楽山大仏

 7月28日(火)

 茂県国際飯店を7:30に出て、成都に向かう。
 本日は成都の土産物店・健康寝具ラテックス店に寄ってから楽山大仏の観光。 さらに明日予定の報国寺観光を済ませてから峨眉山華生酒店に入る。


 茂県国際飯店 → 健康寝具店 → 楽山大仏 → 報国寺 → 峨眉山華生酒店  Garmin軌跡

 10:28 健康寝具ラテックス店に到着。
 この店は高反発(弾性)マットレス、枕、座布団を取り扱う倉庫のような店。
 「健康に良くお安くしておきます。 大型のマットレスは圧縮し、梱包はスーツケースを付けます。 お持ち帰りも簡単。」との売り込み。

 現地ガイドさんの話では、「中国にもお金持ちが増えてきた。 日本人のお金持ちと言われているくらいの人は中国人の20%くらいは居る。」とのこと。
「13億人x20%=2億6千万人・・・日本の人口の2倍」 日本から中国に瀑買いに来たわけではない。 中国のお金持ちに売ったら?

 1時間後の11:26にやっと解放されて、11:48~12:42昼食。 その後楽山へ。



 楽山大仏


 楽山大仏観光  Garmin軌跡


 15:05 楽山観光船乗場に到着。


 楽山大仏観光船乗場。


 船乗場を後にして、


 楽山大仏に向かう。


 とにかくデカい。 像長が59.98mあるそうだ。
 東大寺盧舎那仏像(奈良の大仏)の像長は14.7m、楽山大仏の4分の1なので、膝辺りにとどかない。


 頭高(頭部の長さ)は14.7m。 東大寺盧舎那仏像の像長と同じくらい。


 右足


 左足


 この辺りは北からの岷江、西からの大渡河が合流するところ。
 黒い水が岷江から、黄色い水が大渡河からの流れ。
 この川の水害が楽山大仏造営の一因であったそうだ。



 報国寺

 峨眉山は普賢菩薩の霊場。 26の寺院があり、一番大きな寺院が報国寺だそうだ。
 1615年、明の時代に作られたお寺。 中に儒教人物、仏教の仏様、道教の神様の造像を奉ってあった。
 清の康煕皇帝がお寺を改造させ、報国寺という名前を付けた。
 清代の1652年に弥勒殿と大雄寶殿を立て直し、1866年にはさらに高い場所に「七佛寶殿」と「普賢殿」を増築したそうだ。


 峨眉山入口 → 山門 → 弥勒殿 → 大雄寶殿 → 七佛寶殿 → 普賢殿 → 峨眉山入口  Garmin軌跡


 峨眉山入口


 報国寺山門


 山門に掲げられた「報国寺」の扁額は清の康煕帝の筆だそうです。


 山門をくぐると左右に、


 四天王。


 奥には弥勒殿。


 うーーー これが弥勒菩薩?  布袋様みたいですね。


 弥勒殿の裏側に  これが弥勒菩薩かな? (仏教は不案内で・・・)


 弥勒殿の奥には大雄寶殿


 中央には釈迦如来、


 左右に、


 18羅漢さまが鎮座しています。


 さらに七佛寶殿に進むと、   お釈迦様誕生・・「天上天下唯我独尊」ですか。
 周りには缶ビールがずらり。  ところで、左右の手が逆なのですが?


 七佛寶殿
 七佛とは、毘婆尸 尸棄 毘捨浮 拘畱孫 俱那含牟尼 迦葉 釋迦の七体の仏様の事だそうです。


 一番奥が普賢殿


 御本尊の普賢菩薩が象の上に鎮座されている。


 普賢菩薩 新しく作られた菩薩様でしょうか。

 16:45 報国寺の観光を終えて、17:20 峨眉山華生酒店にチェック・イン。