都江堰

 7月25日(土)

 このツアーはバスでの長距離移動が多い。 それに中国ではどこででも渋滞が発生するらしい。
 後日の予定の事を考えて、5日目に入っていた都江堰の観光を先に済ませるということで、ホテル出発7:30となった。


 ホテル・芙蓉麗庭酒店 → 都江堰(62Km)  Garmin軌跡


 8:56 都江堰の秦堰楼に到着


 この秦堰楼の中に展望台があるようだ。


 都江堰  Garmin軌跡

 前256年から前251年、秦国の蜀郡の太守李冰が毎年起こる岷江の洪水を抑えるために原形となる堰を作った。
 その構造は岷江に中洲を造り、西側を岷江本流とし、東側を農業用水として活用する。 川を分水する堰は「魚嘴」と呼ばれ、細長い竹かごの中に石を詰めたものを川中に投入したものだったそうだ。
 この「魚嘴」によって水量が少ない時期は4割が本流へ、6割が灌江へ。 また水の多い時には水が「魚嘴」の先端を乗り越えるため、6割が本流へ向かい、灌江があふれるのを防ぐ役割をしている。
 さらに灌江に飛沙堰を設けたことで、土砂を排出する事ができ、農業用水に適した水を成都平野に流し込める。
 比較的簡単な構造で、治水を行った先人の知恵を偲ぶことができる。


 岷江と都江堰


 魚嘴  奥が岷江本流、手前が灌江


 岷江の水は魚嘴で岷江本流と灌江に分かれ、


 灌江に設けられた飛沙堰で土砂を沈降させ、 農業用水として成都平野に流れ込む。


 展望台から階段を降りて中洲へ。


 中洲へはつり橋を渡って。


 揺れるつり橋の向こうが中洲。


 当時、魚嘴に使われた材料(模型) 現在はコンクリート製だそうだ。


 魚嘴の説明版 説明文は中国語、朝鮮語、日本語。  英語が無いですね。 そういえば欧米人を見かけない。


 これが魚嘴 簡単な構造ですな。


 2,270年前ですか。


 今は水が少ない時期のようで、灌江(農業用水)側は豊かな水なのに、


 岷江本流にはほとんど水がありませんでした。

 10:00 松藩古城に向けて出発。