ブラジル (Federative Republic of Brazil)
 2008年2月  リオのカーニバルとイグアス、マナウス 9日間
 今年は100年前のブラジル移民を記念した日本ブラジル交流年。 1908年4月28日、第1回日本人移住者781名を乗せた笠戸丸が神戸港を出航。 約2カ月後の6月18日にブラジル・サントス港に入港。 ここから日本人のブラジル移住が始まった。以来100年、ブラジル移住者の子孫は現在140万人を擁するとも言われ、世界最大の日系社会を築き、日系人はブラジル国内でも高い評価を得ている。
 ブラジルは地球の裏側、とても遠い地。 一度は訪れたかったリオのカーニバル。 だが暑さに弱い小生にとってはなかなか出かける勇気がわかなかった。 この日本ブラジル交流年を機会に、暑さを我慢して、短期間でブラジルに行ってみようと決心。 短期間故に行けるところはサン・パウロ、イグアス、リオ・デ・ジャネイロ、マナウスと限られている。
   特にマナウスは赤道近くで、アマゾン河中流域なので高温、多湿を覚悟しなければならない。 リオのカーニバルも熱気に包まれるはず。 サンバパレードには「日系移民100周年~マルのパゴーヂ」というのもあるようだ。
プロローグ  サン・パウロ  イグアス  リオ・デ・ジャネイロ  マナウス エピローグ


 [プロローグ]

 ブラジルの歴史

ブラジル植民地時代
1500年 ペドロ・アルヴァレス・カブラル、ブラジルに漂着し、ポルトガル領を宣言
1532年 最初の永続的居留地サン・ヴィセンテ創設 本格的な移民が始まる
1549年 初代ブラジル総督トメ・ダ・ソウザ着任、植民地政府を創設。(首府サルバドール・ダ・バイア)
1565年 サンパウロ市創設
1580年 リオデジャネイロ市創設
1580年 スペイン国王フェリペ2世、ポルトガル王位を兼務
1630年 オランダ、ブラジル北東部を占領
1640年 ポルトガル、スペインの支配から離脱
1654年 オランダ、ブラジルから撤退
1727年 ミナス・ジェライスで金鉱発見
1750年 コーヒー、フランス領ギアナからブラジルに導入される
1763年 ブラジル植民地首府をサルバドール・ダ・バイアからリオ・デ・ジャネイロに移転
1789年 ミナスの陰謀。チラデンテスによる蜂起計画。ブラジルで初めてポルトガルからの独立への動きが起きる
1808年 ナポレオン軍を逃れてポルトガル宮廷、リスボンからリオ・デ・ジャネイロに遷都
1810年 イギリスと通商条約締結
1821年 ジョアン6世の宮廷リスボンに帰還

ブラジル帝国時代
1822年 在ブラジルのポルトガル皇太子、独立を宣言し、皇帝ペドロ1世を称す
1824年 最初のブラジル憲法公布
1825年 アルゼンチンとの戦争(-28年)
1831年 ペドロ1世退位、ペドロ2世即位し、摂政制に。
1835年-1845年 共和派による反乱「ファホウピーリャ革命(War of Tatters)」
1840年 ペドロ2世親政開始
1850年  奴隷貿易停止
1865年-1870年 三国同盟戦争(パラグアイ戦争)
1888年 奴隷制廃止
1889年 軍事クーデターにより帝政打倒、ペドロ2世フランスに亡命

ブラジル連邦共和国時代
1889年 共和制樹立
1894年 最初の文民大統領プルデンテ・デ・モライス就任。以後1930年まで、サンパウロ州とミナスジェライス州が交互に大統領を出す「カフェ・コン・レイテ」期が続く。
1906年 第3回パン・アメリカン会議、リオ・デ・ジャネイロで開催
1917年 ブラジル、第一次世界大戦参戦
1930年 リオグランデ・ド・スル州知事ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス、政権奪取
1932年 サンパウロ州、ヴァルガス政権に対して反乱 (護憲革命)
1934年 新憲法公布 参政権を女性にまで広げる
1934年 新国家エスタド・ノヴォ宣言
1942年 ブラジル、第二次世界大戦参戦
1945年 ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス大統領辞任
1946年 エウリコ・ガスパル・ドゥトラ将軍が大統領に 新憲法公布
1950年 ヴァルガス大統領に再選
1954年 ヴァルガス大統領自殺
1960年 ジュセリーノ・クビチェック大統領、ブラジリア遷都
1964年 軍事クーデター、軍事政権樹立
1978年 新憲法公布
1985年 文民政権復活
1988年 新憲法公布
1995年 フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ大統領就任
2003年 労働組合活動家出身のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領就任



 今回訪れるブラジルの世界遺産
 
  遺   産   名  分 類 登録年
  イグアス国立公園 Parque Nacional Los Glaciares 自然遺産 1986年
  中央アマゾン保全地区群 Central Amazon Conservation Complex 自然遺産 2000年



 今回の旅行の準備

 ブラジル、カーニバル、イグアス、マナウス・・・・ 色々調べたら旅行前に準備しなければならない物がある事がわかった。

コンパクト・デジタル・カメラと防水ケース
 (1) 予防接種とイエロー・カード  旅行社のパンフレットでは「黄熱病の予防接種証明書は入出国上不要だが、予防接種を受けることを強く推奨する」とある。 ブラジルから渡航してきたのにイエロー・カードを持っていないと入国を拒否する国があるそうだ。 予定通り帰ってこれればよいが、都合でどこかの国に立ち寄りにでもなったら、そこには入国できないこともあるという。
 お台場の東京検疫所まで出かけて、黄熱病の予防接種を受け、予防接種証明書(イエロー・カード)を受け取る。 この証明書、本当に黄色い紙に印刷してある。

 (2) 防水対策  2月のリオ・デ・ジャネイロは雨季にあたるそうだ。 カーニバルを見ているときは必ずと言っていいほど雨に当たるという。 カーニバルは混雑しているので、傘を使うのは禁止されているらしい。 またイグアスでは滝のしぶきをまともに浴びる覚悟がいる様だ。
 そこで、土砂降りになっても耐えられるポンチョを用意することにした。 街の専門店などを数軒覗いたがあまりよいものがない。 ネットで調べたら、アウト・ドアー専門の「ロゴス」に良いポンチョあり。 お値段も893円ととても安い。
 もう一つ、カメラの防水対策。 カメラをビニールの袋に包んでなど考えたが、どうも行動的でない。 防水ケースなるものを見つけたが、一眼レフのカメラのものは見つからない。 今回は防水ケースに合わせてコンパクト・デジタル・カメラを用意。 効果のほどは・・・・ 旅行後報告する。 またカメラが一つ増えてしまった。



 ブラジル渡航は今までの手続きとは勝手が違う。 ビザを取るのに写真1枚と住民票が必要。 関西方面の人はさらに休暇証明書、預金残高証明書まで必要とか。 このような必要書類も刻々と変動しているので、寸前になるまで決まらないらしい。 同じ日本人なのに、関東の人と関西の人の提出する書類が異なるなど信じ難い。

 今回のツアーは9日間であるが、ホテル宿泊は4泊。 なんと機中泊が4泊もある。 設定航空会社はスイス・インターナショナルエアラインズ。 チューリッヒ乗り継ぎでサン・パウロへ行く。 面倒な手続きのあるアメリカ経由でないのが助かる。
 

 リオのカーニバル

 カーニバルとは謝肉祭のこと。 キリスト教ではイースター(キリストの復活祭)までの40日間を禁欲生活の期間としており、この期間が始まる前の4日間を開放的なお祭りとしたのが謝肉祭の由来。  2008年のリオのカーニバルは2月2日~2月5日の4日間。 この間にエスコーラ・デ・サンバ(サンバ学校)のコンテストが行なわれる。 初日はGRUPO A(二軍)、2日目と3日目はGRUPO ESPECIAL(一軍)、4日目はGRUPO B(三軍)のパレードがそれぞれ行なわれ、GRUPO ESPECIALの下位2チームとGRUPO Aの上位2チームは次の年には入れ替えとなる。

 地下鉄セントラル駅とプラサオンゼ駅の中間に位置するパレードの会場サンボドローモではGRUPO ESPECIALのパレード、いわゆる「リオのカーニバル本選」が行なわれる。 1チーム4,000人~5,000人の規模で、パレードのテーマを持ち、おとそ800mの会場で80分間のダンスタイムに一年間つぎ込んできた全てを成果として披露するという。

 このリオのカーニバル本選の後の週末に各グループの上位によるサンバ・パレード、いわゆるチャンピオン・パレードが行なわれるが、カーニバル本選の方は気合が入っていて内容はチャンピオン・パレードの比ではないそうだ。

 2008年サンバ・パレード(本選)出演順およびテーマ

 2008年2月3日(日)21:00~翌朝
サンバスクール名昨年の成績過去の成績テーマ
 SAO CLEMENTE GRUPO A'07 Grupo A 優勝 リオの御仁ジョアン6世:ブラジルの再発見
 PORTO DA PEDRA  E-10位  日系移民100周年~マルのパゴーヂ
 SALGUEIRO  E- 7位  リオデジャネイロは変わらない……
 PORTELA  E- 8位  自然の再建、生命の再生:夢の実現へ
 MANGUEIRA  E- 3位'98,'02 優勝、'03 準優勝 フレーヴォ100周年、レシフェが私を呼んだ
 VIRADOURO  E- 4位'97 優勝 ゾクゾクの興奮

 2008年2月4日(月)21:00~翌朝
サンバスクール名昨年の成績過去の成績テーマ
 MOCIDADE  E-11位'96 優勝 第5帝国:ポルトガルからブラジルへ、歴史のユートピア
 UNIDOS DA TIJUCA  E- 5位'04,'05 準優勝 欲しいものを集めることに価値がある
 IMPERATRIZ  E- 9位'99,'01,'02 優勝 ジョアンとマリア
 VILA ISABEL  E- 6位'06 優勝 ブラジルの労働者
 GRANDE RIO  E-準優勝'06 準優勝 コアリーの森林から天然ガスがやってくる、サプカイ!
 BEIJA FLOR  E-優勝'02 準優勝 '03,'04,'05,'07 優勝 マカパーバ~太陽の平分点:秘境へのファンタスティック・トラベル

 今回は2月3日(日)にカーニバル本選を見に行く。 昨年Grupo Aで優勝したSAO CLEMENTEから始まって6チームが翌朝までパレードを繰り広げる。 ちなみに昨年(2007年)のGRUPO ESPECIALの優勝チームはBEIJA FLORで400点満点中399.3点を獲得。 2チームが二軍に落ちたが、11位で一軍にとどまったMOCIDADEは391.1点と僅かな差しかない。 今年のGRUPO ESPECIALは12チームで争うようだが、どこが優勝しても良いほどの接戦になりそうだ。

 ポルト・ダ・ペドラ(PORTO DA PEDRA)の「日系移民100周年~マルのパゴーヂ」が二番目にある。 「マル」とは笠戸丸のマルの事らしく、「移民船のなかで熱くパゴーヂ」と言うことらしい。 パゴーヂとはサンバ系軽音楽と言われ、5~6人くらい集まって酒でも飲みながらみんなでワイワイ歌って踊ろうということで、みんなで楽器を叩きながら歌うようだ。

 ポルト・ダ・ペドラのオリベイラ会長が「日本やブラジル在住の日本人及び日系人にパレードへの出演を呼びかけている」という記事がニッケイ新聞に載っていた。 パレードのイメージは「歌舞伎」、チームマスコットの「虎」、「金閣寺」、「仏陀」などを模した山車に「笠戸丸」の山車が続くようだ。 「日本ブラジル交流年」の記念として現場で応援しようと思っている。


 [サン・パウロ]

 1月31日(木)  この時期、東京ではよく雪が降る。 何時もは成田空港近傍の民間駐車場に車をあずけてそのまま出国するのだが、雪のトラブルを考慮して今回は空港近くのホテルに車を置き、前泊とする。

 このツアーの参加人員は夫婦2組、男性2人で総勢6名。 催行決定の時には12名ほど居たはずだが、その後キャンセルがあったらしい。 人員が少ないのは良し悪し何れか。 今回はどちらであろうか。

 10時40分にスイス・インターナショナル・エアラインズのチューリッヒ行きLX169便に搭乗。 成田-チューリッヒ間は12時間50分、チューリッヒで6時間半ほど乗り継ぎ時間があり、再びサン・パウロ行きLX96便に乗り12時間、ブラジルのサン・パウロ グアルーリョス空港には現地時間8時に到着。 サン・パウロと日本の時差は10時間なので、31時間ほどかかった。



 2月1日(金)  サン・パウロは南米最大の都市。 2005年の統計では東京:3,519万人、メキシコシティ:2,279万人、サン・パウロ:2,270万人、ニューヨーク:2,231万人、ソウル:2,200万人。 世界でも3番目に大きな町で、この後訪れるリオ・デ・ジャネイロの人口のおよそ2倍を有する。

 街には高層ビルが林立し、3000以上の銀行や金融機関の店舗、7チャンネルのテレビ局、11社の日刊新聞などがあり、まさに南米一の大商業都市。 ブラジルは日本を初め、アジア、ヨーロッパ、アフリカなど75ヶ国から移民を受け入れてきて、現在の人口はおよそ1億9千万人。 この内日系人は150万人(1%弱)だが、半数以上がこのサン・パウロに住んでいるそうだ。
 サン・パウロには観光の目玉はほとんど無い様で、ブラジル独立を記念したイピランガ公園と東洋人街に立ち寄ることになっている。

サンパウロ イピランガ(独立)公園
 イピランガ公園はサン・パウロの中心部から南東およそ5Km、イピランガの丘にある。 イピランガとは原住民トゥピ族の言葉で「赤い土、赤い水」という意味だそうだ。 サンパウロに到着してバスで車窓から眺めていてすぐに気がついたのだが、土の色が「赤い」。 無機質の酸化物を含んだラテライトで、主に酸化鉄が含まれているようだ。

 この公園にはドン・ペドロ1世が独立宣言をする勇姿を表現した巨大なブロンズ像がある。 台座の面積は1600㎡あり、ドン・ペドロをはじめ、腹心の兵士ら131体のブロンズ像が並び、台座の中に降りてゆくとドン・ペドロと王妃の遺骸が安置されている。 この記念像は1922年の独立100年祭のときに建造されたもの。 周辺にはベルサイユ宮殿を模した庭園があり市民の憩いの場となっている。

 ブラジルの歴史は1500年4月22日、ペドロ・アルヴァレス・カブラルが漂着したことから始まる。 その後ポルトガルはブラジルを植民地として金鉱の発見や開拓を進めた。 1808年にポルトガル王室がナポレオンにおわれてブラジルに移転するとブラジルはポルトガルとの連合王国となった。 ナポレオンの失脚後,ポルトガル本国へ帰ったジョアン・カルロス6世は連合王国として対等になっていたブラジルの地位をポルトガルの一地方に格下げにし,ポルトガル中央政府の統制下におくこととした。
   この再植民地化路線によって不利益をこうむる農場主たちが結束し独立運動は一気に高まっていった。 ブラジルにとどまっていたジョアン6世の息子ドン・ペドロは、ブラジルの自治と特別議会をみとめるようポルトガル政府に要求した。 これをポルトガル政府に拒否され、帰国命令を出されたドン・ペドロは激しく怒り、1822年9月7日にサン・パウロのこのイピランガの丘でもはや独立の道しかないことをさとり、剣を天空にかざし「独立か死か!」とさけび、ブラジル独立を宣言したそうだ。

サンパウロ 東洋人街
 今回はツアー参加者が少ないため、移動には20人乗りほどの小型バスを使う。 初めはバスのクッションが悪いので揺れが大きいかと思っていたら、高速道路、市街地でもよく揺れる。 聞いたところでは簡易舗装より少し良い程度の道路しか造っていないそうだ。

 イピランガ公園から北に進んでサン・パウロ市街に入り、リベルダージ地区の東洋人街に行く。 南北に走るガルバン・ブエノ通りは提灯の形をした街灯が並び、神社の参道ではないのに赤い大きな鳥居があり、「大阪橋」という陸橋もある。 漢字の看板が通りを埋め、日本の週刊誌や単行本を並べた本屋、 餅や最中、大福を売る和菓子屋、 あげ、味噌、醤油、麺類を扱う食料品店、さらには仏具店まである。

 近年は中国人、韓国人の進出が目覚しいそうで、この地域を日本人街と呼ばずに「東洋人街」と呼ぶようになったそうだ。 海外でこのように日本人街として機能しているのはロサンゼルスのリトル・トーキョーとこのサン・パウロのリベルダージの2ヶ所のみだそうだ。 世界各地にある中華街に比べると何と慎ましやかな。

 昼食は東洋人街の北にある「Golden China」で。 ここの中華料理はお世辞抜きで美味しかった。 海外で中華料理、日本料理となるとろくな物はないのに。 東洋人街がそばに在る故か。


 [イグアス]

 昼食後すぐにサン・パウロ グアルーリョス空港に戻り、TAM航空JJ3559便(16:00発)でイグアスに向かう。 およそ1時間半でイグアス空港に到着と思いきや、航空会社のサービスか、イグアスの滝上空を一度旋回してから着陸する。 上空からはイグアスの滝の水煙、ブラジル側で今夜の宿のダス・カタラタス・ホテル(カタラタスとは滝のこと)やアルゼンチン側のシェラトン・インターナショナル・ホテルも見える。

 この時期、ブラジルはカーニバルで観光客がどこもいっぱい。 飛行機もオーバーブッキングで先着順になる可能性があるそうだ。 明日イグアスからリオ・デ・ジャネイロに行くのに、空港でリ・コンファームをしたくらいでは確実に搭乗できるとは限らないそうで、この場でチェック・インの手続きをするとのこと。

イグアスの滝 ブラジル側
 18時過ぎに空港を出て、イグアス国立公園内にある唯一のホテル、ダス・カタラタスへ。 イグアス国立公園の入り口に到着したのは18:20。 この公園の開園時間は9:00~18:00。 すでにゲートは閉まっていて観光客は国立公園の中にはいない。 ホテルに行くためゲートを空けてもらい、ホテルに到着したのは18:30。 まだ明るく、現地ガイドさんの機転で、明日の行程がきつくならないように本日中にブラジル・イグアスの滝を見に行くことになった。 スーツケースからポンチョを取り出し、靴を履き替え、カメラを持って18:45に出かける。

 ホテルの前にすでに滝が広がり、イグアス川沿いに遊歩道を上流に上ってゆく。 全長1.2Kmの遊歩道からは対岸のアルゼンチン側の滝をさまざまな姿で見ることが出来る。

 イグアス(I Guazu)とは先住民グァラニー族の言葉で「水 大きな」という意味だそうで、とにかく水量が多いとのこと。   轟音を発てて流れ落ちる滝壺の下に行く遊歩道は水しぶきで前方が見えない。 ここでポンチョを着て、カメラをしっかりポンチョの中に隠し、大きく息を吸い込み覚悟を決めて先に進む。 時間は19時を過ぎており、アルゼンチン側からの西日が丁度滝の正面に当たって水が輝いている。 日没間近なので、光線がほぼ水平になっており、曲率の小さな虹が滝に架かっている。

 展望塔に上るエレベーターは既に動いておらず、周囲の階段を登り滝の側面から上部へ行く。 「広々とゆったり流れていた水が崖で急に落とされ、びっくりして轟音をとどろかせているのでは」。 滝に近づきつつある水は「この先に何があるのであろうと不安ではないだろうか」など色々思いを馳せる。

 観光を終わったのは20時。 この間、他の人たちには全く出会わず、貸切状態でのイグアスの滝であった。 現地の日系三世のガイドさんに感謝。 ただ、あわててホテルを飛び出したので、この滝のために用意したコンパクト・デジタル・カメラと防水ケースを持ち出すのを忘れてしまい、効果のほどを確かめることが出来なかった。



 2月2日(土)  長時間をかけてブラジルに到着し、サン・パウロからイグアスに移動後、やっとホテルのベッドで横になって休めたのに、朝7:30ホテルを出発。 結構ハードなスケジュールである。 本日はアルゼンチン側のイグアスの滝を観光後、夜にはリオ・デ・ジャネイロに移動する。

 ホテルから北西に走り、フォス・ド・イグアスの街の手前でイグアス川に架かるタンクレード・ネベス橋を渡り、アルゼンチンに入る。 ブラジル側の入出国はフリーパスだが、アルゼンチン側はパスポートの提出が必要。 パスポートにスタンプを押してもらい、国境から南東に40分ほど走ってアルゼンチンのイグアス国立公園ゲート前に到着。 ここにはトロッコ列車の始発駅であるセントラル駅がある。 このトロッコ列車は途中駅のカタラタス(滝)駅までしか運行していない。 カタラタス駅で別のトロッコ列車を乗り換えて、終点の悪魔の喉笛駅まで行く。

 この駅からイグアス川の上に1.2Kmほど遊歩道が架かっていて、「悪魔の喉笛」といわれている場所のすぐそばまで行くことが出来る。 一緒にトロッコ列車に乗っていた観光客が遊歩道上に延々と続く。

 イグアスの滝は1542年にスペイン人の宣教師によって偶然に発見されたそうだ。 ブラジル、アルゼンチンの国境の川幅1Kmほどのイグアス川がいく筋の滝になって渓谷に落ち込む。 滝の幅は2.7Kmほどあり、水量の多いときでおよそ4Kmにもなり世界最大だそうだ。 滝から落ちた水は川幅70mほどになって、15Kmほど下流でパラナ川と合流する。

イグアスの滝 アルゼンチン側 悪魔の喉笛 イグアスの滝 アルゼンチン側 イグアスの滝 ヘリコプター遊覧飛行

 三方から水が流れ落ちて一番集中しているところが「悪魔の喉笛」で、すさまじい音を立てて水が流れ落ち、その音は数Km先まで聞こえるという。  遊歩道の欄干から身を乗り出して見ても滝壺は水煙に隠れて全く見えない。 落ち込む水に誘われて吸い込まれてしまいそうな気分にさえなる。

 アルゼンチン側は滝を上から見下ろすので、ほとんど水煙の影響を受けない。 とにかくものすごい水量と轟音である。 ゴムボートで滝の下に回るクルーズもあるらしいが、このツアーでは時間が取れないらしい。

 悪魔の喉笛の轟音を聞いた後で、帰りの遊歩道は静かなものである。 この先に崖から落下することをまだ知らない緩やかな流れ、水浴びをしている野鳥をのんびり眺めながらトロッコ列車の悪魔の喉笛駅に戻る。

 トロッコ列車でカタラタス駅まで行き、ここで下車。 アルゼンチン側は、大小無数の滝が悪魔の喉笛の下流側にかかっていて、これらの滝を縫うようにして架けられている遊歩道を歩きながら、景観を楽しむことができる。 歩いていると、見たこともない鮮やかな赤と黄色の野鳥、玉虫色に輝く蝶、アナグマの集団などに遭遇する。 ハナグマ(鼻熊 クアチ)は少しばかり観光客慣れをしていて、ビニール袋を提げて歩いていると「餌をもらえる」と思うらしく、寄ってきて餌をねだるそうだ。

「アルゼンチン」「ブラジル」「パラグアイ」三国国境
 滝を散策後、セントラル駅に戻って昼食。 この後「アルゼンチン」「ブラジル」「パラグアイ」三国国境へ行く。

 北西に流れるイグアス川と北に流れるパラナ川が合流した地点が三国国境地点。 アルゼンチンのプエルト・イグアスの街の北西にある。 川を挟んで対岸がお互いに別な国で、どこの国か対岸から分かるようにそれぞれの国旗のカラーを使ったシンボルの国標が建っている。

 この後再びブラジルに戻り、30分間ほどの空き時間を利用してヘリコプターの遊覧飛行に出かける。 場所はブラジル側イグアス国立公園の入り口の手前で、小さなヘリポートと事務所兼待合室の建物が建っている。 イグアスの滝遊覧飛行はおよそ10分で一人US$80。 アフリカのヴィクトリアの滝でも$85であったのでほぼ同じくらいの料金。

 上空から見ると滝の全容が見え、白い水煙を上げる「悪魔の喉笛」は一番端にあることがよく分かる。 さらに昨日と本日歩いた場所や、トロッコ列車の軌道、川の上の遊歩道などを確かめ、あっという間の遊覧飛行を終わる。

 この後TAM航空JJ3152便(18:00発)でリオ・デ・ジャネイロに向かう。 この飛行機、過剰サービスか機材が壊れているのか室内を冷やしすぎ。 長袖を取り出し着込まないと寒くて我慢できず。 リオ・デ・ジャネイロ空港に到着し、乗降口のドアーを開けたとたんに冷気が噴出しているところに霧ができていた。 外の湿気が入ってきたのか、まるで液体窒素があちこちから噴出しているようだった。

 21時すぎにリオ・デ・ジャネイロのコパカバーナ海岸に建つオットンパレス・ホテルに到着。 この時間でも賑やかな白い砂のコパカバーナ海岸。 添乗員さんからは外に出ないように堅く注意されている。 またホテルでは必ずセイフティ・ボックスにパスポート、貴重品を入れて置くようにと。 結構大変な街らしい。



 [リオ・デ・ジャネイロ]

 2月3日(日)  リオ・デ・ジャネイロとはポルトガル語でリオ=川、ジャネイロ=1月のこと。 1502年正月に、ガスパル・デ・レーモスがこの地に来たときに河口を発見したと思い込み、「リオ・デ・ジャネイロ(1月の川)」と名付けたそうだ。

 オットンパレス・ホテルの建つコパカバーナ海岸はリオ・デ・ジャネイロでも南西の端の辺り。 東は大西洋に面しており、ここから南に行くとすぐにイパネマの海岸に出る。 ボサノバの「イパネマの娘」、エロイーザのような可愛い少女がいるのであろうか。

 今日は朝から雨。 遠くで雷も鳴っている。 ホテルの窓からは大型のクルーズ船が何隻もリオの港に向かっている。 きっと本日と明日のカーニバルの本選を見に来た観光客が乗っているものと思われる。

 本日は午前中にリオの名所コルコバードの丘とポン・デ・アスーカルを観光し、夜にいよいよリオのカーニバル本選を観戦に行く。

 コルコバードの丘 ポン・ジ・アスーカルからリオ市内を望む ブラジル名物:シュラスコ

 8時半、小雨の中をコルコバードの丘へ。 海抜710mの絶壁の頂上には、晴れていたらリオ・デ・ジャネイロのあちこちから見える、かの有名なキリスト像が建っている。 スイス製の赤い登山電車で登り、エレベーターでキリスト像の足元まで行く。 雨と風が強く、あれだけ登山電車に乗っていた観光客が見当たらない。 みんな雨を避けて土産物屋の中にいる。 少し風が収まった中を、キリスト像の後ろ側の階段を登り、正面に回る。

 雨と霧の中、キリストの巨大な像がおぼろげながら姿を現す。 横顔に雨が当たり、いささか悲しんでいるようにも見える。 このキリスト像はブラジル独立100周年を記念して1931年に建てられたもので、高さは30m(台座は8m)、両手を広げた幅は28m、衣服を着ていて、両手のひらには釘の跡がある。

 もう一つの有名な観光スポット、ポン・ジ・アスーカルはグワナバラ湾の入り口にある二こぶの丘の一つ。 その昔、この辺りはサトウキビの出荷がさかんであった。 サトウキビは船に積み込む前に大きな釜で煮詰められて糖蜜にしていた。 糖蜜は木枠の中で固められ、その形がたまたまパンに似ていたという。 これを砂糖パン(ポン・ジ・アスーカル)と呼び、この丘が砂糖パンにそっくりなのでポン・ジ・アスーカルと言われるようになったとか。

 ポン・ジ・アスーカルに上るには二つのロープウェイを乗り継いでゆく。 最初のロープウェイで標高220mのウルカの丘に登り、ウルカの丘で二つ目のロープウェイに乗り換えて標高396mのポン・ジ・アスーカルに到着する。

 小雨が降っていたが僅かに霧が晴れた時、北のグワナバラ湾に架かるリオ・ニテロイ橋、西のブタフォゴ海岸の向こうにはコルコバードの丘とキリスト像、南西にはコパカバーナの海岸などが一望できた。 出来れば晴天のときにこの世界三大美港の一つリオ・デ・ジャネイロを見てみたいものである。

 昼食はブラジルの代表的な肉料理シュラスコ。 鉄の串に牛肉や豚肉や鶏肉を刺し、荒塩(岩塩)を振って炭火でじっくり焼いた肉料理。 男性ウェイターが串ごと客席に運んできて、目の前で客の食べたい量を切りわけてくれる。 刃渡り50cm以上はありそうな大きな刃物で肉の焼けた部分をそぎとる。 客はトングのようなもので切り取られる肉を掴んで皿にのせる。 ブラジルではこぶ牛が多いらしく、お尻の近くの牛肉(Picanha)、こぶ牛のこぶ(Cupim)は特に柔らかくて美味しい。 このほか豚の骨付きあばら肉(Costela)、ソーセージ(Linguisa)さらに小さい鳥の心臓(Coracao)なども美味しかった。

 シュラスコに使っている大きな包丁。 よく切れる。 「買って帰りたい」と言う人がいたが、「日本では刃渡り15cm以上は銃刀法で規制されているので、届け出や管理が大変」といわれて諦めたようだ。

 この後、今夜のカーニバルに備えてホテルの部屋で休憩。 窓の厚いカーテンを閉じ、弱めの冷房を入れ、18時まで寝る。



 カーニバルに行くのに、現地旅行手配会社から全員におそろいのT-シャツが配られる。 現地スタッフが識別しやすいように着てもらいたいとのこと。 黒地に「2008 Rio Carnaval」と黄色の文字が刷り込んである。

 19時にホテルを出て、コパカバーナの海岸の西にあるロドリゴ・デ・プレイタス湖のそばの和食レストランTANAKAで夕食。 海外で和食は日本の味を期待させる点では有難いが、往々にして期待はずれ。 刺身、天麩羅、焼き魚、味噌汁。 まず醤油に香りがない。 溜り醤油のように黒いが味もない。 味噌汁はインスタント味噌汁の方がよほど美味しい。 これが現地の人の好みの味であろうか。

リオのカーニバル
 バスでいよいよカーニバルの会場サンボドローモへ。 観戦場所はパレードのスタート地点から3分の2辺りの9区で、6人シートのボックス席。 会場内はセキュリティ、警備がしっかりしているので安心してカーニバルを観戦できるようだ。 ここで観戦といったのは、今日から2日間はスペシャル・グループの本選が行なわれる。 いわゆるサンバの競技がここで繰り広げられるわけである。 サンバ・パレードを見に来たと同時に応援に来たのである。

 21時にスタート地点辺りで花火が上り、一番目のチームのサンバの曲が流れ、第一グループ「SAO CLEMENTE」のパレードが始まったらしい。 パレードをする距離はおよそ700m、北から南に向かってパレードは進む。 一つのチームの持ち時間は80分以内だそうで、我々の前にチームの先頭が来るまでにおよそ15分はかかる。

 「SAO CLEMENTE」は昨年二軍のGrupo Aで優勝して、このスペシャル・グループに昇格してきた。 勢いがあり、熱が入り、意気込みを感じる。 パレードとしては最初のチームで目新しいから良かったと思っていたが、応援した次の「PORTO DA PEDRA」よりもすばらしいと感じた。 テーマの「リオのジョアン6世」のことはあまりよく分からないが、「ブラジルの再発見」は色々な山車に表現されていた。

 一チームのパレードの最後尾には清掃車と掃除隊がいて、パレード中にダンサーや山車が落とした飾り、ゴミを回収してゆく。 この掃除隊が通り過ぎてパレードが終了し、次のチームのパレード開始の合図の花火が上る。

 2008年 リオのカーニバル サンバパレード採点結果
成績 サンバスクール名 スコア 昨年の成績
 1  BEIJA FLOR  399.3  1 
 2  SALGUEIRO  398.0  7 
 3  GRANDE RIO  396.9  2 
 4  PORTELA  396.8  8 
 5  UNIDOS DA TIJUCA  396.5  5 
 6  IMPERATRIZ  396.5  9 
 7  VIRADOURO  396.0  4 
 8  MOCIDADE  395.1  11 
 9  VILA ISABEL  394.6  6 
 10  MANGUEIRA  393.9  3 
 11  PORTO DA PEDRA  388.2  10 
 12  SAO CLEMENTE  387.5  GRUPO A 
 二番目は応援している「PORTO DA PEDRA」の登場。 「日本移民100年」をテーマにしたもの。 歌舞伎の衣装、大仏の山車、笠戸丸の山車、こけしをあしらった山車、山車の上での「居合い抜刀」など日本をアピールするものをそろえていた。 チームのシンボル「タイガー」や「大仏」の山車はよく出来ていたが、お寺とも中国の楼閣とも判別できないような山車は企業の運動会で出てくる装飾よりもお粗末であった。 また日本人の目で見ると、装飾、衣装に中国を感じさせるものが多かった。

 笠戸丸も踊っている人たちの自己満足のようなもの。 ブラジルの日本大使館関係者も出演していたそうだ。 我々の席のそばで、笠戸丸が通過しているときに添乗員さんが持ってきた「日の丸」を振り応援。 これに関係者が気づいたらしく、手を振って応えてくれたのに回りは盛り上がった。 この光景、ブラジルTVが撮影していた模様で、日本でも放映されたとか。

 急遽募集した「日本やブラジル在住の日本人及び日系人」が出演したためか、パレードに乱れがあり、整然とした他のチームと比べると見劣りするものがあった。

 三番目は「SALGUEIRO」。 テーマは「リオデジャネイロは変わらない」。 帆船、蒸気船に色々な国からの移民が混載されて登場。 この後に現在にいたるお祭り・・カーニバル・・が繋がる。 船のデッキで楽器を鳴らし、サンバを踊る。 とにかく出演している人たちが楽しそう。

 山車の色彩も洗練されていて、華やかなオレンジ系の羽飾り、マストにロープを絡ませた海賊船もどき、白を基調としたレトロ風の移民船、豪華なロココ調の宝石をあしらったような冠などが続く。

 四番目は「PORTELA」。 テーマは「自然の再建、生命の再生」。 ライトブルーと白がパレード全体の基調となっていてさわやか。 「タツノオトシゴ」「クジラ」「サメ」など海もテーマに取り入れている。 陸ではオレンジ色、黄色をふんだんに使った蝶を表現。 さらに自然エネルギーを扱ったのか、ヒマワリ畑の上に風力発電の風車。 アフリカを現したライオン、象、ゴリラの山車、 最後に氷山とペンギンが続く。 テーマが分かりやすく表現されていて、とても好感が持てた。

SAO CLEMENTE のダンサー  この後悲劇が
 五番目は「MANGUEIRA」。 テーマは「レシフェが私を呼んだ」。 レシフェとはブラジル北東部の港町らしい。 街のサロンのような山車、ネオンサインを取り付けた自動車、象の飾りつけの上で踊るダンサー、紙吹雪を撒き散らしてゆく機関車等々。 今一テーマとどのような関係か理解できない。 これだけ立て続けにパレードを見ていると、見ている方がマンネリ化してしまったのか、新鮮味がない。

   時間は4時を過ぎている。 あと1チーム残っているが、本日の午後の予定を考えてこの辺りでホテルに帰って寝ることにした。

 本日5チームを観戦して、小生なりの評価。 1)SALGUEIRO  2)PORTELA  3)SAO CLEMENTE  4)5)PORTO DA PEDRA、 MANGUEIRA の順であろうか。

 カーニバル本選のスコアは2月6日発表され、サン・パウロの空港内で順位を知ったが、 良かったと思っていた「SAO CLEMENTE」が最下位で、来年はスペシャル・グループから再び二軍のグループ Aに落ちてしまうそうだ。

 帰国してから知った情報では、「SAO CLEMENTE」の中の25歳の女性のダンサーがパレード開始前に彼女の性的な部分を隠す衣装をなくすというハプニングが発生したそうだ。 そこで彼女は急遽代替品を貼り付けて出場したが、サンバを踊っているうちに、これが剥がれ落ちてしまい、チームは減点されたとのこと。

 応援した「PORTO DA PEDRA」は11位の結果であった。 「SAO CLEMENTE」のダンサーのハプニングがなければ来年は二軍落ちのところであった。



 2月4日(月)  午前5時から4時間ほど睡眠。 遅い朝食をとって12時にホテルを出発。 本日はペトロポリスの観光後、リオに戻って、夜の飛行機でマナウスに行く。

ペトロポリス ドン・ペドロの夏の保養宮殿
 ペトロポリスはリオ・デ・ジャネイロの北およそ70Km、大西洋海岸山脈を登った山間地にある。 この地は1720年金鉱ブームのミナスジェライス州とリオ・デ・ジャネイロ港間を結ぶ道路が完成した時に、その経由地としてはじめて歴史上に登場する。 1830年に皇帝ドン・ペドロ1世がこの地を訪問して気に入り、土地を入手。 ドン・ペドロ2世がここに夏の保養宮殿と町の建設を計画した。 ドン・ペドロによって作られた町と言う事で、この地は、ペトロポリス(皇帝の町)と言う称号が付けられた。

 ドン・ペドロ2世は気候の良いペトロポリスを好み、毎年夏の何ヶ月かをこの地で過ごした為、王室、貴族をはじめ、政府高官から各国大使に至るまで、多くのVIPがここに別邸を持って、夏には大移動してきた。 そのために、この町には歴史的な建物が数多く残っており、静かで美しい街の景観を保っている。

 リオ・デ・ジャネイロから小雨の中をおよそ1時間半。 バスで街の中を回る。

 ドン・ペドロ2世が建設した夏の保養宮殿は現在ホテル&カジノとして使われている。 またドン・ペドロ2世の多大な資金援助で建てられたサン・ペドロ・デ・アルカンタラ大寺院は18世紀ゴシック様式の代表作。 内部の皇帝礼拝堂にはドン・ペドロ2世と娘のイサベル王女の霊廟がある。

 ブラジルの飛行機発明の父、サントス・ドゥモンが自ら設計して建てた1918年完成のサントス・ドゥモンの家が残っている。 彼はフランスに滞在中、飛行船を飛ばすことに成功している。 リオ・デ・ジャネイロの国内線ターミナルに「サントス・ドゥモン空港」としてその名を残している。

リオ・デ・ジャネイロ カテドラル・メトロポリターナ
 再び1時間半かけてリオ・デ・ジャネイロに戻り、夕食までの時間を使ってカテドラル・メトロポリターナとイパネマの海岸へ行く。

 カテドラル・メトロポリターナは 1976年に建造された大聖堂。 円錐形で先端の一部を切り取った形、高さ80mあり、床の直径は106m。 内部は斜めの四方の壁にステンドグラスが組み込まれていて、ドーム状で、天井から十字架とキリスト像が吊り下げてある。 収容人員は2万人だとか。

 外見にも特徴があり、通常十字架は建物に付随して、一番高いところに設置するのに、この大聖堂の十字架は建物と別な場所に置いてある。 ブラジルは首都ブラジリアの国会議事堂を初めとしてユニークな建物が多い。

 このカテドラル・メトロポリターナは昨夜から行なわれているリオのカーニバル本選の会場のサンボドローモのすぐそばにある。 近くの大きな通りでは車を通行止めにして、今夜カーニバルに出場する山車が路上に並んでいる。その長さ延々数キロ。 全ては会場の方に向いている。

 バスで南に下りイパネマの海岸へ。 観光でも買い物でもない。 単なる時間つぶしの散策。 この辺りは住宅街だそうだ。 少しは期待して「イパネマの娘」らしき人を探したが、現在カーニバルに出かけているのか見当たらず。

 夕食後、サントス・ドゥモン空港からTAMのJJ3548便(22:30)発でマナウスにむかう。 この飛行機も異常に冷やしすぎ。 乗客が色々注文をつけるが寒いまま。 ブランケットを要求しても「ない」と断られた。 4時間冷蔵庫の中にいたようであった。

 マナウスはリオよりも時差2時間もどる。 マナウスのトロピカル・ホテルには午前1時に到着。 今日も午前様でした。


 [マナウス]

マナウス 中央市場
 2月5日(火)  宿泊したトロピカル・ホテルはマナウスで最も高級なリゾート型ホテル。 アマゾンの支流のネグロ河岸にあり、船着場からホテルに入ってくることも出来る。 木の枝のように伸びた廊下の先に客室があり、中庭にはプール、テニスコートの他、ミニ動物園まである。

 マナウスでのガイドさんは日本人で、50年前に天然ゴムで移民をした「ヒガシ」さん。 ブラジルでは「天然ゴム」「コーヒー」は既に衰退しているそうだ。

 9時にホテルを出て、ネグロ河岸のマナウスの中央市場へ行く。 ここには魚市場、野菜市場、果物市場があり、マナウスの台所といわれている所。 魚市場では普段見たこともないような魚が並んでいる。 特にピラニアのように鋭い歯のある魚が目に付く。 世界最大の淡水魚といわれるピラルクーは三枚に卸され干してロール状にして売られている。 シルバーアロワナ、ブラックアロワナなど観賞魚としてではなく食卓に上る魚として売られている。

 野菜市場のはずれにバナナ・ヤードがあり、小さいのに大きいの、それに黄色く熟れたものに青く未熟なものなど様々なバナナが所狭しと並べられている。 それでもガイドさんによれば「今カーニバルの時期なので、品薄」だそうだ。 ここのバナナはほとんどの種類が加工調理して食卓に出るとのこと。

 市場から北へ1Kmのところにアマゾナス劇場がある。 かつて天然ゴム特需にわいたアマゾン河流域の中心都市マナウスの象徴がこのアマゾナス劇場。 この劇場は贅を尽くした建物で1896年に建てられている。 ド-ム屋根のタイルをはじめ、建築資材はすべてヨ-ロッパから輸入したものだそうだ。 イタリアの大理石を使った階段やしゃれたシャンデリア、客席の椅子や調度品はオ-ストリア製だという。

マナウス セバスチャン広場とアマゾナス劇場
 舞台正面には黄金色の緞帳が垂れ下がり、 後方には3層になった桟敷席がヨ-ロッパのオペラ・ハウスを思わせる。 パリのオペラ座を摸して造られたというだけのことはある。 当時ヨ-ロッパから一流の歌手を招いてオペラが上演され、初演はヴィクトル・ユゴー原作のオペラ「ラ・ジョコンダ」だったそうだ。

 2階には豪華なホ-ルがあり、飾り立てた幾つものシャンデリアが輝き、宮殿風の列柱に囲まれている。 ヨーロッパの宮殿の一室を思わせるきらびやかなホ-ル。 かつてはこのホ-ルで、着飾った紳士・淑女たちが夜ごとにダンスを楽しんだという。

 2階のバルコニ-に出ると、左手に聖セバスチャン教会、目の前には樹木に囲まれたセバスチャン広場が見える。 ここもカーニバルの時期らしく、広場にカーニバルの飾り物が置かれていた。

 世界のゴムの80%を供給したほどの空前のゴム・ブ-ムで得た大金をこの劇場につぎ込んだらしい。 その後イギリス人がゴムの木をマレーシアに運んで植えつけて生産を始めてからアマゾンのゴムのブームは終わりをつげた。 「私の若い頃は日系人だけでこの劇場を借り切って楽しんだものでした。 今日のお金を全部使ったって、明日同じくらい収入があったから」と懐かしそうに解説するガイドさん。

 この後マナウス市街から東の外れの自然科学博物館へ行く。 ここの館長は日本人のハシモトさん。 蝶が好きで、色々収集しているうちに博物館を造ってしまったそうだ。 南米の珍しい蝶を集めた昆虫の標本、サソリに巨大な毒蜘蛛タランチュラ、アマゾンの珍しい魚類の剥製等が展示されている。 添乗員さんの話ではここにはピラニアより恐ろしい魚が展示されているという。 それは「カンジルー」という小さな魚で、集団で人間の穴という穴の部分から入り込み、絶対出て来ないそうだ。

 次にネグロ川のセアザ港に行き、15人乗りほどの小さなモーターボートに乗りアマゾン河クルーズに出かける。 目指すは下流3Kmほどのところのネグロ川とソリモンエス川の合流地点。 マナウス辺りのネグロ川の川幅は9Kmほどだが、雨季の終わりごろにはもっと広がるそうだ。 水かさも年間に10m~18m増減を繰り返すという。 水上には大きなコンテナ船やタンカー、それに水上ガソリンスタンドなども見える。

 合流点に到着し、船はしばしエンジンを停止する。 ここには珍しい光景が横たわっている。 アマゾン最大の支流ネグロ川の黒っぽい水と本流のソリモンエス川の茶色の泥水が、混じり合うことなく線を引いたように見事に分離しながら流れている。 茶色と黒の層が境目をつくって見事なまでに分かれている。 この現象は、ここから下流およそ10kmにわたって見られるそうだ。 この2つの水流が混合しない理由は、ネグロ川の速さが2Km/時に対しソリモンエス川は7Km/時と速く、温度はネグロ川が26℃でソリモンエス川は22℃、水の比重は泥水のソリモンエス川の方がネグロ川の水より重いなどの諸条件のためらしい。

ネグロ川とソリモインス川の合流 浮き家に住んでいる少年 オオオニバス

 二つの川の合流地点からソリモンエス川の上流に40分ほど上ってゆく。 この辺りでは河岸に係留された浮き家が数多く見られる。 大きな丸太を組み合わせた上に民家が建っている。 川の水かさが季節により上下するので、岸に家を作るより洪水で流される危険性が少ないそうだ。 岸の近くに高床式の家もあったが、浮き家のほうが生活は快適だとか。

 小さな入り江の桟橋がある水上レストランに到着する前に、スコールに追いつかれる。 小型ボートで時速40Kmは出ていたが、見る見る黒い雲に覆われ、土砂降りに。 ここでもポンチョが役立つ。

 レストランで先ほど市場で見たピラルクーのフライを食べる。 白身で鱈のような感じ。 レストランから300mほど、ちょっとしたジャングルの奥にオオオニバスがある。 木組みの道を10分ほど行くと、熱帯雨林の茂るジャングルが急に開けてオオオニバスの葉が一面に見える池にでる。 想像していたよりハスの葉は小さかった。

釣り上げたピラニア
 昼食後、雨が少し小止みになったのでピラニア釣りに出かける。 ソリモンエス川の小さな支流に入って行き、船頭が船を岸のブッシュに近づけ、直角にして停める。 2mほどの竹竿に釣り糸と針をくくりつけただけの簡単なもの。 餌は1cm角の小さな切り身にした牛肉。 これを軽く放り投げて、竿の先を水面につけてバシャバシャと水面を叩くように掻き混ぜる。

 普通、釣りではこのようなことをしたら魚が逃げてしまうと叱られるのだが。 ピラニア釣りはここが違うらしい。 獲物が水に落ちて溺れていると勘違いしたピラニアが寄って来るらしい。 釣り糸をたらして間もなくコツコツと当たりが来る。 海釣りではゆっくり待っているので、そのつもりでいると、当たりが止まって餌がなくなっている。 どうやら当たりに合わせないといけないらしい。 一匹目を釣り上げると、少しはコツがわかる。 合わせが早すぎて、水面から取り込むときにピラニアを水草の上に落としてしまった。 ピラニアは釣り上げられたと思ったのか観念して動かない。 船頭さんが手を伸ばしてこのピラニアを拾い上げてくれた。 小生の本日の釣果は4匹。 添乗員さんを含め5人で釣って、全部で16匹。

 先ほどの水上レストランに持ち帰り、唐揚げにしてもらい皆で食べる。 2匹食べたが、小さいピラニアのほうがカラット揚がっていて美味しい。 淡泊であっさりした味。 刺身もできるそうだが、どんな味であろうか。

 再びネグロ川に戻り、上流のトロピカル・ホテルの船着場を目指して走る。 夕方18時。 黒い川に夕日がきらめく。 ガイドさんからは「アマゾンで、この雨季の時期に夕日が見えるのはとても珍しい」とのこと。 アマゾンのほんの一部を体験できた一日であった。



 2月6日(水)  マナウスからサン・パウロ、チューリッヒと飛行機を乗り継いで帰国の途に着く。 マナウスからはあの嫌いなTAM航空JJ8051便。 10:40に出発して4時間ほどでサン・パウロに到着。 今回は機内が寒すぎるようなことはなかった。 サン・パウロでは4時間ほどの待ち合わせ。 空港内でカーニバル本選の審査結果を聞き、空港内の売店でカーニバルのサンバのCD(US$17)を購入する。 このCDはかなり前から発売されていて、ブラジルではひいきのチームの曲はカーニバル当日には一緒になって唄って踊れる位になっているそうだ。 カーニバル本選出場12チームの曲が収められていた。

 20時半、スイス・インターナショナル・エアラインズLX97便でチューリッヒに向かう。



 2月7日(木)  東に向かっているので夜明けは早い。 暗闇の帳が消えた頃、飛行機はモロッコの北西を飛んでいる。 ここからスペインのマドリッド上空を通り、フランスのトゥールーズ、リヨン、スイスに入ってジュネーヴ上空を通過して11時にチューリッヒ空港に到着。

 チューリッヒでの待ち合わせ時間は2時間ほど。 この空港で販売されている「マカロン」はとても美味しいという添乗員さんのアドバイスで一箱購入。 13時にスイス・インターナショナル・エアラインズLX168便で成田に向かう。



 2月8日(金)  成田には9時に到着。 マナウスのホテルを出てからおよそ37時間、皆さんお疲れ様でした。


 [エピローグ]

 ▼地球の裏側まで行ったが、9日間と短い旅であった。 何時もなら帰る頃のマナウス当たりが丁度半分、調子が良くなる頃。 ▼一度は見てみたかったリオのカーニバル。 観戦中何度か雨に当たったが熱気を少し冷ましてくれる程度。 彼らの熱の入れように圧倒された。 ▼ヴィクトリア・フォールズに比べてイグアスの滝はとにかく大きい。 残りはナイアガラの滝。 その内に。 ▼夏の季節のアマゾンを敬遠していたが、雨季の為かそれほど暑さは感じられなかった。 マナウスのような都会だけで終わらず、内部にも入ってみたいものだ。