エピローグ

 7月30日(木)

 帰国

 今朝もホテル出発は6:30。 ボックス・弁当を貰ったが、ホテルに置いてきてバスに乗り込む。

 7:04 成都国際空港に到着。 チェック・イン、手荷物検査、出国手続きの後、ラウンジへ。


 成都国際空港ラウンジ  空港としてのラウンジかな?


 7:50 広くて、早い時間なので空いていました。


 ボックス・弁当を置いてきて正解でした。


 9:20搭乗。 成都とお別れ。


 白ワインはこれしかないようだ。


 昼食は和食を頂く。



 ▼ ハードな旅行であった
 九寨溝、黄龍は高地であることは知っていた。 体力が無くなってからでは訪れるのが困難とも聞いていた。 実際に訪れてみて、3,000メートル級の高原を歩いたのだが、用意してもらった空気缶はほとんど使わず、特に観光に支障があるほどのことは無かった。
 ハードだったのは、毎日の出発が早く、ホテルに入るのが遅いこと。 ホテルのお湯の事情もあるが、ゆとりを持って身体を休められないのが辛かった。

 ▼ 欧米人を見かけない
 峨眉山は普賢菩薩の聖地なので不問として、九寨溝、黄龍はクロアチアのプリトヴィッツェ湖群国立公園に匹敵するほどの景勝地。 この景勝地で一人の欧米人にも出会わなかった。 偶然とは考えられない。 欧米人が観光に訪れるとしても極端に少ないのではないだろうか。
 その一因はトイレだと思う。 日本人は「しかたがない」と我慢しながら使う「ニーハオトイレ」。 欧米人、特に女性などはその場に卒倒してしまうのでは。
 何にでも興味のある小生、さすがに写真を撮るのをためらった。 男性、小の方は壁に向かって・・・ 。 大の方は、隣との壁の高さは腰程度、ドアが無く前が開いている。 しかも用を足すときは入口側に向かってしゃがみこむ。
 ニーハオトイレで大は一度も使わなかったが、女性はそうもいってはいられない。 このトイレが改善されるまで中国の観光地に欧米人は・・・来ないのでは。

 ▼ Map どれが正しいか?  検証
 本文中、都江堰で使った地図。


 Google Map 航空写真(日本)                  Google Map(日本)
 Garminの軌跡(緯度、経度)と一致するのは日本のGoogle Map 航空写真。 Google Mapは南東にずれている。

 ここで、日本のGoogle Map、Google Map 航空写真(www.google.co.jp/maps/)、中国のGoogle Map、Google Map 航空写真(www.google.cn/maps/)を比較してみる。

 分かりすい場所として北京・天安門広場の毛主席紀念堂を取り上げる。
 Garminで取り扱う地図、BaseCamp、MapSourceから拾った緯度、経度は 39.901317, 116.391498。
 日本のGoogle Map、Google Map 航空写真(www.google.co.jp/maps/)でこの緯度、経度を検索すると、


 Google Mapでは西の方に550mほどずれているが、Google Map 航空写真では毛主席紀念堂の中心を指示している。

 中国のGoogle Map、Google Map 航空写真(www.google.cn/maps/)でこの緯度、経度を検索すると、


 Google Mapは日本と同じ表示になる。 一方Google Map 航空写真はGoogle Mapに重ねてあり、Google Mapと同様に座標はずれている。

 結論として、中国の地図に関して緯度、経度を正しく表示しているのは日本のGoogle Map 航空写真だけ。

 地図から緯度、経度を拾うには「日本のGoogle Map 航空写真」を使うしかないようである。