フランス (French Republic)
 2007年10月 フランス物語 15日間
 10年ほど前にパリに3回ほど行ったが、フランスの地方都市は未だ訪れたことが無い。 自称「ロマンチスト」の小生、フランスは秋が良いと決め込んでおり、今年やっとチャンスがめぐってきた。 本当は晩秋のパリが好きなのだが、今年は遅い時期になるとジヴェルニューの「モネの家」が閉館になってしまうという。 せっかく行くのだから閉館になる前に、ということで計画したら10月初めの出発となってしまった。
 8月末にイギリスから帰ってきたばかりで、イギリス紀行の掲載を開始したばかりだが、この機会を逃さないようにと出発することにした。
 ゴッホの「アルルの跳ね橋」、「夜のカフェ」、「エスパス・ヴァン・ゴッホ」、モネの「ルーアン大聖堂」、「睡蓮」などの絵の現場やフランソワ1世とレオナルドの交流をしのばせるシャンボール城にも行く予定。
 パリでは丸一日自由時間があるそうで、マルモッタン美術館、ギュスターヴ・モロー美術館、ジャクマール・アンドレ美術館などを時間の許す限り訪れてみたいと思っている。
プロローグ   ニース   マルセイユ   アルル   カルカッソンヌ
ボルドー  トゥール   サン・マロ   ルーアン   パリ  エピローグ


 [プロローグ]

 フランスの歴史

BC.4-480 現在のフランスにあたる地域はガリアと呼ばれており、ケルト人が居住していた
紀元前51年 ローマ帝国がガリアに遠征 ローマ帝国の属州となる

メロヴィング朝(481-751)
481-511クロヴィス1世ゲルマン人・フランク族を纏めフランク王国をつくる
508年都をパリに定める
558-561クロタール1世 
613-629クロタール2世 
629-639ダゴベルト1世 
639-658クロヴィス2世 
658-673クロタール3世 
673-675キルデリク2世 
679-690テウデリク3世 
690-694クロヴィス4世 
694-711キルデベルト3世 
711-715ダゴベルト3世 
715-721キルペリク2世 
721-737テウデリク4世732年 イベリア半島から進攻してきたウマイヤ朝軍をトゥール・ポワティエの戦いで破る
743-751キルデリク3世 

カロリング朝(751-987)
751-768ピピン3世ローマ教皇の支持でカロリング朝フランク王国を創始 イタリアのラヴェンナ地方を教皇に寄進
768-814カール1世(大帝)ザクセン人の討伐・イベリア半島への遠征、アヴァール人の撃退、ロンバルド王国の討伐
800年 ローマ教皇レオ3世からローマ皇帝の冠を受
814-840ルートヴィヒ1世817年 3人の息子たちに王国を分割相続させる法律を作り、死後、フランク王国は分裂
843-877カール2世870年 メルセン条約 ドイツ・フランス両国の輪郭がほぼ定まった
877-879ルイ2世病弱 没後2人の息子が西フランク王国を分割統治
879-882ルイ3世 
879-884カルロマン 
884-887シャルル2世分裂していたフランク王国を一時的に統一
887-898ウード 
893-923シャルル3世922年 ウードの弟ロベールが反乱
922-923ロベール1世王位に就くが 923年ソラソンでシャルル3世と会戦、戦死
923-936ウラールブルゴーニュ公リシャールの子 戦死したロベール1世にかわって西フランク王となる
936-954ルイ4世シャルル3世の子
954-986ロテールルイ4世の子
986-987ルイ5世ロテールの子 987年 狩猟中の事故が原因で死去 継嗣が無く、カロリング朝断絶

カペー朝(987-1328)
987-996ユーグ・カペーフランク公兼パリ伯ユーグ大公の子
987年 ルイ5世の死去に伴い諸侯により国王に推挙された
996-1031ロベール2世結婚問題で一時ローマ教皇グレゴリウス5世によって破門された
1031-1060アンリ1世ロベール2世と3番目の妻コンスタンスの子
1060-1108フィリップ1世1072年~1104年 結婚、離婚、再婚、破門が繰り返され 影響力低下、第1回十字軍遠征にも参加できず
1108-1137ルイ6世 
1137-1180ルイ7世1137年 アリエノールと結婚 第二回十字軍に参加後アリエノールを離縁
カスティーリャ王アルフォンソ7世の娘コンスタンス 死別
1163年 パリのノートルダム大聖堂着工
シャンパーニュ伯ティボー2世の娘アデルと結婚
1180-1223フィリップ2世王権をトゥールーズ、オーヴェルニュ、プロヴァンスなどフランス南東部から神聖ローマ皇帝領まで拡大
1223-1226ルイ8世1216年 イングランドに侵攻 ジョン王を攻める
1226-1270ルイ9世高潔で敬虔な人格から理想のキリスト教王と評価され 死後カトリック教会より列聖されSaintが贈られる
Saint-Louis 米国の都市、セントルイスの由来
1270-1285フィリップ3世 
1285-1314フィリップ4世財政難の打開を図り、国内の聖職者への課税を図ってローマ教皇と対立
1303年 ローマ教皇ボニファティウス8世を一時幽閉
1309年 教皇庁をローマからアヴィニョンに移転(アヴィニョン捕囚)フランス王権の教皇に対する優位性を知らしめた
1314-1316ルイ10世 
1316-1316ジャン1世出生と同時国王に即位 生後1週間もたたずに死去
1316-1322フィリップ5世ルイ10世の弟
1332-1328シャルル4世フィリップ5世の弟 三度結婚するが男子が生まれず、王統はヴァロア家に移る

ヴァロワ朝(1328-1589)
1328-1350フィリップ6世1337年 英仏百年戦争始まる (フランス王国の王位継承をめぐるヴァロワ朝フランス王国と、
プランタジネット朝およびランカスター朝イングランド王国との戦い)
1350-1364ジャン2世1355年 ポワティエの戦いで大敗して捕虜となる
1364年 ロンドンにて虜囚のままで没す
1364-1380シャルル5世常備軍・官僚層を持つなどして、徴税の基礎を作る
1380年 食中毒で死亡
1380-1422シャルル6世精神的に不安定 狂気王と呼ばれた
1422-1461シャルル7世ジャンヌ・ダルクに助けられ ランスで正式にフランス王として戴冠
1431年 ジャンヌ・ダルクは異端者と断罪され、ルーアンで火刑
1461-1483ルイ11世 
1483-1498シャルル8世1495年 イタリア・ナポリに侵攻 ナポリ王に戴冠 その後敗退 フランスは莫大な負債を抱える
1498-1515ルイ12世イタリア戦争も再開し、1500年 ミラノ公国を征服
1515-1547フランソワ1世レオナルド・ダ・ヴィンチ、ロッソ・フィオレンティーノらの芸術家を保護
1547-1559アンリ2世1559年 カトー・カンブレジ条約でフランスはイタリアへの権利を放棄
1559-1560フランソワ2世中耳炎から脳炎を引き起こし16歳で逝去
1560-1574シャルル9世1562年~1598年 フランス王国国内を二分した宗教戦争(ユグノー戦争)
1574-1589アンリ3世狂信的なカトリック同盟派の修道士ジャック・クレマンに暗殺され、ヴァロワ家は断絶

ブルボン朝(1589-1792)
1589-1610アンリ4世1598年 ナントの勅令を出し、個人の信仰の自由を認める
1610-1643ルイ13世1618 中欧で30年戦争勃発
1643-1715ルイ14世5歳で即位
1659年 スペイン王フェリペ4世の娘マリー・テレーズ(マリア・テレサ)と結婚
1661年 中央集権と重商主義政策をとり、絶対王政を確立
1667年 フランドル戦争、1672年 オランダ戦争、1688年 ファルツ継承戦争、1702年 スペイン継承戦争に参加して領土の拡張と国境の画定を行う
1715-1774ルイ15世政治に無関心で、寵臣ショワズールや愛妾ポンパドゥール夫人に政治を任せ、国民の不満が高まり、フランス革命の原因となる
1774-1792ルイ16世ルイ15世の孫 1770年 オーストリア・ハプスブルク家のマリー・アントワネットと結婚
1789年 フランス革命勃発 1793年 ギロチンで斬首

第一共和政(1792-1804)
1792-1795国民公会1792年9月20日 国民公会の第一回議会で王政廃止 マクシミリアン・ド・ロベスピエール、ジャン・ポール・マラー、ジョルジュ・ジャック・ダントンなどが実権を握る
1795-1799総裁政府 
1799-1804執政政府1799年11月9日 ブリュメールのクーデター(ナポレオンが総裁政府を倒す)

第一帝政(1804-1814)
1804-1814ナポレオン1世1804年 国民投票でナポレオンがフランス皇帝に就任
1805年 オーストリアに侵攻 アウステルリッツの戦い後神聖ローマ帝国を解体
1806年 プロイセン・ロシア戦 プロイセン軍を撃破しベルリンに入城
1807年 アイラウの戦い、フリートラントの戦いで、ロシア軍を撃破
1808年 スペイン、ポルトガルへ侵攻
1813年 ロシア遠征ご敗退1814年 皇帝を退位 エルバ島へ配流される

復古王政(1814-1848)
1814-1824ルイ18世1814年 ウィーン会議(会議は踊る されど進まず)
1815年 ナポレオンのエルバ島脱出
1815年 ワーテルローの戦いでナポレオン軍敗退 セントへレナ島へ配流
1824-1830シャルル10世1830年7月29日 7月革命  オルレアン公ルイ・フィリップを国王とした立憲君主制の王政
1830-1848ルイ・フィリップ二月革命で王政の時代終焉

第二共和政(1848-1852)
1848-1852第二共和政1848年 二月革命で自由主義者、社会主義者11人にる臨時政府が樹立
第二共和国憲法に従って大統領選挙が行われナポレオン1世の甥のルイ・ナポレオンが当選
1851年 ルイ・ナポレオン大統領がクーデターを起し国民議会を解散

第二帝政(1852-1870)
1852-1870ナポレオン3世1852年 国民投票でルイ・ナポレオンの皇帝即位が可決 ナポレオン3世として即位
1870年 プロイセンと交戦。セダンの戦いで惨敗し、ナポレオン3世がプロイセン軍に捕えられ退位
1870ナポレオン4世1870年9月2日~9月4日 政務を執り行う

第三共和政(1870-1940)
1870-1940第三共和政1870年9月 トロシュ将軍を首班として国防政府(臨時政府)が成立
1871年 フランクフルト講和条約でドイツに賠償
1875年憲法が制定され、上院(元老院)と下院(代議院)による二院制となる
1914年~1918年 第一次世界大戦
1919年 パリ講和会議
1929年 世界恐慌 ドイツファシズム台頭

ヴィシー政権(1940-1944)
1940-1944ヴィシー政権1940年 第二次世界大戦勃発 フランス中部の町ヴィシーに首都を置く

共和国臨時政府(1944-1946)
1944-1946共和国臨時政府1945年 シャルル・ド・ゴールを首班とする政権
1946年 ド・ゴール突如大統領を辞任

第四共和政(1946-1958)
1946-1958第四共和政1947年 社会党系のヴァンサン・オリオールが大統領に就任
1953年 ド・ゴール 国民連合を突如解散して政治から引退
1957年 ルネ・コッティ大統領 欧州経済共同体(EEC)を結成

第五共和政(1958- )
1958- 第五共和政1958年 シャルル・ド・ゴール大統領に就任 大統領の執行権を強化
1969年 ジョルジュ・ポンピドゥー大統領
1974年 ヴァレリー・ジスカール=デスタン大統領
1981年 フランソワ・ミッテラン大統領
1995年 ジャック・シラク大統領
2007年 ニコラ・サルコジ大統領



 今回訪れるフランスの世界遺産
 
  遺   産   名  分 類 登録年
  アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群 Arles, Roman and Romanesque Monuments 文化遺産 1981年
  アヴィニョン歴史地区 Historic Centre of Avignon 文化遺産 1995年
  ポン・デュ・ガール Pont du Gard (Roman Aqueduct) 文化遺産 1985年
  歴史的城塞都市カルカソンヌ Historic Fortified City of Carcassonne 文化遺産 1997年
  サンテミリオン地域 Jurisdiction of Saint-Emilion  文化遺産 1999年
  月の港ボルドー Bordeaux, Port of the Moon  文化遺産 2007年
  シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷
           The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes
 文化遺産 2000年
  モン・サン・ミッシェル Mont-Saint-Michel and its Bay 文化遺産 1979年
  パリのセーヌ河岸 Paris, Banks of the Seine 文化遺産 1991年
  ヴェルサイユ宮殿 Palace and Park of Versailles 文化遺産 1979年
  フォンテーヌブローの宮殿と庭園 Palace and Park of Fontainebleau 文化遺産 1981年



 パリの街中は以前来た時にあちこち回っているので、半日くらい郊外で過ごせないか調べてみる。 パリの郊外、半径100Kmくらいの範囲を「イル・ド・フランス」といって、日帰りで出かけられる場所が沢山ある。 以前はこの中の「シャンティイ」に出かけ、お城と「コンデ美術館」を訪れた。

 今回は「フォンテーヌブロー」に出かけるべく、インターネットでルート、時刻表、乗車券などを調べた。
 パリの中の美術館は開館が9時過ぎなので、郊外に出かけるには早めにパリを出て、午前中に観光を済ませ、午後にはパリに戻ってきたほうがよさそうである。 フランス国鉄のHPにアクセスして時刻表を調べると、パリ・リヨン駅を8時半ころ出る列車があり、40分ほどでフォンテーヌブロー・アヴォン駅に着くようだ。 ここからバスでシャトーまで15分程度。 フォンテーヌブロー城が開くのが9時半なのでこの列車が丁度良い。
 列車の切符はパリの地下鉄・バス、郊外への電車に一日乗り放題のモビリス(Zone 1 to 6 Mobilis(15.9 ユーロ))を使えるようで、 しかもフォンテーヌブロー・アヴォン駅からシャトーまでのバスもモビリスを使えるとのこと。 パリに戻ってからも地下鉄乗り放題だそうで、この切符を当日購入することにした。



 9月22日 最終日程表(旅のしおり)が届く。 注目はパリの宿。 ホテルはコンコルド・ラファイエット(Hotel Concorde La Fayette)となっている。 ここは11年前に利用したホテルで、地下鉄1号線のポルト・マイヨー駅のそばのビジネスセンター、パレ・デ・コングレに隣接している。 パリ市内にアクセスするには絶好のロケーションで、フォンテーヌブローに出かけるときに利用するリヨン駅にも1号線だけで乗り換えなしで行ける。 夕方ライトアップされたルーヴル美術館を見に立ち寄るのも良いかなど期待が広がる。


 [ニース(Nice)]

 10月1日(月)  今回のフランス行きはオーストリア航空で成田からウィーンに行き、ウィーンからニースに入る。 出発は成田空港第一ターミナルから。 オーストリア航空はスター・アライアンスに加盟しているので、ANAのマイレージがタップリと期待できる。

 オーストリア航空OS052便は定刻通り10時55分に出発。 離陸後1時間ほどで飲み物と食事のサービスが始まる。 今年の2月にリビアへ行って二週間の断酒があったため、アルコールには極度に弱くなったようで、機内で僅かしか飲んでいないのにすぐに眠たくなってしまう。 食事後のサービスのオーストリア航空特製のウィンナーコーヒーにもほとんど手を付けず、6時間余り寝てしまう。 寝てしまうと時間の経つのは早いもので、すでにウラル山脈を越えてヨーロッパに入っている。

 ウィーン・シュヴェヒャート国際空港には15分ほど早く到着。 乗り継ぎの待ち合わせ時間は4時間ほどある。 空港内で添乗員さんのお勧めの「スターバックス」に入り、エスプレッソで時間をつぶす。 およそ50mlの苦い液体ですっきり目も覚め、二時間で数独・上級問題を7問解いてしまう。

 ニース・コート・ダジュール空港には22時に到着。 空港からホテル・メルキュール・ノートルダムまでは30分ほど。



ニース 朝の海岸
 10月2日(火)  今回の旅はコート・ダジュール(紺碧海岸)の中心地ニースから始まる。 朝食後、出発までの時間を使って紺碧海岸まで出かける。 ホテルを出てノートルダム教会の前を左に曲がり、工事中のトラムの線路に沿って南に歩いておよそ10分。 真っ青な空、紺碧の海、朝日が出たばかりの明るい海岸が広がる。 海はアンジェ湾で、西の端辺りにニース・コート・ダジュール空港がある。 海水は澄んでおり、海岸は小石で歩きやすい。

 ニースは四季を通じて温暖な地中海性気候で、歴史的にも1860年にフランス領となった頃から保養地として注目され、北ヨーロッパの王侯貴族たちが避寒に訪れる高級リゾート地となった。 早朝なのでまだ人出は少ないが、・・・・ すでに泳いでいる人がいた。

 本日はサン・ポール・ド・ヴァンス、モナコ公国、エズなどニース郊外を観光。 最初はニースの北西にあるサン・ポール・ド・ヴァンスへ。

 ホテルを9時に出て40分ほどで、中世の要塞都市サン・ポール・ド・ヴァンスの北側の駐車場に到着。はじめ緩やかな坂を下ると、創業1920年、ホテル兼レストランの「ラ・コロンブ・ドール」が正面に。 このホテルで俳優でシャンソン歌手のイヴ・モンタンと女優のシモーニュ・シニョレが1951年に結婚披露宴をしたという。

サン・ポール・ドゥ・ヴァンス
 かって中世時代にサラセン人(イスラム教徒)の襲撃を防ぐため、コート・ダ・ジュールの山間部では、山頂を城砦で囲んだ村が数多く作られたそうだ。 サン・ポール・ド・ヴァンスもその中のひとつで、「鷲の巣村」と呼ばれている。 鷲が高いところに巣を作るところから、このように呼ばれているらしい。

 城砦は山頂を取り囲むように楕円形で、16世紀のフランソワ1世の頃には軍事的要衝だったらしく、この場所は基地として使われ、城壁の窓は埋められたそうだ。 この地はモジリアーニ、ピカソ、ブラック、マティス、シャガールなどの多くの画家達を魅了し、現在も多くのアーティストがこの村にアトリエを構えている。

 大砲のある北の門から城内に入り、大通りを南に歩く。 花模様の石畳が続き、両側にお土産屋、アート・ギャラリーが並ぶ。 出ている看板一つひとつにも個性を感じる。 水飲み場にはかわいい魚を飾ってあるし、噴水は蓋付の壷の形をしている。 建物は石造りで、全体に白っぽい。

 南の端にある門を出ると墓地があり、ここにマルク・シャガールと妻ヴァヴァ・シャガールの墓がある。 ロシア人画家シャガールは1985年にこのサン・ポール・ド・ヴァンスで亡くなったそうだ。

 サン・ポール・ド・ヴァンスを出て、ニース市街の北側の高速道を東に進み、モナコ公国のモンテカルロ地区に入る。 モナコ港の北側を東に進み、トンネルの手前でバスを降りて、トンネルの中の駐車場からエレベーターで地上に上ると、グランカジノ(ル・カジノ・ドゥ・モンテカルロ)やホテル・パリが建っている。 ここは世界でも最も優雅で豪華な場所。

モナコ公国 モンテカルロ グランカジノ
 グランカジノはパリのオペラ座を手がけたシャルル・ガルニエの設計で、宮殿のような建物。 中には入らなかったが、大理石やクリスタルを駆使した豪華絢爛たる社交場があるそうだ。 併設されているオペラハウスでは、夜毎にオペラやバレエが公演されているとのこと。

   正面玄関前にはアストンマーティン、ランボルギーニ、フェラーリ、ブガティ、アルファロメオなど高級車が無造作に駐車している。 夜になったら更に華やかな場所になるのであろう。 小生から遥かに遠いセレブリティが集う場所のようだ。

 グランカジノの建物の北側を回って東の海側に行く途中に、眼下にヘアピン・カーブがある。 このヘアピンの突き当たりがグランド・ホテルで、このカーブは「グランド・ホテル・ヘアピン」と呼ばれていて、モナコグランプリの難所でもある。

 モナコグランプリはインディ500、ル・マン24時間レースと共に世界三大レースと言われ、1929年から開催されている。 グランプリでは唯一の100%市街地を使ったコースで、道幅が狭く追い抜きが困難なため、ポールポジションを獲得したドライバーがそのまま優勝することが多いそうだ。 このコースで3勝以上優勝したドライバーはモナコ・マイスターと賞賛されるそうで、1987年にロータスに乗り、1989年から1993年まではマクラーレンに乗ってモナコグランプリに6回優勝したブラジル人アイルトン・セナはとても有名。

 この後、王宮、大聖堂のあるロッシュ地区のモナコ岬へ。 ロッシュとは岩のことで、岬全体が岩山となっている。 モナコ岬の南端にモナコ大聖堂が建っている。 この大聖堂、身廊が南北方向に向いていて、正面入り口は南にある。 1875年に建設されたロマネスク・ビザンチン様式の白亜の建物で、1956年にレニエ大公とハリウッド女優のグレース・ケリーが結婚式を挙げた所としても有名。 内部の祭壇の後側には歴代の大公と共にレニエ3世、グレース王妃も眠っており、王妃の墓碑には花の絶えることがないそうだ。

モナコ公国 モナコ大公宮殿
この後、モナコ大公宮殿へ向かう。 ジェノヴァ人が築いた砦の跡に18世紀に建てられたイタリア・ルネッサンス様式の豪華な宮殿。 宮殿正面の入り口の上にはモナコの紋章があり、モナコ建国の由来を表す修道僧の姿が描かれている。 この宮殿は高台にあり、宮殿前の広場のテラスからモナコの港、モナコグランプリのメイン会場を一望できる。

 モナコの国の基礎となったのは1297年。 修道僧に変装したフランソワ・グリマルディがジェノヴァ人の要塞を襲撃し手に入れた時から。 以来モナコはグリマルディ家が世襲する大公(公爵)を元首とする立憲君主制をとっている。

 1918年にフランスと締結されたフランス・モナコ保護友好条約ではモナコはフランスにより保護的な一定の主権の制限を受けるが、外交・軍事はフランスが責任を持つことになっていた。 この条約ではモナコ大公の即位継承にはフランスの同意が必要であり、また大公家が断絶した場合はモナコ公国はフランスに編入されることになっていた。

 その後、2005年のフランス・モナコ友好協力条約ではフランスとの特別な協調関係は維持するが外交面での制限が緩和され、大公家が断絶してもモナコ公国の存続が保証された。 外交に関するフランスとの規定も改められ、事前同意が無くても他国と国交を結べるようになり、日本とモナコの間でも2006年に外交関係が樹立された。 これまでモナコは日本が承認している国の中で、外交関係を有していない唯一の国であったとのこと。

 宮殿前の広場から長い坂を下って港の方に降り、レストラン「La Malizia」で昼食。 この後海岸沿いの道路を西に向かい、トンネルの中で国境を越えてフランスに入り、エズに立ち寄る。

エズ 山頂近くの熱帯植物園
 エズはモナコとニースのほぼ中間地点にあり、海抜427mの岩山の上にある小さな「鷲の巣村」。 ここもサラセン人の襲撃を避けるために、山の上に集落を作ったそうだ。

 ニースに向かう橋の手前にある駐車場でバスを降り、だらだら坂を南に進むと左方向にニーチェの小道がある。 ニーチェが「ツァラトストラはかく語りき」の構想を練ったとかいう所だが、ヤブにの生い茂った、ただの山道。 期待して行かないほうがよい。

 ここから石造りの階段が始まり、中世の石造りの家が小道に沿って折り重なるように建っている。 ホテル・シューブルドール、アートギャラリー、ブティック、教会、カフェ、ホテル・シャトー・エズなど。 添乗員さんの後についてどんどん上ってゆくのだが、どこを歩いているのか全く見当がつかない。

 山頂近くに熱帯植物園がある。 入場料5ユーロ。 山頂の展望台に行くにはこの熱帯植物園に入らなければならない。 熱帯植物園の中はほとんどサボテンが植えられており、その間の小道を登って行くと紺碧の海岸が開けてくる。 更に頂上の城跡は展望台となっていて、南西方向にはニースの手前にサン・ジャン・カップ・フェラ岬、ニースの奥に埋め立てられて造られたニース・コート・ダジュール空港、更に奥にはカンヌの手前のアンチーブ岬まで見える。

 ニースのホテルに戻ったのは17時。 ホテルの近くのレストラン「Le Ligure」で夕食をすませ、ホテルに戻る途中、「このままニースを離れるのはもったいない」という事で、帰り道に夫婦4組、女性1人の合計9人で「Salle Climatisee」というカフェに立ち寄り、ワインを飲み談笑。 旅行が始まったばかりで最初から打ち解ける。 今回の旅行は楽しくなりそうな予感が。



ニース モン・ボロン展望台より天使の湾遠望
 10月3日(水)    本日はニース市内の観光とシャガール美術館で絵画の鑑賞をしてからカンヌに立ち寄り、マルセイユの観光をする。

 9時少し前にホテルを出て、ニースの東の高台に向かう。 ここはモン・ボロン(Mont Boron)という所で高級住宅街。 見晴らしの良い場所(展望台)でバスを降りてしばし美しいコート・ダジュールのニースの海岸(天使の湾と言われている)を眺める。  朝のすがすがしい空気に紺碧の海。 光線の当たり具合も最高に良い。

 この後、市内に下りてきてサレヤ広場で開かれている朝市に立ち寄る。 この朝市は市民のためのもので、肉、魚、野菜、果物、花、雑貨などをテントの中で販売している。 我々と同じように時間潰しに立ち寄ったのか、団体のバスが結構到着する。

 ここから海岸沿いを西に進み、エリザベス女王や昭和天皇をはじめ世界の王室の御用達ホテルとして有名なネグレスコ・ホテルの前を通過し、北にしばらく走って、北東に進み、ニース・ヴィル駅の北側を通過してシャガール美術館に9時55分に到着。

ニース シャガール美術館 律法の石版を受けるモーセ
 シャガール美術館には10時の開館と同時に入場。 美術館の中央にある大きな部屋には、旧約聖書の「創世記」と「出エジプト記」を題材にした作品12点が並んでいる。 大きさはおよそ3mx2mほどで、人類創造、楽園を追放されるアダムとイヴ、ノアの方舟、アブラハムと三天使、イサクの燔祭、イサクとヤコブの逸話、燃ゆる柴の前のモーセ、律法の石版を受けるモーセ、モーセの奇跡などがテーマとなっている。 聖書に関する連作は、悲惨を極めた第2次世界大戦が終ってからシャガールがずっと温め続けていた構想だとか。

 六角形の部屋には、旧約聖書の「ソロモンの雅歌」をテーマに描いた5枚の連作がある。 男女の愛を賛美した「雅歌」に呼応するかのように全ての作品が情熱的な赤で彩られている。 入り口の壁には、シャガールの妻への献辞の言葉「私の喜びであり歓喜である我妻、ヴァヴァへ」と書かれたプレートが架かっている。

 一番奥にはコンサート・ホールがあり、「天地創造」を表したステンドグラスからの青い光がホール全体を覆っていた。 舞台の上にはピアノとチェンバロがあり、チェンバロの覆いにもシャガールの描いた絵がある。

 野外の壁にはモザイク画がある。 三頭立ての馬車に乗った預言者エリヤが描かれており、エリヤの周囲には黄道十二宮がある。

 この美術館を訪れる前はシャガールにはそれほど関心を持っていなかった。 シャガール・ブルー、シャガール・イエロー、シャガール・レッドが強烈に迫ってきた。 また旧約聖書を題材とした12点、ソロモンの雅歌の5点の作品で、シャガールをより身近に感じるようになった。


 [マルセイユ(Marseille)]

カンヌ 黒澤朗監督の手形
 11時にシャガール美術館を出て1時間ほどでカンヌに到着。 カンヌは国際映画祭の開かれる町。 ヴェネチア国際映画祭、ベルリン国際映画祭とあわせ、世界三大映画祭といわれている。 1930年代後半、イタリア・ファシスト政府の介入を受け次第に政治色を強めたヴェネチア国際映画祭に対抗して、フランス政府の援助のもと開催される事になったのがカンヌ国際映画祭。1939年から開催する予定だったが、第二次世界大戦勃発のため中止。 終戦後の1946年から正式に開催された。

 バスを降りたのはカンヌ市庁舎の前。 豪華なクルーザーがたくさん停泊している旧港を右手に見ながら超高級ホテル、高級レストラン、ブティックなどが並ぶクロワゼット大通りを東に進むと、カンヌ国際映画祭のメイン会場に使われるパレ・デ・フェスチバル・デ・コングレの前に出る。 本日は何か催し物があるらしく柵がめぐらされていて会館には近づけない。

 会館の前の広場にスターの手形があるからと添乗員さんが案内してくれたが、警備の人に追い出されそうになる。 添乗員さんが交渉の末、「黒澤朗監督の手形のところだけでも」と案内してくれた。 多くの映画スターや監督の手形と一緒に「90 Akira Kurosawa」のサインと右手のぽっちゃりした手形の焼き物が埋め込まれていた。

 市庁舎の前を通って旧港を反対側に回り、ミディ海岸のレストランで昼食をとり、マルセイユに向かう。

マルセイユはフランス最大の港湾都市。 人口もおよそ83万人の大都市。 この町の歴史は古代ギリシアの一民族であるフォカイア人が紀元前600年頃に築いた植民都市マッサリアにその端を発している。 ローマ帝国の進展とともにこの都市もローマ化していった。 中世にはあまり振るわず、近代になってから産業の要地となり、現在の商工業を中心とする市街が発展したようだ。

 バスでマルセイユ旧港に着き、ここでいったん下車。 この旧港、カンヌの旧港に似ているが、停泊しているのはヨットや小型漁船、連絡船など。 旧港の南の丘の上にノートル・ダム・ド・ラ・ガルド寺院がひときわ高くそびえている。 この寺院に地中海沿いの道路から登ってゆく。

マルセイユ ノートル・ダム・ドゥ・ラ・ガルド寺院
 海沿いの道を行くと、マルセイユの沖合い西におよそ2Km程のところに小さな島「イフ島」が見える。 この島にはフランソワ1世が海からの防御拠点としての要塞「イフ城(シャトー・ディフ)」を建設した。 その後、シャトー・ディフは孤立性と潮の流れから脱獄が困難であるため、政治犯や宗教者を収容する牢獄として利用されるようになった。 ここを訪れたアレクサンドル・デュマ・ペールは小説「モンテ・クリスト伯」の構想を練り、このシャトー・ディフを小説の舞台に選んだようだ。

 小高い丘(海抜154m)の上に建つノートル・ダム・ド・ラ・ガルド寺院はマルセイユのシンボル。 ノートル・ダムとはフランス語で「われわれの貴婦人」という意味で、聖母マリアのことを指すそうだ。 ガルドは「守護」。 したがってノートル・ダム・ド・ラ・ガルド寺院はマルセイユの「守護聖母マリア寺院」ということになる。

 13世紀にこの場所に小さな聖堂が建てられた。 現在の聖堂は18世紀中頃に建築家エスペランデューの設計によるものでローマ・ビザンチン様式のバシリカ。 内部の豪華な装飾に縞模様の大理石の柱はどこかイスラムの世界を思わせる。 また堂内にはたくさんの奉納品が飾られており、人々の信仰の篤さをうかがわせる。

 外に出るとテラスがあり、西には地中海、北には旧港、北東から東、南にマルセイユの市街が広がる大パノラマを楽しむことができる。 41mあるという鐘楼の上には黄金の聖母子像が建っていて、航海に出る船乗りたちを見守ってきたそうだ。

マルセイユ ロンシャン宮
 この後、添乗員さんの計らいで、予定に入っていないロンシャン宮に行く。

 この建物は1839年、干ばつと人口増加による水不足の解消を目的に、デュランス川からマルセイユ市内へ運河を通した時、運河の終点に建てられた宮殿。

 デュランス川と聞くとプロヴァンス地方のデュランス川流域での大きなダムの建設をめぐって一人の少女が成長していく様を描いたフランス映画「河は呼んでる」と共に、中原美紗緒の澄んだ歌声「♪デュランス川の流れのように 小鹿のようなそのあしで 駆けろよ駆けろかわいオルタンスよ 小鳥のようにいつも自由に・・・」を思い出す。

 このロンシャン宮、宮殿の名がついているが、宮殿ではないようだ。 市民の憩いの場になっているようで、中央の給水塔の下に大きな噴水があり、給水塔の左翼部分は美術館、右翼部分は自然史博物館になっているそうだ。 美術館は工事のため2010年まで閉館しているとのこと。

マルセイユ ブイヤベース
 夕食はマルセイユ旧港近くのレストラン「Des Allees」でマルセイユ名物の海鮮スープ料理・ブイヤベース。 このブイヤベースは世界三大スープ(ブイヤベース[フランス]、トムヤンクン[タイ]、ふかひれスープ[中国])の一つとも言われている。

 もともとはマルセイユの漁師が売れ残った魚を大鍋で煮たものがブイヤベースの始まり。 現在では脂の乗った白身の魚を数種類、ムール貝やハマグリ、オマール海老、さらにハーブを数種類加えて煮込む。 これで海鮮風味豊かな黄色い濃厚なスープができあがる。

 まず、フランスパンとアイオリソース(オリーブオイルで溶いたマヨネーズにニンニクを入れたもの)が出てくる。 パンにアイオリソースをつけて、皿の中に入れ、この上からブイヤベースのスープをかける。 柔らかくなったパンと共にスープをいただく。

   次にブイヤベースに入れた「ほうぼう」「アナゴ」「小エビ」「じゃがいも」が運ばれてきた。 こちらの方は味が全て出てしまったのか余り美味しさを感じなかった。 それにしてもブイヤベースを本場マルセイユのレストランでいただけるなんて贅沢なことである。

 このまま今夜はマルセイユに泊まって、明朝マルセイユ旧港で魚の荷揚げなどを見物・・・となれば最高なのだが。 マルセイユに宿を取れなかったようで、一時間ほど東に戻り、トゥーロンのホリディ・イン・ガーデン・コート・ホテルに到着したのは21時。


 [アルル(Arles)]

 10月4日(木)    本日はマルセイユの北にある、セザンヌゆかりの地エクス・アン・プロヴァンスを訪ね、午後にはアルルに行く。

エクス・アン・プロヴァンス サン・ヴィクトワール山
 8時半にトゥーロンのホテルを出て、一時間余りでエクス・アン・プロヴァンスのローブの丘に到着。 この場所は東にサン・ヴィクトワール山がよく見え、セザンヌが何枚もこの山を描いた場所。 丘のあちこちにセザンヌの描いた「サン・ヴィクトワール山」のコピーを置いてある。   セザンヌが描いた「サン・ヴィクトワール山(Mont Sainte-Victoire)」は小生が調べただけでも24点あり、最も初期のものは1870年に描かれている。 特にセザンヌがこの丘のそばにアトリエを構えた1902年以降は13点も描かれており、構図もほとんど同じである。

 ローブの丘のそばにあるセザンヌのアトリエに行く。 エクス・アン・プロヴァンスの市内に住んでいたセザンヌは1901年にエクスの北のこのローブに土地を購入し、自ら設計したアトリエを建てて、街中からせっせと通ったそうだ。

 二階建てのこじんまりした建物だが、二階にあるアトリエは大きく、北側には柔らかい光を入れるための大きな窓があり、大作を搬出するのに使ったのであろうか、この大きな窓の横には縦長の細い戸が付いている。 灰色の壁に設けられた棚には絵の題材として使った果物や頭蓋骨、さまざまな置物などが並んでいる。 イーゼルや小さなテーブルの上の絵の具にパレットなど当時の様子を再現しているらしい。

   大作「水浴:Bathers (Les Grandes Baigneuses)」もこのアトリエで描かれたようで、何も描かれていない大きなキャンバスのそばには大きな脚立が置いてあった。

   この後エクス・アン・プロヴァンスの市内を散策する。 町の北のサン・ソヴァール大聖堂は5世紀から17世紀までのさまざまな様式(ロマネスク、ゴシック)が混ざった聖堂で、1906年10月24日にここでセザンヌの葬儀が行なわれたとのこと。

 南に進むと天文時計の付いた時計塔があり、そばには市庁舎がある。 ド・ゴール将軍広場の大噴水から東に伸びるミラボー通りの東端にセザンヌの父が家業としていた「クール・ミラボーの帽子屋」がある。 セザンヌは1839年この地で生まれている。

 プラタナスの並木道のメイン・ストリート、ミラボー通りの両側にはカフェテラスやレストラン、ブティックが立ち並び、あちこちに噴水が設置されている。 中には34℃の温泉水を噴出す噴水もあった。

 昼食をド・ゴール将軍広場のそばの「Le Palatino」でとり、この後アルルに向かう。

アルル 跳ね橋
 アルルの町の南、3Km程のところにゴッホの跳ね橋として有名なラングロワ橋がある。 ゴッホの描いた「アルルの跳ね橋」というふれこみだが、見てすぐに感じたのはまったくの別物。

 ゴッホの描いた跳ね橋を数点見比べると「橋の橋脚が岸から迫り出している」「跳ね橋の色は黄色い」などの共通点があるのに、ここの跳ね橋は橋脚はほとんど無く運河の幅と同で、それに橋の色は黒い。 実はこの橋、ゴッホが描いたものを基に商工会議所などが第二次大戦後に再現したものらしい。

 観光用の跳ね橋ではあるが、何となく雰囲気だけは味わえたということで良しとすべきか。

 今ではオークションで落札予想価格一万円の「農婦」が、ゴッホが描いた絵ということがわかっただけで、6,600万円に跳ね上ってしまう状況(2003年)。 ゴッホが生きていたときにはたった一枚しか絵は売れなかったそうだ。 弟テオの仕送りで生活し、アブサンをいつも飲んでいて酒臭く、汚い格好をしていてアルルの人々からは嫌がられていたという。

 1888年、ポール・ゴーギャンと共同生活を始めたが、二人の強烈な個性はぶつかり合い、ゴッホがカミソリを持ってゴーギャンを追い掛けまわす事もあったという。 ゴッホの耳そぎ事件で二人は決別。 その後入退院を繰り返したアルルの2年間。 さまざまなことに思いを馳せているうちに、バスはアルルの町に到着。

アルル エスパス・ヴァン・ゴッホ
 ジョージ・クレマンソー通りの市庁舎のそばでバスを降り、歩いて北に進みフォーラム広場へ。 このアルルは紀元前1世紀頃からローマの商業都市として栄えていたので、あちこちにローマ遺跡があり「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」として世界遺産に登録されている。 フォーラム広場もローマ都市の名残。 今夜の宿はこのフォーラム広場の南に建っているその名もフォーラム・ホテル。

 なんと、ホテルの前の広場の北側に「カフェ・ヴァン・ゴッホ」があるではないか。 かのゴッホの描いた「夜のカフェテラス」の題材となった場所がここなのである。 カフェの写真は夜になって撮れば良いので、手荷物をホテルに置いてアルルの街中の観光に出かける。

 まずはゴッホが入院していた病院エスパス・ヴァン・ゴッホへ。 ゴーギャンとのいさかい、耳そぎ事件の後に精神錯乱をおさめる為にゴッホが入院した病院跡。 現在は文化センターとなっているが、中庭はゴッホの描いた絵をもとに復元されている。

 養魚池が中庭の中心にあり、八つの花壇にはオレンジの木とキョウチクトウの低木が植えられていて、ゴッホは二階のテラスからこの情景をキャンバスに写し取ったようだ。

アルル サン・トロフィーム教会
 次にアルルのローマ遺跡を見学に行く。 まずは市庁舎のそばにあるロマネスク様式の教会堂、サン・トロフィーム教会。 11世紀頃、当時アリスカンに眠っていた聖トロフィームの聖遺物(遺体)を、この教会に安置しなおそうということになり、現在の教会堂の原型ができた。 1152年に聖トロフィームの聖遺物が移されると、彼にちなんで「サン・トロフィーム大聖堂」となった。 ここはフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の出発地点でもある。

 西正面(ファサード)のタンパン(教会の扉のすぐ上にあるアーチの半円形の部分)には、最後の審判の彫刻がある。 ここにはイエスが中心にあり、マタイ、ルカ、マルコ、ヨハネらが黙示録を持った四つの獣の姿として描かれている。 その下のリンテル(まぐさ石)には十二使徒が、壁には受胎告知や諸聖人が刻まれている。

 15世紀にはゴシック様式の内陣が付け加えられたとのこと。 1801年に司教座聖堂から小教区教会に格下げになり、現在いに至るという。

 次は北に進んで古代劇場へ。 紀元前1世紀末に建造された劇場の遺跡。 劇場には1万人収容でき、古代ギリシャ式や古代ローマ式の喜劇、悲劇、パントマイムなどが上演されていたという。 後の世に教会や有力者の邸宅を建てる為に石材は略奪され、現在舞台の上にあった2本の柱が残るのみ。

 古代劇場の北側に円形闘技場がある。 こちらは1世紀末につくられた古代ローマの公共建造物で、観客を集めて剣闘技や公開処刑、その他見世物などに使用された。 中世になってからはこの中に家が200軒も建てられ、礼拝堂もあり、町を形成していたそうだ。 19世紀には闘技場として再建され、現在でも夏から秋にかけて闘牛が行われているとか。 闘技場の大きさは長径136m、短径107mで、2万人収容可能とのこと。

アルル 夜のカフェ(カフェ・ヴァン・ゴッホ)
 夜になってからホテルの前に出て、ゴッホの描いた「夜のカフェテラス」の構図を思い浮かべ、カフェ・ヴァン・ゴッホの横でカメラを構える。 今回の旅行には夜景を撮りたくて三脚を持参した。 このアルルですぐに役立とうとは思っても見なかった。

 お目当てのカフェの方は今日は休業のようで、店は閉まっているがテーブルと椅子は表に出されたままになっている。 このお店、添乗員さんには余り評判が良く無いようで、 「あまりご利用はお勧めしません」とのこと。 ゴッホの絵の中には数人客がいたようだが、休業ではしかたない。

 場所、構図、撮影の条件を変えて20枚ほど写真を撮り、ホテルの部屋に戻ってからパソコンにデータを転送して画像を確認する。 ライトの当たり具合、カメラの高さなどが気に入らない。 明日の夜もチャンスはあることだし、風呂のも入ってしまったので今夜はこれでおしまい。

 気になると目覚めが早いようで、朝4時に起きてしまい、この時間にでも深夜のカフェを撮影できないかトライしてみる。 カメラ、三脚を持って階下に降り、ホテルの玄関へ。 残念ながら玄関のドアーには鍵がかかっている。 あきらめて引き返そうかと思ったら、気配を感じたのかホテルの当直の人が出てきて、鍵を開けてくれた。

 ヨーロッパの朝は遅い。 4時半になろうとしているが、まだ真っ暗で星がきれいに光っている。 昨夜の反省をもとに十数枚撮影。 早朝の努力で我ながら満足の出来る写真が撮れたと思っている。



 10月5日(金)    本日はアルルの北、フォンヴィエイユ、レ・ボー・ドゥ・プロヴァンス、サン・レミ・ド・プロバンス、アヴィニョンなどの観光に出かける。

フォンヴィエイユ ドーテの風車
 やっと夜が明けた8時20分、ホテルから歩いてジョージ・クレマンソー通りまで行く。 道が狭くてホテルのそばまで大型のバスが入ってこれないため。 ここから北へ10Km、バスで15分ほどのフォンヴィエイユ村の丘の上にある風車小屋へ。 周りには樹木も無い殺風景な台地にぽつんと一基の風車が建っている。 石つくりの小屋で出来た風車の形はスペインのラマンチャ地方の風車に似ている。 これが「風車小屋だより」で有名なドーデーの風車小屋だそうだ。

 アルフォンス・ドーデー(Alphonse Daudet:1840~1897)はこの近くのニームの生まれ。 新聞記者をしていた兄を頼ってパリに出て、初めて出した詩集の評判がよく、幸福なスタートを切る。 生まれ故郷のプロヴァンスをこよなく愛していて、フォンヴィエィユ村のさびれた風車小屋を買いとってそこを別荘にしようとしたそうだ。

   ドーデーの『風車小屋だより』の中では、ここに移り住んで、風車のまわりの牧歌的な風景、この丘に住む動物たち、仕事が無いのに風車に愛着を持ち壁のかけらを石臼に入れて回しているあわれなコルニーユじいさんの話、碧い空と碧い海、緑の野のプロヴァンスなどを詩情豊かに描いている。 ドーデーは実際にはこの風車小屋には住んでいなかったという。

 ドーデーのころは十基あったという風車小屋も今では一基だけ。 しかも翼はワイヤーで縛られていて動かない。 風車小屋の屋根のてっぺんにある黒い「風見雄牛」が寂しげであった。

レ・ボー・ドゥ・プロヴァンス レ・ボー城
 フォンヴィエイユ村から東におよそ20Km、アルピーユ山地の断崖に囲まれた台地の町レ・ボー・ドゥ・プロヴァンスに行く。 この辺りは石灰岩で出来た岩山が連なり、荒涼とした風景が広がっている。 目指すは岩山の頂にそびえるレ・ボー城。 かってこの地を誇り高く反骨精神の豊かなボー一族が支配していたが国王や法王に反抗し、衰退の一途をたどった。 1632年にはルイ13世により城と城壁が完全に破壊され、廃墟となってしまったそうだ。

 400人余りが暮らす山里だが、もとは城下町。 現在は土産物屋で賑わっている。 レ・ボー歴史博物館で日本語音声ガイドを受け取り城内に入る。 ほとんど何も無く、復元した巨大な投石機と門を破壊するのに使ったのか移動式のシーソーブランコのような機械がぽつんと置いてある。 岩山をくりぬいた城址は何も無く、寒々としている。 城址の頂上からの眺めはすばらしく、北東には石灰岩のアルピーユ山脈が見え、西の谷にはオリーブ畑が広がり風光明媚。

 それにしても音声ガイドは重い。 手に持って耳に当てながら歩くと腕がだるくなる。 せっかくイヤホンガイドを付けているのだから、「音声ガイドの音をイヤホンガイドのマイクを通して」と添乗員さんにお願いしたら快く引き受けてもらった。

 このレ・ボーで特記すべきこと。 アルミニウムの原料となるボーキサイト(bauxite)はレ・ボーで発見された鉱石で、ボーキサイトの語源となってる。

サン・レミ・ド・プロバンス 旧サン・ポール・ド・モーゾール修道院
レ・ボーからバスで北に10分ほど走り、サン・レミ・ド・プロバンスの郊外にあるゴッホの入院していた精神病院に行く。 ここはサン・ポール・ド・モーゾール修道院があった所で、教会や修道院の建物、中庭・回廊などが残っている。 この修道院の建物の一部にゴッホが入院していた当時の病室を再現してある。 見学できる棟と別な建物は現在も精神病院として使われているそうだ。

 駐車場から精神病院の入り口までの道の脇にはアーモンドの木が。 ゴッホは外に出て絵を描くことを許されていたようで、ヒマワリと絵筆を抱えたゴッホの像がこの道においてある。

 アルルからこの病院に移ってきたのは1889年5月3日。 翌1890年5月6日までの一年間に数々の作品を描いている。 この修道院跡の中にも現在入院している患者さんの作品が展示されていて、「ドキッ!」とさせられるような作品もあった。 もしかしたら将来の大画家が・・・・。

 ゴッホはこの病院を出てパリに戻り、パリ近郊の小さな村オーヴェール・シュル・オワーズで1990年7月27日自らの胸に銃弾を打ち込み、29日死亡。 享年37歳であった。 画家として活動したのは10年間ほど。 油絵およそ900点、素描1,100点を残していると言われている。 嵐のように激しく、短い人生だったようだ。

 午後にはアヴィニョンの教皇庁宮殿サン・ベネゼ橋を見に行く。 アヴィニョンが歴史に大きく登場したのは「アヴィニョン捕囚時代」から。 13世紀後半、フランス領内にある教会や修道院の収める税を巡ってフランス王とローマ教皇が対立していた。 ローマ教皇を追い詰めたアナーニ事件の後、1305年にボルドー大司教がローマ教皇に選出され、クレメンス5世としてリヨンで即位した。 フランス人教皇誕生の背後にはフィリップ4世の強い影響力があったといわれている。 クレメンス5世はフランス王フィリップ4世の意を受けてローマには行かず、枢機卿団と共にアヴィニョンに滞在し、ここに教皇庁の移転を宣言した。

アヴィニョン 教皇庁宮殿
 1309年クレメンス5世がアヴィニョンに居を定めて以来、1377年にグレゴリウス11世がローマに戻るまで7代の教皇、69年間このアヴィニョンが事実上の「キリスト教界の首都」となった。 この間に教皇庁宮殿、大司教館などが建てられ、現在アヴィニョン歴史地区として世界遺産に登録されている。

 現存する宮殿の建設に取り掛かったのはクレメンス5世の2代あとのベネディクト12世。 彼は厳格な人物で清貧を好んだそうで、装飾の少ない建物が造られた。 宮殿の西側の広場から見ると、宮殿と言うよりも堅牢な要塞といった感じである。 この頃は教皇であっても自ら身を守らなければならなかったようだ。

 外壁には10基の見張り棟を建て、門の所には防御用の石落とし、財務官の間の床下には財宝を隠す穴を設けるなど、城の見学をしている感じ。 この辺りは北の旧宮殿であったが、南の新宮殿に入ってくると景色は一変する。

 南の新宮殿はフランス貴族出身のクレメンス6世が建てたものだそうで、アーチ型天井の祝宴の間、教皇謁見控えの間や教皇の寝室などには豪華な装飾やフレスコ画が描かれている。

 教皇がローマに戻った後に幾たびかの混乱期があり、室内装飾や家財は持ち去られ、フランス革命時にさらに破壊されたそうだ。

アヴィニョン サン・ベネゼ橋(アヴィニョンの橋)
 アヴィニョンと言えば童謡 「アヴィニョンの橋の上で」 (門馬直衛作詞・フランス民謡)
 ♪橋の上で おどるよおどるよ 橋の上で 輪になっておどる
       紳士も来る 奥さんも来る
 ♪橋の上で おどるよおどるよ 橋の上で 輪になっておどる
       坊主も来る 軍人も来る
 ♪橋の上で おどるよおどるよ 橋の上で 輪になっておどる
       のんべも来る おてんばも来る

 この橋はアヴィニョンのローヌ川に架けられた石造りのアーチ橋で教皇宮殿の北東にある。 12世紀に羊飼いベネゼが神の啓示を受けて建設したものとされている。

 橋はローヌ川の中州を越えて対岸のヴィルヌーブ・ レ・ザビニョンまで達する長さは920m、幅は4m、22連のアーチがあったそうだ。 何度かのローヌ川の度重なる氾濫で被害を受け何度も橋が崩壊、その度に修復を強いられ財政を圧迫したという。 17世紀以降は遂に修理を断念。 現在は4つのアーチと橋の上にサン・ニコラ礼拝堂が残っている。
 「橋の上でおどる」には狭すぎて、「輪になって踊るならば陸のアーチの下辺りかな」とはガイドさんの弁。 アヴィニョンを離れる前に添乗員さんの計らいでローヌ川の中州で写真ストップ。 先ほどの教皇宮殿、サン・ベネゼ橋がとても美しく見える場所。 添乗員さんに感謝!。

ポン・デュ・ガール ローマ水道橋
 アヴィニョンの西およそ15Kmの所に2,000年前に造られたローマ水道橋・ポン・デュ・ガールがある。 古代ローマ人がガリア(現在のガール県)に植民地を開いた時に造ったもの。 ニームから25Km離れたユゼスの近くに湧き出るユールの泉から高低差を考慮し、山を迂回して東側を通し、ガルドン渓谷に水道橋を架けて水を引き込んだと言う。 導水の距離は50Km、ユゼスとニームの高低差はたったの17m。 平均勾配1Kmあたり34cmで造ったことになる。

 ガルドン川に架かる水道橋はローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの腹心アグリッパが建造したそうで、 三層構造の石造りのアーチ橋で高さ49m、長さは275mある。 最下層は6アーチ、中層が11アーチ、最上層は35アーチとなっており、一番上の水を流す水路には漆喰で水がもれないように目止めをしてあり、さらに石の蓋で密閉されている。

 上層になるほどアーチは小さくなり、安定感のある外観 強度を保ちながら、少ない材料で橋を高くする合理的な設計。 橋に使われている石材は下層は大きく、上層になると共に小さな石を使っている。 しかも同じ層の石はほぼ同じ大きさに切りそろえられていて、2,000年前に既にプレハブ工法が有ったのではとも言われている。

 スペイン/セゴビアの水道橋もすばらしかったが、安定感のあるポン・デュ・ガール、こちらもすばらしい。 川辺まで降りていって暫し見とれていた。


 [カルカッソンヌ(Carcassonne)]

 10月6日(土)    本日はアルルを離れ、ニームに立ち寄りローマ遺跡を見学した後、カルッカソンヌに移動する。 まだ薄暗い8時過ぎにホテルを出て、45分ほどでニームに到着。

ニーム メゾン・カレ
 ニームは初代ローマ皇帝アウグストゥスによってローマの植民都市になり、都市建設が進められ、水道設備、神殿、闘技場等が造られた。 昨日訪れたローマ水道橋・ポン・デュ・ガールやニームの市街地にあるメゾン・カレ、円形闘技場などがこの頃造られたもの。

 古代ローマの公共広場(フォーラム)に建つメゾン・カレ(方形の家)は、紀元前20年頃アグリッパ(ポン・デュ・ガールを造った人)によって建てられた古代ローマ時代の神殿。 古いフランス語では4つの直角を持つ長方形を全て「カレ(方形)」と呼ぶそうだ。 この建物はローマ建築がギリシアの影響を強く受けていた頃を代表する神殿。

 アウグストゥス皇帝の孫で養子になったガイウス・カエサルとルキウス・カエサルに捧げて建てられたそうだ。 アポロン神殿を模して造られたようだが、柱はコリント式柱頭となっている。 奥行き26m、幅15m、高さは17mで、列柱で区切られた拝廊と神を祭る聖室から出来ている。

 この建物、初めて見たのにどこか懐かしい、どこかで見たような気がしてならない。 後で気が付いたのだが、パリのマドレーヌ寺院。 一説によるとマドレーヌ寺院はこのメゾン・カレを真似てナポレオンが作らせたそうだ。

ニーム ワニと椰子の木の道標(直径6cm程)
 ニームの市街を南西方向に散策しながらニームの市庁舎に出る。 市庁舎の玄関から中に入って階段のところの天井にワニの剥製が吊り下がっている。 また、市庁舎前のマルシェ広場にはワニの噴水と椰子の木がある。 さらに道路にはワニと椰子の木をデザインした道標が並んでいる。

 これはニームの街の紋章だそうで、由来は古代エジプトまで遡るという。 椰子につながれたワニはローマがエジプトを征服したことを表し、ローマ時代にこれをかたどった硬貨がニームで鋳造されたとのこと。

 後世になってから、ニームのあちこちでこの硬貨が見つかり、ニームの人々はこのデザインに愛着を持ったようだ。 1535年にフランソワ1世からニームの紋章とすることが許され、紋章は市民の誇りとなった。 1986年には再デザインされて現在街のいたるところで使われているという。

ニーム 円形闘技場
 市庁舎の南、歩いてすぐのところに円形闘技場がある。 外からの眺めでは、この建物が2,000年前に造られたものとは信じ難いほど保存状態が良い。 長径133m、短径101mの楕円形で、高さ21mで2層構造。 各層にはそれぞれ60のアーチが付いている。

 中に入ると古代ローマ時代の伝統的なアーチ式天井の回廊が外周に沿って巡らされ、 場内の出入り口に繋がっている。 収容人員は25,000人だそうで、座席は観客の社会的身分、地位によって区分されていたそうだ。

 冬には天幕ドームが張られ、現在でもバレエやオペラなどのコンサートやイベントの会場として使われており、7月にはジャズ・フェスティバルが、またフランスでは珍しく闘牛も行なわれているそうだ。

 最上段まで階段を上がり、一周するとニームの街全体を眺めることが出来る。 北にはノートルダム教会の2本の鐘楼が見え、北西にはフォンテーヌ庭園の中にあるマーニュの塔も見えた。

ニームでの特記事項:15世紀にニーム地方で織られたセルジュ・ドゥ・ニームというのがある。 セルジュとはサージ(綾織)のことで、ニームのサージということ。 後に略称としての「デニム」が定着したとか。 横糸として漂白糸、縦糸には染糸を用い、藍色、褐色を用いたものが多かった。 最初は毛織物だったが次第に綿が主流に。

 1850年代、ゴールドラッシュで沸くアメリカに厚手のデニムをテント地にして持ち込んだら大当たり。 さらにデニムの丈夫さを利用してズボンを作ったところ大流行したのがデニムズボン、すなわちジーンズ。 ニームはデニム発祥の地でもあるそうだ。

カルカッソンヌ コンタル城
 ニームを10時半に出て、ひたすら南西に走り、3時間ほどでカルカッソンヌに到着。

カルカッソンヌはフランス最南部、ピレネー山脈の麓にあり、ローマ時代からの交通の要衝。 17世紀まではここにスペインとの国境があり、地中海と大西洋の中継点でもあったためローマの征服、ゲルマン、サラセンの占領、さらにフランスに譲渡されるまでさまざまな人種の行き交う交差点だったようだ。

 カルカッソンヌは古代ローマ時代から発達したシテ(城塞)と、オード川をはさんで向かい側にある城下町サン・ルイの二区画からなる都市である。 二重の城壁に囲まれたシテは19世紀に建築家ウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュクにより修復された。 このシテはヨーロッパ最大の城塞都市とのこと。

 城塞の東側でバスを降り、ナロボンヌ門からシテの中に入ると景色は一変し、そこは中世の建物。 シテの中で昼食をとり、コンタル城の見学に行く。

カルカッソンヌ コンタル城 木造の張り出し回廊
 コンタル城は12世紀に建てられた歴代領主トランカヴェル子爵の城館。 城門の両脇に塔があり、二重の落とし格子や多くの狭間がある。 城の城壁や塔には木造の張り出し回廊(ウール)が巡らされて、石落しが設けられている。 ここから石や湯、煮えたぎった油などを落とし、敵をやっつける為だとか。 最初は小さな石を落とし、傷ついた兵士を助けに寄って来た敵を今度は、大きな岩や煮え湯でまとめてやっつけたそうだ。

 シテの二重城壁の外壁と内壁の間を歩く。 この城壁は何度も増築、修復が行なわれたようで、内壁の方が外壁に比べて高くなっている。 また、シテの北側の内壁には3世紀頃のレンガと小石で出来た壁が埋まっており、そのまわりを13世紀の石壁が補強している。

 コンタル城の南には12世紀頃のロマネスクとゴシックを融合した様式を持つバジリカ様式のサン・ナゼール教会と、現在はアーチ天井の柱の一部だけが残っている修道院跡がある。 また教会のすぐ近くには地下牢や野外劇場もある。 これらは中世の都市として無くてはならないアイテムで、戦いとその傷をいやすための設備だったようだ。

 今夜の宿はオード川に架かる橋ポン・ヴューのたもとにあるホテル・トロワ・クロンヌ。 部屋のベランダから川の向こうに今日見学したコンタル城が正面に見える。 夕食前には夕日に照らされて徐々に色を変えてゆく城塞の姿を、 夜には全体がライトアップされた城塞をと、 すばらしい時間をすごすことが出来た。


 [ボルドー(Bordeaux)]

 10月7日(日)    本日はラングドックのカルカッソンヌを発ち、トゥールーズを通り、大西洋岸地方のボルドーまで移動する。 8時にホテルを出て、高速道路を北西に走り、1時間半でトゥールーズに到着。

 トゥールーズは古代ローマ時代から軍事と交易の中心地で、 5世紀にはゴート族の都として栄えた。 中世フランスでは商業の中心地として発展、 大司教座が置かれサン・セルナン聖堂は著名である。 又この地は、アルルからピレネー山脈を超えてスペインへ至る「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路」にも当たり、1998年にユネスコの世界遺産に登録されている。

 またトゥールーズはフランス6番目の大都市で、航空宇宙産業の街でもある。 カルカッソンヌ方面から来ると、途中に宇宙基地かと思わせるような宇宙ロケットの模型が展示されたテーマパークがある。 フランスが世界に誇るコンコルドやエアバスはこの街から生まれたそうだ。

トゥールーズ サン・セルナン聖堂
 9時半にサン・セルナン聖堂の東側に到着。 サン・セルナン聖堂はこの地にカトリックを伝えた聖サトゥルヌス (フランス語ではセルナンという) を祀る聖堂で、11世紀から12世紀にかけて建立され、13世紀から14世紀に増築された。 レンガ造りのロマネスク様式の教会で、フランスでは最大規模のものだそうだ。 八角形の鐘楼はトゥールーズ独自のスタイルで高さは67mある。

 南入口のタンパン(半円形の部分)にはキリストの昇天が彫られている。 キリストを両側から天使が支えており、両端の狭くなった部分では天使が膝を曲げ、枠の形に合わせた姿勢をとっている。

 今日は日曜日。 中に入るとミサの最中。 石とレンガが組み合わせられたバシリカの列柱と柱に沿って並んだシャンデリア、 神父さんの物静かな説教に響きのあるオルガンの音と賛美歌がとても印象的であった。

トゥールーズ ジャコバン修道院 中庭
 サン・セルナン聖堂から南に10分ほど歩くと、ジャコバン修道院がある。

 ここは聖ドミニクによってつくられたドミニコ会最初の修道院。 この修道院はキリスト教の異端宗派とされた、極度に禁欲的な戒律を奉じたカタリ派を制圧するための教義を広める拠点となったとのこと。

 13世紀から14世紀にかけて建てられたゴシック様式のジャコバン修道院。 礼拝堂の中央に縦一列の柱があり、椰子の葉のように四方八方に広がった梁のアーチ型の天井が特徴。 この形はイングランドのバース寺院の「ファン・ヴォールト」に似ている。

 修道院の中庭は美しい回廊が取り囲み、レンガ造りの礼拝堂の向うには八角形の鐘楼が建っている。 この静寂な場所に佇むと、このドミニコ修道会がカタリ派撲滅の根拠地となって指揮をふるっていたなど想像もできない。

トゥールーズ カピトル広場
 ジャコバン修道院からガロンヌ川岸でレンガ造りのポン・ヌフ(新橋)を見てから北東に戻りカピトル広場へ。 ここがトゥールーズの中心で、広場の東に市庁舎がある。 市庁舎には「カピトーゥール(CAPITOLIUM)」という文字が掲げられている。 これは17世紀の絶対王政のとき、トゥールーズ市参事会をカピトーゥールと称したことによるとのこと。

 市庁舎は石とレンガで出来ており、正面2階部分にはイオニア式の柱で飾られたしゃれた造りである。 また毎月第一日曜だけ市庁舎の2階の豪華な広間を見学できる。 今日はその第一日曜日。 早速「花ゲーム」という大きな壁画が掲げられている階段を上り2階へ。 広間にはトゥールーズ生まれの画家アンリ・マルタンの「四季」や「ガロンヌ川沿いの風景」などが架かっていた。 結婚の間も装飾は豪華で、天井の壁画は宮殿のようである。 この建物はトゥールーズ=ロートレック伯爵の家という説もある。 ロートレック伯爵は南仏のトゥールーズ一帯を支配していたそうで、画家のアンリ・ド・トゥルーズ・ロートレックは嫡男。

 トゥールーズの印象は町全体が「ばら色」。 ガロンヌ川で採れる粘土で作ったレンガはピンク色で、このレンガを建物、橋などに使っているためらしい。 特にカピトル広場を取り囲む建物はすべてピンクのレンガ。

 本日の昼食は、前菜にフォアグラ、主菜はカスレ。 フォア・グラはパテに加工されていて、柔らかめのフランスパンに塗って食べた。 フランスは何度か着ているが、フォア・グラを食べたのは初めて。 さすがに世界三大珍味といわれるだけあって美味しい。 一緒に添えられていた塩も美味。 添乗員さんは「ゲランドの塩だと思う」と言っていた。

トゥールーズ フォア・グラ
 ここでフォア・グラに関して。 フランス語で「フォア(foie)」は「肝臓」、「グラ(gras)」は「脂の多い、肥大した、太った」を意味するそうだ。 すなわち「肥大した肝臓」のこと。 ガチョウまたは鴨に必要以上にエサを与え、肝臓を形成する肝細胞に使われない脂肪を蓄えさせ、「脂肪肝」を人工的に作り出したものとのこと。

 フォアグラの生産はこのように強制給餌を伴うため、 動物虐待に当たるとして生産や販売を禁止する動きが広がっている。 イタリア、オーストリアの一部、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フィンランド、ポーランド、ルクセンブルクの各国では、国内でのフォア・グラの生産が禁止となっている。 アイルランド、イギリス、スウェーデン、オランダ、スイスでも、動物保護法の解釈上フォア・グラの生産は違法とされている。 さらにアメリカの一部、アルゼンチンでも生産は禁止となってきた。

 現在は、ほぼフランス一国でフォア・グラを生産している(世界の生産量の80%以上)に近いという状況だそうだ。 フランスでは、フォア・グラは「フランス文化の遺産である」であり、「保護すべきフランス文化、料理の貴重な遺産である」と言っているらしい。 個人的にはフランスの意見に賛成したい。

 トゥールーズから北西方向に高速道路を3時間余り。 ボルドーの手前で東に向かいサンテミリオンへ。 サンテミリオンはパリ、オルレアン、トゥール、ポワティエ、ボルドーを通るルートの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の途上にある。 また地下の岩をくり貫いて造ったモノリス(一枚岩)教会やブドウ畑の風景が世界遺産として登録されている。

サンテミリオン モノリス教会
 この地域が世界遺産になっているという事を知らない人でも、ボルドーワインの産地、フランスワインの「聖地」サンテミリオンは知っているようだ。 なだらかな丘一面に広がるブドウ畑の中にひっそりと起伏のある城壁に囲まれた小さな町。

 街の北でバスを降り、石畳の道を南に向かってモノリス教会の方へ歩く。 この教会は9世紀から12世紀にかけて石灰岩層の内部を掘って造った地下教会。 大きさは奥行き38m、幅20m、高さ11mもある。 中には3つの身廊があり、それぞれ高いところに窓が付いている。 すぐそばには聖エミリオンが住んでいたという洞窟があり、洗礼に使われた泉、岩で彫られた寝床、瞑想の椅子などがある。

 モノリス教会の鐘楼の前はテラスになっていて、南にある「王の城」の天守閣や街の家の赤い屋根、周囲のブドウ畑を見ることが出来る。

 この後サンテミリオンの北西にあるシャトー・フラン・メイヌを訪ねる。 サンテミリオンのシャトーは1954年以降格付けされていて、最も新しい格付けは2006年に行なわれたもので、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセAが2つ、 ルミエ・グラン・クリュ・クラッセBが13、グラン・クリュ・クラッセが46、グラン・クリュが34などとなっている。

サンテミリオン シャトー・フラン・メイヌ
 本日訪れるシャトーはグラン・クリュ・クラッセの格付けで、コート地域の粘土・石灰質土壌を利用してメルロー種(ブドウの品種)を90%、グラーヴ地域の砂質ではカベルネフラン種を10%栽培している。

 ワインはフラン・メイヌ(赤)を年間3万5000~3万7000本、セカンドワインのレ・セードル・ド・フラン・メイヌを1万2000~1万5000本 生産している。

 シャトーの案内の方からシャトーの概要の説明を受けた後で、破砕、発酵、引抜き・圧搾、オリ引き、熟成などのワインの製造工程を見学。 熟成させる場所は石灰岩の石切り場跡。 2ヘクタールを利用して、ワインを樽に入れて12℃の定温で16~20ヶ月の間熟成させるそうだ。

 この石切り場の片隅にワインの試飲場所が設けてあり、2001年のシャトー・フラン・メイヌと2002年のレ・セードル・ド・フラン・メイヌを試飲した。  ・・・が、赤ワインが苦手な小生、ワインの味がわからない。 白ワインはないのか尋ねたら、サンテミリオンでは赤と一部ロゼを造っている所はあるが白ワインはないとの事。

 サンテミリオンを後にして、ボルドーへ。 本日の宿はボルドー市街の西にあるホリディ・イン・ホテル。



 10月8日(月)    アキテーヌ地方の代表的な都市であるボルドーはガロンヌ川沿いに開けた港町であり、あの有名なボルドーワインの中心地として知られている。 2007年6月に「月の港・ボルドー」として世界遺産に指定されたそうだ。 月の港とはガロンヌ川がボルドーの市街で大きく曲がっていることによるらしい。 古くからワインの生産と交易で栄え、ワインのもたらした莫大な富が築いた街には重厚な建造物が点在している。 フランス革命の時にボルドー選出の代議士たちはジロンド党を結成し、重要な役割を果たしている。

ボルドー サン・タンドレ大聖堂
 本日は午前中にボルドー市内の観光を行い、午後にロマネスク芸術の町ポアティエに立ち寄ってから、ロワールの拠点トゥールに行く。

 9時にホテルを出て、ガンベッタ広場でバスを降り、歩いてサン・タンドレ大聖堂まで行く。 サン・タンドレ大聖堂 (St. Andre)は1096年にウルバヌス2世によって建てられた。 名前の由来は1440年頃にボルドー大学を創設した大司教でボルドーの守護神のアンドレに因んでいて、 彼の遺体は大聖堂の主祭壇の後ろに葬られているそうだ。 大聖堂の長さは124mあり、ラテン十字型の構成となっている。 11世紀ロマネスク様式の初期建造物は、西側正面入り口に残っている。 北側の「王の門」は13世紀に造られたもの。 この門は75mの二つの尖塔を持つゴシック様式の造りで、タンパン(半円形の部分)には最後の晩餐、キリストの昇天が刻まれている。

 この大聖堂では後に英仏百年戦争の要因となったアキテーヌ公女エリオノールとルイ7世の結婚式が1137年に行なわれている。 大聖堂の脇には高さ50mのペイ・ベルラン塔があり、天辺には金色のアキテーヌの聖母が載っていた。

 この後、ガロンヌ川に架かるピエール橋を渡って右岸の旧オルレアン駅の前まで行き、右岸からボルドー市内を眺める。 左からサン・ミシェル聖堂の鐘楼、サン・タンドレ大聖堂、ブルス広場などが良く見える。

 ボルドーの市内を流れるガロンヌ川から大西洋の河口までおよそ100Kmあるそうだが、潮の満ち引きの影響を受けて川の水が濁っている。 ガイドさんの説明では9月下旬には「ポロロッカ」の現象も起こるそうだ。 アマゾン川に比べれば小規模だろうが、100Kmもの内陸にいて潮の逆流とは信じ難い。

ボルドー カンコンス広場のトラム
 市内に戻ってカンコンス広場を訪れる。 ここは一部が広場で、その他は公園といった感じ。 敷地面積が12万6千平方メートルもあるそうで、ヨーロッパでは一番大きな広場だそうだ。 ちなみに世界一大きな広場は44万平方メートルの天安門広場。

 このカンコンス広場には、三権分立論を唱え「法の精神」を現したシャルル・ド・モンテスキューと哲学者のミシェル・ド・モンテーニュの像が建っている。 いずれもボルドー出身だそうだ。

 高さ46mあるジロンド派記念碑の柱に上には鉄鎖を断ち切る自由の女神が。 フランス革命でジャコバン派に敗れたジロンド派にまつわるものらしい。

 この広場の中を美しい形のトラムが走っている。 同じトラムはホテルの前を走っていたが、少し様子が違う。 ホテルの前で見たトラムはパンタグラフを使って架線から電気を受けていたが、この広場のトラムはパンタグラフがない、というよりパンタグラフを降ろして走っている。 ここではレールの間に電線が埋め込んであり、ここから電気の供給を受けているそうだ。 架線のためには電柱を立てなければならない。 電柱は景観を阻害する。 そこで開発された方式が架線を地上に埋設する方法。 これは2003年に作られ、給電線は8mごとに区切られていて、トラムがその場所に来たら電源が入る方式だとか。 ボルドーのトラムは郊外ではパンタグラフを出しているが、市内に入るとパンタグラフを降ろして走っている。

ボルドー ブルス広場 水の鏡の間
 カンコンス広場から南に歩いてガロンヌ川のそばのブルス広場に行く。 ここには18世紀に建てられた旧証券取引所や税関などの美しい建物があり、広場には地面に水を張った「水の鏡の間」がある。 ガロンヌ川の方向から見ると、水の鏡に旧証券取引所や税関がきれいに映る。 しばらく経つと水が引いてきて、給排水をしている無数の穴から水霧が出てきて、先ほどまで鏡面だった水の鏡の上に霧がたちこめる。 霧の向こうに見える旧証券取引所もなかなか良いもの。

 ブルス広場から西に移動し、大劇場の前を通る。 この建物はヴィクトル・ルイによって1780年に建てられたもので、正面のファサードにはコリント様式の12本の円柱が並び、その上には12体の女神像が載っている。 12の女神とは美と愛の女神ヴィーナス、光と婚姻の女神ユノ、知識と芸術の女神ミネルヴァ、それに文芸美術を司る女神ミューズたち(カリオペー、クレイオー、エウテルペー 、タレイア、メルポメネー 、テルプシコラ、エラトー、ポリュヒュムニア、ウーラニアー )。

 大劇場のエントランスホールの大階段はY字型をしており、1875年にパリのオペラ座を造ったシャルル・ガルニエは、オペラ座を設計するにあたってこの劇場を参考にしたそうだ。

 本日はこの後ポアティエに立ち寄り、ロワール地方のトゥールまで移動する。 ボルドー出発は12時半とのこと。 みんなでレストランに行っていたら時間が足りないらしく、今日の昼食は自由食。 あれこれ店を探すのが面倒。 すぐ目の前にあったマクドナルドに夫婦4組で入り、簡単な昼食を済ませる。 昼食抜きで、この時間を使ってボルドー美術館に行ってきたというつわものがいた。 恐れ入る。

ポワティエ ノートルダム・ド・ラ・グランド教会
 ボルドーを出て、3時間20分でポワティエに到着。 ポワティエはローマ時代からパリとボルドーを結ぶ都市として栄えた古都。 歴史的にはフランク国王カール・マルテルがイスラム教徒のウマイヤ朝を破ったトゥール・ポワティエの戦い(732年)や百年戦争でのイングランドのプランタジネット朝とフランスのヴァロア朝の間のポワティエの戦いの舞台として出てくる。 またこの街も「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の途上にある。

 まず、ノートルダム・ド・ラ・グランド教会の観光から。 この教会はフランスのロマネスク建築の傑作といわれているもので、松ぼっくりのような鐘楼に挟まれた西のファサードには12世紀ロマネスクの彫刻が施されている。 「キリストと4人の福音書家たち」「アダムとイヴ」「4人の預言者たち」「受胎告知」「エッサイの樹」「キリスト降誕」「幼な児の洗礼」「ヨセフの瞑想」などなど。 残念なのは宗教戦争の時に偶像崇拝をしない新教徒によって顔の部分が削られていること。

ポワティエ リベルテ広場 自由の女神
 内部には色彩鮮やかな幾何学模様の柱が林立している。 窓のステンドグラスには聖ルイ(ルイ9世)やジャンヌ・ダルク、キリストの家系図を示すエッサイの樹などが色鮮やかに描かれている。

 ポワティエの観光案内所で出している地図には、赤、青、黄色の案内線が描いてあり、 道路にはこの地図に対応する各色のペンキが塗られている。 地図を見て赤い線の観光をしたければ、赤いペンキに沿って歩けば良いという風に。

 青い線に沿って歩いてゆくと裁判所の横に出る。 ここはともともポワチエ伯、アキテーヌ公の宮殿だったところ。 この建物の前にジャンヌ・ダルクの像が立っている。 ジャンヌ・ダルクは1429年にロワールのシノン城から移送され、この場所で査問を受けたそうだ。

 ノートルダム・ド・ラ・グランド教会横の広場で10分間ほど自由時間がとれたので妻と二人で北に50mほどのところにあるリベルテ広場に行く。 ガイドブックにはここに自由の女神像が立っていると出ている。 大きさはパリ・セーヌ川の自由の女神像と同じくらいだが、松明の炎の部分が違う。 フランスには各地に自由の女神像が点在するそうで、実はボルドーにも在ったはず。

 ポワティエを出て、ロワール地方の古城めぐりの拠点となるトゥールに到着したのは18時半。 トゥールの宿はTGVの停車するトゥール駅の隣にあるホリデイ・イン。


 [トゥール(Tours)]

 10月9日(火)   ロワール地方はフランスで一番長いロワール川(1020Km)沿いにあり、 パリの南西部に広がっている。  ジャンヌ・ダルクに助けられ、ランスで正式にフランス王として戴冠したシャルル7世が1427年に宮廷をロワールのシノン城に移した時から、 狂信的なカトリックの修道士ジャック・クレマンにアンリ3世が1589年に暗殺されヴァロワ朝が終わるまで、 このロワールの地はフランスの政治・文化の中心であった。

 この間に、王侯貴族たちは競うようにして大小さまざまな城をこの辺りに建てたようだ。 これらの城は、貴族たちが自然を満喫したり狩りを楽しむために建てられたもので、優雅な佇まいをしている。 城はロワール川沿いの街ジャン-オルレアン-トゥール-アンジェまでの間に38ほど建っている。 本日は出来るだけ多くの城を訪れ、また車窓からも見る予定。

ロワール アンボワーズ城
 9時にホテルを出て、ロワール川沿いを上流に走り、40分ほどでアンボワーズ城の前、ロワール川の中洲に到着。 アンボワーズ城はロワール川を見下ろすように小高い丘の上に建っている。

 この地にはガリア-ローマ時代に砦が築かれていたそうで、11世紀にアンジュー公爵ファルク3世が城(要塞)を石築いた。 1431年に城主のルイ・ダンボワーズがルイ11世に対する陰謀の容疑で処刑されると、シャルル7世が城を差し押さえ王家の物になったそうだ。 ここはシャルル7世、ルイ11世、シャルル8世、フランソワ1世らの国王たちが過ごし、アンリ2世の妻カトリーヌ・ド・メディシスも頻繁に訪れた由緒ある城だそうだ。

 フランソワ1世がこの城に居住していたときにレオナルド・ダ・ヴィンチを呼び寄せている。 レオナルドはこの城から南東およそ1Kmの所にクロ・リュセの館を与えられ居住した。 レオナルドの墓はこの城のサン・ユベール礼拝堂の中にあるとのこと。

 フランソワ2世の統治下の1560年に城は宗教戦争の舞台となった。 旧教徒(カトリック)が数百人もの新教徒(プロテスタン)を絞首刑に処したり、城壁や塔から吊るしたりするなどの「アンボワーズの虐殺」がおこった。 このことでアンボワーズの名は歴史に長くその名を留めているが、宮廷がシュノンソー城へと移ったためにこの城は二度と華やかな時代を取り戻すことはなかったという。

ロワール シュノンソー城
 二番目のお城はシュノンソー城。 駐車場から長いプラタナスの並木と菜園と花畑の中を通り、さらにイタリア風庭園を抜けるとマルクの塔が見えてくる。 その先にロワール川の支流シェール川をまたがるように建てらた白い城館がめざすシュノンソー城。16世紀初期に築かれたルネサンス様式の傑作といわれている。

 建物に入るとすぐに「近衛兵の控え室」。 ここから一階にある「礼拝堂」、「ディアーヌ・ド・ポワチエ夫人の間」、シェール川の上に作られた「ギャラリー」、「フランソワ1世の間」、「ルイ14世の間」と回る。 ディアーヌ・ド・ポワチエ夫人の間にはなぜか暖炉の上にカトリーヌ・ド・メディシスの肖像画が架かっている。 永遠の美女といわれたディアーヌ・ド・ポワティエはアンリ2世の愛妾で、アンリ2世からこのシュノンソー城をもらっている。 ところがアンリ2世の死後、本妻のカトリーヌ・ド・メディシスは城を取り上げてしまったそうだ。 ポワティエの影を消すために自分の肖像画を掲げたのか。

 二階に上るとバルコニーから入り口近くにある「カトリーヌの庭園」、「ディアーヌの庭園」が見える。 ここから「五人の王妃の間」、「カトリーヌ・ド・メディシスの間」へと進む。 五人の王妃とはカトリーヌ・ド・メディシスの2人の娘と義理の3人の娘のことらしい。 カトリーヌ・ド・メディシスの間には官能的なコレッジョの「愛の教え 」が架かっていた。 この絵はロンドンのナショナル・ギャラリーでつい先日観たばかり。 違いがわからない。

 三階では「ルイーズ・ド・ロレーヌの間」を見る。 夫のアンリ3世が1589年に修道士ジャック・クレマンに暗殺されている。 その後城主として悲しみの日々を送ったのであろうか、黒い部屋が悲しみを物語っているように思えた。

 この城はフランソワ1世の後、アンリ2世の愛妾のディアーヌ・ド・ポワティエ、アンリ2世の本妻カトリーヌ・ド・メディシス、アンリ3世の妻ルイーズ・ド・ロレーヌ、アンリ4世の愛妾ガブリエル・デストレの手を経て、フランス革命から城を守った地主マダム・ルイーズ・デュパン、さらに1863年に修復を手掛けたマダム・ブルーズなど女性の城主が治めたようだ。 この城には「6人の女たちの城」の異名があるとか。

 昼食をシュノンソーの街中でとった後、シャンボール城に向かう。 途中車窓から、シャルル7世やルイ11世の居城で、現在シャトーホテルとなっているシセ城、 11世紀に造られた四角い天守閣を持つモントリシャール城、 左右対称で美しい姿のシュヴェルニー城などを見ながら。

ロワール シャンボール城
 シャンボール城の入場観光はツアーの行程に含まれていなかったそうだが、添乗員さんとガイドさんの好意で内部見学の時間を割いてもらった。 レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したといわれている二重螺旋階段をぜひ見てみたかった。 

フランソワ1世の紋章「サラマンダー」
 この城はフランソワ1世の狩猟のための離宮として建てられた。 イタリア・ミラノに遠征してルネッサンス様式の建築に触れた若きフランソワ1世は大きな野心と狩猟のためにこの城の建設に着手。 だが、32年間の統治生活の中でシャンボール城で過ごしたのはわずかに72日。 その頃は中央の主塔と王室のある王の翼棟だけだったそうだ。 城を現在の姿に整えたのは狩をこよなく愛した息子のアンリ2世と後の世のルイ14世とのこと。

 城には部屋が426、暖炉が282、階段が77もあるという。 主塔はヴォールト建築で直線の廊下が2本交差して十字を形造っている。 この交差点にお目当ての二重螺旋階段がある。 上り口が別になった二つの階段を使えば、相手に出会うことなく、また相手の顔を見ることなく3階まで昇り降りができるようになっている。

ロワール メナール城
 ゆったりしたこの螺旋階段を上り屋上のテラスに出ると、建物の上にさまざまな形をした暖炉の煙突が立っている。 遠目には城の上の装飾かと思っていたが、近くで見ると確かに煙突であった。

 この後、城の北側の王の翼棟にある「フランソワ1世の居室」やルイ14世が使っていた主塔の「王の居室」などを見て回った。 さすがにフランソワ1世の命で建てられた城、フランソワ1世の紋章の「サラマンダー(火を吐くトカゲ)」が色々な部屋の天井飾りなどに見られた。

 シャンボール城を後にして、ロワール川沿いを下流方向に走っていたら、車窓からメナール城が見えた。 白亜の形の良い城で、ルイ15世の愛妾ポンパドール侯爵夫人が所有していたそうだ。

 最後の観光はブロア城。 ここにはブロワ伯爵の要塞があった所に、ルイ12世の頃増築が行なわれ、その後フランソワ1世が更に増築して宮廷を置き、1598年に宮廷をパリに移すまでブロワ城がフランス王家の城だった。

ルイ12世の紋章「はりねずみ」
ロワール ブロア城 フランソワ1世の棟
 ブロワ城は、中庭を囲んで4つの城から成り立っている。 ブロワ伯の築いた城塞部分が三部会室として残っており、 火炎式ゴシック様式(フランボワイヤン・ゴシック様式)のルイ12世の棟、 ルネッサンス様式のフランソワ1世の棟と後から増築された古典様式のガストン・ドルレアン棟。 入口の門の上にはルイ12世の騎馬像、中にはルイ12世の紋章「はりねずみ」、フランソワ1世の棟にはフランソワ1世の紋章の「サラマンダー」があちこちに飾ってある。

 フランソワ1世の棟には中庭に張り出した八角形の螺旋階段があり、先ほどのシャンボール城にあった階段にとてもよく似ている。 この螺旋階段を上って二階に行くと「女王の衛兵の間」、「女王の廊下」、「衣装の間」、「カトリーヌ・ド・メディシスの間」がある。 カトリーヌ・ド・メディシスの間の壁には秘密の隠し戸棚が設けられてある。 この中に何を隠していたのであろうか、想像を掻き立てられる。

 三階には「アンリ3世の部屋」がある。 この部屋は1588年におきたアンリ3世による政敵ギーズ公爵暗殺の舞台となった所で、部屋に架かっている数枚の絵が暗殺事件の模様を物語っている。


 [サン・マロ(St-Malo)]

 10月10日(水)    本日はフランスで最も人気のある観光地といわれているモン・サン・ミッシェルを観光し、かって海賊が活躍したブルターニュのサン・マロに行く。

ブルターニュ フジェール城
 8時にトゥールのホテルを出て北に走り、24時間レースで有名なル・マンを通り、ここから西に進路を変えてラヴァルから北西に進んでフジェールに3時間ほどで到着。 ここも立ち寄りだが、添乗員さんと運転手さんの好意でフジェール城を見て行くことになった。

 フジェール城は、ナンソン川を見下ろす岩壁の上に建っている。 ブルターニュ公国の東側を守る要塞として建てられたそうだ。 フジェール城の歴史は、築城、敵による破壊、再築城の繰り返しだったようだ。 10世紀頃にこの地に要塞が築かれ、12世紀には石造りの城に造り変えられている。 1166年にはイングランド王兼アキテーヌ公のヘンリー2世の軍に包囲され、フジェール城は3ヶ月後に焼け落ちている。

 その後すぐに再建されたが、1307年にはフジェールの領地はフランス国王の所有となり、 その後1428年にブルターニュ公爵が買い戻している。 現在の城はその頃に再建されたものだそうだ。 1532年にはブルターニュ公国がフランスに併合されて、国境警備という城の役目を終え刑務所として使われたこともあるようだ。

 頑強な塔と、城をすっぽりと囲む分厚い城壁によって守られ、城壁の外側には大きな堀が設けられている。 きっと国境を守る城塞として、強固な防衛設備が必要だったのではないだろうか。

モン・サン・ミッシェル名物 ふわふわオムレツ
 昼食はモン・サン・ミッシェルの南、モン・サン・ミッシェルを遠望できる小さな町のレストランで。 前菜にモン・サン・ミッシェル名物のオムレツ。 このオムレツは卵を一生懸命泡立てたものを単純にフライパンの上で焼き上げたもの。 一個を半分に切り分けても、お皿からはみ出さんばかりの大きさ。

 20世紀の初め頃モン・サン・ミッシェルの旅籠屋兼食堂のメール・プーラール(プーラールおばさん)の女主人アンネットが巡礼者のために考案したオムレツだそうで、旅の疲れで弱った胃袋に優しい食べ物としてふわふわのオムレツを提供したのが始まりとか。

 モン・サン・ミッシェルの前哨門を通り、50mほど進んだ左側に現在もプーラールおばさんのお店はある。 店前近くで卵をよくかき立て、長い柄の大きなフライパンに流し込み、燃え上がる暖炉の火にかざして一気に焼き上げている様子を見ることが出来る。

 食べた感じは、確かに胃には優しそうだが捕らえどころのない食べ物であった。 オムレツの表面は焼き色が着いているが、中身はほとんどメレンゲ状態で、とにかくふわふわ~としていて、口の中で消えてなくなってしまう。

 いよいよモン・サン・ミッシェルに乗り込むが、島に近づいてしまうとあまりに巨大でその全景を見渡せなくなってしまうと言うことで、1Kmほど手前でフォト・ストップ。

ノルマンディー モン・サン・ミッシェル
 モン・サン・ミッシェルの歴史を調べる。 708年、ここから北東に20Kmほどにあるアヴランシュの司教だったオーベルは「かの岩山に聖堂を建てよ」と命じる大天使ミカエルの夢を見る。 だがオーベルは信じず、何もしなかった。 その後も夢の中に現れたが、三度目に現れたとき、ミカエルはオーベルの額に触れ、さらに強く「かの岩山に聖堂を建てよ」と命じた。 その感触で、やっと大天使の存在を信じた司教オーベルはこの岩山に小さな聖堂を建立した。 すると、今まで陸続きであった岩山が一夜にして海に沈み、孤島になったそうだ。

 そのときからこの場所は聖地モン・サン・ミッシェル(大天使ミカエルの山)とされ多くの巡礼者が訪れるようになった。 966年にはベネディクト派の修道院が建てられ、その後約500年の間に山頂から下へと増改築が行なわれてきた。 モン・サン・ミッシェルの構造は、中心に岩山があり、この岩山を包み込むようになった三層構造の建物となっている。 一番下の低層階には貯蔵室や施物分配室があり、中層階にはノートル・ダム・スー・テール聖堂、サン・ステファヌス礼拝堂、サン・マルタン地下礼拝堂、聖母30本ロウソク地下礼拝堂、騎士の部屋、貴賓室が配され、一番上の上層階には食堂、回廊、修道院付属聖堂がある。

 14世紀の100年戦争の時には要塞となっている。 16世紀には修道院として復活したが、18世紀のフランス革命時には修道会は散会させられ、監獄として使われたという。 ナポレオン3世の勅命で監獄が閉鎖されるまで「海のバスティーユ」として恐れられたそうだ。 修道士が戻ってきたのはつい最近、1966年とのこと。

 モン・サン・ミッシェルは孤島であるが、潮が引いて陸続きになる時間帯もあれば、潮が満ちて島へ渡れなくなる時間帯もあった。 潮の満ち方は「馬の駆け足」と呼ばれるほどの早さだったようで、干潮で島に渡っていた巡礼者の命を奪ってしまうほどであったと言われている。 1879年に対岸との間に陸続きの道路が造られ、潮の干満に関係なく島へと渡れるようになった。 だがこの「陸続きの道路が周囲の環境を変えてしまっている」との指摘があり、元に戻そうという動きがあるそうだ。

 岩山のすぐそばの大型駐車場でバスを降り、前哨門を抜け、修道院へと続くメインストリートのグランド通りを登ってゆく。 土産物屋、レストラン兼ホテル、プーラールおばさんの店の前を通り、王の門から反時計回りに坂道、階段を登る。 村の教会のそばにジャンヌ・ダルクの像があり、すぐに修道院の入り口となる。 この修道院はラ・メルヴェイユ(驚異)と称されているとか。 まさに小さな岩山にこれだけの建物を積み上げていること自体驚異である。

モン・サン・ミッシェル 聖堂
 見学は最上層の聖堂の前にある西のテラスからから始める。 ここは見晴らしが良く、東にはノルマンディの岸壁、西にブルターニュのカンカルの岩礁を一望できる。 また丁度干潮の時間であろうか、ガイドさんに導かれた観光客が干潟を歩いている。 我がガイドさんからは「絶対に一人で行かないように」と釘をさされた。 ガイドが付かないと危険だとのこと。

 テラスの東にはラテン十字の構造の修道院付属聖堂があり、ネオゴシック様式の鐘楼と尖塔がそびえている。 尖塔の先端には金メッキを施された大天使ミカエルの像が立っている。 修道院付属聖堂はまさに岩山の頂上に建っているが、頂上の面積が狭いので、一部中層階の建物の上に載ったいるそうだ。 聖堂の身廊はロマネスク様式で、長さは80mあり、天井は薄い板で覆われた曲面天井(板張りヴォールト)となっている。

 聖堂の奥の部分はゴシック様式で、上部が尖ったすらりとした細く高い窓が配され、光が沢山入り、この辺りだけ特に明るく感じる。 身廊と袖廊の交差部の上に尖塔があるようだ。

モン・サン・ミッシェル 廻廊
 聖堂の北には中庭を持った廻廊があり、修道士たちの思索、瞑想、会話、散歩の場として使われていた。 この廻廊は中層階の騎士の部屋の上に建てられている。 わずかにずれた細い二本の柱を組み合わせた回廊は刻々と変化する光を視覚効果として取り込む役目を果していたらしい。 最上階ゆえの工夫であろうか、板張りの天井は軽量化を意識したと思われる。

 モン・サン・ミッシェルの修道士たちは様々な学術の研究に携わっていて、ここの中庭では薬草が植えられ、それを使って巡礼者の治療なども行なっていたと言われている。

モン・サン・ミッシェル 貨物昇降機
 廻廊の東にある大食堂はロマネスク様式の天井とアーチの窓があり、両壁に沿って椅子とテーブルが並べてある。 修道院での食事は信仰生活の儀式として大切なもので、南側の壁にある司教座で一人の僧が聖書や聖人伝などを読唱する間、他の修道僧たちは沈黙の中で食事を採っていたそうだ。 窓からは厳粛な雰囲気の中にも重厚過ぎないように配慮された柔らかい光が入っていた。

 階段を下りて中層階の貴賓室に入ってゆく。 柱が細くて長く、ゴシック様式のアーチ型の天井でリブ・ヴォールトの装飾が美しい。 この部屋は王侯貴族や身分の高い人をもてなした部屋だそうで、 二つの暖炉があり、 ここで食事も整えられたそうだ。

 この後聖堂の内陣を下から支えた太柱の礼拝堂、サン・マルタン地下礼拝堂を通って修道僧の納骨堂に行く。 ここには巻上げ機がある。 この修道院が監獄として使われていた1820年に囚人用の食料を下から引き上げるために設置されたもの。 ここのあるのは中世の貨物昇降機を復元したもので、車輪の中に人が入って動かしていたそうだ。

 さらに死者のためのチャペルのサン・ステファヌス礼拝堂から暖炉のある写字室を抜けて、螺旋階段を降り、現在は売店となっている施物分配室に出る。 どうやら西のテラスから時計回りに上層階→中層階→低層階へと降りてきたようだ。 見るものが余りにも多く、後からの整理が大変であった。

 モン・サン・ミッシェルを後にし、 しばらく走ってから町のスーパーマーケットに立ち寄り、「ゲランドの塩」を買い求める。 この塩、粒が大きく、味も良い。 帰国してから焼き魚に振り掛けたり、てんぷらに付けたりととても重宝している。

 サン・マロに到着したのは17時過ぎ。 グランド・ボルト(大門)の前でバスを降りて、城壁の中のホテル・セントラルまで石畳の道を歩く。 城壁の中は旧市街で、バスは入れない模様。 ツアーの予定にはサン・マロでの観光はなかったが、添乗員さんの好意で街中を案内してもらった。

サン・マロ 旧市街
 ここは16世紀に、敵船を襲い、荷を略奪することを合法とされた「コルセール」が活躍した町。 略奪する行為は「海賊」のようだが、フランス王から許可されていたため「コルセール」は単なる海賊とは違うそうだ。 コルセールの活躍のおかげで、17世紀末にはフランス随一の港町として繁栄を極めたという。 その財力と権力により、町は強固な城壁で囲まれ、重厚な石造りの建物が軒を連ねている。 大航海時代に迷い込んだような気持ちになる。

 中央にそびえるのはサン・ヴァンサン大聖堂。 11世紀に建造が始まり完成したのは18世紀だそうで、700年にわたって延々建て続けたと言う由緒ある寺院。 内陣の大きなバラ窓がとてもきれいであった。 この大聖堂の中にはカナダを発見したジャック・カルティエの墓がある。 ジャック・カルティエはサン・マロ出身の探検家で、 1534年、フランソワ1世の命で北米大陸を3度探検している。 プリンス・エドワード島やセントローレンス河口を発見、さらにカナダ本土にも上陸し、後のフランスによるカナダ領有の基礎を築いた人。

 サン・ヴァンサン大聖堂から西に歩くとすぐ城壁の上に上れる。 ここから見える北の海は英仏海峡。 すぐ近くにグランベ島があり、その昔砦として、牢屋として使われた建物が残っている。 この島には文豪シャトーブリアンの墓もあるそうだ。 現在潮が満ちていたので小島となっているが、干潮の時には歩いて島に渡れるとのこと。

 文豪シャトーブリアンの生家はサン・ヴァンサン門のそばにあり、敷地内に現在フランス・エ・シャトーブリアンというホテルが建っている。

   豪華な石造りの建物に城壁、整然とした町並みは何度か破壊され、その後奇跡の復活をしているそうだ。 古くは百年戦争の頃、新しくは第二次大戦中。 ナチスの攻撃により一度は瓦礫の山と化してしまった。 ばらばらになった石を1個1個、プラモデルを組み立てるように昔のままに組み直し、奇跡の復活を遂げたという。

 サン・マロは宿泊場所だけと思っていたが、旧市街を案内してもらい、思いがけない収穫であった。 旅行社と添乗員さんに感謝!


 [ルーアン(Rouen)]

 10月11日(木)    本日はブルターニュのサン・マロを出て、再びノルマンディに入り、途中オンフルールに立ち寄り、午後にルーアンに入る。

オンフルール 旧港
 8時、まだ日の出前で薄暗い中、サン・マロのグランド・ボルトを出発。 途中モン・サン・ミッシェルを左手に見て、アヴランシュの町から高速道路に乗り北西へ。 カンの町を通過してオンフルールに到着したのは11時。

 街の中心は旧港(旧ドック)周辺。 港には船やヨットが係留され、港町特有のひなびた雰囲気が漂う。 この旧ドッグは17世紀に、ルイ14世のもとで権威をふるった財務長官コルベールの命により作られたもの。 西側はサント・カトリーヌ河岸、東側はサン・テティエンヌ河岸と呼ばれていて、色とりどりの家々が建ち並らんでいる。

 旧港から西にあるサント・カトリーヌ教会へ行く。 この教会は百年戦争で破壊された教会の跡地に1466年に建てられたもの。 町の人々は経済的な理由で石ではなく木材で建てることとし、船大工たちが造船の技術を使ってフランスで最大の木造の教会を建てたそうだ。 教会の前には15世紀末につくられた木造の鐘楼がある。 モネは1917年にこの鐘楼を描いている。

 オンフルールは、印象派の画家ウジェーヌ・ブーダンが生まれたところで、クロード・モネ、ギュスターヴ・クールベ、ポール・セザンヌなどがたびたび訪れこの街を題材に絵を描いている。 ブーダン美術館がこの町にあるのだが、残念ながら休館中。

 オンフルールの旧港そばのレストランで昼食を済ませ、ルーアンに向かう。 1時間半ほどでルーアンの陶器美術館に到着。

 ルーアンはローマ時代からセーヌ川を利用した水運の拠点として発展し、ノルマンディー公国の首都として栄えた。  街はセーヌ川を中心に広がっており、、観光の中心はセーヌ川の北、旧市街。

ルーアン 聖ロマン通り 木組の家
 ルーアン陶器美術館ではルーアンで製作された陶器コレクションの数々やヌヴェール、セーブル、デルフトなどの作品が展示されていたが、小生にはあまり興味がない。

 この美術館をバスで出るときに気がついたのだが、陶器美術館から50m程の所にルーアン美術館があったのである。 陶器美術館には一時間ほどいたが、この時間を使えばルーアン美術館に行けた。 ルーアンに関する予習が足りなかったことを大いに反省。

 市役所のそばでバスを降り、ノートル・ダム大聖堂のそばのメルキュール・ホテルまで徒歩で行く。 この街も旧市街の道路は狭く、大型バスは入れないそうだ。

 ホテルから聖ロマン通りを通ってサン・マクルー教会の観光に出かける。 この通りは15世紀に造られたと言う木組の家が並んでいる。 イングランドのヨークのシャンブルズよりもしっかりした家並みである。

ルーアン ノートル・ダム大聖堂
 サン・マクルー教会は15世紀に建てられたフランボワイヤン・ゴシック(火炎ゴシック)様式の教会。すぐそばに小便小僧の噴水がある。 これはブリュッセルのものよりも前に作られたそうだ。

 次にサン・マクルー教会の前庭にあるサン・マクルー・アトリウム(回廊)に行く。 木造建築で中世時代ペストが流行した時にここは遺体置き場だったそうだ。 黒い柱や梁にドクロや柩、交差した骨などの彫刻がある。 黒猫のミイラもあり、なんとなく気味の悪い場所である。 16~17世紀に納骨堂だったところが現在は美術学校のアトリエとして使われているとのこと。

 聖ロマン通りをノートル・ダム大聖堂の方に進むと、旧大司教館があり、そこの壁に「1431年ジャンヌ・ダルクの火刑が決定し、1456年名誉を回復した」と書かれた石碑がある。 ルーアンはジャンヌ・ダルクが火刑に処せられた街である。 後ほど火刑がおこなわれた場所に行くことにして、先にノートル・ダム大聖堂を観に行く。

 ノートル・ダム大聖堂はフランス・ゴシック最高の建築で、12世紀に工事が始まり16世紀に完成。鉄製の尖塔の高さは151m、西のファサードはフランボワイヤン・ゴシック様式。 この場所を19世紀に印象派の巨匠モネは30数枚も描いている。

 内陣は 奥行き137m、大きなバラ窓に時代を映したステンドグラスがある。 13世紀の「洗礼者ヨハネの殉教」はコバルトブルーの細かいガラスで造られている。 14世紀になると白や黄色のガラスを使っている。 16世紀には遠近法で「聖ロマンの怪獣退治」が描かれていて、20世紀になると「ジャンヌ・ダルク物語」や現実的な「バカンスの喜び」がステンドグラスに描かれている。

ルーアン 聖ジャンヌ・ダルク教会
 大聖堂を出て、グロゾロージュ通りを西に行く。 ここにも木組みの建物が並び、 金色に輝く1本針の大時計がアーチとなって通りの上に架かっている。 しばらく進むと旧市場広場(ビュー・マルシェ広場)に出る。 ここはジャンヌ・ダルクが火刑になった場所で、薪を積み上げた跡に高い十字架が建っており、その前にはスレートぶきの屋根のモダンな聖ジャンヌ・ダルク教会が建っている。

 この教会は1979年に建てられたもので、普通想い描いている教会の建物のイメージと全く異なる。 教会と言うよりはむしろ万国博覧会のどこかの国のパビリオンと言った方が通用するような建物。

 内部もとてもモダンに出来ているが、一箇所、16世紀ルネッサンス期のステンドグラスが架かっている。 これは空襲で破壊されてしまったサン・ヴァンサン教会にあったものを移築したとのこと。 ステンドグラスは戦時中に取り外して保管をしていたので無事だったとか。

 夕食後に三脚を抱えてノートル・ダム大聖堂の西のファサードに行く。 大聖堂がライト・アップされていて昼間の光景と一味違う。 夏季にはこの場所で光のショーが行なわれるそうだ。 大聖堂をスクリーンとして、音楽に乗せてモネの絵画を投影するとのこと。 機会があれば・・・・。


 [パリ(Paris)]

 10月12日(金)    今日はモネが晩年移り住んだジヴェルニーとパリ郊外のヴェルサイユ宮殿に立ち寄り、いよいよパリの街に入る。

 8時20分にホテルを出て、昨日と同じ市庁舎前まで歩き、バスで南に向かい、ジヴェルニーには10時に到着。 ジヴェルニーは人口およそ500人の小さな村。 この村に年間50万人の観光客が訪れるそうで、お目当てはモネの家

 モネはル・アーヴルやパリでの制作活動の後、1883年、43歳から亡くなる年の1926年までこの家で過ごした。 晩年数多くの「睡蓮」を描いた庭園を是非見てみたかった。

ジヴェルニー モネの家 太鼓橋と睡蓮
 10時の開場とともに入り、すぐに道路の下の地下道を抜けて水の園の方に行く。 セーヌ川支流のエプト川の水を導いて自ら造った水の庭園。 柳が水面に影を落とし、かの有名な日本の太鼓橋のそばには藤の花、つつじなどが植えられている。 季節がら花は咲いていないが睡蓮があちらこちらにかたまって漂っており、水面には青い空と白い雲が影を落とす。 まさにモネの睡蓮の世界がここにある。

 柔らかい太陽の光が丁度良い。 池の周りを一巡すると、緑の太鼓橋のそばに出る。 この橋は後から復元されたものであろうか、モネの描いた太鼓橋よりも曲率が小さく、平坦に見える。

 地下道を再び通り、道路の反対側のモネの家、花の園の方に行く。 ノルマンディー風の柵で直線に仕切られた広々とした花壇。 モネは園芸家として樹木や花を育て、春から秋へ移りかわる姿をキャンバスに写し取って行ったのであろうか。

 淡いピンク色の外壁の家や内部の調度品も当時のままに修復されている。 中に入って驚くのはここはモネの記念館というより、「浮世絵博物館」と思えるほど部屋や廊下、階段にまで豊国、広重、国芳、写楽、北斎、歌麿、新しいものでは明治時代の芳年の浮世絵も展示されていた。 モネの貴重な日本の版画コレクション。 これらの浮世絵や水の園の太鼓橋、モネが日本に大いに興味を抱いていた様子がうかがえる。

 庭の片隅、出口のそばにはモネが睡蓮の連作を手がけたアトリエも修復されている。 この場所でパリのオランジェリー美術館に納められた睡蓮を製作したのであろうか。 現在この場所はクロード・モネ財団のブティックとなっている。

フランス名物料理 エスカルゴ
 次の目的地ヴェルサイユまでは1時間余り。 ヴェルサイユ宮殿正面の中央格子門の前の駐車場でバスを降り、徒歩で近くのレストランへ。 本日の昼食の前菜には「エスカルゴ(Escargot)」が出る。 カタツムリを食べるのは初めて。 他の人も興味津々だが、最初から拒絶している人もいる。

 聞くところによれば、食卓に供されるエスカルゴはほとんどが穀物などの飼料を与えて養殖したもので、いわゆる日本で見かけるカタツムリとは違って、「つぶ貝」のようなものだそうだ。

 調理方法は一旦殻から取り出し、内臓を除去した後に加熱し、パセリとニンニクのみじん切りを練りこんだエスカルゴバターを絡めて、再び 殻に戻すらしい。 テーブルにはエスカルゴ6個と専用のトング、小さなフォークが一緒に出てきた。  このトングで殻を掴み、フォークで中身を取出しって食べる。 白ワインとともに食べたが、実に美味しい。 ただ、トングは扱いなれていないので、二つほど試したが、三つ目からは左手で殻をつまんで。 噂ではルイ14世でさえ食事は指とナイフしか使わなかったとのこと。

ヴェルサイユ宮殿 ルイ14世の騎馬像がない
 昼食後、中央格子門から入って宮殿の見学に行く。 この場所は13年前に来たが、良く覚えている。 宮殿の中央格子門から宮殿の建物までの石畳の広場のほぼ中央にルイ14世の騎馬像があったはずなのに・・・・・ ない。 ガイドさんに聞いたら「もともとこの場所にルイ14世の騎馬像は無かったらしく、取り払われたようだ」とのこと。

 前回見学したときよりも色々な所を、しっかり見るつもりで宮殿内に入る。 まずは建物に向かって右側の王室礼拝堂から。 最初からおかしい。 王室礼拝堂を二階の遠方から見ているだけなので、パイプオルガンしか見えない。 しかも近づくことが出来ないようにロープで仕切りをしてある。 前回は一階から王室礼拝堂を見学できたぞ。

 この後ヘラクレスの間から豊饒の間→ヴィーナスの間→ダイアナの間→マルスの間→マーキュリーの間→アポロンの間と進み、庭園に面した角の部屋の戦争の間から鏡の回廊に入って行く。 ここからルイ14世の寝室→閣議の間と僅か二部屋ほど中に入ったが、すぐに外回りに戻り、平和の間→王妃の寝室→貴人の間→大会食の間→王妃の衛兵の間と行き、階段を下りて庭園の方へと誘導されてしまった。

ナポレオンの戴冠式 ヴェルサイユ宮殿
ナポレオンの戴冠式 ルーヴル美術館
 前回見学した時よりも二箇所も少ない。 ルイ14世が自らバレエを披露した劇場があるはず。 何よりも見たかったのはヴェルサイユ宮殿にあるダヴィッドの「ナポレオンの戴冠式」の絵。 鏡の回廊のそばにあったはずなのに通過してしまったようだ。

 この「ナポレオンの戴冠式」は有名な絵で、ルーヴル美術館にもある。 ヴェルサイユ宮殿の物とルーヴル美術館の物は寸分たがわず描かれているが、一箇所だけ違いがある。 それは王妃ジョゼフィーヌの後方に並んでいる四人の女性の内一人だけがヴェルサイユ宮殿の絵ではピンクのドレスを着ている。 前回はヴェルサイユ宮殿でこの絵を見てからルーヴル美術館に行き、この点に気がついた。 ここを再度自分の目で確かめたかったのに。

 後でヴェルサイユ宮殿のパンフレットを確かめたら、「オペラ劇場」や「フランスの歴史ギャラリー」を回るコースもあるようだ。 一生に何度でも行く場所ではないので、この辺はしっかりと旅行社は押さえておいて欲しいもの。

 庭園は自由に見学ということだが、20分ほどしか時間が無い。 ラトンヌの噴水を一回りするくらいで諦める。 次にヴェルサイユに来るような機会があったら、最低半日は時間をかけてトリアノン辺りまで足を伸ばしたいと思っている。

パリ オランジェリー美術館
 いよいよパリへ。 ホテルに入る前に少し観光を済ませるらしい。 エッフェル塔はシャイヨー宮のテラスから。 現在開催されているラグビーの世界選手権にちなんで、エッフェル塔には大きなラグビーの球の形をした風船がふわふわと。 この後凱旋門の周りを一回りしてからシャンゼリゼ通りをコンコルド広場へ。 エジプトから寄贈されたオベリスクが中央に建っているが、邪魔なのは大観覧車。 常設ではないそうだが、景観としてよろしくない。

 ここで夕食まで自由時間をもらい、オランジェリー美術館に入る。 その間、添乗員さんは荷物を持って先にホテルにチェック・インするそうだ。

 オランジェリー美術館は三回目。 2000年から閉館して、リニューアルして2006年に再び開館したそうだ。 建物は正面の入り口がガラスのドアーになったくらいで代わり映えしないように見えたが、中は全く変わってしまった。 以前地下にあったモネの睡蓮の連作が一階に上ってきて、他の絵画は全て地下に展示されている。

 地下の展示室は地上の建物からは想像できないほど広い。 また地下の展示室の隅の方には城壁の遺跡がある。 説明によればパリには何度か城壁が築かれたようで、城壁は都市の発展とともに次第に大きくなっていったとのこと。 最初にシテ島がパリの元となり、ルーヴル美術館の地下にある城壁は第二期、オランジェリー美術館の地下で発見されたのは第三期のものらしい。 この後第七期まで城壁は広がり、何箇所かの門が設けられた。 第七期城壁の門の一つが、今夜のホテル、コンコルド・ラファイエットのそばにあるポルト・マイヨー(マイヨー門)。 この辺りまで城壁があったようだ。

 自由時間は2時間ほどあったので、オランジェリー美術館からチェイルリー公園の方に散歩。 ここからオベリスク、シャンゼリゼ、凱旋門とまっすぐ見通せるのに、邪魔な大観覧車が。



モビリス 1-6ゾーン
   10月13日(土)    今日は終日自由時間。 午前中にパリ郊外のフォンテーヌブローに行き、午後はまだ訪れたことがない美術館を回る予定。 フランスに来てからツアー仲間と自由時間の計画の話をしていたら、EMさん夫妻も一緒にということになり、4人でフォンテーヌブローに行くことになった。 添乗員さんがモビリス1-6ゾーンを昨日購入してくれていた。 このモビリス、大きさは地下鉄の乗車券と同じである。 地下鉄に乗るときは通常のチケットと同じように自動改札機を通す。 郊外電車に乗るときには、普通はプラットホームの端にある打刻機でチケットの穴を開けるが、モビリスは有効ゾーン内では穴を開ける必要はない。 必要なのはチケットに姓名を記入すること。

 7時半にホテルを出て、パレ・デ・コングレの地下道を通り、地下鉄ポルト・マイヨーの駅へ。 ここから地下鉄1号線でリヨン駅へ行く。 リヨン駅の列車時刻の掲示板で確かめたら、フォンテーヌブロー行きの電車は19番線、8:27発となっている。 リヨン駅の主なプラットホームはA、B、C、D・・・・・・Mまでとなっていて、19番線などない。 リヨン駅構内の地図を探し、19番線の場所を探したら、19番線は駅の北の端、少し奥まった所にあることがわかった。

 電車は全て二階建ての車両。 あまり新しくない。 リヨン駅を定刻に発車して、リヨンから三つ目のフォンテーヌブロー・アヴォン駅に9:05に到着。 駅前のバス乗り場に行くと、数台バスが止まっている。 行き先を見ても分からない。 運転手さんに「シャトー?」と声をかけたら「ウイ」と言ってくれたので、このバスに乗り込む。

 下調べではシャトーは停留所ラ・ポルテ(郵便局)の次のはずなので、郵便局を見逃さないようにきょろきょろしていると、地元のおばあさんが声をかけてきて「シャトーはまだ先だよ」と言っているらしい。 シャトーに近づくと、「次だよ」と服を引っ張って教えてくれた。 「メルシー」と答え、モビリスでバス料金の支払いを済ませ、無事シャトーの前でバスを降りる。

 帰りのバスの時刻をメモに残して、お目当てのフォンテーヌブロー宮殿に入る。 9時半開場なので、数分待たされたが、観光客は我々以外に10名ほどしか居らず、とても空いていた。

フォンテーヌブロー宮殿 フランソワ1世の回廊
 ここフォンテーヌブローには12世紀頃砦があったようで、館には王の寝室があり、フィリップ2世やルイ9世、フィリップ4世などがたびたび訪れて狩猟をたのしんだそうだ。 特にルイ9世はフォンテーヌブローを愛し、1259年には三位一体修道会の礼拝堂を建てている。

 イタリア・ルネサンスに魅了されたフランソワ1世が1528年に元々あった王家の狩の館を取り壊し、新しい宮殿の建設に着手した。 外観から内部の装飾まで全てルネサンス様式に統一したという。 すでにブロア城やシャンポール城にも一部ルネサンス様式を取り入れていたが、この城は全てがルネサンスということで、フランソワ1世の夢の集大成だったようだ。

 フランソワ1世は国王の住居棟とルイ9世の建てた三位一体礼拝堂を結ぶ目的で1528年に建てられた翼館の中に回廊をつくっており、「フランソワ1世の回廊」と呼ばれている。 フレスコ画やスタッコ(化粧漆喰)の彫刻を施した優美な空間である。 長さ60m、幅6mのこの回廊は、当初は国王専用の通路だったようだが、後に一般にも開放されるようになったそうだ。

 回廊にはギリシア・ローマ時代を題材にした絵画が多く並んでいて、それぞれをスタッコ彫刻で縁取られている。 回廊の木彫細工にはフランソワ1世の頭文字「F」や紋章の「サラマンダー」(火を吐くとかげ)があちこちに飾られている。 回廊の奥にはフランソワ1世の胸像がこちらを見つめていた。

フォンテーヌブロー宮殿 舞踏会の広間 フォンテーヌブロー宮殿 ルイ13世の間 フォンテーヌブロー宮殿 ディアナの回廊

 フランソワ1世の後を継いだアンリ2世は、宮殿の大規模な拡張を実施したほか、「舞踏会の広間」ほか室内の装飾にも力を入れたらしい。 「舞踏会の広間」はフランソワ1世の時代に着工され長さ30m、幅10m。両側に大きなガラス窓が10個あり、 窪みには長椅子が設けられれいる。 この部屋のフレスコ画による柱の装飾やイタリア様式の格間天井はとても豪華。 この部屋では代々の王が華やかな祝宴や祭典を催したとのこと。 部屋の奥には大きな暖炉があり、歴代の国王はこの暖炉を背にして座ったようだ。

 舞踏会の広間の北側、 国王の住居棟にある「ルイ13世の間」。 1601年にこの部屋で後のルイ13世となる王子が誕生した。 父のアンリ4世はそれを記念してこの部屋を豪華に改装したと伝えられている。 ギリシャ物語をテーマとする絵画が壁と天井に飾られている。 長い間、国王の執務室だったが、その後サロンとして使用されたそうだ。

 「ディアナの回廊」は国王の住居棟のさらに北側にある。 元々はアンリ4世の時代に王妃のために作られた部屋で、ディアナの神話と国王の戦勝を題材とした装飾がほどこされている。 長さ80m、幅7mの回廊。 その後、ナポレオン1世が修復し、王政復古後にナポレオン3世が図書室に改造した。 ナポレオン1世の蔵書約1万6千冊が所蔵されている。

フォンテーヌブロー宮殿 皇后の寝室 フォンテーヌブロー宮殿 玉座の間 フォンテーヌブロー宮殿 会議の間

 「皇后の寝室」は16世紀末、アンリ4世の妃マリー・ド・メディシスの頃から、ナポレオン3世と皇后ウジェニーがイギリスへ亡命した1870年までの間、歴代の王妃や皇后の寝室として使用された部屋。 ルイ14世の王妃アンヌ・ドートリッシュや悲劇の王妃マリー・アントワネット、ナポレオン1世の妻ジョセフィーヌ、フランス最後の皇帝ナポレオン3世の皇后ウジェニーなどの面影が偲ばれる。 中央の寝台はマリー・アントワネットが造らせたとか。だが結局彼女はこれを一度も利用することはなかったそうだ。

 「玉座の間」はアンリ4世からルイ16世までの頃は元々寝室であったが、1808年にナポレオン1世が「玉座の間」に改装し、毎週日曜日にこの部屋で推薦の儀式や宣誓の儀式が行なわれた。 金箔の装飾の施された部屋は豪華で、側面にはルイ13世の肖像画が架けられている。 肘掛け椅子と上部飾り、両脇には旗標などを備えた玉座一式は、ジャコブ・デマルデの作で、旗標にはナポレオンの頭文字「N」のマークが付いている。

 「会議の間」はフランソワ1世の時代からあった部屋だが、18世紀に壁や天井が改装され、ルイ15世の時代から会議に使用される部屋となった。 この部屋の家具調度品は、ナポレオン1世のために19世紀になってから揃えられたもの。

フォンテーヌブロー宮殿 皇帝の寝室 フォンテーヌブロー宮殿 皇帝の私室 フォンテーヌブロー宮殿 三位一体礼拝堂

 「皇帝の寝室」は1808年にナポレオンがこの部屋を寝室とし、それ以降1870年まで歴代君主の寝室として使用されるようになった。 寝具や家具はアンピール(帝政)様式で落ち着きを感じさせるが、金箔を使った装飾やシャンデリアはきらびやかで落ち着かない。 ここにも壁の装飾に「N」の文字が見られる。

 隣に皇帝の小寝室がある。ナポレオンが執務室として使用した部屋。 多忙なナポレオンはこの執務室の中で多くの時間を過ごして生活をしたため、1811年にはこの部屋に金箔張りブロンズ製の王冠型天蓋付きの鉄製寝台が置かれた。 ナポレオンはここで時にはガウンを羽織り、私人として気ままな時間を過ごしたそうだ。

 「皇帝の私室」。 1814年4月4日にマルモン元帥らの裏切りによって無条件に退位を迫られたナポレオンは4月6日にこの場所で退位の意思を固めたと言われることから「退位の間」と呼ばれる。 皇帝の私設秘書だったファン男爵はナポレオンが発した言葉「諸君は休みたいだろう。では休むがいい! 残念なことだ! 羽布団の寝台で諸君が味わうことになる悲しみや危機がどれほどのものか、諸君は気づいていないのだ!」を記している。 赤い布地を使った金箔張りの木製椅子に同じ赤い壁布が印象的であった。

 「三位一体礼拝堂」は元々ルイ9世が建てた礼拝堂を三位一体修道会が引き継いだもの。 装飾の主要な部分はアンリ4世とルイ13世の時代のものである。  ヴォールト天井の絵は「ノアの前への神の出現」から「受胎告知」「最後の審判のキリスト」まで、人間の贖罪をテーマに描かれている。 国王と王妃は1階に降りる大祝祭の日以外は、毎日の日課としてここの階上席でミサに参列したそうだ。 また、この礼拝堂で、ルイ15世の結婚式(1725年)やナポレオン3世の洗礼式(1810年)などが行なわれたとのこと。

フォンテーヌブロー宮殿 正面、馬蹄形の階段
 宮殿内を一通り回った後で、宮殿の南側にある「鯉の池」から東側の庭園を散策する。 「鯉の池」はアンリ4世が妹カトリーヌの夫ロレーヌ公からの贈られた鯉60匹をこの池に放したことから名づけられたそうだ。 16世紀からこの池では祝祭が行なわれるようになり、水上槍試合や花火大会が開催された。 池の真ん中にある六角形のパヴィオン(あずまや)は、ルイ14世時代に造られたもので、祝祭日にはここに王や王族の夜食が用意されたという。

 宮殿の正面に戻り、「馬蹄形の階段」の前へ行く。 この馬蹄形の階段は、ルイ13世の時代に造られ、王室の歓迎式典などに使われたそうだ。 1814年4月16日に締結されたフォンテーヌブロー条約で皇帝ナポレオン1世の退位条件が決まった。 ナポレオンはエルバ島に追放とされ、引き換えに200万フランの年金がフランス政府から送金されることになった。 皇后マリー・ルイーズと息子のナポレオン2世にはパルマ侯国の統治者の地位が与えられた。 この後4月20日、帝位を剥奪されたナポレオンは、この階段で親衛隊に別れを告げ、エルバ島に向かったそうだ。 階段前の庭はナポレオンの旅立ちの儀式が行なわれたことから、「別れの中庭」とも呼ばれている。

 土曜日であったのにとにかく空いていた。 宮殿内で他の観光客に出会ったのは数人程度。 オーディオ・ガイドをしっかり聞きながらほとんど貸切状態で見学できた。 昨日のヴェルサイユ宮殿よりも落ち着いた雰囲気でゆっくり見学できた。 ガイドさんに連れ回されなかったことも好印象の要因。

ギュスターヴェ・モロー美術館
 バスでフォンテーヌブロー・アヴォン駅に戻り、電車の時間が少しあったので、食事処を探したが駅の周りには全く無い。 駅の売店でサンドウィッチを見つけ、飲み物とあわせて買い求め、パリ行きの電車の中でお腹の中に詰め込む。

 この後モンマルトル辺りに行く予定とのEMさん夫妻とリヨン駅で別れて、地下鉄でギュスターヴェ・モロー美術館へ行く。 ギュスターヴェ・モロー美術館は地下鉄トリニテ駅から歩いて5分ほど。 14時の開場まで少し待ってから入場。

 この美術館はモローが1852年から1898年に亡くなるまで両親と一緒に住んでいた家を改造した建物。 神話と聖書を題材にした壮大な構想と緻密な描写でモロー独特の世界を描き出している。 展示は2階から4階まであり、4階には「サロメ」などの後期の代表作が並んでいる。

 フランスの個人美術館の特徴だが、表題はフランス語でしか書いていない。 各階には各国語で印刷したプラスチック・ケースの中に入れた解説書を備えてあるのだが、日本語のものは他の日本人観光客が失敬して行ったらしく中身がない。 海外まで来て絵を鑑賞するのに・・・日本人も質が落ちたものだと嘆く。

 油絵以外の素描や水彩画は可動式パネルの中に納められていて、ひとつひとつ繰り出して見ることが出来る。

 次に地下鉄ミロメニル駅のそばにあるジャックマール・アンドレ美術館に行く。 建物の中に通路があり、人が建物の外にあふれんばかりに並んでいる。 建物の奥まで行き確かめてみると、この美術館に入る人たちの行列らしい。 行列の進み具合から判断すると、今最後尾に並ぶと入場まで一時間はかかりそうだ。 最後に行きたいマルモッタン美術館の閉館は17:30なので、ここで時間を使うわけにはいかない。

 すぐにミロメニル駅に戻り、地下鉄9号線でラ・ミュエットまで行き、西に歩いて10分、マルモッタン美術館に行く。 公園のはずれで看板もなく、モリゾの「舞踏会で」のポスターがなかったら美術館がどこか分からなかった。

マルモッタン美術館 ポスターはモリゾの「舞踏会で」
 マルモッタン美術館は美術史家・収集家のポール・マルモッタンの邸宅と彼の美術コレクションが基礎となっている。 しかしポール・マルモッタンの収集品は印象派絵画ではなく、新古典主義の絵画と、アンピール(帝政)様式の調度品であった。 ポールの死後、コレクションはアカデミー・デ・ボザールに寄贈され、1934年から美術館として公開されている。 その後クロード・モネの医者からあの有名な作品「印象・日の出」が1957年に寄贈され、さらに1966年にはモネの次男ミシェル・モネより、父親モネの作品が多数寄贈された。 マルモッタン美術館はこの他にも多くの個人コレクションからの寄贈を受け、印象派絵画の殿堂となっている。

 展示は地上二階と地下一階。 余り大きな美術館ではない。 最上階にはモネと同時代の印象派画家の作品が数多く展示されている。 シスレーの風景画が数点。 シスレーはモネと親しかったようで、1874年の第一回印象派展から一緒に活動していたようだ。 その後シスレーは点描画に傾倒していくが、ここに展示されているのは初期の頃の作品でオーソドックスな風景画である。

 パリの街中の風景を得意としたピサロの作品も数点あった。 彼も印象派で活動した画家の一人で、同じ風景画でもロイスダールやコローなどのねっとりとした表現ではなく、明るい色調がいかにも印象派らしく感じる。

 ベルト・モリゾの「舞踏会で」やルノアールの「新聞を読むモネ」「ジュリー・マネの肖像」など日本でも公開された絵が並んでいる。

 この部屋にモネの「印象・日の出」が展示されている。 1873年モネが32歳のときノルマンディーで描いたもの。 その翌年の1874年にモネはルノワール、シスレー、ドガ、ピサロ、セザンヌらと「画家・彫刻家・版画家・無名芸術家協会展」を開催。  この展覧会を見た風刺新聞のシャリ・ヴァリ誌の記者が「印象派展覧会」というタイトルで、モネの「印象・日の出」のことを『書きかけの壁紙の方が、よっぽどましだ』という内容の嘲笑記事を載せたのだそうだ。 この新聞のタイトル「印象」が印象派という流派名の由来となり、この展覧会は後の世で第1回印象派展て呼ばれるようになった。

 「印象・日の出」。 朝もやの中に昇る太陽が中央やや右に描かれ、一艘の小舟が漕ぎ出て行き、そのあとに小さな波がゆれ動き、きらきらと赤く染まる太陽の影を描いている。 この絵から朝もやを通して来る日の出の光、小舟が櫓をきしませる音、それに波の振動が伝わってくるように感じる。

 地階に下りるとモネの作品ばかり。 「睡蓮」の連作、「ルーアン大聖堂」「ロンドン 国会議事堂」「サン・ラザール駅」などが並ぶ。 「睡蓮」は1890年頃から晩年までの作品が多数展示されている。 制作が早い頃の作品は花の形、雲や柳の葉などがはっきりとした形で描かれているが、晩年の作品では水面に睡蓮らしいものが浮いているといった感じの表現である。

 モネはジヴェルニーからしばしばパリに通ったそうで、パリでの乗り降りはサン・ラザール駅であったと思われる。 サン・ラザール駅でモネは有名人だったようで、一般の人が入れない駅構内にまで入らせてもらって、「サン・ラザール駅」を数多く描いたという話を聞いたことがある。

   夕食はオペラ座のそば、日本語のメニューを置いてあるある「ル・グラン・カフェ」で。 夕日も沈み、暗闇が迫ってきてからルーヴル美術館のカルーゼル凱旋門のところまで食後の散歩。 この場所からルーヴルの夜景を撮るために三脚を一日中持ち歩いていた。 写真を数枚撮り、本日の天気に感謝し、地下鉄でホテルに戻ったのは21時。 本日は本当に楽しい一日でした。



 10月14日(日)    出発は意外と早く、8:20。 パリ・ド・ゴール空港でオーストリア航空OS412便でウィーンに向かう。 機内で指揮者の小澤征爾さんに会う。 二言三言。 「パリへはお仕事ですか?」「ラグビーの観戦に」「イングランドに負けちゃいましたね」「ウーーン、残念!」「これから日本に帰られますか?」「まだウィーンで仕事があるので」と言った内容。 とても気さくで、知らない我々に答えてくれた。 お元気で、ご活躍を!

 ウィーンでの乗り継ぎ時間は1時間20分。 またまた手荷物検査で時間を費やす。 ウィーンからはオーストリア航空OS51便で成田に向かう。

 10月15日(月)    成田着9時。 ツアー仲間の皆さん、お疲れ様でした。 この旅では気さくで、気持ちの良いYMさん夫妻、EMさん夫妻、IWさん夫妻には特にお世話になった。 また何処かでお会いしましょう。

 今回添乗していただいた竹下さん。 すばらしい仕事ぶりに感謝している。 これぞ「プロの添乗員」と感心する。 次回何処かに出かける時に、「添乗員はに竹下さんを」などと指名する手はないのでしょうかネ。


 [エピローグ]
 ▼ニースのシャガール、エクス・アン・プロヴァンスのセザンヌ、アルルのゴッホ、ジヴェルニーのモネ。 絵画の好きな小生にとって至福の旅であった。 ▼数多くの宮殿を見てきたが、フォンティーヌブロー宮殿は特にお勧め。 フランスの歴史がいっぱい詰まっている。 ヴェルサイユ宮殿よりも良い。 ▼さすがに食の国フランス。 モン・サン・ミッシェルのふわふわオムレツ以外は全て美味しかった。 イギリスとは比べ物にならない。 ▼今回も添乗員さんはすばらしかった。 10数回同じ旅行社のツアーで旅をしているが、今回の添乗員さんや前回のイギリスでの添乗員さん、モロッコの時の添乗員さんなどはE社の雑誌の巻末に名前が出たことがない。 この添乗員さんたちは「プロの仕事」をしてくれている。