。 有名人が多く来るのでパパラッチも多く出没するそうだ

モンテネグロ ブドバ モンテネグロの国旗
 午前中にブドバの町に戻り、旧市街の観光へ。 このブドバの旧市街はアドリア海に突き出た小さな半島にあり、周りは城塞で囲まれている。 この町は1667年に起きた大地震で大被害を受けたとのこと。 ここにある建物のほとんどが17世紀以降のもの。 ここには紀元前3世紀頃から人が住んでいたそうで、ギリシャ時代の遺跡も残っているとの事。 旧市街の中には1000人ほど住んでいるそうで、町の中心には聖ジョージ教会、サンタ・マリア教会、聖サワ教会、スヴェティ・イヴァン教会など沢山の教会が集まっていた。

 街中を歩いていると、独立してまだ一週間しか経っていないのに、しっかりとモンテネグロの国旗が掲揚されていた。 この国はEU(ヨーロッパ連合)に加盟していないのに既に通貨はユーロを使っている。 セルビア・モンテネグロの時から着々と独立の準備をしており、この後EUに加盟するという意思が見て取れた。

 ブドバの新市街のレストランで昼食をとり、コトル湾の奥まった所にあるコトル(世界遺産 1979年)の町に向う。

 コトルの町の旧市街は新市街とはっきり分かれている。 北と南には小さい運河があり新市街と隔絶されており、 西にはコトル湾、東には断崖があり町の境をなしている。 旧市街自体は巨大な城壁に囲まれていて、あまり広くなくて三角形の地形をしている。

モンテネグロ コトル 旧市街遠景
 コトルは1世紀頃ローマ都市アスクリビウムが建設され、ビザンチン帝国、ハンガリー王国に支配されながらも一定の自治を保って繁栄してきた。 14世紀にセルビア王国のもと最盛期を迎えたが、やがてヴェネチア共和国の支配を受け、アドリア海の前線基地となった。 アドリア海のコトル湾の奥まった所にある街は、周囲をすべて岩山に囲まれている。 こうした地形に堅く守られているため、 トルコ軍や海賊を撃退してコトルは栄えることができたそうだ。

 バスでコトルに着いて一番先に目に着くのが、背後の山に沿って築かれた城壁。 銃眼のついた石造りの壁が、はるか高い所まで続いている。 恐らく住民は町が襲撃を受けても、この山に立てこもって敵に立ち向かうことが出来たものと思われる。 「時間が有ったら城壁に沿って高い所へ」という気持ちにさせないほど急峻な断崖に造られている。

 旧市街の入り口は海の門。 この門には以前ヴェネチアの紋章聖マルコのライオンが飾ってあったそうだが、今は共産党のマーク(星)と独立記念日を表す「21 XI 1944」が表示されていた。 ちなみに「聖マルコのライオン」のレリーフは門の右側の城壁にひっそりと掲げられてあった。

 門の上は見張り人の家になっていて、門の中に入ると広場になっている。 コトルの長官の家には15mもあるバルコニーがあり、ヴェネチアの支配の影響があちこちに見られる。 この広場には時計塔、裁判所、貴族の館などが並んでいる。

モンテネグロ コトル 聖トリフォン大聖堂
 コトルは以前からローマ・カトリック教会とギリシア正教会の司教区の中心であったので、市内には無数の教会がある。 コトルの一番有名な教会は聖トリフォン大聖堂。 カトリックの教会で、3世紀に殉教した少年を祀っているとの事。 このロマネスク様式の建築物は1166年に、この町にあった最も古い教会の土台の上に作られたもの。 しかし聖トリフォン大聖堂は1979年の地震によって大損害を受けてしまった。

 コトルは1979年に、町の歴史的建造物とコトル湾を含む周辺の自然とともに世界遺産に登録された。 だがこの年に起きた2度の大地震により大きな損害を受けたため、すぐに「危機遺産」に登録された。 その後1991年のユーゴスラビア紛争で700以上の建造物が破壊された。 その後、ユネスコの協力の下修復が行われ、2003年に危機遺産登録のリストから外されたそうだ。

 聖トリフォン大聖堂も現在は少なくとも外見は修復されていた。  聖ルカ教会というロマネスク様式の小さい教会も聖トリフォン大聖堂と同時期に建築されたもの。  ロマネスク様式ばかりではなく、バロック、ルネッサンスやゴシック様式などの建物もたくさんある。 旧市街には最盛期に5,000人ほど住んでいたが、現在は3,000人ほど。 教会も30あったのが現在13になったとか。

 旧市街地の町並みの多くは、繁栄した中世12~15世紀頃の姿を色濃く残している。 狭い小路を抜けるとヴェネチアン・ゴシックの家々が並ぶ。 この町のお金持ちのピーマ家とブッチャー家の宮殿だそうだ。 ピーマ家は、お金を町に寄付をして医者、学校の先生、美容師などを町に呼んだとか。

 一日をかけた日帰りのモンテネグロ。 ブドバとコトルの狭い領域だけの観光であったが、十分に印象の深い旅であった。 帰りはコトルからコトル湾を大きく回って、カメナリ港の横を通り、国境を通過し、ドブロヴニクに戻る。

 6月11日(日)  「アドリア海の真珠」ドブロヴニク(世界遺産 1979年)。 位置としてはクロアチアの一番南で、間にボスニア・ヘルツェゴビナが入っているので飛び地となっている。 市内の人口は4万7千人。 アドリア海に突き出し、城壁に囲まれた旧市街には2,500人が住んでいる。

クロアチア 守護聖人ブラホの像
 ここには7世紀のころにギリシャ人が住み始め、ビザンチン帝国の保護を受けたころは「ラグーサ」と言われた。 この後1205年~1385年までヴェネチア共和国の支配下にあったが、1385年~1808年までは独立して、ドブロヴニク共和国であった。 1808年1月31日、ナポレオンが攻めてきて共和国の幕は閉じられた。

 9時にホテルを出て、バスで旧市街の西側へ行き、ここから今日一日は徒歩観光。 西側には16世紀に造られたピレ門があり、門の上には左手にドブロヴニクの町を持ったこの町の守護聖人ブラホの像がある。 聖ブラホとは、4世紀に現在のトルコで司教をしていた人で、ある日、水不足で困っているドブロヴニクの町のことを夢で見て、助けに行き、町を救ったとのこと。 この守護聖人ブラホの像は町のあちこちで見かけた。

クロアチア ドブロヴニク旧市街 オンフリオの泉
 ピレ門をくぐって旧市街に入るとすぐ右手に「オンフリオの泉」がある。 この泉はイタリア人建築家オンフリオが1438年に造ったもの。 はるか20Km離れたところから水道橋で水を引き、住人の生活用水とした。 かかった費用は金貨12,000枚(牛2,000頭分)と言われている。

 この泉の前から東に真直ぐ伸びている通りが「プラツァ通り」。 このプラツァ通りは中世時代には運河であり、船着き場でもあったという。 200年ほど前、ここを埋め立てて、石灰石を敷き詰めて通りにしたらしい。 200年経った石灰岩の石畳はつるつるでピカピカ。

 オンフリオの泉の前にはフランシスコ会修道院がある。 このフランシスコ会修道院は、7世紀の初めに創建されたもので、内部には1307年創業の、世界で2番目に古いと言われる薬局(現在は薬学博物館)、宝物館などがある。 ここにはアジアから来た壷、オランダのデルフト焼、蛇を入れていた箱、400冊もの処方箋の本などが展示されていた。
 内部には中庭があり、その周りに120本全て柱頭の彫刻の違った柱の回廊があり、 この中庭ではかって、薬局で使う薬草を栽培していたそうだ。

 フランシスコ会修道院を出て、プラツァ通りを東に進む。 旧市街の東端には15世紀に造られた背の高い時計塔がある。 丁度10時。 10回鐘が鳴る。 3分後にもう一度10回鐘が鳴る。 ガイドさんによると「ドブロヴニクでは待ち合わせに3分遅れても許される」とのこと。

クロアチア ドブロヴニク旧市街 大聖堂
 時計塔のそばにある旧総督邸を見学。 この建物は15世紀に建てられた宮殿。 ドブロヴニクが共和国時代に使われていたもの。 総督は議会により民主的に選ばれ、独裁政治を避けるために、任期は一ヶ月とのこと。 それにしても短すぎる気もするが、5期20年も地方首長の椅子にしがみついている御仁に聞かせてやりたかった。 現在、この建物は博物館として使われている。 2階に上がると入り口に「私事を忘れて、公務に徹せよ!」と書かれている板が掲げられている。 この部屋には貴族が持っていた絵画、家具、調度品などが展示されていた。

 旧総督邸の斜め前にはドブロヴニク大聖堂がある。 大聖堂は7世紀から8世紀にかけてビザンチン様式で創建され、12世紀にはロマネスク様式に、18世紀にバロック様式に改築されたとのこと。 祭壇にはツティツイアーノの「聖母被昇天」の絵が架かっていた。
 祭壇の左手に宝物殿がある。 この宝物殿の入り口には3つの鍵が付いていて、司教、総督、秘書官がそれぞれ鍵を持っていて、三人が揃わなければ扉を開けられないようになっていたそうだ。
 現在120ほどの聖遺物、容器、絵画などが収蔵されている。 暗い室内をガラス越しに見たら、ラファエロの「小椅子のマドンナ」の絵が無造作に床に置かれていた。 旅友からもこの宝物殿にラファエロの絵があると聞いてはいたが・・・・ 。 この作品はイタリア、フィレンツェのパラティーナ美術館に所蔵されているはず。 なぜこのような絵がここにあるのか、真贋のほどは分からず。

クロアチア ドブロヴニク旧市街 プラツァ通り
 大聖堂を出て、すぐ横にある野菜広場へ。 ここで面白いものが見れるとガイドさんが連れて行く。 時間はまもなく12時。 広場の周りにどんどん鳩が集まりだした。 12時丁度に鳩に餌を与えるおじさんが居て、この時間に鳩がよって来るそうだ。 12時。 おじさんが現れると、周りの建物の屋根に居た鳩たちが一斉に降りてきておじさんの蒔く餌にむらがる。 「時間は人間より正確」とはガイドさんの弁。

 ドブロヴニクの東端にある港のレストランで昼食をとり、その後プロチェ門のそばから城壁に上がり、旧市街の外側を反時計回りに一周する。 城壁の高い所から旧市街を見るとほとんどの屋根が新しい。 あのユーゴスラビア紛争でこの町のほとんどの建物が損傷を受けた。 特に屋根の損壊は激しかった。 被害の激しさをこの新しい赤い屋根が物語っている。

 なぜ戦略的に何のメリットもないドブロヴニクの町をユーゴ軍が攻撃したのか。 それはドブロヴニクが美しすぎたためだという人がいる。 本当かどうかはわからないが、その言葉に納得してしまうほどの美しさがこの町にはあるように思える。

 西の端のピレ門の上に来ると東西に真直ぐ伸びたプラツァ通りがみえる。 午前中に歩いた通りだが、上から見るのもまた良い。

 南西の角にあるボカール要塞あたりに来ると、アドリア海の潮騒が聞こえる。 また、このあたりには内紛で壊れた住居をそのまま残している。 戦争の過ちを忘れないように残してあるという。

 南東の角の聖イヴァン要塞まで来ると、港の先にロクルム島が浮かんでいる。 この島は緑の多い島で、ホテルの部屋から良く見えた。 島の南東、本土から見えない場所にはヌーディストのビーチがあるそうだ。

クロアチア ドブロヴニク旧市街とロクルム島 スルジ山頂より
 城壁の長さはおよそ2Km。 一時間ほどで一周して、その後は自由時間。

 自由時間を利用して、ドブロヴニクの後方にあるスルジ山に登ることにした。 以前はケーブルカーで登れたらしいが、現在は内紛で破壊され、ケーブルカーの柱の残骸だけが残っている。 歩いて登れないこともないそうだが、急峻な山であり、また地雷が埋まっているかもしれないなど驚かされたので、タクシーで行くことにした。 タクシーは旧市街を出ないと拾えない。 プロチェ門の外にあるタクシー乗り場で交渉し、「一台に4人乗車、山頂で20分間見学、ガイドは運転手さん」の条件で240クーナ。 交渉成立、タクシー2台、8人で山頂へ。

 山頂には破壊されたケーブルカーの駅や以前使われていた観光用の建物、それにナポレオンが贈ったという白い十字架(紛争後に建て直されたもの)くらいしかない。 山頂には警備の軍人が数名駐在していた。 「日本から」と言ったら「まもなく試合だね」とサッカーの話に。 高性能の双眼鏡を貸してくれたので、「ロクルム島のビーチをこれで覗くのか」と尋ねたら、若い兵士が顔を赤くして否定していた。

 眼下にはアドリア海、ドブロヴニクの町、ロクルム島など素晴らしい景色が広がっている。 一人60クーナ(¥1,200)の価値は十分にある。

 旧市街に戻って、ガイドツアーでは訪れなかったイタリア風バロック様式の聖ブラホ教会、港あたりを回って、薄暮せまる港のそばの野外レストランで夕食を済ませ、 プロチェ門から出て、旧市街を振り返りつつ、緩やかな坂道を登り、ホテル・アルジェンティーナに帰る。

クロアチア ザグレブ プロペラ機が大好き
 6月12日(月)  4:50薄暗いホテルのロビーに集合。 朝食なしのスケジュールなのに、サンドウィッチや飲み物を用意してくれていた。 5時にバスでホテルを出発し、南にあるドブロヴニク空港へ。 ここからクロアチアの国内線でザグレブへ行く。 ザグレブでは3時間半ほどの待ち時間。 ザグレブからはアリタリア航空(AZ545便)でイタリアのミラノ・マルペンサ空港へ。 プロペラ機だ。 プロペラ機大好きの小生にとってはたまらない。
 マルペンサ空港での待ち時間は1時間半ほどの予定・・・・・ 。

 丁度ワールドカップで、日本-オーストラリアの試合が行われている。 1-0で日本が優位。 まもなく試合が終る。 後ろ髪を引かれる思いで中継中のテレビジョンの前を離れて、成田行きの搭乗口に向かう。 ・・・・・・。

 搭乗予定時間を過ぎてもなかなか搭乗案内のアナウンスがない。 そうこうしている内に搭乗案内盤の搭乗時刻の掲示が点滅し、ついには消えてしまった。 搭乗口で2時間ほど待たされて、 初めは「機材到着遅れ」と言っていたのに、「機材変更」になり、 まもなく成田からミラノに飛んでくる機材(飛行機)を待つことになった。

 すでにサッカーの試合は終っており、しかも1-3でオーストラリアに負けたとのこと。

 アリタリア航空からマルペンサ空港内のカフェのお食事券が出てカフェで食事をとるが、あまり食欲がない。 空港内でたっぷり待たされ、5時間40分遅れでアリタリア航空(AZ786便)でミラノを飛び立つ。

 6月13日(火)  6時間遅れの16時に成田空港に到着。 皆さん本当にお疲れ様でした。


 [エピローグ]
 ▼バルカン半島は未知の国であった。 想像していたよりも美しい国。 何より素敵なのはきれいな国。 アドリア海、公園、街中・・・ゴミのない国であった。  ▼せっかくダルマチア地方に行ったのに、あの斑点のある犬ダルメシアンには一度もお目にかからなかった。 残念。 ▼ネクタイの発祥地がクロアチア。 ヨーロッパで30年戦争(1618-1648年)の頃、クロアチアの戦士たちもこの悲劇に巻き込まれ、戦士達はクロアチアの領主ヴィツエ・ロイ指揮下で転戦し、ついにパリに入城。クロアチアの軍人の装いは、美しいスカーフを首の周りに巻くのを伝統としていた。 この洒落たクロアチア・スタイルはファッションにうるさいフランス人を虜にし、ルイ14世の時 「a la Croate 」として新しいファッションになった。 これがフランス語の「cravate(ネクタイ)」の語源だそうだ。 ▼ヨーロッパでは車に国の表示をしている。 クロアチアの車には(HR)が付いている。 HRはフルバッカ(Hrvatska)のことで、クロアチアの国名だそうだ。 日本とJapanのようなもの。