ブガツ・プスタ

 9月30日(金)

 本日はペーチを出て、繊細な花模様をあしらった刺繍製品や民族衣装などで有名なカロチャ、マジャール人の勇壮な騎馬、馬術で知られるブガツ・プスタに寄ってから、最終観光地ブダペストへ移動する。


 ホテルを8:30に出て、M60号線で東に向かい、その後M6号線で北へ。 さらにM9号線で東に向かってドナウ川を渡り、51号線で北に進みカロチャには10:05に到着。
 カロチャを11:00に出て北に向かい、途中52号線で東に進んでブガツ・プスタに12:15に到着。
 ブガツ・プスタを16:00に出てケチメートからM5号線でブダペストへ。 18:30にラマダ・プラザ・ホテルに到着。



 カロチャ  民芸の家


 こちらの長い建物が民芸の家。 およそ200年前に建てられたものとか。


 民芸の家 居間。


 民芸の家 台所。


 民芸の家 客間。 


 民芸の家 民芸品展示室(元倉庫)。


 民芸の家 軒下にパプリカを干していた。


 こちらは民芸の家の売店。


 手編みのレース。 結構いい値段でした。



 ブガツ・プスタ  マジャール人の馬術ショー

 カロチャを出て1時間ほどでブガツ・プスタに到着。


 ブガツ・プスタ。


 ブガツ・プスタ。 ここのレストランの庭で昼食。 ウェルカムドリンクとして「パリンカ」。 結構きつい蒸留酒でウォッカのようにグイ!と飲むそうだ。


 昼食後、こちらの二頭立ての馬車で馬術ショー開催場所まで移動。


 田舎の道を20分ほど馬車に揺られて。


 やっと到着。 少し埃まみれになりました。


 勇壮な馬術ショー。


 パチン、パチンと鞭を鳴らしながら。 馬には鞍を着けていないようだ。


 再度五頭立てで疾走して来る。


 馬の尻に持っているのに、よく落ちないものだ。


 鞭を扱ってのショー。 画像をクリックすると動画を見られます。


 馬の「おすわり」。


 「おねんね」。

 
 馬としてはあまり良い格好ではありません。 きっと嫌がっていると思います。

 
 信頼関係で成り立っているのでしょう。

 
 重たいでしょうね。

 
 ビールをこぼさずに。 でも埃だらけの中で運んできたビール。 とても飲む気には。

 
 馬の集団疾走。

 
 迫力がありました。

 
 近くの牧場には牛の群れも。

 

 16時にブガツ・プスタを出て、最終観光地ブダペストへ。 ブダペスト市内に入ってから渋滞に合い、ホテル・ラマダ・プラザに到着したのは18:30。