松藩古城

 7月25日(土)

 都江堰を10:00に出て、市内を抜け高速道路に入ろうとした所で渋滞。


 ここで全く動かず、25分間停車。 中国では渋滞して車が動かなくなったら、車外へ出て前の方へ行って何があったのか調べに行ったり、外で話をしたりする。
 運転手も外に出てしまうので、前の方が動き出しても、すぐには渋滞が解消されない。


 都江堰 → 汶川 → 茂県国際飯店(昼食) → 松藩古城 → シェラトン九寨溝  Garmin軌跡

 都江堰からの高速道路が終点となるのが汶川。 2008年5月にあった四川大地震で大きな被害が出た地域。 幹線道路からしか様子をうかがえないが、地震での災害の痕はほとんど見当たらなかった。

 13:40~14:20 茂県国際飯店(三日後に宿泊予定のホテル)のレストランで昼食。 ここから今夜の宿シェラトン九寨溝まで一般道と山道を244Km、さらに本日の観光地松藩古城に立ち寄る。
 早めに昼食を済ませて出発。

 18:00 松藩古城の駐車場に到着。 ここから徒歩での観光だが、集合時間18:30で、自由見学とのこと。

    松藩は古くからチベットと中国を結ぶ交通の要衝としても栄えた街。 この街には明代に建造された「松藩古城」がある。東西南北に城門が設けられ、それを延長6kmの堅固な城壁で囲み城内に街を築いた造り。 駐車場のある北門周辺は観光地化している。


 松藩散策  Garmin軌跡


 駐車場から北の城門へ向かうと、西の山の上に砦らしき建物がある。


 北城門付近は賑わっている。


 文成公主と吐蕃の王の像 夫婦の像として人気を集めている。
 公主とは皇帝の娘。 文成公主は唐の皇女で、チベット初の統一王国(吐蕃)のソンツェン・ガンポ王の息子グンソン・グンツェンの妻として640年に輿入れ。
 グンソン・グンツェン王は落馬が原因で急死した後、文成公主は再び王位についたソンツェン・ガンポ王と再婚。
 説明はなかったがこれは文成公主と吐蕃のソンツェン・ガンポ王の像と思われる。


 北城門


 城壁の上には警備兵(人形)が置かれている。


 北城門をくぐって、


 南北に延びる北街を南へ。 通りの両側には商店街が続く。


 毛皮屋。


 古い城下、宿場を再現したような街です。


 マトンの串焼き。 香辛料をたっぷりかけて美味しそう。


 正面に古松橋が見えてきましたが、既に18:19 引き返します。


 北城門へ急ぎます。


 集合時間内に到着。 あわただしい観光でした。

 18:30 松藩古城を後にして九寨溝のホテルへ。 ホテルまで110Km 3,500mの峠を越えてゆきます。


 途中で見かけてイスラム教のモスク。 中国では「・・・・寺」と表すようです。

 21:38 九寨溝のホテル・シェラトン九寨溝(喜来登国际大酒店)に到着。
 直接レストランへ行き、夕食を摂ってから、チェックイン。 長い一日でした。