Rindaの自己紹介
更新 2017-05-29


(1) 生い立ち
 北海道生まれ、満州(黒龍江省 鶏西)育ち。 1953年「興安丸」で引き揚げ、帰国。 北海道で生育
 1969年 電機メーカーに就職と共に東京へ移住
   18年間 半導体製造技術の研究に従事
   14年間 半導体製造技術の開発に従事
   60歳を待たずして、早期定年退職



(2) 趣味
 〇パソコン
 1978年 日立ベーシックマスター・レベル2を購入 → 廃棄
 BASIC、アセンブラーなどでソフトを作る。 またメインメモリー 4KBを32KBに増設
 1983年 日立S1を購入。 → 廃棄
 パソコンのクロックアップ、メモリー増設、アセンブラーによるソフト作成、 パソコン通信(300BPS)など。 
 ハンドル・ネーム Rinda を使い始める
 1989年 シャープ X68000を購入 → 廃棄
 1994年 シャープ X68030を購入 → 廃棄
 これまでは Motorola 系のマイクロプロセッサ68シリーズで来たが、・・・・ 世の中 Windows になってしまい、ついにIntel系に変更
 1997年 自作パソコン、 Pentium  Windows95 → 廃棄
 2001年 自作パソコン、 Pentium 3 Windows98 → 2003年 Windows XP に変更 → 廃棄
 2004年 ATパソコン(パソコン工房)、 Pentium 4 3GHz Windows XP Home Edition 購入 → 廃棄
 2006年 Dell パソコン  Pentium D 2.66GHz Windows XP Home Edition 購入 → 廃棄
 2012年 富士通 FH99EM Core i7 2670QM Windows7 64bit 購入 → 廃棄
 2012年 ASUS EPC1225B-BK60 購入   2017年 HDD ⇒ SSD換装
 2015年 ASUS VivoTab 8 M81C 購入  旅行用
 2016年 BTOパソコン(パソコン工房) Windows 10 購入

 〇天体観測
 1973年 東京の田舎(当時 村)に移住。 星空の美しさに誘われて Mizar の100mm反射型天体望遠鏡を購入
 2002年 Meade ETX-125ECJ (小型、パソコンによる自動導入)を購入
 2010年 Meade ETX-125ECJ修理

 〇写真
 1965年頃 叔父に二眼レフレックスカメラ(LAURELFLEX)をもらう
 1970年 Pentax SP(一眼レフ)を購入
 1976年 引伸ばし機 Fuji-N690MFを購入。 主に天体写真の現像、焼付けに利用 → 2011年売却
 1986年 Minolta α7700i(一眼レフ)を購入
 1995年 Casio QV-10(デジカメ)を購入 → 2001年故障、廃棄
 2000年 Casio QV-3000EX(デジカメ)を購入
 2002年 Panasonic DMC-FZ1(デジカメ)を購入                 カメラ群
 2004年 Canon EOS Kiss Digital(一眼レフ デジカメ)を購入
 2007年 Canon EOS Kiss Digital X(一眼レフ デジカメ)を購入
 2007年 Panasonic DMC-FX33(デジカメ)を購入
 2008年 Canon EOS 5D(一眼レフ デジカメ)を購入 → 2011年売却
 2010年 Canon EOS 5D MarkⅡ(一眼レフ デジカメ)を購入 → 2014年売却
 2013年 Canon Power Shot G15 を購入
 2014年 Canon EOS 5D MarkⅢ(一眼レフ デジカメ)を購入 → 2016年売却
 2015年 Canon Power Shot D30(防水) を購入
 2016年 Canon EOS 5D MarkⅣ(一眼レフ デジカメ)を購入

 〇釣り
 1980年代  西伊豆・駿河湾、東伊豆・相模湾で投げ釣り、磯釣り
 1990年代~ 相模湾で沖釣り(常用船宿:茅ヶ崎 沖右ヱ門丸) あじ、いさき、いなだ、やりいか、かます等

 〇旅行   今までに訪れた海外の国々(66ヶ国/191ヶ国(除日本))
 北 米   アメリカ、カナダ
 中南米   アルゼンチン、チリ、ブラジル、ペルー、メキシコ
 アフリカ   南アフリカ、ジンバブエ、ボツワナ、ザンビア、エジプト、モロッコ、リビア、ケニア
 北ヨーロッパ  フィンランド、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン
 西ヨーロッパ  イギリス、フランス、スイス、イタリア、ヴァチカン市国、ギリシャ、スペイン、ジブラルタル、ドイツ、オーストリア、ベルギー
 オランダ、ルクセンブルク、モナコ、マルタ、サンマリノ、リヒテンシュタイン、ポルトガル
 中ヨーロッパ  スロベニア、クロアチア、モンテネグロ、コソボ、マケドニア、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア
 東ヨーロッパ  ロシア、ブルガリア、ルーマニア、ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、エストニア、ラトヴィア、リトアニア
 中近東   トルコ、ヨルダン、シリア、レバノン、イスラエル
 アジア   シンガポール、台湾、中国、インド、ベトナム
 オセアニア   ニュージーランド
 
   訪れた都市

 〇美術館めぐり(常設展) 今までに訪れた美術館
 イギリス   ロンドン・ナショナル・ギャラリー テートブリテン コートールド美術館 エルミタージュ・ルーム ギルバート・コレクション
 ウォレス・コレクション ハンタリアン美術館 テート・モダン ダリッジ・ピクチャー・ギャラリー ケンウッド・ハウス
 ヴィクトリア&アルバート博物館 クィーンズ・ギャラリー ナショナル・ポートレート・ギャラリー ウェリントン美術館
 大英博物館
 フランス   ルーヴル美術館 オルセー美術館 オランジェリー美術館 ギュスターブ・モロー美術館 シャガール美術館
 パリ・ピカソ美術館 ポンピドー国立近代美術館 ロダン美術館 プティ・パレ美術館 マルモッタン美術館
 サルバドール・ダリ美術館 コンデ美術館 ウンターリンデン美術館
 スペイン   プラド美術館 ティッセン・ボルネミッサ美術館 王立サン・フェルナンド美術アカデミー 国立ソフィア王妃芸術センター
 バルセロナ・ピカソ美術館 カタルーニャ美術館 モンセラート美術館 セビージャ美術館 エル・グレコの家
 サンタ・クルス美術館 タベラ病院 バレンシア美術館
 ポルトガル   国立古美術館 グルベンキアン美術館
 イタリア   イタリア国立絵画館 ウフィッツイ美術館 カポディモンテ美術館 ブレラ美術館 アカデミア美術館(ヴェネツィア)
 サン・ロッコ大信徒会 国立マルケ美術館 サンマルコ美術館 パラティーナ美術館 ボルゲーゼ美術館
 ドリア・パンフィーリ美術館 
 スイス   チューリッヒ美術館 セガンティーニ美術館 バーゼル美術館 バイエラー財団美術館 パウル・クレー・センター
 ベルン美術館 ローゼンガルト美術館 ビュールレ・コレクション オスカーラインハルト美術館
 オスカーラインハルト・コレクション
 マルタ   国立美術館
 ベルギー   ベルギー王立美術館 アントワープ王立美術館
 オランダ   アムステルダム国立美術館 アムステルダム市立美術館 ゴッホ美術館 ルーベンス・ハウス マウリッツハイス美術館 
 ドイツ    ベルリン絵画館 アルテ・マイスター ノイエ・ピナコテーク ブファルツ選帝侯博物館 シュテーデル美術館
 アルテ・ピナコテーク レンバッハ美術館
 オーストリア  ウイーン美術史美術館 オーストリア(ベルヴェデーレ宮殿)美術館 造形芸術アカデミー
 チェコ   国立美術館シュテルンベルク宮殿 国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿
 ハンガリー   ブダペスト国立西洋美術館
 エストニア   海外美術館
 デンマーク   国立美術館 ヒアシスプルングコレクション ダビデコレクション
 ロシア   エルミタージュ美術館 トレチャコフ美術館・本館 トレチャコフ美術館・新館 ロシア国立美術館 プーシキン美術館
 プーシキン美術館・19~20世紀ヨーロッパ・アートギャラリー
 南アフリカ   プレトリア美術館
 アメリカ   カンター美術館 ワシントン・ナショナル・ギャラリー フィラデルフィア美術館 ノーマン・ロックウェル美術館 ボストン美術館
 イザベラ・スチュアート・ガードナー美術館 ハーバード大学美術館 メトロポリタン美術館 フリック・コレクション
 アルゼンチン  アルゼンチン国立美術館
 日  本   北海道立旭川美術館 北海道立三岸好太郎美術館 平野政吉美術館 御所湖川村美術館 笠間日動美術館
 国立西洋美術館 ブリジストン美術館 損保ジャパン東郷青児美術館 村内美術館 東京富士美術館 青梅市立美術館
 川村記念美術館 横浜美術館 山梨県立美術館 ポーラ美術館 彫刻の森美術館 静岡県立美術館 MOA美術館
 長野県信濃美術館・東山魁夷館 信州小布施北斎館 池田20世紀美術館 メナード美術館 大原美術館 足立美術館
 ホキ美術館 (大塚国際美術館)
 

 〇家庭菜園
 大根、にんじん、かぶ、ラディッシュ、ごぼう、ねぎ、たまねぎ、にんにく、ジャガイモ、サツマイモ、落花生、エシャレット
 なすび、トマト、きゅうり、ピーマン、しし唐、唐辛子、オクラ、枝豆、茶豆、黒豆
 ほうれん草、小松菜、春菊、しそ、パセリ、キャベツ、にら、みつば、白菜



(3) 信条
 〇何でも見てやろう
 研究・開発には発明が欠かせない。 発明は発見の積み重ねと思考によるそれらの組み合わせで達成できる。 そのためには色々な物を心眼で見ることが必要。 長年このような環境に居たため、「何でも見てやろう」が身について、今では天体観測、旅行、パソコンなどの趣味にも活かそうと思っている

 〇和して同ぜず
 人にはそれぞれに分と言うものがある。 高いレベルを望み、努力することは良いが、背伸びする必要はない。 低いレベルには落ちたくない。 社会の中で「和」は大切だが、「同じて」同じレベルになる必要はない

 〇旅行は三回楽しむ
 三回とは「想像」「実行」「想い出」。 計画の段階で旅先を想像して楽しむ。 旅行中は新たな発見、景色、街や人の匂いを実際に楽しむ。
 そして旅行後は写真、パンフレット、チケットなどを整理し想い出を楽しむ。 (このHPは想い出を楽しんでいる一結果にすぎないのか)