英 国 (United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
 2007年8月 英国物語 15日間
 ヨーロッパは何度か訪れているが、 イギリスは10年ほど前にウィンザーとロンドンにしか行っていない。
 今回は北のスコットランド・エディンバラから入り、 更に北のインバネスまで上り、 ネス湖のそばを通って南下し、グラスゴーからイングランドに入って湖水地方を回り、 ヨーク、チェスター、バースと回ってコッツウォルズの丘陵地帯を訪れ、 不思議な巨大遺跡ストーンヘンジ、ウィンザーに立ち寄りロンドンへと周遊する15日間のバスの旅に行くことにした。
 夏のこの時期はエディンバラでミリタリー・タトゥーが行われている。 ここではバグパイプの演奏とマスゲーム、ダンス、それに「蛍の光」を楽しむ予定。 さらにスコットランドではピュア・モルトのスコッチウィスキーも楽しめるはず。
 イングランド・湖水地方の田園風景はすばらしいと聞く。 英国のあちこちにもローマ遺跡があるという。 また田園の中に佇むブレア城、 マクベスの舞台となったコーダー城、ネス湖畔のアーカート城などいくつかの古城にも立ち寄る。 この旅では英国の多様な姿をじっくりと楽しんでこようと思っている。
プロローグ  エディンバラ  インバネス  グラスゴー  湖水地方  ヨーク
ストラトフォード・アポン・エイヴォン  バース  ロンドン  エピローグ


 [プロローグ]

メディアファクトリー社 ロンリープラネットの自由旅行ガイド『英国』
 イギリスは歴史のある国で、簡単な解説書ではとても理解できない。 旅友の薦めもあり初めてメディアファクトリー社の「ロンリープラネットの自由旅行ガイドシリーズの『英国』」をインターネットを通じてAmazonで購入し、予習をすることにした。 手にしてみるとこれが大変な書物。 1240ページもあり分厚くて枕にできるほど。 本の厚さは単三乾電池の長さと同じ。
 英国の歴史、文化などの基本情報を読み終えるだけで10日もかかってしまった。 旅の前に全てを読破することは出来そうに無い。 こうなったら旅行の立ち寄り先だけでも拾い読みをするしか時間がない。 6月下旬にリビア紀行の掲載を終了できたので、 英国の予習に専念することにした。

 英国の歴史と統治者

 およそ50,000年前 ブリテン島がヨーロッパ大陸と陸続きだった頃、初めて人類が渡ってきた。
 紀元前3,000年頃 ヨーロッパ大陸からビーカー族がイギリス諸島に侵入。
 紀元前2,500年頃 鉄器時代の到来とともに森林の伐採、農耕が盛んになる。
 紀元前500年頃 中央ヨーロッパからケルト人が渡来。 英国全土とアイルランドにも定住。
 紀元前55年頃 カエサル率いるローマ軍のブリテン侵攻。 ローマ人が到来し、この後ローマ帝国が衰退するまでの400年間軍事帝国の勢力下にあった。
 410年 アングロ・サクソン人が北ヨーロッパから移住を開始。
 550年 アングロ・サクソン人は先住民族のケルト人をブリテンの西方や北方に追い払い、ローマ化されていたブリトン人の文化を完全に破壊し、アングロ・サクソン文化の基礎を固めた。 

 サクソン人・デーン人
アルフレッド大王(871-899)ブリテン南部の諸王国は連合体を形成し、各国王は一人の覇王に服従するようになる
850年頃デーン人の侵入がさかんになる。
エドワード長兄王(899-925) 
エルスタン(927-940) 
エドワード殉教王(975-978) 
エセルレッド2世無策王(978-1016) 
カヌート(1016-1035) 
エドワード懺悔王(1042-1066) 
ハロルド2世(1066) 

 ノルマン人
ウィリアム1世征服王(1066-1087)1066年 ヘイスティングの戦い
ウィリアム2世(1087-1100) 
ヘンリー1世(1100-1135) 
スティーブン(1135-1154) 

 プランタジネット家
ヘンリー2世(1154-1189)1167年 オックスフォード大学創立
1170年 聖トーマス・ベケット、カンタベリー寺院で暗殺
リチャード1世獅子心王(1189-1199) 
ジョン失地王(1199-1216)1204年 大陸領土を失う
1210年 ジョン王、ローマ法王に破門される
1215年 マグナカルタに署名
ヘンリー3世(1216-1272)1233年 ケンブリッジ大学創立
エドワード1世(1272-1307)1265年 議会召集、下院の基礎となる
1277年 ウェールズを征服
エドワード2世(1307-1327)1328年 スコットランド王国承認
1337-1453年 フランスと100年戦争
1341年 議会、二院制となる
1348年 黒死病(ペスト)の大流行
1381年 ワット・タイラーの一揆
エドワード3世(1327-1377) 
リチャード2世(1377-1399) 

 ランカスター家
ヘンリー4世(1399-1413) 
ヘンリー5世(1413-1422) 
ヘンリー6世(1422-1461、1470-1471)1455~85年 バラ戦争

 ヨーク家
エドワード4世(1461-1470、1471-1483) 
エドワード5世(1483) 
リチャード3世(1483-1485) 

 チューダー家
ヘンリー7世(1485-1509) 
ヘンリー8世(1509-1547)1534年 ヘンリー8世 国教会の首長となる
1536年 ウェールズをイングランドに統合
エドワード6世(1547-1533) 
メアリー1世(1553-1558) 
エリザベス1世(1558-1603)1587年 スコットランド女王、メアリー処刑
1588年 スペイン無敵艦隊 (Armada) を破る
1590-1611年 シェークスピア活躍
1600年 東インド会社設立

 スチュアート家
ジェームズ1世(1603-1625)1605年 火薬陰謀事件
1613年 日本と通商
1620年 メイ・フラワー号で北米移住開始
チャールズ1世(1625-1649)1644-49年 清教徒革命

 護民卿(共和国)
オリバー・クロムウェル(1649-1658)1649年 チャールズ1世を処刑、共和制宣言
1651年 航海法を発布
1652~54年 第1次オランダ戦争
1655~59年 対スペイン戦争
リチャード・クロムウェル(1658-1659) 

 王制復古
チャールズ2世(1660-1685)1664~67年 第2次オランダ戦争
1665年 ロンドンにペスト大流行
1666年 ロンドン大火
1672~74年 第3次オランダ戦争
1676年 グリニッジ天文台設立
1679年 政党の誕生(トーリーとホイッグ)
ジェームス2世(1685-1688)1685年 ニュートン、万有引力の法則を発見 
ウィリアム3世(1689-1702)
メアリー2世(1689-1694)
1689年 権利章典
1689~1697年 西・独と結び、対仏戦争
1694年 イングランド銀行創立
1701~14年 スペイン王位継承戦争
アン(1702-1714)1707年 連合法施行 イングランド、ウェールズ、スコットランド統一される 

 ハノーバー家
ジョージ1世(1714-1727)1715年 ジャコバイトの反乱
ジョージ2世(1727-1760)1739年 対スペイン戦争
1740~48年 オーストリア王位継承戦争
1759年 大英博物館創設
ジョージ3世(1760-1820)18世紀後半 産業革命
1773年 ボストン茶会事件
1775~83年 アメリカ独立戦争
1783年 アメリカ合衆国の独立を承認
1793~1815年 ナポレオン戦争
1801年 アイルランド併合
1805年 トラファルガーの海戦
1815年 穀物法制定
1815年 ワーテルローの戦い
ジョージ4世(1820-1830)1829年 カトリック教徒解散法成立
ウイリアム4世(1830-1837)1830年 マンチェスター、リヴァプール間に鉄道開通
1832年 第1回選挙法改正
ヴィクトリア(1837-1901)1839~42年 対清朝アヘン戦争
1845年 アイルランド飢饉
1846年 穀物法廃止
1851年 第1回ロンドン万国博覧会
1854年 日英和親条約
1854~56年 クリミア戦争
1857年 インドでセポイ戦争
1858年 インド併合
1858年 日英通商条約
1859年 ダーウィン、「種の起源」刊行
1871年 労働組合法成立
1875年 ディズレーリ、スエズ運河株買収
1877年 ヴィクトリア女王、インド皇帝の称号をとる
1894年 日英通商航海条約
1899-1902年 ボーア戦争

 サックス・コーバーク家
エドワード7世(1901-1910)1902年 日英同盟

 ウィンザー家
ジョージ5世(1910-1936)1911年 議院法成立、貴族院権限縮小
1914年 対独宣戦布告 第一次世界大戦
1918年 議会改革法、婦人参政権一部実現
1919年 アイルランド独立宣言
1922年 アイルランド自由国成立
1924年 労働党内閣成立
1924年 ロンドン郊外ウェンブリーで、「大英帝国博覧会」開催
1928年 普通選挙法制定、婦人参政権完全実現
1930年 ロンドン軍縮会議
エドワード8世(1936)1936年 王冠を賭けた恋 王位を捨てアメリカ人女性ウォリス・シンプソンと結婚
ジョージ6世(1936-1952)1939年 対独宣戦布告 第二次世界大戦
1941年 対日宣戦
1944年 連合軍ノルマンディー上陸
1946年 社会福祉制度が確立
1947年 旧植民地、つぎつぎに独立
1949年 アイルランド共和国独立
エリザベス2世(1952- )1956年 スエズ戦争
1960年 キプロス独立
1961年 EECへ加入を申請
1963年 EEC加盟、ドゴールにより拒否される
1961年 南アフリカ連邦が独立
1962年 ビートルズ登場、世界中で人気を得る
1970年 保守党ヒース内閣成立
1970年 ローレンス・オリヴィエ、一代貴族の爵位を授与される
1971年 通貨の十二進法を十進法に変更
1971年 英国のEC(欧州共同体)加盟を可決
1973年 ECに加盟
1979年 サッチャー内閣成立(反福祉主義)
1980年 北海油田開発成功
1981年 チャールズ皇太子とダイアナ、結婚
1982年 フォークランド戦争
1996年 チャールズ皇太子とダイアナ、離婚
1997年 ダイアナ元皇太子妃、交通事故で死亡
1999年 北アイルランドで自治政府が発足



 イギリスの国旗

イギリス国旗の変遷
 イギリスの国旗にも歴史がある。 現在使われている国旗はユニオン・フラッグ(英語:Union Flag)あるいはユニオン・ジャック(Union Jack)と称されている。

 14世紀頃にはイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドにはそれぞれ国王(諸侯)が居て国旗が定められていた。

 1603年、イングランドのエリザベス1世が死去したとき、 エリザベス1世は未婚だったので世継が居なく、 後継者にはスコットランド王ジェームス6世(イングランドではジェームス1世)がイングランドの国王に選ばれた。 このジェームス6世はエリザベス1世のいとこでスコットランドのメアリー女王の息子である。 この時イングランドの国旗(白地に赤い十字のセント・ジョージ・クロス)と、スコットランドの国旗(青地に白い斜め十字のセント・アンドリュー・クロス)が組み合わされて最初のユニオン・フラッグ作られた。
 この後1707年に連合法が施行されイングランド、ウェールズ、スコットランドが統一されて「グレート・ブリテン王国」となった。

 さらに1801年、ジョージ3世の時にアイルランド王国を併合して「グレート・ブリテンおよびアイルランド連合王国」が成立し、 当時アイルランドの国旗と称してたアイルランドの有力諸侯だったキルデア伯(フィッツジェラルド家)の旗(白地に赤い斜め十字、セント・パトリック・クロスと呼ばれる)が組み合わされ、現在のユニオン・フラッグができた。



 今回訪れるイギリスの世界遺産
 
  遺   産   名  分 類 登録年
  エディンバラの旧市街・新市街 Old and New Towns of Edinburgh 文化遺産 1995年
  ハドリアヌスの長城 Frontiers of the Roman Empire (Hadrian's Wall) 文化遺産 1987年
  バース市街 City of Bath 文化遺産 1987年
  ストーンヘンジ Stonehenge Acacuse 文化遺産 1986年
  ロンドン塔 Tower of London 文化遺産 1988年
  ウェストミンスター宮殿 ウェストミンスター寺院 Palace of Westminster Westminster Abbey 文化遺産 1987年



 8月5日 『英政府は4日、ロンドン南西サリーで家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の感染が確認されたことを受け、対策としてロンドン郊外の牧場の牛を処分した。』というニュースが飛び込んできた。 日本政府はこれを受けて、英国からの豚肉輸入を一時停止。 英国産牛肉は牛海綿状脳症(BSE)で、既に輸入が停止されている。 なんとも物騒な話である。
 10年ほど前に英国を訪れたときはBSEが発生して間もなかった時で、楽しみにしていたロースト・ビーフの代わりに匂いのひどいロースト・ポークを出され、胡椒をたっぷり掛けたが食べられず・・・・。 今回は何も起こらなければ良いが。



 8月8日 最終日程表が届く。 早速自由時間のあるロンドンのホテルの所在地を調べてみる。 ロンドンの宿泊はは「コプソーン ターラ ホテル」で、ケンジントン宮殿の南西に位置し、 地下鉄サークルラインの「ハイ ストリート ケンジントン」駅の前。 交通の便がとても良い所なので、ロンドン最終日はヒースロー空港発が15:45なので、 午前中に「ウォレス・コレクション」か「ケンジントン公園」あたりに出かけられそうである。


 [エディンバラ (Edinburgh)]

エディンバラ空港 スコットランドに来た!
 8月15日(水)  お盆休みでそろそろ帰省のユーターンが始まる頃。 本日の成田集合時間は11:20だが、首都高速、東関東自動車道の混雑具合が読めないので、早めに自宅を出て成田空港のそばにある「航空科学博物館」に寄る事にした。 8月の間は9:00から開館しているようなので、2時間ほど見学が出来る。

 本日の予定は13:20発 ブリティッシュ・エアウェイズBA008便でロンドンに向かい、ロンドン・ヒースロー空港で国内線に乗り換え、19:50発ブリティッシュ・エアウェイズBA1462便でエディンバラに向かう。 成田空港第一ターミナルの出発階は以外に閑散としている。

 ヒースロー空港にはほぼ定刻に到着したが、エディンバラ行きのBA1462便の搭乗ゲートがなかなか表示されない。 強風のために機材の到着が遅れているようだ。 空港内のバーで久しぶりに「ギネス」 1パイント(£3.2)を飲む。 英国での1パイントは568ミリリットルだが、米国では473ミリリットルだそうだ。 なんとなく得をした感じがする。 きめ細かな泡、あまり冷えすぎていないこくのあるビール(黒スタウト)を飲むのはやはりヒースロー空港に限る。
 ヒースロー空港を飛び立ったのは1時間40分遅れの21:30。 エディンバラ空港から今夜の宿「ヒルトン グロブナー ホテル」まではバスで30分程。 ホテルの部屋に入ったのは23:50。 お疲れ様でした。



 8月16日(木)  ホテルはエディンバラ市内の西、ヘイマーケット駅とセント・メアリー聖堂の近くにあり、ヒルトン系のホテルだが、3階建ての石造りの古い建物をホテルに改装したもの。 建物をつないで使っているらしく、廊下があちこちで曲がっている。

 本日はエディンバラ郊外のロスリン礼拝堂を見学し、エディンバラに戻って、昼食後エディンバラ城、カールトン・ヒル、ホーリールード宮殿などの市内観光を行い、夕食後にエディンバラ城前の広場で繰りひろげられる「ミリタリー・タトゥー」を観に行く。

ロスリン礼拝堂 概観図
礼拝堂内 弟子の柱
 9時にホテルを出てバスでエディンバラの南およそ11Kmにあるロスリン礼拝堂(Rosslyn Chapel)に行く。
 ここの礼拝堂の下の部屋に聖杯が埋められていると言われていて、「ダヴィンチ・コード」の舞台になり、世界的に有名になった場所。 1446年にオークニー島の貴族でテンプル騎士団に属していたウィリアム・セント・クレアによって建てられたもので、 堂内にはいっぱいの彫刻で埋め尽くされている。
 テンプル騎士団、薔薇十字軍、秘密結社フリーメイソン、それに聖杯伝説に関した彫刻が多く、 ロバート・ザ・ブルース(スコットランドの英雄)の心臓を持つ天使の彫刻がチャペル南側のステンドグラスの左下にあり、 中央祭壇の右側には「アプレンタス・ピラー(弟子の柱)」という彫刻の施された柱がある。 この柱は師匠が出張に出かけたとき、弟子によって作られ、帰って来た師匠はあまりのできばえのよさに嫉妬し、その弟子を殺したという伝説があるそうだ。

 現在チャペル全体の修復工事が行われており、全体像は掲示されていた概観図でしか分からない。
 「ダヴィンチ・コード」を撮影するときも修復が行われていたはずだが、撮影のために足場を取り払ったのか。 映画では丘の上に建つ遠景の礼拝堂が印象的であった。

 この後徒歩で、礼拝堂の南にあるロスリン城に行く。 ここはセント・クレア家の持ち物で、オリバー・クロムウェルが攻めてきて破壊したので形はほとんど残っていない。 映画「ダヴィンチ・コード」ではトム・ハンクスが橋の辺りに腰を掛けていた。

スコットランドの伝統料理 ハギス
 バスでエディンバラの東にある岩山アーサーズ・シート(Arthur's Seat)の周りを一周して、市内のレストランで昼食。 本日はスコットランドの伝統料理の「ハギス」。

 ハギスとは羊の内臓(肝臓や心臓、腎臓)、オート麦、たまねぎを刻み、牛脂ととも茹でたもの。 この店では小麦粉の皮に包んで茹でて出てきたが、今朝のホテルでは中身をそのまま皿に盛ってあった。

 実は小生、臓物(特に豚の肝)を食しただけで気分が悪くなり、お腹をこわしてしまうので、ハギスを口にするのを少し恐れていた。 恐る恐る口に運んだが、結構いける。 あの肝独特の血の匂いもない。 結構胡椒などの香辛料が入っていて、こってりしている。 ここでは地ビールと共に食べたが、スコッチ・ウィスキーの方が合いそうだ。

 初めての「ハギス」を食べられたことに満足し(とは言っても特に好きになった訳でもないが)、 午後はエディンバラ城へ。
エディンバラ城 左はミリタリー・タトゥーの観覧席
 城門をくぐった辺りで、「ドーン」と大砲の音。 これは「1 O’Clock Gun」といって、18世紀から毎日午後1時に空砲を鳴らしているそうだ。

 キャッスル・ロックという130mの岩山に建てられたエディンバラ城のほぼ天辺にセント・マーガレット礼拝堂が建っている。 この建物は一時期火薬庫として使われたこともあるそうだが、現在は元の礼拝堂に戻されている。

 中庭のようなクラウン・スクェアという広場に建つ建物の中にはスコットランド王の戴冠用の三種の宝物(王冠、王剣、王笏)と「運命の石」が展示されている。 この「運命の石」はスコッツ族の先祖がアイルランドから持ってきた縁起の良い夢見石といわれており、 歴代のスコットランド王は、この石に腰掛けて戴冠するのが慣例だったそうだ。

 1297年にエドワード1世がスクーンにあったこの石(別名:スクーンの石)を戦利品として持ち去り、 この石をはめ込んだイングランド王の戴冠式用の椅子を作らせてウエストミンスター寺院に置き、 その後イングランド王又は女王の戴冠式に使われてきたという。

 1996年に当時のメージャー首相の決断で、700年ぶりにスコットランドのエディンバラ城に返還されたが、 今後イングランドの王が戴冠する時は「運命の石」を、ロンドンへ運ぶという条件が付いているそうだ。

 エディンバラの城門を出た前の通りをロイヤル・マイルといい、旧市街の中心となっている。 ここでの40分ほどの自由時間を利用してセント・ジャイルズ大聖堂に入る。 1495年に造られたという王冠型の尖塔を持つエディンバラ最大の聖堂。 入り口付近にスコットランドの宗教改革を行ったジョン・ノックスの等身大の彫像がある。 巨大なステンドグラス、六角形の柱の列がとても印象的であった。

カールトン・ヒルからの眺め エディンバラ城、旧市街、新市街を一望できる
 この後エディンバラ市街の北東にある100mほどの小高い丘カールトン・ヒルに行く。 この丘の上にはスコットランドの詩人バーンズを偲んで造られた円形の寺院 バーンズ・モニュメント(Burns Monument)、 トラファルガーの戦いの英雄ネルソン提督を称えたネルソン記念碑(Nelson Monument)、 ナポレオン戦争で戦死したスコットランド人に敬意を表して立てられたナショナル・モニュメント(National Monument)などが建っている。 このナショナル・モニュメントはアテネのパルテノン神殿を模して造られる計画だったが、1822年に建設が開始されてから支柱が12本建った時点で予算が尽きてしまって現在の形になっているという。

 丘の上を散策すると南西にエディンバラ城、 西に新市街、 南にホリールード公園、 東にアーサーズ・シート、 さらに北にはフォース湾などエディンバラのすばらしい全景を一望できる。

 丘を降りて、ホリールード宮殿へ。 ここは中世のホリールード・アビーのゲストハウスを改装して宮殿としたもので、現在でも英国王家の住居として使われている。 このツアーには内部見学が予定されていないので中を見ることが出来なかった。 せめてもう少し時間があれば、個人的に入場して中を観光したかった。

ミリタリー・タトゥー
 ホテルに一旦戻って夕食を済ませてから、20時にバスでエディンバラ城の前の広場で開かれるミリタリー・タトゥーへ。 城の下のほうでバスを降りて、坂道を登り、タトゥーの会場へ。 とにかくすごい人ごみ。 指定された観覧席に辿りつくまでにおよそ40分。
 ミリタリー・タトゥーを直訳すると軍隊(Military)、刺青(Tattoo)となってしまうが、刺青には関係ないようだ。 ガイドさんの説明では、昔飲み屋で閉店時間になったとき、「ビールの蛇口を閉めるぞ」という合図に、カウンターを叩いて知らせ、 この音をオランダ語でタプトゥーと言ったそうで、 このタプトゥーが英語のタトゥーになったとか。

 21時にファンファーレが鳴り響き、ミリタリー・タトゥー(Military Tattoo)が始まる。

 まず、 バグ・パイプとドラムの軍楽隊の行進、 台北の女子高生の楽隊の行進、 ハイランドのダンサーのマスゲーム、 悪餓鬼の乗ったバイクのショー、 モスクワの軍事芸術学校バンドの行進、 トリニダード・トバゴの軍楽隊のスチール・ドラム演奏、 軍楽隊のマスゲーム、 最後に全員起立をして英国国歌「God Save the Queen」を斉唱し、 その後皆でスコットランド民謡、ロナート・バーンズの作詞「Auld Lang Syne(蛍の光)」を各国それぞれの歌詞で唄い、23:15にお開き。

 このようなショーを8月の初めから3週間の間毎日この会場でおこなっているそうだ。 本日は少し冷え込んだが、晴天に恵まれていた。 雨が降ってもミリタリー・タトゥーは催行され、 傘をさすのは禁じられているとのこと。

 観覧席は8000人分ほどあるそうで、退場も大変。 バスにたどり着くのにおよそ30分。 本日も就寝は24時を過ぎました。


 [インバネス (Inverness)]

 8月17日(金)    今日でエディンバラを離れることになる。 ホリールード宮殿の内部やフェルメールの「Christ in the House of Martha and Mary」やティツィアーノの作品が多数あるスコットランド国立美術館などに行き、珠玉の作品を鑑賞したかったが時間がなく叶わず。 再び訪れることを期待して・・・。

 9時にホテルを出て西に向かい、 フォース湾に架かる橋を渡って北のセント・アンドリューズに向かう。 フォース湾は氷河により削られて出来た湾で、エディンバラから西におよそ30Kmほど入り込んでいる。
 このフォース湾には1890年に造られた当時世界最長(1822m)の鉄橋と1964年に造られた自動車用の橋が架かっている。 鉄橋には現在でも一日に200本ほど列車が行き交うそうで、 英国の高度な橋梁技術を伺わせ、映画「戦場に架ける橋」を思い出させてくれた。

セント・アンドリューズ オールドコース クラブハウス
 セント・アンドリューズの街の名前になったのは、スコットランドの守護聖人・聖アンドレ(十二使徒の一人、聖ペテロの弟で、ペテロと一緒にガリラヤ湖で漁師をしていた)の遺骸を祀った教会が造られたことによる。 この聖アンドレ(英語名でアンドリュー:Andrew)はギリシアのアカイア地方で処刑され殉教した。 この処刑の際に十字架に架けられたが、イエス・キリストと同じ十字架では畏れ多いと、X字型の十字架(セント・アンドリュー・クロスと呼ばれている)に架けれれた。 スコットランドのあちこちに掲げられているスコットランド国旗はこのセント・アンドリュー・クロスをかたどっている。

 バスはセント・アンドリューズのゴルフクラブ、オールドコースのそばの駐車場に到着。 併設されているゴルフ博物館を見学後、オールドコースのクラブハウスやリンクスのクラブハウス辺りまで散策をする。
 このオールドコースは世界最古のゴルフコースとして有名だが、パブリックコースなので一般の人もプレイ出来るようだ。 ただしオフィシャル・ハンディキャップ24以下の証明書を提出しなければならないとのこと。 気になるお値段の方は、夏場は£120(¥30,000)くらい。 冬場は半額になるようだ。

 全英オープンが5年ごと、過去27回開催され、「世界で最も難しいコース」として有名。 最近では2005年にタイガー・ウッズが優勝した。 8月2日~8月5日までここで第31回全英女子オープンゴルフが開催されていた。 本日は現地ガイドさんが付かなかったが、 もしガイドさんが居たら「英国でもゴルフのプレーでお臍を出すことは許されるのか」と質問してみたかった。 小生は臍を出すゴルファーに批判的である。
 既に10数年前ゴルフ道具を全て放棄した小生にとってはゴルフの順位よりも、落ち着いた佇まいのクラブ・ハウスの方に興味があった。

フィッシュ アンド チップス
 この後、街の西にあるセント・アンドリューズ大聖堂跡へ。 現在は廃墟となっていて、墓地の中に面影を残すわずかな塔や修道院の壁が残っているが、ここはかって威勢を誇った大聖堂。 1160年に着工され、1318年に完成。 当時のスコットランドでは最大の大聖堂で、東西方向の長さは108mあったそうだ。 建設期間が長期にわたったため、ロマネスク様式やゴシック様式等複数の建築様式が一つの建物の中に取り入れられたという。 その後、巡礼の地として鎮座していたそうだ。 1559年の宗教改革の際に略奪され、破壊されたままになっている。

   昼食はセント・アンドリューズ市内のレストランで英国のパブを代表する庶民的な料理「フィッシュ アンド チップス」。 さぞかし美味しかろうと期待していたが・・・・。 タラの切り身に小麦粉を卵と水で溶いた衣をつけて油で揚げたもの(いわゆるタラのフライ)と、 ジャガイモ(メークインのような味)を細い棒状に切って油で揚げたフライドポテトとグリーンピース。 タラにもポテトにも味がないので食塩をかけて食べるだけ。 パブに出かけてもこれだけは注文しないぞ。

ブレア城
 昼食後に北のダンディーの町から西に行き、パースの町へ。 このパースのそばに運命の石(スクーンの石)があったスクーンの町がある。 ここから北西に60Km行き、ブレア城に到着。

 2万8千ヘクタールという広大な領地に荘厳な白い城。 現在11代目アースル公爵の所有する城。 当の公爵は南アフリカ共和国に住んでいて、毎年5月に私兵アースル・ハイランダーズ(Atholl Highlanders)を閲兵するためにここに訪れるという。 ヨーロッパで唯一個人が軍隊を持つことが許されているというこの私兵は普段は城の従業員の仕事をしているらしい。 アースル公爵が不在に間、城は一般に公開されている。

 玄関を入ってまず驚くのは壁全面の武器の陳列。 銃にピストル、剣や斧、槍や盾などが見事な配置で飾られている。 全く同じ形の銃48丁が銃口を中心に向けて壁に配列されていたり、 無数の剣をクロスにして架けてある様子を見ただけで、来客を圧倒できるように思える。 現在公開されている部屋は30室ほどあり、 16世紀から20世紀にかけての貴族の暮らしぶりを覗える調度品がそろっている。

 この城には1921年5月に昭和天皇がまだ皇太子の頃に来て、宿泊されたそうだ。 宿泊された部屋はそのまま残っており、この部屋の出入り口のドアーノブにだけ菊の模様が入っていた。

 この辺りから北はハイランドと呼ばれる高地。 気候も厳しく寒冷地であるため草が十分分解されずに堆積して泥炭(ピート)となる。 このピートを使うスコッチ・ウィスキー造りに適した土地。 バスで北に走っていて車窓から気付くのは川の水が黒いこと。 水自体は黒くないそうで、川底がピートのために黒くなっているそうだ。

 ブレア城を出ておよそ2時間、 インバネスのネス川のほとりにあるインバネス・パレス・ホテルに到着。 この辺りは北緯57度。 20時を過ぎてもまだ外は明るい。



 8月18日(土)  朝から冷たい小雨。 6時になり明るくなったので、ホテルの前のネス川の対岸、丘の上にインバネス城があり、散歩に出かける。 1847年に建てられた赤いレンガの建物。 現在は州の裁判所として使われているそうだ。

 建物の前にはフローラ・マクドナルドの彫像が建っていた。 このフローラ・マクドナルドとは、本日予定のカローデン古戦場に関連した人。 1746年のカローデンの戦いに敗れ、王位を失ったスチュワート家の王子ボニー・プリンス・チャーリーがハイランドに逃れてきた時、彼の逃走を助けた女性が、フローラ・マクドナルド。

 本日はインバネスの東、ハイランドにあるスコッチウィスキーの蒸留所、「マクベス」の舞台となったコーダー城、それにイングランド軍とジャコバイト軍が戦ったカローデンの古戦場を観に行く。

ハイランド グレンフィディック蒸留所
 8時にホテルを出て、東へ60Km、エルギンの町からスペイ川まで南東に25Kmほど下るとタフタウンに出る。 この辺りはモルト・ウィスキー街道と呼ばれているそうで、有名なスコッチウィスキーの蒸留所が多数点在している。

 見学先はグレンフィディック蒸留所。 ゲール語でグレンは「谷」、フィディックは「鹿」のことだそうで、日本語で表現すれば「鹿の谷ウィスキー」となるか。 鹿をロゴマークににたラベルを使っている。

 創業は1887年、ウィリアム・グラントが家族総出で石造りの建物を建て、中古の設備でウィスキー造りを始めたとか。 1963年に世界で始めてシングル・モルト・ウィスキーを発売。 当時は個性が強いシングル・モルトではなく、ブレンドされたウィスキーが主流だったため、販売も苦労したそうだ。 ウィスキーの製法は1世紀余り経ったが、創業者ウィリアム・グラントの時と同じ方法だという。

 ウィスキーの造り方は
1.大麦を水に漬けて発芽させる。 発芽した大麦を「麦芽(モルト)」といい、 大麦の内部では、デンプンを糖にする酵素が作られる。
2.麦芽の酵素が増えた時点で、麦芽を乾燥させる。 この時麦芽をピート(泥炭)の薫煙で乾かすと、麦芽にピートの香りがつく。
3.乾燥した麦芽を砕いて温水を加え、 酵素の働きで麦のデンプンを糖に変え、甘い液体「麦汁」を造る。
4.麦汁に酵母を加え、アルコール発酵をさせ、アルコール度数約7%の「もろみ」を造る。
5.もろみをポットスチル(pot still 単式蒸留器)で2回蒸留し、アルコール度数を7%→25%→70%と濃縮する。
6.蒸留してできた無色のアルコールを、シェリーやバーボンなどに使われていたホワイトオーク材の樽に詰めて、数年から数十年熟成させる。 樽で熟成させると、樽の色や香りが酒にうつって琥珀色になり、香味も増し、マイルドなウィスキーになる。
7.樽から出した酒に加水して品質を整え、瓶などに詰める。

ハイランド グレンフィディック蒸留所 ポットスチル
 モルト・ウィスキーには大麦からだけ造ったシングル・モルト・ウィスキーとトウモロコシや麦などの雑穀から造ったグレン・ウィスキーがある。 さらにモルト・ウィスキーとグレン・ウィスキーを数種類混ぜたブレンデッドウイスキーもある。

 実は小生、この旅行が決まった直後、ニッカウィスキーの余市工場を見学させてもらった。 ニッカウィスキーの創業者・竹鶴政孝は1918年、ウィスキー造りを目指して、グラスゴー大学に留学し、ハイランドの蒸留所で製法を学んだそうだ。
 帰国後、(株)寿屋・・・現サントリー株式会社・・・に入社し、山崎工場の建設に携わった。 ウィスキー造りの気候、風土、ピートを求めて余市にたどり着き、 1934年大日本果汁(株)・・・ニッカの前身・・・を創設。 スコットランド留学中に知り合ったジェシー・ロベルタ・カウン(通称:リタ)さんと共にウィスキー造りに励んだ。

 このニッカウィスキーの製法はスコッチウィスキーの作り方そのもので、グレンフィディック蒸留所を見学していて、余市の工場の様子が浮かんできた。

 ニッカウィスキーではシングル・モルト・ウィスキー(一つの工場の中だけで造られたモルト・ウィスキーだけで調整したもの)、ピュア・モルト・ウィスキー(他の工場のモルトウィスキーも混ぜて調整したもの)の他に、シングル・カスク・ウィスキー(一つの樽から瓶に詰めたウィスキー:アルコール65%程度)がある。 カスクとはウィスキーを熟成させる樽のこと。 このシングル・カスク・ウィスキーは工場内での限定販売で、なかなか手に入らない。 グレンフィディックでもシングル・カスク・ウィスキーを扱っているか尋ねたが、扱っていないそうだ。

 工場見学の後、ショップの横で2種類のウィスキーを試飲した。 ちなみにお値段は12年もので£25くらい。 ヒースロー空港の免税店でも同じ値段で売っていた。 ただしヒースロー空港の免税店では2本購入したら、セール中とのことで£10値引きをしてくれた。

 グレンフィディック蒸留所を出て、インバネス方面に戻り、 インバネスの東20Kmほどにあるコーダー城へ。 コーダー城内のレストランで昼食をとった後城内を見学。

シェイクスピアの戯曲「マクベス」の舞台 コーダー城
 このコーダー城は1606年ごろに執筆されたシェイクスピアの戯曲「マクベス」の舞台になった場所。 この戯曲はスコットランドの実在の王マクベス(在位:1040年 - 1057年)をモデルにしている。

 ところがコーダー城は14世紀後半に個人の砦としてコーダーの領主により建設された。 したがってマクベスが生きていた頃にはまだコーダー城はなかったことになる。 シェイクスピアはマクベスとこの城を結びつけることで歴史的ロマンを盛り込んだように思われる。

 この地から少し離れたところに小さな城を構えていた当時の領主がある夜 「金貨を詰めた箱をロバの背に乗せ、ロバが夜、疲れて休むところに城を建てよ。 さらばお家は永久に栄える」との夢のお告げを受け、 実際に実行したそうだ。 ロバが休んだ木を囲んで城を建造したものということで、 現在もサンザシの木の部屋(The Thorn Tree Room)には、 ロバが休んだところにあった木が残されている。

 はね橋を通って城内に入り、順路に従って内部を見学。 ガイドブックによれば、現在の領主は第7代コーダー伯爵。 このお城は夏の間だけ一般公開し、冬には、現在ではイングランドとウェールズに住んでいる伯爵一家の人々の住居として使われているという。 なるほど、300年以上使われてきたという台所のほかにIH(Induction Heating)クッキングヒーターを備えたモダンな台所もあった。

 この城のもう一つの名物は城の周りに広がる優美な庭園。 生垣で作られた迷路(Maze)、 ハーベイシャス・ボーダー、シャクヤクのボーダー、ハーブ・ガーデン、ローズ・ガーデン、ワイルド・フラワー・ガーデンが広がっている。

カローデン古戦場 両軍が対峙した記念の塚 寂しげなヒースの花
 コーダー城からインヴァネス方面に向かう途中に、ひっそりと広がるカローデン古戦場跡がある。  ここはスコットランドやハイランダーたちの悲劇とともに語られる場所。

 時は1688年。 ジェームズ2 世(スコットランド王としてはスチュワート家 ジェームズ7世)が廃位され、ウィリアム3世とメアリーが王位についた。 しかし、スチュワート家は王位の奪還を目指す。 これをスコットランドの一部の勢力(ジャコバイト)が支持する。 その結果、ジェームズ2世の廃位の翌年から、スコットランドではウィリアム3世の政府に対する反乱が起こった。 1689年のボニー・ダンディーの反乱。

 1714年にはジェームズ・スチュワートがスコットランド王ジェームズ8世を称す。 しかし、翌年にはイングランド政府軍に敗れ、反乱は鎮められる。
 1745年 ボニー・プリンス・チャーリー(ジェームズ8世の王子、チャールズ・エドワード・スチュワート)が挙兵。 政府軍を撃ち破り、一時はダービーまで進撃。 しかし、政府軍の反攻を受け、ジャコバイト軍はスコットランドに戻る。
 1746年4月16日 このカローデンの荒野で、政府軍とジャコバイト軍が衝突し、ジャコバイト軍は壊滅。 これを最後にジャコバイト勢力の抵抗は終息した。  この戦いでは装備に大きな差があったようで、激戦ながら僅か40分程度で終わったとか。

 この後、スコットランドにイングランドの強力な支配が及ぶようになった。  徹底した関係者の処刑が行われ、 タータン着用の禁止、ゲール語の禁止など。

 敗戦の将ボニー・プリンス・チャーリーは、ハイランドに逃れてきた。 イングランド軍の追及の手が迫る中、スチュワート家の支持者達は、ボニー・プリンスの逃走を助けるために、フローラ・マクドナルドに協力を要請した。 ボニー・プリンス・チャーリーはマクドナルド族のフローラ姫の助けを借りてヘブリディーズ諸島からスカイ島へと5ヶ月に及ぶ逃避行の後、フランスに渡ったとのこと。 今朝のインバネス城にあった彫像の女性はここに繋がっていた。

 戦いの舞台となったカローデンは、 ヒース(heather)で覆われている荒野。 見渡す限りの原野の中にジャコバイト軍と政府軍が陣をとった場所に旗が立てられている。 その距離およそ400m。 冷たい雨の中両軍が対峙した記念の塚の所まで行ってきた。 時折吹く横風がヒースの花を揺らし、 寂寥感を一層つのらせる。

スコットランド国花アザミ
 今夜の宿は同じインバネスだが、市内から東に5Kmほど離れたシスル・ホテル。 昨夜のホテルを連泊で取れなかったそうだ。 ところでシスルとはアザミのことで、スコットランド国花となっている。

 13世紀の頃、 スコットランドは北欧のバイキングから大々的な攻撃を受けた。 スコットランド軍に夜襲をかけようと、闇にまぎれて上陸した敵軍の兵士たち。 足音を発てないように裸足になっていたため、野にあった棘だらけのアザミを踏みつけた一人があまりの痛さに大声をあげてしまった。 この声のおかげでスコットランド軍は敵に気づき、 それをきっかけに大勝利を得たという。

 この伝説にちなんで、アザミは「国を救った花(守護のアザミ)」として、スコットランドの国花になったそうだ。 国の象徴的な花として、いろいろな所にデザインされ、 国民に愛されているとか。


 [グラスゴー (Glasgow)]

 8月19日(日)  本日はインバネスを離れて南に下り、エディンバラの西70Km程のところにあるグラスゴーに向かう。 途中、ネス湖の西岸にあるアーカート城、 フォートオーガスタではカレドニアン運河、ハイランドの絶景グレンコー、さらにトロサックス国立公園の中にあるローモンド湖に立ち寄る。

ネス湖のネッシー (小さな池に浮かぶ模型)
 ネス湖はインバネス(ネス川の河口という意味)の南西およそ10Kmから南西に長さ35Km,幅約2Kmの細長い川のような湖。 この先に後で訪れるカレドニアン運河を通じて、フォートウイリアムで大西洋のリニー湾に繋がっている。

 ネス湖といえばネッシー伝説で有名である。 ネス湖に怪物が住んでいるという記録は6世紀から残っている。 アイオナに修道院を作り、スコットランドからイングランド北部にかけてキリスト教の伝道に努めた聖コロンバが、 565年にネス湖を小さな船で渡ろうとしたときに、 大きな怪物が現れて小船を襲おうとした。 聖コロンバは十字を切ってこの怪物を追い返した、 ということが1世紀後に書かれた伝記に記載されているそうだ。 これがネッシーの最初の記録といわれている。

 以来、ネス湖には「なにか巨大な生物が棲息しているのではないか」ということで怪獣の目撃談でネス湖は有名になった。 さらにカメラ技術が発展した1930年以降は、 しばしばネッシーらしきものが撮影されている。 その中の多くはトリックだったことが後で判明しており、 決定的な証拠はない。 湖の中の科学的な探査も何度か行われたようだが、 巨大な生物の棲息を裏付けるには到っていないようだ。

 ロマンか遊びか。 ネス湖のそばの小さな池にネッシーと思われる形の小さな模型が置いてある。 この模型、池の中でゆっくり左右に動き、被写体としては面白い。

アーカート城
  この後、ネス湖に突き出す岬に建つているアーカート城に行く。 城に行く前にビジターセンターで城の歴史のビデオを見る。
 13世紀初め、スコットランド国王アレクサンダー2世がアーカート領をトーマス・ル・ダーワードに与え、 このアーカート城はその息子アランが建てたといわれている。 だがダーワード一族はアバディーンシャーに本拠があり、 アーカート城には領主が居住せず、地元の豪族などが管理をまかされていた。
 アーカート城は、スコットランドとイングランドとの間で戦われた独立戦争(1296年~1357年)で一時イングランド側に占領されたこともあった。

 一時期、スコットランドの諸島領主マクドナルド一族がこの地を奪い支配していたが、マクドナルド一族とイングランドのエドワード4世との間の密約が発覚したことで領地を取り上げられた。
 1509年にはスコットランド王ジェームス4世が動乱を沈静化するために、 スペイサイドのジョン・グランド伯に下渡した。 その後、度重なる略奪やジャコバイトとの反乱で城は次第に崩壊し、1692年についにジャコバイトに城を奪われることを恐れたグラント家により城は爆破され、 廃墟となって現在に到っている。

フォートオーガスタ カレドニアン運河
 アーカート城からバスでおよそ30分、ネス湖の南西の端フォートオーガスタに到着。 ここにはカレドニアン運河がある。 この運河は北海に面したインバネスから西海岸、大西洋の入江の奥にあるフォートウイリアムまで、ネス湖、オイッヒ湖、ロッヒー湖を繋いだ全長97Kmの運河。 もっとも人工的に掘削した距離は35Km程度だそうで、1822年トーマス・テルフォード(初代英国土木学会長)によって造られたという。 当時のお金で84万ポンドという巨費と17年におよぶ歳月をかけて建設されたそうだ。

 各々の湖の間には高低差があるので、水門を使って舟を上下させている。 このフォートオーガスタだけでも12mの高低差があり、5つの水門が設けられている。 この運河が出来たおかげで、ハイランドの南西側と北東側が直結され、 それまでのブリテン島の北側を迂回する航路に比べ、 大幅な時間の短縮と航海の安全性の向上が実現された。 インバネスまでの鉄道が開通するまでは、この運河がグラスゴーとインバネスを結ぶ最短のルートの一部として使われていたという。

 バスの到着に合わせてくれたかのようにネス湖側の水門が閉まり、 この後オイッヒ湖側の水門が開けられ、中に閉じ込められている小船6隻が増水と共に見る見るうちに上昇してくる。 「本日は幸運に恵まれ、水門の開閉、船舶の航行を見学することが出来た」とは添乗員さんの弁。 普段は滅多に見られないそうである。

 フォートオーガスタのインペリアル・ホテルで昼食をとった後、更に南下し、グレンコーへ。 ここはハイランドの中でも最も景観の良い場所だそうで、スリーシスターズと呼ばれる三つの山(何れが長女か次女か・・・分からなかった)、川や滝があり、景色の真ん中に一本の道路が曲がりくねって走っている。

フォートウィリアムス グレンコー
 この地は景色だけでなく、1692年にマクドナルド一族がキャンベル一族に殺害された場所として有名。 歴史にはグレンコーの大虐殺として出てくる。

 [グレンコーの大虐殺]  1689年のボニー・ダンディーの反乱でハイランドの勢力に苦戦したイングランド政府軍は、ハイランドのクラン(氏族)を放置しておくことが出来ないと考えた。 そこでスコットランド問題を担当していたジョン・ダルリンプルは全てのハイランドのクランの長に対して、ウィリアム3世への忠誠を誓うように要求した。  この指示に従いグレンコーに住むマクドナルド一族(分家)の長マクイアンは、フォートウィリアムに出頭したが、 彼が忠誠を誓うべき場所はフォートウィリアムではなインヴェララリーであり、そちらへ向かうようにと政府の役人から指示をされた。 冬の最中、マクイアンが宣誓の場所に辿り着いた時には既に宣誓の期限を過ぎてしまっていた。  (フォート・ウィリアムへ行くようにという指示は、マクイアンを陥れようというジョン・ダルリンプルの罠だったとする説がある) マクイアンの宣誓を受けるべき地方判事自身も、マクイアンよりさらに遅れて現地に到着したほどである。 マクイアンのウィリアム3世に対する忠誠の誓いは、期限を数日過ぎた日付のものとなってしまった。  ジョン・ダルリンプルは、この期限に遅れたマクイアンの忠誠の誓いは無効だとし、 ロバート・キャンベルにマクドナルド一族の討伐の「任務」を与えた。  1692年2月2日、 ロバート・キャンベルの部隊がグレンコーに到着。 マクイアンを長とするマクドナルド一族は、同じハイランド出身の兵士で構成されたキャンベルの部隊を歓迎し、 兵士達は2週間近くにわたりマクドナルド一族が提供した飲み物、食べ物それにダンスを楽しんだ。 同年2月13日未明、兵士達はマクドナルド一族の人々に襲いかかった。 一部の人は雪の中を逃走したが、 38名が犠牲になったといわれている。

 300年余りを過ぎたグレンコーの丘にはヒースの花が咲き乱れ、虐殺のあったと思われる丘の辺りを十数人の人達がトレッキングを楽しんでいた。

 この後グラスゴーの手前でトロサックス国立公園の中にあるローモンド湖に立ち寄る。 ローモンド湖はイギリス最大の湖で、南北に37Km、東西は最大で6Kmあるそうで、 ラスという町がにぎわっていた。 釣りやクルージング、湖面に浮かぶ小島巡り、湖の周囲のハイキングなどレクリェーションの地域になっているようだ。

 桟橋からは観光船が出ているようだが、興味なし。 ラスの民家のイギリス式庭園を見たり、静かな佇まいの教会に入ったりして時間を過ごす。

 今夜の宿はグラスゴーの市内、マッキントッシュのデビュー作・グラスゴー美術学校のそばにあるシスル(あざみ)・ホテル。



 8月20日(月)  本日の予定は午前中にグラスゴーの市内観光を行い、 午後からスコットランドに別れを告げイングランドに入り、 ローマ遺跡ヘイドリアンズ・ウォールに立ち寄ってから湖水地方に入る。

グラスゴー グラスゴー大学正門
 8時45分にホテルを出てバスでグラスゴー大学に向かう。 このグラスゴー大学は英国ではオックスフォード大学(創立1249年)、ケンブリッジ大学(創立1249年)、セント・アンドリューズ大学(創立1411年)についで4番目に古く1451年の創立。 「国富論」を著した経済学者アダム・スミス、 トムソン効果や絶対温度で有名な物理学者ウィリアム・トムソン(通称:ケルヴィン卿)、 神学者のジョン・ノックス、 カー効果を発見した物理学者ジョン・カーなどがここの出身である。
 またグラスゴー大学構内で実験器具製造・修理店を開業し、物理学教授のジョゼフ・ブラックから熱力学の教えを受けて、蒸気機関の改良を行ったジェームズ・ワット(卒業生ではない)もこの大学に関係している。
 日本人では前述の竹鶴政孝が1918年から3年間、 この大学の応用科学科に在学している。 このほかに実業家で三菱財閥の岩崎隆弥、 社会思想史研究者の水田洋、 ケルヴィン卿の元で物理学,数学を学んだ物理学者で、電気学会創設に貢献した志田林三郎、実業家で造船技術者の範多龍太郎などがここで学んでいる。
 1951年に500創立周年を記念して造られたという門には、マックスウェル、アダム・スミス、ワット、ケルヴィンなどこの大学の卒業生や関連した有名人の名前が入っていた。

 現在の主な建物は1870年代に建てられたネオ・ゴシック様式の建物で、ケルヴィン卿がこの大学の総長だったときに住んでいた所も残っている。 
 現在九つの学部を有し、学生数は2万人。 この内2,600人ほどは外国からの留学生だそうだ。

グラスゴー ハンタリアン美術館
 大学を出て、道路の反対側にハンタリアン美術館がある。 この美術館には常設展示、企画展示の他にマッキントッシュがグラスゴーに住んでた家を再現したマッキントッシュハウスがある。
 マッキントッシュとはチャールズ・レニー・マッキントッシュ(1868-1928)のことで、グラスゴーで生まれ、16才で建築家ジョン・ハッチソンに弟子入り、その後グラスゴー美術学校の夜間でアートとデザインを学び、その後アール・ヌーボーの影響を受け、独創的なスタイルを生み出した建築家、水彩画家でデザイナー。   ホテルのそばにあったグラスゴー芸術学校は27才の時に設計した建築。 マッキントッシュハウスは玄関から居間、食堂、寝室などに彼のデザインをふんだんに取り入れた装飾、家具などが展示されている。 ダイニングルームでは部屋の中に別な空間を作るためにデザインされた背もたれのながーい椅子、 前衛的なインテリアの部屋、真っ白なベッドルームに続きシマシマ模様の部屋(ここに住むと落ち着かないと思うのだが)。 また彼は日本の文化に興味をもっていたらしく、日本の古民家風の柱や障子などからインスピレーションを受けたと思われる装飾や着物の形(奴さんの衣装)をした机などもあった。

 常設展にはアメリカ生まれの画家でパリとロンドンで活躍したジェームズ・マクニール・ホイッスラーの絵がたくさん展示してあった。

グラスゴー グラスゴー大聖堂
 グラスゴーの東の丘陵地帯、歴史地区にあるグラスゴー大聖堂に行く。 この建物は12世紀から16世紀の間、400年の歳月をかけて造られたゴシック建築の建物。

 ジョン・ノックスのおこしたスコットランドの宗教改革もさすがにこの地には及ばなかったようで、 宗教改革を生き延びたスコットランドで唯一の大聖堂だそうだ。 西の塔は一部は壊されたそうだが、 祭壇・装飾品などは破壊されずに当時の原型を今にとどめている。

 この大聖堂には下部礼拝堂があり、グラスゴーの守護聖人マンゴーの墓がある。  この礼拝堂は、中世においてはローマ巡礼に次ぐ功徳があるとされ、 1301年にはエドワード1世が3回も訪れている。

 聖マンゴーの墓の周りには柱が林立しており何となく重々しい雰囲気を醸し出している。 しかし大聖堂のステンドグラスはほとんど現代のものだそうで、 堂内に入って左手、西側の窓を埋め尽くすステンドグラスはフランシス・スピアーの1958年製作「天地創造」だとか。

グラスゴー ジョージ広場 ウォルター・スコット卿の像と市庁舎
 大聖堂を後にして、 グラスゴー市の中心地、ジョージ広場に行く。 この広場の周りはヴィクトリア朝の建物である市庁舎、スコットランド銀行、郵便局などが取り囲んでいる。

 広場には蒸気機関のジェームス・ワット、スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズなどスコットランドの偉人やヴィクトリア女王の像が建っている。 高さ24mのドリス式円柱の上にはスコットランドの詩人ウォルター・スコット卿の像が建っている。

 広場に面した市庁舎は1888年に完成、ヴィクトリア女王も完成式典に出席したそうだ。 市庁舎の正面には彫刻があり、 イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランドの中心にヴィクトリア女王が配されている。 大英帝国のシンボルを現わしているとか。

 市庁舎の中は玄関を入ってすぐのロビーまでは見学できる。 壁、天井、階段の手摺などはヴィクトリア調の豪華な落ち着いた色合いの装飾であった。

 スコットランド銀行で思い出した。 旅行に必要なお金の両替は成田空港で行ったのだが、 スコットランドを周っている間にイングランド銀行券とスコットランド銀行券のポンド札が混ざっていることに気が付いた。 「同じ英国でも違った種類のお札が流通しているのだ」などと感心していたら、添乗員氏曰く「スコットランド銀行券はなるべくスコットランドに居る間に使い切ってください」とのこと。 イングランドに入ったらスコットランド銀行券は「何これ!」と受け取りを拒否されることもあるとのこと。 まだまだ一つの国になっていない一面を見てしまったような。

グレトナ・グリーンの鍛冶屋の街
 グラスゴーの中で昼食を済ませて、南に下りイングランドへ。 スコットランドとイングランドの境界近くにグレトナ・グリーンの鍛冶屋の街があり、ここで休憩。 このグレトナ・グリーンの鍛冶屋街はその昔イングランドの「駆け落ち結婚」の名所で、ここで結婚式を挙げることをグレトナ・グリーン婚と言ったそうだ。

 かつてイングランドでは、 婚姻成立要件として父母の同意やイギリス国教会の牧師の前における儀式などが必要とされていた。 これに対し、 隣地のスコットランドでは当事者の合意のみで婚姻が成立するとされていた。 このため、イングランドに居住するカップルが結婚に関して父母の同意を得られない場合やイギリス国教会での儀式の費用を捻出することができない場合、 イングランドからスコットランドに入ってすぐの場所にあるグレトナ・グリーン村の鍛冶屋で結婚式を挙げた。 この後スコットランドで婚姻証明書を取得し、イングランドに持ち帰ったそうだ。

 イングランドから駆け落ちをしてきた二人が、鍛冶屋の金床の前で神妙に式を行っている姿を想像しただけでも面白い。(当時の方々に失礼かな)

 グレトナ・グリーンの鍛冶屋街を出ると、すぐにイングランド。 境界道路の脇には境界を示す標識 「Welcome to England  CUMBRIA」 が出ていたが、 反対側には何も表示されていなかった。

 イングランドに入ってカーライルの町から東に進み、 ハドリアヌスの長城を見にバードスウォルドのローマ砦に行く。

ハドリアヌスの長城
 ローマ皇帝ハドリアヌスはローマの領土を明確にし、北方からの異民族の侵入を防ぐため、歴史的建造物を築かせた。 それがハドリアヌスの長城と呼ばれているもので、西のカーライル・ソルウェイ湾から東はニューキャッスルのタイン川河口まで全長117Kmに石、あるいは泥炭のブロックを使って厚さおよそ3m、高さ4.5mの壁を、場所によっては深さ3m、幅9mの堀も造った。 構築は122年から6年間で完成したとのこと。 この122年にはハドリアヌス帝が長城建設開始の視察にブリテンを訪れているという。

 長城に沿って監視所の役目を果たすローマ砦が16箇所設けられていて、 砦には小塔のほかに、トイレ,サウナさらには簡易兵営があったそうだ。 このバードスウォルドのローマ砦は保存状態の良い砦だそうだ。

 およそ300年後、ローマ帝国の崩壊によりこの長城は無用の長物となる。 野山を切り開き、石やブロックを積み上げ、堀を彫るなど折角造った建造物も地元農民の住宅用資材として運び出され、現在は長城の一部が残っているだけ。

   この後、カンブリアを南下し、ペンリスへ。 今夜からの宿はペンリスの高速道路のインターチェンジそばにあるノース・レイク・ホテル。


 [湖水地方 (Lake District)]

 8月21日(火)  宿泊しているペンリスは湖水地方の北東の端に位置する。 本日はグラスミア、ホークスヘッド、ニア・ソーリーを訪ね、 詩人ウィリアム・ワーズワースや「ピーター・ラビット」の著者ベアトリクス・ポターの暮らした世界を見に行く。

 ペンリスから西に20Km、ケズウィックから南に20Kmのところにグラスミアの町がある。 この町の外れ、グラスミア湖の北にウィリアム・ワーズワース(1770 - 1850)が暮らしていたダブ・コテージがある。

グラスミア ダブ・コテージ
 ダブ・コテージは元は17世紀に建てられた「ザ・ダブ・アンド・オリーブ」という名前のコテージ(旅籠・兼パブ)だった。 1799年から10年間ワーズワースは妻メアリーと3人の子供、それに妹のドロシーとここに住み、精力的に執筆活動を行ったとのこと。

 かつてパブに使われていたと言うこの建物の中は、天井がやけに低く、でこぼこした羽目板張りの壁、窓は小さく薄暗い。   部屋の中には黒光りする暖炉があり、そばにはイギリス王家から与えられた「桂冠詩人」の証書がかざってあった。 キッチンにはローソクを手作りしていたのであろうか、ローソク用の型が置いてあり、隣の冷蔵室の床下には川が流れていて部屋を冷やしている。 階段のところにはお気に入りだったと言う鳩時計が架かっていて、2階のワーズワースの部屋には彼の椅子と肖像画、スケート靴。 寝室には旅行が好きだったのであろうか、トランクとパスポート。 このパスポート、まだ写真がなかった時代なので、人物の特徴が書かれている。 子供部屋の壁は新聞紙で埋め尽くされている。 壁に向かっていつでも文字を読めるようにしていたのであろうか。

 ダブ・コテージの隣にはワーズワース博物館があり、ワーズワース自筆の原稿や妹ドロシーの「グラスミア日記」などが展示されていた。

 ダブ・コテージから町のほうへ800mほど行くと、ロサイ川のほとりに14世紀に建造されたと言う聖オズワルド教会がある。 この教会の裏手の墓地にワーズワースと妻メアリーに子供たち、それに妹ドロシーが一緒に眠っている墓がある。 墓地の門のぞばに、ジンジャーブレッド(生姜入りのパン)を売る小さな店があり、ここはちょっと有名だとか。 ロサイ川に沿って南に歩いて行くと、 川はやがてグラスミア湖に注ぐそうだが、途中私有地となっていてグラスミア湖までは辿り着けなかった。

 グラスミアの町から南におよそ12Km、ホークスヘッドに移動し、ワーズワースの通ったと言うグラマースクールを見に行く。 「グラマースクール」とは、 11歳から18歳までの公立学校で、 受験をして入学することができる。 その競争率は30倍から40倍とかなり高いが、無料で質の高い教育内容が伝統的に評価されている。 だがグラマースクールは「上流階級の子どもが行く場所ではなく、移民系や外国人の子どもが行く場所である」というイメージが強いそうだ。 イギリスでは、「家庭の裕福な子は公立に、 裕福ではないが賢い子はグラマースクールに、その他の子は私立」という区分けが歴然とできているという。 ワーズワースはあまり裕福な家庭ではなかったが、とても賢い子供だったようだ。

 このグラマースクールは1585年に建てられた古い学校。 町を散策して、ワーズワースが下宿していた家の前を通り、 ベアトリクス・ポター・ギャラリーに行く。

ホークスヘッド ベアトリクス・ポター・ギャラリー
 絵本作家のベアトリクス・ポター(1866 - 1943)が書いた擬人化した動物の物語「ピーター・ラビットのおはなし(The Tale of Peter Rabbit)」は世界的なベストセラーになった。  彼女はロンドン・ケンジントンの裕福な弁護士の家に生まれ、 学校には行かず、女性家庭教師に教育を受けたという。 幼い頃から動物に囲まれ、 絵を書くことが大好きな彼女は多くの時間を、ウサギやネズミ、ハリネズミなどの小動物と子供部屋で過ごし、数えきれないほどのスケッチをしたそうだ。

 飼っていた「ピーター」というウサギにインスピレーションを得て、 病の子供にあてた長い手紙の中で、ペン画で「ピーターラビットのおはなし」を添えた事がピーターラビットの始まりとなった。 ポターはその後も、幾つかのピーターラビットの冒険談を、数通の手紙で付け加えている。  数年後、「ピーターラビット」を完全な本の形として出版しようとするが、出版社がつかなかった為1901年に自費出版をしている。

 出版大手のフレドリック・ワーン社がこれに注目し、1902年には大増刷。 「グロースターの仕たて屋 (The Tailor of Gloucester)」、 「りすのナトキンのおはなし(The Tale of Squirrel Nutkin )」などを毎年のように発表し、1930年に出した最後の作品「こぶたのロビンソンのおはなし(The Tale of Little Pig Robinson)」まで全25作にも及ぶ。

 毎年夏に、ロンドンからスコットランドに避暑に行っていたポターが16才の時湖水地方で夏休みを過ごす。 以来湖水地方が気に入り「ピーターラビットのおはなし」がベストセラーになると印税でヒル・トップの農場を購入し、ここに住むようになる。 この物件の交渉・購入・管理を担当した地元の弁護士のウィリアム・ヒーリスと1913年に結婚し、 農業経営に専念した。 童話刊行の印税で周辺の農地を次々と買い取り、湖水地方の景観の保護に努めた。

ニア・ソーリー村 ヒル・トップ農場の窓から 挿絵と全く同じ
 ホークスヘッドにあるベアトリクス・ポター・ギャラリーは夫のヒーリスが弁護士事務所として使っていた家で、ポターの遺品や原画・写真を展示している。

 昼食はヒル・トップ農場のそばのソーリー・ハウス・カントリー・ホテルのレストランで。 ここから徒歩でポターが暮らしていたと言うヒル・トップ農場へ行く。

 ポターはこの農場を1905年に購入したそうで、 ここで沢山のお話が生まれた。 この家にはポターの集めた絵画や家具、陶器などが展示されている。

 2階に上がり、北側の部屋から窓の外を見ていたら、当館のガイドさんがやってきて「この外の景色をポターは挿絵に描いているんだ」と一冊の絵本を取り出して見せてくれた。 なるほど、森や丘、それに曲がりくねった道までそのままに描かれている。 ポターはここに座ってこの風景を写し取ったのであろうか。 風景が挿絵になったと言うよりも、挿絵の中にこの家があるような錯覚に陥る。 「写真をとってもいいですか」と訪ねたら、ややあって、肩を少しすぼめて、「窓の外だから良いだろう」と許可をしてくれた。 もちろん館内は撮影禁止。

 ポターの死後、遺言によって農園と広大な土地全てが環境保護団体であるナショナル・トラストに寄贈され、65年近く経た今も当時のままの状態が保たれていると言う。

 この後ウインダミア湖の北側の町アンブルサイドを通って南に下り、ニア・ソーリーの対岸のボウネスに行く。 ここはウインダミア湖に面した町で、古くからのリゾート地。 およそ50分、ぶらぶらと時間をつぶしただけ。 このような時間が無駄なんだけど。 ホテルには17時過ぎに戻る。


 [ヨーク (York)]

 8月22日(水)  本日は湖水地方を離れて南東に下り、ブロンテ姉妹ゆかりの地ハワースに立ち寄り、イングランド北部の大都市ヨークに行く。

 8時半にホテルを出て、2時間でハワースの町にあるブロンテ博物館の駐車場のそばに到着。 この駐車場には大型バス(コーチ)の駐車スペースがないとのことで、近傍の路上でバスを降りる。

 ブロンテ博物館は元々は牧師館で、ブロンテ姉妹の父パトリックが牧師としてここに赴任し、一家がここで暮らしていたところ。 現在ブロンテ姉妹の遺品や原稿などが展示されている。 パトリックが1820年から勤めていたパリッシュ教会は博物館の壁に沿って建っており、この教会の前にはブロンテ家唯一の男子パトリック・ブランウェルが入り浸っていたというパブのブラック・ブルがある。

ハワース ヒースの花咲く荒野
 ブロンテ姉妹の父パトリック・ブロンテは北アイルランドのダウン州の生まれ。 家庭教師を務めて居た時、教会関係者に高く評価され、 ケンブリッジ大学に特待免費生として入学。 29歳で学位をとり、牧師補となる。 本来姓はブランティといったが、ネルソン提督がナポリ王国のブロンテ公爵となると、 これにあやかりギリシャ語式のブロンテ(Brontё)と変えた。 なぜか最後の文字にウムラウトが付いている。 1812年、35歳のときヨークシャーに移り、 そこでマリア・ブランウェルと結婚。1813年にマリア、 1814年にエリザベス、 1816年にシャーロット、 1817年にパトリック・ブランウェル、 1818年にエミリー、 1820年にアンと6人の子をもうけた。 1820年にこのハワースに移り、現在の牧師館に入った。 1821年に母のマリア・ブランウェルが癌と結核を併発し死去する。

 1824年に、マリア、エリザベス、シャーロット、エミリーの4人はランカシャーのカウアン・ブリッジ校に入った。 だがここは衛生状態が悪く、翌年マリアとエリザベスは栄養失調のため結核にかかりまもなく死亡した。 その後シャーロットとエミリーは家に帰り、パトリック、アンとともに父パトリックが教育をしたと言う。

 シャーロットは「ジェーン・エア」、エミリーは「嵐が丘」、アンは「アグネス・グレー」とそれぞれ小説を書きイギリス文壇に多大な影響を与えた。 シャーロットは39才、エミリーは30才、アンは29才で亡くなっており、 父のパトリックは84歳まで生きていたので、子どもたちを看取ったことになる。 アンを除くブロンテ一家はパリッシュ教会の地下に埋葬されており、 教会の祭壇横の柱にこのことが記述されている。

キドニー・パイ
 教会の裏手から南西に行くと、ムーア(荒野)お呼ばれる丘が広がり、風の強い場所でも育つヒースの潅木が群生していた。 この時も風が強く、 可憐なヒースの花がふるえていた。 まさにエミリーはここに立ち「嵐が丘」の構想を練ったのであろうか。

 教会から南に下り、ハワース駐車場のそばにあるレストラン「ハワース・オールド・ホール」で昼食。 この建物は1621年に建てられたものだそうで、 本日はイングランドの名物料理「キドニー・パイ」。 牛の腎臓、牛ロース肉、玉ねぎ、マッシュルームなどを塩・こしょう、小麦粉、シェリー酒、生クリームなどを加えて炒め、パイ生地に包んでバター、卵黄をつけて焼いたもの。 小生苦手の内臓物。 最近味覚が変わってきたようなので、中身を一々調べずにキドニー・パイを口に運ぶ。 イギリス料理故、とても美味とは言えないが食べられないことはない。

 レストランを出発してすぐにハワース駅の前を通る。 車窓からの眺めだが、とてもレトロな佇まいの駅の中に煙をもくもく出している蒸気機関車が目立つ。 キースリー&ワースバレー鉄道の駅だそうで、この路線にはジーゼル機関車と蒸気機関車が活躍しているそうだ。

 2時間ほどでヨークの町に到着。 ヨークはローマ時代に城壁が造られ、5世紀にアングロ・サクソン人が、 8世紀にはヴァイキングが制圧。 9世紀にヨーヴィックという名前でヴァイキングの首都として栄えた。 この名前が現在のヨークの由来だという。 その後スコットランドの侵攻を幾度か受けたが、 1354年にヨークの大司教が「イングランドの主席司教」となり、宗教的に重要な街となる。 周りには12~14世紀に造られた約4.5Kmの城壁がめぐらされ、真中にウース川が流れている。

ヨーク ヨーク・ミンスター
 まず初めにヨーク・ミンスターに入る。 ここは1220年から250年間かけて建立されたイギリス最大のゴシック様式の大聖堂。 とにかく大きい。 通常の大聖堂は東側に祭壇が置かれ、平面的には十字架の形をしているが、この大聖堂は十字架の頭の部分が下の部分と同じ長さとなっている。 すなわち、上下左右対称となってる。

 十字の横の部分、南北翼廊より東側に大きな聖歌隊席が設けられ、聖歌隊席の仕切りにはウィリアム1世からヘンリー6世までの歴代の15名のイングランド王の像が並んでいる。 このことからこの大聖堂が完成したのはバラ戦争の頃と思われる。 南側翼廊の入り口の上には大きなバラ窓がある。 これはランカスター家とヨーク家の連合を記念して作られたものだそうだ。 北側翼廊には「5人姉妹の窓」というステンドグラスの窓で、1260年に造られたままの大聖堂で最古の窓とのこと。 一番奥の東側には世界最大面積の中世ステンドグラスの窓があり、聖書の物語を使って世界の始まりから終わりまでを描いている。 あまりに大きく、またとても細かく、物語を追うには時間が足りなかった。

 北側翼廊からチャプター・ハウスにも入ってみた。 ここは大聖堂の参事会室として使われているところで、八角形をしており、周りの壁に石のいすがある。 この椅子に座って会議をしているのかな。 お尻が冷えるから短時間で会議が終わりそうな気がする。

 この後、ヨークの街中を散策。 大聖堂の西のブーサム・バーという城門から城壁に上がり、時計方向に進み、城門モンク・バーまで行く。 この高さから見ると大聖堂の大きさがよく分かる。

ヨーク モット&ベイリー式の城略図(添乗員さんの旅日誌より)
 モンク・バーで城壁から下に降り、南へ。 昔肉屋街だったというシャンブルズへ。 狭い通りに木組みの梁のある家が覆い重なるように並んで建っている。 1階よりも2階、 2階よりも3階のほうが通りに突き出して通りに迫り出している。 昔は羊肉をひさしに吊るして市場が開かれていたとのこと。

 「ここまで来たのだから」と添乗員さんの旅行予定表にない特別サービス。 南に500m程のところにある「クリフォーズ・タワー」へ行く。 このクリフォーズ・タワーは、1244年から1270年にかけてヘンリー3世がヨーク城の一部として築いたもので、17世紀末までは要塞として機能とか。 この種の型の城を「モット&ベイリー」と言うそうで、フランス語の「motte(土塊)」と「beiley(木柵)」意味する言葉。 もちろんフランスからイギリスへと伝わって来たものだそうだ。

ヨークシャー・プディング
 人工的に盛土した丘の上に木造の塔などを築きその周りに木造りの柵を張り巡らした部分がモットで、 ベイリーはモットの下に広がる庭のような部分になっており、堀と土塁と木柵を巡らし、入り口部分は跳ね橋などで守られていた。 モットの塔には領主と家族などが住み(いわゆる天守閣のようなもの)、ベイリーの部分には騎士や召使たちの家、馬屋、家畜小屋、倉庫などが建てられていたそうだ。   現在クリフォーズ・タワーのモットの部分の天辺には石造りの塔が建っている。 英国ではウィンザー城、ウェールズの首都カーディフにあるカーディフ城、ストラットフォードのウォーリック城などがこの「モット&ベイリー」様式だという。

 夕食は城門モンク・バーの外にあるモンク・バー・ホテルで。 ここでもイギリスの名物料理「ヨークシャー・プディング」が出た。 ヨークシャー・プディングとは小麦粉(薄力粉)と卵、少量の食塩を牛乳と水で溶いて作った生地を型に流し込みオーブンで焼いたもので、肉料理の付けあわせとして出てくる。 昔、貧しい家庭ではお金のかかる肉料理を節約する必要があったために生まれた風習との説もある。 取上げて美味しいと言うこともなかった。

 旅行社の手配の関係で、ヨークには宿が取れなかったとのことで、バスで約30分、ヨークの西にあるハローゲートのシダーコート・ホテルへ。


 [ストラトフォード・アポン・エイヴォン (Stratford-Upon-Avon)]

 8月23日(木)  本日は約340Kmの大移動日。 ハローゲートを出て南西に進みアイリッシュ海のそばのチェスターに寄り、その後南東に方向を変えストラトフォード・アポン・エイヴォンまで行く。

 ハロゲートを8時20分に出発してしばらく田舎道を走った後高速自動車道に乗り、2時間半でチェスターに到着。 チェスターはおよそ2000年前にローマ軍が要塞を築いた街。 旧市街は城壁にぐるりと取り囲まれている。 城壁の西側と南側は12~13世紀に再建されたものだそうだが、北側と東側はローマ時代のものだそうだ。

チェスター 赤い砂岩で出来た大聖堂
 チェスターの観光は大聖堂から。 チェスター大聖堂は聖ワーバラを祀ったサクソン教会(10世紀)の跡に建てられた。 1092年にベネディクト会の修道院となり、1250年頃から250年間かけて建物が再建され今日の姿になったそうだ。 建物はくすんだ赤色で、赤い砂岩を使っているとのこと。 宗教改革の時、ヘンリー8世により修道院は解散させられ、新たに創設されたチェスター教区の大聖堂となったとのこと。

 大聖堂に入るとすぐに食堂に案内される。 ここは現在もカフェとして使われているが、元は修道僧たちの食堂。 食事の間は無言の行が行われており、その間に僧の一人が天蓋のある説教壇で聖書を朗読するのが慣わしだったと言う。 東側の窓は比較的新しいステンドグラスになっており、ミレニアムを記念して造られ「神の手」を表現したものだそうだ。

 食堂の南に回廊と庭園がある。 まさに修道院の風情で、ここで修道士達は本を読み、瞑想に耽ったのであろう。 庭の中に似つかわしくない彫刻があったが、これは1994年に設置されたものだそうだ。

 聖堂の身廊の柱も赤い砂岩で出来ているので、堂内が全体に赤みを帯びているように感じた。 ここのステンドグラスは比較的新しく、色鮮やかな西側の窓は1961年に、南側の「ウェストミンスターの窓」は1992年に嵌め込まれたそうだ。

チェスター 旧市街を取り囲む城壁 イースト・ゲート
 大聖堂を出て東側に行くとローマ時代の城壁、ローマン・ハーバー・ウォールがある。 城壁の上に上がり、南に進むとすぐに東門、イースト・ゲートに出る。 ここにはヴィクトリア女王即位60周年を記念して1897年に造られた時計塔がある。
 時計塔にはヴィクトリア女王のイニシャル「VR]と製作年「1897」が刻まれ、下には「この時計はエドワード・エヴァンス-ロイと市民、イギリス連邦国民から当市に寄贈された」と記してあった。 エドワード・エヴァンス-ロイ(Edward Evans-Lloyd)とはどのような人かは不明。

 イースト・ゲートの外にはイギリスで最大のローマ劇場(収容人員7,000人)跡がある。 城壁の上から見えたが、ほとんど埋まっていて、とても7,000人を収容した大きな劇場には見えなかった。

 城壁を南側に進むとディー川に出る。 川に架かるオールド・ディー橋の脇にあるブリッジ・ゲートで城壁を降りる。 城門の中、旧市街を北上すると、白壁に黒い木組みの建物が並ぶ中世の街並が続く。 ここにある建物群は2階部分がアーケードで繋がっており「ザ・ロウズ(The Rows)」と呼ばれるショッピング街を作っている。

チェスター チューダー朝の美しい建物が並んでいる
 旧市街を西に進み、西の城壁を出たところにルーディ競馬場がある。 ディー川の流れが変わって草原が出来たところに建設された英国最古の競馬場で、英国では珍しくレースが逆時計回りとなっているそうだ。

 13時近くになり、ここから1時間ほど自由時間。 本日の宿泊先ストラトフォード・アポン・エイヴォンに夕方までに到着するには14時にはこのチェスターを出発しなければならないようだ。 レストランに行って昼食をとっていると、1時間半は必要なので、ここでは各自自由に昼食を採るように設定されている。

 旧市街の東西の通りと、南北の通りが交差するザ・クロスと呼ばれる町の中心地、チェスター大聖堂の近くにオープン・マーケットがあり、ここに沢山屋台が出ている。 この屋台で生ビール、ソーセージ、ポテト、ヌードル(焼きそばのようなもの)を買い求め、長いテーブル、長椅子に座って昼食を採る。
 たまたま隣り合わせに留学でチェスターに滞在している日本の女性が居合わせて、「この時期、正午におふれ役人(タウン・クライヤー)がザ・クロスに現れて、派手なパフォーマンスで観光客を歓迎するのよ。 見ました?」と聞かれた。 残念ながらその頃 競馬場辺りに居たので見損ねてしまった。

 14時から南東に高速道路をひたすら走って、ストラトフォード・アポン・エイヴォンに到着したのは17時半。 宿はエイヴォン川のほとり、ロイヤル・シェークスピア・シアターの前にあるシスル・ホテル。 町の中心で朝の散歩が期待できる。 ここはイングランドなのにシスル(あざみ)・ホテルとは。



ストラトフォード エイヴォン川のほとりのロイヤル・シェークスピア・シアター
 8月24日(金)    「エイヴォン川のほとりのストラトフォード」というストラトフォード・アポン・エイヴォンはエリザベス朝の劇作家ウイリアム・シェークスピア(1564年-1616年)の故郷として世界的に有名。 エイヴォン川のそばの公園には沢山のナロー・ボートが停泊しており、ここから運河が西に向かって伸びている。 この公園にはマクベス夫人やシェークスピアの像が立ち、東側のエイヴォン川を渡った木立の中には貴族の館と言われるマナーハウスもある。

 朝食前に、ホテルの南約10分程の所にあるホーリー・トリニティ教会へ行く。 川のそば故、朝霧が立ちこめ古い教会を幻想的に。 朝露を含んだ芝生の墓地を抜け、教会まで行ったが早朝で扉は閉まったまま。

 取って返して、ホテルの北にある公園を通り、エイヴォン川を渡り、ロイヤル・シェークスピア・シアターの対岸へ。 ここも芝生が広がり散歩をしている人、ジョギングをしている人に出会う。 太陽がロイヤル・シェークスピア・シアターを照らし出す頃に朝霧がはれ、川面にその姿を映し出す。

 本日は午前中ストラトフォード・アポン・エイヴォンの観光を終え、午後にはオックスフォードに立ち寄り、その後バースのそばのブリストルまで移動する。

ストラトフォード アン・ハサウェイの家
 9時から朝散歩で行ったホーリー・トリニティ教会へ。 この教会の中にはシェークスピアゆかりの品々、洗礼と埋葬が記録された教区登録簿の写しがある。 内陣にはシェークスピアと妻が埋葬されていて、 墓の北側の壁にはシェークスピアの胸像がある。 この胸像はシェークスピアの死後7年目(妻が在命中)に作られたもので、本人そっくりだと言われているそうだ。

 シェークスピアは革手袋商人で町の名士であったジョン・シェイクスピアの8人兄弟の3番目、長男として(上の二人は生後すぐに亡くなった)この地で生まれ、18歳のとき8歳年上のアン・ハサウェイと結婚し3人の子供をもうけた。 シェイクスピア23歳の時に家族を残し、ロンドンに出て劇団俳優となったようだが、俳優としてではなく劇作家として名を成すに至った。 「ハムレット」「オセロ」「リア王」「マクベス」「ロミオとジュリエット」「ジュリアス・シーザー」「ヴェニスの商人」など、1589年から1613年までに史劇、悲劇、喜劇を39点ほど書き上げている。 晩年は故郷のストラトフォード・アポン・エイヴォンに戻り、53歳で亡くなっている。

 ストラトフォード・アポン・エイヴォンの街中から1.6Kmほど西のところにシェークスピアの妻となったアン・ハサウェイが結婚するまで住んでいたと言う茅葺の屋根が綺麗な家がある。 この家にはアンが結婚して出て行ってからも1911年までハサウェイ一族が住み続けたそうで、家も庭も綺麗に整備されており、家の中には往時の家具が展示されている。 若いシェークスピアはここに通い、アンが妊娠し、その後結婚したそうだ。 いわゆる「出来ちゃった婚」のようだ。

ストラトフォード シェークスピアの生家
 ストラトフォード・アポン・エイヴォンの街中に戻り、シェークスピアの生家に行く。 この家はシェークスピアが生まれる数年前に父ジョンが購入したもので、裕福な商家らしい広々とした造り。 シェークスピアは生まれた後、アンと結婚をし、ロンドンに出るまでここに住んでいたそうだ。

 生家の横にあるコンクリートの立派なビジターセンターから入り、 シェイクスピアの生涯とその背景を紹介する展示を見て、 屋敷内に入っていく。 木組みに白壁、チューダー朝時代のつくりで、内部も木の梁に石灰の壁。 シェイクスピアが誕生したとされる部屋もあり、当時の毛織のカーテン、ベッドなどが再現されている。

 英国ではここは特別に有名な観光地で、シェークスピアの生家は公開されてすでに300年以上経っているという。 一つの窓に残された19世紀の訪問客が彫ったという名前が落書きとして残っている。

 昼食はエイヴォン川の東にあるホテル・アルヴェストン・マナーで。 ここは元領主の館を改装したもので、釘を一本も使っていないという。 この街最古の伝統的ホテル。 同じような館でも「マナーハウス」は貴族の館で、「カントリーハウス」はジェントルマン(当時では成金)の館を言うようである。 シェイクスピアの『真夏の夜の夢』はこのホテルの庭にある大きな杉の木の下で初めて公演されたといわれている。

オックスフォード クライスト・チャーチ
 昼食後1時間余りでオックスフォードに到着。 歴史ある大学(カレッジ)が点在する学問の町。 いわゆるオックスフォード大学とはこれらのカレッジを総称したもので、単独の大学ではない。

   バスを降りて、南側にあるクライスト・チャーチから見学を始める。 クライスト・チャーチはその名の通り元々は教会。 1525年にウルジー枢機卿が修道院を設立し、その後1546年にヘンリー8世がカレッジと教会を造り完成させたそうだ。 修道院から大学へと変容してきたが、オックスフォード最大のカレッジ。  歴代16名の英国首相を輩出し、「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロルことチャールズ・ドジソン教授が数学を教えていたのもここだとのこと。

 教会は現在オックスフォード教区の大聖堂として使われている。 こじんまりとした聖堂で、英国の中で一番小さな聖堂だそうだ。 カレッジの南側には学生食堂のグレート・ホールがある。 細長い、奥行きのある部屋で、壁には歴代の有名な卒業生の肖像画が掲げられており、一番奥まったところには「ハイ・テーブル」と言われる教授陣やゲスト用に設けられたスペースがある。 ここに教授たちが並び、学生は長いテーブルの方の席に着き食事をしているのであろうか。

 クライスト・チャーチを出て、マートン・カレッジへ行く。 このカレッジは1264年に創設された英国最古の三つのカレッジの一つ。 少数精鋭で、学部生の受け入れは基本的に毎年90人とか。 皇太子様が1983年から2年間留学されたので、名前だけは知っていた。

 ここからセント・メアリー教会を周り、ボードリアン図書館、分館のラドクリフ・カメラへと進む。 図書館はジェームズ1世の時(17世紀初)に建てられたもので、中央図書館として機能し、約800万冊の図書を所蔵しているという。 ラドクリフ・カメラ(カメラはイタリア語で部屋の意)は1748年に建てられたパラディオ(新古典主義)様式の建物。 建物上部のクーポラがユニーク。

 最後に皇太子妃雅子様が留学されたベリオル・カレッジの前を通り、バスに戻る。

 オックスフォードからブリストルまではおよそ2時間。 19時にブリストルのマリオット・シティ・センター・ホテルに到着。


 [バース (Bath)]

バース ロイヤル・クレッセント
 8月25日(土)  マリオット・シティ・センター・ホテルはブリストル市内の東側にあり、ホテルの西側にはキャッスル・パークが広がる。 早朝、ホテルの北側にある歩道橋を渡って、キャッスル・パークへ。 大きな芝生の広場に城址が二つ。 昇ったばかりの朝日に照らされレンガが赤く輝き、黒々した周りの木々と強いコントラストを造っている。 更に西の方はエイヴォン川の支流のハーバーの影響か、霧が立ち込め、かすかにブリストル大聖堂の塔だけが見える。

 本日はブリストルの隣町、バースの観光と「世界で最も美しい」と称えられているらしいコッツウォルズの村々を訪れる。

 ブリストルからバースまではほんの30分。 町の西側にあるロイヤル・クレッセントの前で下車。 とにかく広いロイヤル・ヴィクトリア・パークの芝生の奥に、半円形の建物が建っている。 これは18世紀のジョージ王朝の時、温泉ブームでバースが注目され、当時の貴族を満足させるために建てた30軒の集合住宅(テラスハウス)で、 ジョン・ウッドがバース近郊の石灰岩をふんだんに使って1774年に完成させた。 クレッセント(Crescent)とは三日月のことで、まさにロイヤル・クレッセントは三日月型の巨大建造物。 現在でもホテルやアパートメントとして使われており、その中の一つが博物館「ナンバー・ワン・ロイヤル・クレッセント」として公開されている。 そばまで行きたかったが、先を急ぐのでかなわず。 この辺りに不満が残る。

バース ローマン・バス 大浴場
 この後、バスでバース市内に入り、ローマ浴場、バース寺院を見学。 バースは風呂(Bath)と同じ綴りで、発音を調べたら[バス]でも[バース]でも良いようだ。 この町には古くから温泉が湧き出していて、ローマ人はこの場所に浴場(サウナやプールのある大浴場)と神殿が一緒になった施設を建てた。 ローマ人が引き上げてからは、ここの浴場は崩壊し、人々から忘れられていた。 17世紀頃からこの地に「湯治」として訪れる人が増え、1702年アン女王が来たことでバースは注目され、町は発展したそうだ。

 今でも46℃のお湯が毎秒13リットル(毎時46,800リットル。 一般家庭の風呂が200リットルだから、実に毎時234風呂分)湧き出している。

 ローマン・バスは博物館になっていて、1970年代までは入浴できたらしいが、今は叶わない。 入り口の受付で日本語の音声ガイドを受け取り、まっすぐ進むと大浴場(グレート・バス)を見下ろすテラスに出る。 この大浴場は長さ25m、幅15m、深さ1.6mもあり、まさにプールのようだ。 大浴場まで降りていって浴槽のそばまで行き、中に手を入れると確かに暖かい。

 この大浴場のほかに床下に蒸気を通したサウナや、冷水浴のプールなどさまざまな浴室ががある。 この他にスリス・ミネルヴァの小神殿跡やこの辺りからの出土品、つい最近発掘されたイースト・バスという4世紀頃の浴場跡などが展示されている  博物館の出口近傍には、「ポンプ・ルーム」への出入り口が設けられている。 「ポンプ・ルーム」とは、18世紀に浴場の遺跡を眺めながら鉱泉水を飲むために設けられた施設だそうだ。 現在はレストランとなっていた。

バース バース寺院 右側の建物はローマン・バス博物館
 ローマン・バス博物館を出て、すぐ東側にあるバース寺院に行く。 ここは聖堂(Catedral)ではなく寺院・僧院(Abbey)である。 7世紀に既にこの場所に寺院が建っていたそうだ。 現在の建物はウェールズの主教オリバー・キングが創設したそうで、1499年から1616年にかけて建設されたとのこと。 寺院の西側正面入り口の両翼に天使たちが石の梯子を登ったり降りたりしている様子の彫刻がある。 これは創設者オリバー・キングが夢の中で「バースに神の家を再建せよ」というお告げを聞いたときの様子を祝福して描かれたものだそうだ。 近くに行くとよく見えるが、近くでは下から見上げることになるので、天使と言われても・・・・。

 寺院の中で目を引くものは3つある。 まず東側主祭壇の奥の大きなステンドグラス。 イエスの生涯を56のシーンにまとめて描かれている。 次に壁に飾られた数多くの彫刻や装飾品。 その数は640ほどあり、ロンドンのウェストミンスター寺院に次いで2番目に多いそうだ。 最後に19世紀に造られたと言うアーチ型の天井。 このバース寺院の天井のアーチは「ファン・ヴォールト」と呼ばれていて、支えの柱から扇型に梁のようなものが出ていて天井のかまぼこ型を支えている。 ゴシック建築の天井では4本の柱に対角線のアーチをリブとした「リブ・ヴォールト」がよく使われている。 この美しい形の「ファン・ヴォールト」を見たのは初めて。 ここの他にグロスター大聖堂の回廊にもファン・ヴォールトが使われているそうだ。

バイブリー 職工の家が並ぶアーリントン・ロー
 昼食後、コッツウォルズの田舎町を3箇所訪れる。 まず最初に「ボートン・オン・ザ・ウォーター」。 ここはテームズ川の支流のウィンドラッシュ川が街中を流れ、並木と蜂蜜色の石造りの家、「コッツウォルズのヴェニス」といわれている町。 石橋あり、白鳥や鴨が川面を泳いでいる。
 今日は土曜日故か、とにかく大変な人出。 「すばらしい田舎」と感傷に浸っている雰囲気ではない。 ピクニック気分で川原で食事、川遊び等々。 田舎に住んでいる小生の目には単なる騒がしい行楽地にしか映らない。 メディアファクトリー社 ロンリープラネットの自由旅行ガイド『英国』にも「夏の夕方、バスで来た観光客が去った後でボートンを見るのが最適だ」と書いてある。 少し気分を害して次のバイブリーへ。

 コルン川が街中を流れる小さな村「バイブリー」。  イギリスの詩人でデザイナー、思想家のウィリアム・モリス(William Morris, 1834-1986年)が「イングランドで最も美しい村」と賞賛したと言われている村。 17世紀から羊毛の取引で繁栄した町。 職工の家が並んでいるアーリントン・ローは写真や絵葉書になる有名な場所らしい。 それでも、小生には単なる田舎にしか見えない。 ウィリアム・モリスは「他にもたいした物を見たことがないのでは」と疑いたくなる。 世の中にはもっと素晴らしく感動する場所がいっぱいあるのに。

カッスル・クーム
 最後に「英国で最も古い町並みが保存されている村」というコンテストで優秀な成績を収めていると言われる「カッスル・クーム」へ。 昔は羊毛の集散地で機織の村。 14世紀頃からの家並みがあり、職人たちの住居が今でも保存されている。  村の奥に超高級リゾートホテル「ザ・マナー・ハウス」がある。 いわゆる「貴族の館」といわれるものらしい。 広大な敷地で、敷地の中にはゴルフ・コースも在るという。 このホテルには道路に面して門があり、超高級車が近づくと自動で門が開く。 どのような仕掛けになっているのかしばらく見ていたが分からなかった。

 ホテルの近くの橋のたもとにブランケット兄弟の家がある。 その昔、冬の寒さが厳しく、暖を取るためにこの地方の特産品の羊毛を編んだものを紡いで厚手の大きな布とし、「毛布」を作ったのがこの兄弟だそうだ。 「ブランケット」は人の名前が語源だったのか。 一つ賢くなった。

   蜂蜜色の石でできたバースの寺院やコッツウォルズ地方の家。 この辺りの土地から産出する石で、掘るときは柔らかく、加工も容易、だが年を経るにつれて石が硬くなり建築材としては理想的なものだそうだ。 バース寺院もコッツウォルズの家並みも石材が良いから今日まで建物が残っているものと思われる。
 

 [ロンドン (London)]

 8月26日(日)  いよいよ最後の観光地、ロンドンにゆく。 イングランドの南西部、ブリストルから東部のロンドンまではおよそ200Km。 途中ストーンヘンジ、ウィンザー城に立ち寄り、夕方にはロンドンに入る。

ストーンヘンジ 平面図 ロンリープラネット・ガイドブック「英国」より
 ブリストルから1時間半ほどでストーンヘンジの駐車場に到着。 早速、国道A344号線の下のトンネルを通って北側から遺跡の方へ。 見学通路が整備されていて、巨石群の方へ入っていくことは出来ない。 遺跡の周りを一周しながら眺めるだけ。 当然、上から覗いていないので、巨石の配置など分かるはずがない。 ガイドブックから平面図を引用して掲載しておく。

 最近の研究では、ストーンヘンジは紀元前3100年頃から造られ、その後1500年以上もかけて建設と再建が繰り返されたとのこと。 まず初めに、外側の直径100mほどの円形の溝と土手(Henge)が造られ、 その1000年後、ここから400Kmほど離れたウェールズ南部のプレセリ山からブルーストーンといわれている重さ4トンほどもある花崗岩を運んできて、中に小さな円として並べられた。

 紀元前1500年頃には、ここから32Kmほど離れたモルバラ・ダウンズにあるとても硬い岩から切り出した重さ50トンほどの石(サーセン石)を運んできて、ブルーストーンの外側に直径30mの円を描くように並べた。 この環状の列石の高さは約4.5m。 その上に約7トンのまぐさ石を横石として載せた(サーセン・サークル)。 さらにこのサークルの内側に二つの立石にまぐさ石を載せた三石塔(トリリトン)を五組、馬蹄形に配した(サーセン・ホースシュー)。

 同じ頃に、一番内側にあった円形のブルーストーンが馬蹄形に並べ替えられ(ブルーストーン・ホースシュー)、この中心にオールター・ストーンが置かれた。 この馬蹄形は夏至の日の太陽の出る方向・北北東に向かって開いている。

 周りの土手の内側には、1600年代に発見したジョン・オーブリーの名前が付いたオーブリー・ホールが輪郭を描いている。 同じ円の上には、もともとは石が乗っていたサウス・バローとノース・バローがあり、その間にステーション・ストーンが二つある。

ストーンヘンジ 巨石群を東側から見る
 紀元前1600年頃に最終段階を迎えたストーンヘンジは、その後荒廃の一途をたどった。 建設用の石材として流用さたようで、巨大なサーセン石がかなり無くなっている。 今から100年ほど前まで地元の道路建設のためにこの石が切り出されたそうだ。 1918年からは国の所有となり、発掘調査と保護が始まり、現在は遺跡を取り囲むように金網のフェンスが張り巡らされている。

 何とも謎に包まれた遺跡である。 大変な時間と労力をかけて、何のために誰がストーンヘンジを作ったのか。

 中央の馬蹄形に配列された石の方向が夏至の日の太陽の出る方向(ミッドサマー・サンライズ)、冬至の日の太陽の沈む方向(ミッドウィンター・サンセット)と一致することから、 天体観測所だったのではないか、という説がある。

 1740年頃、ウィリアム・スタッカレーがこの遺跡を調査し、 「この遺跡はドルイド教の手によるものだ」と誤って結論付けたそうだ。 すなわち先史時代の太陽信仰の祭祀のための遺構だろうという説もある。 この説がつい最近まで一番有力だったらしい。

 この他に、絶大な力を誇示するための建造物ではないかとも言われている。  この遺跡の謎は本当に解けるのであろうか。

 疑問をいっぱい残したまま、バスはウィンザーへ。 ウィンザーのギルドホールを見てから昼食。 このギルドホールはクリストファー・レンが設計し、1690年に完成。 良く見ると階下の中央部分の柱と天井の間に隙間があることがわかる。 当時の役人は「柱の数が少ないので建物が倒壊する恐れがあるので、柱の数を増やすように」要求したそうだ。 レンは構造計算に自信を持っていたので天井部分と繋がっていない柱を付け加えたとのこと。 プライドを持って仕事をしていたようだ。

ウィンザー ウィンザー城
 テームズ川を見下ろす高台にウィンザー城は建っている。 城の面積は7ヘクタールもあり、世界で現存する城の中で最大かつ最古と言われている。 現女王のエリザベス2世は幼少の頃ここで過ごされて、特別にお気に入りだそうで、今も週末をここで過ごすことが多いとのこと。

 1066年にイングランドを征服したウィリアム1世(征服王)は全土にモット&ベイリー様式の城を築き、支配体制を固めた。 このウィンザー城はロンドンから西に30Km、自然の高台にあり、最重要拠点として歴代の王様たちが重視、城は拡張・整備されてきた。

 この城は10年ほど前に一度訪れたことがあるので、様子は分かっている。 添乗員さんから「現在『メアリー女王の人形の家』が公開されている」とのことで、真っ直ぐ城の東側にあるステート・アパートメンツに向かう。 このメアリー女王の人形の家は別料金だそうで、入場まで30分間待ちの行列の最後尾に着く。 ステート・アパートメンツだけに入る人は横を通り抜けて行く。

 ここはミニチュア好きなメアリー・オブ・テック(ジョージ5世の妃)を喜ばせるために1923年に大英帝国の技術の粋を集めて作ったドールハウス。 全ての物が12分の1の縮尺で出来ている。 イギリスではまだヤード・ポンド法が使われており、1インチはフィート(フート)の12分の1であり、ここから縮尺「12分の1」が決まったようだ。

 中は撮影禁止。 薄暗く、大きなガラスケースの中にさまざまなミニチュアが展示されている。 人形の家の建物はオープンセットとなっており、国王の寝室、食堂、大広間、キッチン、子供部屋などを外から覗き込むと言った感じ。 驚くべきことは、中に配置されているものは小さいが全て本物だそうで、本には文字が印刷されており、水道の蛇口をひねると水が出るようになっているそうだ。 食堂のテーブルに置いてあるワインは、注射器で小さなボトルにワインを詰めた物だとか。 とにかく見ていて飽きない。

 人形の家にたっぷり時間をかけ、この後ステート・アパートメンツの中を見て周る。 博物館の中に入ったようだが、公式行事の時には現在でも使われているそうだ。 セント・ジョージ・ホールやグランド・レセプション・ルームは壮大で威厳がある。 特に素晴らしかったのはカナレット、ゲインズバラ、ルーベンス、ヴァン・ダイク、ホルバイン、レンブラント、デューラーなどの作品が展示されていたこと。

ロンドン ケンジントン宮殿
 ステート・アパートメンツを出て、テラスから城壁越しに北側を眺めると名門「イートン校」が見える。 前回ウィンザーに来た時はイートンの町を散策したが、今回は行けないようだ。

 緩やかな丘を下り、セント・ジョージ礼拝堂のところまで来る。 白馬に乗って槍でドラゴンをやっつけているセント・ジョージ(聖ゲオルギウス)はイングランドの守護神。 ここのセント・ジョージ礼拝堂は歴代王室の霊廟としてウェストミンスター寺院に次ぐ地位にあるそうだ。  毎年6月にはここで、女王による「ガーター勲章」の授与式が執り行われるとのこと。

 ウィンザーから45分ほどで、ロンドンに到着。 本日からの宿、ケンジントン・ガーデンズのそば、地下鉄「ハイ・ストリート・ケンジントン駅」に近いコプソーン・タラ・ホテルには16時半に到着。 自由時間のある滞在都市では交通の便の良い場所にある宿はとてもありがたい。 コプソーン・タラ・ホテルからハイ・ストリート・ケンジントン駅までは歩いて5分程度。 ハイ・ストリート・ケンジントン駅は地下鉄サークル・ライン(環状線)上の駅。

 早い時間にホテルに着いたら出かけるのが鉄則。 早速ケンジントン・ガーデンズに行き、ケンジントン宮殿の辺りまで散歩。 ここは故ダイアナ元皇太子妃が、1981 年のご成婚から亡くなる1997年まで生活された邸宅。 門の外には今もダイアナ元皇太子妃の写真と花束が置かれていた。



 8月27日(月)  本日の予定は、午前中にロンドン市内の観光をして、その後自由時間。 自由時間はナショナル・ギャラリー、コートールド研究所美術館のあるサマセット・ハウスに行くことにしている。

ロンドン イースト・エンド タワー・ブリッジ
 9時にホテルをバスで出て、ハイド・パークの南のケンジントン・ロードを東に進み、ピカデリー・サーカスからチャリング・クロスを通り、セント・ポール大聖堂の南を通過してロンドン塔の西にある駐車場へ。 ガイドさんがバスの中で、右に何々、左前方に何々・・・と説明するが、首と体をその方向に向けるだけでほとんど記憶に残らない。

 ロンドン塔に着いたら、テームズ川をタワー・ブリッジの方向に歩きながらガイドさんはロンドン塔の説明をする。 内容はガイドブックに載っていることだけ。 以前にも同じ説明を聞いたので興味なし。 しかも時間の関係でロンドン塔には入場しないと言う。

 唯一の救いは、10分間ほど自由時間があったこと。 午前のこの時間はまだ太陽は東にあり、ロンドン塔の前から見るタワー・ブリッジは逆光で見づらい。  僅かな時間を使ってタワー・ブリッジの下をくぐり抜けて東側に行き、朝日の当たったタワー・ブリッジを写真に収める。 まだ2分ほどあるので、階段を上がり、道路面からタワー・ブリッジを眺める。 前回ここに来た時に果たせなかったこと。

ロンドン ロンドン・アイとビッグ・ベン
 10年も来ていないとロンドンもずいぶん変わってしまっている。 ロンドン塔の対岸にはヤドカリの殻のような、少しバランス崩してる円形の建物「シティ・ホール」が出来ていたり、赤茶けた火力発電所跡が「テート・モダン」になっていたり、テームズ川沿いには大観覧車「ロンドン・アイ」がミレニアムとして出来た。

 ロンドン塔からサマセット・ハウスの横を通り、ウォータールー橋を通って対岸へ。 橋を渡りきった辺りで、ガイドさんから右手にビュー・ポイントの説明。 「ビッグ・ベンがロンドン・アイの中に納まるポイントを通過します」とのこと。 バスは交通量が多い中を徐行してくれる。

 ここからウォータールー駅の東に回り、ナイチンゲール看護学校があるセント・トーマス病院の前を通り、テームズ川・ランベス橋のたもとで下車。 テームズ川の対岸からウェストミンスター宮殿(ビッグ・ベン、国会議事堂)を望む。 この場所がウェストミンスター宮殿のビュー・ポイントだそうで、晴れた空に明るい太陽を浴びたウェストミンスター宮殿はテームズ川に美しい影を落としている。

ロンドン バッキンガム宮殿
 ここから北に進み、ウェストミンスター橋を渡って、ウェストミンスター寺院の西の広場へ。 この場所で10分間の自由時間、と言うより写真撮影時間。 何もしないでただただウェストミンスター寺院を西側から眺めているだけ。 しかも逆光の姿を。 パンフレットには「ウェストミンスター寺院にご案内いたします」と記されている。 この眺めるだけを「ご案内した」ことになるのか。 世界遺産のウェストミンスター寺院、入場料大人£10、シニア£6。 せめて30分間自由時間をとり、勝手に見学させても良いのでは。

 ここからバッキンガム宮殿に向かう。 ガイドさんはバッキンガム宮殿で11時30分から始まる衛兵の交代を見せるために、良い場所を取ろうと急いでいたようだ。 バッキンガム宮殿に着いたのは10時55分。 衛兵交代の行進が一番よく見えると言う場所で30分間待つ。 前回来た時は観光客でごった返していたが、今回はたいした人出ではない。

 11時26分から三隊ほど行進をしただけでお終い。 「たったこれだけ」と拍子抜け。 前回は延々と続いたのに。 観光客が少なかった訳が理解できた。 この程度なら、ここも無駄な時間であった。

 ロンドンの市内観光といっても車窓観光と下車観光だけ。 自由時間に開放されたのは11時半過ぎ。 朝8時頃から行動する小生にとっては余り有益な3時間半ではなかった。 この程度の観光なら自分で市内を回ればよかった。 観光内容の下調べが少なかったことを反省している。

 この後は自由時間。 添乗員さんと他の仲間はこのままバスで大英博物館に行くそうだ。 バッキンガム宮殿の前で皆さんとお別れをして、トラファルガー広場にあるナショナル・ギャラリーを目指す。 歩いて15分ほどで到着。 ナショナル・ギャラリーの館内に入ってフロア・プラン(案内図)をもらい、0階のカフェで昼食をとり、ゆったりと絵画鑑賞へ。

ロンドン トラファルガー広場 ナショナル・ギャラリー
 この美術館の所蔵品は1250年代のイタリア絵画から1900年代のセザンヌ、ゴーギャン、ゴッホまでの作品をおよそ60室に分けて展示している。 前回は余り時間も無く、駆け足で回ったのでしっかりした記憶が無いが、今回は各部屋の作品ををしっかり鑑賞するつもり。

 レオナルドの作品は6点ある。 やはり「岩の聖母(The Virgin of the Rocks)」が一番光っている。 ラファエルの作品は12点。 この中では「アレキサンドリアのセント・カテリーナ(Saint Catherine of Alexandria)」が一番好きだ。 ルーベンスは35点所蔵している。 宗教画、肖像画が多い。 「麦わら帽子(シュザンヌ・フールマンの肖像 Portrait of Susanna Fourment)」が好み。 レンブラントは・・・、 ハルスは・・・、 と鑑賞していると、フェルメールの「ヴァージナルの前に立つ若い女(A Young Woman standing at a Virginal)」があった。 だが、ここにはこの一枚しかない。 この美術館にはフェルメールの作品は二枚あるはず。 お騒がせな。 隣の部屋に「ヴァージナルの所に座る女性(Lady Seated at the Virginals)」が架かっていた。 同じ部屋で展示をすれば良いのに。

 一通り観ていると時間は15時半。 この後サマセット・ハウスに向かう。 サマセット・ハウスでは、中にあるコートールド研究所美術館所蔵のマネの「フォリー・ベルジェールのバー(The Bar at Folies-Bergere)」を観るのが目的。 あの「鏡の前のカウンターに立っている若い女のバーテンダー」の絵。
 ナショナル・ギャラリーからサマセット・ハウスまでは徒歩で15分ほど。 小さな入り口から入り、入場料£10を支払い、階上の展示室へ。 

 セザンヌ、ドガ、モネ、モジリアーニ、ルノアール、ゴッホ、スラーなど珠玉の作品が並んでいるが、マネの「フォリー・ベルジェールのバー」がない。 三階までの狭い展示室、見逃す訳は無い。 入り口の受付で事情を聞いたら、現在貸し出し中とのこと。 この絵を観たいと思ってこの美術館に来ている者にとって貸し出しは迷惑。 現在フェルメールの「牛乳を注ぐ女」が日本で公開されているが、アムステルダム国立美術館にこの絵を目的に観に行った人はきっとがっかりするだろう。

 少しがっかりして、サマセット・ハウスにあるエルミタージュ・ルームに行く。 ここはエルミタージュ美術館所蔵品を展示するスペース。 ナポレオン皇帝の妃ジョセフィーヌに関する絵画の特集を展示していた。

 ついでにもう一つ、同じサマセット・ハウスにあるギルバート・コレクションに入る。 ここには大富豪アーサー・ギルバートの宝飾品のコレクションが展示されている。 所蔵品は主に18世紀から19世紀に作られたモザイク、スナッフボックス(かぎ煙草入れ)、ミニアチュール、銀器、象牙細工など。 入り口でサマセット・ハウスの共通チケットを見せると、首からぶら下げる大きな拡大鏡を貸してくれた。 この拡大鏡をぶら下げていざ中へ。 宝石やエナメルが散りばめられた眩いばかりのスナッフボックス。 絵画かと思えるような、とても緻密なマイクロモザイク。 ここであの拡大鏡が活躍する。 これほど細かいモザイクで、大きな作品は今まで見たことがなかった。

 絵画と豪華な装飾品のシャワーを浴びて、大変満足。 最後に念願のロンドン・タクシーに乗る。 前回も地下鉄の駅に近いホテルだったので、交通手段は地下鉄ばかり。 一度ロンドンでタクシーに乗ってみたかった。 箱型の、黒塗りだけのタクシーを選び、助手席の窓越しに行き先「コプソーン・タラ・ホテル、 ケンジントン」と告げる。 OKをもらって、後部ドアーを自分で開けて乗り込む。 中は広い。 運転席の後ろに、座席をおろせば向かい合わせで更に2人は乗れる。 渋滞があり、この距離で£12ほどかかったが、念願を果たせてこれも満足。



ロンドン ハイド・パーク
 8月28日(火)  本日は英国の最終日。 午後にヒースロー空港を飛び立つので、それまでの間自由時間。 集合はホテルのロビーに12時とのこと。 観光場所を色々調べたが、ほとんど開場は10時。 朝のんびりしていて、地下鉄でウォレス・コレクションに行くことにしていたが、朝食後外に出てみるとさわやかな空気。 思い直してケンジントン・ガーデンからハイド・パークを突ききって、歩いてウォレス・コレクションへ行くことにした。 距離にしておよそ7Km。 1時間半くらいと見積もって8時半にホテルを出る。

 ケンジントン・ガーデンの中にはプリンセス・ダイアナ・メモリアル・ウォークという小径がある。 かってダイアナ妃が好んで散歩をした道で、ハイド・パークのサーペンタイン湖を回ってくるコース。 このコースの一部を辿ってみる。 ケンジントン・ガーデンの南東の端にはヴィクトリア女王の夫君アルバートの記念塔があり、その向かいにはロイヤル・アルバート・ホールがある。 この辺りからハイド・パークに入り、北東に進み、地下鉄マーブル・アーチ駅の所から公園を出て、街中をウォレス・コレクションへ。 予想より早く、20分前に到着する。 帰りは時間が無いので、地下鉄に乗る予定。 あらかじめ地下鉄・ボンド・ストリート駅まで行き、帰りの切符を購入。 ロンドンの地下鉄料金は高い。 一度乗るだけで£4(約¥1,000)。 隣の駅でもこの値段。

ロンドン ウォレス・コレクション
 ウォレス・コレクション、10時の開場と同時に入場。 この美術館は国立で無料。 リチャード・ウォーレス卿のコレクションを彼の自宅をそのまま美術館として使って展示している。 絵画、彫刻、家具、陶器などの他、武器や甲冑などもある。 カナレット、レンブラント、ルーベンス、ヴェラスケス、ヴァン・ダイク、ドラクロワ、ハルス、ターナー、フラゴナールなどの絵画など。

 ヴェラスケスの「マルガリータ(The Infanta Margarita)」はここにもあった。 フェリペ4世はイギリスにもマルガリータの肖像画を「お見合い絵画」として配ったのであろうか。 カナレットのヴェニスの風景は18枚もある。 余り好きになれないが,ターナーは地元だからか、作品数がとても多い。 特にフラゴナールの「ブランコ(The Swing)」はルイ王朝時代の優雅で享楽的な男女の戯れを描いたものとして有名。

 珠玉の作品に感動しながら、時間を気にして時計を見たら10時15分を過ぎている。 集合時間に遅れるわけには行かないので、ボンド・ストリート駅に急ぎ、地下鉄に乗って四つ目の駅ノッティング・ヒル・ゲートでサークル・ラインに乗り換えて、11時40分にハイ・ストリート・ケンジントン駅に到着。 集合時間10分前にホテルのロビーに到着。

 昼食はヒースロー空港のラウンジで簡単に済ませ、15時30分、ブリティッシュ・エアウェイズBA007便成田行きに乗り込む。



 8月29日(水)  10時55分成田空港に無事到着。 今回の旅友は総勢16名。 5人ほどロンドンに残られたので、帰国は11名。 皆さんお疲れ様でした。 また大変お世話になりました。


 [エピローグ]

 ▼美しい景色を期待して訪れた湖水地方。 行ったのはワーズワースのダブ・コテージ、ポターのヒル・トップ農場。 景色の方は期待はずれ。 ▼ホークスヘッドで見つけた土産物「ピーター・ラビット」。 値段をと台尻を見たら£11の横に Made in Chaina 。 イギリスのこんな田舎にまで Chaina が入り込んでいる。 ▼添乗員の西田さんはベテラン。 英国のことをよく知っているし、研究熱心。 現地ガイドさんが居なくても良いほど。 ▼英国は一つと思っていたが、スコットランドとイングランドは別な国のように思えてきた。 この辺りにも歴史の影響がありそうだ。 ▼ロンドンは二度目だが、まだまだ見たいところが沢山ある。 次は滞在型でロンドンに行きたいと思っている。