再びスペインへ

 2006年10月 スペイン物語  ~芸術・世界遺産と田舎町を訪ねて~  15日間
 4年前に11日間のスペイン旅行をしたことがある。 マドリッド、トレド、グラナダ、セビージャ、ロンダ、ミハス、バルセロナなど何処も印象的な町であった。 しばらく東欧、アラブの国などを回っていると、無性にスペインに行きたくなった。 今年の5月に計画をしたが、実現できず。 暑さが落ち着く10月に再度計画。
 スペインはキリスト教の文化とイスラム教の文化が入り混じる国。 前回行かれなかったコルドバ、メリダ、カサレス、トゥルヒージョ、グァダルーペ、アランフェスそれにアビラは楽しみ。
   今回このツアーを選んだ理由は、15日間でスペイン中部から南部をしっかり回ること。 さらに午後だけではあるが、5回も自由時間があることの2点。 バルセロナではカタルーニャ美術館、グラナダでは王室礼拝堂、セビージャではセビージャ美術館、トレドではサンタ・クルス美術館、マドリッドではティッセンボルネミッサ美術館、サン・フェルナンド美術アカデミーなどぜひ訪れてみたいと計画している。
プロローグ   バルセロナ   ミハス   グラナダ   セビージャ
 トゥルヒージョ   トレド   マドリッド   エピローグ


 [プロローグ]

 スペインの歴史
原始・古代
○後期旧石器時代の紀元前14000年代 クロマニョン人がスペイン北部にてアルタミラ洞窟の壁に動物画を残した。
○紀元前5000年ごろの新石器時代には巨石文化とともにイベリア人が移籍してきた。
○紀元前1000年ごろ、ガリアのケルト人がピレーネ山脈を越えて移住してきた。
○紀元前12世紀、フェニキア人がイベリア半島に進出。フェニキア人はヨーロッパで最古の都市カディスを建設。フェニキア人はイベリア人に数字やアルファベットを伝えた。時を同じくしてケルト人やギリシャ人もイベリアを訪れるようになり、その頃からイベリアは数多くの地域と交易をするようになった。
○紀元前2世紀、ローマとカルタゴが争ったポエニ戦争の影響を受け、イベリアはこの二つの国から狙われることとなった。イベリアは紀元前205年ローマ軍の手に落ち、その後長い間ローマの支配を受けることになった。

ローマ帝国時代
 ポエニ戦争のあと共和制ローマの支配下に置かれていたイベリア半島は、ローマ帝国に移った後もその支配を受けた。当時イベリア半島は軍事的な要衝であると同時に帝国最大の領土を得たトラヤヌス帝を輩出した地でもあり、ローマ帝国にとって重要な土地であった。
○150年 ゴート族が南下し、黒海沿岸に居住する。
○220年頃 ゴート族が東西に分裂。ゲルマン人がイタリア、ガリアに進出する。
○375年頃 ゲルマン人が民族大移動を行い、それにより西ゴート族がフン族に圧迫され南下。

西ゴート族の支配
○415年 西ゴート王国建国。フランス南部のトロサ(現ツールーズ)に都する。
○560年 西ゴート王国、トレドに遷都。
○585年 西ゴート王国、現ガリシアにあったスエボス(スエビ)王国を併合する。

イスラムの支配とレコンキスタ

イスラム勢力の盛衰
 イスラム勢力のウマイヤ朝は、北アフリカにまで勢力を伸張させると、さらに711年にベルベル人を率いたターリクのもとでジブラルタル海峡を渡ってイベリア半島へ上陸し、西ゴート王国を滅ぼした。一時はサラゴーサ、レオンなど北部の都市まで彼らによって征服され、カンタブリア山脈、ピレネー山脈付近を除くイベリア半島の大部分がイスラム勢力の支配下に入り、アル・アンダレスとして716年よりウマイヤ朝の属州となった。ウマイヤ朝は、ピレネー山脈を越えてフランク王国に戦いを挑むが、732年のトゥール・ポワティエ間の戦いで敗れたため撤退した。ウマイヤ朝が750年に滅亡した後、756年にウマイヤ家のアブド・アッラフマーン1世によって後ウマイヤ朝が建てられた。この王朝は、10世紀前半のアブド・アッラフマーン3世のもとで最盛期を迎え、自らカリフと称してアッバース朝、ファーティマ朝といった他のイスラム勢力に対抗した。都のコルドバはトレドとならんで西方イスラム文化の中心地となり、多くの学者が活躍した。しかし、10世紀後半には侍従がカリフ権を形骸化させて実権掌握を図るなど混乱が続き、短命で指導力を欠くカリフがあいついだのち、1031年に後ウマイヤ朝は滅亡した。
 後ウマイヤ朝の滅亡後、アル・アンダレスでは「第一次ターイファ時代」と称される小王国分立の時期を迎えた。そのうち代表的なものは、セビリア王国、トレド王国、サラゴサ王国、グラナダ王国、バレンシア王国などである。これらの諸王国が結束を欠く中、1085年に西方イスラム文化の中心地の一つであったトレドが、キリスト教勢力のカスティーリャ王国に征服されるという事態が起こった。この状況を憂えた小王国は、北アフリカ(マグリブ地方)のムラービト朝に援助を求めた。これに応えたユースフは、サグラハスの戦いでアルフォンソ6世を破りアンダルシア地方などの支配を回復させるとともに、アル・アンダレスの小王国を統制下においた。
 しかし、まもなくキリスト教勢力が巻き返しを図ったことに加え、イスラム勢力の内部でもアフリカから来たムラービト朝と在地の小王国の対立が深まり、さらに北アフリカではムワッヒド朝が台頭していた。こうした中、13世紀にはムワッヒド朝によってムラービト朝は滅亡へと追い込まれ、再びイベリア半島は「第二次ターイファ時代」と称される分権的な状況が生まれた。その後、ムワッヒド朝もイベリア半島へ進出して統一的な支配を行おうとするが、やはりアル・アンダレスの在地勢力との対立が深まり、「第三次ターイファ時代」の分裂期を招いた。徐々に台頭するキリスト教勢力と比べ、著しく結束を欠いたイスラム小王国の多くは、レコンキスタ(再征服運動)に屈して支配下に入った。滅亡を免れたナスル朝グラナダ王国も、まもなくカスティーリャ王国への貢納を余儀なくされた。
レコンキスタ(再征服)
 一方、当初はイスラム勢力に圧倒されていたキリスト教諸勢力がイベリア半島北部より台頭し、「国土回復」の名のもとレコンキスタ(再征服運動)を展開した。その担い手となったのが、ポルトガル王国、カスティーリャ王国、アラゴン王国などであった。1479年、カスティーリャ王国とアラゴン王国の合併(イサベル女王とフェルナノド国王の結婚)によって成立したスペイン王国は、1492年1月2日にナスル朝グラナダ王国を滅ぼしてレコンキスタを完了させた。
○716年 ウマイヤ朝アンダルス太守の支配が始まる。
○756年 後ウマイヤ朝建国(首都コルドバ)(アブド・アッラーフマン1世)
○1031年 後ウマイヤ朝断絶し、分裂王国時代になる。
○1037年 カスティーリャ伯フェルナンド1世、レオン王ベルムート3世を倒し、カスティーリャ王国(カスティーリャ・レオン王国)を建国。
○1085年 カスティーリャ王アルフォンソ6世、イスラムのトレド占領・奪回する。
○1086年 モロッコのムラービト朝スルタンのユースフが、サグラハスの戦いでアルフォンソ6世を破り、以後アンダルシアを支配(1090年 - 1146年)。
○1146年 モロッコのムワッヒド朝、アンダルシアを支配(1146年 - 1224年)。
○1224年 ムワッヒド朝滅び、アンダルシアに小王国分立。
○1238年 ナスル朝成立(首都グラナダ)アルハンブラ宮殿が造られる。
○1492年 ナスル朝がスペイン王国に滅ぼされ、イスラム勢力のイベリア半島支配が終焉する。

イベリア半島における文化交流

 キリスト教勢力とイスラム勢力はイベリア半島で衝突を繰り返したが、こうした両勢力の接触は一方で文化的な交流をもたらすことになった。11世紀後半、イスラム世界における西方の文化的な中心都市トレドがキリスト教勢力によって奪われたことを契機として、この地でアラビア語からラテン語へ諸文献を翻訳することが盛んに行われた。こうして、イベリア半島は西ヨーロッパ世界に先進のイスラム文化をもたらす窓口としての役割を果たし、西ヨーロッパの「12世紀ルネサンス」を導いた。

スペイン・ハプスブルク朝
 フェルナンド2世とイサベル女王の王女フアナ(狂女)は神聖ローマ帝国のマクシミリアン1世の王子フィリップ公(後のカスティーリャ王フェリペ1世)と結婚し、2人の王子が生まれた。長男のカルロスがスペイン王(カルロス1世)に即位すると同時に神聖ローマ皇帝カール5世となりスペイン・ハプスブルク朝が啓かれた。 この時代は、スペインがヨーロッパで覇を唱える一方、「新大陸の発見」による植民地獲得によって、隆盛を極めることになった。

新大陸の「発見」と征服
 1492年 スペイン女王イサベル1世の援助を受けたジェノヴァ人クリストファー・コロンブスが新大陸に到達する。 また地中海へも勢力を伸ばし1503年にはナポリ王国を獲得。 一方新大陸への征服は継続され、エンコミエンダ制のもとエスパニョーラ島などでサトウキビの生産がはじまる。苛酷な労働と疫病で先住民が死亡したため、アフリカから黒人奴隷を新たな労働力として持ち込んだりした。
 ポルトガルがインド航路を発見したことに対抗して、フェルディナンド・マゼランに新大陸周りで香料諸島への航路を探検させ、この結果、スペインはフィリピンを植民地にした。 さらに1530年代にはアステカ王国、インカ帝国が滅び、アメリカ大陸本土はあらかたスペインの植民地となった。  1545年にポトシ銀山で銀の採掘を開始されると、スペイン本国に大量の銀がもたらされ、スペイン黄金時代を築くことになった。

黄金の世紀
 16世紀中頃から17世紀前半までの約80年間はスペインが最も繁栄した時期であり、スペイン史上「黄金の世紀」と呼ばれる。カルロス1世はフランスのフランソワ1世と熾烈な争いの末に神聖ローマ皇帝に即位し、ヨーロッパにも広大な領土をもつことになった。しかし、その治世は多難で、イタリア戦争ではフランソワ1世と争い、さらに宗教改革では神聖ローマ帝国の動揺にカトリックの盟主として対処することになった。さらにオスマン帝国の第一次ウィーン包囲の脅威にさらされ、プレヴェザの海戦ではオスマン帝国に敗北を喫した。次のフェリペ2世の時代には、新大陸からもたらされる富で最盛期を迎え、マドリードに遷都しエル・エスコリアル宮殿を造営した。さらにレパントの海戦でオスマン帝国を破り先王の雪辱をはたした。1580年にはポルトガルを併合し、その植民地をも獲得し「太陽の沈まぬ帝国」となった。
 最盛期を迎える一方で、足元ではオランダ独立戦争やアルマダ海戦の敗北など衰退の兆しも現れ始めていた。 国内にもさまざまな問題を抱えていた。海外からの富に頼る一方で、国内は旧態依然としたままであり、王室の国庫も決して良い状態ではなかった。前世紀のレコンキスタの精神は、イスラム教徒の徹底した排除や進取の気風に富むプロテスタントの弾圧(異端審問参照)へと向かい、足元の産業や経済の基盤を弱めることになった。さらには、スペインの経済を支えていたユダヤ人の追放、改宗への強要などを行った。これらはスペインの停滞・衰退へと向かう要因となった。

繁栄の終わり
 1588年に アルマダ海戦でスペインの無敵艦隊がイギリス海軍に敗れると次第に制海権を失っていく。イギリスはこの後、徐々に力をつけ、1世紀ほど後の17世紀後半には海上を制する大英帝国へと発展していった。 フェリペ3世のころにはオランダ独立戦争でオランダが事実上独立。スペインは貿易や産業で重要な地域となっていたオランダを失った。さらにフェリペ4世の治世の1640年にはポルトガルが独立。その後ハプスブルク家、カトリック国として30年戦争に介入するが、敗退する。1659年 フランスとピレネー条約を締結。スペインの「黄金時代」は完全に終わりを告げた。
○1516年  ハプスブルク家のカールがスペイン王カルロス1世として即位。スペイン・ハプスブルク朝の開始。1519年に神聖ローマ帝国皇帝カール5世としても即位。ハプスブルク家の全盛時代を迎える。
○1538年  オスマン帝国にプレヴェザの海戦で敗れる。
○1556年 フェリペ2世即位(1556年-1598年)。”太陽の没することなき帝国” 1580年ポルトガル王も兼ねる。ポルトガル王としてはフェリペ1世。
○1561年 スペイン王国のフェリペ2世、トレドからマドリードへ遷都。
○1568年~1609年 オランダ独立戦争。
○1588年 アルマダの海戦で無敵艦隊が英国に敗れて後、スペイン・ハプスブルク朝の勢力は弱体化。

スペイン・ブルボン朝

18世紀のスペイン
 18世紀に入るとスペインハプスブルク家が断絶し、フランスのルイ14世はブルボン家のフィリップをスペイン王にしようとした。ところがそれに各国が異議を唱えスペイン王位継承戦争が始まった。この戦争は12年間に及び1713年のユトレヒト条約でフィリップがフェリペ5世として即位することは承認されたが、イギリスにジブラルタルを割譲。さらに新大陸に於いてもフロリダなどを譲り、海外での影響力は著しく低下した。 その後、オーストリア継承戦争、7年戦争に参加するがイギリス、フランス、オランダなどの新興勢力の後塵を拝することとなった。
 このように対外的には衰えを見せたスペインだが、国内では産業の成長が進んだ。また、1759年に即位したカルロス3世によって、ある程度の中興を果たしている。
○三十年戦争にも参加したが、得るところもなく敗れ、1641年ポルトガル独立、1648年オランダ独立、1659年のフランスとのピレネー条約締結によって完全に衰退した。
○1700年 ハプスブルク家に代りフランスのブルボン家が王朝を開始。しかしオーストリア、イギリスの反発を受ける。
○1701年~1713年 スペイン王位継承戦争に巻き込まれる。
○1740年~1748年 オーストリア王位継承戦争に参加。
○1756年~1763年 七年戦争に参加。
○カルロス3世即位(1759年-1788年) 。スペインの中興。

ナポレオンの侵攻
○1803年ナポレオン戦争勃発
○1805年トラファルガーの海戦
○1807年ナポレオンの大陸封鎖令にスペインも参加する。
○1808年ナポレオン1世の侵攻を許す。
 カルロス4世退位。その結果ナポレオンの兄ジョゼフ・ボナパルトがスペイン王ホセ1世となり、カタロニアはフランス帝国の直轄地になる。 しかし、スペイン人がそれに反発し1808年の5月ごろから半島戦争と呼ばれる内戦となる。 このときに、新大陸の植民地にも独立のうごきが生じる。
○1814年ホセ1世退位。ブルボン家のフェルナンドが国王に即位。

王制復古
○1820年1月 - リエゴ革命が起こる。
 自由主義勢力がスペインの王朝を倒し、一時革命政府を樹立した。この混乱期に中南米の植民地が相次いで実質的な独立を達成することになった。
○1833年10月カルリスタ戦争が起こる
○1868年9月スペイン9月革命
○1873年2月第一共和制成立。
○1874年1月スペイン王制復古
○1898年米西戦争

第一次世界大戦と独裁政権

第一次世界大戦におけるスペイン
 第一次世界大戦において、スペインは中立政策をとった。大戦中のインフレーションは、貧民層の困窮化を深め、労働運動が急速な高揚をみせた。1917年のロシア革命の成功は、労働運動をさらに刺激しただけでなく、カタルーニャやバスクにおける反専制・地域独立の意識を高めさせた。都市部、農村部を問わず各地で頻発していた暴動、要人テロは第一次大戦後も続き、深刻な政治的混乱を引き起こしていた。さらに、第一次大戦後のスペイン領モロッコにおける民族運動鎮圧に苦慮したことから、軍部の責任問題が浮上していた。

プリモ独裁政権
 こうした中、1923年9月にプリモ・デ・リベラ将軍がクーデタを起こし政権を握った。混乱の収拾を望む世論が強かったため、共産党や急進的な労働組合の一部が抵抗したが、プリモ独裁政権の成立は総じて各層から容認された。あいつぐテロは収束し、労働者によるストやデモの件数も大幅に減少した。国内産業の保護・育成を進め、国道建設、鉄道の電化・複線化、エブロ川流域の開発など公共事業に力を注ぎ、経済発展を図った。
 しかし、プリモ独裁は第一次大戦直後の混乱を乗り切るための暫定的措置として支持されたにすぎず、その独裁が長期化の様相を示すと反独裁の動きが各地で高まった。左翼勢力、地域主義政党の活動が強まり、軍内部でもプリモ独裁に反発する動きがみられた。さらに、1972年から始まった通貨危機は、経済界のプリモ支持も失わせることになった。こうして1930年にプリモは退陣へと追い込まれ、新たにベレンゲール将軍が首相の地位についた。プリモ独裁政権の崩壊は、王制打倒を目指す共和派を勢いづけた。 共和派や地域勢力はサン・セバスティアンで協定を結び、革命委員会を発足させた。1930年末の革命運動は失敗に終わったものの、1931年選挙において都市部で革命勢力は躍進、民衆の共和政を求めるデモが各地で起こった。カタルーニャなどの地域運動も高揚した。こうした中、国王アルフォンソ13世は退位へと追い込まれたことで無血革命が成功し、第二共和政が成立した。

第二共和政
 王制打倒後に成立した新政府は、社会労働党の主導で労働者・貧農に対する政策を打ち出したほか、カタルーニャの自治政府を容認し、軍改革も行った。ただし、急進的な労働組織であるCNT(全国労働連合)が行ったゼネストに対しては武力鎮圧を行った。このため、CNTは政府との対立姿勢を強めることになった。社会化条項、宗教条項(政教分離の徹底)などの内容を含む左翼的な新憲法が成立し、第二共和政の初代大統領にアルカラ・サモーラが就任した。 大統領は、首相にマヌエル・アサーニャを指名した。
 アサーニャは、就任当初から様々な困難に直面した。失業者の一部は急進的な労働組合のもとで激しいデモを繰り返した。左派・右派間のテロも続発するなど、治安の悪化は深刻な問題となった。また、軍改革を行ったとはいえ、革命以前の軍内部における実力者はその地位を保っており、政府の力となるべき軍が反政府的な姿勢をとる懸念もあった。政教分離をすすめ脱カトリックを図ったが、敬虔な農民の支持を失うことにもなった。右派勢力の組織化も進み、1933年にはカトリック右派がCEDA(スペイン独立右翼連合)を結成、さらにプリモ・デ・リベラの息子であるホセ・アントニオがファランヘ党を結成した。急進的左派のCNT(全国労働連合)も同年にカタルーニャとアンダルシアで大規模な暴動を起こし、これをアサーニャ政権が厳しく鎮圧したことから左派勢力の一部が離れた。こうした混乱を受けてアサーニャは退陣、次の首相のアレハンドロ・レルー・ガルシアも一ヶ月ほどで退陣した。大統領のアルカラ・サモーラは議会を解散して総選挙にでたが、CNT(全国労働連合)は議会政治によらない武力革命を主張したため、左派支持者の一部は選挙をボイコットした。
 選挙結果は右派の勝利に終わり、再度レルーが首相に就任すると、CEDA(スペイン独立右翼連合)に迎合した政策をとるようになり、それまでの左翼的な諸改革は改められた。収拾のつかない政治的混乱は議会制民主主義への失望を招き、ファシズム政権の樹立を待望する主張が強まっていった。左派、右派ともに急進化が進み、さらに地域自立の動きは混沌に拍車をかけた。しかし、1935年のコミンテルン第7回大会において、人民戦線戦術(反ファシズムの統一戦線)が採択されたことは、左派勢力の再結集を促した。当時の右派勢力の足並みが乱れていたこともあり、左派の巻き返しが進んだ。こうした中行われた1936年選挙では左派が圧勝、人民戦線政府が成立した。

スペイン内戦
 人民戦線政府の成立後も政治的混乱は続き、都市部ではストライキ、農村部では貧農による暴動が続いた。こうした中、議会はアルカラ・サモーラ大統領を解任し、かつて首相をつとめたマヌエル・アサーニャが大統領に就任したが、事態は悪化する一方であった。こうした中、1936年7月にスペイン領モロッコへと遠ざけられていたフランシスコ・フランコ将軍がクーデタを起こし、各地で右派による反乱が勃発、スペイン内戦へと突入した。フランコはドイツ(ヒトラー政権)とイタリア(ムッソリーニ政権)のファシズム政権から支持を受けて戦いを有利に展開した。一方、人民戦線側はソビエト連邦から支持を受けたものの、イギリス・フランスは不干渉政策をとったために劣勢が続いた。国際義勇軍である国際旅団が各国から集まって人民戦線を支援したが、1939年にはマドリードが陥落、フランコ側が勝利を収めた。

フランコ独裁
 フランシスコ・フランコ・バハモンデは、1937年に自ら組織するファランヘ党の総統となった。 1939年、内戦集結後は国家元首として、その独裁は彼の死んだ1975年まで続いた。 フランコ政権はその成立時からドイツ、イタリアのファシズム政権から支援を受け、ファランヘ党の一党独裁、軍隊と秘密警察による厳しい支配を行った。
 1939年からの第二次世界大戦では、ヒットラーの要請にもかかわらず、スペインは枢軸国に入らず、参戦もしなかった。 しかし、大戦終結後に成立した国際連合は、1946年12月の国連総会で、スペインをファシストの国として国連から排除する決議が採択され、フランコ政権は国際社会から孤立する。
 一方、戦後は東西対立、いわゆる冷戦が進行し、1950年には朝鮮戦争が勃発する。 これをきっかけに、西側諸国は反共産主義という点でフランコ政権との関係の修復を模索する。 1953年9月に、アメリカ合衆国はスペインと米西防衛協定を締結。1955年にスペインは国連に加盟。1958年には国際通貨基金に加盟する。 この後1960年~1970年代初頭にかけて、目覚しい経済復興を遂げ、「スペインの奇跡」として、日本の高度経済成長と並び称された。
 1975年 フランコ死去。遺言によりフアン・カルロス1世が即位。独裁は終わりを告げる。

独裁政権の終結と現在
 新国王フアン・カルロス1世はフランコの独裁を継承せず、立憲君主制の下、民主化と欧米諸国との協調を進める。
○1978年 新憲法が承認され、立憲君主制に移行。
○1981年 陸軍によるクーデター未遂事件で、国王は王制復興を拒否。
○1982年 NATOに加盟。 FIFAワールドカップ開催。民主化を内外にアピール。
○1986年 EC(現EU)に加盟。
○1992年 バルセロナオリンピック開催。セビージャ万国博覧会開催。
○2002年 ホセ・マリア・アスナール首相イラク戦争を国連非常任理事国として支持。
○2004年 マドリッドで鉄道テロ発生。
○2004年 イラク撤退を唱える左派が選挙で勝利。ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ政権が成立。



 この旅行で訪れる世界遺産

 スペインには2006年9月現在37の世界遺産が登録されている。 今回の旅行ではこの内のわずか12ヶ所を訪れる。
 バルセロナ ガウディの建築物 サグラダ・ファミリア贖罪聖堂《文化遺産》
 グエル公園、グエル邸、カサ・ミラ《文化遺産》
 グラナダ アルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ庭園《文化遺産》
 コルドバ コルドバ歴史地区《文化遺産》
 セビージャ 大聖堂、アルカサル《文化遺産》
 メリダ メリダの遺跡群《文化遺産》
 カセレス カセレス旧市街《文化遺産》
 グァダルーペ サンタ・マリア・デ・グァダルーペの王立修道院《文化遺産》
 トレド 古都トレド《文化遺産》
 アランフェス アランフェスの文化的景観《文化遺産》
 アビラ アビラの旧市街と塁壁の外の教会《文化遺産》
 セゴビア セゴビア旧市街とローマ水道橋《文化遺産》

 全て文化遺産である。 ローマ遺跡、イスラム、ムデハル、キリスト(ゴシック、ルネサンス、ロマネスク等)の傑作があちこちに。 サグラダ・ファミリア聖堂は2005年に登録されたばかり。 前回よりも聖堂の建築は進んだのであろうか。


 9月28日「旅行日程表」が届く。 注目は自由時間のある日のホテルの場所。 今回は午後自由時間という日が5日間もある。 早速インターネットでホテルの場所を確認する。 Map(地図)を掲載してくれていないHPもあるが、Tripadvisorを使って探し出す。

 バルセロナ バルセロ・サンツ モンジュイックの丘の北、サンツ駅のそば。 カタルーニャ美術館に行きたかったのでとても好都合。
 グラナダ コンドル カテドラル(大聖堂)の北約1Km。 カテドラルとその隣にある王室礼拝堂に行きたかったのでここも好位置。
 セビージャ ベッケル マエストランサ闘牛場の北。 なんとセビージャ美術館のすぐそば。
 トレド カルロスV アルカサルの隣。 予定のサンタ・クルス美術館は500mほどの所。
 マドリッド ラファエル・アトーチャ アトーチャ駅の南。 プラド美術館にも近い。 ティッセン・ボルネミッサ美術館、王立サン・フェルナンド
 美術アカデミーにも近くてとても便利な場所。

 前回のスペイン旅行で入手した各都市の地図が手元にあったので早速ホテルの場所を地図上に記入する。 今回はどの都市でも自由時間に行きたい場所の近いところにホテルがある。 
 

 予定表に同封されて「手荷物の機内持ち込み制限に関して」の注意書きが届いた。 今回の利用航空会社はなんと「ブリティッシュ・エアウェイズ」。 8月10日未明発覚した旅客機爆破のテロ未遂事件以降搭乗の際の手荷物の制限がとても厳しい会社。
 注意書きには「今まで手荷物はパスポート、航空券、財布などのみに制限していたが、9月22日からは大幅に緩和されて、56cmx45cmx25cm以下の手荷物一個だけ機内に持ち込めるようになった」と書かれていた。 それでも液体関係(化粧水、飲み物)は持ち込んではいけないとのこと。 毎度搭乗前に成田の免税店で旅行中の飲み物を調達していたが、今回は叶わないようだ。
 

 [バルセロナ(Barcelona)]

成田 ブリティッシュ・エアウェイズ B-747
 10月5日(木)   今回搭乗するブリティッシュ・エアウェイズのBA008便はボーイング747、 ヨーロッパ行きでは久しぶりのジャンボ・ジェット機。
 成田を定刻の13:10に出発。 ロンドン行きの飛行機には何度か搭乗しているが、今回は一番北側のコースを飛んでいる。 シベリア上空に来てもまだ北上している。 ロシアの北の北極海に沿って西に進み、 ノルウェーの北西の沿岸を南西に下ってきてロンドンへ。

 ロンドンには定刻より15分前に到着。 この空港は広いので乗継が大変なのは知っていたが・・・。 ブリティッシュ・エアウェイズを今回利用することが分かった時からいやーな予感があった。 例の8月10日未明のテロ未遂事件の影響で手荷物検査がいっそう厳しくなり、乗り継ぎ客も全て手荷物検査うを受けなければならないことになっている。 機内に持ち込める荷物は45cmx56cmx25cmの大きさ以下のバッグを1個。 中に液状化粧品、飲み物などの液体、はさみなどの刃物、歯磨きなどの軟膏、ライター等を入れてはいけない。 セキュリティーチェックでこれらのものが見つかるとその場で破棄されるという厳しいもの。

  乗り継ぎに長ーい廊下を通り過ぎ、エスカレーターで階上に上がるや、セキュリティ・チェック待ちの人でいっぱい。 少し前につめてもらわないと、エスカレーターから人が降りられないほど。 進み具合から、ここを通過するには2時間ほどかかるのではと思われるくらい。 40分ほど経過しておよそ三分の一くらい進んだところで、急に流れが変わった。 われわれのグループは別のチェック・ゲートに誘導され、セキュリティ・チェックを受けることになった。 バルセロナ行きの出発時間が迫っているために、 バイパス・セキュリティ・チェックに回してもらったようだ。 それでもセキュリティ・チェックが終った時はすでにバルセロナ行きの搭乗時間だけでなく出発時間すら過ぎている。 ここからが大変。 またまた長い廊下を皆で走り、免税店の前の人ごみを掻き分け、動く歩道の上も小走りに、バルセロナ行きの搭乗ゲートに急ぐ。
 出発予定時刻に30分遅れでゲートに到着すると、拍子抜け。 ゲートでは今まさに搭乗が始まったばかり。 機材の都合で出発が遅れていたらしい。 無事搭乗して座席に落ち着いたらどっと汗が出てなかなかとまらない。

 バルセロナ・エル・プラット空港には30分遅れで21:50分に到着。 入国手続き後バスでバルセロナ市内、サンツ駅の上に建つホテル・バルセロ・サンツへ。 空港から30分ほどで到着。

 無事ロンドン・ヒースロー空港を通過して、バルセロナに着いたが、帰りに再びヒースロー空港を通過しなければならないと思うと気が重い。 帰国のときは1時間ほど多く乗り換え時間があるので、この時間を使って、空港のBarで本場のギネス・スタウトを飲んで帰りたいのだが。



バルセロナ グエル公園 トカゲ?の噴水
 10月6日(金)  9時にバスでホテルを出て、バルセロナ市内の北側の小高い丘の上にあるグエル公園(Parc Guell)(世界遺産 1984年)に行く。 広さ17ヘクタールの敷地に中にガウディが設計した公園がある。 ここは1900年~1910年にかけて60棟の分譲住宅を作る予定で、エウセビオ・グエル伯爵が建築家アントニ・ガウディに依頼し、モデルハウス2棟を建てたとか。 買い手がつかず、結局売れたのは2棟で、買い手はガウディ本人と注文したエウセビオ・グエルだけとのこと。

 グエル伯爵の没後に工事は中断し、市の公園として寄付され、現在はガウディが一時住んだこともある家がガウディ記念館として公開されている。 今から100年前のデザイン。 現在でも斬新なデザインだが・・・。 とても買いたいという気持ちにさせない。

 公園を彩る破砕タイルを使った装飾の多くはジョセップ・ジュジョルによるもの。 公園内にはガウディの独創性がいたるところに表現されており、自然を愛したガウディは随所に「自然の造詣をモチーフとして 取り入れている」と言われている・・・・・が。 この公園は2度目だがどうも好きになれない。 小生は砂糖をまぶしたお菓子のような家やあのぐにゃぐにゃした曲線が本質的に嫌いなのである。

バルセロナ サグラダ・ファミリア贖罪聖堂
 次にバルセロナ市内の中心に戻り、サグラダ・ファミリア贖罪聖堂(Sagrada Familia)(世界遺産 2005年)に行く。 この建物は民間カトリック団体「サン・ホセ協会」が、人々の現世の罪を贖うために聖家族に捧げる教会として建設を計画したもの。

 初代建築家フランシスコ・ビリャールが無償で設計を引き受け、1882年に着工したが意見の対立から翌年に辞任。 その後を引き継いで2代目建築家に任命されたのがアントニ・ガウディ(当時31歳)。 以降、ガウディは設計を最初から練り直し、1926年に路面電車に轢かれて亡くなるまでライフワークとして聖家族教会の設計・建築に取り組んだ。

 ガウディは石膏模型や細部のスケッチは残したが、詳細な設計図を残しておらず、後継者たちは残されたものからガウディの意図を読み取らなければならなかったと言う。 時代毎の建築家がガウディの設計構想を推測するといった形で現在も建設が行われている。
 4年前に訪れた時よりも工事はかなり進んでおり、聖堂を覆う天井部分が出来ていた。 北ファサード(Face、Design)、イエスの誕生を表す東ファサード、イエスの受難を表す西ファサードはほぼ完成しており、イエスの栄光を表す南側のメインファサードは未完成である。 着工から既に124年経過している。 前回訪れたときには「あと100年以上かかるだろう」と言っていたが、今回は「あと40年くらい」と言うことだった。

 午前中最後の観光はバルセロナ・ピカソ美術館。 パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)は1881年アンダルシア地方のマラガに生まれた。 1895年、14歳のときバルセロナに移り、美術学校に入学。 1897年マドリッドの王立サン・フェルナンド美術アカデミーに入学したが、宮廷画家を目指すことの無意味さを悟り、中退。 1899年から再びバルセロナに住み、若い芸術家たちと交わりながら熱心に絵を描いたそうだ。 1904年パリに移り住むまでの間このバルセロナで創作活動をしていた。

 美術館は中世の邸宅を5棟つないで作られており、かつてピカソの住居があったゴシック地区にある。 前回訪れたときはこじんまりした美術館であったが、大きく拡張され、白い壁の真新しい展示室に変わっていた。
 展示されている作品は9歳の時の物から青の時代までの作品と晩年の作品が多い。 15歳の時の「初聖体拝礼」、16歳での「科学と慈愛」などは古典的でしっかりとした基礎が出来ていることをうかがわせる。 76歳の時のベラスケスの「ラス・メニーナス」に触発されて描いた連作「女官たち」はプラド美術館のメインホールに置いて、二つの作品を対比しながら鑑賞したいものだ。 ここには油絵の他にスケッチ、陶器、版画など合わせ3500点以上の作品が所蔵されているそうで、ピカソのルーツをたどるには重要。

バルセロナ カタルーニャ美術館
 カタルーニャ広場に近いレストラン「Forga La Tonfana」で昼食をとった後は自由時間。 一旦ホテルに戻り、妻と二人でモンジュイックの丘にあるカタルーニャ美術館に出かける。 この美術館はスペインの北側のカタルーニャ地方やアラゴン地方の聖堂や教会から移送された壁画や祭壇画、いわゆるロマネスク美術を展示していることで有名な美術館。 聞いただけではとっつき難いが、インターネットで調べたら、ロマネスク以外にもゴシック、ルネサンス、バロック美術も展示していると言う。

 展示室は1階の大部分を壁画や祭壇画のロマネスク美術、それに中世ゴシック美術が占めていた。 ゴシック後期では十字軍の頃の絵画もあり、最後の辺りにはエル・グレコの作品も展示されていた。 この階は美術館と言うより教会の中に居るようで、質素な、ランプよりもローソクの照明が似合うような雰囲気。

 二階はバロック、ルネサンス~現代までの主に絵画を展示してあり、スペインの画家スルバラン、ゴヤ、ベラスケスのみならずクラナハ、フラゴナール、ゲインズバラ、ティツィアーノ、ティエポロ、ルーベンス、カナレット、ライスダル等々。 この二階の展示品だけでも十分に見ごたえのある作品が並んでおり、訪れる前に持っていたカタルーニャ美術館のイメージはかなり違ったものであった。

 モンジュイックの丘からサンツ駅の上にあるホテルまでおよそ1.5Km。 丘を下り、王妃マリア・クリスティナ大通りからスペイン広場を抜けておよそ30分でホテルに到着。 本日の夕食は自由食。 近くのBAR(バール)に出かけて、オリーブとサラダでビールを飲み、米と麺のパエージャ(パエリヤ)2皿を4人でいただく。 BARなどで食事をすると安い(2人で9ユーロ)だけでなく、まさに現地の味を楽しめる。


 [ミハス(Mijas)]

 10月7日(土)  早朝6時、まだ暗い中ホテルを出てバルセロナ・エル・プラット空港に向かう。 本日でカタルーニャ・バルセロナとお別れ。 20分ほどで空港に到着。 チェックイン後搭乗ゲートのロビーで弁当の朝食をいただく。

 バルセロナからスパンエアー(Spanair)JK6674便でスペイン南部のアンダルシア・マラガへ。 8時に飛び立ち、ほぼ定刻9時半にマラガに到着。 ここまではとても順調だったが・・・・・・・・。

 荷物受け取りの場所で到着便が表示されているターンテーブルの所でいつまで待っていても荷物が出てこない。 そのうちに到着便の表示が消えてしまう。 三つほど離れたターンテーブルに我々の荷物が出てきたらしい。 このターンテーブルの所には到着便の表示が出ていない。 ここでほとんどの人は荷物を受け取ったが、一人だけ荷物が出てこない。 このターンテーブルには既に次の便の荷物が出てきているので、ごった返している。 添乗員さんが荷物不明の手続きをし、かなり遅れて到着ロビーに出る。

 到着ロビーに現地ガイドさんが来ていない。 しばらくしてガイドさんが現れたが、 次はここから最終地まで乗ってゆくことになっている(添乗員さんの言)バスが来ていない。 初めのうちはすぐに来るだろうと思っていたが、一時間ほどたってもまだこない。 ガイドさんも添乗員さんも状況を掴めていないようで、はっきりした説明が無い。 連絡が付いたのか、ガイドさんが「Please Wait for five mimutes」と言ってどこかへ行ってしまったが、さらに待たされてバスが来たのはそれから40分後。 Five mimutes の長かったこと。 結局2時間ほど遅れて、代替のバスで11:55にマラガの空港を出発し、ジブラルタルに向かう。

ジブラルタル ヨーロッパ・ポイント
 かなり空港で待たされたこと、2時間もの間はっきりした説明も無かったのでバスの中の雰囲気はあまり良くなかった。 現地手配会社のトラブルだろうが、添乗員さんが誠意を持ってツアー客に経過も含めて逐次説明していればかえって信頼を得たであろうに。 とても残念であった。

 1時間40分ほどでスペイン-英国の国境に到着。 ここで大型のバスを降りて、徒歩で国境を渡る。 一応パスポートのチェックはあるが、写真のあるページを開いて、係員に見せて通過。 国境を通過したという感想は無かったが・・・・。 ここはイギリス。 ロンドンで有名な二階建てのバスが有るではないか。

 14時に「Grand Casemates Gate(大砲門)」という門をくぐった広場にあるレストラン「La Barcia」で昼食。 ここはスペインではないが、遅い昼食。 飲み物の支払いは「ポンド」でも「ユーロ」でも良いそうだ。

 このジブラルタルはイベリア半島の最南端に位置し、ジブラルタル海峡の北側にある半島。人口は3万3000人で、言語としては英語、スペイン語、ヘブライ語、アラビア語が用いられている。  かつてスペインはユダヤ人を追放したので、このジブラルタルには独特のユダヤ人コミュニティが出来ており、またモロッコなど北アフリカからはアラビア語を話す多くの商人や労働者が渡来し、この地に居住している。

ジブラルタル アフリカ(リフ山脈?)を望む
 ジブラルタルの語源はアラビア語のジブエル・アル・ターリクで、「ターリクの岩」を意味するという。 ジブラルタル海峡を渡ってイベリア半島を征服したウマイヤ朝の将軍、ターリク・イブン・ズィヤードにちなんだ地名だそうだ。

 このジブラルタルには石灰岩の岩山があり、対岸(アフリカ側)のスペイン領セウタの山とともに、ヘラクレスの柱と呼ばれている。 この二本の柱はスペイン国旗にも描かれており、世界のはずれを意味し、ここを越えれば海は奈落の底に落ち込んでいると考えられたとか。

 この地はスペイン継承戦争(1701年 - 1713年)のおり、1704年にイギリスが征服、1713年のユトレヒト条約によりイギリス領として認められ、今日に至っている。 大西洋と地中海をつなぐ要衝で、軍事的に重要な意味合いを持っているので簡単には返還しないだろうとはガイドさんの言。

 16時になってから小型のバスに乗り、ジブラルタルの観光に出かける。 狭い道、ひしめく家並の市街を通り、いくつかトンネルを抜けて「ヨーロッパ・ポイント」という岬にでる。 ここからは対岸の北アフリカの山が良く見える。 方角的にはモロッコ・ショウエンの近くのリフ山脈の山のようだ。

 ジブラルタルの岩山「ターリク山(426m)」の中腹にあるアッパー・ロックにバスで登る。 ここにはセント・マイケルズ洞窟という鍾乳洞がある。 広さはあまり大きくないが、中に椅子を並べた劇場があり、ここでコンサートなどが開かれているとのこと。 戦時中は病院として使われていたとか。

 小型バスは市内を通過して国境に。 国境のそばにジブラルタル空港があり、街中から国境へはこの空港の滑走路を直角に横切って行く。 飛行機が離着陸するときは道路にある遮断機が閉まって、車を止めるそうだ。 何とものどかな話ではないか。

 ジブラルタルを離れるにあたりエピソードを一つ。 1981年、イギリスのチャールズ皇太子と故ダイアナ妃は新婚旅行の第一目的地にこのジブラルタルを指定したとか。 ジブラルタルの返還を求める立場のスペイン国王フアン・カルロス1世はこれに抗議し、結婚式への参列をボイコットしたそうだ。

カサーレス 白い村
 再び国境を徒歩で越えて、先ほどの大型バスに乗り、本日の宿泊地ミハスに向かう。 地中海の海岸通りをマラガ方面に走り、途中エステポナ辺りから内陸に入り白い村カサーレス(Casares)の観光を行う。 スペインの陽は長い。 既に18時半を過ぎているのに太陽はまだまだ高い。 日本と比較すると2時間くらいは陽が長い。

 峠をいくつか越すと突然のように白い家の塊が姿を見せる。 ここがカサーレスの村で、観光のためか壁を年に一回白く塗り替えているそうだ。 さすがに19時近くなると太陽光も斜めになり、白壁の村の陰影にもコントラストが付きすぎて、せっかくの良さが半減してしまっている。 写真を撮った場所は街の入り口と街中に入ったカフェの駐車場辺りだったが、時間が有れば丘の上の古城まで歩いて行き、村全体を見たかった。 バスで連れてゆかれて、数箇所で写真を撮るだけでは印象にも残らない。 街を歩き、家々を見て、匂いを感じ、雰囲気を実感する・・・ これが観光ではないだろうか。 マラガでの空白の2時間が悔やまれる。

 来た道をエステポナまで戻り、再びマラガ方面へ。 今夜の宿はミハスのクラブ・プエルタ・デル・ソル。 ミハスの町は海岸側と山の中腹とに分かれているが、このホテルは二つの街の中間辺り。

 ホテルには20:35に着いて、夕食は21時から。 昼食、夕食ともしっかりとスペインの食事時間になってしまった。



ミハス 闘牛場
 10月8日(日)  スペインの朝は遅い。 7時ではまだ真っ暗。 8時にやっと空から星が消え、8時半に日の出。 これでは7時半からの朝食では朝の散歩もままならぬ。

 本日はホテルから北側に見えるミハスの観光から。 すぐそばなので9時に出発。 バスは5分ほどで市庁舎のあるビルヘン・デ・ラ・ペーニャ広場の駐車場に到着。 まだ朝のひんやりした空気の中、土産物店はほとんど開店前。 街中を通り過ぎてコスタ・デル・ソル(太陽海岸)が良く見える展望台へ行く。 朝日が昇ったばかりなので、地中海や海岸の町並みははボンヤリしていてとても見づらい。

 前回このミハスには2時間ほど居て、あちこち散策したので観光のポイントは分かっている。 展望台はもう一箇所、聖母マリアが現れたというラ・ペーニャ聖母礼拝堂のそばにある。 中央のデ・ラ・コンスティツーション広場は土産物店が取り囲んでいて、この広場のはずれに白い壁の四角い闘牛場がある。 街の北の方にはミハスの中でも最も綺麗な白い壁の家並みを見せてくれる小路がある。

 観光時間が1時間しか無く、デ・ラ・コンスティツーション広場から闘牛場の前を抜け、街中を散策し、北の家並みの小路に寄ってから駐車場へ。 朝の太陽がまだ低いので、白壁に太陽が当たっている所と当たっていない所のコントラストが強すぎてまともな写真にならない。 北の家並みの小路も白壁には陽が当たっていなかったので景色はいまいちであった。 写真は2002年11月のスペイン写真集を参照されたい。

 次の観光地はロンダ(Ronda)。 ミハスから高い峠を越えて西の方へ。 途中何箇所かアフリカの山々が見える場所がある。 今回は天気が良く、ジブラルタルのターリク山とモロッコの山が見えていた。

 ロンダには11:40に到着し、バスの駐車場から徒歩で闘牛場のそばのレストラン「Dona Pepa」へ。 ここで昼食を済ませてからロンダの観光へ。

ロンダ スペイン最古の闘牛場 二階席まで設けられたアーチ状のドリス式列柱が美しい

 ロンダの街はタホ谷を流れるグアダレビン川により旧市街と新市街に分かれている。 バスの到着した方は新市街で、闘牛場や崖の上に建つパラドールなどがある。

 まずは闘牛場の観光から。 ここは1785年に建てられたスペインで一番古い闘牛場。 ロンダの闘牛学校の創設者であり、闘牛士達の育ての 親と言われたフランシスコ・ロメロが、肩マントを付け「ムレータ」と呼ばれる赤い布を初めて闘牛に持ち込んだそうだ。 彼は生涯で6000 頭以上もの牛を刺し止めたという有名な闘牛士。 もっとも「牛は赤色かどうかは判別できず、赤い布に興奮しているのではなく、ヒラヒラとはためく布そのものに興奮していて、 むしろ赤色に興奮するのは人間である」という説もある。

ロンダ ヌエボ橋 左手には崖の上に建つパラドール
 前回は自由時間での見学であったが、今回は現地ガイドさんの説明を聞きながらの観光。 闘牛場の中に入って、円形の砂の上に立つだけでなんとなく不思議な気持ちになる。 闘牛の前に牛を入れて置く場所、牛を闘牛場に出すために階上から鎖で扉を開ける場所など丁寧に説明してくれる。

 入り口近くの観覧席の下には闘牛に関する博物館があり、有名な闘牛士にまつわるもの、牛にとどめをさす瞬間の闘牛士の表情などの写真や牛の頭の剥製も展示されている。 この剥製の牛の頭は通常の乳牛に比べるととても大きく、こんなに大きな牛と戦うとは・・・・・。

 フランシスコ・ロメロの息子のファン・ロメロは、現在のようなマタドール(正闘牛士)、ピカドール(槍つき)、バンデリリェーロ(もり打ち)、補佐役などチームで戦う闘牛の形を確立したそうだ。 このロメロ親子2代によって現在の闘牛のスタイルは作られたとのこと。 さらにファン・ロメロの息子で8歳で闘牛士になり、72歳で引退するまで怪我一つすることなく、華麗な技でスペイン人を魅了し続けた闘牛士ペドロ・ロメロの栄光なども展示されている。

 闘牛場を出てスペイン広場を通り、崖の上に建つパラドール・デ・ロンダ(Parador de Ronda)の南側を回り、タホ谷のグアダレビン川に架かる高さ98mのヌエボ橋に出る。 ヌエボとは「新しい」という意味で「古い」はビエホ。 このビエホ橋は同じグアダレビン川に架かっているアラブ橋のこととか。 アラブ橋はヌエボ橋の東側を降りたところから見ることが出来る

 ヌエボ橋を渡り旧市街の街を散策し、ヌエボ橋が良く見える展望台へ。 この場所よりも前回行ったバルコニーからの眺めの方がよほど良い。 帰り道に4年前と同じレストランに寄り、1ユーロを支払ってバルコニーに出て写真を撮る。 もう少し時間が有れば渓谷の下に降りて、下からロンダの街やヌエボ橋を眺めたいところ。

 昨日行方不明になった荷物が出てきたとのことで、来た道を引き返し、峠を越え、マラガの空港に立ち寄ってから今夜の宿グラナダのホテル・コンドールに行く。
 

 [グラナダ(Granada)]

 10月9日(月)  8時にホテルを出て、バスでグラナダ市内の南側を迂回する高速道路に乗りアルハンブラ宮殿の東の端にある駐車場に30分ほどで到着。 この宮殿は丘の上にあるが、ホテルから歩いてゆけないほどの距離ではない。 前回も同じように高速道路を使って遠回りをした。 どうもバスは市内から直接宮殿の駐車場には行けないようだ。

 本日の予定は午前中にアルハンブラ宮殿と夏の離宮ヘネラリフェ(世界遺産 1984年)を観光し、昼食はアルハンブラ宮殿のパラドールで。午後は自由時間となっている。

 アルハンブラ宮殿が造られたのは13世紀~14世紀の頃。 711年にイベリア半島はイスラムの勢力下になったが、レコンキスタ(国土回復運動)により北の方からキリスト教徒に徐々に覇権を奪われてゆき、13世紀半ばになってイスラム教徒が支配したのはイベリア半島南端のグラナダ王国だけになってしまった。

グラナダ アルハンブラ宮殿 天人花のパティオ
 このアルハンブラ宮殿の建設はナスル朝を興した第一代ムハンマド1世(1232-1273)の時に始まり、美麗な王宮は第七代ユスフ1世とその子の第八代ムハンマド5世(1354-1391)の時に完成した。 西の端にはムハンマド1世により建設された最初の王宮・城砦跡のアルカサバがあり、その東にメスアルの間、天人花のパティオ、獅子のパティオ、二姉妹の間、浴室などのある王宮があり、さらにその東側にバルタル庭園がある。 この庭園をさらに東に行き、城外に出て北に行くと王の夏の離宮ヘネラリフェがある。

 これらの建築は全てイスラム様式の美しさを持っているが、一つだけ邪魔なものがこの宮殿の中にある。 それは王宮の南側にある大きなカルロス5世宮殿。 イサベル女王の孫のカルロス1世(カルロス5世は実在しない。神聖ローマ皇帝カール5世のこと)がここに宮殿を建てたそうだ。 フェルナンド2世、イサベル女王は明け渡されたこの宮殿のイスラム建築が気に入っていたようで、大切に使ったと言われている。 祖父母の心、孫知らずと言う事か。

 駐車場を出て宮殿の南側の城壁に沿って西へ歩き、裁きの門から場内に入る。 9時から開場で30分間に300人と入場制限をしているらしく、入場まで少し待たされる。 ここも二度目の観光なので、新たな驚きは無いが詳細を見るゆとりがある。 
 中に入ってすぐにメスアル(政庁)の間がある。 この場所は王宮で最初に建てられた部分で、罪人たちはここで取調べをうけ、裁き言い渡されたそうだ。 イスラムの刑罰はとても厳しく、盗みを働いただけで右手や両耳を切りとる刑が言い渡されたという。

 次に細長い池と両脇の天人花(アラヤネス)の生垣の緑が整然とした空間を作っている天人花のパティオに出る。 このパティオに北側にはコマレスの塔があり、中に入るとバルカの間を通って大使の間に続いている。 この大使の間は宮殿の中で最も大きな部屋で王の謁見などが行われていた場所。 またカトリック両王(フェルナンド2世、イサベル女王)がイスラム最後の王ボアブディルと会談をし、グラナダの明け渡しを決定した所として有名。

グラナダ アルハンブラ宮殿 ライオンのパティオ
 ライオンのパティオはイスラム芸術の最高傑作ともいえる美しさで知られていて、中央に12頭の石のライオンが支える噴水があり、四方は細い大理石の柱が林立する回廊となっている。 この細い大理石の柱は椰子の木を表し、この上のアーチは椰子の葉を表しているとか。 天人花のパティオ、ライオンのパティオ、リンダハラ庭園、バルタル庭園、ヘネラリフェなどこの宮殿には水が豊富に使われている。 元々砂漠の民であるモーロ人にとって水は貴重品。 はるばるシェラネヴァダ山脈から無尽蔵の水を丘上まで20Km引き込み池や噴水だけでなく、宮殿内に水路を巡らし楽しんだものと思われる。

 ライオンのパティオの北側にはモカラベと呼ばれている鍾乳石状の複雑な装飾が埋め尽くされた天井のある二姉妹の間がある。 ここの丸天井は石膏でできたムカルナスといわれる7種の部品を5000個も組み合わせて造ってあるそうで、出窓の装飾とともに華麗で見飽きない。

 一方、ライオンのパティオの南側にはアベンセラヘスの間がある。 ここは政界の最大勢力だったアベンセラッヘス家の男性36人が、対抗勢力の讒言を受けた王の命により皆殺しにされたといういわく付きの部屋。 部屋中に飛び散った血は、ライオンの噴水を通じて中庭まで広がり、その後は誰もこの部屋に近寄ろうとはしなかったそうだ。

 ライオンのパティオからドーム天井のある浴室の横を抜けてリンダラハ庭園へ。 浴室はユセフ1世の頃に造られたもので、トルコのハマムを連想させる。 リンダラハ庭園の北側にはアルバイシンの丘が広がっており、古い城壁の一部も見える。

グラナダ ヘネラリフェ アセキアのパティオ
 王宮を出て東に進むとパルタル庭園にでる。 パルタルとは屋根付き回廊を意味し、池のそばに建つダマスの塔は貴婦人の塔と言われている。

 アルハンブラ宮殿から谷を一つ隔てた丘の上にヘネラリフェが建っている。 ここは王室の私的な楽しみのために1319年に造られた夏の離宮で、至るところに噴水や糸杉の生垣、花壇などが配置されていて四季いろとりどりの花を咲かせるという。

   アルハンブラ宮殿の見学を終え、東南隅の新橋を渡ってヘネラリフェに向かう。 しばらく北に歩くと糸杉が高い垣根として綺麗に刈り込まれたところに出る。 垣根の向こうには噴水の円盤があり、水路が奥のアセキアのパティオまで続いている。

 このアセキアのパティオは回廊のような建物に囲まれた長方形の庭で、真ん中に全長50mほどの水路があり、水路の両外には幾つもの噴水が糸のように細い水を噴き上げている。 奥に白壁の二層の建物があり、一階は「王の間」、二階には見晴らしの良い部屋がある。 ここからはヘネラリフェの庭園や谷の向こうに二重の城砦を構えたアルハンブラの宮殿が見渡せる。

 昼食の時間まで40分ほどあるのでアルハンブラ宮殿の西の端のアルカサバまで戻る。 このアルカサバは13世紀に断崖の上に築かれた城塞で、アルハンブラの中で最も古い建物である。 現在はいくつかの塔と柱や土台が残るだけの遺跡のようだが、 当時は兵士の宿舎があり、城壁は2Kmも続き、30以上の塔が林立する難攻不落の要塞だったそうだ。 現存するベラ(夜警)の塔からは北にアルバイシン地区、西にグラナダの街が一望でる。 午後に行く予定のカテドラル、王室礼拝堂もすぐそばに見える。

 パルタル庭園の中にあったモスクを改装したサン・フランシスコ修道院が、現在パラドール(国営ホテル)として使われている。 このパラドールはスペインの中で最も人気があり、数年先まで予約が入っていてなかなか宿泊できないとのこと。 本日の昼食はこのパラドールのレストランで。

 本日は9時に宮殿に入場して昼食までの3時間40分、王宮、ヘネラリフェ、アルカサバを存分に観光することが出来た。 グラナダ2泊故に実現できるゆとりであろうか。

グラナダ 王室礼拝堂 グラナダ陥落の絵
 一旦ホテルに戻って15:30からカテドラル、王室礼拝堂の観光に出かける。 場所はホテルから南に1Kmほどの所。 コロン大通りを皆でぶらぶら歩く。 16時からの開場だから急ぐ必要は無い。

 カテドラルは1523年に着工され、建設に181年間要したとのこと。 長期にわたったため様式はゴシックからブラテレスコ、ルネッサンスへと変遷したそうだ。 アロンソ・カーノの設計した西側のメイン・ファサードは当初計画を変更しバロックの要素を導入した。 図面には高さ81mの2本の塔が引かれていたそうだが経済的な問題から右の塔は建設されず、左の塔も未完成で57mしかないそうだ。 ドームの周りのステンドグラスがとても綺麗であった。

 王室礼拝堂は1517年に建てられたゴシック様式の建物。 入口のすぐそばにグラナダ陥落の絵が架かっていた。 これは1491年1月2日、カトリック両王(イサベル女王、フェルナンド2世)がグラナダ王国最後の国王ボアブディルからアルハンブラ宮殿の鍵を受け取る場面を描いたもの。 アルハンブラ宮殿無血開場とレコンキスタ完了の記念すべき場面。

 礼拝堂の中にはカレラの大理石でできた墓所があり、右側にカトリック両王、左に両王の次女の狂女王フアナと夫のフェリペ1世が並んで眠っている。 1504年にイサベル女王がメディーナ・デル・カンポで逝去した時、遺体は直ちにグラナダに運ばて一時的にアルハンブラ宮殿のサン・フランシスコ修道院(現在パラドールとなっている所)に埋葬された。 その後1516年に死去したフェルナンド2世ともども1521年この礼拝堂に埋葬されたそうだ。

 礼拝堂の地下には納骨室があり、イサベル女王、フェルナンド2世、狂女王フアナ、フェリペ1世とカトリック両王の長女の子ミゲル王子の棺が安置されている。  ともに手を携えてレコンキスタを完成させたカトリック両王、幸せな生活を夢見て美公フィリップ(フェリペ1世)と結婚した狂女王フアナ。 今何を思い巡らしているのであろうか。


 [セビージャ(Sevilla)]

 10月10日(火)  8時半にグラナダのホテルを出て、コルドバに向かう。 本日はコルドバのメスキータ、花の小径の観光後セビージャに行く。

コルドバ メスキータとローマ橋
 コルドバ(世界遺産 1984年)は紀元前169年ローマの植民都市として発展し、肥沃なグアダルキビル川流域を中心に農業で栄えた。 719年にイスラム教徒のモーロ人が北アフリカから侵入し、10世紀ウマイヤ朝ラマーン3世の頃には城壁延長12Km、人口は10万人を超え、バグダッドやコンスタンチノーブルに匹敵する大都市になった。 1234年レコンキスタでキリスト教徒に奪還された。

 グラナダを出て2時間半、延々と続くオリーブ畑の中を北西に走る。 11:15コルドバのグアダルキビル川のローマ橋の脇に建つカラオーラの塔のそばに到着。 この塔からローマ橋を超えると対岸のメスキータに至る。 メスキータとはスペイン語でモスクの意味だそうだ。 川の向こうにアルミナールの塔(鐘楼)とメスキータの屋根の上に飛び出した大聖堂が良く見える。 残念ながらローマ橋は修復中で、バスは下流にあるサン・ラファエル橋を渡ってメスキータのそばに到着。

 この地は6~7世紀、西ゴート王国が支配していた頃は聖ビセンテ教会があり、 711年にウマイヤ朝が征服した後は教会の半分をモスクとして使ったそうだ。 キリスト教とイスラム教が共存していたことになる。

コルドバ メスキータ 馬蹄形のアーチと林立する柱
 784年に後ウマイヤ朝の初代アミール(君主)のアブド・アッラフマーン1世がコルドバ教会の所有部分を買い取り、王宮に隣接するモスクとして建設工事をスタートさせた。 当初、モスクは間口11スパン、奥行12スパンにすぎなかった。

 833年にはアブド・アッラフマーン2世が奥行き方向(南東)に10スパン拡張し、952年にはアブド・アッラフマーン3世によって中庭とミナレットが付加された。 968年にはハカム2世によってモスクの奥行はさらに南東方向に11スパン拡張された。 最後にヒシャーム2世の時代、987年には宰相アル・マンスール・ビッ・ラーヒによって全体を北東側へ8スパン付加され、現在みる規模幅が約135m・奥行き約175mの大モスクとなったとのこと。

 1236年にカスティーリャ王フェルナンド3世がコルドバを征服し、このモスクは再びキリスト教会として使われるようになった。 カルロス1世の時にメスキータの一部を壊して大聖堂を建てる計画が持ち上がった。 コルドバ市民はメスキータの美しさが損なわれると反対したが、カルロス1世は改築の許可を与えてしまったとのこと。 工事が終わり国王がメスキータの屋根に突き出した大聖堂を見たとき愕然とし、嘆き怒ったそうだ。 以後このメスキータは改築されていないと言う。

コルドバ メスキータ ミヒラブの天井ドーム
 ローマ橋の方向から北に進み、デアネスの門からオレンジのパティオに入る。 メスキータへの入口はシュロの門で、入ると一番最初にモスクとして建てられた所にでる。 林立する柱にレンガと石の二重アーチ。 赤と白のコントラストがとても綺麗である。 柱はローマ時代や西ゴート時代の建造物から転用したとのこと。 奥に行くにしたがって建物の時代は新しくなり、 左に曲がって北東側の建物が一番新しい。 この辺りに来ると建物もかなり手抜きをしていて、赤と白のアーチは塗料で表現しているそうだ。

 南東の奥まった場所にはミヒラブがある。 ミヒラブとはモスクのキブラ壁(メッカにあるイスラム教の礼拝堂(カアバ)の方向を示すモスク内部正面の壁)に設置された窪み。 メスキータのミヒラブは単なる窪みではなく、漆喰の装飾が美しくドーム天井まであり、一段と凝った造りであった。

 レコンキスタ完了後カテドラルとなった中央部分は、モスクの屋根が取払われロマネスク様式のドーム天井に改造されている。 中央祭壇は北東向きで、後方にバロック式の聖歌隊席と説教壇それに巨大なパイプオルガンが続く。 高さを誇るゴシックのカテドラル。 その周りを850本もの柱が取り囲んでいる。 他に類を見ない光景でした。

 メスキータから少し北へ歩くと、ユダヤ人街にある「花の小径」と呼ばれる一角に出る。 白い壁の家並みの間に縫うように細い小路が続く。 家々のバルコニーや壁には季節の花が植えられた鉢が壁に飾られ、小径の向こうにはメスキータのミナレットが見える。 ひと2人がやっとすれ違えるほどの狭い道にもかかわらず、人気の観光名所らしくいつでも人で溢れているそうだ。

 昼食はユダヤ人街の中にあるレストラン「El Burlaero」で。 この後バスでセビージャに向けて出発。

セビージャ フラメンコ・ショー カルメンの一場面
 コルドバからは高速道路を通り、2時間あまりで今夜の宿、セビージャのホテル「ベッケル」に到着。

 夕食を後回しにして、19時半開演のフラメンコショーを見に行く。 場所はセビージャのグアダルキビル川に面したマエストランサ闘牛場のそばで、ホテルからは歩いて10分ほどの所にある「El Patio Sevillano(エル・パティオ・セビジャーノ)」というタブラオ。 4年前にフラメンコショーを見にきた所。 しかも中に入って案内されたのは前回と同じく二階席。 違っているのは開演時間が2時間半ほど早いこと。

   このタブラオは1973年に開店していてセビージャの中でも老舗のほうらしい。 客席はすべての椅子が舞台に向かっている劇場型。 一階席と二階席がある。 1ドリンクサービス付きで、ジュース、ビール、白・赤ワイン等を楽しめる。

 ショーはフラメンコだけでなくスペインの古典舞踊(クラシコ・エスパニョール)や民族舞踊も入っている。 定番として「カルメン」が入っているが、歌劇カルメンの舞台を知っている者にとっては物足りない。 フィナーレはフラメンコ「セビジャーナス~ルンバ~ブレリアス」。 二人ずつ前に出てきて掛け合いでフラメンコを踊る。 あっという間の一時間半であった。


 10月11日(水)  本日は終日セビージャの観光。 午前中はスペイン広場、アルカサル、カテドラル(世界遺産 1987年)など。 午後は自由時間でグアダルキビル川ほとりを散策し、セビージャ美術館に行く。

 このセビージャは8世紀の頃からイスラム勢力の支配下に入り、 一時はセビージャ王国として自立していたこともあったが、13世紀前半にキリスト教のカスティーリャ王国に征服され、 それ以降はカスティーリャ王国の主要都市として発展してきた。 この頃からイタリアとの交易が盛んで、 グアダルキビル川を中心に港湾都市として栄えた。 セビージャから大西洋まではおよそ90Kmほどあり、今でも2万トンまでの船がグアダルキビル川を上って入港するそうだ。
 カスティーリャ王国になった頃はキリスト教徒とユダヤ教徒が共存していたが、 14世紀におきたペスト大流行の原因はユダヤ人に帰されるなど反ユダヤ主義の風潮が強まり、1391年にはセビージャでユダヤ人虐殺が起こった。

セビージャ 霧に包まれたスペイン広場
 15世紀後半にカスティーリャ王国とアラゴン王国の合併によって成立したスペイン王国は、同世紀末にレコンキスタを完了させるとともに新大陸へ航海を進めた。 それ以降セビージャはアメリカ大陸との重要な貿易拠点としてさらに繁栄した。

   9時にホテルを出てスペイン広場に行く。 ここはグアダルキビル川の近くで、前回同様朝霧が立ち込めている。 このスペイン広場には1929年にセビージャで開催された「イベロ・アメリカ博覧会」のパビリオンとして建てられた建物がある。 イベロ・アメリカとはスペイン、ポルトガルの旧植民地諸国と旧宗主国であるスペインとポルトガルを総称した言葉。

 建物はアンダルシア地方の典型的な建築様式であるムデハル様式を取り入れたもので、両翼が半円形に延びる回廊がある。 現在中央部分は軍隊が、その他の部分はセビージャの行政のオフィスとして使われているそうだ。 建物の内側に沿って58基のベンチがあり、スペインの各県の地図や歴史などが陶器の絵に描かれている。 地方の特徴を紹介したお国自慢と言ったところか。

 スペイン広場からバスで歌劇「カルメン」に出てくる旧タバコ工場(現セビージャ大学)の横を通り、デ・ラ・コンスティユーシオン通で下車し、アルカサル、カテドラルの間にあるトリウンフォ広場に出る。 まず、アルカサルの観光から。

セビージャ アルカサル 乙女のパティオ
 アルカサルは8世紀にイスラム教国ムワッヒド王朝によって建てられた城が原型。 その時代の部分は僅かしか残っておらず、ほとんどが13世紀にキリスト教徒がセビージャを奪還してからのもの。 「残虐王」と言われたペドロ1世が当時属国だったグラナダ王国ナスル朝のムハンマド五世からアラブ建築の最高の技術者や職人を借り受けて築城したそうだ。 建築様式はムデハルというスペインで生まれた華麗なアラブ様式。 ペドロ1世はターバンをしないアラビア人と呼ばれるほどイスラムの芸術と文化に心酔していたそうで、自分の居城をアルハンブラ宮殿のようにしたいと望んでいたとか。

 アルカサル内はイスラム宮殿と同じように公的な場と私的な場とに分かれている。 「乙女のパティオ」とそこを囲む部屋が公的な場で、「人形のパティオ」を取り囲む空間が王たちの暮らす居住区域。 この二つの空間の接するところに「大使の間」がある。 「大使の間」は城内でも最も美しい豪華な部屋で、アラベスク模様の繊細な美しさをいかんなく発揮してる。

 この「大使の間」には高い二段になった四角い天井の中にもう一段ドーム天井があり、 回廊の内壁と同じような縦、横、斜めに走る線で構成された八角の星型の模様で埋め尽くされており、 全体が金色に燦然と輝いる。 天井から壁面まで途切れることなくアラベスク模様となっており、大小の半円アーチとイスラム様式の馬蹄形アーチが、壁面の複雑な模様を引き立てている。

 「乙女のパティオ」は長方形で、短辺には真ん中に大きなアーチがあり、その両側に小さなアーチが二つずつ並んでいる。 アーチの上にはレースのように細密なアラベスク模様で埋め尽くされている。 ここは一見アルハンブラ宮殿の「天人花のパティオ」を思い起こさせる。

 この宮殿の奥には大庭園がある。 ここの庭園は水と緑を尊ぶアラブ人の設計によるものだそうだ。 だが、時代と共にルネサンス風、バロック風、フランス風、イギリス風等の庭園も加わってきたので、現在はいろいろなスタイルが混じり合っていて美しい。 それでもオレンジとレモンの木、天人花、ジャスミン、それに絵タイルと水。これらはアラブの息づかいを感じさせてくれた。

セビージャ カテドラル ヒラルダの塔
 アルカサルを出たトリウンフォ広場の向こうにカテドラルとヒラルダの塔が見える。

 「後世の人々が見て、我々を正気の沙汰ではないと思うような巨大な聖堂を建てよう」。1401年にセビージャで開かれた教会参事会はこの提案を満場一致で可決し、大聖堂の建設が始まったそうだ。 ここにはモロッコのムワッヒド王朝が建てたモスクがあり、フェルナンド3世が大聖堂に転用していたが、 老朽化のため改築する動きがあったとのこと。  建築開始からおよそ100年後の1519年に幅116m、奥行き76mあるも世界最大規模のゴシック建築の大聖堂が出来上がった。 その大きさはヴァチカン市国にあるサン・ピエトロ大聖堂、ロンドンのセント・ポール大聖堂に次いで世界で3番目の大きさ。

 このカテドラルにはミナレットを転用した鐘楼の「ヒラルダの塔」がある。 1198年にモスクに作られたミナレットのアラベスク模様の壁面など基本部分を残し、塔頂部分に鐘や十字架、ブロンズの女性像を取り付けたもの。 このブロンズ像が風を受けてグルグル廻ることから、ヒラルディヨ(風見の意味)と呼ぶようになり、現在のヒラルダの名が定着したとのこと。 アラベスク模様の壁面はモロッコで見たマラケシュのクトゥビアの塔、ラバトのハッサンの塔にとても似ている。

 ヒラルダの塔のすぐ横にあるパロスの門から入り、オレンジのパティオを通って堂内に入る。

セビージャ カテドラル ヒラルダの塔の移り変わり
 大聖堂内部で一番目に付くのは高さ20m、幅13.2mもあるという金色の主祭壇の衝立。 キリストと聖母マリアの生涯が45の場面にわたって描かれている。 中央の下部、一番大切な場所に鎮座しているのはキリスト像ではなく、聖母子像。 このアンダルシア地方ではマリア信仰がとても根強く、その信仰がこの主祭壇にも現れているとのこと。

   主祭壇の後ろには王室礼拝堂がある。 正面の祭壇にはセビージャの守護聖母ビルヘン・デ・ロス・レイェスが祀られている。 またセビージャをアラブの支配からキリストの手に取り戻した英雄カスティーリャ王フェルナンド3世の遺体がここに安置されている。

 王室礼拝堂を出て奥の聖具室にはゴヤ、ムリーリョ、スルバラン、リベラ、バルデス・レアルなどの名画が架かっており、さながら美術館に来たようである。 聖具室の横には、スペイン王の援助のもとにアメリカ大陸を発見したコロンブスの墓がある。 レオン、カスティーヤ、ナバラ、アラゴンの4つの国の王が柩をかつでいるという構図。 なぜ国王たちがコロンブスの棺を担ぐのかは理解できない。

 大聖堂内を回った後ヒラルダの塔に登る。 1198年にモスクのミナレットとして建てられたこの塔は大聖堂が建設される頃一度変更が加えられ、現在の大聖堂が完成してからバルコニーと鐘が付けられ、天辺にブロンズの像が取り付けられたようだ。 塔の内部に階段はなく、高さ70メートルの展望台までゆるやかなスロープが続く。 昔は馬で登ったと伝えられ、降りてくる馬とすれ違える程度の幅に設計されているとのこと。 展望台からはアルカサル、グアダルキビル川、マエストランサ闘牛場やサンタ・フスタ駅などセビージャ市内が一望できる。

ヒラルダの塔を支えるサンタ・フスタとルフィナ
 カテドラルを出てホテルのすぐそばにある中華レストラン「北京城」で昼食。 ホテルに戻り、午後は自由時間。

 ホテルを出てグアダルキビル川に沿って黄金の塔の辺りまで歩く。 途中でタクシーを拾って「ピラトの家」まで行きたかったが、なかなかタクシーがつかまらない。 やっと空車のタクシーをつかまえて交渉したが、「近いので歩いていけ」と言られ、乗車を拒否される。 10月中旬なのにアンダルシアの秋は暑い。 この時期に狂い咲きかジャカランダの花が咲いている。 マエストランサ闘牛場に寄り、中を見学しようとしたが、スペイン語のガイド付き見学で、一時間ほど待たされるとのこと。 散策をあきらめて、当初予定していたセビージャ美術館へ行く。

 セビージャ美術館はホテルから歩いて5分程度の所のムセオ広場にある。 建物は17世紀に建てられたメルセダリオ派修道院を改装してして造られた。 中には三つのパティオがあり、パティオを囲むアーチ型の柱で支えられた回廊が美しい。

 展示されている作品にはスルバラン、ムリーリョ、バルデス・レアルなどセビージャ派のものが多い。 この他にエル・グレコ、ベラスケスの作品も多数展示している。 ここでの目玉作品(独断)はスルバランの「カルトォジオ会修道士たちの食堂」。 修道会の肉食禁止の掟にまつわる逸話を題材にしたもので、修道会の厳格な精神、雰囲気を表している。

   ムリーリョの作品では「無原罪のお宿り(処女懐胎)」や「ヒラルダの塔を支えるサンタ・フスタとルフィナ」などが展示されていた。 ちなみに、ムリーリョの宗教画のコレクションに関してはこの美術館は世界一とのこと。 入場料1.5ユーロでこれほどの素晴らしい作品を観ることができるとは。


 [トゥルヒージョ(Trujillo)]

 10月12日(木)  本日からアンダルシア地方を離れて、多くのコンキスタドール (Conquistador)を排出したエクストレマドゥーラ地方に入る。 コンキスタドールとはスペイン語で「征服者」を意味し、特に15世紀から17世紀にかけてのスペインのアメリカ大陸征服者、探検家を指さしている。

 まだ暗い8時にバスでホテルを出て、セビージャから北へ。 30分ほど走った頃に地平線からまぶしい朝日が昇り始める。 車窓から時折黒い豚の群れ見られる。 これはコルク樫の林に放し飼いにされている「イベリコ豚」だそうで、樫の木のドングリを食べさせて、1年以上かけて120Kgほどの成豚にするそうだ。 このイベリコ豚から作ったハモンイベリコ(Jamon Iberico)という生ハムはこの後パラドールやホテルのレストランで何度かいただいた。 このハモンイベリコはイタリア産のパルマハムより少し硬く、塩味が少ないのでチーズ、白ワインに良く合う。 日本でも骨付き(原木)として1本(10Kg程)が10万円位で売られている。

メリダ ローマ劇場
 11時にローマ遺跡の残るメリダ(世界遺産 1993年)に到着。 メリダの街はローマ帝国の退役兵士のための植民地都市として、紀元前25年にローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの命で造られた。

 ローマ帝国の繁栄を今に伝える遺跡としては、グアディアナ川に架かる792mのローマ橋、ローマ劇場、円形闘技場、それにディアナ神殿などがある。

 観光案内所の横からローマ劇場へ。 この劇場はローマ帝国執政官でアウグストゥス帝の娘婿アグリッパにより紀元前15年に建設されたとか。 半円形に舞台を取り囲む観客席は6,000人収容。 今も毎年6月、7月にコンサートが行われているらしく、綺麗に修復されている。

 観客席の前方、中央部にはロイヤル・ボックスが備えられていた。 舞台は3つの出入り口のある二階建てで、32本のコリント様式の柱や、さまざまな色彩の大理石で飾られている。 それらの間の四角や半円状の壁龕には神々や皇帝たちの彫像が設置され、舞台中央にはセレス(デメテール:農業の女神)の像が建っていた。 

メリダ 円形闘技場
 このローマ劇場の横には住居跡があり、ローマ風呂、床にはモザイクのタイルが残っていた。

 この後すぐ近くにある円形闘技場へ行く。 15,000人を収容したと言われている客席部分はかなり崩れ落ちている。 ここでローマの人々は囚人と囚人、囚人と獣を戦わせたりしたそうだ。 入口の近くに獣を入れておく場所がり、その横に餌を与える穴があった。

 円形闘技場を出て、メリダの街中を散策。 途中に城門ではないかと言われているトラヤヌス帝の凱旋門、さらに行くとフォーラム跡やディアナ神殿がある。 ディアナ神殿は紀元前1世紀にアウグストゥス帝に捧げるため建てられたもので、16世紀頃には個人の民家として使われていたようだが、 現在は前面の柱などのごく一部が残っている。 ここにはカルド通りもデクマノス通りもしっかりある。 まさにローマの街。

 ローマ橋のたもとにはモーロ人が築いた要塞アルカサバがあり、その前にはスペイン広場。 この広場にはローマ建国にかかわったと伝えられる狼とロムルスとレムスの双子の像が建っていた。

 午後はメリダから北へ70Km、中世の城郭の町カサレス(世界遺産 1986年)に行く。 ここにはもともとケルト人が住み、ローマ、イスラムの侵略を受けキリスト教徒が何回か奪回したが、イスラム教徒に敗れる戦いがレコンキスタまで続いた。

カサレス ゴルフィネス家下屋敷
 1229年レオン王国がカサレスを支配し、14世紀からは地中海貿易が盛んになるとセビージャから北方やポルトガルに物資を運ぶ(銀の道)中継地点として栄えた。 交易で裕福になった貴族たちの間で対立が絶えず、彼らは防衛のために射眼付きの監視塔を建て、建物を要塞化した。 カサレスの旧市街にはこの時代に建てられたゴシック様式の館が多く残っている。

 バスは旧市街の西、マヨール(大きいと言う意味)広場に到着。 ここから新門(Puerta Nueva)をくぐり旧市街に入る。 すぐ左手にオヴァンド家の屋敷、正面にはゴシック様式のサンタ・マリア教会、教会の奥にはゴルフィネス家の下屋敷がある。 

   ゴルフィネス家下屋敷には二度に亘ってカトリック両王が訪れ、カサレスの居所として使ったそうだ。 建物正面の壁はプラテレスコ(浅浮彫による繊細かつ豊かな装飾)風のゴシック様式の切石で造られており、対の窓はイスラム様式。 ファサードには、ゴルフィネス家の紋章(百合と塔)とグリフォン(獅子の体に鷲の頭と翼)の彫刻がある。

 ここから南に行くと白い二つの塔のあるサン・フランシスコ・ザビエル教会があり、そのまま進むとサン・マテオ広場に出る。 この広場にはサン・マテオ(マタイ)教会、サン・パブロ修道院、銃眼のあるコウノトリの塔などがある。 いずれの建物もむき出しのレンガや石造りの外観で、きらびやかさとはほど遠い。

トゥルヒージョ パラドールの回廊
 カサレスから東へ、およそ1時間でトゥルヒージョのパラドールに到着。 このパラドールは1533年に建設され1984年まで使われていたサンタ・クララ修道院を改修したもの。

 静寂、安らぎに満ちた修道院の雰囲気がそのまま残っており、 当時の美しい回廊が保存されている。 客室は、当時の修道女の部屋を利用し 修道院の食堂もそのままでバンケットルームとなっている。

 パラドールの宿泊費を調べてみたら、ツイン1部屋で¥22,200、食事は¥4,500。 国営宿泊施設なのでびっくりするほどの料金ではないようだ。

 スペインの夕暮れは遅い。 18時半になってからトゥルヒージョの中心、マヨール広場まで出かける。 フロントでもらった地図を頼りに、曲がりくねった道を進み、やっと広場に出る。 道が狭く、両脇の建物が高いのでともすれば方向が分からなくなってしまう。

 マヨール広場の一角にサン・マルティン教会があり、すぐそばにペルーの征服者フランシスコ・ピサロの像が建っている。 鉄の鎧と兜に身をかため、細身の長い剣を斜め下に突き出した馬上像である。 この馬も兜の様なものをかぶっている。 悪名高きフランシスコ・ピサロもここでは英雄のようだ。

 広場の周りにはコンキスタドールが競って建てた豪邸が並んでいる。 16世紀初頭、海を越えた野心家、冒険家たちは大金持ちになって故郷に錦を飾ったようだ。



 10月13日(金)  トゥルヒージョは花崗岩の小高い丘の上に建造され、ケルト人、ローマ人、モーロ人、そしてキリスト教徒がその足跡を残してきた。 この街が『征服者の揺りかご』と呼ばれているのは、16世紀頃この街から600人近い男たちがアメリカ新大陸発見に参加したため。 要塞のように城壁を巡らしたこの街にある7ヵ所の門の内、現在も4つの門が完璧な状態で保存されている。 7ヵ所の門を通るどの道もピサロの騎馬像の立つマヨール広場に繋がっている。 このピサロの騎馬像にそっくりな像がペルーの首都リマのアルマス広場に建っているそうだ。

トゥルヒージョ マヨール広場 フランシスコ・ピサロ像
フランシスコ・ピサロ Francisco Pizarro (1474頃~1541)
 トゥルヒージョ生まれ。 僅かな土地を持つ下級貴族の貧しい郷士の庶子で無学文盲、家の豚の世話をして暮していたと言われてる。
 ピサロが新大陸へ渡ったのは、16世紀初めのスペインが新大陸ブームに沸く時期。  はじめはコロンビア、パナマあたりで生活をしていた。 その後スペイン国王カルロス1世から「南方の王国を征服する権利と成功した場合には総督に任命される」との約束を取り付けた。 そして異母兄弟のゴンサーロ、エルナンド、フワン、さらに従兄弟のペドロ・ピサロを連れてパナマに戻り、1530年に約180人のスペイン人を率いて、ペルーへと出発した。 ピサロ一行がペルー北部に上陸した時、インカ帝国は内乱中。 インカ皇帝アタワルパを追って南進し、1532年にカハマルカでアタワルバと会見し、その場で生け捕りにした。 アタワルパの身代金として、莫大な金銀を受け取ったにも関わらず、1533年に皇帝を処刑した。
 1535年ピサロは海岸近くに新しい都リマを建設。 1539年には帝都クスコに攻め入り、占領し、略奪の限りを尽くした。 1538年領有権などの対立からペルーに一緒の来た仲間のアルマグロを処刑する。 3年後にはアルマグロの息子の復讐の刃に倒れた。 65才頃だった。 インカ帝国を滅ぼした男と言われている。

 9時にパラドールを出て、徒歩でトゥルヒージョの旧市街の観光へ。 マヨール広場の西の一角には、帰国してコンキスタ侯爵となったピサロの異母兄弟エルナンドの建てた屋敷がある。 北東の角にある窓の左側にはピサロと妻(インカ王女ユパンキ)、右にはエルナンドと妻(ピサロとユパンキの娘)の胸像が飾ってある。

 北東の角のサン・マルティン教会の前には修道女達の隠修道院となっているサン・カルロス公爵邸、広場に面してピエドラス・アルバス男爵の館、デ・ラ・コンキスタ男爵の館等がある。

 街の北の小高い丘の上にはアラブ城がある。 これはキリスト教徒の攻撃に備えて、13世紀にモーロ人が大急ぎで要塞を造ったものだそうだ。 中には入れなかったが、眼下にトゥルヒージョ旧市街、遠くにエクストレマドゥーラ地方の荒涼とした大地が広がる。

グァダルーペ 王立修道院
 10時半にトゥルヒージョを出発して東へ60Km、グァダルーペに向かう。 ここにはスペインの、さらには南米の聖母マリア信仰の原点にもなったサンタ・マリア・デ・グァダルーペ王立修道院がある。

 伝説では、聖母像は伝道師聖ルカが彫ったもので、714年に攻めてきたイスラム教徒から逃げる際にキリスト教徒が川辺にこの聖母像を埋めたという。

 1320年に羊飼いが聖母マリアのお告げを聞いて川辺を掘ったところこの聖母像が現れたとか。 このマリア像の発見でこの辺りをグァダルーペ(アラビア語で隠された川)と呼ぶようになった。

 その後、聖母像を安置する聖堂が造られ、多くの人々が訪れるようになった。 うわさを聞いて訪れたカスティーリャ国王アルフォンソ11世は聖堂があまりに小さいのに驚き、拡張を命じた。 この後アルフォンソ11世はイスラム教徒との戦いに大勝利を収める。 これはグァダルーペの聖母のご加護のおかげと感謝し、新しい壮大な修道院を築かせ、ヒエロニムス会修道士らに委ねた。  現在はフランシスコ修道会が運営している。

グァダルーペ 王立修道院 黒いマリア様
 現在、グァダルーペの黒いマリア様はミサが行われているときは聖堂の主祭壇の中央上部に、 ミサの行われていない時には主祭壇の裏側にあるカマリン(Camarin 小聖堂)に安置されている。 すなわち、安置されている台は回転扉となっていて、 ミサが行われていない時にカマリンに行くとマリア様を間近で見る事ができる。

 グァダルーペの聖母像崇拝は根強く、カトリック両王は23回もここを訪れており、コロンブスとはここで2回会ったそうだ。

 新大陸に向かう人々にとって聖母は心の支えであったようで、嵐に襲われ難破しそうになった時、コロンブスはグァダルーペの聖母に祈りをささげ、無事に帰還したと言う。 その後彼はこの地を訪れ聖母に感謝したと言われている。 グァダルーペの聖母崇拝は海を越え、新大陸に伝わり、アメリカ大陸には200ヶ所もグァダルーペの地名が付いており、特に南米では聖母マリアの熱狂的信者が多い。

 12時頃にグァダルーペ王立修道院に到着。 ファサード(正面扉口)は15世紀に造られたものでゴシック様式。 銃眼つきの高い2基の塔の間に、ぴったりと嵌め込まれているように見える。 階段を上がったファサード前の広場に長い行列。 およそ40分間ほどにならび、参事会室側の入口から入場。

グァダルーペ 王立修道院 ムデハル・ゴシック様式の小さな聖堂
 まず、刺繍展示室に入る。 ここには15世紀から19世紀にかけて修道士達がすべて作った物だそうで、豪華なコープ(聖職者が着るマント)と祭壇前面に掛ける布がコレクションされている。 コープは一着30Kgあるとか。 その隣に楽譜展示室がある。 こちらには牛皮に書かれた聖歌の楽譜が86冊収められており、重さは1冊40Kg。 楽譜を載せる台も一緒に展示されていた。

 次にムデハル様式内庭回廊を通って絵画彫刻展示室へ。 この内庭回廊は14世紀から15世紀に造られたもので、二層の馬蹄形アーチで中庭が囲まれており、中央にムデハル・ゴシック様式の小さな聖堂、一角には多色の陶製手水鉢がある。

 絵画彫刻展示室はもと修道院の洗濯場だった所。 ここにはイーゼンブラントの祭壇画「東方三博士の礼拝」、ミケランジェロの作と言われている象牙のキリスト像、ペドロ・デ・メナ作「この人を見よ」、修道士を描いたスルバランの小品絵画8点、ゴヤの小ぶりな「獄中の告解」などが展示されている。

 ここから大きなパイプオルガンのある聖歌隊の部屋を通り、聖具室へ。 内装はバロック様式だが落ち着いた雰囲気。 スルバランの「聖ヒエロニムスの誘惑」他ヒエロニムスの生涯を描いた作品が展示されている。 この後聖遺物室を通り、いよいよ階段を上がってカマリンへ。

 カマリンとは聖母の玉座の次の間を言う。 惜しみなく贅の限りが尽くされ、碧玉、金色スタッコ、大理石と銘木の寄木細工が周りを囲んでいる。 七宝装飾の玉座に鎮座するグァダルーペの聖母は、12世紀に彫られた黒っぽい楢材の小像で、その姿は左腕に幼子イエスを抱いて、ヴェールとマントに包まれている。 高さ59cm、重さ4Kgだそうだ。

トレド 遠景
 2時にグァダルーペのレストラン「アルフォンソ11世」で昼食を済ませ、15時にグァダルーペを出発して北東へ、トレドに向かう。

 トレドは4年前、半日ほど観光で来たが、宿がトレドの南側、タホ川の対岸であったため、あまり旧市街を回れなかった。 それに旧市街の道は入り組んでいて初めての訪問では自信がなかった。
 今回は半日自由時間が有り、宿もアルカサルのそばで旧市街の中、さらに下調べもしてあるのでいろいろな所へ出かけようと期待膨らむ。

 18:20トレド(世界遺産 1986年)の遠景が展望できる対岸に到着。 ここでしばし写真を撮ってから、旧市街の中のホテル・カルロスVへ。 街中にあるホテル。 行動には便利だが、部屋は今までの中で一番落ちる。

 ところで、カルロスV(5世)という王様は居たっけ。 カルロス4世までは知っているが。
 スペイン王カルロス1世=神聖ローマ皇帝カール5世(同一人物)をスペイン人はカルロス5世と言っているらしい。 アルハンブラにも「カルロス5世宮殿」と言うのが有ったが、スペインでは結構いい加減な表現をするようだ。


 [トレド(Toledo)]

 10月14日(土)  本日の予定は午前中に大聖堂とサント・トメ教会の観光、午後は自由時間。 全て徒歩での観光となっている。 ホテル出発は10時なので、朝食後の時間を利用して散歩に出る。

 8時半、ようやく朝日が昇り始める中、カルロス5世通りを北へ。 朝の散歩はその土地の土地感を掴むことと自由時間に行きたい場所の下調べも兼ねている。 アルカサルから100mほど北にあるサンタ・クルス美術館を確認。 ここから道なりに西へ丘を下りビサグラ新門を抜けてトレドの城壁外に出る。

 この門から北に走っているカルディナル・タベラ通りはマドリッドに続く道。 ホテルを出て20分ほどでタベラ病院を見つけたが、どこにも病院とか美術館の表示が無い。 地図には「Hospital de Tavera」と出ていて、建物もそれらしき様子なのに。 午後に是非このタベラ病院に来たいと思っている。

トレド 大聖堂
 10時にホテルを出て、小路を通り、オンブレ・デ・パロ通りを南西に行き大聖堂(カテドラル)へ。 589年に西ゴート王国は首都トレドの宗教会議でカトリックを国教にすることを決定。 以来トレドにカトリックの大司教座が置かれる。 大司教座にふさわしいカテドラルの建設が始まったのは1227年。 当時カスティーリャ国王フェルナンド3世の命による。 256年後の1493年に完成。 奥行き113m、幅57m、高さ45m、五廊形式の建物を支える柱は88本。 フランスゴシック建築の代表的な建物。 現在もスペイン・カトリックの総本山。

 内部には大小合わせて22の礼拝堂がある。 中央礼拝堂は一段と大きく、祭壇の彩色彫刻は目をひく。 中央祭壇の裏には「透明」を意味するトランスパレンテ(Transparente)がある。 これはキリストの生涯を彫りこんだ衝立で、1732年に作られた。 ところがこの衝立のおかげで祭壇の前に置かれた聖櫃が闇の中に埋もれてしまった。 そこで衝立に穴を開けて光を取り込むことになり、 同時に礼拝堂に外光を取り込むため天井にも穴が開けられた。 この結果、トランスパレンテを通して入ってきた一筋の光が祭壇前の聖櫃を神々しく浮き上がらせることになった。 カテドラル内の一番奥の薄暗い中にあるトランスパレンテ、 かなり高いところにあるが、ここだけ光を受けて彫像が躍動しているよう見える。

エル・グレコ 「聖衣剥奪」
 聖具室に入ると天井にはルカ・ジョルダーノのフレスコ画。 正面奥にはエル・グレコの「聖衣剥奪」、その横にはゴヤの「裏切られたキリスト」の他に、ファン・アイク、ヴェラスケス、ルーベンス等の名画が多数架かっており、さながら美術館に居る感じ。

 ガイドさんから詳しい説明は無かったが、このエル・グレコの「聖衣剥奪」は色々曰くつきの作品。 この絵はグレコが37歳の時に大聖堂からの発注で、新約聖書からキリストが十字架にかけられる直前の衣服を剥がれる姿を主題に制作したもの。 まず目に付くのは色鮮やかな赤色の聖衣。 これまでの宗教画ではめったに使われなかった色。 (1953年 リチャード・バートン主演の映画「聖衣(The Robe)」では赤い聖衣が使われていた。 エル・グレコのこの絵の影響か?)

 大聖堂側が一番問題にしたのはキリストの頭より群衆の位置が高く描かれていること(キリストに対する冒涜)。 次に3人のマリア(左下)が描かれていること。 このために絵の報酬は払えないという大聖堂からの通達を受けてエル・グレコは裁判で争う。 大聖堂側からは異端審問に掛けると脅され、やむなくエル・グレコは提示していた約三分の一の額で折り合いをつけたとのこと。
 それにしては聖具室の一番奥の大切な場所にこの絵は架かっている。 この絵の真価が認められたためか。 この絵の中でキリストの右手の中指、薬指の形は何を物語っているのか気になる。

 次の宝物室には金銀をふんだんに使った「アルフェの聖体顕示台」がある。 高さ3m、重さ200Kgもあるそうで、年に1回だけ5月から6月頃に行われる聖体祭の折に戸外へ持ち出され、この聖体顕示台を先頭に、荘厳な聖行列が2時間かけてトレドの街を行進するそうだ。

トレド サント・トメ教会 「オルガス伯の埋葬」
 次にトレドの旧市街の南西の方にあるサント・トメ教会に行く。 サント・トメ教会には14世紀に建てられたムデハル様式の鐘楼が残っている小規模な教会。 この教会の横の部屋にエル・グレコの最高傑作と言われる「オルガス伯の埋葬」が展示されている。 ギリシャ人であるグレコがスペインにやってきてから10年たった1586年頃の作とされている。 題材は14世紀にオルガスの領主で篤信家だったゴンサロ・ルイス・デ・トレドを埋葬する場面。 ゴンサロは生前私財を投げ打ってサント・トメ教会の修復をしていたそうで、 それを記念して200年以上も経った時点で教会がエル・グレコに絵を発注したと言う。

 この絵の上半分は天上界を描いている。 キリストを中心に左に聖母マリア、右には聖ヨハネが位置し、それを聖パウロ、ノア、ダビデ、モーゼや使徒、高級天使たちが取り巻いてる。

 下半分は「オルガス伯」ゴンサロ・ルイス・デ・トレドを埋葬する光景。 しかし実際には現実の描写ではなく、 遺体を持ち上げている二人の聖職者は天国から使わされた聖アグスティン(右のヒゲの聖人)と聖エステバン(左の若い聖人)とのこと。 これは聖アグスティンと聖エステバンの両聖人が14世紀頃このサント・トメ教会に奇蹟的に現れたという云い伝えを折り込んであるとのこと。 それを黒服にレース襟の騎士達が見守っている。この騎士達はこの絵が描かれた頃の人々で、オルガス伯とは関係ないそうだ。

 聖エステバン(若い聖人)の後方に立っているオールバックでこちらを直視している騎士がエル・グレコで、 左手前でたいまつを持った黒服の少年はグレコの息子。 後に建築家となりトレドのカテドラル建設にも携わったホルヘ・マヌエルと言われている。

 昼食はトレドの旧市街から出て、タホ川の南の丘にあるレストラン「シガール・モンテ・レイ」で。 一旦ホテルに戻り、2時から自由時間。 早速サンタ・クルス美術館に行く。

 ここは16世紀に建てられたサンタ・クルス病院だったところ。 所蔵品にはエル・グレコやスルバランの作品が多い。 この他に数種類のタペストリがあり、アレキサンダ-大王や旧約聖書のアブラハム、モーゼ、聖母マリア、聖人等をテーマにしたものが展示されていた。 企画展としてプラド美術館展が開かれており、この後プラドで見る予定だったベラスケス、ゴヤ、リベラなどの作品が多数展示されていた。 サンタ・クルス美術館常設展、企画展ともに無料。

 1時間ほどでサンタ・クルス美術館を終わり、タベラ病院は16時まで休みなので、エル・グレコの家に行くことにする。 エル・グレコの家も16時まで休みとガイドブックには書いてあるが、本日の現地ガイドさんが14時から開いていると言っていた事、添乗員さん他数名が15時にホテルを出てエル・グレコの家に行くと聞いていたので、一緒にと言うことで出かけた。 30分ほどでエル・グレコの家に到着。 やはり開いていない。 開場は16時からと表示されている。 30分もこの辺りで過ごすのはもったいない。 妻と二人だけでトレドの旧市街、迷路の中を北へ。 丘を越えて今朝調べたタベラ病院へ。 20分間ほどで到着。

トレド タベラ病院
 タベラ病院は1541年にタベラ大司教が慈善病院として建設を始め、タベラ大司教が死去(1552年)した後の1559年に完成。 その後何度か所有者が変わり、17世紀にレルマ公爵家のものとなり現在に至っている。 レルマ公爵家は17世紀に豪華な邸宅に改装し、学校、孤児収容所、美術館などを併設した。

 建物の周りには看板も標識も無い。 南側の扉が開いていたので、ここだろうと見当をつけて中に入ると二階に続く階段がある。 階段を上がると受付があり、ここがタベラ病院美術館のチケット売り場。 一人4ユーロを支払うと、一旦階下に降りて教会に行くように言われる。

 先ほどの入口の奥が教会で、初老の女性が扉を開けて待っていてくれて、教会内を案内してくれた。 中央の祭壇画はエル・グレコの「聖母被昇天」。 この祭壇全体をエル・グレコに任せて作らせたとのこと。 教会の真ん中には石棺があり、大司教ファン・デ・タベラのものとのこと。 そばに階段があり、石棺を上から見ることができる。
 最後に「エコーが素晴らしいから」と地下室に行くことを薦められる。 狭い階段を下りて地下室に入ると天井は低く、中央が緩やかなドームになっていて、言葉を発すると今まで聴いたことも無いような反響が返ってくる。 この地下室の一角には棺が二体置いてあり、タベラ大司教と関連の人のものだろうが、たった二人だけでこの中に居るのは薄気味悪い。 早々に退散し、教会から出て先ほどの受付に戻る。

トレド タベラ病院 エル・グレコ「聖家族と聖アンナ」
 ここからは美術館(博物館)。 ガイドツアーで、若くて美しい女性が案内をしてくれる。 まず最初に「スペイン語が分かるか?」と聞かれ、「全く分からない」と答えたら、「私も片言の英語で案内する」と言って我々二人だけをガイドしてくれた。 ここからはスペイン語なまりの片言の英語と日本語なまりの片言の英語での交流。

 まず、鍵を開けて薬局に入り、電灯をつけて、入口の鍵をかける。 ここはタベラ病院創業当時からの薬局で、壁いっぱいに並んでいる引き出しには処方箋が入っている。 次の部屋に移る際に電灯を消して、次の部屋の鍵を開け、電灯をつける。 この一連の動作はドイツのお城を見学したときに似ている。

 次の部屋はタベラの家族が使っていた部屋で、壁にエル・グレコが描いた「タベラ大司教」の肖像画がある。 グレコとタベラは同じ時代だったのかと尋ねたら、良くぞ聞いてくれたと言う調子で「グレコはタベラのデスマスクを見てこの肖像画を描きました」とのこと。 食堂にはグレコの他にリベラ、ティントレット、スルバラン、ティッツィアーノ、ヨルダーンス、カナレット等の作品がいっぱい並んでいた。

 1595年頃、エル・グレコは結婚をしてこの街に住み続ける決心をする。 そんな頃に描いた一枚の作品が「聖家族と聖アンナ」。 幼子イエスに乳を与える聖母マリアを夫ヨゼフとマリアの母の聖アンナが見守っている。 この絵のマリアはエル・グレコの妻が、イエスは二人の間の息子が、そして二人を見守るヨゼフはエル・グレコ自身がモデルとなっているそうだ。

トレド タベラ病院 リベラ「ヒゲを生やした女」
 珍しいものにリベラの「ヒゲを生やした女」と言う絵がある。 顔は男のようで長いヒゲを生やしており、赤子に乳を与えている。 説明によるとこの女性は実在した人でマグダレーナ・ベントゥーラという人らしく、描かれた時の年令は52歳。 37歳頃からヒゲが生え出し、その後も子供を3人産んでいるという。

 およそ30分余り、冗談を交えながら素晴らしい美術品を案内してもらった。 最後に「一日に何人ぐらい来館しているのか」と尋ねたら、「今日は18人」とのこと。 あまり客が来ていないようだ。 美人のガイドさんに丁重にお礼を言ってタベラ病院を後にする。

 再びエル・グレコの家に行くべくビサグラ新門を通り、南に向かって旧市街の丘を登る。 丘を登りきった辺りに西ゴート族博物館があり、立ち寄る。 トレドは6世紀に西ゴート族が入って来て、ここを西ゴート王国の首都と定め栄えた。 8世紀にモーロ人が入って来るまでの200年間。 この博物館は元サン・ロマン教会であった建物で、その時代の遺跡から発掘されたものが展示されている。 中に元鐘楼があり、狭い階段を降りる人と譲り合い、すれ違いながら登る。 頂上では冷たい風がとてもさわやか。 北には先ほどのタベラ病院、南にはタホ川の向こうのパラドールが見える。

 エル・グレコの家には17時半に到着。 本日は土曜日なので、午後は無料。 中にはもちろんエル・グレコの絵が展示されている。 壁の両側にキリストの使徒の絵が多数架けられており、中央の奥まったところにグレコの傑作のひとつ「トレドの景観と地図」(1610年頃)がある。 右側で男がトレドの地図を広げており、中央にタベラ病院があり、ビサグラ門をその後方に据え、北側からトレドの街を展望した画面構成になっている。 この絵の中にあるトレドの地図は非常に正確で、通りの名前などもほぼ今の地図とかわってないとのこと。 グレコの作品のほか、16~17世紀頃活躍したスペインの画家の作品、さらに当時使われていた家具調度品も展示されている。

 19時にホテルに戻り、汗を流してから、ホテルのそばにあるゾコドーヴァー広場のBARで夕食。 ここはオープンカフェのようなBAR。 まずは「ドス カーニャ(生ビール2つ)」。 あとは隣の席で食べていた「イカ・リング」「オリーブ」などを指差しで注文。 すぐに店の人が絵の入ったメニューを持ってきてくれた。



 10月15日(日)  事件は真夜中に。 突如電話によるモーニング・コール。 通常早く起きるので、旅行中はモーニングコールで起こされたことは一度も無い。 何事かと時計を見たらまだ真夜中の2:20。 「何かあったのか」と電話を掛けなおし問い合わせたら「すみません。 時間を間違えました」とのこと。 この後腹立たしくて眠られず。

ラ・マンチャ コンスエグラの風車
 トレドからマドリッドまでは近いのだが、今日はラ・マンチャ地方のコンスエグラ、アランフェス、チンチョンに立ち寄ってから最終宿泊地マドリッドに行く。

 9時にトレドのホテルを出て、およそ一時間、乾燥した大平原ラマンチャ地方のコンスエグラの街に到着。 この辺りはミゲル・デ・セルバンテスの名作「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ(Don Quixote de la Mancha)」の舞台になった辺り。 ドン・キホーテが戦いを挑んだのはカンポ・デ・クリプターナの風車で、ここではない。 余談だが「ドン・キホーテ」は1605年、最初に出版され、英訳本、仏訳本などがすぐに出版され、世界中に広まっていった。 世界で二番目に出版部数の多い本として有名だとか。 一番出版部数の多い本は?・・・・・聖書だそうです。

 この街のはずれに南北に伸びる小高い丘があり、コンスエグラの風車が建っている。 街のほうから見ると左手(南側)に7基の風車、その北に12世紀に建てられた砦跡があり、さらに右手(北側)に4基、合計11基の風車がある。 バスは北側から狭い道を丘に登って行き、砦跡の前を通り過ぎて南から2つ目の風車の前で駐車。

 ここに来たのは2度目。 前回3つ目の風車に居た名物おじさんが居ない。 たしか60セントで風車の中を見せてくれたのに。 風車は現在全く使われておらず、もっぱら観光用。 誰も居ないので閑散としている。 丘の上に立つと360度、広々としたラ・マンチャの平原を見渡すことが出来る。 周りに広がるのはサフラン畑。 スペインの代表料理パエージャを黄金色にしているのがサフランの雌しべ。 ここがあの高価なサフランの一大産地だそうだ。

 11時にコンスエグラを出て、アランフェスへ。 1時間半ほどでアランフェスに到着。 街中のレストラン「レナ ヴェルデ」で昼食をとり、この後歩いて王宮の観光へ。

 アランフェスの王宮(世界遺産 2001年)はスペイン王家の秋の別荘として1561年にフェリぺ2世が建築を命じ、代々の王を経て18世紀後半、カルロス3世の時代に完成した。 マドリッドの王宮がメインで、春の別荘がエル・エスコリアル、夏の別荘はセゴビアにある。

アランフェス 王宮
 この宮殿は石と煉瓦で作られた典型的なスペイン建築で、内装は19世紀頃の状態をそのまま保存している。 広大な庭園に向かって建つ西向きのファザード(建物正面)、両サイドに円蓋(えんがい)があり、庭園に両翼が伸びている。

 正面玄関から中に入ると、タペストリーの間、アラブの間、舞踏の間、女王の寝室、磁器の間、玉座の間、音楽の間など特徴のある部屋が続く。 アラブの間は別名「喫煙の間」と言ったそうで、王妃の喫煙のための部屋。 内装はアルハンブラ宮殿の「二姉妹の間」を真似して作られている。 アルハンブラ宮殿ではほとんど色が無かったのに対して、こちらは極彩色。

 数ある部屋の中で最も特徴のあるのが磁器の間。 部屋全体が極彩色の人物、動物、植物の形をした磁器で覆われている。 人物は中国人、動物にはサルを使うなど絵柄も楽しく自然に見入ってしまう。
 音楽の間にはエウヘニア・デ・ホンティホ(ナポレオン3世の妃)からイザベル女王へ贈られたピアノが置いてあり、部屋を出るとローソクを200本点けられる豪華なシャンデリアがある。

 アランフェスと聞いてすぐに思いつくのがホアキン・ロドリーゴのアランフェス協奏曲。 このアランフェスを新婚旅行で訪れたロドリーゴは、タホ川の河畔を新妻と連れ添って歩くうちに、あのロマンチックな第2楽章の楽想を得た。 そこでロドリーゴはこの曲の第2楽章から書き始めたと言われている。 アランフェス協奏曲は1939年に完成、翌年に初演され高い評価を受けた。 その後クラシック部門だけではなくポピュラーやジャズなど様々なジャンルでも演奏されている普遍的な名曲。

チンチョン マヨール広場 奥にイグレシア・バロキア教会
 15時にアランフェスを発ち、30分ほどでチンチョンに到着。 チンチョンは、アニス酒、にんにく、とうがらしで有名な小さな村。 アニス酒と聞いただけでトルコの「ライオンのミルク」と言われるラクを思い出す。 ここのアニス酒も水を入れると白濁するそうだ。 この種の酒は匂いが強く小生は苦手。

 ここはスペインの古き良き面影を留める村として歴史保存地区に指定されているとのこと。 訪れたところはマヨール広場とその周辺。 マヨール広場にはこの数日前(後)に闘牛があった(ある)のか、仮設の闘牛場ができていた。 広場に面してBAR、カフェ、パン屋、雑貨店、土産物店があり、アニス酒、にんにく、とうがらしなどが売られている。 若者が少ないというか老人が多い。 ここも過疎の村なのであろうか。

 マヨール広場の後ろの高台に建っているイグレシア・バロキア教会にゴヤの「聖母被昇天」があると聞いている。 暇つぶしに緩やかな坂を登って教会にたどり着いたが、扉はしっかりと閉まっている。

 ゴヤと言えば「チンチョンの女」という絵がプラド美術館、ウフィッツイ美術館にそれぞれ一枚ずつある。 同じモデルで白いドレスを着た若い女だが、ここにはもうそのような女は居ない。

 チンチョンを観光するに当たり、ガイドさんが居るわけではない。 添乗員さんが代わりに「スペインの古き良き面影」を説明してくれたわけでもない。 マヨール広場に仮設の闘牛場、それにイグレシア・バロキア教会。 これらが無機物のように並んでいるように感じるだけで、小生にとっては苦痛の1時間余りであった。 今日は朝から機嫌が悪い。

 チンチョンから1時間ほどでマドリッドのラファエル・アトーチャ・ホテルに到着。 


 [マドリッド(Madrid)]

 10月16日(月)  本日はマドリッドの北西に横たわるグアダラーマ山脈を越えて、中世の要塞都市の佇まいを残す古都アビラとローマ人の驚異的な土木技術、水道橋のあるセゴビアの観光に出かける。

 ホテルを8時半に出ておよそ30分、山脈にかかる頃次第に曇り空になり、風も強くなってきた。 アビラの町は山間地域にあり、標高1,100mほどで、冬は底冷えのする厳しい寒さが続き、夏の日中はとても暑いが朝晩はかなり涼しくなり、寒暖の差が激しいそうだ。

 アビラの旧市街は11世紀に造られた全長2.5Km、高さ12m、厚さ3mの城壁で囲まれている。 さらにネズミさえ出入りする隙のないよう、88の堡塔(ほとう)がほぼ20mの間隔で配置されている。

 レコンキスタの11世紀末、カステーリャのアルフォンソ6世がイスラム教徒から奪還したこの街に娘婿を送り込み、敵の反撃に備えて城壁を築いたとのこと。 地形的に守りの弱い東側にはカテドラルが造られた。 このカテドラルは城壁と一体になっており、城壁を補強する役目も果たしている。

   10:30アビラ(世界遺産 1985年)の観光案内所にある駐車場に到着。 サン・ビセンテ門から城壁内に入り、カテドラルの前へ。 このカテドラル内部の中央祭壇には、ペドロ・ベルゲーテの「キリストの生涯」を描いた祭壇画があるはずなのに、ガイドさんは入る様子も無い。 カテドラルの前を素通りしてビクトリア広場へ。
 旅行社のパンフレットではこの街の「カテドラル、サンタ・テレサ修道院にご案内します」と書いてあって、入場観光か否かは明記されていない。 30分くらいあればカテドラルの内部を見学できるのに。 また30分くらい早くホテルを出ても何の苦も無いのだが。

アビラ サンタ・テレサ修道院
 広場から南に向かい、サンタ・テレサ修道院へ。 サンタ・テレサ・デ・ヘスス(1515~1582年)はアビラのユダヤ系キリスト教の家に生まれ、18歳でカルメル会の修道女になり、厳寒のアビラで、靴下もはかず過ごすなど数々の神秘的キリスト教体験をした。 47歳で「裸足のカルメル会」を創設。 生存中にスペイン各地に16の女子修道院と二つの男子修道院を建設したそうだ。

 サンタ・テレサ修道院は、テレサの生家があった跡地に1636年に建築された。 この建物は何度か改装され、現在バロック様式の美しい建物になっている。 内部には幼い頃にテレサが遊んだ中庭やテレサが生まれた部屋に作られている祭壇裏の礼拝堂(カマリン、Camarin)などがある。

   サン・ビセンテ門から城壁を出て、バスでロス・クアトロ・ポステスに行く。 ここはアビラの西側、アダハ川を渡った国道沿いにあり、四本の柱に十字架が囲まれた古代の遺跡のような小さな建造物。 この場所からはアビラの延々と連なる城壁とその中の旧市街が良く見える。

アビラ 城壁に囲まれた旧市街 ロス・クアトロ・ポステスよ遠望

 12時にアビラを発って、一時間ほどでセゴビアの街に到着。 街中のレストラン「ロス・アルコス」で昼食。 本日はこの地方の名物料理「子豚の丸焼き」。 丸焼きになった子豚を皿で大まかに切り、その後この皿を床にたたきつけて割る。 割れた皿の破片が足元まで飛んできた。 味は? それぞれ好みがあるから。

セゴビア ローマ水道橋
 レストランから歩いてセゴビア(世界遺産 1985年)旧市街の観光に出かける。 セゴビアのシンボル、ローマ水道橋のあるアソゲホ広場に到着。 この水道橋、トラヤヌス皇帝統治下の1世紀頃に建築されたもので、およそ813mが現存している。

 古代ローマ人は、標高1000mのセゴビアの街に、北18kmにあるフリオ川から水を引いた。 水路の多くは地中に埋め込まれたが、 谷間や平野では水道橋を造った。 水を通すために水準器を使って勾配を1%以下に保ったと言う。 水道橋は四角く切出した花崗岩に小さな穴を開け、ロープで吊り上げ、あらかじめ造ってあった木枠に積み上げただけ。 石はそれ自体の重みで固定され、接合剤は一切使っていないと言う。 今から2千年前、ローマの土木技術の水準の高さには感心する。

 このアソゲホ広場あたりでは2重アーチとなっていて、 アーチの数は128もあるとか。 最も高い所は高さ28.9mそうだ。 この水道橋は改造やしゅうふくが重ねられ1906年まで、すなわち1800年間も使われたそうだ。 セゴビアの水道橋は規模、保存状態の良さともに、世界一とされているとのこと。

 古代遺跡を堪能した後、セルバンテス通りを通って緩やかな坂を登り、サン・マルティン教会の前を通過してマヨール広場に出る。 広場には北に市庁舎、東にファン・ブラボ劇場、西にカテドラルなどがある。 マヨール広場がこの街では一番高い所。 この後カテドラルの横の小道を下り、ディズニー映画「白雪姫」のお城のモデルになったと言われているアルカサルへ。

セゴビア アルカサル
 セゴビアの旧市街は城壁に囲まれている。 この城壁の外、北側にエレスマ川、南側にクラモレス川が流れており、二つに川の合流地点の高台の上にアルカサルは建っている。 まるで船の船首のよう。 このお城は1158年にアルフォンソ8世が原型を作ったといわれている。 その後14~15世紀前半にかけて増築された。

   このアルカサルがスペイン史の表舞台に登場したのは1474年。 23歳のカステーリャ王女イサベルがここで即位を決意した。 イサベルはこの城で異母兄のカステーリャ王エンリケ4世の訃報を聞き、アルカサルで自らが王になる祈りをささげ、白馬にまたがってセゴビアのマヨール広場のサン・ミゲル教会に行き、夫のアラゴン国王子フェルナンドの帰国も待たず戴冠式を挙げた。 カステーリャとアラゴンの連合、後にスペイン統一を達成するカトリック両王の第一歩がここで刻まれた。

 中には「玉座の間」の他に、王たちが使った高価な武器類や様々な槍類・鉄砲類・刀剣類が展示されている「武器の間」、天井下の壁にアストゥリアス、レオン、カスティーリャ各王国の歴代の王たちの彫像が並んでいる「諸王の間」、イサベル王女が祈りを捧げたであろう礼拝堂などがある。

 城を出て少し東に進み、サンティアゴ門から城壁外に出て坂を下り、エレスマ川を渡った所がアルカサルを下方から眺めるビューポイント。 おとぎ話の挿絵に出てきそうな美しい形の城。

マドリッド レイナ・ソフィア芸術センター ピカソ「ゲルニカ」
 16時半にセゴビアを後にし、18時にマドリッドのアトーチャ駅のそばのレイナ・ソフィア芸術センターに行く。 本日は月曜日。 火曜日はこの美術館は休みなので、夕方になったがこの時間から近代絵画の鑑賞。

 ソフィア王妃は、現在のスペイン王室の王妃だそうで、その名を冠して1992年にオープンしたこの美術館には20世紀のスペインを代表する絵画が集結している。 パブロ・ピカソやサルバドール・ダリ、ジョアン・ミロなど。

 ピカソの代表作「ゲルニカ」はスペイン内戦中に空爆を受けた町ゲルニカを主題に描いた絵画で、1937年にパリで描かれ、同年のパリ万国博覧会スペイン館に展示された。 この後ヨーロッパの戦火を避け、1939年米国に渡り、ニューヨーク近代美術館に預けられた。 スペインの内戦が終わり、 第二次世界大戦後スペインの政体が変わった1981年にようやくスペインに返還され、しばらくプラド美術館別館で展示されていたが、この美術館のオープンとともに移されたとのこと。

   サルバドール・ダリの「窓辺の人物(Muchacha en la ventana)」が好きで、この美術館にあるはずと探したが見つからなかった。 もう少し鑑賞に時間がほしいところ。 たった一時間で美術館を後にし、夕食のためレストランに向かう。



 10月17日(火)  昨夜から雨。 今日の予定は午前中にプラド美術館で絵画の鑑賞、スペイン広場、王宮見学、昼食の後自由時間。

 ツアー出発前に添乗員さんにマドリッド観光の内容を尋ねたら、プラド美術館で絵画鑑賞の後はスペイン広場の「ドン・キ・ホーテの像」を見に行き、王宮は車窓からの観光とのこと。 自由時間の開始は昼食後の14時頃になると言う。 そこでプラド美術館の入場までは一緒に行動させてもらい、プラド美術館の絵画鑑賞から単独行動にしたい旨を伝えてあった。

 ホテル出発間際に、添乗員さんから「パッケージ旅行の一部をキャンセルされ、お客様ご自身の意思で自由行動を希望される場合のお願い」という書面に署名を求められた。 内容は「離団にあたって責任を持って行動してもらいたい。 万が一集合時間に遅れると待たされている他のお客様に大変な迷惑がかかる」等の注意事項。 この内容で署名なんて変。 離団時間も責任範囲も明記されていない。 この文面に、せめて離団の時間だけでも添乗員さんに記入してもらい、署名に同意。

マドリッド プラド美術館 雨にぬれたゴヤ像
 ところがまたまたトラブル。 9時にホテルを出発すると言うのにバスが来ない。 プラド美術館は9時から開いている。 遅れに遅れて9時40分にバスが来る。 プラド美術館はホテルから近く、10分もあれば到着すると思っていたが、あいにくの雨で渋滞に捕まり、結局プラド美術館に入館できたのは10:26。 予定より一時間以上も遅れた。 離団の書面に署名をさせるくらいなら、自分たちも毅然とした行動をしてもらいたいもの。 旅行社が客に迷惑をかけている。 非常に不満であった。

 プラド美術館入館と同時に皆さんと別れ、インフォメーションでフロア・プランを貰い、妻と二人でムリーリョ門側の三階に行く。 ここにはゴヤの初期の頃の作品が展示されていた。 前回来たときには「89室」の壁に「着衣のマハ」「裸のマハ」が並べて展示されていたのだが、ない。 この三階にはゴヤのほかにメングス、ティエポロ、バトーなどが展示されていた。

 二階に降りると、ここにもゴヤの作品が展示されており、「着衣のマハ」「裸のマハ」は「21室」にあった。 だが不満なのは正面奥の壁に「着衣のマハ」、左側の壁に「裸のマハ」と分けて展示してある。 これでは見比べるのに首を90度振らなければならない。 以前は同じ壁に展示してあったのに。

 この二階にはゴヤが1800年にアランフェス宮殿で描いたと言われている「カルロス4世一家」の絵がある。 三階にはメングスが1765年に描いた若い頃の「カルロス王太子」と「マリア王太子妃」があった。 メングスの絵と、35年後のゴヤの絵を並べてここに示す。 メングスの絵では二人ともはつらつとしている。 ゴヤの絵ではマリア王妃(マリア・ルイサ・デ・パルマ)は中央に描かれ存在感を示していて、35年前の面影を見つけることができない。 この頃カルロス4世は公務そっちのけで狩に興じていたとのこと。

    →

  35年後 
カルロス王太子とマリア王太子妃    マリア王妃とカルロス4世
A.R.Mengs 1765年    F.d.Goya 1800年

 二階を中央方向に進むとヴェラスケスの絵が並んでいる。 中央のホール「12室」には「ラス・メニーナス」「狩の服を着たカルロス王子」「王女マルガリータ」などが展示されていて、人気があるのかとても混んでいる。 先日のトレドで開催されていた「プラド美術館展」のために、「貸出中」であちこち展示場所が空いていると思いきや、空いている場所はほとんど無い。 所蔵作品を余分に鑑賞でき得した気分。 この辺りはリベラやムリーリョなどスペインの巨匠の絵が展示されている。

 さらにゴヤ門の方に進むとエル・グレコ、ルーベンス、レンブラント、ティッツィアーノ、カラヴァッジオ、プーサンなど。 三階、二階と各展示室を全て回っただけで既に13:30。 ムリーリョ門側の地下のレストランで昼食をとり、一階の作品の鑑賞に戻る。 この階にはラファエル、ウェイデン、ヒエロニムス・ボシュ、デューラーのどの作品がある。

 プラド美術館の全ての展示室を回り、主だった作品を楽しんだ後、インフォメーションで「プラド別館は開いているか否か」を尋ねたところ、現在工事中で閉館しているとのこと。 ここに「狂王女ファアナ」の強烈な姿を描いた絵があるので、是非もう一度観たかったが、残念。

 プラド美術館を出たのは既に15時近く。 早く出られればラサロ・ガルディアーノ美術館に行く予定だったが、もう遅いので既に閉まっている。 そこで、プラドのすぐそば、プラド美術館からプラド通りを少し北に歩いたところにあるティッセン・ボルネミッサ美術館に向かう。

マドリッド ティッセン・ボルネミッサ美術館
 このティッセン・ボルネミッサ美術館は19世紀に建てられた旧ヴィジャエルモサ宮殿を改装したもので、亡命貴族ティッセン・ボルネミッサ男爵のコレクションを借り受けて1992年10月に、当初は10年契約でオープン。 個人のコレクションとしては英国のエリザベス女王に次いで世界第二位を誇るそうだ。 中世、ルネッサンス、バロック等各時代から現在までの作品800点以上。 現在所蔵している作品群は1993年スペイン政府がティッセン・ボルネミッサ家から購入したもので、ドイツ、イタリア、オランダ、フランス、アメリカなどの絵画が三階から一階へ時代の流れにそって配列、展示されている。

 三階にはルネッサンス時代、古典主義から18世紀ベネチア絵画、フランドル絵画、ドイツ、フランス、スペインからオランダ絵画へと続く。 二階にはオランダ絵画、写実主義、印象派、後期印象派、19世紀アメリカ絵画、ドイツ印象派のコレクションがある。 一階は20世紀絵画が中心で、キュビズム、前衛、ホップアートなど。

 建物の奥の三階と二階にカルメン・ティッセン・ボルネミッサ男爵夫人のコレクションが展示されている。 この部分は最近できたものらしく、日本語の美術館案内のパンフレットには掲載されていなかった。

 この美術館の特徴は、プラド美術館の古典絵画、レイナ・ソフィア芸術センターの現代美術作品を補間していること。 パリのルーヴル美術館、国立近代美術館(ポンピドゥー・センター)に対してオルセー美術館のような関係。

マドリッド 王立サン・フェルナンド美術アカデミー
 ティッセン・ボルネミッサ美術館の北西、地下鉄セビージャ駅のそば、アルカラ通りに王立サン・フェルナンド芸術アカデミーがある。 ティッセン・ボルネミッサ美術館からは国会議事堂の前を通り、その後北に進めば歩いて15分ほどの距離。

 ここは1752年にフェルナンド6世によって創設された美術アカデミーで、若き日のゴヤがここの会員であったそうだ。

   入口を入ると奥にチケット売り場があり、二人分で6ユーロ出すと、「シニアは要らない」と言う。 まだ若いつもりだが、年寄りに見られたか料金を受け取らない。 さらに親切に雨でぬれた傘をクロークで預かってくれる。

 展示室は二階で、ゴヤの作品だけを集めた展示室があり、「自画像」、それにかの有名な「イワシの埋葬」を観ることができた。 この作品は「村の闘牛」「異端尋問」「精神病院」「聖金曜日の宗教行列」とともに連作となっているそうだ。 スルバランの連作「白衣の修道士」も圧巻。 この他にカルノの「十字架のキリスト」、ムリーリョの「マグダラのマリア」なども素晴らしい。  スペイン画家の他にもルーベンス、ヴァン・ダイクなどフランドル派、ベリーニ、コレッジオなどイタリア絵画も多く展示されている。 館内はプラド、ティッセン・ボルネミッサ等に比べて空いており、ゆっくりと絵画の鑑賞を楽しめる、お勧めの場所。

 美術館を出たときは既に夕暮れ。 雨があがりにそよ風が気持ち良い。 今日一日でどれくらいの絵を観たであろうか。 感傷に浸りながら疲れた足を引きずり、プラドの前からアトーチャ駅の上を越えてホテルに戻る。



 10月18日(水)  9:30にホテルを出て、マドリッド・バラハス空港へ。 搭乗手続きまでは順調だったが、出国審査で40分ほどかかる。 この空港、以前来たときと違って新しくなったようだ。 搭乗手続きが終るとシャトルに乗って行き先別のサテライトに行き、ここで出国審査が行われる。 出国審査場に到着したら満員状態で、審査ゲートは10の内5つしか開いていない。 一人当たりの審査も成田空港に比べると2倍くらいの時間がかかる。 おまけにハンディキャップの人は先にと言うことで、車椅子の人が横から割り込んでくる。 並んでいる客からかなり文句が出るが審査ゲートを開けて混雑を緩和する様子も無い。

 出国審査が終ったときにはすでに搭乗時間。 またまた小走りで搭乗口へ。 ブリティッシュ・エアウェイズ457便は30分ほど遅れてマドリッドを飛び立つ。 ロンドン・ヒースロー空港での乗り継ぎ時間がこの分だけ短縮される。

 ヒースロー空港ではまた手荷物のチェックに長蛇の列。 急ぐ客のためのバイパスもツアーで人数が多いからだめと係員に断られ、延々進まない列に並ぶ。 到底一時間ではこのチェックを通過できそうに無い。 添乗員さんはバイパスを使って「先に行っていますから」と離れてしまい、残された我々は「今日の飛行機には乗れないかも」とあきらめ顔。

 搭乗時間が過ぎた頃、別の係員が「急ぎの人はこちらへ」と声をかけている。 「We want to get on for Tokyo of British Airways. OK?」と聞いたら「OK」と言って我々をバイパスの手荷物チェックに誘導してくれた。 この後は全力疾走で搭乗口へ。 ブリティッシュ・エアウェイズ007便に何とか間に合う。

 ロンドン・ヒースロー空港での乗り継ぎは当分の間遠慮したい。

 10月19日(木)  11:30成田空港に到着。 皆さんの疲れ様でした。


 [エピローグ]
自称ヘリクツさん
 ▼余談:グラナダ・アルハンブラ宮殿のガイド「フィリックス」さん。 自称「ヘリクツ」さん。 足が不自由な方で杖をついて歩いているが、足も口も達者な方。 「この宮殿は段差が多いですネ。 足元、吉本、気をつけて」「この宮殿にはネコが多いです」確かに。「でもサルは居ません。 あの木なんの木か分かりますか?・・・ ネコスベリ(百日紅)。 では、この花は?・・・ ネコビア(サルビア)」「あそこに白いネコがいます。 尾も白いですネ。(おもしろいですネ)(面白いですネ)」と言った調子。 ライオンのパティオでは、杖で細い列柱の下の方を指して「この柱の下に鉛の板が入っています。 昔の人は良く考えました。 地震に耐えるため。 姉歯さんこれ知っていれば良かったのにネ」ときた。 聞いている人は「なるほど」とうなずく。 だが「鉛は弾性変形しないから意味無いよ」と言うと「今の冗談、ほんと」と切り返してきた。 それにしても姉歯元建築士のことまでジョークに取り入れるとは。 このガイドさんの説明、どこまでが冗談か。 スペインでは名物ガイドさんらしい。▼このツアーでは自由時間を利用して多くの美術館に行くことができた。 一番良かったことは自由時間のある各都市でのホテルが市内にあったこと。 さらにアルハンブラ宮殿の観光では開場とほぼ同時に入場し、十分時間をかけたスケジュールとなっていた。 この点では旅行会社に感謝。 反面、プラド美術館へはホテル出発が9時(予定)、実際には9:40出発。 入場できたのは10時半。 プラド美術館を甘く見ているのでは? ▼このツアーでは幾度かバスが時間通り来ないなど、無駄な時間が多かった。 旅行社からは「現地手配会社には厳重注意を致しました」と回答があったが、厳重注意は前もってしてもらいたい。 この無駄な時間はツアー中に連れてゆかれる土産物店で過ごす無駄な時間と同じと心得るべき。 観光を最も重視している旅行社だから。