未知の国・リビア
 2007年2月 リビア物語 17日間
 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国、これがこれから訪れる予定のリビアの正式名称。 ムアンマル・アル・カダフィさんが1969年にクーデターで国家の中枢機関を制圧し、革命評議会議長になってからは外国人観光客は全く近寄れない国であった。 2003年に三男のサアディー・カダフィさんがイタリアのサッカーチーム、ペルージャに入団したためか、同年末に核放棄を宣言し、国連の査察団を受け入れた。 この後、観光にも道が開け、特に手付かずの壮大なローマ遺跡が注目されている。
 このツアーでは地中海側の数々のローマ遺跡のほかに、ガダメスの旧市街を観光したり、サハラ砂漠の中を4泊5日、4WDで走り回り、テントでのキャンプ生活と太古の人々からのメッセージの岩絵、線刻画も楽しむ。 さらに塩水のガブロン湖では浮遊体験もできるそうだ。  砂漠に入る2月18日は新月。 砂漠での満点の星空も満喫できるのではと期待が高まる。
プロローグ   トリポリ   ミスラタ   ベンガジ  セブハ   ワディ・アビス   ワンカサ
ムーズック   ジェルマ   セブハ   ガダメス   トリポリ   エピローグ


 [プロローグ]

 2月中旬に再度エジプトに行く計画をしていたが、出発予定日の31日前にドタ・キャンが出たらしく、最少催行人員を割りツアーキャンセルとなった。 この17日間、他の予定を入れないようにして空けていた。 折角だからと他を探したら、 同じ出発日でしかも17日間、体力のあるうちに一度は訪れて見たいと思っていた「リビア物語」のツアーがあった。 まだ定員までに空きがあり、催行決定寸前だったので急遽乗り換える。

 リビアは外国人観光客を受け入れだしてからまだ2年ほどしか経っていないそうで、ガイドブックも見当たらない。 少ない情報の中から予習として分かる範囲を整理しておく。

 リビアは大きく分けて、東部のキレナイカ地方(現ベンガジ地方)、 西部海岸地帯のトリポリタニア地方(現トリポリ地方)、 西南部で砂漠地帯のフェザーン地方(現セブハ地方)の3地域に分かれている。

 有史以前は現在のサハラ砂漠はサバンナで、ここにも古代人が住んでいた。 紀元前10世紀頃からトリポリタニア地方にフェニキア人が移住してきて都市を造った。 その後紀元前6世紀頃にはカルタゴ帝国(現在のチュニジア)の支配を受けていた。 紀元前1世紀にはローマ帝国の属州となり、その後300年間平和と繁栄の最盛期であった。

 7世紀にアラブ人が、16世紀初めにはトルコ人がそれぞれ進出し、 オスマン・トルコ帝国の一部となった。 その後、1911年~1912年のイタリア・トルコ戦争の結果、リビアはイタリアの植民地となった。  第二次世界大戦中はイギリス・フランスの占領下となったが、 大戦後、敗戦国であるイタリア植民地の処理について国連総会が開かれ、 1949年に国連はリビアの独立を決議。 1951年12月リビアはイスラム教サヌーシー教団のイドリース1世を元首とする王国として独立した。

リビア カダフィ大佐
 1959年、エッソ(Esso:Eastern States Standard Oil)がキレナイカに大油田を発見して以来、相次いで有望な油田が発見されたが、旧態依然とした王政形態と根強い部族主義のため社会不安が増していた。 1969年9月、 イドリース国王がトルコで病気療養中、 カダフィ大佐(当時大尉、28歳)を中心とする陸軍若手将校が無血クーデターを起こし、リビア・アラブ共和国を樹立した。 軍部はカダフィ大佐を議長(元首)とする構成員12名のRCC(Revolutionary Command Council 革命指導評議会)を設立し、これを国権の最高機関とした。

 ムアンマル・ムハンマド・アル=カダフィ  1942年生まれ。 リビアの砂漠地帯に住むベドウィン、カッザーファ族の子に生まれる。  1956年から1961年まで、リビア南部のフェザーン地方で伝統的な宗教教育を受ける。 彼は、アラブ民族主義を説き、1952年エジプト革命を起こしたエジプトのナセル陸軍大佐(革命後に大統領)の思想に共感し、アラブの統一による西洋への対抗を志す。 自らもリビアに於いて1969年9月、無血クーデターで国内を掌握。 以後、リビア最高指導者として君臨し、色々な役職に就いていたが、1979年からは、全ての行政上の役職には就いていない。 「カダフィ大佐」とはナセル大佐に憧れて、自ら大佐と名乗ったらしい。
 彼はアラブ最強硬派と目されていて、 テロ支援の問題から欧米との関係は悪化の一途をたどり、1986年にはアメリカによるカダフィ大佐の居宅を狙った空爆が行われた。 個人を狙った空爆は前代未聞。

 革命政府は外国軍基地の撤去、 国際石油資本の資産国有化などアラブ・ナショナリズムに則った政策を推進した。 1971年6月、アラブ社会主義者連合を結成し、一党支配体制を整えた。この体制の変革は「緑の革命」と称されている。 1977年3月には、いわゆる人民主義確立宣言、即ち「ジャマヒリア宣言」を採択して直接民主政治制度に移行、国名も「大リビア・アラブ社会主義人民ジャマヒリア」に変更した。

 1988年12月にスコットランド上空で起きたパンナム機爆破事件、 1989年9月のUTA航空772便爆破事件の容疑者としてリビア人が国際手配され、 この関連において国連安保理は92年3月、安保理決議748に基づき国連制裁措置を発動した。  1998年にリビア政府は、「スコットランド法に従ってスコットランドの裁判官によるオランダでの法廷で、2人の容疑者が裁判にかけられることを是認する」ことを表明し、1999年4月にこの容疑者2名をオランダ当局に引き渡した。  その結果、国連安保理は1999年7月、10年近く続いた対リビア国連制裁を「停止」することになった。

 さらに、リビアは、9.11テロ事件(2001年)やイラク戦争(2003年)を受けて、2003年に国際テロ対策への全面協力と核兵器開発を含む大量破壊兵器の全面的拠棄を宣言。 これにより、リビアは国際社会への復帰を果たし、英、仏、独、伊の各首脳がリビアを訪問するなど、政治経済分野での交流が拡大しつつある。



 リビアの世界遺産
 リビアでは5件の文化遺産がユネスコの世界遺産に登録されている。 今回のツアーではこれら全ての世界遺産を訪れる。

  遺   産   名  分 類 登録年
  レプティス・マグナの遺跡 Archaeological Site of Leptis Magna 文化遺産 1982年
  サブラタの遺跡 Archaeological Site of Sabratha 文化遺産 1982年
  キュレーネの遺跡 Archaeological Site of Cyrene 文化遺産 1982年
  タドラート・アカクスの岩石芸術遺跡群 Rock-art Sites of Tadrart Acacuse 文化遺産 1985年
  ガダメスの旧市街 Old Town of Ghadames 文化遺産 1988年



 このツアーではサハラ砂漠でテント内に4泊することになっている。 従って持ち物も今までの都会のホテルに宿泊するときと事情がちがう。 砂漠の中は4WDで移動するので、スーツケースはセブハのホテルに置いてゆくことになっている。 砂漠にはボストンバックに必要なものだけを詰めて持ち込むとのこと。

 必需品:(1)寝袋。 学生時代に山登りに使っていたシュラフ(マミー型・・ミイラ型)があるのでこれを押入れの奥から取り出す。 (2)懐中電灯。 両手を使えるようにヘッドランプも用意。 (3)タオル、洗面器、水の要らないシャンプー。 砂漠では水の配給は僅かとのこと。 (4)サンダル。 靴の中には砂が入るのでテント生活ではサンダルが便利。 (5)地下足袋。 砂丘を歩き回るのでモロッコのサハラ砂漠での経験を活かす。 (6)トイレットペーパー。 砂漠に居る5日間は全て青空トイレだそうだ。 (7)ビニール袋。 砂漠生活で出たゴミを持ち帰るため。

 パソコンを砂漠に持ち込まないので、デジタルカメラのメモリーカードを多目に用意。 デジタルカメラのバッテリーも予備を用意。 砂漠の星空を撮りたいので軽量の三脚を持ち込む。 ツアーへの期待と共に持ち物、重量が増える。 その分衣類を減らすか。



 2月9日、添乗員さんから出発前の電話連絡。 なんと、3年前に「サンクト・ペテルブルグ、バルト三国」のツアーの時にお世話になった瀬川雅子さんが添乗員。 リビアの地中海側・砂漠の気候、持ち物、両替など細かい説明がある。 今までのツアーと一番違うのは「アルコールは一切だめ」と言う点。 リビアに持ち込むのもだめ、国内で飲むのもだめだそうで、成人になってから初めての2週間に及ぶ禁酒期間となりそうだ。

 説明を聞いていると、リビアのホテル事情はあまり良くないらしいし、砂漠ではさらに厳しい生活が待っている様子。 少しは気心の知れた、大らかな添乗員さんなので一切お任せで出発することにした。


 [トリポリ(Tripoli)]
 2月12日(月)   自宅を15:30に出発。 羽田空港第一ターミナルには17:15に到着。 食事を四階のレストランでとる。  19:30時計塔6に集合し、関西国際空港までのチケットを受け取りチェックイン。  JAL1319便(エミレーツ航空コードシェア便:EK6251便)に搭乗。 関西国際空港にはほぼ定刻に到着。 出国審査場はゲートが2箇所しか開いていないが、並んでいる人も少ないのであまり時間を要さず。 関西国際空港発ドバイ国際空港行きエミレーツ航空EK317便は定刻より10分早く離陸。 中国→チベット→アフガニスタン→イランの上空を通り、ドバイ国際空港に5:47に到着。

 エミレーツ航空の関西国際空港発ドバイ国際空港行きには以前にも搭乗したが、機材は新しく、機内サービスもとても気持ちが良い。 機内の通路の天井は機内の照明を落とすと、星空のようなイルミネーションが輝く。 白ワインを頂きながら真夜中の食事を僅か食べ、そのあとはぐっすり眠る。



 2月13日(火)  ドバイではターミナルビルのはずれの駐機スポットで飛行機を降りて、バスでターミナルビルへ移動。 空港の大きいこと。 バスでかなり走ってやっと到着。

 現在のターミナルビルは成田空港の第一、第二を合わせたよりももっと大きいのに、現在さらにこれの2倍くらいの規模のターミナル建設が行われていた。 ターミナルビル内はまだ夜明け前なのにすべての店は開いていて、空港利用客でごった返していた。 以前にもこの空港で乗り継ぎを行ったが、この時と同じように、まさに「眠らない空港」である。

 ドバイ発9:00(トリポリ時間7:00)のエミレーツ航空747便は定刻に出発し、サウジアラビア→エジプト・シナイ半島→カイロ→アレキサンドリア→地中海を通りトリポリに13:50に到着。 ドバイを飛び立つとまもなく、海上に煙が立ち昇っているところが数箇所ある。 中には赤い炎を出しているところも。 まさに石油の国々。 航路でカイロに行くのにイスラエル上空を避け、ヨルダン・アカバの南を迂回してシナイ半島上空を通過していた。

 カイロ上空では眼下にカイロ市内と砂漠の境界がはっきり見えていたが、ギザのピラミッドがあるはずの辺りはちょうど雲に遮られていて、上空からピラミッドを見ることはできなかった。 アレキサンドリアでは海岸線に沿って飛行していたので、モンタザ宮殿やカーイトゥベーイの要塞、海岸沿いの町並みなどが上空からよく見えた。

リビアのいたる所にカダフィ大佐の肖像が
 トリポリでは入国審査後に空港出口付近で手荷物、スーツケースのX線検査がある。 酒類は持ち込み禁止とのことで徹底されていたのか、検査が甘かったのか、全員無事通過。 小生の手荷物にはミネラルウオーターのペットボトルが入っていたのにパスをした。 X線の画像を見ているはずの係員はほとんど画像を見ていないようだったので、きっと検査が甘かったと思う。

 空港内でUS$からリビア・ディナールへの両替。 両替の外貨はなぜか米国ドルしか通用しない。 1US$≒1.3ディナール。 1ディナール≒¥91換算。 15:00に空港を出発。 空港から高速道を通ってトリポリ市内へ。 バスで30分程でカダフィ大佐の宿舎(ここは写真撮影禁止だそうだ)の横を通り、地中海の海岸に建っている大きなホテル・バブ・エル・バールに到着。

 カダフィ大佐の宿舎は高い塀で囲まれており、門の所には警備の軍人が小銃を持って警戒している。 バスの中からは塀の中の建物も見えない。 ここが1986年4月15日にカダフィ大佐個人を狙ったアメリカ軍の空爆を受けた所とか。

トリポリ バブ・エル・バール・ホテル
 このホテルのロビーでおよそ2時間チェックインで待たされる。 説明では「政府のお偉いさんが来て、部屋にあった備品を持っていってしまったので、現在洗濯をしたりして用意するので部屋に入るまで1時間ほどかかる」とのこと。 その後何度か「あと30分」、「あと20分」と追加があり、結局部屋に入ったのは18:20。 「お偉いさんが・・・」と言えば「自分たちの責任ではないので、文句を言うな」というようにうまく使っているのではないかと思われる。

 建物は15階建ての大きなホテルだが、中身は安普請。 ベランダの手すりはさびているし、あちこち壁もはがれている。 バスタブに栓がないのは覚悟していたが、タオル類が一切ない。 頼んだらかなり時間がかかるだろうと添乗員さんに言われていたので、今回はキャンプのために持ってきたタオルを出して使う。 お湯はぬるくて出がわるい。 ほとんどメンテナンスをしてしないように見受けられた。 このホテルは4つ星で、リビアでも良い方のホテルと聞かされていたので先が思いやられる。

19:30からホテルのレストランで夕食。 アルコールは当然なし。 ノン・アルコール・ビール(ドイツ製)があるそうだが、エジプトで飲んだノン・アルコール・ビールは期待はずれの味がしてがっかりしていたので、飲み物はミネラルウォーターだけにする。 ビュッフェ形式の食事で種類はそこそこあり、結構スパイスは効いているのだか、味がない。 パスタは硬めでうどんよりひどい。 ドレッシングも香りだけ。 今までの旅行と違ってきっと体重を減らして帰国できそうな予感がする。



 2月14日(水)  朝食は6:30から。 7時にレストランに行く。 ジュース、コーヒー、ゆで卵、トマトとキュウリ、チーズ(6Pタイプ)、ヨーグルト、ナツメヤシ、パン位しかない。 ナツメヤシはあまり乾燥していないので、柔らかくて甘くおいしい。

トリポリ ジャマヒリヤ博物館
 9:00にホテルを出発。 海岸沿いに東へ5分ほどの所、緑の広場のそばにあるジャマヒリヤ博物館へ。 ここは1711年~1835年の間オスマントルコ帝国の宗主権下でカラマンリー朝が行政施設と軍の駐屯地(城砦)として使っていたところ。 この博物館のすぐ横には旧市街・メディナがある。

 この博物館は1988年にオープンしたそうで、レプティス・マグナやサブラタ遺跡で発掘された彫刻(全てオリジナル)、それにサハラ砂漠のアカクス山中で見られる岩画や線画(こちらはレプリカ)などが展示されている。

 入口で写真撮影代5ディナール(約450円)を支払って博物館に入る。 玄関を入ったらすぐにレプティス・マグナ遺跡のハドリアヌス浴場より出土したリビアのビーナス像が迎えてくれる。 このビーナスの後方にあるモザイクはレプティス・マグナの円形闘技場の床にあったものだそうだ。 すぐそばには古代ローマ都市ギルザ(ミスラタの南180Km)で見つかった3mほどの高さの墳塔がある。

   一階にはこの他に豊穣の女神・アルテミス、フェニキアの神・タニト、アポロン、マーキュリーなどの彫像が展示されている。 一つだけ革命前にカダフィが乗っていたというフォルクスワーゲンが展示されており、場違いな感じを受けた。

ジャマヒリヤ博物館 セウェルス帝の凱旋門のレリーフ
 2階にはレプティス・マグナ遺跡にあったセプティミウス・セウェルス帝(Septimius Severus 193年 - 211年)の家族が彫られているレリーフ、セウェルス帝の凱旋門に掲げられていた勝利の女神ニケのレリーフやカラカラ帝(Caracalla 211年 - 217年)の若かりし日の彫像などが展示されている。

 石器時代の部屋には大きな木の化石が展示されており、砂漠がサバンナであったことを物語っている。 アカクスの赤い岩絵や岩に彫られた線画はコピーだが、ワニ、キリン、ガゼル、牛などの動物や馬車、狩の様子など生活を描いており、有史以前(12,000~7,000年前)現在サハラ砂漠となっているところに人が住んでいたことを示している。

 残念ながら各展示品の説明は全てアラビア語で、どの彫像がサブラタ遺跡から出土し、どのレリーフがレプティス・マグナ遺跡から出たのか判別できなかった。 今後観光客を沢山受け入れてゆく上での課題ではないかと感じた。 リビア全体でも同じことが言える。 街の看板、建物の表示、道路標識まで全てアラビア語。 店の看板に時折ケバブやサンドウィッチ、コーヒーなどの絵の入ったものがあり、レストランらしいと分かる程度。

 トリポリからおよそ80Km,西に向かってサブラタ遺跡へ向かう。 沿道にはとにかくゴミが多い。 ペットボトル、ビニールの袋、空き缶などが延々と道の脇に沿って散乱している。 所々車も捨てられているが、電気製品は見当たらない。

 リビアのスルーガイド、カレドさんの話ではガソリンは1リットル10円で、飲み水は1リットル100円だそうだ。 ミネラルウォータのラベルに「The Great Man Made River」と書いてあったが、これは「カダフィ(The Great Man)は川を造った」ということで、大人工河川計画を意味し、砂漠の石油の下にある地下深層水をくみ上げて大都市にパイプで供給しているとのこと。 豊かな石油産出のおかげで、国民からは税金を徴収せず、公立の学校も無料。 自動車はHyundaiのSonataで100万円程度、Toyotaのカムリでも200万円ほどだそうだ。 どうも関税が掛かっていないのではないかと思われる。

サブラタ遺跡概略図
 12:20にサブラタ遺跡に到着。 午前中にここの博物館を見学。 ここも写真撮影代は5ディナール。 博物館の入口にはバッカス、ローマ皇帝の妻、ローマ元老院の議員などローマ時代の彫像が多数展示されている。 建物の中はこの遺跡の中にあるユスティニアヌス帝のバシリカの床のモザイクを再現させたもので、図柄はパラダイスを表現しているそうだ。 ユスティニアヌス帝は小アジアから職人を集めてこのサブラタにバシリカを作らせたとか。 奥の祭壇は小アジアから持ってきた大理石でできている。 壁にはリーベルパテルの神殿から持ってきたバッカス、ドウオニソス、海の見える浴場のモザイクなどが展示されている。

 この辺りは紀元前9世紀頃フェニキア人によりカルタゴの衛星都市トリポリス(三都市)としてサブラタ、オエア(現トリポリ)、レプティス・マグナが建設された。 紀元前1世紀にはローマ帝国の属領となり、2世紀初めのトラヤヌス帝の時にローマ植民市に昇格。 アフリカ内部からの物資の輸出港として発展してきた。 5世紀にバンダル人により一度都市は破壊されたが、6世紀ビザンチン帝国のユスティニアヌス帝の時に再建されたが、7世紀イスラム・アラブ軍が侵入してきて破壊された。 その後この都市は砂に埋もれ、1921年から始まったイタリア調査隊によって発掘されるまで眠り続けていたようだ。 現在全体の60%程度発掘が行われたとか。

 午後は遺跡の見学。 博物館とは別なので、写真撮影代5ディナール。 円形劇場からデクマヌス通りを東に行きイシス神殿、海岸沿いに西に戻りオセアヌスの浴場、小さなバシリカからワイン通りを抜け売春宿、海の見える浴場、図書館、トイレを通ってユスティニアヌス帝のバシリカ、元老院、セラピス神殿、ユピテルのバシリカ、南のフォーラム神殿、フェニキア人の墳塔とまわる。 所要時間2時間半。

サブラタ遺跡 円形劇場
  円形劇場は3階建ての舞台を持ち、 高さ28メートル、舞台の奥行きは7メートル、幅40メートルで5000人ほど収容できる。 劇場の舞台下にはローマの劇中場面やミューズ、ヘラクレス、マーキュリー、三美神(ヘラ、アテナ、アプロディテ(ヴィーナス))、セプティミウス・セウェルス帝一家など多くのレリーフで飾られている。 舞台の手前、一段下のオーケストラ・ボックスの床には40cm角ほどの穴が開いていて、穴の先は舞台後方に繋がっているようで、音響を考えた工夫がされている。

 円形劇場の彼方にイシス神殿が見える。 イシス神殿まではデクマヌス通りを通って行く。 このデクマヌス通り、西はカルタゴに、東はエジプトのアレキサンドリアに通じているとのこと。 イシス神殿は50年頃アウグストゥス帝時代に建造されたもの。 古代エジプトの神、オシリス神の妻イシス神をここに祀ったもの。 ヴェスパシアヌス帝時代に拡張され、後世にはキリスト教の教会として転用された。 現在コリント式の柱が数本残っている。

サブラタ遺跡 フェニキア人の墳塔
 海の見える浴場にはモザイクの床が残っており、古代ローマ人は浴場で汗を流してはこのモザイクの部屋で海を見ながらマッサージを受けたとか。 地中海の風を吸い込むと何とも爽快な気持ちになる。

 ユスティニアヌス帝のバシリカの床は博物館に移されているが、大理石の大きな説教台だけぽつんと残っている。 説教台の脇のレリーフは博物館にあったのに。 この後椅子をコの字型に配置してある元老院を通り、セラピス神殿へ。 セラピスとは「セラピー」・・・医学、薬学の神様のことだそうだ。 ユピテルのバシリカにはアウグストゥス帝時代に建造されたユピテル神殿があり、町で最も重要な神殿であったとのこと。 16本のコリント式列柱で飾られたこのバシリカでユピテルの巨大な像(上半身)が見つかっている。

 三方を壁で囲まれている大きな南のフォーラム神殿を抜けると、高さ18mの三角形のフェニキア人の墳塔の前に出る。 この塔はフェニキア人の葬祭殿の一部とも言われているようで、ライオンの像が三方に飾られている。

 19:30トリポリに戻ってレストランへ直行。ここで夕食。 スープはリビアスープといって、スパイスが効いているが塩気が少なく、今ひとつ味がない。 サラダ(と言っても野菜を刻んだだけ)も塩、胡椒、オリーブオイルにビネガーだけでは食べずらい。 リビア料理は塩味が少ない。 高血圧の人は少ないのではないか。

   ホテルの部屋に戻ると、今朝のままの状態。 一切掃除、リメイクなどされていない。 これで4つ星を付けて良いのかな。


 [ミスラタ(Misratha)]
レプティス・マグナ遺跡概略図
 2月15日(木)  トリポリのバブ・エル・バール・ホテルを9時に出て、バスで地中海沿岸を東に走り、10時半にレプティス・マグナ遺跡に到着。 入口はセウェルス帝の凱旋門の南西で遺跡よりも高台となっている。 遺跡が発掘される前はこの高さまで砂に埋もれていたのであろう。

 ここもサブラタと同じようにフェニキア人がカルタゴの衛星都市としてレプティス・マグナを造り、紀元前146年の第三次ポエニ戦争でカルタゴがローマ帝国に破れ、ローマ帝国の属領となった。
 439年にカルタゴを占領したゲルマン系バンダル人によりレプティス・マグナは破壊されたが、6世紀にバンダル人を追い出したビザンチン帝国のユスティニアヌス帝のときに再建され城壁も造られた。
 その後7世紀にイスラム・アラブ軍の侵入により街は破壊され、10世紀には砂に埋まってしまった。 オスマン・トルコが治めていた頃にはイギリス・マルタ・フランスがこの街から石を運び出したようだが、本格的な発掘は1921年~1940年イタリア人が行ったとのこと。 現在発掘は40%完了しているそうだ。

レプティス・マグナ遺跡 セウェルス帝の凱旋門
 ローマ遺跡では闘技場、競技場などは街の外に作るのが通例のようだから、現在発掘されている遺跡と、この街の東にある円形闘技場の間の場所にまだまだいっぱい古代ローマの街が埋まっているはずだ。

   入口で写真撮影代5ディナールを支払い、 入口の高台から階段を降りてセウェルス帝の凱旋門に向かう。 この凱旋門はリビア生まれのローマ帝国の皇帝セプティミウス・セウェルス(在位193年 - 211年)がこのレプティス・マグナを訪れたことを記念して造られた四面門。 海に向かってカルド通り、東西にデクマヌス通りが交差している。 このデクマヌス通り、西は昨日のサブラタ-カルタゴに通じ、東はアレキサンドリアにつながっている。

 この凱旋門を飾っているレリーフはほとんどレプリカで、本物は昨日のジャマヒリヤ博物館にあった。 カルド通りの奥にはトラヤヌス帝(在位98年 - 117年)の凱旋門、ティベリウス帝(在位14年 - 37年)の凱旋門が見える。

レプティス・マグナ遺跡 ハドリアヌス帝の浴場
 セウェルス帝の凱旋門を右に曲がり、デクマヌス通りを西へ進み、ハドリアヌス帝(在位117年 - 138年)の浴場へ。 紀元2世紀の初め頃、レプティス・マグナに水道が出来たのを受けてハドリアヌス帝が作らせたという巨大な浴場である。 浴場の北には闘技場があり、一汗かいた後に浴場にはいるという仕掛けであったようだ。 浴場の建物はかなり大きく、100m×50mくらいはある。 中はサウナ、プールのような浴槽、温浴室、冷浴室、トイレなど数々の部屋に分かれている。 おそらく、ここで育ったセウェルス帝もこの浴場を使ったのではないだろうか。

 ドイツのバーデンバーデン、ローマの伝統が伝わっているフリードリッヒ浴場の由緒正しいローマ風呂の入り方の話を聞いたことがある。 最初はドライサウナが二つあり、54℃、68℃で充分汗をかき、マッサージルームで台に寝かされて乳液状の石鹸を付けたブラシで擦られ、シャワーで石鹸を流した後ミストサウナでしばらく休む。 次が36℃の温浴で、やっと湯に入った気分になるそうだ。 次が八角形の部屋で中央に大きな円形の深い浴槽があり、天井は高くドームになっているローマ風呂だとか。 ここは28℃の冷浴だが、隣接して34℃の温浴もあるそうだ。 このローマ風呂から通って来た浴室を折り返して元に戻るそうで、各浴室での入浴時間が定められており、この規定の時間通り入浴すると2時間ほどかかるという。 ローマ人はこのようにゆっくりと浴場を楽しんでいたらしい。

レプティス・マグナ遺跡 セウェルス帝のフォーラム
 ハドリアヌス帝の浴場を出て、地中海側へ進みセウェルス帝のフォーラム、バシリカに行く。 セウェルス帝のフォーラムは100m×60mほどあり、南西側にはセウェルス朝の各皇帝に捧げられた神殿がある。 フォーラムを囲む壁の梁には、少しづつ顏の違う80ほどのメデューサが飾ってある。 メデューサの目の瞳はハート型をしているのが特徴。 メデューサの一部は地面に転がっている。 転がっているものはメデューサに限らない。 掘り出されたすべての彫刻などが無造作に地面に転がっている。

レプティス・マグナ遺跡 メデューサの瞳はハート型
 フォーラムに隣接しているセウェルス帝のバシリカはセウェルス帝の時に建造が始まり、 216年その息子カラカラ帝の時に完成したもの。 長さ92m、幅40mほどの大きさで天井は木で覆われていたと言う。 南側にはヘラクレスのアプス(壁面に穿たれた半円形の窪み)があり、北側にはバッカスのアプスがある。 ここは集会所や裁判所として使われていたとのこと。 6世紀にビザンチン帝国のユスティニアヌス帝(在位527年 - 565年)は、バシリカを教会として改修したとのこと。

 セウェルス帝のフォーラム、バシリカの南東には幅20m、長さ400mほどの列柱大通りがあり、両側には商店が立ち並び港まで続いていたとのこと。 現在は遺跡の残骸が転がっており、遺跡発掘の時に砂などを運んだトロッコの線路がさび付いて残っていた。

レプティス・マグナ遺跡 円形劇場
 さらに海側に行くとアウグストゥス帝やヘラクレス、バッカスを祀った神殿や旧フォーラム、元老院などがある。 浜辺にはフランス人がハドリアヌス帝の浴場の冷浴室から持ち出し、大きすぎて船積み出来ずに放置された三本の青大理石の柱が放置されていた。

 次にカルド通りを南西に引き返す。 右手に八角形の建物が二つある。 ここは8世紀頃に市場があったところで、これらの建物は布を扱っていたり、果物を売っていた店らしい。 広場には石に刻んだスケール(寸法)や石に穴を開けた測り(量)などがある。 これらが当時基準になったようだ。

 ティベリウス帝の凱旋門(36年)、トラヤヌス帝の凱旋門(110年)を通って、右に曲るとサブラタについで大きく、北アフリカで二番目の大きさを誇る円形劇場に出る。 この場所はフェニキア時代はネクロポリス(墓場)だったところ。 ここに初代ローマ皇帝アウグストゥス(在位:紀元前27年 - 紀元14年)が円形劇場を建て、セウェルス帝(在位193年 - 211年)の時代に現在の形になったもの。 舞台の幅は45mで収容人員5,000人。 舞台の向こうには地中海が見える。

 昼食を遺跡のすぐそばのレストランで済ませ、隣にあるレプティス・マグナ遺跡に併設された博物館へ。 ここも写真撮影代5ディナール。 中に入ると二階までの吹き抜けにはカダフィ大佐の肖像画が飾られている。 こんなもの必要ないのにと思いながら見学すると、展示物はまともでレプティス・マグナ発掘当時の写真や復元図、発掘された彫像やレリーフ、市場にあったスケール、測り、さらに壷やコインなどを展示してある。 この博物館には的外れのように思うが、砂漠に直径4mのパイプを埋設している写真(カダフィ大佐の「大人工河川計画」)も展示されていた。

レプティス・マグナ遺跡 闘技場
 この後バスで遺跡の東側にある闘技場へ向かう。 55年、ネロ帝(在位55年 - 68年)の時に造られたというこの闘技場はおよそ1万6千人を収容できたという。 ここでも写真撮影代5ディナール。 地面を掘り下げて作った楕円形の闘技場で、斜面には石灰岩で客席が作られ、 下から三段目までは貴族の席だったそうだ。 入口は西側、海岸の低いところにある。

  闘技場から海岸の方へ移動すると馬車競技場に出る。 こちらは最大収容人員2万5千人とのこと。 観客用の席は陸のほうの片側にしか用意されていない。 トラックの大きさは450m×100mもあり、主に4頭立て馬車で7回まわったそうだ。 1日7レースほど行われたそうで、「ベン・ハー」に出てきたギリシャ戦車のレースを思い起こさせる。

 浜辺を歩き港の方へ。 今は河口が砂に埋まってしまっているが、 この港はセプティミウス・セウェルス帝によって大改造され、倉庫と防波堤を兼ねた500mほどの堤が河口を塞ぐように建設された。 北側の堤には灯台の跡も残っている。

 17時半にレプティス・マグナ遺跡を出発して、バスで東へ1時間ほどでミスラタのグースティック・ホテルに到着。 トリポリのバブ・エル・バール・ホテルと同じ系列のホテルらしい。 建物は大きいが従業員が少なく、客もほとんど居ない。 夕食のレストランは我ツアーで貸し切り状態。 お湯の出は悪い。 今日も弱いシャワーだけ。


 [ベンガジ(Benghazi)]
アラビア語の暦 グレゴリオ暦
 2月16日(金)  イスラム社会ではヒジュラ暦(イスラム暦)を使っている。 ヒジュラ暦はムハンマドがメディナへ聖遷した西暦662年7月16日の前日日没を元年の3月2日とし、1年の長さは平年が354日、閏年が355日となっているそうだ。 グレゴリオ暦で生活している者にとってはとても難しい。

 ホテルの部屋にアラビア語のカレンダーがあった。 このカレンダーもグレゴリオ暦らしい。 我々が日常使っているグレゴリオ暦とは少し違うので対比して紹介する。 この暦は2007年2月のもので、アラビア語の暦では左端(赤で表示)は金曜日である。 金曜日はイスラム教徒にとっては特別の日であり、義務(ファルド)としての集団礼拝の日だそうだ。 その右隣が木曜日で、順次水曜日、火曜日、月曜日、日曜日で右端が土曜日となっている。 アラビア文字は右から左に書いてゆくのでこのような表示法になるらしい。

  本日はミスラタを出て、地中海に面したシルテ湾に沿って西におよそ800Km走り、ベンガジに向かう。 バスから降りて休むのはトイレ休憩と昼食の時だけ。

 時折地中海が見えるが、何処までも続く土漠ばかり。 シルテはカダフィ大佐の生まれ故郷。 彼はベドウィン、カッザーファ族の子としてこの辺りで幼少の頃を過ごしたそうだ。

リビア10ディナール札 オマール・ムフタール
 これから訪れるキレナイカ地方はリビアの英雄オマール・ムフタール(Omar Mukhtar)がイタリアのムッソリーニに立ち向ったところ。 オマール・ムフタールは独立の父としてリビアのお札10ディナールに肖像を残している。 ベンガジに向かうバスの中で、映画「砂漠のライオン(Lion of the Desert) 1981年 アメリカ・リビア合作」を上映してくれた。

   1911年イタリアのムッソリーニによるリビア支配が始まり、1930年には西部のトリポリタニアの支配は完了していた。 リビアで唯一イタリア軍に抵抗していたのがベンガジ出身のムフタール率いるゲリラ軍で、アル・クフ渓谷を中心に戦闘が繰り広げられた。 この場所はキレナイカ丘陵を東西に貫く道路上の要衝で、この渓谷の確保を図るイタリア軍と、渓谷の洞窟に立てこもり交通を妨害するゲリラとの間で1920年代末に死闘が繰り広げられた。 映画の中でも、実際にここで撮影した場面が出てくる。 イタリア軍はゲリラを支援する可能性のあるベドウィンを強制キャンプに収容してゲリラとの接触を断つ一方、エジプトからの補給を絶つために国境沿いに鉄条網をつくるという強硬策もおこなった。 ゲリラ軍はこのアル・クフ渓谷の攻防で敗北した後、次第に勢いを失っていく。 ムフタール自身も1931年に捕らえられて、その年の9月16日、民衆の目前で絞首刑に処せられた。 彼の意思と勇気は今でもリビア人に伝わっているとのこと。 映画の最後の場面でムフタールが絞首刑の時落としたメガネを子供が拾い上げて持ち去っていく場面が出てくる。 このメガネは現在トリポリのジャマヒリア博物館にある。

 18:20ベンガジのホテル・ウズに到着。 海のそばで、大きな湖のほとりに建つ綺麗なホテル。 お湯は・・・・大丈夫。 久しぶりにバスタブにつかる。



 2月17日(土)  7時にホテルを出て、東に向かう。 本日はキレナイカ地方に点在するアポロニア遺跡、キュレーネ遺跡、キュレーネ博物館に出かける。

 この地は紀元前630年頃ギリシア化していたティラ島が飢饉に襲われた時、アポロン神の神託で、バットスに率いられた数百人の移住者がリビアの地に入植。 精霊を宿した泉が湧く地にアクロポリスを建設し、アポロン神に縁のあるニンフ、キュレーネの名を採って、古代都市キュレーネが創建されたとされている。

 移住した後バットスは古代キュレーネ王国の初代王として40年間統治したと伝えられている。 古代キュレーネ王国では、まず穀倉地帯として発展。 次に沿岸部アポロニアに港湾が設けられた。 これは、クレタ島を中継点とした古代交易に対応したものであろう。

 紀元前331年、マケドニアのアレクサンドロス3世が古代エジプトに侵攻した際、キュレネー王国は莫大な進物を贈呈し友好関係を結んだ。 その後、エジプトのアレクサンドリアを王都とするプトレマイオス朝が成立してからは、キュレネー王家はまず、プトレマイオス朝との婚姻関係からはじまり、徐々に属国化していったとのこと。

キレナイカ 博物館
 途中「砂漠のライオン」の舞台となった緑の山、オマール・ムフタールたちが立て篭もっていた洞窟のあるアル・クフ渓谷、とそこに架かるアル・クフ橋を通過。 沿道にあるバイダルの町には美しいモスクのあるオマール・ムフタール大学があった。

 9:50キュレーネ博物館に到着。 入口で写真撮影料5ディナールを支払い入場。

 この博物館は三年前にオープンしたばかりだそうで、一見倉庫のような感じ。 8mx10mほどの部屋にアポロニア遺跡、キュレーネ遺跡などから出土した彫像、モザイクなどをを展示している。

 入口を入ったところには柱頭に載った女性の顔をしたスフィンクス(紀元前6世紀)がある。 アポロン神殿から出土したメドゥーサは髪の毛が小さい蛇で、口は大きく広げられ、噴水として使われていたとのこと。 紀元前4世紀のゼウス神殿から出土したゼウス座像は14mもあったそうで、大きな指だけが展示されていた。

キレナイカ ゼウス神殿
 また紀元前3世紀のマケドニアのアレクサンドロス大王の像や、トライアヌス帝の像、ハドリアヌス帝の像の首、頭に太陽とコブラを付けたイシス神、それにレダと白鳥、三美神など。 全て本物だそうだが無造作に展示されている。

 次にこの博物館の近くにあるゼウス神殿に行く。 このゼウス神殿は紀元前6世紀頃に造られたもので、北アフリカ最大の規模だそうだ。 入口は東を向いており、横8本縦17本のシンプルなドリス式柱で出来た神殿。 14mのゼウスの坐像はこの柱に囲まれた中の台座の上にあったそうだ。 入口の前には生贄を捧げる部屋もある。

 この神殿は365年の大地震で崩壊し、19世紀に修復されたそうだ。 柱の繋ぎ方はアテネのパルテノン神殿にそっくりで、大きさも比べて遜色がない。  この遺跡からは先ほど博物館にあったゼウスの座像の指の他、ヘレニズム文化に関する貴重な遺物が沢山出土されているとのこと。

キレナイカ アポロニア遺跡 ギリシャ劇場
 次にアポロニアの遺跡に行く。 このアポロニアはキュレーネの港湾都市として発展した。 365年の大地震で街の北側半分が海底に沈んだそうだ。 この街は600年頃まで栄えていたが、7世紀アラブ人が入ってきて破壊され、1965年に修復されたとのこと。

 写真撮影料5ディナールを支払って、海岸に沿って東に進む。 入口を入ってまもなく半円形のアプス(祭壇)が西に向いている西の教会、少し進むと聖マルコ教会だった中央の教会、さらにアプスが東(コンスタンティノープルの方向)にある東の教会の三つの教会がある。 この東の教会の柱は緑の大理石で、街外れにあるギリシャ劇場の大理石を持ってきて使ったとのこと。

 中央の教会のそばにはアポロニアの宰相が住んでいた邸宅跡があり、部屋数は48もあって、中には謁見室、貯水池などもあったそうだ。

 街の東はずれには海岸の傾斜を利用したギリシャ時代の劇場がある。 この劇場も舞台は海を背景にしている。 ローマ時代も劇場として使われたようだが、ビザンチン時代にはネクロポリスとなったらしく、劇場の観客席の後方に墓の跡があった。

 この街の港湾施設はかなり大規模であったらしいが、現在ではそれをしのばせるものはあまり多く残っていない。 海辺にある田舎の遺跡という感じであった。

キレナイカ キュレーネ遺跡 アポロンの神域
 昼食後キュレーネ遺跡に向かう。 アポロニア遺跡を散策していた頃から風が強くなり、あの穏やかな地中海にも白波が立つようになってきた。 昼食後は雨も加わり、遺跡観光としては最悪の条件となってきた。 傘を差し、カメラが雨に濡れないように注意しながら、入口で写真撮影料5ディナールを支払い、フォーラムまで進む。
 このフォーラムはギリシャ時代は運動場であったが、ハドリアヌス帝のローマ時代にフォーラムとなったもの。 広さは100mx80mほどあり、ドリス式の列柱回廊が周りを囲んでいる。

 この頃から風は傘を揺らし、雨は次第に強くなり、観光どころではない。 ツアー客およそ半分と一緒に引き返し、入口のところにまだ停車していたバスの中に避難をする。

 小雨になるのをバスの中で待つが、20分過ぎても雨風共に弱まらない。 これだけ時間がたったので今から避難してくる人は居ないだろうということで、バスは遺跡の出口の北門の駐車場へ移動。 ここで30分ほど待っていると少し雨が弱まってきたので、遺跡に北門から入り、遺跡の北側だけを回る。

 この北門の辺りはアポロンの神域と呼ばれるところで、30mx20mほどのアポロン神殿跡がある。 中にはモザイクで飾られた床があり、周りをドリス式の柱が取り囲んでいる。 正面にはアポロンに捧げる生贄の台、そばには生贄を殺す台、さらに血を洗い流すための噴水などが揃っている。 この噴水には二頭のライオンの像が飾られている。 これはニンフのキレーネにまつわるライオンを意味するそうだ。 また博物館にあったメドゥーサはここにあったらしい。

 ベンガジに帰る頃には雨があがる。 途中アル・クフ渓谷に架かるアル・クフ橋のところでバスは停車。 渓谷の斜面にはいくつかの洞窟が見える。 橋の上から洞窟を見ながらおよそ80年前のオマール・ムフタールに想いを馳せる。


 [セブハ(Sabha)]
ベンガジ 大人工河川計画 コンクリート製のパイプ
 2月18日(日)  本日はベンガジから空路トリポリに行き、夜にフェザーン地方、砂漠の街セブハへ移動する。 ベンガジ発の飛行機は14時なので午前中はベンガジ市内の観光となった。 またトリポリまでは飛行機で1時間20分、15時半にはトリポリに到着し、トリポリ発セブハ行きは20時なので、4時間ほどトリポリの市内を観光することになった。

 ベンガジではまず大人工河川計画のモニュメントを見に行く。 リビアの砂漠の下には石油のみならず化石水(地下深層水)と呼ばれる太古の水が豊富に眠っている。 これをリビア沿岸の人々の生活に役立てようと、カダフィ大佐が「大人工河川計画」なるものを発令。

 化石水を吸い上げて真水に加工し、砂漠の地下7mのところに埋められたコンクリート製のパイプを通してトリポリやベンガジなど大都会に運んでくる。 パイプの大きさは直径4m、長さ7mで、これを57万本を繋ぎ合わせて人工河川を造ったとか。 この工事を1983年に請け負ったのは韓国の東亜工業だそうだ。

ベンガジ 外国人墓地
 この場所に展示してあるのは幹線用のコンクリートのパイプで、支線用のパイプは直径1.75mの物を使っているとのこと。 請負金額は33億ドルだったそうだが、計画変更・遅延も含めて80億ドルになったと言う話もある。

 次に外国人墓地に行く。 ここは第二次世界大戦(1939年~1945年)中にリビアで戦死したイギリス人、ドイツ人、イタリア人の墓地で、1960年代に国連の主導で造られた。

 1940年にリビアに入っていたイタリア軍はエジプトに侵攻し、エジプトに入っていたイギリス軍と枢軸国(ドイツ軍、イタリア軍)の戦いに発展した。
 他国で戦死した異教徒たち。 墓碑には国名、所属部隊の紋章と部隊名、名前、十字架が刻まれている。 この場所だけはアラビア文字は全く無く、すべて英文字の別世界。 綺麗に掃き清められた墓地の白い墓標に朝日が当たり、清々しさを感じた。

   この後しばらくスークで自由時間。 地元の人々の生活用品を売っているスークだが、意外なことに店の人には片言の英語が通じるようだ。 アラビア語だけでは何を言っているのか全く分からないので、少しはコミュニケーションを取れそうだ。

 スークのそばのレストランで昼食をとった後、ベンガジの空港に向かう。 14時発ブラック(Braq)航空VZ004便でトリポリへ。 機内では後部の座席。 比較的空いていたので、さらに後方に下がって左窓側の席に移動する。 先日ドバイからトリポリに向かった時、左窓下にレプティス・マグナが見えていたため。

 この飛行機も海岸線に沿って西に向かい、離陸後35分ほどで先日訪れたレプティス・マグナの上空へ。 海岸のそばの円形の闘技場、旧港、セウェルス帝のフォーラム、バシリカなどはっきりと上空から見える。 ここを通過するときは主翼が邪魔にならない後部左窓側の座席がお勧め。

トリポリ マルクス・アウレリウス門
 トリポリには15:20到着。 乗り継ぎの時間を利用してトリポリのメディナへ行く。 このメディナは先日来たジャマヒリア博物館や緑の広場のそば。

 メディナの海側にローマ遺跡のマルクス・アウレリウス門がある。 トリポリには数少ないローマ遺跡で、164年に造られた四面門。 周囲より3mほど低い所にある。 2000年の間にこれだけ周りに砂が堆積してしまったようだ。 上部にあった三美神やアポロンのレリーフは365年の大地震で落ちてしまったとか。 門の左右の窪みの中には五賢帝と言われたアウレリウス帝とその妻ファウスティーナの像が入っていたそうだが、現在はジャマヒリア博物館にある。

トリポリ アウレリウス帝とその妻、ベルベル人の子供
 門の北側にはアウレリウス帝とその妻、それにベルベル人の子供のレリーフがある。 この場面はベルベル人の子供がアウレリウス帝の妻にベルベル人(奴隷)を殺さないように頼んでいるところだとか。 五賢帝アウレリウスは何を思ってこのレリーフを入れさせたのであろうか。

 この後しばらくスークで自由時間。 リビアの最終日にこのスークに来る予定なので、下見と言ったところ。 金細工の店が多い。 イスラムの女性は金細工の飾りが好きらしい。 板金を扱う一角もある。 この辺りの店ではモスクの屋根やミナレットを飾る三日月(銅版製)を作って並べていた。 作業中に写真をお願いしたら、快く承諾してくれて、さらに「こちらの角度から写すといい」と手招きまでしてくれる。 エジプトならすぐに「ワン・ダラー」と請求がくるところだが。

 夕方トリポリ国際空港のレストラン「オエア」で夕食。 この後、国内線の空港に回りセブハ行きを待つ。 セブハ行きはリビア・アラブ航空LN658便。 一時間半ほど遅れて離陸。 トリポリから一時間ほどでセブハ空港に到着。 フェッザーン地方の都市セブハは想像していたよりも大きな町。 道路にはイルミネーションが飾られ、23時を過ぎているのににぎわっている。

 23:30、二階建ての大きなホテル・カラに到着。 部屋に入って明日からのテント生活の用意を始める。 ボストンバックに寝袋、洗面器と洗面道具、懐中電灯、着替え、トイレットペーパー、地下足袋・・・・。 普段持ち歩かないものが多いので、チェックリストで一々確認しながら詰めてゆく。

 残念なことに、このホテルもお湯の出が悪い。 明日から最低3日間はシャワーさえ浴びることが出来ないので、今夜はゆっくり湯船に浸かりたかったのに。


 [ワディ・アビス]
リビア砂漠 行程地図
 2月19日(月)  本日から3泊は砂漠の中のテント。 4泊目はジェルマのキャンプ場に泊まる。 このホテルに帰ってくるのは5日後。 半分以下の荷物になったスーツケースをこのホテルに預けてゆく。

 ホテルの玄関前には7台のランド・クルーザーが待機している。 これから砂漠に出かけるのはツアー客17名、添乗員1名、現地ガイド1名、ツーリスト・ポリス1名の総勢20名。 現地ガイドさんとツーリスト・ポリスさんは先頭の1号車に乗り、添乗員さんは最後尾の7号車に乗車。 残り17名は毎日車を替えて3名づつ乗車することになった。 今日の昼頃からコックさんの乗ったキッチンカーが加わることになっている。

 8:20にホテルを出て、西に向かい1時間ほど走ったところで給油。 予備のタンクにもガソリンを入れるので、7台の車に全て給油し終わるまで35分もかかる。 この後オフロードに入る前に最後の町エル・アウェントで最後の給油をするそうだ。

 ウバリの街を過ぎた辺りで昼食。 道から僅かにそれた草原でピクニック・ランチ。 既にキッチンカーが到着していて、大皿にサラダを用意してくれていた。 キッチンカーにはドライバーさんのほかにコックさんとコックのアシスタントさんの三人が乗っていた。 本日から5日間、総勢30人が生活を共にする。

 エル・アウェントまでは舗装道路なのに、到着したら2台足りない。 20分ほど遅れて2台が到着。 パンクをしたので修理をしていたとか。 この砂漠ツアーに使うのは全てトヨタのランド・クルーザーで、エジプトの白砂漠・黒砂漠に行った時よりも計器はしっかり動いているし、車の程度は良いのだが、かなり痛んでいる。 7台でお互いに助け合って砂漠を乗り越えるらしい。 最後の給油を終えた各車は砂漠に入る前にタイヤの空気圧を下げている。 見ているとランド・クルーザーのあの太いタイヤが見る見るへこんでゆく。 これから砂丘を走るのだという実感がでてきた。

砂漠ではターバンを
 エル・アウェントから舗装道路を離れていよいよオフ・ロードの砂漠に入ってゆく。 2年前にこの「リビア物語」に参加した旅友から「砂漠に入る時、生きた羊を一頭買って連れて行って、料理してもらい、食事にだして貰った」と聞いていたので、何処で調達するのか待っていたが、今回は羊を買わなかった。 あとでこの件で尋ねたら「生きた羊を殺して食べることに、ツアー客から批判があり、取りやめた」とのこと。 おかげで砂漠の食事ではほとんど缶詰を使っていた。

アカクスでキャンプ     ミリオン・スター・ホテル
 砂漠に入ると、僅かな風でも小さい砂が飛んでくる。 被り物も帽子では髪の毛の間や首筋に砂が入ってくる。 モロッコでの経験を活かし、モロッコで購入してきた3mほどの白いコットンのターバンを頭に巻くことにした。 このいでたち、風が強いときには目だけを出してマスクの代用にもなる。 耳の中にも砂が入りづらい。 布は薄くて通気性も良い。 運転手さんはほとんどターバンを巻いていた。 見せてもらったら7mほどの長いターバンだった。

 オフ・ロードに突入してから一時間ほどは土漠の中を走行。 進行方向の右手、西のほうにアカクス山脈が見える。 この山脈の向こう側はアルジェリアで、タッシリナジェールがある辺り。

 初めは遠くに見えていた山々に次第に近づく。 砂漠はサハラ特有の赤い砂で、山は玄武岩が多いらしく黒々としている。 なんと色彩の少ない世界であろうか。 そうこうする内に、あちこちに奇岩がある辺りを走る。

 18:40、 岩陰で風下の比較的広い砂地に止まり、テントを設営する。 ガイドさん、ツーリスト・ポリスさん、運転手さんなどが車からテントを取り出してきて、設営の仕方の見本を見せてくれる。 基本的に自分のテントは自分で設営と言うこと。 一人参加の人は一人では設営できないので協力しながら。 テントを設営した後にはすぐに荷物を入れないと、テントが風で飛ばされる。

 20時にはランタンを二つ灯したテーブルを囲んでディナー。 暖かいリビアスープ、マカロニ、缶詰フルーツなど。 21時を過ぎると月も西に沈み、満天の星空。 今夜の宿はテントなれどミリオン・スター・ホテル。 「オリオン座」と「おおいぬ座」のシリウスははっきり分かるが、 星が多すぎて他の星座が分からない。


 [ワンカサ]
 2月20日(火)  4:40に目覚める。 真冬なのにそれほど寒くない。 携帯した温度計は16℃を示している。 外に出ると真っ暗闇で、南に「ケンタウルス座」、南東に「さそり座」と木星、東には夏の星座の「こと座」「はくちょう座」が登ってきている。 この砂漠の星空のために持ってきた三脚を取り出し、デジカメをセットして、星座の写真を数十枚撮る。

 トイレには小さい発光ダイオードのランプを持って出かける。 テントから適当に離れたところが「暗闇トイレ」。 まだテントの方は寝静まっているので、 帰りの方角が定かではない。 そこで、砂につけてきた自分の足跡を照らし、これを頼りにテントに戻る。

 7時を過ぎると、次第に明るくなってきた。 運転手さん、現地ガイドさん、ツーリスト・ポリスさん達は車にそばにござのようなシートを敷き、毛布のよな物にくるまって寝ている。 キッチンカーのコックさんたちは既に朝食の準備を始めている。 朝食は7:45から。 パン、パウンド・ケーキ、ゆで卵、バターに蜂蜜、ジャム、チーズ、それにネスカフェととても質素。 本日の水、一人当たり1.5リットルを受け取って、テントに戻り、荷物をまとめてテントを片付け、本日の指定された車に乗り込む。

 このサハラの歴史を大まかにまとめると、
 紀元前12,000年~紀元前8,000年 かってサハラがサバンナだった頃。多くの野生動物が描かれている。
 紀元前8,000年~紀元前6,000年 狩猟の時代。 まだ緑に覆われた草原で狩をする姿が描かれている。
 紀元前6,000年~紀元前2,000年 牧畜の時代。 この頃からサハラは乾燥が始まったようだ。
 紀元前2,000年~紀元前200年 馬の時代 乾燥した環境に強い馬、ラクダ、牛などが描かれている。
 紀元前200年~現在 水は完全に消えて、砂漠となってしまった。

 ワディ・アビスの土漠をしばらく走っては所々で止まり、岩絵、線刻画を見て回る。 この辺りはワディ(枯れ川)という名前が付いていて、その昔川が流れていたところ。 川の岸辺辺りに岩絵や線刻画が残っている。 サハラが時代と共に変化してきた様子を岩絵、線刻画は表現しているそうだ。
 
ワディ・アビス 土漠を疾走 線刻画 牛 線刻画 キリン 線刻画 ガゼル

 紀元前8,000年頃の線刻画。 野生動物が多い。

ワディ・アビス  岩絵 槍を持った女性 岩絵 ナツメヤシと人間 岩絵 子供の神

 ここでは人物が多く登場。 手に槍を持った女性やナツメヤシの木を揺らして実を採ろうとしている人など。

岩絵 狩猟 線刻画 マンモス 岩絵 キリン 岩絵 ラクダ

 紀元前7,000年頃。 狩猟の時代。 その後に描かれたラクダも同居している。

岩絵 馬車 岩絵 馬車 岩絵 女(右)と男(左)の戦い ワディ・タシウェントの岩陰で昼食

 馬車はスピードを上げて走っている。 すこし漫画のようです。  水を争った男と女の戦いは面白い。 逃げ出した男も描かれている。 この部族の男たちは狩に出ていて、その間に他の部族の男たちに攻められ、戦った様子をここに描いて、帰ってきた男たちに報告したのではとのことでした。

 昼食をワディ・タシウェントの大きな岩の陰でとり、午後もアカクス山脈の東側を南下して岩絵を観て回る。

ワディ・タシウェント 岩絵 キリン トゥアレグ文字 岩絵 沢山の人 岩陰 髪を洗う女

 この辺りの岩絵は比較的新しいのか。 表現が繊細で、3,000年前のトゥアレグ族の人の文字も記されている。 この後砂漠に住んでいるというトゥアレグ族のマガールさん宅に寄る。 マガールさんは80才を超えていて、8人の妻と25人の子供がいるそうだ。

トゥアレグ族のマガールさん マガールさんの妻たちの家 奇岩 アーチ 砂丘を越えて

 8人の妻は全て家を持っていて、マガールさんの家のそばに住んでいた。

 ワディ・アビス、 ワディ・タシウェントで9箇所の岩絵、線刻画を観て回り、この後東側にあるワンカサ砂丘に入ってゆく。 本日のテント設営地はワンカサ砂丘の中。 夕食には「クスクス」が出たが、粟を食べているようで口に合わず。


 [ムーズック]
 2月21日(水)  昨夜から少し風が出てきていた。 夜明け前の星空はとても綺麗。 人口の光が全く無い暗闇で星空の写真を数十枚撮影する。 撮影するたびにカメラの液晶が一瞬だけ明るくなり、暗闇の中で存在を主張しているようだ。

 手元の温度計は14℃を示している。 昨日の朝より少し寒いが、真冬の砂漠は想像していたよりはるかに暖かい。

ワンカサ砂丘 色とりどりの砂
ワンカサ砂丘
 昨日と同じメニューの朝食を済ませ、手早くテントをたたみ、8:40に出発。 本日はワンカサ砂丘を出て、しばらく東に進み、かって川底であった場所を走り、途中ムサック・ミレットに立ち寄ってからリビアでは最大級のムーズック砂丘に入って宿泊する。

 出発してからワンカサ砂丘を30分ほど走ったところで休憩。 現地ガイドさんが砂を掘ってみるように指示する。 両手で数回砂を掻き分けると赤いサハラの砂の下に白い砂、クレーの砂、青い砂などが顔を出す。 この辺りにはかって海底火山があったそうで、さまざまな色の砂が出てくる。 これらの色の砂は表面の赤い砂よりも小粒で密度が高いらしく、このように掘り返してもすぐに風でもとのように赤い砂で表面が覆われるそうだ。 色の違った砂をそれぞれビニールの袋に詰めて持ち帰りお土産にする予定。 リビアの旅行を通して適当なお土産はこのサハラの砂くらいしか見当たらなかった。

 ワンカサ砂丘を出て、およそ3時間半、かって大きな川が流れていたという川床の岩漠を東に進み、川底から小高い土手の上に上がる。 ここはムサック・ミレットと言ってトゥアレグ語で「崩れた岩」と言う意味の場所。 4世紀の大地震で岩が粉々に砕けたらしい。 この場所の床にはいたる所に線刻画がある。 およそ7,000年前のものだそうで、角の長い牛や、狩猟の対象になったであろうガゼル、キリンなどが描かれている。 ここの線刻画は今までのものに比べて線の彫りが深く、とても鮮明な絵となっている。 かなり硬く、とがった石を使って刻んだのであろう。

ムサック・ミレット 高台 線刻画 牛 線刻画 キリン 線刻画 ガゼル

   ムサック・ミレットの台地を降りてしばらく走ったら、既にキッチン・カーが到着していて、昼食の準備を済ませている。 砂漠の中では標識は何処にも見当たらない。 車同士でお互いに無線で連絡をしている様子も無い。 もちろん車には「ナビゲーション・システム」は付いていない。 我々には荒涼とした、同じように見える砂漠でも、彼等には方角、距離などが分かってしまうのであろうか。

ムーズック砂丘 纏まってテントを設営
 昼食後、土漠を疾走したり、岩漠を慎重に走ったりしておよそ2時間半ほど北へ進み、ムーズックの砂丘に入ってゆく。 この頃から空は黄色くなり、太陽も霞んでしまうほど。 それほど風が強いわけではないが、黄砂が飛んでいるようだ。 砂丘に入ると次第に風が強くなり、16時半であったが早目にテントの設営をする。 テント設営に選んだ場所は周りが高い砂丘に囲まれた谷底のような所。 今までと違って車を風上に並べて囲み、その中に纏まってテントを設営する。

 砂嵐と言うほどではないそうだが、小さくて細かい砂が飛んでいるようで、カメラにとっては大敵。 ビニールの袋の中に入れてカメラを持ち歩く。 この黄砂のおかげか、白いターバンの色が黄色味を帯びてきたように思えた。 後に帰国してから洗濯をしたが、なかなか白くならず、何時までも細かい砂が出てきた。

 19時過ぎにリビア・スープとマカロニの夕食を済ませ、早目にテントに入る。 星はほとんど見えない。 風が強く、テントを一晩中揺らしていた。


 [ジェルマ]
ムーズック ワディ・マンタンドゥーシュ
 2月22日(木)  昨夜からの風は治まらず、揺れるテントの音と高い気温で早くから目覚める。 まだ6時前なのに手元の温度計は24℃を示している。 砂漠の小さな砂が舞い上がり、空全体が黄色く、視界は20mほどで砂丘がはっきり見えない。 太陽の光は弱く月のように白く見える。

 風が強いので朝食はキッチンカーまで行って自分の分を分けてもらいテントの中で。 テント片付けも数人ずつで協力してテントが飛ばされないように慎重にたたむ。 このように風が強い砂丘では地下足袋、ターバンが非常に役に立つ。

   8時半に出発してしばらく砂丘の中を走る。 途中、草の茂ったところで休憩。 ドライバーさんたちが熱心に草の葉を集めている。 この草は「シーハ」というものでチャイ(紅茶)の中に入れて飲むそうで、おなかの薬になる薬草だそうだ。

 砂丘を出ると岩がごろごろした岩漠。 大きな岩をよけながら、ゆっくりと進んでゆく。 道なき川底をおよそ一時間、車は大きく揺れながら。 車の中でロデオに乗っているような気分。

 10時過ぎにワディ・マンタンドゥーシュの駐車場に到着。 ここは元川底だったようだが、標識と柵が設けてあり、入り口で写真撮影料を徴収している。 ここでも5ディナール支払い、枯れ川の岸壁に向かう。 

 ここには岸壁に沿っておよそ7,000年前に描かれた線刻画の画廊が100m以上も続く。 キリン、ガゼル、牛、馬、ダチョウ シマウマ サイ ・・・・など。 ここの画廊も4世紀の大地震でかなり崩れたそうだ。

線刻画 ワニの皮をかぶってハンティング 線刻画 頭のたくさんあるダチョウ 線刻画 キリンと罠 線刻画 タイガーの戦い

   足の長いワニが描かれているのは面白い。 説明によると人間がワニの皮をかぶって他の動物に近づき、狩をしている様子とか。 「ワニの姿の方が他の動物は逃げ出すのでは」との意見もあり。 頭のたくさん描かれたダチョウを発見。 こらはダチョウが盛んに首を振って動く様子を表現したとか。 バカボンのパパの脚の動きを想像させる。 キリンのそばに丸い輪が描かれている。 この輪は罠だそうで、キリンや他の動物を捕まえるのに使ったとか。 かなり上のほうに獣が向かい合って喧嘩をしている絵がある。 これはタイガーの戦っている様子だそうだが、手足の上げ具合はフランスの自動車会社プジョーのエンブレム(こちらはライオンだが)にそっくりであった。

バルトゥーシュの小麦畑 右側は砂漠
人工衛星から見たバルトゥーシュの小麦畑
 枯れ川をしばらく北西に進み再び砂丘の中に入ると、突如砂漠の中に大草原が出現する。 ここはバルトゥーシュの小麦畑で、カダフィ大佐の大人工河川計画の一環として造られた砂漠の中にある畑である。 半径500mの巨大なスプリンクラーがゆっくりと回りながら砂漠であった所に水を供給している。 ひとつの畑の面積は π x 500m x 500m=785,000㎡。 水は砂漠の地下およそ150mの所にある地下深層水を汲み上げているとのこと。  このような畑がここにはたくさんあるそうだが、あいにくの黄砂の中では一番近くのスプリンクラーが霞んでやっと見えるだけ。

 旅行前に予習で Google Map を使って小麦畑を確認していたが、実際に畑のそばに立つと想像していた以上の大きさであった。

ジェルマ テケルキバ・キャンプ場
 小麦畑のそばで昼食を済ませ、3時間ほど土漠、岩漠の中を揺られてやっとジェルマのテケルキバ・キャンプ場に到着する。
 このキャンプ場はセブハからエル・アウェントへ通じる道路から北に数十メートル入ったところにあり、しっかりしたバンガローとトイレ兼シャワー、キッチン、食堂などの施設があり、電気も引かれている。 またバンガローの中には鉄のアングルで出来たベッドが二つ、しかもマットも掛け布団も完備している。

 シャワー兼トイレは全部で10個。 交代で暖かいシャワーを浴び、文明生活への復帰を実感する。 砂漠での過酷な生活後の4日目のシャワー。 ありがたくて、「今後少しくらいお湯の出が悪いホテルに泊まっても我慢できそう」な気持ちが、この時はした。

 夕食はキャンプ場の食堂で。 屋根や壁があり、食事中に砂のことを気にする必要もない。 いつものリビアン・スープであったが、今日は一段とおいしく感じた。


 [セブハ]
 2月23日(金)  本日はジェルマの北に広がるウバリ砂丘の中を駆け回る。 このウバリ砂丘は南北に270Km,東西に500Km程あり、この中にはウバリ湖群といわれる湖がある。 湖は17ほどあったそうだが、ほとんど干上がってしまい、現在4つ残っている。 これらの湖はすべて塩水湖で、この中でガブロン湖では浮遊体験が出来るそうだ。

 昨日と同じような天気で、空は黄砂で曇っており気温もあまり高くない。 それでも浮遊体験を期待して水着をホテルで着けて出かける。 ガブロン湖の周辺にはシャワーや更衣室のような設備がないという。 浮遊体験は2005年4月にヨルダンの死海、同じく2005年12月にイスラエルの死海で経験があり、うまく浮くコツは心得ている。 今回は砂漠の中の湖ということで、湖底はどうなっているのだろうとか、塩分濃度は高いのだろうかといった疑問もあり期待が高まる。

ウバリ砂丘 ガブロン湖
 8:20にテケルキバ・キャンプ場を出て、すぐに北に広がるウバリ砂丘に突入する。 しばらくは砂丘を登ったり降りたりのデザート・コースター。 40Kmほど北に走って、まづ最初はマフ湖に到着。 ここは聖なる湖と言われていて、湖岸は葦に覆われていてとても湖面のところへは行けない。 塩水湖で、近くに湧き水が出ているとのこと。

 つぎがお目当てのガブロン湖。 サハラ砂漠の中で最大の大きさだそうで250m x 300mほどあるという。 昔中東からやってきた聖人ロンという人の墓(ガブ)がここにあることからこの名がついたとのこと。  ここも葦やナツメヤシの木で湖岸が覆われているが、一部分湖面近くに降りられるところがある。

 浮遊体験を期待して降りて言ったのだが・・・・湖水が汚い。 湖面には蚊のような虫が群がっている。 さらに匂いもひどい。 それに噂通りシャワーもない。 これで湖水につかり、身体だけを拭いて昼食に帰るキャンプ場までシャワーを我慢するにはかなりの覚悟がいる。 小生と同様に浮遊体験を期待してきた他の人も皆あきらめるという。 しかも誰も湖には入っていない。

 折角来たのだから、汚そうな水を承知で指をつけ、塩水をなめてみたが、たいした塩分濃度では無いように感じた。 塩分の高いのはイスラエル・エン・ポケックの死海(ここの水はにがい)、次がヨルダン・アンマン近くの死海(こちらはとても塩っぱい)、そしてガブロン湖(塩辛い)の順のように感じる。

ウバリ砂丘 マンダラ湖
 湖面から上ってくるところに実をつけたナツメヤシが沢山生えている。 この実の一部は自然に乾燥したらしく、黒ずんでしぼんでいる。 少し表面に砂がついているが、砂を払って食べると、これがとてもおいしい。 トリポリのマーケットで売っていたやわらかいナツメヤシよりも凝縮しているのか、濃厚な甘さを感じた。 この辺りで食べる機会があったらぜひお試しあれ。

 次はオムルマル湖。 母の湖と言う意味だそうだ。 やしの木に囲まれた青い湖。 リビアには珍しく土産物の露天が3つあった。

 最後は砂丘の上から遠望したマンダラ湖。 マンダラという老女の名前がついている湖。 東洋の曼荼羅とは関係がないらしい。 この湖はほとんど干上がっていて、白い塩の部分が見える。

 昼食はテケルキバ・キャンプ場に戻り、ここの食堂で。 食事後砂漠ツアーのスタッフとのお別れパーティ。 運転手さんたちはこの後セブハのホテルまで送ってきてくれるが、コックさんたちとはここでお別れ。 4日間本当にお世話になりました。

 セブハに戻る途中で動物園に寄る。 ここに居るのはフェザーン地方に棲む野生の動物たちで、ガゼル、山羊、鹿、フェネックス、ダチョウなどが居た。

 宿は5日前と同じホテル・カラでした。 夕食はセブハの街の中のトルコ料理のレストランで。 建物はリビアの普通のレストランだが、焼きたての暖かい「ナン」にラクダの肉の「シシ・ケバブ」。 さすがにトルコ料理。 この旅行の期間中でこのレストランの食事が一番美味しかった。


 [ガダメス]
セブハ 革命38周年のポスター
 2月24日(土)  本日はセブハからガダメスへの移動日。 およそ900Kmをバスで走行する。

 このセブハの街に来週カダフィ大佐が訪れるらしく、街のメインの通りにはイルミネーションが飾られ、 ホテル・カラの建物の壁にはカダフィ大佐の肖像が入った革命38周年の大ポスターが掲げられていた。  無血クーデター(革命)は1969年9月1日なので、このポスターの38周年は今年の9月以降有効なのに。 トリポリやベンガジなどではまだ37周年記念のポスターが掲げられていた。

 8時にホテルを出て、ウバリ砂丘の東の道路をひたすら北上すること400Km。 道路に沿って大人工河川のパイプが走っている。 途中のトイレはすべて青空。 13時過ぎにアル・シェエルフの街で昼食。 この後は進路を西に向け、再び500Kmひたすら走る。

 この辺りはハムラー砂漠だそうで、真平な土漠。 この土漠の中に一本の舗装道路が地平線の果てまで続く。 青空トイレも隠れる場所はない。 バスの進行方向の左右に男女が分かれて、三々五々離れて用を足す。 「折り畳み傘を用意すると良い」と注意書きにあったが、この時期には誰も折り畳み傘を持って行かなくなっている。

 チュニジア、アルジェリアとの国境近くの町ガダメスに到着したのは17時過ぎ。 ホテルはガダメス・カフィラ。 こじんまりしたホテルで、部屋ごとに電気湯沸しタンクのついたシャワーの設備がある。

 夕食にはE社のサービスのソーメンが出る。 毎食があまり口に合わず、食事を義務と感じていた小生にとってとても有難いサービスである。



ガダメス 博物館
ガダメス ガイドのマフメドさん
 2月25日(日)  9時半にホテルを出て、ガダメスの博物館へ。 本日のガイドは、塩尻和子著「リビアを知るための60章」の本の中に出てくるマフメドさん。

 このガダメスはかって豊富な地下水が湧き出るオアシスに造られた町で、地中海からアフリカ奥地に繋がる隊商交易路の合流点として繁栄したそうだ。

 ガダメス博物館の建物は17世紀オスマン・トルコ時代に造られた建物で、展示は5つの部門に分かれている。

 博物館の展示物も陶器、やしの木で作られたさまざまな生活用品、鉄製品、トゥアレグ族のテントや生活用品、薬草のコロシント(砂漠に自生していた小さなスイカのような植物:下剤として使うそうだ)、ヘンナ、バジル、それに楽器など等多岐に渡っている。

 紀元前19年にはこのガダメスもローマの支配下になったそうで、北アフリカ総督カルナリオス・バルボスの頃の墓石も展示してある。 さらに砂漠から出たマイマイの化石、硫酸カルシウム(CaSO4)が結晶化した「砂漠のバラ」も展示されていた。

 この後ガダメスの旧市街に向かう。 このガダメスの旧市街にはかって6,000人ほどの人々が暮らしていたそうだ。 棲んでいたのはベニウジード族とベニワリード族で、それぞれ助け合いのようなコミュニティを持っていて、各コミュニティにはモスク、学校、広場などがあったという。 建物は日干し煉瓦で造られ、やしの幹で補強され、白い漆喰が壁に塗られた街で、夏の暑さを遮るため屋根はしっかりと閉じられ、窓は少なく、家と家の間はトンネルのような通路となっていて、モロッコのフェズのような迷路を思わせる。

 大きな通路の両側は談話用のベンチになっていて、 このベンチは日常の会話の場、重要な会議の場、長老たちが揉め事に対して採決を下す場などに使われたそうだ。

ガダメス 旧市街の通路
 このガダメスに異変が起きたのは1971年。 生活に欠かせない湧き水がかれ始めたそうで、1982年に最後の住人が新市街に移ってからは誰も住んでいない町となった。 

 旧市街には7つの門があるそうで、この中のジャラサン門から入る。 通りにはすべて名前がついているそうで、入ってすぐの通りは「オムラン・モスク通り」。 通路は屋根で覆われ、壁は白の漆喰で塗り固められ、通りの両側にはベンチがある。

ガダメス 旧市街・民家のリビングの装飾
 この通りは男女が自由に行き来できたが、この通りの上にもう一つ通りがあり、こちらは女性専用で、15歳以上の男性は通ることを許されなかったそうだ。 下の通りでは女性は顔を隠して通行したが、上の通りでは顔を覆わないで自由に通行できたという。

 観光中に一軒の普通の民家に入れてもらった。 大きな鍵を開けて中に入ると1階は納屋や倉庫として使っていたようで、2階にはリビングがあり、3階にキッチン、ベッド・ルームがあった。

 リビングの中は赤色を多く使ったレースと真鍮製の食器のようなもの、それに鏡を使って飾っている。 これらはすべて女性の仕事だったとか。

 昼食をこのような飾られた部屋で頂いたが、味が会わないのと、飾りで落ち着かないのもあってほとんど食べられなかった。

 昼食後はホテルに戻って3時間ほどシエスタ。 新市街を一時間ほど散策したがあまり見るべきものも無かった。

ガダメス スフェッダ砂丘
 17:30、5台のランド・クルーザーに分乗して、アルジェリアとの国境近くのスフェッダ砂丘へ夕日を見に行く。 20分ほどで砂丘のふもとに到着し、ここでトゥアレグ族のテントの中であまーいミント・ティーを頂く。 さらに砂の中で焼いたパンを頂く。 小麦粉を練って、砂の中にいれ、上から熱して焼く実演を見せてもらったが、表面には全く砂がついておらず、適度な焦げが香ばしくとても美味しい。

 この後20分ほどかけて砂丘の一番高いところまで上り、日没を待つ。 19:14、太陽がアルジェリアの砂漠に沈み始め、19:16には日没。 たった2分間の日没ショー。 この後気温はすぐに下がってきて、砂も冷たくなってくる。

 ホテルの夕食ではツアー期間中に誕生日を迎えられたSさんのバースデー・パーティ。 デザートのほかにケーキを頂く。 Sさんおめでとうございます。


 [トリポリ]
 2月26日(月)  本日はガダメスを出て北に向かい、途中クサール・ナルートとクサール・ハジに立ち寄り、トリポリに帰る。

 クサールとはマグレブ(リビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコなど北西アフリカ諸国)のオアシスの住民が造った伝統的村落。 モスクを中心に家や穀倉が配置され、 防御のために城壁で囲まれたり、 山の上に形成されることもある。 建材には、日干しレンガや石が用いられるのが普通。

クサール・ナルート 城砦型集合倉庫
 7:50にホテルを出てしばらく東に走り、 ダルの町から北に進路を変え、途中で昼食を済ませて、12時半にクサール・ナルートに到着。

 クサール・ナルートはガダメスとトリポリのほぼ中間地点にあり、 8世紀頃ベルベル人によって造られた城砦型集合倉庫群で、ベドウィンの攻撃を避けるために標高700mほどの山の頂上に造られている。 1980年まではここに人が住んでいたが、カダフィ大佐の政策で住人は新市街に移住し、 今は廃墟となっている。

 街の中は迷路のような細い道があり、 不定形の倉庫群、モスク、住居などが密集している。 倉庫は400部屋以上もあるらしく、倉庫の上のほうには穀物を、下のほうにはオリーブオイルを貯蔵していたとのこと。 貯蔵庫の一番高いところは現在の建物では6階建てに相当するくらいで、縦壁には梯子がつけられていた。

 一軒の建物の中には大きな石臼(オリーブ・ミル)があり、目隠しをしたラクダを使ってオリーブ油を搾っていたそうだ。

 他にモスクがあり、屋根には小さいながらミナレットもついている。 モスクの中にはミヒラブもしっかり残っており、往時は1日5回の礼拝をしたところ。

クサール・ハジ 要塞型集合倉庫
 クサール・ナルートから東に150Kmほどの所にクサール・ハジがある。 ハジとは聖地メッカに巡礼を済ませた人のこと。 ここには8世紀頃にベルベル人のハジによって造られた円形の城塞型倉庫群が残っている。 直径40mほどで4階建て、中庭のある倉庫の入り口は一ヶ所しかない。 アラブ人からの攻撃を想定して造ったと思われる。

 円形にしたのは夏は涼しく、冬は暖かくするためだそうだ。 部屋の出し入れ口の他に小さな四角い穴が沢山あいている。 この穴に木を差込んで倉庫を修理したとのこと。

 部屋の数は114あり、 イスラムの聖典コーランの章と同じ数。 一番下の部屋にはオリーブオイルなどを蓄え、上の階には野菜や穀物などを貯蔵したとのこと。 ナツメヤシ枝を編んだ籠を紐でつるして荷物を上げ下げしたそうだ。 この倉庫の周りには住居があり、毎日必要な分をとりに来たとか。

 この辺りに住んでいた住民は1972年頃から出て行ってしまって、現在は廃墟となっている。 観光客が来た時、どこからともなく管理人が現れて、写真撮影代3ディナールを徴収し、またどこかへ行ってしまう。

 トリポリには19:30到着。 宿はリビアに入国したときと同じバブ・エル・バール・ホテル。 今回は同行していたツーリスト・ポリスさんが先回りをしていて部屋を確保してくれていたそうで、チェック・イン後すんなりと部屋に入ることができた。



トリポリ メディナ ローマ遺跡が壁に埋まっている
 2月27日(火)  今日はリビアの最終日。 トリポリを出るのは午後なので、午前中はトリポリのメディナ(旧市街)に行くことになっている。 メディナの場所はすでに二度ほど行ったジャマヒリヤ博物館、緑の広場の辺り。

 9:20にホテルを出て、10分ほどで先日来たマルクス・アウレリウス門の所でバスを降り、メディナの中に入ってゆく。 ここに居たリビアの住民はカダフィ大佐の政策でほとんど新市街にある政府が建てた新しい住宅に移ったので、現在は他国から出稼ぎに来ているエジプト人、ガーナ人、ニジェール人などが多く住んでいるそうだ。

 緑の広場の北西に広がる旧市街は、絨毯や貴金属、アンティークの店、生活雑貨、食料販売店、土産物店などがが建ち並び、通りは迷路のようだ。 通りを歩いていると建物の壁にローマ遺跡(コリント様式の柱頭)が埋まっていた。 お土産になりそうな物もなさそうなので、時間つぶしにモスクを覗いたり、象嵌細工の職人の仕事ぶりを眺めたりした後、緑の広場へ行く。

 この後トリポリ市内の大きなスーパーマーケットに寄りお買い物。 ここで残っていたリビア・ディナールを使い切る。 この旅行中で使ったお金のほとんどは博物館、遺跡での写真撮影代で、毎日ミネラルウォーターは支給されていたし、ビール等のアルコール類はないので、トリポリ空港で両替した半分くらいは残ってしまっていた。 本当にお小遣いの要らない国である。

 昼食はトリポリ国際空港のレストラン「オエア」で。 このレストランはベンガジからセブハに向かう時に夕食をとった所。 この後出国審査を受けて、搭乗口に向かったが、ドバイからの飛行機が1時間以上遅れているらしい。 小さな免税店はあるが、欲しいものなし。

 エミレーツ航空EK747便(ドバイ-トリポリ-チェニス-ドバイ環状便)に搭乗し、チェニジアのチェニス空港に立ち寄る。 トリポリからチェニスまでは一時間ほどで、機内サービスはソフトドリンクのみ。 チェニス空港を飛び立ってからやっと飲み物、食事のサービスが始まる。

 まずは待ちに待ったビールを頼む。 ム・・・・ 味がおかしい。 銘柄はハイネケンなのに。 美味しくない。 食事のときは白ワインを頼んだが、あの小さなボトルを空けられない。 二週間の「断酒」が効いて、体調を狂わせてしまったようだ。 この後ぐっすり寝てしまったようで、気が付いたのはドバイ空港に着陸後、飛行機が駐機場に向かっているとき妻に起されて。 不覚にも着陸の時の振動さえも気付かなかったようだ。

 ドバイ空港のターミナルに到着すると、エミレーツ航空の地上係員が迎えに来ていて、関西国際空港行きの搭乗口へ急がされる。 途中からターミナル内の移動車両に乗せてもらって、駆け込みでエミレーツ航空EK316便に乗り込む。 離陸時間を過ぎて駆け込んだのに、なかなか飛行機のドアを閉めない。 結局50分ほど遅れて離陸。 後で分かったのだが、この飛行機に搭乗するはずの人が乗らなかったようだ。 我々のツアーは集団で全員乗れたようだが。



   2月28日(水)  関西国際空港には30分ほど遅れて到着。 ここで入国手続きをして、 ターミナル内のレストランで夕食を済ませ、JAL0192便(エミレーツ航空コードシェア便:EK6250便)で羽田空港へ。 皆さん、過酷な17日間、お疲れ様でした。 添乗員の瀬川さん、大変お世話になりました。 今回も楽しい旅をありがとうございました。


 [エピローグ]
 ▼未知の国リビア。 たった二週間であったが少しは理解できた。 カダフィさんは「核を持っても使えないなら持つ必要は無い」と考えたらしい。 どこかの将軍様も気がついてもらいたいものだ。 ▼あれだけ欧米嫌いの国であったはずなのに、トリポリやベンガジの旧市街のスークではお年寄りでさえ英語が通じる。 なぜだろう。 疑問が残る。 ▼道路わきのゴミはいただけない。 だが、彼らの文化の中には自然との同居しかなかったのではないだろうか。 同居できないプラスチック製品を作ったのは我々で、責任はこちらにあるかもしれない。 ▼アルコールを飲めない国。 二週間で体調が狂ってしまった。 今後しばらくはイラン、イエメン、サウジアラビアなどアルコールを飲めない国々への旅行は差し控えたい。 ▼リビアに残るローマ遺跡は期待通りであった。 北アフリカにこれほどのローマ遺跡があろうとは訪れるまで全く知らなかった。